FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:ノロッコ号

 今日もひたすら列車旅。北海道はでっかいどー。


早起きして北見駅

 さて、朝。
DSC08772
 おっはー!おっはー!今日もいい天気だね。
DSC08775
 朝も朝から列車に乗ります。
DSC08780
 対網走の通学対策列車かな、さすがに朝は3両つないでる。
 それだけ高校生が多いんだろうな。
DSC08781
 乗車位置「I」は「Iris(あやめ)」の「I」。
DSC08782
 昨日も乗ったオホーツクがやってきたよー。
DSC08784
 今日も無事に到着してくれただけありがたやー。
 (マジで鹿との衝突が半端ない)


特急オホーツク2号はガラガラ

 土曜なのにガラガラのオホーツク2号。まぁ、そんなもんか。
DSC08785
 今だったらマニアがいっぱいかもね。
 4号車まるまる一人もいなかったので、私の貸切。
DSC08794
 遠軽駅に到着。
 信号の「ア2」って何?旭川方二番出発?
DSC08798
 遠軽駅で進行方向が変わるためしばし休憩。
DSC08799
 ここでも行灯式発車案内は現役。懐かしいね。
 おれは鶴見駅にあった鶴見線の行灯式発車案内を思い出すよ。
DSC08800
 さて、遠軽駅で方向転換して出発。


遠軽駅からは特等席

 さて、遠軽からは自分が乗っている4号車が先頭に。
DSC08805
 誰も乗ってないから前面展望も楽しみながらリラックス態勢。
 この後、JR北海道は自由席車の前面展望が楽しめる席2席だけ指定席にした。
DSC08808
 旧下白滝駅跡にある下白滝信号場。
 このあたりは駅間が長い。最大では白滝~上川間の37.3km。これは日本における新幹線を除いた隣の駅までの最長距離記録になる。かつては途中に5つも駅があったが、すべて廃止となった。駅があっても利用する人がいない、集落自体がなくなったなどの理由で消え、駅と駅の間は広がった。
DSC08811
 安足間(あんたろま)駅で対向のオホーツク1号と行き違い。
 グリーン車の窓から顔を出しているやつってたぶん車掌じゃないよな。車掌だったら普通ホーム側(ホームは外側)見るよな。
DSC08812
 上川すぎて旭川近づくと人家も増えてきて安心する。
DSC08816
 というわけで旭川到着~。早朝から3時間の旅。
 これくらいがちょうどいいね。

旭川からはノロッコ号

 さて、旭川からノロッコ号に乗るよー。
DSC08823
 ノロッコ号とは「ノロノロ」と「トロッコ」が合わさったもの。
DSC08820
 最近は珍しくなった機関車牽引列車。
DSC08826
 機関車牽引の客車列車だけど、反対側にも運転台がついていて、機関車を遠隔制御できるようになっている。
DSC08834
 なので側面は全開でやんす(あんまり写ってないけど)。冬とか寒そー。
 そして木のベンチシートなのでなかなかきついぞ!
DSC08831
 トロッコなのでいろいろむき出し。
 いや、もともとちゃんとした客車から改造されたはずだけど。
DSC08828
DSC08829
 記号も多いな。オハテフはともかくオクハテって。
 32.5t-37.5tで制御車で普通車で展望車だからオクハテ。
 クなんてもともと客車の記号ルールになかったから電車から持ってきてるよね。


いざ、美瑛へ

 旭川出発。
DSC08841
 旭川空港の飛行機もよく見えるねぇ。
DSC08848
 30分走って美瑛に停車。ここでは8分停車。
DSC08845
 格好の撮影タイムだね。
DSC08847
 客車の側面はこんな感じ。
 コロナ対策の換気はバッチリだね。
DSC08852
 一応指定席が1両、自由席が2両なので、普通乗車券だけで飛び込みでも乗れるよ。
 でも、全部指定席でもいいんじゃないかなぁ。


さらに富良野へ

 さて、美瑛までノンストップだったけれど、美瑛からはこまめに停車しながら富良野へ向かう。
DSC08866
 あー北の国からっぽい(適当)。
DSC08883
 富良野に到着。富良野って貨物列車来るのね。
DSC08894
 北海道ではおなじみの機関車もいた。
DSC08899
 さー、富良野についたぞー!
 なにすっぺかなー。とかいいつつ、もう行先は決まっているゾ。
mixiチェック

 幼き頃、やったゲームで覚えているのが「オホーツクに消ゆ」ですよ。
 音楽が印象的だったこともあって、なぜか記憶にすり込まれているのです。

 大人になってからゲームをやり直したけど、こんなストーリーだったのかと感心したね。
 そしてエンディング曲が良すぎ。

 そんなわけで、このゲームの中では死体発見現場最寄り駅となる北浜駅へ行ってみた。
オホーツク
 よし、「あたりを みろ」
DSC00496
 駅舎の中に喫茶店が入ってる。観光客はそこそこいる。
 中国映画のロケ地にもなったらしく、大陸人多め。
DSC00500
DSC00502
 ちなみにホームの位置はゲームとは逆。
 海はすぐ近くだけど、流氷で埋まってる。
DSC00506
 時間を合わせたわけではないけれど、ノロッコ号がやってきた!
DSC00510
 網走発は推進運転。ただ、制御は先頭車で行っているので最高45km/h制限で走れるのかな。
 こういうの乗ってみるのもいいね。
mixiチェック

↑このページのトップヘ