FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:NRT

 5ちゃんになんで、韓国ばっか行ってるんだーとか書かれたけどさー。
 特に理由はなくてただただ安かったってだけ。大邱まで片道9,000円。


今回も成田の第一

 さてさて、成田です。
DSC06236
 今回もT1。NRTのT2から出発したのって、もう何年も前だろう。
 もう2年ぐらい使ってないかもしれない。T2到着はあるんだけれど。
 ……まぁいいや。
DSC06229
 今回乗るのはエアプサン。
 アシアナ系LCCだね。
 GSOMIA破棄で揺れる日韓。冷え込んできたこともあり、空いていた。
DSC06230
 そんなに早く来たつもりはないけれど、恐ろしくガラガラ。
 ガラガラすぎて、この後すぐに運休となった。
DSC06232
 広いシートのアップグレードオファー。
 非常口座席か前の方の座席か隣席ブロックで1,500円。
 高いんだか安いんだかよくわからんが隣席ブロック1,500円はありかなって思った。
 もっとも空いているので、多分隣席は空いてる。
DSC06238
 というわけで南ウィングから出発だよ。


PPで大韓航空ラウンジへ

 LCCで出発するときはありがたいPriority Pass。
 成田の第一だと大韓航空ラウンジが使える。
DSC06240
 さぁ、入ってみましょー。
DSC06241
 意外と広い大韓航空ラウンジ。
DSC06242
 生ビールもあるでよ。
DSC06243
 食べ物も安い炭水化物は食えこの野郎!ってぐらいたくさんある。
 日本人も韓国人も炭水化物喰わせておけば納得するんだろうか。
 まぁ、日韓間は時間もそれほど長くないのでこんな程度の食べ物でも充分かな。
DSC06244
 ハードリカーもちょびっとあったよ。
 まぁ、Priority Passで使うなら充分なラウンジ。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗。
 大韓航空ラウンジは中央ビルちょっと北ウィング寄りにあって、ゲートは南の最果て57だったので遠かった。
DSC06246
 行くまでにけっこうな運動になっちゃったぜ。
DSC06248
 LCCといえばエアバス321。
DSC06250
 座席は昔のアシアナのままなんだっけ?
 古いシートでシートピッチはそれほど狭くないので、LCCとしては快適。
DSC06252
 いやー、いいねー、白い水蒸気が出るくらいギンギンに冷えてる空気を出してくれてるぜ!


離陸

 さて、離陸。
DSC06256
 俺ね、エアプサンのセーフティービデオのこのシーンが好き。
DSC06258
 埋まっているように見えるけれど、おおよそ6割ってところか。
DSC06262
 さて、離陸開始。
 離陸待ちの順番には真っ白いB747がいたぞ。
 貨物ではまだまだたくさんいるB747。
DSC06265
 どうしても窓のキズにピントが合ってしまう。
 バイバイNRT!
DSC06266
 機内誌見てたけど、結構色々なところに飛んでるよね、エアプサン。
 もうなくなっちゃうかもしれないけど。


着陸

 あっというまの2時間のフライト。
DSC06270
 やってきたぜ!韓国第三の都市、大邱。
 (2020年現在)コロナ大流行してた街、大邱。
 空港は基地兼用だから着陸時は写真撮らず。
DSC06278
 入国審査もとくに混まず。
 いいねー、やっぱ地方都市は良いね。
DSC06281
 ほんのちょっと遅れて到着。
 空港も大きくないので出るまでラクラク。
DSC06284
 さぁ、初めて来る街だ。
 いったいどんな街なんだろう。


スポンサードリンク

 さぁ、けぇっぺ。
 噂の鼎泰豐機内食を食べちゃうぞー。


というわけでTPEの2タミ

 朝から新幹線と地下鉄を乗り継いで台北桃園空港の第2ターミナルへ。
DSC05967
 帰りも乗るのはEVA AIR。
DSC05964
 EVAのダイヤモンドってどんな感じのサービスなんだろうか、なんて思いながらスタアラGのカウンターでチェックイン。特筆するようなことは何も無く。


インフィニティーラウンジ

 何回か利用したInfinity Loungeへ。
DSC05969
 入って右か左かが運命の分かれ道。
 スタアラGラウンジとビジネスクラスラウンジで分かれてる気がするけど、内容に大差ないし、なんか空いている方に誘導しているだけという気がしなくもない。一応、Infinityがビジネスクラスラウンジ、STARがスタアラGラウンジ。
DSC05976
 一応、ビジネスクラスなのでInfinityラウンジへ。
 ここは基本的に食わせラウンジなので、飲むし、喰う。
DSC05970
 お酒は台湾が誇るウィスキーKAVALANが置いてあるね。
 まぁ、うまいんだけど、高いというのが私のイメージ。
 ここならじゃぶじゃぶ飲めるよ。
DSC05971
 お食事もたくさんあるでよ。
DSC05974
 謎のざるそばとか。
DSC05975
 台湾っぽい飯とかあるよ。
DSC05972
 そしてイモ。
 なぜかあるイモ。
 っていうか台湾系エアラインのラウンジには必須なんじゃないかってぐらい置いてあるイモ。
 もちろんチャイナエアラインのラウンジにも置いてある。でも、不思議なことにキャセイでは台北も高雄もイモは昔から置いてない。謎だ。
DSC05973
 ハーゲンダッツも取り放題だよー。

