FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:TPE

 さぁて、帰るよ。楽しかったお休みも、もうおしまい。


桃園のJALカウンターが最果て

 さて、桃園空港T2に移動してJALにチェックイン。
IMG_20200105_114158
 なんだこれー。
 いくらなんでも最果て過ぎるだろ!もはや別の建物に近い。


T2拡張部分オープン

 そんな、JALカウンターの上の階に新しく拡張部分の施設がオープンしてた。
 エスカレーターで上がる。
IMG_20200105_115412
 (若干安っぽい気がしなくもない。)
IMG_20200105_115520
 新しくオープンしたところにあるお店。
 セブンイレブンやスタバ、あとラクサ屋もあるでよ。基本的にはレストランフロア。
IMG_20200105_115244
 あとあたらしく展望台もオープン。
 台湾の飛行機マニアがバズーカ持って大集結していた。

スポンサードリンク

JALラウンジ

 さて、出国してJALラウンジへ。
IMG_20200105_122626
 台北桃園空港には海外では数少なくなったJALラウンジがある。

 数少なくなったと言ってみたものの、昔はどこにあったんだっけ?高雄にあったのは覚えてるけど。
 今はホノルル、サンフランシスコ、フランクフルト、マニラ、バンコクにサクララウンジがある。そして、台北桃園空港にはJALラウンジがある。なんでサクララウンジじゃないのか謎なんだよね。大してなにもサクララウンジと変わらないと思うんだけど。
 もっとも、元々この場所にはサクララウンジがあって、居抜きで復興航空のラウンジが入って、復興航空が潰れたので急遽また居抜きでJALラウンジになった場所。復興航空時代もJAL指定ラウンジだった。
IMG_20200105_122836
 その当時から変わってないので、あぁ、JALっぽい(JALなんだけど)ラウンジって感じ。
IMG_20200105_122844
 でも、落ち着いた雰囲気だし、737しか飛んでこないはずなのに妙に広い。
IMG_20200105_122914
 お酒コーナー。
IMG_20200105_123058
 食べ物は中華中心。
IMG_20200105_123102
 みんな大好き、炒飯もあるよ。
IMG_20200105_123209
 そして、冷凍食品の点心が食べられる蒸籠コーナー。
IMG_20200105_123547
 当然、カレーもあるぜ!
 まぁ、T2にワンワールド系のラウンジはここしかないので、維持してるのかな。
 受付のおねーさんは日本語完璧な人だったけど、JALの制服じゃなかったな。誰が運営しているんだろう。復興空厨とか?


搭乗も最果て

 さて、搭乗。
IMG_20200105_125206
 搭乗ゲートも最果てだった。
 昔はもうちょっと近かった気がするんだけど。
 どんだけお金をケチってるんだよ!
IMG_20200105_125238
 ……って思ったけど6年前に乗った中部行きJL822もD10ゲートだったわ。

 それにしてもケチでしょうよ。
IMG_20200105_125253
 ただ、桃園のT2は飛行機がきれいに撮影できるのがうれしいね。
IMG_20200105_130519
 座席はこんな感じ。
 もう乗り飽きた738のビジネスクラスのシート。
 まぁ、座り心地は悪くないんだけど。


離陸

 さて、離陸。
IMG_20200105_132629
 行ってきまーす。
IMG_20200105_133727
 お、ジャンボ!
 貨物機としては、ジャンボは主流よね。A380ってめっちゃ載せられる貨物機があったら、もうちょっと売れたんじゃ……って気がしなくもない。
IMG_20200105_133918
 滑走路に入って離陸~。

スポンサードリンク

機内食

 無事離陸して機内食の時間。
IMG_20200105_130709
 ワインメニューね。
IMG_20200105_130727
 お食事メニューはこちら。
 色々悩んだが、洋食にする。ハンバーグ大好き!
IMG_20200105_140622
 まずはシャンパンとおつまみ。
IMG_20200105_142315
 いつものパンが所在なさげな洋食ワンプレート。
 「年末年始は暖かい台湾で過ごされたのですか?」とCAに聞かれたので、「いえ、クソ寒いポーランドですごしました」と言ったら驚かれた。まぁ、そういう反応になるよね。
IMG_20200105_144612
 ハーゲンダッツでフィニッシュ!
 あー、やっぱり日台線はBRが優勝だよなぁ。色々な意味で。


到着!

 さて、着陸。
IMG_20200105_162438
 いやー日本に帰ってきちゃったねぇ。
 その後、入国は大して混んでなかったけど、手荷物受取場が大混雑!さすが年末年始休暇最終日!
 しかも入国はA側だけで、荷物受取はB側で、税関のチェックはA側のみとかもうふざけんな!って言いたくなるほどのあっち行ったりこっち行ったり。しかも最後の税関は長蛇の列でぐったり。
IMG_20200105_183245
 時間がかかってもいいから、とにかく空いてる方法で帰りたかったので旧エアポート成田で帰宅!


