FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:OKD

 さて、どうやって帰るか。
 いや、帰れなかったんだけど。


この日の運航見通し

 まぁ、朝から天気が悪く念のため運航の見通しをチェックすることにする。
IMG_-c9dw29
 ふむ。JALさんは視界不良でなんらかの影響が出そうな予感。
 まぁ、ここに載っていたからといって必ずしも欠航になることはなく、多くの場合は通常通り運航することが多いと思う(個人的な体感)。とはいえ、行先は離島。出られなくなったら閉じ込められる。離島でなければ陸路でなんとかリカバリーすることができても、離島だとそうもいかない。
 というわけで、ANAさんも見てみよう。
IMG_ba09c2
 まぁ、そうですよねぇ。JAL(HAC)が視界不良で欠航の恐れと言っているんだから、ANAもそうなりますよねぇ(とはいえ、意外と差が出たりもするんだけど)。JAL(HAC)の判断とANAの判断が一致しているので欠航の可能性は充分にあると判断して、心の隅に入れておく。

HAC欠航!ANA予約!

 お昼ご飯を食べてから、もう一度運航状況の画面を見てみる。
Screenshot_20190701-155251
 あ!
 丘珠発の便、欠航や。
Screenshot_20190701-155305
 当然、乗るはずだった折返し便も欠航。
 視界不良と悪天候という表現の違いが気になる。

 HACが運航する機材はSAAB340Bというプロペラの小さな機材で、対するANAはB737-500なので、もしかしたら運航の規程が異なる可能性がある。あと、ILSが設置されていたような気がするので、SAAB340Bができない計器着陸できちゃったりすれば、充分ANA便は着陸できる可能性がある(あとで調べたら利尻空港は計器着陸不可)。
 よって、ここはANAを急いで予約する。残り1席を普通運賃でゲット。背に腹は代えられない。

スポンサードリンク

ANAも欠航!

 さて、ANA便にしたことによって利尻空港の出発が1時間以上早まるので、急いで空港へ。
DSC05598
 あ。
DSC05599
 なんかダメっぽい雰囲気。
 前回の旅行で八丈島空港のゴーアラした時と視界が大して変わらないような気がする。
 展望デッキで見ていると、上空を飛行機が飛んでいった。ゴーアラしたっぽい。その直後に館内放送で欠航が決まった旨アナウンスされた。
Screenshot_20190701-155329
 利尻に向かう便は稚内空港へダイバート。
Screenshot_20190701-155344
 そして、利尻発のANA4930便は欠航。
 さて、どうすっぺ。


レンタカーで港へ直行

 欠航が決まったならやることは一つ。
 空港で乗り捨てたレンタカーを再度運転して港へ向かう。レンタカーが空港でそのまま放置しておくという返却方法だったので、こうした臨機応変な対応ができるのはありがたい。
 一目散で鴛泊港へ向かう。こういうのは時間との勝負。早く行動すればするほど道は開ける。
 船の出発は14時35分。欠航が決まったのは13時50分頃。40分前(13時55分)までに乗船券購入が必要なので、それには間に合わないけれど、とにかく行くしかない。


スポンサードリンク

 行ったことが無い空港つぶし。今回はなんと2カ所つぶしちゃうぞ!
 というわけで謎の客が乗っているのかどうか分からない札幌丘珠~富士山静岡線に乗っちゃうゾ!
 初めてのエアライン、初めての空港だったので写真多めだぜぇ。


丘珠空港行きバスはキャセイ札幌支店前発

 というわけで、丘珠空港へ。
DSC01933
 ちなみにバス停はキャセイパシフィック航空札幌支店のビルの前だぜ。まぁ、一般の人にはファイターズグッズの店の前って言った方が通じると思うけど。バスに乗って丘珠空港へ。
 ちなみに、地下鉄で最寄り駅まで行って歩けなくはないけれど、最寄りからもバスに乗るのが無難。