スポンサードリンク

搭乗

 さぁ、乗るかぁ。
DSC05977
 今日の機材は332。
DSC05981
 お座席はこちら。
 Cの搭乗率は低くて3割ぐらい。
 隣席は空席だった。
DSC05983
 ウェルカムドリンクをいただく。
DSC05984
 帰りもアップルデイリーもらう。
DSC05985
 いつもの通り、なんだかよくわからない芸術的なセーフティービデオを見る。
DSC05991
 というわけで、離陸よー。
DSC05992
 バイバイ、台湾。
 やっぱり何度も来たいぜ、台湾。


機内食メニューチェック

 まずはメニューのチェック。
DSC05986
 和食はこんな感じ。
 さすが、台北発。なんかちゃんとしてそうな予感。
 香港と台北発の和食はちゃんとしたものが出てきそうなイメージ。
DSC05988
 その他、洋食と中華。
 おおー、中華は鼎泰豐や。
 もっとも、最初から
鼎泰豐をプレオーダーしてたけど。
DSC05990
 ちなみに成田発のメニューもついてたので参考までに掲載。
 成田発の方が和食は質素な気がする。
DSC05989
 成田発でも中華は鼎泰豐。
 台北で往復分搭載してるのかな。


鼎泰豐機内食を実食

 では事前にオーダーしてあった鼎泰豐の機内食を食べよう。
DSC05994
 まずはシャンパンとおつまみから。
DSC05995
 テーブルが整えられる。
DSC05998
 前菜的なもの(中華惣菜)とスープ。
DSC05999
 このスープ、鶏肉がごろっと入ってておいしかった。
 まさか、機内でこんなスープ飲めると思わなかったよ。
DSC06002
 いよいよ
鼎泰豐の小籠包。
 うーん。機内にしては頑張ってると思う。
 とっても頑張ってると思う。
 が、
鼎泰豐の小籠包って考えるとちょっといまいち。
 そんなに期待して食べるもんじゃねーなって気がする。
 あ、いや、おいしいんだけどね。
DSC06004
 そして食後のデザート。
 あ、ちょっと量が少ないなって感じがした。
DSC06005
 このお砂糖いいよねー。
DSC06006
 最後はジャスミン茶でフィニッシュ。
スポンサードリンク

到着

 日も暮れてきた。
DSC06011
 東行きに乗ると、スゴい勢いで日が暮れていく。
DSC06007
 なんか相当古そうな検疫のビデオを見せられる。
DSC06014
 夕暮れの中でちょこっとだけ富士山が見えた。
DSC06016
 日が暮れてからの着陸なので機内を暗くする。
 暗くしないのってANAぐらい?
DSC06017
 着陸~。
 B滑走路に着陸したので、延々と地上を走ってスポットイン。
DSC06018
 なんだか改装中で天井むき出しな感じのところで荷物を受け取った。
DSC06020
 帰ってきたよー。
 いつもは2タミなので、いろいろ勝手が違って戸惑った。


日台線ビジネスクラス対決

 日本台湾間って、ANA、JAL、チャイナエアライン、エバー航空、キャセイパシフィック航空が主なFSCの運航会社。その中でANA以外は全てビジネスクラスで飛んでみたけど、総合的に考えて確実にBRが優勝。
 機内食は中華を選ぶとちょっと量が少ない気がするけど、他のもの選べばそんなことはない。
 日本発券のビジネスクラスでは一番安いことが多いBRだけど、サービスは確実に良い。
 欠点は日本ステイを頑なにやらないので、時間帯が日本在住者にとって使いにくいことかな。


スポンサードリンク

 さて、台湾いくっぺよ。
 手が出る金額のビジネスクラス、BRで行くよ!


アウェイの成田T1

 BRなので成田T1。
DSC05804
 いつもは成田T2ばかりなので、成田T1はアウェイ感半端ない。
 ……と思ったんだけど、前回成田から出発したのは1年以上前のGWに乗ったTGだった。T1じゃん!
 成田に帰ってくることは多いけど、成田から出発することは少ないのよねぇ。
DSC05805
 というわけでどきどきのチェックイン。まぁ、デザインとか古い感じがするんだけどさ。旅情はT2よりもある気がする。旅情を感じる強さは成田T1>成田T2>羽田T3>成田T3って感じかな。


ラウンジはユナイテッド

 BRの指定ラウンジがどこだったか忘れたけど、ゲート32から出発なのですぐそばのユナイテッド航空ラウンジに行く。ANAのラウンジ行ってもから揚げとポテトしかないし。
DSC05806
 うむ。
 空いてるな。
DSC05807
 そしてこの窓側の開放感がいいよね。
 成田のスタアララウンジではここがベスト。
DSC05808
 丁度SQが入ってくるところも見ることができた。

スポンサードリンク

搭乗

 さてさて、今回はTwitterでつるんでいる人々と集団旅行。
 こういう場合ってだいたい現地集合、現地解散なんだけど、今回行きはみんなオナ便。
 珍しいね。こういうの。席はバラバラだけど。
DSC05809
 というわけで、搭乗でやんす。
 タバコ吸ってたら、搭乗始まってた。
DSC05810
 写真はお顔の部分だけ。
DSC05812
 お座席はこちら。
 リージョタイプの座席だけど、座り心地は悪くなかった。
DSC05813
 おしぼりとウェルカムドリンクのシャンパンをもらう。
 新聞何がいい?って聞かれたので「アップルデイリーちょーだい」って英語で言ったら、CAにたいそう驚かれる。「読めんの?」って返されたので、「しゃべれないけど読めるんだ」と返答。
 まぁ、おおよその意味は取れるからウソではない。


離陸

 さて、離陸。
 T1のメリットってやっぱり離陸まで短いことだよね。
 T2から乗ると延々と市中引き回しさせられてからの離陸だから、ちょっと短く感じる。
DSC05821
 相変わらず謎セーフティービデオが流れる。
DSC05822
 それでは離陸。
 お、後ろにはアリタリアがいるね。
 この会社の売却問題ってどうなったんだっけ?
DSC05825
 それでは、行ってきまーす。


機内食メニューチェック!