スポンサードリンク

 さて、帰るよ。台北経由で。


空港では相変わらずチケットチェック

 年末年始のお休みもおしまい。
IMG_20200105_065105のコピー
 相変わらずのチケットチェック。
 これなんか意味あるのかね。本気で空港内で抗議活動しようとするならダミーの予約すると思うんだけど。
IMG_20200105_065958
 Fカウンターは相変わらず待ち時間なしで快適。


Wingファーストクラスラウンジ

 さて、今日のゲートは近いのでWingへ。
IMG_20200105_070915
 今日のご飯メニュー。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200105071307341_COVER
 とりあえず、朝からシャンパン飲んでー。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200105071919641_COVER
 卵食べてー
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200105071924521_COVER
 担々麺でフィニッシュ。
IMG_20200105_080150
 ちょっとキャセイディライトの秘密を見てしまった。

スポンサードリンク

搭乗

 ゲートは3番!ウィング前!
 搭乗し始めたのを見てから移動。
IMG_20200105_082801
 さぁ、名古屋行くよー!
IMG_20200105_082837
 ……ウソです。私は台北で降ります。
IMG_20200105_082933
 今日の機材はA330。この位置からほとんど見えないけれど。
IMG_20200105_083147
 この座席を見るたびに、あぁキャセイだなって思う。
IMG_20200105_085841
 CAさんから挨拶あった。
 香港出発時点では空席が結構あった。これらは台北で入れ替わったら満席になるのかな。日本人の年末年始旅行シフトなのか、CAさんも日本語ができる人多数。……っていうか見覚えがある日本人CAが何人か乗ってたよ。


機内食

 さて、離陸して機内食。
 飛行時間は1時間強しかないので、とにかく配りまくる。
IMG_20200105_094445
 久々の紙袋に当たった。
IMG_20200105_094513
 中身はこんな感じね。選択権はない。
IMG_20200105_094609
 中身はコレなんだけど……まぁ、あんまりおいしくないよねぇ。
 台北搭載のご飯がいいなぁ。


到着~入国~秘密の通路でT2へ

 あっという間のフライト。
IMG_20200105_105041
 到着~。
 香港は豚コレラ汚染地域なので、入国前に検疫でめっちゃ荷物をチェックされた。全てを開けてのチェック。厳しいな。預け荷物に入ってたらチェックできないと思うんだけどそれはいいのかしら?それともそっちは犬がふんふんしてるから大丈夫なのかしら。
IMG_20200105_111206
 短い路線なので、そんなに早着することってあんまりないはずなのに、早着!
 今日は一度入国したけど、そのまま乗継!
IMG_20200105_112752
 別に桃園捷運乗っても悠遊カード持ってれば無料のはずだけど、なにやら怪しい通路を通ってターミナル連絡電車に乗って、T2に移動してみる。
IMG_20200105_113013
 このターミナル連絡電車に乗ったのって初めてかもしれない。
 さぁ、日本に帰るぞー!


スポンサードリンク

 乗り慣れた路線で。


パワー台北その2

 さて、TKで着いて、台北に1泊。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200102210001215_COVER
 ラーメン蔦で食べてみる。
 蔦ってこんな味だったっけ?うーん。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200102215154642_COVER
 ディンと来た!
 いつものお味、安定。
IMG_20200103_084210
 朝!龍山寺から読経が聞こえる。


チェックイン

 さて、乗りますかね。
 今回はアジアマイル最終在庫処分でTPE-HKGの往復。
 今回であれだけお世話になったCXと縁が切れちゃう。まぁ、結果的にいい時期に離脱したかな。
IMG_20200103_102801
 台北のFカウンターでチェックインするのもたぶん最後。

スポンサードリンク

キャセイラウンジ

 さて、さてさて。
IMG_20200103_105737
 いつものキャセイラウンジ。
IMG_20200103_105931
 お食事コーナー。
IMG_20200103_105945
 この日のメニューはコレだった。
IMG_20200103_111135
 ワンタン麺とチャーシューまんとチキンライスを食べる。チキンライスちっちぇー!
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200103113120143_COVER
 パイナップルケーキも食べちゃう。


搭乗

 いや、もう何回乗ってるんだって感じの路線で、書くこともあんまりないんだけど。
IMG_20200103_115817
 ソウルからやってくる台北経由のCX421に台北から搭乗。
IMG_20200103_141607
 乗ってから気づいたけど機材はA359だね。
IMG_20200103_121818
 さぁ、出発。
IMG_20200103_125505
 前寄りに席を取っていたのでそこそこ混んでた。
 とはいえ、私の隣は空席。ラッキー!


