FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:MH

 えびちゃんと熱いガチホモナイト4日間をすごした話のはじまりはじまり~。
 まずはマレーシア航空の最新鋭機A359でペナンに行くの巻。
 まぁ、基本的にはうちのような駄文を読まないでえびちゃんのちゃんとした記事を読んだ方がいいと思うよ。詳しいし。ウチは脳内垂れ流し系なので、読みにくいと思うよ。


乗り遅れるところだった

 KLIA2にいたとはいえ、ちょっと油断してた。
 みんなー土日朝のKL Ekspresは要注意だ!本数が少ないぞ!

 まずね、Tune HotelからKLIA2の電車乗り場までが遠かった。KLIA2の構造が悪い。
 そして、電車がなかった。土休日だと運休だったっぽい。

 バスは時間がかかるので却下。タクシーに乗ったところでかなり遠いとことまで行ってから、KLIAに戻ってくる形になる。意味なし。ホント、この空港はターミナル間移動を考えてないよねー。でも、そんなに移動しないか。

 結果、電車に乗ってKLIAの駅に着いたのが出発60分前。一応、45分前までチェックインできるはずなのでダッシュ。幸いKLIAの構造は頭に入ってる……が、エレベーターがちんたらちんたらしててキレる。

 飛び込むようにファーストクラスチェックインカウンターへ。ちなみに国内線国際線共通カウンターだった。
 荷物は預けられる?って聞いたら「無理~」ってきたのでそのまま機内へ持ち込む。こういうとき持ち込み可能スーツケースは便利だよねー。ギリギリの大きさだけど。
DSC03198のコピー
 搭乗券を無事にゲット!こんなことになるなら、搭乗券ダウンロードしておけば良かった。2時間前だか切るとダウンロードできないという謎仕様。
 いやー前回の香港帰りといい、走ってばかりやなー。


ラウンジでえびちゃんと合流

 国内線は左奥の方から。
 当然イミグレもなく、けだるい感じの警備員がやっているセキュリティーチェックを通る。けっこうガバガバ感があるけど大丈夫か?その後もダッシュを続け、無事にラウンジに到着したのでした。
DSC03197
 ラウンジからの眺めはGood!えびちゃんと無事合流する。
 「もしかして、乗り遅れるかも」って伝えてあったので久しぶりの再会に喜ぶ。
 ドリンク一杯飲んで、呼吸を整え、ゲートへ。
DSC03199
 この塗装いいねー。マレーシアっぽくてデザインがいいよ。
 A350はかなりお気に入りの飛行機であることもあって、塗装のかっこよさといいテンション上がる。どうせだったらみんなこの塗装にすればいいのに。なんだかよく分からないけど、MHの塗装っていっぱい種類あるよね。ころころ変えるわりには既存機の塗装は変えないので、骨董品みたいな塗装のB738が飛んでたりする。


搭乗

 国際線みたいなゲート前セキュリティーチェックはなし。そのまま待合室に入れる。
DSC03201
 すでに搭乗始まっていたので、そのまま搭乗するよ。
DSC03203
 搭乗する前ふと横を見たら1つのゲートにB738が2機止まってた。よく見ると2機で塗装が微妙に違う。MHって一体塗装の種類がどんだけあるんだ?


機内

 MHのA359はエコノミークラス前方はエクストラレッグルームシートとということで、横列は同じでシートピッチが広めになってる。今回BA-Gold(OW-Emerald)だったので、Webチェックインで指定可能だった。DSC03204
 かなり余裕があるシートピッチだったので、なかなか乗り得。プレエコよりかはちょっとしょぼいんだけど、エコノミーとして考えるとかなり破格のシートピッチ。
DSC03224
 コンセントが前席の下に付いてる。この位置の方が絶対便利だよね。
 自分の足下っていうのは見にくくて、さしにくい。
DSC03207
 ペトロナスツインタワーが皆様を出迎えてくれます。
 まぁ、KLって言ったらこれぐらいしか写真にするところないよね。
DSC03212
 セーフティービデオでいつも動きづらそうだと思う服のねーちゃん登場。
DSC03215
 なんかこの感じかわいいねー。なんか折りたたみ立体絵本みたいな仕立てになってた。
DSC03216
 お祈りしないとね。
 突然地上からミサイル撃たれたり、突然パイロットが来るって大海原でガス欠しないように。


