FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:SHI

 帰りは下地島発羽田行初便!


さて、宮古島を色々回った

 まぁ、なんだ記事になりにくいから省略だ。
DSC05240
 宮古島まもるくんもマスクをしてた。
DSC05280
 ファミマで色々買い込んだ。
 (沖縄のファミマは商品が本土とかなり違うけど、宮古島や石垣島は本島ともちょっと違う)


下地島空港探険~手荷物検査前

 それでは初めての空港なので探険しよう!
DSC05241
 平屋の空港って羽田便が飛んでる空港では唯一かな?
DSC05247
 まずは見取り図チェック。
 ちなみにタクシー乗り場とバス乗り場は右下を右方向にしばらく進んだ先にあって遠い。
 一方でレンタカーブースは国内線到着口でてすぐの所。公共交通機関が結構遠いよねぇ。
DSC05250
 チェックインカウンターのあたり。
 実際の高さはともかくとして天井は高く見える作りになっている。
 ドアはすべて全開になっていて風が通り抜ける仕組み。これ暑い時期でも平気なのかな。
DSC05242
 手荷物検査前の店舗コーナー。
 コンセプトはリゾートなので、お値段お高め。LCCの客層と合うのかしら。


保安検査後

 保安検査を通り抜けて搭乗待合室へ。
DSC05247
 もう一度案内図を再掲するけど、国内線と国際線は共通の保安検査場を抜けると、また商業ゾーンに入る。国際線はここからさらにもう一度保安検査を受ける必要がある。ちょっとこれだるいなって感じがするよね。まぁ、シンガポールとかクアラルンプールとかゲート前に再度保安検査があることを考えれば2回受ける空港というのは普通にあるけれど。
DSC05254
 水の上に浮かんでいるような感じがするように設計されている。これお掃除大変だと思うんだけど、今後もしっかりやっていけるかしら。
DSC05258
 というわけで商業ゾーンへ。
DSC05259
 外気を取り入れるかのように開放感がある設計。室内を通り抜ける風が心地よい(真夏だとどうなるかだけど)。ただ、飲み物の自販機はないので、店舗で買うしかない。正直、かったるいので目立たないように自販機があるといいんじゃないかなぁ。
DSC05261
 外に出ると飛行機が見えるエリア。
 この空港では搭乗客以外が飛行機を見ることができる展望デッキのような場所はない。
 この芝生エリアも開放的でいいね。
DSC05262
 さて、今日乗る予定の飛行機が那覇からやってきた。
DSC05265
 丁度夕陽と重なった。
DSC05275
 ゲート前は寝そべる人が多数。うーん、どうなの、それ。


搭乗

 さて、搭乗。
DSC05274
 前日時点ではそれなりに空席があったようだが、直前ではド満席。
 ゲートを通るとき「JTAからの振替の方はお申し出くださ~い」なんて声かけがあった。
 どうもJTAの宮古便が欠航になったかで振替客が多かったようだ。スカイマークにしてみれば、ライバルからの予期せぬご祝儀ゲットだね。
DSC05281
 ゲートをくぐってちょっとした庭園を通り抜ける。ついつい雨だと大変そうだなとか思ってしまう。
DSC05284
 行きと同じくボーディングブリッジはないのでてくてく歩いて搭乗。
DSC05294
 新しい座席の機材だね。
DSC05298
 帰りにもらった記念品をチェック。
DSC05295
 帰りのフライトタグはちゃんと「First Flight from Shimojishima」になってる!
 芸が細かいぞスカイマーク。


離陸

 さて、離陸。
DSC05299
 離陸する頃にはあたりは真っ暗だ。
DSC05304
 ド満座席で窓側に幽閉されて羽田へ。
DSC05310
 帰りはキットカットとマスクがもらえたよ!


着陸

 2時間耐えて(ほとんど寝てた)羽田へ。
 沖縄本島から羽田まで洋上一直線ルートだった。
DSC05316
 A滑走路に着陸。
 便数が減っているせいか、スムーズにルート取れて速い速い。
DSC05317
 というわけで着きましたよと。
DSC05318
 羽田側の表示は「宮古(下地島)」なのね。
DSC05320
 到着ゲートの表示も同じだったので、これで統一されているっぽい。


リゾート全振り空港いいぞ!