機内食

 フライト時間は1時間半。
 でも、ちゃんと機内食が出る。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200103125921828_COVER
 チキンひき肉ご飯。
 量は少しだけだけど、結構おいしいよね。
 台北搭載の機内食はおいしい。キャセイの場合、シビアに機内食の価格で搭載地をどこにするか考えているような節があるので。きっと香港で搭載するより、台北で搭載した方が安いんだろうね。これが日本線になると、往復とも香港搭載になったりする(日本でナイトステイしてから出発する便を除く)

スポンサードリンク

到着

 香港到着前に時間調整で一周回ってからアプローチ。
IMG_20200103_135737
 新界だねぇ。
 これ、たぶんA席取っていたら「あぁ、香港!」って感じでヴィクトリアハーバーを見られるルート。
IMG_20200103_140317
 無事に着陸。
IMG_20200103_141905
 やっぱりたぬっとしてるよねー。
 いやー久しぶりの香港じゃ!


スポンサードリンク

 インボラ来たー!!


ラウンジでおなかいっぱい食べる

 さて、乗継ゲートを越えて、出発側へ。
IMG_20200101_235707
 ホント無駄にでかいなこの空港。
 いや、すごいよね。一応、イスタンブールって観光資源もそこそこあると思うんだけど、それだけじゃなく、とにかく乗継客をかっさらっていこうとする姿勢だがスゴい。まぁ、中東御三家と同じ戦略って感じかな。
IMG_20200102_000220
 とりあえずパン。
 正直眠くて、写真をあんまり撮ってない。
IMG_20200102_001325
 充実したキモ甘コーナーがあったので、ケーキをがっつり食べたよ!
 もうおなかいっぱい。


Tシャツ職人に会ってから搭乗

 この時はまだTシャツ職人じゃなかったんだけど、NemoPが年末年始ヨーロッパにいるらしいという電波を受信した。

 NemoPってこのブログ書いている人ね。今はマニラに住んでないし、キャセイにも乗らないし、映画レビューもしないので、ブログタイトルがもはや意味不明の人。最近はバンコクのコールセンター沈没日本人を脱して、Tシャツ職人として華々しくデビューしている。ネトウヨ。
 そんな人にワルシャワ出発するときに、新年の挨拶を兼ねて連絡してみた。
IMG_0797<今からオスマン帝国
kjt<うっそ!俺、これからISTでTRANSIT
 まさかね。イスタンブールで会うとはね。
 この人とは、DOHで会ったり、LISで会ったり、謎なところで出会う。
 それほど時間に余裕がなかったので、ゲート前で雑談。
IMG_0797<GGLに俺はなる!
 あぁ、それで「TXL-LHR-IST-BRU-LHR-IST」ってひたすらBAに乗って、GGL修行うろうろしてたのね。
 色々しゃべってたら、LAST CALL。
IMG_20200102_014046
 さて、搭乗しますかね。
 ……って思ったら赤ランプ。
Point Blur_20200620_232514
 まさかのインボラ(筆者が写ってるので写真加工強め)。
 ええー。インボラとか久しぶりすぎて、どうしていいかわかんなくなっちゃったよ。
 っていうかTKって他社G(SFC)にインボラ出すの?それとも俺が行きの飛行機でカメラなくしたから?
 マジでロングでインボラとかうれしいんだけど、そんなこと予想してないからラウンジで腹一杯食っちまっただよ。もう、早く言ってよ!状態。

スポンサードリンク

離陸

 さて、搭乗。
IMG_20200102_014221
 今夜の機材は77W。
IMG_20200102_014503
 窓側は台湾人おばさん。リュックとビジネスクラスの組み合わせがシュール。
IMG_20200102_014457
 足置き兼荷物入れがついている座席だった。
 一応、フルフラットになる。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200102014625643_COVER
 ウェルカムドリンクはオレンジジュース。
 しかし、どう写真撮っても、隣のおばさんのリュックが入る。
IMG_20200102_020147
 アメニティーももらったよ!
IMG_20200102_020947
 ビジネスクラスの搭乗率は5割ぐらいかな。結構空いてた。
IMG_20200102_023342
 離陸~。


