FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:KUL

 正男君が乗れなかったエアアジアで久々にマカオに行こうっと。
 エアアジアの機内食がなかなかおいしかったの巻。


チケットがとっても安かった

 エアアジア、チケット安いなー。
 今回KUL-MFMのエアアジアチケットは片道8,000円ぐらい。まぁ、これが安いか高いかは人々の判断になるけど、乗ってみた感想としては安いなって思った。しかも、これには預け荷物や機内食、遅延保険、座席指定まで付いてる。これらがなければ6,000円ぐらい。預け荷物料金単品で付けるのとコミコミ運賃の差が数百円だったので、コミコミ運賃にしてみた。
 それにしてもこんなに安かったら、到着すればそれでいい。


基本的にセルフチェックイン

 エアアジアはまずセルフチェックインする必要がある。
DSC03519
 この機械でチェックイン。日本語もばっちり対応してるよ。
DSC03518のコピー
 というわけでレシートのような紙に印刷されて搭乗券が出てきた。
 これを持って方面別に分けられたカウンターで荷物を預ける。
DSC03533
 そして、搭乗口へGO!
 それにしてもKLIAに比べてKLIA2は明らかに人が多い。

 この後、セキュリティチェックで、いろんな国のお金を持っていたので全部封筒を開けてチェックされる。今回の旅行の後半はどこに行くか決めてなかったので、考えられる限りの国のお金を持ってきてた。もしや、没収されるのか?とか思ったけどそういったことはなく解放。

スポンサードリンク

プライオリティパスラウンジでちょっと一休み

 プライオリティパスを持っていると、なんだかんだいってラウンジが使えるのが便利。
 KLIA2にもプライオリティパスラウンジがいくつかある。
DSC03537
 今回はサテライト側のこちらへ。
 入口がウェルネススパなので、ここでいいのかどうか不安になるけどあってる。
DSC03538
 まぁ、一応、餌はあるよ。その程度。


ゲートへ

 時間になったのでゲートへ。
DSC03540
 最初は結構天井が高い空港だなぁと思っていたけれど、途中のセキュリティーチェックポイントを過ぎると、なかなか天井が低い圧迫感ある設計に。
DSC03542
 ゲートはさきっちょのP19。
 ボーディング中って表示されてるけど、まったくそんなことなかったから。
DSC03545
 しばしイスに座って待機……だけど、このベンチ間隔詰めすぎじゃね?
 これ足と足ぶつかるよね。寝るにはそれなりによさげではあるんだけど……。
DSC03544
 どう考えてもボーディングタイム14時半って早すぎるし、できてないし。たぶんみんなを焦らせて早く集めようという魂胆か。結局搭乗できたのは15時頃。


搭乗~♪

 まぁ、ほどよい時間になって搭乗。
DSC03546
 本日の期待はA320neo。エアアジアのA320neoで最初に納入された機体みたいよ。
DSC03548
 座席はこちら。
DSC03550
 間隔はこんな感じ。確かに狭い。
 エコノミーの座席の快適さって座席間隔よりも座り心地だと最近思う。
 すわりが悪いイスだとかなり苦痛。私にとってバニラエアの座席はあんまり好きではない。
 座席は一列ブロックされてた!ラッキー。座席指定してたせいかしら。LCCって座席指定するとなんか隣とか開けておいてくれる可能性が高い気がする。まぁ、どうせ空席ならなるべく座席指定している人の隣を空けておけばさらに乗ってくれそうではあるよね。原価0のサービスなのでどんどんやったらいいと思うよ。
DSC03556
 というわけで行ってきまーす。
 あのサテライトとメインを結ぶ通路の下って飛行機が通り抜けられるんだろうか。
 結構高い位置に通路が設置されてるのよね~。

スポンサードリンク

機内食

 さて、機内食。今回のチケットは機内食が付いてる。
 機内食をもらうときは搭乗券にスタンプを押すので、搭乗券を奥の方にしまってしまわないように。
DSC03563
 まぁ、買ってもそんなたいした値段ではないので、内容はシンプル。
DSC03564
 なんかミートソースっぽいペンネパスタだった。
 味はGood!エアアジアの機内食、そんなに高くないのにおいしかった。まぁ、量の少なさとか問題はあるけれど(実質)無料で付いてきたような物なので満足。


マカオ到着

 というわけで、海上を埋め立てた滑走路のマカオ空港に到着。
DSC03573
 橋を渡って駐機場へ。そんない大きい空港ではないね。ボーディングブリッジの数も一桁だと思う。
 ペナンの空港などでかたくなにボーディングブリッジを使ってなかったから、ここもそれかなって思ったら普通にボーディングブリッジから降りられた。
DSC03574
 荷物も預ける人が少ないせいか、乗客自体も少なかったせいか、すぐに出てきた。
 こんだけ安くて、それなりに快適だったら確かにみんな乗るなぁ。


空港出口でライター合戦

 大陸人が多いせいか、空港出口の旅行社のカウンタでライター合戦。
DSC03583
 ライター片手に各社呼び込みしまくり。
 中国はライターの機内持ち込みが禁止されているので、中国から来る人々はライターを持っていない。なので、出口の旅行社カウンターの人々がライター片手に呼び込み。これって申し込んだらライターもらえるとかなのかな。それとも売ってるのかしら。

