FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:NGO

 真冬の旧正月のハルビンに突撃するのだ!


ハルビンに行くチケットの話

 春秋航空日本の就航記念運賃で日曜日着のハルビン→成田が空いてた。
 うっかり、買ってしまった。だって、込み込み2,300円だし。
16105709_732504936907186_3742244161263048882_n
 で、その後で行きのチケットを取ろうとしたらないの。
 そりゃそうだよね。だって1月29日就航なのに就航初日の帰りのチケットを取っちゃったんだから。

 というわけでハルビンまでの片道チケットを考えると、関空からの中国南方航空か、セントレアの春秋航空(本家)が安かった。その中でもセントレア便は特に安かったので、ここはセントレアから飛ぼう!
 初めての海外資本LCC、初めての春秋本家。ちょっと楽しみだ。


セントレアまで移動するの巻

 春秋航空のセントレア発ハルビン行きは朝早いんだよね。
 なので、夜行バスで名古屋まで移動する。
DSC06870
 マジで安いヤツにしたら、相当キツかったわー。ただ、アイマスクくれるのは良い。
DSC06872
 早朝の東岡崎に到着。ほぼ一睡もできず。
DSC06874
 始発の名鉄に乗ってセントレアへ。


チェックインから搭乗まで

DSC06875
 というわけで、早朝のセントレアについてチェックイン。すごいねー。
 みんなどっかんどっかん買い物した中国人がいっぱい。
 LCCに乗るときに荷物預けるとすごい高い気がするのに、みんな預けてるよね。荷物が極端に少ない人々は基本的に日本人。特にチェックイン時の荷物重量チェックはなかった。成田の春秋日本とか結構厳しく重さを量るのにねぇ。
 それにしても、セントレアに春秋航空は上海/浦東、合肥、ハルビン、石家荘、フフホト(石家荘経由)、常州、銀川(常州経由)、寧波なんてところから飛んできてる。正直わけわかんない都市から飛んできて、それで商売になっているのだからすごい。
DSC06876
 なぜかスタアラロゴ入りの搭乗券。たしか、ANAがチェックインカウンターを受託してた。
 なんかコードシェア便の便名みたいだよね。8000番台とか。それだけ便数飛ばしているのかしら。
DSC06882
 そしてバスゲートから搭乗。もうね、中国語しか聞こえない。ちなみにバスに乗ってきた春秋航空の社員も当然のごとく中国人。
DSC06883
 というわけで、搭乗!
 搭乗時の機内に流れるBGMはなぜか久石譲だった。


機内編~春秋体操初体験

DSC06884
 春秋日本とは違い、本家春秋はA320で運航。
 日本語のアナウンスがないまま、出発。ちなみに機内モードでスマホ使ってたら怒られた。中国の飛行機って機内でスマホの電源切らないといけないのね。その割にはタブレットはOKとか意味が分からなすぎる。ホント、中国って独自ルールが多いんだよなぁ。
DSC06885
 セントレアに置かれているB787の飛行試験初号機が見えた。コイツどうすんだろうねぇ。
 中国の航空会社だし……、中国人ばっかだし……とか思っていたけど、意外とフライト自体はフツーだった。というより、LCCとしてはなかなかいいんじゃないだろうか。
DSC06888
 ただフツーじゃないのは春秋体操があること。離陸して一通り機内販売も終わったあたりで始まった!実は春秋航空日本には何回か搭乗してるけど、春秋体操の経験はなかった。趣旨としては、エコノミークラス症候群にならないように、席でできる体操をしましょう!ってことらしい。
 ずっと見てたら、CAにちゃんとやれ!って怒られた。あれって強制参加だったのか。
 飛行ルートはFlightRadarを確認する限り、ソウルから北朝鮮を西側に迂回して大連を通ってハルビンへ。
DSC06892
 まもなく着陸。街が凍てついているぜ。


着陸・入国~国際線ターミナルがボロすぎる

DSC06893
 凍てついた街に到着。
 思ったよりは寒くないかな。いや、寒いと思うけど。たしか-15℃くらい。
DSC06894
 なんか空港がボロいのよねぇ。
 一昔前の中国!って感じがする。
DSC06896
 そして、入国審査が大混雑。全てが狭い。
 中国の地方空港は中国人と外国人で入国審査ブースが別れてなかったりする(あるいは外国人用ブースにも中国人が並んでる)ので入国には時間がかかる。
DSC06897
 案内表示は中国語、英語、ハングル、ロシア語の4種類。
 やっぱり朝鮮族とか多いのかなぁ。辺境の地に来たように感じた。
DSC06899
 というわけで、ついにハルビンまで来たよー。
 雪はあんまりなくて、ホントにただただ寒いぜ!