機内食1回目

 さて、機内食。
 もうあんまり食べられないけど、食べちゃう。
IMG_20200102_015138
 お酒のメニュー。
IMG_20200102_015150
 ソフトドリンクメニュー。
IMG_20200102_015039
 こちらはお食事メニュー。
 左側には朝食(2食目)のオーダーシートがついていて、早い段階で回収される。
IMG_20200102_015112
 それにしてもTKは台湾線なのに簡体字使ってて大丈夫?
 台湾人に怒られたりしないのだろうか。
IMG_20200102_030845
  TKはフライングシェフと呼ばれる料理人が乗ってるのね。
 元々TKは機内食で一番うまいと言われているDO&CO社と合弁の機内食製造会社を持っていて、(おそらく)長距離便にはフライングシェフが乗っているという気合いの入れっぷり。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200102032545428_COVER
 離陸から1時間ちょっとで機内食スタート。トルコ時間で3時半、ワルシャワ時間で1時半。眠い。
IMG_20200102_033417
 前菜とか。なんかモリモリ出てくるなぁ。
IMG_20200102_033722
 パンがおいしそうに出てくるぜ!
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200102034947710_COVER
 チキンにした。
 ビジネスクラスの機内食のクオリティーも高いな。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200102040425699_COVER
 揚げワンタンみたいなデザートが来た。
 深夜便だからか軽めな感じだったね。
 機内食としてはかなりおいしい。


寝る

 食べ終わったので寝よう。
IMG_20200102_042015
 トイレのアメニティーはこんな感じだったよ。
 ちなみにTKはビジネスクラスだとWIFI無料。インボラでも無料だった。ありがたい。
 フルフラットの座席でしばし睡眠。

スポンサードリンク

機内食2回目

 到着前の機内食。
 トルコ時間だと朝なので、朝食。台北時間だと夕方。
IMG_20200102_095502
 チーズやらが出てきた。
IMG_20200102_100053
 もりっとパンが出てくる。うまー。
IMG_20200102_100925
 寝起きでマジでコレが何だったか思い出せないんだけど、なんだったかなぁ。


着陸

 さて、そろそろ着陸。
IMG_20200102_115400
 窓を開けると夕陽を浴びて飛行していた。
 時差があるから変だねぇ。
IMG_20200102_170546
 というわけで、ビジネスクラスに乗れたおかげか、9時間半があっという間のフライトだった。
IMG_20200102_173905
 定刻よりもちょっと早着したね。


スポンサードリンク

 初めてのロング便に乗るんですよ。
 もう初めてでドキドキですよ。今まで7時間ぐらいが最長だった。


とりあえず台北で食べたいもの食べる

 とりあえず空港のコインロッカーに荷物を預け、身軽になって台北市内へ。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191228170431135_COVER
 とりあえず、食べたいもの食べた。
 肥前屋のうな重。いや、日本で食えよって怒られそうだけど。


搭乗

 チェックインはT2の端っこのカウンター。
 そして、ラウンジはBRのラウンジ。
 特筆することはないけど、シャワーがスムーズに浴びられたのがありがたい。
DSC09136
 さて、搭乗。
 いよいよ飛行時間12時間半のロングフライトに乗る。今まで最長で7時間ぐらいだったので、初めての長さ。しかも、エコノミー。前回、ヨーロッパ行ったときは、HND-HKG-CMB-DOH-FRAって変態南回りルートだったからね。今回は、NRT-TPE-IST-XXXだからとってもまともなルートだね。
 もう、入念に事前に座席を指定して、通路側をゲット。トイレはいつでも自由に行きたいからね。
 隣は残念ながら他の客がいた。となりいなかったらラクだったんだけどなー。
 そして、初めてのTK。一時期TKのゴールドだった時期あるけど、乗るのは初めて!
IMG_20191229_073915
 TKはエコでもアメニティーがあるのね。
 さぁ、いよいよ、離陸。

スポンサードリンク

機内食

 さて、機内食。
DSC09146
 エコでも立派なメニューあり。
 簡体字を使って、積極的に台湾人をいらつかせるスタイル。
DSC09147
 1回目の機内食。
 牛肉のガーリックオイスターソースにした。
 結構おいしくて満足。
DSC09158
 2回目の食事。スクランブルエッグはおいしくなさそうな気がしたから、チキン挽肉ソース付ビーフンにした。
 これも普通に満足。TKは機内食うまいな。


12時間って長い

 12時間って長いね。
 まだ着かない、まだ着かないって感じ。
DSC09153
 途中チッタゴンの近くを通ったので、お祈りした。
 ただ、これだけ長い時間でも機内なのでタバコを吸いたいって思わないのが不思議だった。
 とはいえ、12時間にはビビっていたので、機内Wifiに課金してしまった。おおよそ当時のレートで1,650円。この値段で12時間以上Wifiが使えるっていうのは、それほど高くないと思う。


降機時にデジカメ無くす

 いやね。
 前回と今回がめっちゃ萎え萎え記事なのはコレなのですよ。
 おそらく降機時にデジカメを座席に忘れてきてしまった。で、降りた後に気づいてすぐに戻ったんだけど、なかったのよね。誰かにパクられたか……。一応、TK側にも調査依頼したけれど見つからず。
 なので、この日の写真で一部Twitterに上げた分はGoogleフォトにバックアップされていたので無事だったけど、それ以外の写真は失われた。
 仕方ないよねー。まぁ、これがパスポートとかスマホじゃなくて良かったなって思った。
IMG_20191229_060529
 まぁ、そんなわけでテンションが超ローになりながら、入国ゲートへ。
 この写真以降はスマホの写真になりますです。

スポンサードリンク

イスタンブール国際空港は巨大!