 クアラルンプールに行きすぎて、特にすることがないって話。
 金正男の暗殺現場も見学してきた。一体何やってるんだ俺。


一泊目はシャングリラ

 クアラルンプール一泊目はシャングリラ。
DSC03429
 もうね。来すぎて何も感動がない。変わらない。安定してる。


夕食は小籠包

 なぜか鼎泰豐で小籠包食べる。
DSC03447
 安定した味。

スポンサードリンク

二泊目はトレーダースホテル

 二泊目もいつも通り。
DSC03454
 ここも変わらんねー。
 安定してる。今回はGOKLを使ってシャングリラからトレーダースまで移動。


一日バスに揺られる

 この日は一日GOKL4路線を全区間乗り通して、GPSロガーでルートとバス停を記録。
DSC03482
 うむ。一体何をやってるんだろうな。
 そうして書いた記事はあまり読まれてなかったりする。


ステーキを喰らう

 Tボーンステーキ食べた。
DSC03498
 まぁまぁな味。確かに安いと言えば安いが、それほど安いわけでもない値段。

スポンサードリンク

飛行機はKLIA2発

 さて、今回の旅行は初めてのKLIA2発。
DSC03512
 ちゃんとしっかりと中に入るのは初めて。
 金正男氏に敬意を表して、エアアジアでマカオに飛ぶ。
DSC03515
 ひゃー。分かっていたけどエアアジアだらけだぜぇ。
 すごいねー。確かにエアアジアのおかげでKUL経由で移動している人も多いことでしょう。


金正男氏暗殺現場見学

 ずいぶん殺伐とした文字が並びますなぁ。
 ネット界の住人にとっては有名な金正男氏。東京ディズニーランドに行きたくて、日本に密入国しようとしたけど失敗して、田中眞紀子に「とっとと追い返せ」と言われて、北京に送りつけられた人。って書くとなんかアホな人みたいだけど、北朝鮮唯一の良識とか言われてた。中国式の改革開放を望んでいたらしく、この人がトップになってたら確実に歴史は変わった人。そして、長男なのに世襲できなかった人。
 そんなお方が暗殺されたのがこのKLIA2。
DSC03522
 正面のインフォメーション。その裏側のセルフチェックイン機が暗殺現場。
DSC03528
 この右側にある赤いセルフチェックイン機がやられたところのハズ。
DSC03530
 やられたときと同じ機械かどうかは不明。とりあえずなぜか使用中止になってたけど。
 ここでVXガスをかけられて、移動。インフォメーションに助けを求める。
DSC03522
 おそらくこのインフォメーション。
 で、医務室に行くってことで出発階から到着階に降りる。
DSC03523
 で、この医務室でお亡くなりになられたと。
 結構遠いんだよねー。

 これ、金正男氏の動きをトレースするとき、ひとりで勝手に盛り上がってたんだけど、今ブログ書いててつまんねーな。これ、面白くしようがないわ。

 金正男氏のご冥福をお祈りいたします。

 えびちゃんと熱いガチホモナイト4日間をすごした話のはじまりはじまり~。
 まずはマレーシア航空の最新鋭機A359でペナンに行くの巻。
 まぁ、基本的にはうちのような駄文を読まないでえびちゃんのちゃんとした記事を読んだ方がいいと思うよ。詳しいし。ウチは脳内垂れ流し系なので、読みにくいと思うよ。


乗り遅れるところだった

 KLIA2にいたとはいえ、ちょっと油断してた。
 みんなー土日朝のKL Ekspresは要注意だ!本数が少ないぞ!

 まずね、Tune HotelからKLIA2の電車乗り場までが遠かった。KLIA2の構造が悪い。
 そして、電車がなかった。土休日だと運休だったっぽい。

 バスは時間がかかるので却下。タクシーに乗ったところでかなり遠いとことまで行ってから、KLIAに戻ってくる形になる。意味なし。ホント、この空港はターミナル間移動を考えてないよねー。でも、そんなに移動しないか。

 結果、電車に乗ってKLIAの駅に着いたのが出発60分前。一応、45分前までチェックインできるはずなのでダッシュ。幸いKLIAの構造は頭に入ってる……が、エレベーターがちんたらちんたらしててキレる。

 飛び込むようにファーストクラスチェックインカウンターへ。ちなみに国内線国際線共通カウンターだった。
 荷物は預けられる?って聞いたら「無理~」ってきたのでそのまま機内へ持ち込む。こういうとき持ち込み可能スーツケースは便利だよねー。ギリギリの大きさだけど。
DSC03198のコピー
 搭乗券を無事にゲット!こんなことになるなら、搭乗券ダウンロードしておけば良かった。2時間前だか切るとダウンロードできないという謎仕様。
 いやー前回の香港帰りといい、走ってばかりやなー。


ラウンジでえびちゃんと合流

 国内線は左奥の方から。
 当然イミグレもなく、けだるい感じの警備員がやっているセキュリティーチェックを通る。けっこうガバガバ感があるけど大丈夫か?その後もダッシュを続け、無事にラウンジに到着したのでした。
DSC03197
 ラウンジからの眺めはGood!えびちゃんと無事合流する。
 「もしかして、乗り遅れるかも」って伝えてあったので久しぶりの再会に喜ぶ。
 ドリンク一杯飲んで、呼吸を整え、ゲートへ。
DSC03199
 この塗装いいねー。マレーシアっぽくてデザインがいいよ。
 A350はかなりお気に入りの飛行機であることもあって、塗装のかっこよさといいテンション上がる。どうせだったらみんなこの塗装にすればいいのに。なんだかよく分からないけど、MHの塗装っていっぱい種類あるよね。ころころ変えるわりには既存機の塗装は変えないので、骨董品みたいな塗装のB738が飛んでたりする。


搭乗

 国際線みたいなゲート前セキュリティーチェックはなし。そのまま待合室に入れる。
DSC03201
 すでに搭乗始まっていたので、そのまま搭乗するよ。
DSC03203
 搭乗する前ふと横を見たら1つのゲートにB738が2機止まってた。よく見ると2機で塗装が微妙に違う。MHって一体塗装の種類がどんだけあるんだ?