ちなみにビジネスクラスとファーストクラスのシート

 ちょっと時間が前後するけど、降機の際にちらっと見た。
DSC03229
 K席側はひとり掛けと、ふたり掛けあり。ただし、A席側は全てひとり掛け。
DSC03230
 ひとりで乗るんだとすればこの窓側ふたり掛けは確実にハズレだな。
DSC03232
 こちらはファーストクラス。
DSC03233
 横4列配置。んー座席の横幅はビジネスクラスとほぼ変わらないかな。ビジネスクラスが最大横5列配置なので、座席の幅はおそらく同一。ちょっとしょぼい?こんなもん?ファーストクラスなんてCXでしか乗ったことないからなー。CXよりかは確実に横幅は狭い。JALと比べると……やっぱり狭いと思う。でも、縦方向にはかなり広いので、それはそれでいいのかもしれない。


機内食

 MHの場合、基本的に飛行時間が60分以下の便では機内食無し。
DSC03222
 ただ、一応ピーナッツとオレンジジュースがでる。
 まぁ、短距離なんでそんなもんだよねー。KUL-SINとかでも同じだよねー。
 FSCのMHがこれなのねー。後でビックリすることになったよ。


機外カメラがおかしい

 設定の問題なのか切替忘れたのか。
DSC03227
 ずーっと真下を映してた。
DSC03228
 ちなみに、これずっと見てると気持ち悪くなるので離着陸時は見ない方がいいよ。


着陸

 というわけで、ウルトラショートな路線なので、あっという間に着陸。
 最新鋭A359で快適なフライトなのでした。今回は慣らし運転で乗れたけど、今は早速ロンドン線に投入中。日本路線にも投入予定なので、もうすぐ日本でも乗れるかも。

 乗って残そうダメーシア航空!
 朝一から空港にやってきたよ。


誰もこんな時間の便に乗りたくない

 ホントはもうちょっと後の便に乗りたかったんですよー。
 だけど乗り継ぐ飛行機に乗れる適当な便がなかったの。そして人気が無いのか安い。
 ただ、この便だけは確実にディレイせずに出発する。それだけがメリット。

 昨日はえびちゃんが「KJさん、Boxtelでお金払うなら、うちで仮眠して行きなさいよー」とおっしゃるので、せっかくのお言葉に甘えさせていただく。例の炊飯器は見た。まだ、うっかり爪で剥がされたりとかはしていない模様。まぁ、ブログではああ言ってるけど、実はいい人だからね。
 仮眠して、早朝Uberで空港へ。早朝はこれ以上無いくらい道が空いてて快適ねー。

 というわけで早朝のBKKにやってきた。人が少なくて快適。
 なんで、いつもあんなに混んでるんだろうね。なんで、みんなタイに行くんだろうね。自分の中ではそこまで行きたいところランキング上位には入ってないんだけどね。


BKKでワンワールドラウンジって言ったらCX

 MHの指定ラウンジはミラクルラウンジなので、パス。
 早朝からやってるCXラウンジへ行きましょう。この時間JLラウンジはやってなかったはず。
DSC01319
 ラウンジ乞食する。
DSC01321
 コールド系はこんな感じ。野菜がいっぱいでいいねー。
DSC01320
 メニュー。
DSC01323
 シュウマイと焼きそば。んー、うまい。
 CXのラウンジはやっぱりいいよねぇ。改悪さえなければ金丸子続けてたと思うんだけどなー。


やってきたのはおんぼろ機材

 さて、ゲートへ。
DSC01324
 今日も行きと同じくおんぼろ機材。塗装も同じ骨董品。
DSC01326
 座席もおんぼろ。っていうか自分が座った席、背もたれに寄っかかると自動でリクライニングする。
 おいおいおいおいおいおいおいおいおいおい。自動リクライニング席って珍しいぜ!ってことはあれかい?離着陸時は背中を浮かせてないといけないのかい?CAに言おうと思ったけど、見渡す限り満席。下手に空席探されて中央席になるのもイヤなのでがまんすることにする。


配給

 離陸して、配給の時間。
DSC01327
 鶏肉ごはん。まぁ、米はおいしくないけれど食べられる味。
 なんかコメントが浮かばないや。たぶん眠かったんだと思う。


KUL名物所有者不明ジャンボ

 時間通り到着。うん。すばらしいね。この便は。
DSC01328
 これってKUL名物の所有者不明の野良ジャンボだよね。
 こんな湿気が多いところで置いておくって大丈夫なのか?
DSC01332
 無事に降りましたよ。