 新しくなったイスタンブール国際空港。2018年10月29日に開港したということで、この時点でオープンしてまだ1年しか経っていない。
IMG_20191229_061252
 至る所が新しくてきれい。
 そして余裕がある設計。
IMG_20191229_061749
 いやー、天井も高い。
IMG_20191229_062814
 バッゲージクレームも何レーンもあるけど、ここで手荷物受け取るヤツどれくらいいるんだ?って疑問もあったりする。
IMG_20191229_063032
 なんだろうね。国の威信をかけた空港ってこういうものかね。
IMG_20191229_065616
 というわけで、入国で特に突っ込まれることもなく、あっさりと入れた。
 いやー、色々考えられている空港だけど、いかんせん巨大すぎて歩く距離が長い。


スポンサードリンク

 年末年始だから出国。


年末年始だし出国する

 ほら、年末年始だし、出国するよ。
 とりあえず、台湾往復チケットは用意しておいたので、それで出国するのだ!
 目的地はヨーロッパ!2回目のヨーロッパ!


ラウンジ

 色々あって、写真がなくなってるので簡潔に。
 まぁ、一週間前にも来てるしな。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191228094149999_COVER
 中トロとホッケから天身とさよりに変わってた。
 変な中トロ出すくらいなら、天身の方がいいと思う。さよりはちょっと握るのが大変そう。
 さっさと食べて、下の階で。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191228100854476_COVER
 ウィスキーをいただく。
 うまー。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗。
DSC09081
 まさかのバスゲート。
DSC09087
 お久しぶりに階段上がりましたわ。
DSC09088
 座り慣れた古いビジネスクラスへ。
 738もねぇ、そろそろ座席変えた方がいいんじゃないか?


機内食

 機内食のメニューはこちら。
DSC09091
 うむ。大連線と同じだね。
 というわけで前回洋食だったから、今回は和食。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191228123041024_COVER
 特に味を覚えていない。
 メニューの扱いの割には豚肉が多かったなという印象。


到着!検疫回避!

 この時の台湾は豚コレラが中国から入ってくるのを防ぐのに躍起になっていた時期。
IMG_20191228_142701
 ゲートでこれをもらった。
 これがあると、特設検疫ブースを通らないで通過できるという仕組み。
 コレのおかげですいすい入国できた。さて、パワー台湾するぞ!


スポンサードリンク

 さぁ、けぇっぺ。
 噂の鼎泰豐機内食を食べちゃうぞー。


というわけでTPEの2タミ

 朝から新幹線と地下鉄を乗り継いで台北桃園空港の第2ターミナルへ。
DSC05967
 帰りも乗るのはEVA AIR。
DSC05964
 EVAのダイヤモンドってどんな感じのサービスなんだろうか、なんて思いながらスタアラGのカウンターでチェックイン。特筆するようなことは何も無く。


インフィニティーラウンジ

 何回か利用したInfinity Loungeへ。
DSC05969
 入って右か左かが運命の分かれ道。
 スタアラGラウンジとビジネスクラスラウンジで分かれてる気がするけど、内容に大差ないし、なんか空いている方に誘導しているだけという気がしなくもない。一応、Infinityがビジネスクラスラウンジ、STARがスタアラGラウンジ。
DSC05976
 一応、ビジネスクラスなのでInfinityラウンジへ。
 ここは基本的に食わせラウンジなので、飲むし、喰う。
DSC05970
 お酒は台湾が誇るウィスキーKAVALANが置いてあるね。
 まぁ、うまいんだけど、高いというのが私のイメージ。
 ここならじゃぶじゃぶ飲めるよ。
DSC05971
 お食事もたくさんあるでよ。
DSC05974
 謎のざるそばとか。
DSC05975
 台湾っぽい飯とかあるよ。
DSC05972
 そしてイモ。
 なぜかあるイモ。
 っていうか台湾系エアラインのラウンジには必須なんじゃないかってぐらい置いてあるイモ。
 もちろんチャイナエアラインのラウンジにも置いてある。でも、不思議なことにキャセイでは台北も高雄もイモは昔から置いてない。謎だ。
DSC05973
 ハーゲンダッツも取り放題だよー。