機内

 MHのA359はエコノミークラス前方はエクストラレッグルームシートとということで、横列は同じでシートピッチが広めになってる。今回BA-Gold(OW-Emerald)だったので、Webチェックインで指定可能だった。DSC03204
 かなり余裕があるシートピッチだったので、なかなか乗り得。プレエコよりかはちょっとしょぼいんだけど、エコノミーとして考えるとかなり破格のシートピッチ。
DSC03224
 コンセントが前席の下に付いてる。この位置の方が絶対便利だよね。
 自分の足下っていうのは見にくくて、さしにくい。
DSC03207
 ペトロナスツインタワーが皆様を出迎えてくれます。
 まぁ、KLって言ったらこれぐらいしか写真にするところないよね。
DSC03212
 セーフティービデオでいつも動きづらそうだと思う服のねーちゃん登場。
DSC03215
 なんかこの感じかわいいねー。なんか折りたたみ立体絵本みたいな仕立てになってた。
DSC03216
 お祈りしないとね。
 突然地上からミサイル撃たれたり、突然パイロットが来るって大海原でガス欠しないように。


ちなみにビジネスクラスとファーストクラスのシート

 ちょっと時間が前後するけど、降機の際にちらっと見た。
DSC03229
 K席側はひとり掛けと、ふたり掛けあり。ただし、A席側は全てひとり掛け。
DSC03230
 ひとりで乗るんだとすればこの窓側ふたり掛けは確実にハズレだな。
DSC03232
 こちらはファーストクラス。
DSC03233
 横4列配置。んー座席の横幅はビジネスクラスとほぼ変わらないかな。ビジネスクラスが最大横5列配置なので、座席の幅はおそらく同一。ちょっとしょぼい?こんなもん?ファーストクラスなんてCXでしか乗ったことないからなー。CXよりかは確実に横幅は狭い。JALと比べると……やっぱり狭いと思う。でも、縦方向にはかなり広いので、それはそれでいいのかもしれない。


機内食

 MHの場合、基本的に飛行時間が60分以下の便では機内食無し。
DSC03222
 ただ、一応ピーナッツとオレンジジュースがでる。
 まぁ、短距離なんでそんなもんだよねー。KUL-SINとかでも同じだよねー。
 FSCのMHがこれなのねー。後でビックリすることになったよ。


機外カメラがおかしい

 設定の問題なのか切替忘れたのか。
DSC03227
 ずーっと真下を映してた。
DSC03228
 ちなみに、これずっと見てると気持ち悪くなるので離着陸時は見ない方がいいよ。


着陸

 というわけで、ウルトラショートな路線なので、あっという間に着陸。
 最新鋭A359で快適なフライトなのでした。今回は慣らし運転で乗れたけど、今は早速ロンドン線に投入中。日本路線にも投入予定なので、もうすぐ日本でも乗れるかも。

 日付が変わる頃にKULに到着。
 明日も朝にKULを出発。
 だったら空港に泊まっぺしーって話。


空港ホテルチョイス

 今回の旅はKULから国内線に乗るので、KULで荷物をピックアップしなきゃいけないはず。ということは制限エリア内の宿泊施設とかラウンジで過ごすって技が使えない。かといって、ホテル代が安いと言っても市内まで行くと今度は寝る時間がなくなる。
 というわけで、今回はそれほど高くなくて、空港敷地内にあって、エアアジアがやっているというTune Hotelに泊まってみることにした。値段はそれほど高くなくてといってもMYR280+(税金など込み込みでMYR316ぐらい)。それなりにいい値段する。ちなみに検索すると驚くほど安い値段が出るけど、それはデイユースだから気をつけてね。
 KLIAに到着してKLIAから出発するのでKLIA2に行くのはロスっちゃーロスなんだけど、KLIAのホテルはこれの倍ぐらいする。さすがに夜寝るだけなのにお金出せませんわー。


KLIA2へ移動

 KLIAからKLIA2へは無料のシャトルバスがある。
DSC03181
 案内に従って、4番の位置にバスが停まるよ。
DSC03180
 深夜でも10分おきに運転。つーかターミナル同士の設計が悪くて、所要時間がかなりかかるので注意。
 LTCP(駐車場)→KLIA→KLIA2→LTCPって走るバスなので、KLIA→KLIA2はすぐだけど、逆は駐車場経由なので、かなりの時間がかかる。
 しばらく待ってたら、隣の席に座っていたバックパッカーぽい白人も来て、お互い苦笑い。ANAのビジネスクラスに乗ってるくせに、お互いシャトルバスに乗ってKLIA2に行くっていうね。
DSC03183
 バス到着。
 このバス乗り場はクルーバスもたくさん発着してるんで、ウォッチングに最適だよ。