 さて、帰るよー。

 今年よく考えたら、JGCなのにJALに加算を一度もしてなかった。
 いかんいかん5,000マイルいただかないと!ってわけで帰りはJALでございます。

 早く着きすぎて、ご飯を食べても時間が余ったので空港見学。
DSC05837
 いっちゃーなんだけど、いつ来ても飛行機少ないよね。こちらは国内線側。
DSC05838
 こちらは国際線側。TGと香港エクスプレスあと中国東方航空がいた。
DSC05839
 国際線側その2。意外とJALがいるね。
 こう見ると737ってかなり小さいな。
 JALの大きいのってホノルル行き?
DSC05844
 そして奥にはエティハドがいた。北京経由のヤツだよねー。
 たまたま特別塗装機だったみたい。
DSC05842
 そして遠くに居たコイツ。
 いったいいつになったら飛ぶんだろうね、エアアジアジャパン。
 飛ぶ飛ぶ詐欺をずっとやってる気がする。スカイマークの残党がここにいると思ったけど、いつまで経っても飛ばないよねー。
DSC05847
 空港見学も終わってゲートへ。案内見るとすごいいっぱい飛んでるように見えるけど、下の5行は同じ便だ。
 しょぼいラウンジでビールを飲んだりしながら搭乗時間まで待ち、ゲートへ。
DSC05848
 前便が国際線なので国内・国際共用ゲートである11番から。ちょっと遠い。
DSC05850
 なので、国際線仕様機材のB737でございます。エンタメ画面が付いてるのが国際線仕様機材の特徴。
 たしか台北からきた便のハズ。「成田→台北→中部→羽田/羽田→中部→天津→中部/中部→台北→成田」って飛んでるんだったかな。
 なので、クラスJはビジネスクラスシート。でも、座席数が少ないこともあってクラスJはいつも満席。なかなか取れないのよねー。BAのティアポイント集めのためにはこの便のクラスJは単価が安くておいしいんだけど、なかなか予約取れないのが欠点。
 短時間フライトなのでドリンクサービスもなく、あっさりと着陸。

 さて、名鉄の枇杷島デルタ線見学しちゃったりした後、セントレアへ。
 名古屋から帰るのに飛行機で帰ります。

 というのは、台北発券の航空券はセントレア経由でも値段が同じって話をしましたが、24時間以内の乗り継ぎであれば、次の日の便にすることもできるので、それをフル活用してみる。というわけで、あえての国際線乗り継ぎご用達の成田便。ますます意味が分からない(笑)。

 セントレアの展望デッキに出てみたけど、大都市の空港でかなりの設備が整っているのに、この飛行機の便数で大丈夫なのか心配になる。
DSC05330
DSC05328
 あまりにも駐機場が閑散としすぎ。ターミナルビルにはそこそこ客がいたけど、飛行機に乗らない客なのかしら。昼飯に、矢場とんで味噌カツ食べてから搭乗~。
DSC05334
 基本的に「名古屋から成田まで飛行機で行く人≒成田で国際線乗り継ぎの人」なので、ゴールデンウィーク最終日だけどそこそこ空いていた。

 そして、この路線に使われるのは国際線機材、しかも欧米線で使われるB777なので、ファーストクラス設置されている。ファーストクラスとビジネスクラスのシートはクラスJとして営業している……ってことは+1,000円でこのシートに座れるってこと。ファーストクラスシートの事前指定は、国際線ファーストクラスへの乗り継ぎ客しかできないらしく、余った席は当日カウンターで早い者勝ちということになる。
 というわけで初めてJALのファーストクラスシートを経験。
DSC05336DSC05337
 残念ながらSS7ではなかったけど、デザインとかはほぼ同様なのかな。
 異常に広い。でも、CXのファーストクラスの方が座り心地はいいかな。

 飛んだらすぐ着陸って感じ。
 成田では、まさかのバス。
DSC05339
 まぁ、B777が飛ぶような路線で、バスに乗るってことは珍しいかも。乗客が多ければなるべくボーディングブリッジ付けようとするからね。
DSC05341
 それにしてもエンジンデカいなぁ。エンジンの大きさがB737の胴回りと同じくらいなんだっけ?

 というわけで、ここから2時間半かけて帰宅。名古屋から新幹線に乗れば同じ時間以下で自宅まで帰れたけど、たまには飛行機もいいよね。

 さて、帰国しますよ~。

 ゴールデンウィークでチケットが高いので工夫した結果、今回の行きはコロンボ発券のCXチケットで台北STOP、帰りはJALを台北発券して、使うことにする。当然、台北発券と言っても、羽田・成田のチケットは売り切れていたので中部(セントレア)経由で帰ります。
 実は、この中部便はJALで帰る場合、台湾を一番最後に出発します。なので、ワンワールド縛りをしている方は結構使える便です。中部ではこの機材がそのまま羽田行きJL208便になるので、遅れても大丈夫。羽田にその日のうちに帰れます。
 んで、台北発券だとなんと中部を経由しても直行便と同じ値段なのです(羽田発は差額あり)。なので結構、この便が好きだったりします。

 さて、搭乗。
DSC05274
DSC05275
 機材はB737-800なので小さい。
 もうちょっと大きい機材にならないかなぁ。
 って思ったけど、結構空いてるんだった。
DSC05276
 機内食は分かりずらいかもしれないけど、カレーです。
 カレーとそうめんの炭水化物パラダイス。

 無事に着陸~。
 なぜか、セントレアの税関では色々質問を受ける。荷物も開封させられた。
 「なぜ神奈川在住なのに、ここで入国するんですか?」とか税関のあなたには関係ないでしょう!と毎回言いたくなる。

 さ、名古屋市内へGO!

↑このページのトップヘ