スポンサードリンク

搭乗

 さぁ、乗るかぁ。
DSC05977
 今日の機材は332。
DSC05981
 お座席はこちら。
 Cの搭乗率は低くて3割ぐらい。
 隣席は空席だった。
DSC05983
 ウェルカムドリンクをいただく。
DSC05984
 帰りもアップルデイリーもらう。
DSC05985
 いつもの通り、なんだかよくわからない芸術的なセーフティービデオを見る。
DSC05991
 というわけで、離陸よー。
DSC05992
 バイバイ、台湾。
 やっぱり何度も来たいぜ、台湾。


機内食メニューチェック

 まずはメニューのチェック。
DSC05986
 和食はこんな感じ。
 さすが、台北発。なんかちゃんとしてそうな予感。
 香港と台北発の和食はちゃんとしたものが出てきそうなイメージ。
DSC05988
 その他、洋食と中華。
 おおー、中華は鼎泰豐や。
 もっとも、最初から
鼎泰豐をプレオーダーしてたけど。
DSC05990
 ちなみに成田発のメニューもついてたので参考までに掲載。
 成田発の方が和食は質素な気がする。
DSC05989
 成田発でも中華は鼎泰豐。
 台北で往復分搭載してるのかな。


鼎泰豐機内食を実食

 では事前にオーダーしてあった鼎泰豐の機内食を食べよう。
DSC05994
 まずはシャンパンとおつまみから。
DSC05995
 テーブルが整えられる。
DSC05998
 前菜的なもの(中華惣菜)とスープ。
DSC05999
 このスープ、鶏肉がごろっと入ってておいしかった。
 まさか、機内でこんなスープ飲めると思わなかったよ。
DSC06002
 いよいよ
鼎泰豐の小籠包。
 うーん。機内にしては頑張ってると思う。
 とっても頑張ってると思う。
 が、
鼎泰豐の小籠包って考えるとちょっといまいち。
 そんなに期待して食べるもんじゃねーなって気がする。
 あ、いや、おいしいんだけどね。
DSC06004
 そして食後のデザート。
 あ、ちょっと量が少ないなって感じがした。
DSC06005
 このお砂糖いいよねー。
DSC06006
 最後はジャスミン茶でフィニッシュ。
スポンサードリンク

到着

 日も暮れてきた。
DSC06011
 東行きに乗ると、スゴい勢いで日が暮れていく。
DSC06007
 なんか相当古そうな検疫のビデオを見せられる。
DSC06014
 夕暮れの中でちょこっとだけ富士山が見えた。
DSC06016
 日が暮れてからの着陸なので機内を暗くする。
 暗くしないのってANAぐらい?
DSC06017
 着陸~。
 B滑走路に着陸したので、延々と地上を走ってスポットイン。
DSC06018
 なんだか改装中で天井むき出しな感じのところで荷物を受け取った。
DSC06020
 帰ってきたよー。
 いつもは2タミなので、いろいろ勝手が違って戸惑った。


日台線ビジネスクラス対決

 日本台湾間って、ANA、JAL、チャイナエアライン、エバー航空、キャセイパシフィック航空が主なFSCの運航会社。その中でANA以外は全てビジネスクラスで飛んでみたけど、総合的に考えて確実にBRが優勝。
 機内食は中華を選ぶとちょっと量が少ない気がするけど、他のもの選べばそんなことはない。
 日本発券のビジネスクラスでは一番安いことが多いBRだけど、サービスは確実に良い。
 欠点は日本ステイを頑なにやらないので、時間帯が日本在住者にとって使いにくいことかな。


スポンサードリンク

Last Update:2020/01/05
台北松山空港はこちら。高雄国際空港はこちら

 ちゃらっちゃーちゃーちゃ、ちゃーちゃちゃーちゃーちゃー♪
 世界の喫煙所から、今日は台北桃園空港からお送りいたします。

 台湾は室内での喫煙に対しては厳しい。
 が、なぜか道ばたには灰皿がいっぱいあって、外では吸ってOKという日本とは逆なのでちょっと驚く。

 空港もそうなので室内は不可。


出発・出国前(非制限区域)

 出発カウンターのあるフロアは車寄せの両サイドに喫煙所がある。よって、ここも建物の両端に喫煙所(吸菸區)がある。法則通りの配置。

 ごめん、写真はないんだ。

スポンサードリンク

出発・出国後(制限区域)

 台北の桃園空港は乗継客が多いせいか、松山空港のように制限区域にはないというわけにもいかないので、イミグレ内にも喫煙所(吸菸區)がある。ただし、各ウィングであるABCDに一つずつあるだけ。
map_jp-1
 第一ターミナルはA8、B8ゲート付近(もしかしたら違うかもだけど、そのあたり)にある。
map_jp-3
 第二ターミナルは出国して左右に分かれてからすぐの場所なので注意。いずれも外に設置されているので、夏は暑い。
 現在、D側の喫煙所は工事のため閉鎖中!よってC側にしかありません。(2020/01/05現在)