 とりあえずメニュー拝見。
DSC05816
 どんなもんざんしょ。
DSC05815
 和食か中華か。
 うーん、和食が豪華な気がする。
 どこ搭載なんだろうね。台湾搭載なら中華の方がいい気がするし、成田搭載なら和食がいい気がするし。
DSC05817
 ワインリスト。ワインのことはよくわからないや。
DSC05837
 ワインリスト2とアルコールメニュー。
 酒精強化ワインって言葉久々に見たぜ。要はシェリー酒とかポートワインとか。
 さすが、台湾の航空会社なのでさりげなくKAVALAN積んでる。
 日本酒は獺祭だね。結構充実していると思う。知らんけど。
DSC05838
 最後はソフトドリンク部門。
 有名会社のものを使っていたり、こちらも充実。

スポンサードリンク

実食!

 さて、機内食は結局中華にした。
DSC05827
 まずはシャンパンとおつまみ。
DSC05829
 中華登場。
 え、これだけ?
 あー、やっぱりしくったかなぁ。
DSC05831
 ただ、このニンニクたけのこチキンスープがおいしかった。
 量は少ないけれど、味は満足!
DSC05833
 フルーツとごまパイがデザートとして出てくる。
DSC05834
 またこのごまパイがごまどっさりで良かった。
 見ての通り、マジでどっさり。
DSC05835
 最後はジャスミン茶でしめる。
DSC05839
 サービス完了は鹿児島付近。
 まぁ、これはキャセイと同じくらいかな。
IMG_20190802_180138
 ちなみにオナ便に乗った人のビジネスクラスの和食。
 薄々気づいてたけど、めちゃくちゃ豪華。
 これ、スゴくね?和食の充実っぷりが半端ねぇ。
 サービスや機内食を考えると、日台線はBRが一番いいね。ビジネスクラスだと最安値たたき出すことが多いし。


着陸

 さて、うとうとしていたら台湾上空へ。
DSC05840
 天気いいねー。
DSC05842
 高雄は西側からのアプローチ
 旗津が見えるねぇ。
DSC05844
 あぁ、台湾だね、という街並み。
 やってきたわー。高雄はお久しぶりぶり。
DSC05845
 着陸~。
DSC05846
 (国際空港として比較的)小さい空港なのでサクッとスポットに入る。
 入国も空いてるかなーって思ったら大混雑。
 自分だけ常客証を持っていたのでサクッと入れた。
 それでも、今度は検疫で足止め。中国大陸からの豚コレラ持ち込み防止のため、全ての荷物でX線検査があった。レーンが一つしかないのでなかなかの混雑だった。
 うーん、これだと高雄入国のメリットがなくなっちゃうよー。


スポンサードリンク

 さて、今回の旅もこれでおしまい。


台北では烏来に行ってた

 もう台北でしたいこともあんまりないので、烏来に行ってた。
DSC04321
 新店駅からバスに揺られて到着。
DSC04331
 元々、木材運搬用軌道を観光向けに作り直したもの。
 観光化後に複線化されて今でも走っている。
 一人だったおかげで助手席ゲット!後ろのカップル前面展望動画撮ろうとしてたけど、最後に俺が入って邪魔になってごめんよー。
 意外と楽しかった。


Avios航空券でトラブル

 今回の最後のチケットはAviosで発券したTPE-NRTのCチケット。元々、TPE-NRTでCX522という瞬間風速的に存在した便を取っていたんだけど、ゴールデンウィークの時には消滅。
 自動的にCX450に振り返られたんだけど、「CX522がキャンセルになったから電話くれ」というメールと「CX450で文句ないならそのまま空港に行け」というメールが時間差で届いたので、後から来た「そのまま空港に行け」を信じてて、前日Webチェックインしようとしたらできない。調べてみると、予約は入ってるけど発券されてないと。結果BAの日本オフィスはゴールデンウィークでお休みなので、ロンドンに電話する。おれのつたない英語でもなんとかなった。やっぱ電話って難しいよねぇ。言葉って表情とか読み取りながら伝わるっていうのがよくわかる。まぁ、岩手でも対面だと何言ってるかわかるけど、電話だと(訛りで)何言ってるかわかんねーみたいなことあったし。
 というわけで、当日カウンターでもめずに済んでよかったよかった。とりあえず、こういう時はちょっとでも違和感あったら電話で解決しておいた方がいいね。

スポンサードリンク

というわけでキャセイのラウンジ

 というわけで、やってきましたキャセイのラウンジ。
DSC04361
 空港行きのバスに乗ってきたので、イレギュラー時に備え余裕を持ってきたらかなり前についちゃったのでゆっくりする。
DSC04362
 まずはおビール飲んじゃうよん。
DSC04364
 昼の食べ物はこんな感じ。
DSC04365
 というわけで、色々食べた。
 ポーションが小さいからいいね。
DSC04367
 そして、お上品な味のパイナップルケーキ。
DSC04368
 奥のバーカウンターの酒メニュー。
DSC04369
 ここではノンアルコールのキャセイディライトで一服。
 オープン当初はご飯おいしくなかったし、色々とアレだったけど、時間が経って良いラウンジになってきたと思う。