KLIA2からTune Hotel

 なんだか行き方が分かりづらい。
 連絡通路を通らないといけないんだけど、その連絡通路がL1M階から出てる。このL1M階につながるのは、道路を背にして建物内右側のエレベーターと階段、あとは2階から降りてくるエスカレーターのみ。1階から上がるエスカレーターは中2階に止まるけど、この中2階からはTune Hotelには行けない。なので要注意だ!
 しかも、最初右奥にエレベーターや階段があることに気づかなかったよ……。
DSC03184
 というわけで2階からエスカレーター降りると、看板がある。
DSC03185
 左の通路を進めばOK!
DSC03190
 ホテルから見た写真。右奥がKLIA2。ほぼ屋根付き通路なので雨でも心配なし。
DSC03191
 ホテルに到着でござんす。


部屋

 部屋はこちら。
DSC03186
 そんなに広くはない。普通。
DSC03189
 天井に羽根が付いてる(シーリングファンがある)ので、冷房入れなくても心地よいよ。
DSC03187
 水回りはこんな感じ。ちなみに歯ブラシとかのアメニティはない。シャンプーはある。
 ホント寝るための施設。ビジネスホテル並みの設備だね。歯ブラシ無いけど。


朝食

 一応、朝食付きにしてみた。
 ちなみにラウンジ使える人は、ここの朝食食べなくていいと思うよ。
DSC03195
 朝食会場はいったん外に出る。
DSC03192
 まぁ、それなりにあるよね。エッグステーションもある。
DSC03193
 種類もたくさん。
 まぁ、そんなたいした味じゃないけど700円ぐらいなので、この後街に出るとかラウンジ使えないって人は食べてもいいかもしれない。ラウンジ使える人はラウンジで食べるのと大して変わらないと思う。


まとめ

 んー。KLIA発着の飛行機利用では、周辺の送迎ありなホテルに泊まる方がいいかもしれない。
 KLIA2発着の飛行機利用だったら便利だけど、そもそもエアアジアに乗るような人々にとってはちょっと値段が高めな気がする。そして、それなりの値段を取る割にはアメニティがしょぼすぎる。歯ブラシぐらいおきなよ。まさかのフロントで有料販売とはね。まぁ、エアアジアらしいと言えばそうなんだけど。
 ちょっとコスパ悪い。あとKLIA2の構造が悪いのが×。

 これで日ペリさんに当分乗らなくて済む。2017年はたくさん日ペリさんに乗りました。
 2018年は日ペリさんにいただくスタアラゴールドを有効活用したいと思います。


成田空港へ。当然年末年始ラッシュでゲロ混み。

 丁度羽田空港からエアポート快特があったので乗車。これで成田空港まで直行。
DSC03134
 実は今まで秘密にしていましたが、成田空港第1ターミナル使うのは初めてなんです。
DSC03136
 この出発案内を見るたびに、羽田では感じない成田のわくわく感があるよね。
 旅に出るって感じがやはり成田の方がすると思う。
 元神奈川県民だから羽田の方がそりゃ近いんだけど、言うほど成田が遠いか?って疑問がある。


ラウンジは芋洗い

 成田第1はアウェイなんです。しかも、なんだか位置関係が分かりづらい。
 ラウンジはユナイテッドに行くのが良いというおぼろげな知識があるものの、搭乗口からかなり離れている模様なので、仕方なくANAラウンジへ行く。
DSC03137
 人が多すぎて中の写真は撮れないよ。
 ここでも大量山盛りから揚げに群がる人々を見て、落ち着かない。
DSC03138
 喫煙所からは木の根ペンションビュー。
 一回ぐらいここで宴会やってみたいね。無理だけど。成田反対派だし。


本日はバスゲート

 さて、ラウンジに限らずどこもかしこも人いっぱいの成田からおさらばじゃ。
DSC03142
 59Bというホントにここであってる?と不安になるゲートから搭乗。
 まぁ、そんなところにあるので当然バスゲート。
DSC03144
 何回か国内線国際線取り違え事故を起こしてから国際線って貼られるようになったバスで、機材近くまで。
DSC03143
 バスはイヤって言う人結構いるけど、空港の中見られたり、機材を間近で見られるのでキライじゃない。
DSC03145
 ほう。これが問題のロールスロイスエンジンですな。
 コイツのせいで今日も機材変更でしょぼいビジネスクラスになっちゃう。


シート

 まぁ、ビジネスクラスなんでね。いくらシートが悪くなったと言っても、エコとは雲泥の差。
DSC03149
 ちなみに隣はバックパッカーの(と言っていいかわからないがでかいバックパックを持った)白人だった。謎だ。ちなみに隣の彼とはまた意外なところで再会する。
DSC03151
 ウェルカムドリンクはプラコップ。
DSC03153
 ペットボトルの水も、離陸前に配られた。黒部の水だね。
 こういうものはバンバン配っちゃう感じいいね。
DSC03154
 本日ド満席出発。
 せっとすらいどばー。