次の便までヒマなのでアウトレットへ

 ついたよ。まだ朝。
 とりあえず特に行くところがないのでアウトレットに行くことにしょう。
DSC01333
 空港にシャトルバスの案内が出ているので、安心。
DSC01335
 外に出る前に時刻表もあるでよ。
DSC01334
 おおよそ20分間隔。ただし、たまに穴があるので注意。
DSC01336
 バス停はこちら。さて、買い物するかー。

 どんなに長くても1フライト1記事厳守。
 だから今回はちょっと長いかも。短距離フライトだけど。いや、写真が多いだけか。
 KULでトランジットしてBKK行くよー。片道切符だよー。
 いくらだったかは忘れたけど、そんなに高くなかった希ガス。


KULのMHファーストクラスラウンジで食事

 333から738に機材変更しやがったので、ぶちギレ金剛!!(懐かしいな)の私は飯を食ってクールダウンすることに仕様。行先はもちろん、マレーシア航空のフラグシップラウンジであるサテライトのゴールデンラウンジ(ファーストクラス側)。
DSC00998
 よくよく考えたらファースト側に入るの初めてかも。
DSC00999
 おおーなんだか楽しいトークができそうな席ね。
 いつも思うんだけど、飛行機ってラウンジ入るような人たちってそんなに大人数じゃないから二人掛けメインとかでもいいような気がするんだ。
DSC01001
 通常エリア。これって改装前ね。今は絶賛改装中。いつできるか分からないけど、マレーシアだからたぶん延び延びになる気がする。
 まぁ、時間が時間だったので、静かで落ち着いたラウンジでしたよ。


さぁ、飯喰うぜ!

 ご飯!ご飯!
DSC01002
 ダイニングエリアがあって、ちゃんとレストランみたいにオーダーで注文する。
 おおーちゃんとしてるなー。
 一応、スープとステーキとデザートを注文。
DSC01004
 まずはスープ。なんかすごいトマトトマトしてるというか、しょっぱいというか……。
 なんか濃かった。
DSC01005
 ごめんねー写真暗くてよく分からないでしょう。
 でもね。このステーキはうまかったよ。ちゃんと焼き加減を指定できる。ちなみに結構でかくて、これ、肉の下にも肉があるからね。結構でかいよ。これ、2皿食べた人って純粋にすげーなって思う。
DSC01006
 デザートはいちごのパフェ。
 まぁ、普通。
 メニューは限られているけれど、満足度は高かったなー。
 (ラウンジにしては)いい飯食べられるよー。うまいよー。


おなかいっぱいになったのでゲートへGO!

 KULってさー、搭乗口直前にセキュリティチェックがあるし、しかも突然ディレイがあるし、一体いつゲートに行けばわからないんだよねぇ。どうなの?識者の方。一応30分ぐらい前にゲートに着くようにはしてるけど。
DSC01007
 なんか骨董品みたいな塗装の機材がいた。今日はこいつかー。
 いや、まぁ、塗装自体はそんなに古くはないんだけどさ。
DSC01009
 さぁ、乗るよー。
DSC01011
 なんか座席がボロボロ。エンタメすら付いてないボロ機材だった。
 そりゃそうか、塗装も旧塗装だし。
DSC01013
 セーフティービデオが調子悪くて何回も止まる。どんだけボロいんだよ。
 ひょっとしてまだビデオテープのヤツかな?
DSC01014のコピー
 結局、ちゃんと再生できなくて、実演。
 ボロい!ボロいぞ!ダメーシア航空。
DSC01016
 というわけで、なんとか飛び立ったのでした。バイバイKUL。
 今回の旅はKULに2回来るけど、ほとんど滞在しないwwww
 ホテル修行の俺にしては珍しい。


機内食

 さて、配給のお時間。
DSC01017
 BKK線はこういったパックになっている物を配りまくる。
 場合によってはこれに安いアイス(間違ってもハーゲンダッツは来ない)が付く。
 銀紙オープン!
DSC01018
 んーとチキンのあんかけそば的な何か。
 まぁ、肉は食べたよ。それなりに食べられる味。
 少なくともJALの意味不明なスパカツよりマシ。