搭乗

 さて、搭乗しまっす。
DSC04375
 タバコ吸ってたら、搭乗開始しててほとんど列がはけてたぜ。危ない危ない。
 座席はリージョ。こんなんPYだろって感じがしなくもないリージョ。写真すら撮ってない。
 ちなみに極悪非道77Pなのでエコは横10列。C46Y396の総勢438人がパックされて出荷されます。
DSC04377
 離陸~。
 いや、もうやる気ねぇな。きっと疲れてるんだな。
DSC04385
 機内誌見てて気づいたけど、これがCXの以遠権一覧ってことかな。
 ブリスベン~ケアンズなんて飛んでるのね。これだけ乗れるのかしら。


機内食

 さて、機内食。
DSC04379
 相変わらずのそばって必要?ねぇ必要?って感じのキャセイ名物そば。
DSC04384
 メインも菜飯が付いてくるので、パン、そば、ご飯の炭水化物責め。
 いや、まぁだったら食べなきゃいいじゃんって話ではあるんだけどさ。

スポンサードリンク

着陸

 いつもこの時期の成田便に乗ると楽しみにしている景色がある。
DSC04397
 それは夕陽を浴びる水田。
DSC04402
 日本の風景よねー。
 本当にこれは美しいと思う。
DSC04403
 というわけで成田に着陸。定時。


スポンサードリンク

 世間はJALのA350に沸いておりますが、8ヶ月遅れのブログ記事はCXのA350。
 なかなか快適な機材だったよ。
 去年のGWに買ったCMB発券の続きのチケット。ストップオーバー8ヶ月!


トラムオフ会のアフター

 次の日は庶民派飲茶行ったり。
DSC01835
 ちょっと良い飲茶行ったり。
DSC01845
 あと、寝坊して飛行機乗り遅れた人とオナ部屋で寝た。


ピアFでまったり

 さ、帰るよー。
 チェックインしてキャセイのラウンジ、ピアのFへ。
 寝坊して香港に一泊多くすることになった人をご招待。
DSC01863
 とりあえず朝ご飯食べる。
DSC01864
 中華定食にする。
 さて、朝の活力をつけたところで搭乗でございます。

スポンサードリンク

初めてのCXのA350

 今までに乗ったA350(-900)はSQとMH。

 というわけで、今回はCXのA350-900でGO!
DSC01866
 ゲートは65。ピアの近くでいいゲートだね。喫煙所も近いし。
DSC01865
 たぬっとしてるなぁ。
 さ、それでは搭乗しましょう。


搭乗

 初めて乗るので(ビジネスクラスだし)座席回りをレビュー。
DSC01869
 キャセイの長距離路線ではおなじみシーラス。なんだっけ?逆ヘリンボーンだっけ?
 これはキャセイの他の機材とほぼ同じ座席が入ってる。
DSC01873
 ちょっと、おっと思ったのが脇の物入れに蓋が付いたこと。
 他の機材だとフタが付いてなくて、離着陸時やタクシー時はものを入れないことってなっているのだけど、この機材はフタが付いてるので、ものを入れておいてOK。これは便利。
 あとは逆に言えば違いがないので面白くないっちゃーないけど。
DSC01874
 さぁ、レビューするって割には大して書いてないけど出発するよ。
DSC01876
 あら、お隣にもA350が。あちらの方が一足お先に飛び立っていった。
DSC01878
 というわけで離陸~。


機内食

 さて、機内食。
DSC01883
 朝発なので当然朝食。
DSC01888
 スタートはミルクティーから。
DSC01889
 前菜はフルーツプレート。
DSC01890
 パンがやってきた。4種類ぐらいから選ぶ感じ。
DSC01892
 メインは中華にする。点心セット。
 洋食か和食もあったけど、やっぱ中華かなーと思って。
DSC01893
 葉っぱでくるまれたご飯おいしかったよ!カピカピになってないし。
 (キャセイの米は高確率でカピカピになってる)

スポンサードリンク

新聞を読む

 別に中国語&広東語がしゃべれるわけじゃないんだけど、なんとなく読めるので新聞はアップルデイリーを確保しておいた。
DSC01885
 まさかね。豊洲の初競りでマグロを落としたなんて記事がこんなに大きいと思わなかったよ。
DSC01886
 事件として全く笑える話ではないんだけど、このアップルデイリーの再現図みたいなのが好き。
 この亡くなってしまう少女の表情の再現が素晴らしい。完全に想像図だけど。


着陸~

 さて、そろそろ着陸態勢へ。
DSC01895
 尾翼からの映像がA350ならではだよね。
 こうやって見てると結構面白い。
DSC01899
 さぁ、成田空港の闇である木の根ペンションを眺めながら降りていく。
DSC01901
 着陸~。


スカイライナーからのはやぶさ

 さ、今日はこのまま岩手まで帰らねばならぬ。
DSC01903
 スカイライナーに乗って、そのまま上野から新幹線で岩手まで帰ったよ。
 空港着いてからが長い!