機内食1回目

 さて、機内食のお時間です。
 ドリンクメニューはこんな感じ。
DSC03160
DSC03161
 お食事メニューはこちら。
DSC03162
 よーしパパ、シャンパン飲んじゃうぞー!(パパじゃないけど)
DSC03163
 このグラスで出すのはねー。なんかANAはこっちの方が香りがどうのこうのと言っていた気がするが……。
 今回は洋食をチョイス。
DSC03165
 前菜。「鰊とジェノバソース ポークパテをビーツとクランベリーのコンフィチュールとともに」だそうだ。
 ポークパテうめぇ。
DSC03166
 パンもオリーブオイル付いてきちゃうしいいねぇ。
DSC03167
 お酒はそんなに強くないのでペリエに変更。
DSC03168
 メイン。「和牛のロール仕立て 椎茸とエシャロットのソース ほのかな醤油風味」。
 ご飯と味噌汁も用意できますって書いてあったから、もらってみた。普通ご飯と味噌汁の位置が逆なんじゃないかと思った。うん。なかなかおいしいよ。まぁ、CXよりかはビジネスクラスの食事おいしいよねぇ。
DSC03171
 デザートは柚子風味のチョコレートムース。
DSC03172
 プラリネもきたよ。


機内食2回目

 お好きなときにということだったので着陸90分前に持ってきてもらうようにお願いする。
DSC03174
 カレーと野菜だしスープ。
 さすがに更に頼むのは恥ずかしいのでやめた。
 個人的にはJALのビーフカレーよりもANAのチキンカレーの方がおいしい気がしなくもない。


たこ電車はまだいた

 さて、そろそろ着陸。
DSC03176
 台湾から一直線って感じだね。
 少々遅れて着陸。着陸してスポットに入ってから機長挨拶があった。
 英語の挨拶で最後に英語のイントネーションで「ARIGATO SAYONARA」って言うのはなぜなんだろう。そこは日本語なんだから日本語のイントネーションでよくね?(CAが言うとはいえ)「せっとすらいどばー」は逆に英語のイントネーションで言う方がいいと思うんだけど。
DSC03178
 クアラルンプール名物たこ電車はまだいた。
 あれ?いなくなったんじゃなかったっけ?少しずつ変わっていくのかな。

 すっかり忘れてたけど、すーぱーふさふさくらぶ修行してたんだった。
 なので、今回の帰りは、ふぁいぶすたーせっとすらいどばー航空で帰るんです。


アウトレットは特に買う気力が無かった

 KULの三井アウトレットモール。安い物はかなり安い。
 だけど、なんだか買う気力がもう無かった。疲れたよ。
 ちなみにあのアウトレットモール、ラーメン屋が豚骨ラーメンの1軒しかないんだけど、マレーシアでそれは大丈夫なのか?豚骨だったらいいのか?っていうかイスラム教の人の需要は全無視なのか?いろいろ疑問を感じずにはいられないチョイスだと思った。
 というわけで、ご飯を食べて空港に戻ってくる。


チェックイン。そして機材変更!

 今回のフライトはANAの初めての国際線、初めてのビジネスクラス。
 えぇ、みんな大好きKUL発券ですよ。
DSC01337
 そんな記念すべきフライトでいきなり機材変更。
 B787-9からB787-8になりましたでごめんなさい的な。
 これってあれだっけ?エンジンがやられてたんだっけ?それで改修で大忙しで機材変更だったかな。
 まぁ、エコはいいんですよ。ビジがね、まさに「ちーーーがーーーうーーーだーーーろーーー」
0702-lang-multi
出典:ANAのホームページ

 元々こいつが来るはずだった。
 イケてないANAのビジネスクラスの最上級フルフラット。

000682-lang-multi
出典:ANAのホームページ

 それがコイツになったわけですよ。
 もー、クソ。全然シートコンディションがちがうだろー。
 なので写真のカウンター詫び文(パウチ済み)になるわけです。
 ちなみにマイルくれたりとかそういった救済はなし。まぁ、仕方ないっちゃー仕方ないか。CXの長距離カテゴリーでリージョ機材が入ったら、たしかお詫びマイルくばってたよねぇ。
DSC01338
 そんなこんなで搭乗券ゲット。
 プレミアムレーンカード配ってたけど、とてもとても空いていたのでイミグレは通常レーンを通過。


ラウンジ

 ラウンジへ向かう頃には機材はちゃんと着いてた。
DSC01339
 よく考えたら前日夜中に飛んでくるんだよねぇ。
 それが次の日の午後便になるんだから結構お昼寝タイムが長い。

 ラウンジはプラザプレミアムラウンジ。
DSC01340
 ANA客専用エリアがありますです。
 別に出入りをチェックしてるわけじゃないから誰でも入れるけど。
DSC01343
 シャワーは使用中止になってた。
DSC01342
 とりあえずチキンを食す。まぁまぁおいしかった。
DSC01341
 それにしても綾鷹の海外進出がすごいねー。シンガポールとかブルネイも綾鷹売ってるもんね。
 香港だと謎の「うんむつ」ブランドだけど。


出発ゲートへ~搭乗

 さて、出発ゲートへ。
DSC01344
 なんかエグいくらいディレイしてる便がある。
 シンガポール行きだけどSVってどこだ?
DSC01345
 あーサウディア(元サウジアラビア航空)かー。シンガポール経由ジッダ行きだった。
 メッカ巡礼便ですな。それにしても24時間以上の遅延。
DSC01348
 ゲートにやってきた。
DSC01347
 本日はコイツで帰りまーす。
DSC01349
 ぎっちり満席フライト。
 なにげにビジネスクラスしょぼくなった上に、席数も減ってるのかー(46→42)。
DSC01350
 ウェルカムドリンクはプラコップ。
 萎えるよねー。でもJLだとそもそもウェルカムドリンクがないんだっけ?
 隣に座ってたねーちゃん、離陸前からスリッパに履き替えてたけど、もしものことがあったときどうするんだろうか。まぁ、俺じゃないからいっか。
DSC01352
 というわけで離陸~♪