することないので機内誌見ながら到着

 エンタメもないし、スマホに暇つぶしのネタを入れるの忘れたので、することがない。
 よって機内誌をパラパラ読む。
DSC01020
 暗かったから写真が鮮明じゃなくて申し訳ないんだけど、マレーシア航空の機材一覧。
 ええー。MHってA380-800とA330-300とB737-800しか持ってないの?すげー、そりゃどこもかしこも738が来るわけだ。(詳しい話はNemoP氏にまかせた
 それよりも気になるのはMAS WINGSのツインオッターがあるということ。どこからどこに飛んでるの?乗ってみたい。あれでしょ、たぶん副操縦席とかに座れちゃうヤツでしょ(違う、それはアイランダー)。乗ってみたい~。どこ飛んでるか誰か教えて。きっとマレーシアの島の方飛んでるんだと思うけど。
MAS WINGS DHC-6 - Google 検索
 一応、検索してみたらGoogle画像検索でトップ15枚のうち、事故ってる画像が3枚出てきた。

 というわけで、BKK到着!

 お久しぶりぶり、マレーシア航空。
 今回のフライト、一言で言うならばこのTweet。


九龍シャングリラからは地下鉄で

 AELの無料バスで九龍駅まで行って、そのままAEL乗ってもいいんだけどさー。
 せっかくだからケチってみた。
 尖東駅から西鐵線に乗り、南昌駅で東涌線に乗り換え、青衣駅でAELに乗り換え。これで青衣からの運賃で済んだはずだ(AEL利用時MTR1乗車無料)。
DSC00981
 西鉄線ってこんなハイテクだったっけ?新車?リニューアル?


香港空港到着、出発時刻変更

 香港空港到着。やっぱりAELは早いねー。
DSC00982
 チェックインカウンターがこれだけだった。少ねーな。
 まぁ、シートマップ見る限り、今日はガラガラだしなぁ。
 あれ?事前指定の座席が変更されてる。ま、いっか。
DSC00983
 出発時刻も変更されてた。15分繰り上げって、知らないでギリギリに来た人は大丈夫なんだろうかっていつも思う。


Pierのファーストクラスラウンジに行く

 香港のCXラウンジで一番いいのはやっぱりPierのファーストクラスラウンジだと思うのですよ。
 というわけで、こじ活こじ活~♪
DSC00984
 メニュー。色々そそられる物があるけれど、それほどおなかが空いてるわけじゃないので……。
DSC00985
 本日のスープ。パンプキンポタージュ。
DSC00986
 アンガスビーフバーガー。やっぱりこれ食べちゃうんだよねぇ。
 なんか味がちょくちょく変わってる気がする。けど、満足。


さて、搭乗

 さて、満足したところで搭乗口へ。
DSC00987
 搭乗口は208なので、Midfieldコンコースから。
 あれ?ここから搭乗するの初めてのような気がする。
DSC00988
 深く考えずに搭乗。
DSC00989
 あれ?
 あれあれ?
 なんで、738がいるの?
 俺、今日、ガラガラの333に乗るはずだったのに。
DSC00990
 くそー。機材変更しんじゃねーよ。ふざけんなー。
 しかも738に変更したもんだからド満席。まじかよー。下手したら予約持ってる人を積み残してたりするんじゃねーの?


機内

 というわけで、機材変更されたわけでございます。
DSC00991
 座席はこんな感じ。
DSC00992
 もうね。キレる気にもなりませんわ。
 (^p^)しーね!しーね!(^p^)しーね!しーね!(^p^)しーね!しーね!
 ただ、CAさんはテキパキ系の(サービスは)できる人たちだったよ。隣の客、離着陸時もシートベルトしてななくて、チェックしてなかったけど。


機内食

 なんか2種類あった気がする。
DSC00995
 肉。何肉だったっけな。忘れた。まぁ、鶏か牛だと思うけど。
 上段真ん中のキノコ炸裂のヤツが結構うまかった。
 NemoP(実はいい人)が見たら(キノコが食べられないので)ぶち切れそうなヤツ。


KUL到着~

 本館側に到着~。
DSC00996
 ほんとだリージョナルラウンジは改装閉鎖中だね。
 とりあえずこじ活のためにサテライトへGO!