スポンサードリンク

 さぁ、ゴールデンウィークだよー。
 今年もがっつり休んで海外旅行に行くよー。
 日本から出国するためだけで、すでに国内旅行だけどな。


まずは前乗りしてから成田空港へ

 さて、ゴールデンウィークだね。
 仕事が終わって、新幹線の駅へ直行。
DSC05037
 VG券使えない期間なの忘れてたぜ。
 仙台まで自由席は空席多数だったけど、仙台からはみっちり満席。
 やはり東京~仙台が稼ぎ頭なんだなぁ。
DSC05043
 上野駅で下車。この上野駅の上のホームと下のホームが見えるところ好き。
DSC05044
 京成上野駅前のビジネスホテルに宿泊。
 なんか昭和テイスト炸裂だが、泊まってるのはおそらく大陸人多数。
DSC05047
 翌朝はブルジョアですからね。京成スカイライナーですよ。
 株主優待券も仕込む時間なかったので、マジで正規料金で乗車。
 うーん、速いねー。確かに速い。


アウェイな成田1タミ

 さて、今回はTGに乗る。
 1年前に買ったKUL発券の航空券を日時変更しつつ、結局ギリギリになってしまった。
DSC05050
 というわけで、アウェイな第1ターミナルでございます。
 ここから出発するのは2回目。前回は年末にKUL行きに乗った
DSC05052
 ANAじゃないしDIAじゃないので、通れませーん。
 ここは一生通らないだろうな。
DSC05051
 というわけでSFC持ってるしこちらから。
DSC05053
 行ってきまーす。

スポンサードリンク

前回の反省を活かしユナイテッドラウンジへ

 前回さー、年末年始初日で日ペリラウンジに行ってひどい目に遭ったわけよ。
 どうせさー、今日もゴールデンウィーク初日だから芋洗いのごとく混んでて、みんなから揚げに群がってるんでしょ。もうそんなの心底うんざりなので、今日は何が何でもユナイテッド航空のラウンジに行く。
DSC05055
 というわけで、妙に狭いし、天井低いし、なんだか圧迫感しか感じない通路を通ってこちらへ。
DSC05056
 スタアララウンジでございます。
 ここは何がいいかって、とにかく空いてる。
DSC05057
 もうね、雲泥の差よ。
DSC05058
DSC05059
 エサはそれほど上等なものがあるわけじゃないけど、日ペリラウンジよりいいんじゃないかな。
 何を持っていいかという話はあるけど、山盛りから揚げポテトではない。
DSC05061
 なんかね、いいね。殺伐としてないからいいよね。
 広いし、それほど客来ないし。ただ、JBBAが「ユナイテッド!ここ空いてるわよ。ここにおいでよ!」なんてデカい声で電話してたのが減点だ(ユナイテッドのせいじゃないけど)。


搭乗

 さて、搭乗でございます。
DSC05063
 ゴールデンウィーク初日の午前出発便。混まないわけがない。
 搭乗待ちの列もかなり長いことに。
DSC05066
 では行ってきまーす。
DSC05067
 本日の機材はこちら。A330でございます。
DSC05069
 座席はこんな感じね。
DSC05070
 モニター。まぁ、ちょっと古め。
DSC05073
 うーん、ホントはCX乗りたい気もする。この後乗るんだけど。


機内食

 さて、機内食。
DSC05074
 たぶん日本搭載だね。
 いつもながら思うんだけど、このうどんとかそばとか必要?なくていいんじゃないの?そんな食べたい?
 強いて言えば日本への帰り便で薄めためんつゆ飲みたい気がする。正確に言えば出汁を飲みたい。

スポンサードリンク

着陸

 さて、特に何事もなく平穏にド満席のTGはBKKへ。
DSC05081
 BKKは雨だった。
 さて、イミグレはどうしよっかなー。
DSC05082
 BKKはイミグレ入口にこうやってもう一つのイミグレの混雑状況が見られる。
 よって、これで判断するんだけど……、今回はもう一つの遠い方が空いていたのでそちらへGO。
DSC05085
 ただこれをやったときの欠点として預け荷物がある場合、バッゲージクレームが遠くなるという欠点が。それなりに遠いので、果たして回った分速く通過できるのか謎だよね。まぁ、タイだし。一応、イミグレも混雑状況とか写真撮ってるけど、役に立っているのかどうか……。
 迅速な改善案としては、あまり厳重に見なくていい国籍の人を別の列に並ばせるとかそれぐらいしかないけど、それをやっちゃうとそれはそれで問題がありそうだし、たぶん不良日本人とか不良白人とか多いので、できないんだろうなぁ。

 さて、修行だ!ホテル修行にGO!


スポンサードリンク

 さぁ、かえっぺよ。
 DrKと二晩熱い夜を過ごして、少しは仲良くなれた気がするwww
 ブログ記事にほとんど登場しないけどね。まぁ、あんまり登場しない方が彼のためであろう。猛毒だし。


その前に韓国で他に何してた?