機内食

 さて、みんな大好き機内食。
 まずはメニューから。
DSC01353
 「ANAのヒラメキ!」でヒルトンクアラルンプールとコラボしてるらしいですぜ!
DSC01364
 なんともANAらしいね。ふぁいぶすたーだもんね。
 数々の受賞暦も載っちゃってるね。うむ。俺とは音楽性の違いを感じるぜ。
DSC01354
 ワインのラインナップはこんな感じ。
DSC01355
 さすがマレーシア線。基本的にハラール対応メニュー。
 今回はヒルトンクアラルンプールとコラボしてるらしいからそのメニューをいただこう!
DSC01363
 とりあえずシャンパンとアミューズ。
 シャンパンはこのグラスだと、嗅覚が鈍感になる機内でもしっかり香りを楽しめるらしいよ(ANA談)。
DSC01367
 このヤギチーズがどさっとのっかってるサラダがおいしかった。
DSC01368
 サーモンいいねー。このどさっとした感じ。
 皮が香ばしくてうまかったよ。
DSC01369
 デザートはマンゴーゼリーとホワイトチョコレートムース、それにフルーツ。
 まぁ、これは普通においしい。
DSC01370
 紅茶とプラリネ。
 まぁ、ちょっとボリュームが足りないというか、品数的に「え、これだけ?」って気がしなくもない。まぁ、食べたい人はカレーなり、クロワッサンサンドイッチなり、一風堂のらーめんなり注文してくれって感じないかな。女性にはいいのかもしれない。


なんだかんだ熟睡して起きたら着陸

 まぁ、あれだけシートが変わったことに文句を言ってたけど、熟睡した。今までのコロンボタッチで鍛えられたリージョシートでも熟睡する術が、ここで生きた。
DSC01372
 マニラ上空ルートで帰ってきた。これってETOPS必要なパターンなんだっけ?
DSC01374
 軽く時間調整してからの羽田アプローチ。
DSC01375
 よかったー!ちゃんとANAにはD滑走路があったぜ!(JALにはない
 というわけで、無事に到着。この後は一泊して一路新幹線で岩手まで帰りましたとさ。

 乗って残そうダメーシア航空!
 朝一から空港にやってきたよ。


誰もこんな時間の便に乗りたくない

 ホントはもうちょっと後の便に乗りたかったんですよー。
 だけど乗り継ぐ飛行機に乗れる適当な便がなかったの。そして人気が無いのか安い。
 ただ、この便だけは確実にディレイせずに出発する。それだけがメリット。

 昨日はえびちゃんが「KJさん、Boxtelでお金払うなら、うちで仮眠して行きなさいよー」とおっしゃるので、せっかくのお言葉に甘えさせていただく。例の炊飯器は見た。まだ、うっかり爪で剥がされたりとかはしていない模様。まぁ、ブログではああ言ってるけど、実はいい人だからね。
 仮眠して、早朝Uberで空港へ。早朝はこれ以上無いくらい道が空いてて快適ねー。

 というわけで早朝のBKKにやってきた。人が少なくて快適。
 なんで、いつもあんなに混んでるんだろうね。なんで、みんなタイに行くんだろうね。自分の中ではそこまで行きたいところランキング上位には入ってないんだけどね。


BKKでワンワールドラウンジって言ったらCX

 MHの指定ラウンジはミラクルラウンジなので、パス。
 早朝からやってるCXラウンジへ行きましょう。この時間JLラウンジはやってなかったはず。
DSC01319
 ラウンジ乞食する。
DSC01321
 コールド系はこんな感じ。野菜がいっぱいでいいねー。
DSC01320
 メニュー。
DSC01323
 シュウマイと焼きそば。んー、うまい。
 CXのラウンジはやっぱりいいよねぇ。改悪さえなければ金丸子続けてたと思うんだけどなー。


やってきたのはおんぼろ機材

 さて、ゲートへ。
DSC01324
 今日も行きと同じくおんぼろ機材。塗装も同じ骨董品。
DSC01326
 座席もおんぼろ。っていうか自分が座った席、背もたれに寄っかかると自動でリクライニングする。
 おいおいおいおいおいおいおいおいおいおい。自動リクライニング席って珍しいぜ!ってことはあれかい?離着陸時は背中を浮かせてないといけないのかい?CAに言おうと思ったけど、見渡す限り満席。下手に空席探されて中央席になるのもイヤなのでがまんすることにする。


配給

 離陸して、配給の時間。
DSC01327
 鶏肉ごはん。まぁ、米はおいしくないけれど食べられる味。
 なんかコメントが浮かばないや。たぶん眠かったんだと思う。


KUL名物所有者不明ジャンボ

 時間通り到着。うん。すばらしいね。この便は。
DSC01328
 これってKUL名物の所有者不明の野良ジャンボだよね。
 こんな湿気が多いところで置いておくって大丈夫なのか?
DSC01332
 無事に降りましたよ。