 さて、初めて下地島空港使ったけど、いいね!
 宮古空港があるのに下地島の空港なんていらねぇだろとか思ってた。
 宮古空港があるからこそのリゾート全振りなターミナルには参った。
 これは、リゾートの空港って意味では正解だね!

 行ったことない空港シリーズ。スカイマーク就航初便で乗り込む。


とりあえず那覇空港探険

 まぁ、本題の話は後に回すとして余談の話。
 久々の那覇空港で時間があるので、探険することに下。
DSC05040
 まずびっくりなのがサンカクマートが閉まってたことだよね。
DSC05041
 一時閉店らしいけど、その後どうなったんだろ。
DSC05042
 とりあえず欲しいものは購入。沖縄ファミマのこの2つを買っておけば良い。
 某所の高いポー玉とか買わなくていいよ。
DSC05045
 展望デッキにも行ってみた。
DSC05047
 那覇って鹿児島より台北の方が近いんだね。
DSC05051
 ANAの着陸が見えた!


下地島就航初便に乗る!

 さて、今日はスカイマークが下地島に就航する日。
 しかも下地島着陸初便に乗っちゃうぜ!
DSC05043
 那覇空港に表示された下地島行き。この表示が出るのは何年ぶりなんだろうか。
 旅客取扱再開当初はジェットスターの成田便と香港エクスプレスの香港便だけだったよね?
 那覇空港から出るのは相当お久しぶりなはず。
DSC05054
 先ほど羽田から到着したゲートに戻ると、なにやら色々と準備がされていた。
DSC05056
 さぁ搭乗開始だよ!


就航記念品もらった

 さて、さっきの機材と一緒かなーって思ったら……
DSC05055
 違ったぜ!(これだけじゃわからんけど)
DSC05057
 宮古多良間の袋に入った記念品をもらう。
DSC05065
 色々入ってた。タグがうれしいね。
DSC05064
 スカイマークのロゴ入りタグの裏側は「First Flight to Shimojijima」
 いいねー。


離陸

 今回のお座席は非常口。当日見たら奇跡的に窓側が開いていたのでゲット!
DSC05059
 座席が違うから朝の羽田便到着と同じゲートだけど違う機材であることがわかる。
DSC05068
 機内は満席ではないけど、そこそこ埋まってる雰囲気。
DSC05074
 スカイマークの皆さんがお見送り。行ってきまーす。
DSC05076
 元々の滑走路から北向きに離陸!


あっというまに着陸

 飛行時間は30分ぐらい。時間がないぜ。
DSC05080
 キットカットは配られたよ。
DSC05084
 さぁ、宮古島のさきっちょを横切って下地島へ。
DSC05086
 滑走路の上空を一旦過ぎてからターンして着陸態勢へ。
DSC05091
 うっひょー!この海岸は確かに下地島。南側からのアプローチ。
DSC05092
 着陸!
DSC05097
 おおー!消防車が待機してるぜ!
DSC05101
 水ぶっかけられる。就航初日の名物だね。なんでかしらんけど。


いよいよ下地島空港に降り立つ!

 さぁ降機しよう。
DSC05104
 下地島にはボーディングブリッジがないので階段を降りる。
DSC05105
 スタッフたくさんでお出迎えだぁ。
DSC05110
 歓迎ボードを持ったお兄さんもいたよ。


テンション上がる到着口までの道

 さて、到着口へ移動。
DSC05113
 いいねぇ。いいねぇ。この南国気分上がる感じ。雨降ったら大変そうだけど。
DSC05118
 公園をお散歩するような感じで到着口へ。
DSC05119
 これすげぇな。観光客に全フリな空港だよね。
 正直、宮古空港があって橋でつながってるのに、下地島空港いらねぇだろとか思ってた。
 でも、ここまで観光客向けにリゾート空港作っちゃうと、観光客からしたらテンション爆上げだね。
DSC05122
 まもるくんもマスクしてるぜ!市長選の打ち上げでクラスター発生してたけど。


到着口でもお土産もらった

 さて、到着口をでると、今度は観光協会の人々がお出迎え。
DSC05126
 なんかいるぞ。
DSC05127
 新型コロナウィルスに関する注意と携帯用アルコールスプレーもらった。


まとめ

 アクセスはレンタカー中心に考えられていて、到着口でてからレンタカーカウンターまでがめっちゃ近い。車の置き場もめっちゃ近い。その一方でアクセスバス乗り場が結構離れちゃってる。まぁ、現実にはみんなレンタカー使うから問題ないんだろうね。
 いやー、ここまでリゾート感前面に出した空港って日本にはここ以外にないので、とってもいいと思う。
 でも、あくまでこれは空港の一部だけの話。まだまだ序の口だったのでした。