 まぁ、スゲーあっさり書くけど、ムグンファ号に乗ってた。
DSC04873
 いいねー。アメリカンな機関車。
DSC04887
 高速バスで帰ってきた。
 おしまい。
 いや、マジでこれくらいしかやってないのよ。


釜山空港まで地下鉄で

 今回の旅行で韓国2回目、釜山も2回目。しかもビートル利用だったので、初めての釜山空港。
 せっかくなので電車で行こう。西面駅から2号線で沙上駅まで。そこから釜山-金海軽電鉄で空港駅まで。
DSC04921
 まぁ。高架ライトレールって感じかな。沙上駅の引き上げ線は縦列停車可能。
DSC04923
 というわけでやってきた空港。
 国内線側のターミナルはなんだかボロい。これは開港時から使ってるのかな?
DSC04924
 右手にちょっと離れたところにあるのが国際線ターミナル。
 ちょっとだけ歩く。

スポンサードリンク

チェックインカウンターはガラガラ

 中に入る。
DSC04927
 まぁ、それほど大きくない空港なので、色々コンパクトに作られていて使いやすい。
DSC04926
 今回のフライトはエアプサン。チェックインカウンターはガラガラだった。
 全く待たずにチェックイン。スマットゥだね。
 こんなにガラガラなのでセキュリティーチェックもイミグレもほぼ待たずに通り抜けることができた。
DSC04933
 出発案内。うん。日本か中国行きだね!
 それにしてもCZのコワンチョウってどこ?
DSC04931
 GUANGZHOU=広州だった。
 なぜカタカナなんだ。他の中国の都市は漢字で書いてるのに。
DSC04934
 天井も高くてイイね。どっかの成田空港に見習ってもらいたい。羽田もか。


ラウンジ乞食の時間

 さて、今回はLCCのエアプサン。当然ラウンジとかないんだけど、プライオリティパスを持っているので、ラウンジに行くことにする。拓さまのラウンジ放浪記で予習しておいたところへGO!
 一部航空会社のラウンジにもなっているみたい。
DSC04935
 一番ホットミールが充実していると言うことで、ここへ。
DSC04936
 確かにいっぱいある。チャーハン、プルコギ、謎のチキンクリーム煮、スープなどなど。
DSC04937
 あとはピビンパを自分で作ることができるよ。
 ドリンクは生ビールサーバーがあって自分でつぐことができるよ。
DSC04938
 まぁ、すごいうまいわけではないけどね。フツー。
 確かに近距離国際線ターミナルでPPで使えるところという意味では、それなりに充実していると思う。
 PPで使えるラウンジはここの他に大韓航空ラウンジが使える。ちなみにアシアナ航空ラウンジはなくなった。


搭乗

 さて、搭乗。
 DSC04940
 ボーディングブリッジに接続していると思いきやバスゲート。
 釜山の場合普通のボーディングブリッジのゲートと、バス利用のゲートが同じような感じで並んでる。
DSC04941
 ちゃんと屋根付きタラップ車!
 屋根なしだったり、手でガラガラ動かして持ってくるヤツじゃないのね。しかも自社のもの。
 さすが本拠地。
DSC04942
 というわけで乗るぜ!

スポンサードリンク

シートとセキュリティビデオ

 というわけで着席。
DSC04943
 あまりの混雑で、シートをちゃんと写真撮るの忘れちまった。
 まぁ、見れば分かるけど、昔の標準的なシート。
 いささかへたってる感は否めないけど、座り心地はそれほど悪くない。
DSC04946
 結構混んでるけど、満席ではなく、隣席は空席。
DSC04950
 セキュリティービデオは一の時代だよって言いたくなるようなCG。まぁ、JALよりマシか。
 ただ、救命胴衣付けた場面がシュールだった。
DSC04952
 では、行ってきます~。

機内食

 激戦極める日韓線LCC。韓国系LCCが何社も乱立しているため、差別化に必死。成田~仁川とか関空~釜山とか韓国系で5社も飛んでるからね。どこの会社もLCCなのに預荷物無料とかになって競ってる。そんな中、エアプサンは機内食が出るってところで差別化してる。
 ただ、出発直前セールではこの時預け荷物無料だったけど、今は有料になってるっぽい。
DSC04954
 というわけで薄いオレンジジュースとエサの配給。
DSC04955
 なんだかよく分からない肉とチャーハン。意外とおいしかった。
 高雄~香港間のキャセイドラゴンの機内食に近いね。短距離路線だしコレで充分。
 イイネ!エアプサン。直前割引とかもあるし、安い。


水田を見ながら着陸

 さて、飛行時間もそんなに長くないので、そろそろ着陸。
 なんせ沖縄より近いからなぁ。東京~女満別・長崎・鹿児島とほぼ同じマイル数。
 ちなみにウラジオストクも同じくらい。ウラジオストク近くね?
DSC04956
 九十九里浜を見つつ太平洋から進入。
DSC04957
 すでに水を張った田んぼが見える。
 田んぼはこの時期が一番きれいだよね。水を張った時期が一番。
DSC04959
 お恥ずかしながら帰ってまいりました。

スポンサードリンク

一泊して岩手へかえっぺ

 さて、一泊して岩手に帰ります。
DSC04967
 今日も今日とて大宮駅から。
 大宮駅からだと盛岡駅までの特急料金がかなり安くなるの。
DSC04970
 新幹線の中ではつばめグリルの弁当食べる。
 おいしいよねぇ~。駅弁と同じくらいの値段だし。
 はぁ~帰ってきたで~。


スポンサードリンク

 これで日ペリさんに当分乗らなくて済む。2017年はたくさん日ペリさんに乗りました。
 2018年は日ペリさんにいただくスタアラゴールドを有効活用したいと思います。


成田空港へ。当然年末年始ラッシュでゲロ混み。

 丁度羽田空港からエアポート快特があったので乗車。これで成田空港まで直行。
DSC03134
 実は今まで秘密にしていましたが、成田空港第1ターミナル使うのは初めてなんです。
DSC03136
 この出発案内を見るたびに、羽田では感じない成田のわくわく感があるよね。
 旅に出るって感じがやはり成田の方がすると思う。
 元神奈川県民だから羽田の方がそりゃ近いんだけど、言うほど成田が遠いか?って疑問がある。


