台南のShangri-laは駅の裏口の前に建っていて、改札口からのアクセスは抜群なのだけど、ホームから裏口の改札までが階段だらけなので、スーツケースを持っていると結構しんどい。
 結構な回数泊まっているせいか、最近パスポートだそうとしても「いらないよ~」って言われる。常連ってことになるのかな。いいのかそれでって気もしなくもない。
 でも、お部屋が広くて、安くていいの。コスパが高いホテル。台北のShangri-laは気合いを入れないと泊まれない(値段的に)。

 以前泊まったときの記事

 さて、夜飯を探して街を徘徊することにする。
 いままで、ご飯を食べるときは駅の表口に回っていたけれど、ホテルの周りを歩いたことがなかったので、そちらへ行ってみる。そしたら、意外とお店がいっぱいあった。安い食べ物屋が大集合してたり、大学があるせいかコピー屋みたいなのがいっぱい。そして、食べ物屋は学生大盛り無料とか、コーラ飲み放題とかどこも色々とサービスしてくれる。TWD70ぐらいの炒飯屋でコーラ飲み放題とか大丈夫なんだろうか。
 そんな乱立している食べ物屋の中でも炒飯屋が多い。台南って炒飯屋が多いよね。その割には昔あった台湾炒飯ランキングトップ10に1軒もノミネートされてないけれど。
DSC04598
 狭い道だけどバイクがびゅんびゅん通るんで要注意。
DSC04594
 今日の晩ご飯はオーラが出ていたこちらの炒飯屋に決定!
 紅樓小館というお店で、店頭で店のオヤジが一生懸命鍋を振ってる。
DSC04593
 決め手になったのは人気ランキングが店頭に書いてあったから。
 適当にフィーリングで訳してみると……
 1位 スモークチキン炒飯
 2位 ドイツソーセージ炒飯
 3位 麻婆オムライス
 4位 酸辣うどん
 5位 五目焼きそば(だと思う)
 6位 ねぎと豚肉炒め混ぜご飯(これはかなり自信なし)
 よくよく考えるとなかなかすごいメニューだね。特に3位。
DSC04590
DSC04595
 メニューはこちら。
 煙燻鷄肉炒飯(スモークチキン炒飯)とみんな紫菜蚕花湯(海苔玉子スープ)を頼んでたのでそれを注文。二つ合わせてTWD70。安い!
DSC04592
 結構もりもりな量で出てきた。スモークチキンの味が結構しっかり出ていて、しかも炒飯に合ってる。特別おいしいわけじゃないけれど、フツーにおいしい。
 それなりに遅くまでやってるので、遅く台南に着いたときにはいいかも。Shangri-laホテルの裏側は食べ物屋が密集しているので、駅表側よりもお店を決めやすいかな。


○注文と会計の仕方

 入口でメニュー表(写真のピンクの紙)とボールペンをゲット
  ↓
 席について注文内容を決めてメニュー表に記入(席番も)
  ↓
 入口脇に持っていって注文。
  ↓
 お金を払う
  ↓
 席で待つ
  ↓
 そのうち食べ物到着
  ↓
 スプーンとか調味料は入口脇にあるので持っていく
  ↓
 ウマー