次の便までヒマなのでアウトレットへ

 ついたよ。まだ朝。
 とりあえず特に行くところがないのでアウトレットに行くことにしょう。
DSC01333
 空港にシャトルバスの案内が出ているので、安心。
DSC01335
 外に出る前に時刻表もあるでよ。
DSC01334
 おおよそ20分間隔。ただし、たまに穴があるので注意。
DSC01336
 バス停はこちら。さて、買い物するかー。

 どんなに長くても1フライト1記事厳守。
 だから今回はちょっと長いかも。短距離フライトだけど。いや、写真が多いだけか。
 KULでトランジットしてBKK行くよー。片道切符だよー。
 いくらだったかは忘れたけど、そんなに高くなかった希ガス。


KULのMHファーストクラスラウンジで食事

 333から738に機材変更しやがったので、ぶちギレ金剛!!(懐かしいな)の私は飯を食ってクールダウンすることに仕様。行先はもちろん、マレーシア航空のフラグシップラウンジであるサテライトのゴールデンラウンジ(ファーストクラス側)。
DSC00998
 よくよく考えたらファースト側に入るの初めてかも。
DSC00999
 おおーなんだか楽しいトークができそうな席ね。
 いつも思うんだけど、飛行機ってラウンジ入るような人たちってそんなに大人数じゃないから二人掛けメインとかでもいいような気がするんだ。
DSC01001
 通常エリア。これって改装前ね。今は絶賛改装中。いつできるか分からないけど、マレーシアだからたぶん延び延びになる気がする。
 まぁ、時間が時間だったので、静かで落ち着いたラウンジでしたよ。


さぁ、飯喰うぜ!

 ご飯!ご飯!
DSC01002
 ダイニングエリアがあって、ちゃんとレストランみたいにオーダーで注文する。
 おおーちゃんとしてるなー。
 一応、スープとステーキとデザートを注文。
DSC01004
 まずはスープ。なんかすごいトマトトマトしてるというか、しょっぱいというか……。
 なんか濃かった。
DSC01005
 ごめんねー写真暗くてよく分からないでしょう。
 でもね。このステーキはうまかったよ。ちゃんと焼き加減を指定できる。ちなみに結構でかくて、これ、肉の下にも肉があるからね。結構でかいよ。これ、2皿食べた人って純粋にすげーなって思う。
DSC01006
 デザートはいちごのパフェ。
 まぁ、普通。
 メニューは限られているけれど、満足度は高かったなー。
 (ラウンジにしては)いい飯食べられるよー。うまいよー。


おなかいっぱいになったのでゲートへGO!

 KULってさー、搭乗口直前にセキュリティチェックがあるし、しかも突然ディレイがあるし、一体いつゲートに行けばわからないんだよねぇ。どうなの?識者の方。一応30分ぐらい前にゲートに着くようにはしてるけど。
DSC01007
 なんか骨董品みたいな塗装の機材がいた。今日はこいつかー。
 いや、まぁ、塗装自体はそんなに古くはないんだけどさ。
DSC01009
 さぁ、乗るよー。
DSC01011
 なんか座席がボロボロ。エンタメすら付いてないボロ機材だった。
 そりゃそうか、塗装も旧塗装だし。
DSC01013
 セーフティービデオが調子悪くて何回も止まる。どんだけボロいんだよ。
 ひょっとしてまだビデオテープのヤツかな?
DSC01014のコピー
 結局、ちゃんと再生できなくて、実演。
 ボロい!ボロいぞ!ダメーシア航空。
DSC01016
 というわけで、なんとか飛び立ったのでした。バイバイKUL。
 今回の旅はKULに2回来るけど、ほとんど滞在しないwwww
 ホテル修行の俺にしては珍しい。


機内食

 さて、配給のお時間。
DSC01017
 BKK線はこういったパックになっている物を配りまくる。
 場合によってはこれに安いアイス(間違ってもハーゲンダッツは来ない)が付く。
 銀紙オープン!
DSC01018
 んーとチキンのあんかけそば的な何か。
 まぁ、肉は食べたよ。それなりに食べられる味。
 少なくともJALの意味不明なスパカツよりマシ。


することないので機内誌見ながら到着

 エンタメもないし、スマホに暇つぶしのネタを入れるの忘れたので、することがない。
 よって機内誌をパラパラ読む。
DSC01020
 暗かったから写真が鮮明じゃなくて申し訳ないんだけど、マレーシア航空の機材一覧。
 ええー。MHってA380-800とA330-300とB737-800しか持ってないの?すげー、そりゃどこもかしこも738が来るわけだ。(詳しい話はNemoP氏にまかせた
 それよりも気になるのはMAS WINGSのツインオッターがあるということ。どこからどこに飛んでるの?乗ってみたい。あれでしょ、たぶん副操縦席とかに座れちゃうヤツでしょ(違う、それはアイランダー)。乗ってみたい~。どこ飛んでるか誰か教えて。きっとマレーシアの島の方飛んでるんだと思うけど。
MAS WINGS DHC-6 - Google 検索
 一応、検索してみたらGoogle画像検索でトップ15枚のうち、事故ってる画像が3枚出てきた。

 というわけで、BKK到着!

 お久しぶりぶり、マレーシア航空。
 今回のフライト、一言で言うならばこのTweet。


九龍シャングリラからは地下鉄で

 AELの無料バスで九龍駅まで行って、そのままAEL乗ってもいいんだけどさー。
 せっかくだからケチってみた。
 尖東駅から西鐵線に乗り、南昌駅で東涌線に乗り換え、青衣駅でAELに乗り換え。これで青衣からの運賃で済んだはずだ(AEL利用時MTR1乗車無料)。
DSC00981
 西鉄線ってこんなハイテクだったっけ?新車?リニューアル?