ラウンジは芋洗い

 成田第1はアウェイなんです。しかも、なんだか位置関係が分かりづらい。
 ラウンジはユナイテッドに行くのが良いというおぼろげな知識があるものの、搭乗口からかなり離れている模様なので、仕方なくANAラウンジへ行く。
DSC03137
 人が多すぎて中の写真は撮れないよ。
 ここでも大量山盛りから揚げに群がる人々を見て、落ち着かない。
DSC03138
 喫煙所からは木の根ペンションビュー。
 一回ぐらいここで宴会やってみたいね。無理だけど。成田反対派だし。


本日はバスゲート

 さて、ラウンジに限らずどこもかしこも人いっぱいの成田からおさらばじゃ。
DSC03142
 59Bというホントにここであってる?と不安になるゲートから搭乗。
 まぁ、そんなところにあるので当然バスゲート。
DSC03144
 何回か国内線国際線取り違え事故を起こしてから国際線って貼られるようになったバスで、機材近くまで。
DSC03143
 バスはイヤって言う人結構いるけど、空港の中見られたり、機材を間近で見られるのでキライじゃない。
DSC03145
 ほう。これが問題のロールスロイスエンジンですな。
 コイツのせいで今日も機材変更でしょぼいビジネスクラスになっちゃう。


シート

 まぁ、ビジネスクラスなんでね。いくらシートが悪くなったと言っても、エコとは雲泥の差。
DSC03149
 ちなみに隣はバックパッカーの(と言っていいかわからないがでかいバックパックを持った)白人だった。謎だ。ちなみに隣の彼とはまた意外なところで再会する。
DSC03151
 ウェルカムドリンクはプラコップ。
DSC03153
 ペットボトルの水も、離陸前に配られた。黒部の水だね。
 こういうものはバンバン配っちゃう感じいいね。
DSC03154
 本日ド満席出発。
 せっとすらいどばー。


機内食1回目

 さて、機内食のお時間です。
 ドリンクメニューはこんな感じ。
DSC03160
DSC03161
 お食事メニューはこちら。
DSC03162
 よーしパパ、シャンパン飲んじゃうぞー!(パパじゃないけど)
DSC03163
 このグラスで出すのはねー。なんかANAはこっちの方が香りがどうのこうのと言っていた気がするが……。
 今回は洋食をチョイス。
DSC03165
 前菜。「鰊とジェノバソース ポークパテをビーツとクランベリーのコンフィチュールとともに」だそうだ。
 ポークパテうめぇ。
DSC03166
 パンもオリーブオイル付いてきちゃうしいいねぇ。
DSC03167
 お酒はそんなに強くないのでペリエに変更。
DSC03168
 メイン。「和牛のロール仕立て 椎茸とエシャロットのソース ほのかな醤油風味」。
 ご飯と味噌汁も用意できますって書いてあったから、もらってみた。普通ご飯と味噌汁の位置が逆なんじゃないかと思った。うん。なかなかおいしいよ。まぁ、CXよりかはビジネスクラスの食事おいしいよねぇ。
DSC03171
 デザートは柚子風味のチョコレートムース。
DSC03172
 プラリネもきたよ。


機内食2回目

 お好きなときにということだったので着陸90分前に持ってきてもらうようにお願いする。
DSC03174
 カレーと野菜だしスープ。
 さすがに更に頼むのは恥ずかしいのでやめた。
 個人的にはJALのビーフカレーよりもANAのチキンカレーの方がおいしい気がしなくもない。


たこ電車はまだいた

 さて、そろそろ着陸。
DSC03176
 台湾から一直線って感じだね。
 少々遅れて着陸。着陸してスポットに入ってから機長挨拶があった。
 英語の挨拶で最後に英語のイントネーションで「ARIGATO SAYONARA」って言うのはなぜなんだろう。そこは日本語なんだから日本語のイントネーションでよくね?(CAが言うとはいえ)「せっとすらいどばー」は逆に英語のイントネーションで言う方がいいと思うんだけど。
DSC03178
 クアラルンプール名物たこ電車はまだいた。
 あれ?いなくなったんじゃなかったっけ?少しずつ変わっていくのかな。


スポンサードリンク

 今年、岩手に夏は来なかった。
 だから、台湾で夏を精一杯感じてきた。
 そりゃマンゴーかき氷をいっぱい食べるもんよ。
 さーて、帰りますかねー。


とりあえずラウンジ

 まぁ、ラウンジに行きますかねー。
DSC00536
 まぁ、いいラウンジよねー。
 初期の一時期、飯がクソまずかったことがあったけど。
DSC00539
 ホットミールのメニュー。
DSC00537
 乞食しちゃいます。牛肉麺と雲呑麺、あと小籠包。
DSC00538
 乞食しちゃいます。その2。だって、デザート食べないとね。
 見事にバランスが悪い食事だな。
DSC00540
 食事が終わって奥のバーカウンターへ。
 んー、今日は運転するから酒はパス!キャセイディライトを久々に飲もっと。


さぁ、搭乗すっぺ。

 さぁ、搭乗すっぺよ。
DSC00542
 キャセイの定位置から。
DSC00545
 ワンワールドエメラルド資格で搭乗しているためエビアンの配給あり。
 金丸子の時は一度もくれなかったのにー。でも、エメラルド>金丸子ってことなのかな。昔どこかに乗っていたインボラ順序だと金丸子>エメラルドだったんだけど。
 黒服の挨拶もあった。よろしくお願いします。
DSC00548
 さて、離陸。今回は特に面白い飛行機いなかったな。
 強いていったらマリンドエアが真正面に。マリンドエアって台北まで飛んできてるのね。日本に来る日も近い……かなぁ。いや、結構距離があるから射程外か。
DSC00550
 天気いいねー。