初めての丘珠空港

 遊びに来たことはあったけど、搭乗するのは初めて。
DSC01941
 いやー、近いね。ホント近いね。
 札幌市民で車だったらホントすぐなんじゃないかな。
 札幌市ってどうして、地下鉄を空港まで延ばさなかったんだろうなぁ。延伸していれば、かなりポテンシャルを持った空港になったはず(騒音問題があるとはいえ)。この辺が札幌市のアホなところだよね。地下鉄をゴムタイヤで作ったところから。
 HACも経営難に喘いでいるけど、丘珠~仙台とか飛ばしたら結構客がいるんじゃないかと思うんだけどね。あるいはJ-Airでもいいかもしれない。まぁ、冬季の雪が問題っていうのはあるんだけれど、夏季のみ運航でもやってみたらいいんじゃないかと。どうあがいても丘珠を捨てたANAはこの空港に飛ばすことができないので差別化になるような気がする。
DSC01948
 季節運航のFDAだけど、ちゃんとカウンター作ってるんだなぁ。自動チェックイン機も設置済み。すげーな鈴与!
 ここのグランドハンドリングは鈴与グループ(FDA親会社)のエスエーエス(元・静岡エアサービス)。FDA就航地のほとんどグランドハンドリングは兄弟会社のエスエーエスがやってる。季節就航の丘珠ですら出張所を作ってる。自社でやってないのは山形、新潟、出雲、高知、鹿児島ぐらい。
 委託しちゃうのはラクっちゃーラクなんだけど、制約も多くなる。ほぼ自社と言ってもいいエスエーエスに委託することによって、運航の制約を可能な限り下げているんだよね。だいたいハンドリング委託すると、佐賀空港の春秋航空日本みたいに飛びたい時間帯に飛べなかったり、奄美空港のバニラみたいに委託拒否されちゃったりして就航のハードルあがったりしてる。
DSC01949のコピー
 JALの株主優待で購入したので、JL2704便のシールをわざわざ貼ってくれた。
DSC01950
 ちなみに裏側は静岡銀行の広告。
 FDA乗客は小牧空港メインだからあんまり静岡銀行使わねーだろとか思うけれど、親会社の鈴与の圧力か、それとも忖度か。
DSC01947
 小さい空港なので保安検査場も1つだけ。売店・食堂などは検査前にある。

飛行機まで歩いて搭乗

 さて、搭乗。
DSC01953
 丘珠空港からでる本州へ行く便は三沢と静岡のみ。静岡は一番の長距離路線。
DSC01954
 HACのSAABがいるねー。塗装がHAC色がちょっと出てるね。
DSC01957
 とことこ歩いて行きます。
 足跡マークが熊の足になってるのがご愛敬。
DSC01960
 本日の機体。
 こうやってのどかに歩いて搭乗する空港っていいよねぇ。飛行機写真がきれいに撮れる。
DSC01962
 座席はこんな感じ。まぁ、標準的。
DSC01963
 意外なことにほぼ満席。一体どんな需要があるんだー。


ひょいと離陸

 では小さい丘珠空港からおさらば。
DSC01966
 ホント小さい空港だよね。地方の駅みたい。
DSC01965
 これって今は使われてないのかな。ANA系列エアー北海道のロゴだよね。
DSC01974
 軽々と離陸。奥の方には札幌ドームが見えるね。
 こう見ると札幌って大都会。いつも千歳に降りるとクソ田舎感半端ないから新鮮。


機内サービスと機内誌

 さて、FDAの機内サービス。
DSC01976
 新聞サービスあり。道新がちゃんと載ってた。
DSC01977
 HARADAのお茶とシャトレーゼのお菓子が付く。
DSC01973
 機内誌はDREAM3776。意外としっかりした内容。
DSC01985
 機内サービス案内を見ると、だいたいスポンサーというかタイアップという形を取っているのね。あまりお金を掛けず、機内サービスを充実させる試みはGood!
DSC01987
 それにしても機内誌に載ってた静岡新聞の超ドS広告はなかなかの物よねぇ。
 だるまに静岡の名物が詰められている。


着陸~♪ブロッケン現象が見えた

 さて、そろそろ着陸。
DSC01993
 あれ?
DSC01991
 これってブロッケン現象
 おー初めて見た。
 Wikipediaの写真ほど鮮明じゃないけれど。
DSC01998
 静岡空港の上空を一度通過して、海上に出てターン。
DSC01999
 山の上の空港に着陸です。
DSC02004


静岡空港は色々な飛行機がいた

 静岡空港って当初の想定とは違って色々な航空会社が入ってるのよねぇ。
 一時期はホント成田や羽田には入れない中国本土系の謎航空会社がいっぱい飛んでたけど。
DSC02005
 中国東方航空だね。
DSC02007
 アシアナ系エアソウル。
DSC02012
 ANAもいたよ。修学旅行生満載な感じだった。
DSC02019
 まぁ、色々飛んでるのは良いこと。
 でも、ターミナル増設工事は勇み足だったかなー。中国便なんて羽田成田に飛べないから飛んできてただけで、積極的に飛ばそうとしてたわけではないのにね。事実、中国便は失速してるので、完全に過剰投資確定。
DSC02023
 空港内の広告も中国向けモードだぜ。


さて、静岡へ

 というわけで、静岡へ。
DSC02024
 ちびまる子ちゃんバスで行きますわー。



スポンサードリンク

↑このページのトップヘ