FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:VNL

 先週とは違い、出発時刻が大幅に早くなっているのです。
 なので、今回は成田に宿泊。空港回りのホテルに泊まったけど、大陸系の方々ばかりでございました。
20150111_071228
 本日はキャセイが成田一番のりしたみたい。
DSC00152
 相変わらずのしょぼいゲートからスタートでございます。
 ちなみに今回も3人席真ん中。座席指定しないとずっとこれで固定なのかしら。
DSC00153
 朝日が眩しい中搭乗。
 それにしても結構乗ってるよねぇ。

 バニラが就航してもJAL便はそれほど乗客が減らなかったらしいので、バニラの分純増なわけで、それだけ奄美に行く人が増えてるってことなんだよね。180席の飛行機で年間搭乗率が7割(※1)だとしても、毎日126人ぐらい。これが年間にしたら4.6万人ぐらい。(一説によれば)9,000万円の補助金が出てるらしいけど、一人あたり2,000円の補助ってことになる。旅行者一人あたり、ホテルや食事代、レンタカー代、レジャー代などいれたら平均で20,000円ぐらい(※2)奄美でお金を使うだろうから、2,000円に対して大した経済効果だよなぁ。

 ※1:年間搭乗率はもっと高いと思う。8割までは行かないと思うが。
 ※2:一人あたり20,000円はちょっと多すぎか。でも、15,000円は使ってると思う。

 運航経費の面から言えば、離島で相手先空港での設備もJAL系しか飛んでなければ協力が得られず、1日2便飛ばせられないのは厳しいとは思うけど、バニラにはこういった路線でも頑張っていって欲しい。実際、奄美空港ではJACの協力が得られず、トーイングカーとか様々な設備を奄美まで運んで持ち込んでいるのでかなりの経費だっただろう。まぁ、これは決して意地悪しているわけではなくて、奄美は地方空港有数の発着便数なので、手が回らないというのが正しいと思うけど。
 なので、ここから補助金次第で他の離島への便も考えられるんじゃないかな。特にANA系が飛んでいる空港だと設備の共用ができるので、ANAが直行便をやっていないところなんかは検討に値すると思う。考えられるところで、一番有望なのは沖縄の宮古空港か。五島福江、対馬、壱岐あたりの長崎県離島は厳しいかなぁ。

 バニラの奄美大島行きは8時10分発。
 朝早いので寝ていきたかったし、地元からグリーン車で行こうと考えたのがまずかった。早朝の錦糸町手前で急停止したと思ったら、なんとこの先で人身事故。駅にも入れず、機外停車で閉じ込められる。
 奄美定期券はNo Show(予約バックレ)すると、以降無効になってしまうので、まずは電話してみようと試みる。バニラの予約センターは開いておらず、とりあえず成田空港に電話かける。そしたら、バニラへは電話の取り次ぎできませんとのこと。仕方が無いのでホームページから予約を見つけてキャンセル。
 あと、念のためJRの駅で遅延証明をもらっておいた。
DSC00118
 着いたときにはすでに出発済み。
 カウンターで、完全にバニラエアが悪くない案件なので、慎重に慎重に言葉を選びながら、「人身事故で電車が遅れて乗り遅れてしまったので、2日前までに予約っていうのは知ってるんですけど、明日の便予約させてもらえませんか?」と交渉して成功!遅延証明をもらっといたのも効いた!
 というわけで、奄美からさらに島へ行くチャンスだったけど、夢が消える。
20150110_083612
 せっかくの3連休。加計呂麻島を原チャで回るつもりで、ヘルメット持ってきたのに完全に荷物だぁ。
 そういや、前に三宅島を原チャで回るつもりで、ヘルメットもって旅行したときも、飛行機欠航で無駄になったなぁ。嗚呼、三宅島。

 さぁ、帰るよー。
DSC00108
 奄美空港のチェックインカウンター。ちょっと狭い?
 とりあえず時間までまだまだあるので、屋上で離着陸見学。
 奄美空港は近隣の島々からのハブ空港になっているので、結構離着陸機が多い。一日18便!地方空港としては有数の便数かと。旅客数ということになると、小型飛行機ばかりなので、結構下の方になっちゃうけどね。
DSC00116
 というわけでバニラが到着~。
DSC00112
 さて、今日は正月臨時便で帰ります。
 これがえらいことになってた。
20150103_154454
 まず保安検査場が大混雑。
 正月連休最終日なので、どの便も満席。保安検査場は1つしかない。出発ラッシュで大変なことに。

 結局出発時刻になっても30人ぐらい保安検査場を通過できておらず、出発がそこそこ遅れた。
DSC00117
 成田に無事到着でございます。

 実はこれが初バニラだったりする。

 というわけで、前日までふらふらしてタイやら香港やらにいて、初日の出を成田空港で見たというのに、また成田空港でございます。
DSC00006
 LCCなので何もかもがチープ。バニラーズパスなので、チェックイン機は使えず、カウンターでチェックイン。
 3列席真ん中をあてがわれる。いくら安いからってきついぜー。
DSC00008
 待合室までの廊下もしょぼい。っていうか外だし。
 まぁ、短期間しか使わないLCC施設なのでそんなもんでいいのかもね。実際今は使ってないし。
DSC00010
 搭乗待合室。イスが固いぜ。
DSC00009
 搭乗券はレシートみたいなもの。日本語が一切書いてない。
 エアアジア時代のシステムをまだ使ってたのかな。
DSC00011
 液晶や電光掲示じゃない表示ってなかなか新鮮だよね。
DSC00013
 というわけで、バスに乗って搭乗。

 初バニラの感想としては、まぁ、安いんだったらいいんじゃないかなぁ~。
 ただし、座席はそれなりに狭いし、3列席真ん中というのも厳しかったね。かなり(体感時間が)長いフライトだった。

 今回の旅行記は第0回からスタート。

 奄美経済に多大な貢献をしているバニラエアが、客の少ない時期の活性化策として、飛行機の定期券なるものを発売。1ヶ月有効で平日用27,000円、全日用40,000円。

 というわけで買ってみた。(→当時の公式ホームページの案内
 1月は計算すると毎週末奄美に行くとして9回乗れそう。1回あたり5,000円切るということであれば、乗ってやろうじゃないの、バニラエアに。バカすぎるけど。
03
 簡易書留が普通の封筒で届いた。マジで!会社名前とか印刷した封筒とか無いんだ!普通に無地の封筒に入ってるよ。
20150131_073313
 というわけでカラープリンタで印刷して自分たちでパウチしました……って感じの定期券が届く。
 1月はこれで飛ぶんだ!と決意。

 それにしても一番乗った人は何回乗ったんだろうね。

↑このページのトップヘ