みんな大好き機内食

 さて、機内食。
DSC00553
 機内食はチキンカレーとそばとパン。
 ねぇ、蕎麦いる?ホントに蕎麦いる?
 機内食で蕎麦が出るとずるずるすする音が聞こえるのがちょっとねぇ……って感じがする。いや、日本で食べる分にはいいんだけどさ、海外のお客様が多い中でずるずるすするおとが聞こえるのはねぇ。


帰国~

 というわけで、帰国。
DSC00554
 成田は雨ねー。
DSC00556
 ただいま!
DSC00558
 到着免税店ができてた。
 酒とタバコだけっぽい。ただタバコは日本製品はなく輸入品のみ。酒もそうかな。
 これって台湾とかマレーシア製造のメビウスとかでも取り扱いできないのかなー。


こっからが長い

 これからが長いんだなー。
DSC00560
 まずはアクセス成田。JRバス関東車が来た。
DSC00559
 JRバス関東車ってUSB充電ポートが設置されているのね。
 便利っちゃー便利だけど、電流低め。まぁ、贅沢は言えないか。
DSC00562
 時間に余裕があったので、大宮駅まで上野東京ラインで移動して、はやぶさで。
 神奈川時代もよく大宮から新幹線乗ってたけど、上野東京ライン開通してからタイムロスが減ったので、これからは大宮をデフォルトにしようかなぁ。今後は大宮始発新幹線が増えそうだし。

 さぁ、岩手に帰ってきたぞ!


スポンサードリンク

 さぁ、乗るぞー。飛ぶぞー。
 お久しぶりやでー。2ヶ月ぶりやでー。
 CX乗るのは4ヶ月ぶりやでー。普通の人からしてみれば乗ってる方か。
 CXの台湾往復チケットがとっても安かったのでうっかり買ってしまった。


THEアクセス成田で成田空港へ

 東京駅~成田空港の1,000円バスは「東京シャトル(京成&リムジン)」VS「THEアクセス成田(ビィートランセ&JRバス関東)」が絶賛バトル中。でも、どう考えてもJRで来て東京駅発の場合、乗り場の関係でTHEアクセス成田の方が便利。そりゃそうだよね。JR八重洲南口直結の一等地にあるJRバス関東のバス乗り場が使えるんだから。
DSC00397
 この日は大混雑。客が多くてしんどいーって乗り場のおばちゃんが言ってた。午前中京成本線で人身事故があったのが影響してるのかな。結局、2本待って乗車。さすがに2本待ちはきついなぁ。増便して欲しいけどなかなか難しいのかも。臨機応変な便数とか続行便とか出せるといいのにね。昔のつくば線みたいに。
 それにしてもビィートランセはいい路線を発掘したよね。弱小バス会社だった団地交通が気づいたら、天下のJRバス関東と共同運行するまでになったんだから。


成田はFラウンジへ

 というわけでお久しぶりの成田2タミからの出発。
DSC00398
 2タミ出発はいつぶりなんだろ。昨年の12月以来か。成田から出発も1月のハルビン以来。自分にしては相当お久しぶりだね。おねーさんに聞いたところ本日はド満とのこと。一応、今のところ空いてるところで窓側の席にしてもらう。
DSC00399
 成田はキャセイラウンジによっても仕方がないので、JALのFラウンジに直行。
DSC00403
 例によって寿司食べたよ。
 まー、まぁまぁだよね。
 ただ、日によってネタにかなり差がある気がする。それにしても、一時期決まったセットだけになってたはずだけど、みんな自由に注文してた。マグロ増やしたり、刺身にしたり。んー、その辺の判断は職人によるのかなー。


搭乗

 今日の機材はキャセイで名物のクソ機材773Z。
DSC00404
 ビジネスはイケてない、エコノミーもずり下がりシートでイケてないという、どこもいいところがない機材。
DSC00405
 さて、搭乗。搭乗開始してからゲートに行ったので、着く頃には優先搭乗の列はなくなってたぐらい。なので、並ばずに快適搭乗。
 ちなみにド満って聞いてたけど、隣席は空席のまま。やったー!エコで隣が空席サイコー!
 他社エメの私にも担当CA挨拶、黒服挨拶、機内食メインキープがあった。金丸子時代より丁寧だぞ。そういうもんだっけー。それとも上級会員減ってるんかなー。


機内食

 というわけで、あっさりと離陸し、機内食。
DSC00418
 最初この状態で配られて、すっかりプリオーダーしたのも忘れて、CXの機内食はここまでしょぼくなったか!と思ってビックリする。そんなわけないよねー。
DSC00420
 生姜焼きと謎のすき焼きっぽい味のしらたき、あと高菜。
DSC00421
 日本のハーゲンダッツって日本でしか販売してないのかな。
 香港搭載だとフランス製?日本で搭載するよりも安いのかしら。
 日本製ハーゲンダッツは高梨乳業が受託してるよねー。


機内誌

 今月はダイアナ元妃だった。さすが元英国植民地の航空会社。
DSC00422
DSC00410
 そんでもってカートがすごい高い。
 これって新品なのかしら。ボロボロのやつじゃないよね?


着陸

 というわけで夕陽と共に着陸!
DSC00429


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