 さて、宮古空港に着いたのでレンタカー借りて、下地島&伊良部島散策へGOだ!
 海がちょーきれい!(まぁ、きれいに見えるのは砂浜が白いからだけどな)


ファミマに商品がねぇ

 ラジオで15分に1回ぐらい「みんな洗車頑張ろうねー!」って流れる。
 そうだ台風通過して数日後なんだった。
 とりあえず沖縄ファミリーマートに寄るとビックリした。
DSC00427
 飲み物がスカスカ。
DSC00428
 食品もスカスカ。
DSC00429
 おにぎりと弁当だけはかろうじてあった。
 おにぎりと弁当は宮古島で製造しているので、きっとあるんだと思う。
 おそらく船が欠航しているんだろうなぁ。台風通過しても波の影響は長く残るんだと思われる。
DSC00430
 とりあえずポーク玉子おにぎり買ったよ。


伊良部大橋を渡る

 通行料金を徴収しない橋としては日本最長の伊良部大橋。全長3,540m!長い!
DSC00440
 もうね、先の方が見えないの。
DSC00446
 橋がずーっと続いていく。
 ちなみにこの橋駐停車禁止なんだけど、真ん中で車を止めて車道のど真ん中で写真撮ってるバカがいるから要注意。特に途中船が通るために高くなっているところがあるんだけど、そこから下りになった部分で車を止めて、写真撮ってるからホント注意。漫然と運転してると多分轢く。
DSC00451
 渡り終わって振り返り。
 いやーすげーな。海がきれい。そして海の中を割っていく橋。素晴らしいね。


下地島空港

 下地島空港は日本で唯一の旅客機が主に使用していたけど、(ほとんど)旅客の取扱はしなかった空港。
 ……っていうととんちを書いている気分であるけれど、ただの訓練用空港。以前はJALもANAもここでパイロットの訓練をしていた。それこそジャンボとかが飛んでいたはず。「Good Luck!」でもキムタクがここで訓練をしてたエピソード出てくるよね(古すぎて誰も覚えてない)。
 ただの訓練用空港なのだけど、されど訓練用空港。設備としては両側にILSが付いてたり(普通片側だけ)、滑走路が3,000m×60mもあったりただの空港ではない。
DSC00552
 管制塔。
 ちなみに私が行った後の2019年3月30日より新しいターミナルビルができて、ジェットスタージャパンが就航している。
DSC00516
 空港の周囲を回ると「ランウェイ17END」と呼ばれるところ。
 ここで運が良ければ着陸するシーンが見られる。
DSC00522
 はー。美しいわ。
DSC00498
 まぁ、きれいな海と自分たちが認識するというのは、基本的に砂浜の白さで構成されているので、砂浜の力なわけなんだけど、そんなことわかっていてもやっぱり美しいものは美しい。
 訓練をバリバリやっていた時代に来てみたかったなー。ジャンボとか飛んでる姿を見たかった。
 ちなみに下地島空港定期便就航に伴い、ここの部分を車で走ることができなくなってしまったので、今は歩いてくることが必須。かなり距離があるのでキツいと思う。


三角点と呼ばれるところ

 伊良部島の東側を走っていると車が数台止まっているところがあった。
 何やら見学スポットらしい。
DSC00598
 みんなこんな茂みの中から人が出てくるので入ってみた。
DSC00583
 わお!これまた美しい風景。
 すげーな、これ。断崖絶壁の上に出るけど、柵も何も無いので要注意。落ちたら死ぬ。
 落ちる人がでると立ち入り禁止になること確実。
 なので、みんな気をつけようね。
DSC00596
 亀が泳いでいるのも見えたよ。


牧山展望台

 下地島・伊良部島を一周して伊良部大橋近くの牧山展望台まで戻ってくる。
DSC00610
 立派なコンクリート造りの展望台だ。
DSC00612
 先ほどの断崖絶壁から見たほどではないけれど、それでも美しい海。
DSC00616
 そして伊良部大橋の全景が見られる!
 やっぱり宮古島はええのぅ。石垣ほど観光観光していないし、石垣よりも景色がきれいだし。なんで、みんな石垣に行きたがるのかよくわからんのよね。

↑このページのトップヘ