スポンサードリンク

到着・入国前(制限区域)

 没有~(めいよー)。
 ないよー。つーか到着して、入国前に喫煙所ある空港の方がレアだよね。乗り継ぎの人はとっとと出発側に回れ。

スポンサードリンク

到着・入国後(非制限区域)

 到着後の車寄せの両脇には法則通り喫煙所(吸菸區)がある。
 そして、バス乗り場に関しても両脇に喫煙所(吸菸區)がある。ぱっと見見えなくても端を横に曲がるとあったりするので安心して欲しい。

スポンサードリンク

まとめ

 非制限区域に関して言えば建物の両脇に必ずあるのでわかりやすいよ。
 制限区域内は第一ターミナルはちょっと先の方にあるので注意。結構広い空港なので時間がかかる。第二ターミナルは出国してすぐの左右にあるので、ラウンジでてからも必ず通る場所にあって便利。


スポンサードリンク

 さて、今回の旅もこれでおしまい。


台北では烏来に行ってた

 もう台北でしたいこともあんまりないので、烏来に行ってた。
DSC04321
 新店駅からバスに揺られて到着。
DSC04331
 元々、木材運搬用軌道を観光向けに作り直したもの。
 観光化後に複線化されて今でも走っている。
 一人だったおかげで助手席ゲット!後ろのカップル前面展望動画撮ろうとしてたけど、最後に俺が入って邪魔になってごめんよー。
 意外と楽しかった。


Avios航空券でトラブル

 今回の最後のチケットはAviosで発券したTPE-NRTのCチケット。元々、TPE-NRTでCX522という瞬間風速的に存在した便を取っていたんだけど、ゴールデンウィークの時には消滅。
 自動的にCX450に振り返られたんだけど、「CX522がキャンセルになったから電話くれ」というメールと「CX450で文句ないならそのまま空港に行け」というメールが時間差で届いたので、後から来た「そのまま空港に行け」を信じてて、前日Webチェックインしようとしたらできない。調べてみると、予約は入ってるけど発券されてないと。結果BAの日本オフィスはゴールデンウィークでお休みなので、ロンドンに電話する。おれのつたない英語でもなんとかなった。やっぱ電話って難しいよねぇ。言葉って表情とか読み取りながら伝わるっていうのがよくわかる。まぁ、岩手でも対面だと何言ってるかわかるけど、電話だと(訛りで)何言ってるかわかんねーみたいなことあったし。
 というわけで、当日カウンターでもめずに済んでよかったよかった。とりあえず、こういう時はちょっとでも違和感あったら電話で解決しておいた方がいいね。

スポンサードリンク

というわけでキャセイのラウンジ

 というわけで、やってきましたキャセイのラウンジ。
DSC04361
 空港行きのバスに乗ってきたので、イレギュラー時に備え余裕を持ってきたらかなり前についちゃったのでゆっくりする。
DSC04362
 まずはおビール飲んじゃうよん。
DSC04364
 昼の食べ物はこんな感じ。
DSC04365
 というわけで、色々食べた。
 ポーションが小さいからいいね。
DSC04367
 そして、お上品な味のパイナップルケーキ。
DSC04368
 奥のバーカウンターの酒メニュー。
DSC04369
 ここではノンアルコールのキャセイディライトで一服。
 オープン当初はご飯おいしくなかったし、色々とアレだったけど、時間が経って良いラウンジになってきたと思う。


搭乗

 さて、搭乗しまっす。
DSC04375
 タバコ吸ってたら、搭乗開始しててほとんど列がはけてたぜ。危ない危ない。
 座席はリージョ。こんなんPYだろって感じがしなくもないリージョ。写真すら撮ってない。
 ちなみに極悪非道77Pなのでエコは横10列。C46Y396の総勢438人がパックされて出荷されます。
DSC04377
 離陸~。
 いや、もうやる気ねぇな。きっと疲れてるんだな。
DSC04385
 機内誌見てて気づいたけど、これがCXの以遠権一覧ってことかな。
 ブリスベン~ケアンズなんて飛んでるのね。これだけ乗れるのかしら。


機内食

 さて、機内食。
DSC04379
 相変わらずのそばって必要?ねぇ必要?って感じのキャセイ名物そば。
DSC04384
 メインも菜飯が付いてくるので、パン、そば、ご飯の炭水化物責め。
 いや、まぁだったら食べなきゃいいじゃんって話ではあるんだけどさ。

スポンサードリンク

着陸

 いつもこの時期の成田便に乗ると楽しみにしている景色がある。
DSC04397
 それは夕陽を浴びる水田。
DSC04402
 日本の風景よねー。
 本当にこれは美しいと思う。
DSC04403
 というわけで成田に着陸。定時。


スポンサードリンク

 バンコクって致命的に都市計画失敗してる街なのでキライなのですよ。
 なので、脱出するべさ。


出国!喫煙所がないっ!