香港空港到着、出発時刻変更

 香港空港到着。やっぱりAELは早いねー。
DSC00982
 チェックインカウンターがこれだけだった。少ねーな。
 まぁ、シートマップ見る限り、今日はガラガラだしなぁ。
 あれ?事前指定の座席が変更されてる。ま、いっか。
DSC00983
 出発時刻も変更されてた。15分繰り上げって、知らないでギリギリに来た人は大丈夫なんだろうかっていつも思う。


Pierのファーストクラスラウンジに行く

 香港のCXラウンジで一番いいのはやっぱりPierのファーストクラスラウンジだと思うのですよ。
 というわけで、こじ活こじ活~♪
DSC00984
 メニュー。色々そそられる物があるけれど、それほどおなかが空いてるわけじゃないので……。
DSC00985
 本日のスープ。パンプキンポタージュ。
DSC00986
 アンガスビーフバーガー。やっぱりこれ食べちゃうんだよねぇ。
 なんか味がちょくちょく変わってる気がする。けど、満足。


さて、搭乗

 さて、満足したところで搭乗口へ。
DSC00987
 搭乗口は208なので、Midfieldコンコースから。
 あれ?ここから搭乗するの初めてのような気がする。
DSC00988
 深く考えずに搭乗。
DSC00989
 あれ?
 あれあれ?
 なんで、738がいるの?
 俺、今日、ガラガラの333に乗るはずだったのに。
DSC00990
 くそー。機材変更しんじゃねーよ。ふざけんなー。
 しかも738に変更したもんだからド満席。まじかよー。下手したら予約持ってる人を積み残してたりするんじゃねーの?


機内

 というわけで、機材変更されたわけでございます。
DSC00991
 座席はこんな感じ。
DSC00992
 もうね。キレる気にもなりませんわ。
 (^p^)しーね!しーね!(^p^)しーね!しーね!(^p^)しーね!しーね!
 ただ、CAさんはテキパキ系の(サービスは)できる人たちだったよ。隣の客、離着陸時もシートベルトしてななくて、チェックしてなかったけど。


機内食

 なんか2種類あった気がする。
DSC00995
 肉。何肉だったっけな。忘れた。まぁ、鶏か牛だと思うけど。
 上段真ん中のキノコ炸裂のヤツが結構うまかった。
 NemoP(実はいい人)が見たら(キノコが食べられないので)ぶち切れそうなヤツ。


KUL到着~

 本館側に到着~。
DSC00996
 ほんとだリージョナルラウンジは改装閉鎖中だね。
 とりあえずこじ活のためにサテライトへGO!

 ※今は本館がリニューアルオープンして、サテライトが改装閉鎖中。

 さて、帰りまっす!
 帰りはTG!初めてのTG!スタアラに心を売ったぜ!


チェックイン

 まぁ、特に面白いこともなくチェックイン。
 カウンターは特に混んでなかったな。
DSC08170
 羽田まで搭乗券もらったけど、この時点では特にインボラもなく。
 まぁ、そうだよねー。NHヒラだし。
DSC08172
 イミグレ過ぎるとあるヒコーキ模型。なんでか知らないけれど、中国人がよく写真撮ってる。これ、みんなサイズバラバラなんだけどエチオピア航空が一際でかい模型なんだよね。なんでなんだろ?


ラウンジ

 SQのゴールドがあるのでロイヤルシルクラウンジに行ってみる。
DSC08173
 まぁ、BKKまで大した時間じゃないからしょぼいぜ!
DSC08174
 一応ミールが3種類ぐらいあった。
 まぁ、PPラウンジよりかはマシかな。あっちは生ビールあるけどね。


搭乗

 さて、搭乗。
DSC08176
 本日の機材はこちら!
DSC08178
 B777-300ERかよ!でかいぜ!そんなに席埋まるのかよ!って埋まってたんだけど。
 本来ならば長距離用機材なのかな。間合い運用的に来てる感じ?SQのA359と同じだね。

 それにしてもスタアラゴールドの優先搭乗ってないの?
 KULって手荷物検査がゲートの前であって、その後チケットもぎられるよね。んで待合室があって搭乗開始と共にビジネスクラスのゲートから優先搭乗で乗ろうとしたらBBAに怒られた。
 スタアラゴールドって優先搭乗になるんじゃなかったっけ?BBAに「スタアラゴールドじゃコラ!」って言ったら、「スタアラゴールドでもエコノミーはあっち行け!」ってキレられたよ。
 んー、謎だ。別にその後の通路がクラス別に分かれてるわけでもないし。
DSC08180
 機内はなかなかの混みようだったよ。
 離陸自体はスムーズ。まぁ、KULって設備的な余裕があるよね。


機内食

 さて、上空に上がって機内食。
 時刻表上の所要時間は2時間10分。実飛行時間は1時間40分ぐらいかなって思うけど、ちゃんとミールが出た。
DSC08181
 デフォルトでハラル食だね。
DSC08182
 これ、結構美味しかったよ。チキンガーリックパスタって感じで。
 バンコク搭載かな。バンコク搭載の機内食は基本おいしい気がする。

 スムーズに到着。入国もそんな混んでなかった。さて、パワーバンコクしちゃうぜ!

↑このページのトップヘ