 ※今は本館がリニューアルオープンして、サテライトが改装閉鎖中。

 さて、帰りはTraders HotelからUberXで空港まで行こうと思ったら、ピーク運賃で高騰中。ちょっと空港までの定額は便利なんだけれど、通常運賃じゃないと選択肢として厳しい。あきらめて、KLCC行きのバギーに乗り、KLCCでもう一度Uberアプリを開いたら、通常運賃に戻ってた。すかさず配車要求。
Uber Riders
 というわけで帰りも定額。
 帰りの兄ちゃんは飛行機の時間を聞いてゆっくり行ってもいいか確認の上で、行きとは違うルートで途中から下道を走った。空港側は下道でも高速みたいなもんなので、時間もあまり変わらず、行きよりも9MYRも安く行ってくれた。「ジャカルタとバンコクは旅行したけど、運転するところじゃねー。特にジャカルタの渋滞ヤバい。」とのこと。いったいどんなところなんだ、ジャカルタは。

 空港ではガラガラのファーストクラスカウンターで搭乗券を受取り、イミグレ通過。ワンワールド上級だと、イミグレも優先レーン使えるのね。到着時も配って欲しい。
DSC04103
 イミグレと荷物検査後にいっぱい飛行機模型置いてるけど、エチオピア航空のだけがなんかでかい。
 短距離なので、本館側のゲート。なので本館ラウンジでホッと一息。
DSC04104
DSC04109
 今日乗るマレーシア航空はアライアンス関係なしのコードシェア。タイ航空(スタアラ)、バンコクエアウェイズ、廈門航空(スカチー)、モーリシャス航空の4社コードシェア。なかなかすごいよね、タイ航空とバンコクエアウェイズっていう同じ国のキャリアが相乗りしてるってなかなかないんじゃないかと。JALとANAが同一便にコードシェアってことだもんね。まぁ、それも一時期変更の過渡期にあったらしいけど。
DSC04113
 搭乗前にイミグレカードと一緒にタイの無料SIMカード配布。いいのかなー。タイのSIMカードって身分証明書登録制になったんじゃなかったっけ?海外で配るのはいいのかしら。
 値段はデータ通信するなら、空港で買うよりも少し安くなる程度。チャージとかしなきゃいけないからそれなりにめんどいかも。
DSC04114
 座席は結構狭いねー。
DSC04117
 機内食。心なしか簡易的。チキンのご飯。味について記憶が全くないので、うまくもなくまずくもないご飯だったんだと思う。
 チョコアイスが付いてきたのがうれしい。

 特筆することもないフライトだったなぁ。無事にバンコク着。

 マレーシアの航空会社はマレーシア航空とエアアジア。
 マレーシア航空はフラッグキャリアでフルサービス。一方、エアアジアはLCC。
 でも、近距離国際線(国内線も?)は激しい競争をしているのです。
 特にKUL-SINはマレーシア航空、エアアジア、シンガポール航空、シルクエア、ジェットスターアジア航空の5社が入り乱れて乗客争奪戦。
 結果、KUL-SINは国際線のフルサービスキャリアであるマレーシア航空で行っても4,000円くらい(当時)。値段が激安すぎるんです。もちろん、ワンワールドステータスがあれば、ラウンジも使えます。
DSC04269
 というわけで、出発。
DSC04270
 フライト時間が1時間以内だと、マレーシア航空は機内食なし。
 KUL-SIN間は55分。なので機内食なし。
 ピーナッツとジュースが配られた。

 さて、シンガポールだぁ。

 無事にHNDに着いて、アクセス特急で成田空港へ移動~。
 リムジンバスに乗ればいいんだけど、ぼったくり価格なので、電車をチョイス。

 成田の出発便一覧を見てたら気になる便が。
 JL7995でドーハでターミナル1から?コードシェアだったら親便名も表示されるよなぁ……って思ってたら、カタール航空のコードシェアだった。ターミナル違うと親便名が表示されないのね。
DSC04216
 成田のサクララウンジでみんな大好きカレーを食べて、サテライトの端っこまで。
 LAXから飛んできた便にNRTから乗り込みます。なんかぐったりしている客が多い気がする。そりゃそうか。すでに10時間以上も乗ってるんだから。
DSC04217
 さて、機内食。
 なんだかよくわからに内容。変な味の肉だったなぁ。
 なんで細いうどんみたいなヤツが付いてくるんだろう。
DSC04218
 深夜便なのでそのまま寝ました。ぐっすりと。
DSC01893
 朝ご飯はおにぎりとチョコレートだったかなぁ。
 写真は別の時の物だけど、たぶんこの組み合わせ。

 というわけで早朝のKULに到着。

↑このページのトップヘ