 いや、もう、ホント、バンコクって苦手なんですよ。
 好きな人を否定するつもりはないんだけど(好みの問題なので)、全てが何かうまくいかないことが多いこの街は好きじゃない。
 なので、一泊だけして出国。
 前日の夜に駆け込みで発券した軍服地味貧乳航空(EVA航空)で台北に行くベさ。OnewayチケットなのでWebチェックインできず、席も選べず。
 BKKのチェックインカウンターはちょっとお祭り気味。どうやら後続のBR68がディレイしているみたいで、その振替とかもしていたのかしら。BR68はLHRからやってくるので、ディレイが早くわかるらしい。BR(EVA航空)にしろCI(チャイナエアライン)にしろ、中国空域を通過することができないのでヨーロッパ便はBKK経由が多い。
 そんなカウンターで、「預け荷物の中にバッテリーとか入ってないよね?」って英語で聞かれたとき、とっさに否定で聞かれたら「入ってない」ってYesだっけ?Noだっけ?って出てこなくて、「没有~」って答えてしまった。カウンターのねーちゃんに「Very good!」って褒められた。
 ただ、問題はその後中国語できる認定になったのか説明はすべて中国語だったのよね。
DSC04290
 結果、もらったのは非常口座席。
 おいおいいいのか?って気がしなくもないけど、まぁ、非常口座席が空席でも飛んでいいんだから非常口座席の乗客の役割なんてその程度のもの。
DSC04280
 出国したらエルアルがいたね。B747。いいねぇ、ジャンボ乗りたい。
 そして、出国して知ったのが出国後の喫煙所が全て廃止されてた。空港の建物内全面禁煙だそうで、入国前の喫煙所も廃止。あー、もー、ホントイヤ。シンガポールですら空港に喫煙所があるのに、BKKはナシって……。これはもう乗継でも使いたくない空港に成り下がる。ただでさえ、イライラすることが多いスワンナプームでこれは勘弁して欲しい。


BKKで一番飯が食べられるラウンジ

 さて、BKKのスタアラビジネスクラスラウンジで一番いいと評判のEVAラウンジ。
 いつもは他車便だけど、今日はEVA航空搭乗で入場。
DSC04283
 お酒コーナー。
DSC04284
 アイスコーナー。
DSC04285
 椰子の実ジュースが飲める。飲んだことないけど。
DSC04286
 ピザもあるでよ。
 もちろん点心も。
 まぁ、ラウンジの入口がチャラいんだよね。
 食べ物はスタアラのラウンジにしては色々とある。シャワーもあるのはGood!
 TGとかSQの普通のラウンジよりかはいいんじゃないかなぁ。

スポンサードリンク

搭乗。久しぶりのゲートピンポン

 さて、搭乗。
DSC04291
 ゲートはE5。ラウンジでゆっくりしていたので、ゲートに着いたら搭乗開始してた。
DSC04292
 本日の機材はB777-300ERの長距離用機材。、
 搭乗待合室の前に搭乗券チェックがあるので、搭乗券見せるとエラー!
DSC04293のコピー
 まさかのPYへのインボラ。いやー、インボラ久しぶりだわ。
 席だけPYは結構あったけど、マジモンのPYへのインボラはホント久しぶり。
 インボラ自体も4年ぶりくらいか。CX乗らなくなってからインボラ少なくなったよなー。
 軍服地味貧乳航空なんて言ってごめんなさい。まぁ、今回のインボラは後続のディレイが関係してるのかもね。
DSC04296
 というわけで、大好きなPYシートで飛ぶぜ!
 とはいえ、通路側なのでネタになるような写真が撮れないんだけどね。


機内食

 さて、無事に飛び立ち機内食。
DSC04297
 メニューはこちら。
 んー。色々悩んだけど、ここは麺にしよう。
DSC04301
 肉団子麺は結構おいしかった。エコノミーにしては結構豪華よね。これ、プレエコ専用の機内食なんだろうか。
 EVA航空って結構機内食にお金かけてる感があるよね。
DSC04303
 あと、台湾系航空会社ってこういうお菓子が必ず機内食に付いてくる気がする。
 この海苔のお菓子も意外とおいしい。


到着

 さて、無事にほぼ時間通りに到着。
DSC04306
 なんかダナン手前で迂回してたのはなんだったんだろうか。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