FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:KORAIL

 さて、今回はソウル一泊だけで、全州に移動。
 KORAILが走らせている観光列車で行くのだけど、あ、うん、ちょっとね。


朝のソウル駅

 朝早くからソウル駅へ。
DSC07800
 近代的な形をしているけど、なんかある意味没個性よね。
DSC07802
 下から2番目の列車がこれから乗る列車。
 それにしてもKTXはいっぱい走ってるのね。釜山行きが7時50分、7時57分、8時と続く。
 韓国は列車に乗るのに改札口がないのでそのままホームへ。
DSC07803
 駅のコンコースには、ほっともっとがあったぜ!


列車入線

 ホームに南道海洋観光列車(S Train)が入ってきた。
DSC07807
 おおー、めっちゃアメリカンな機関車。韓国らしいね。
DSC07812
 最後尾。尾灯つけなくて平気なの?
 それとも側面についてるのが尾灯代わりなの?
 なんか昔の東北本線の12系普通列車みたいだ。車掌室を編成中側に持っていくために車掌室がない方が最後尾に来ていたのよね。
DSC07813
 さて、鶴のラッピング車両に乗車。
DSC07815
 座席はちょっと豪華(ほんのちょっとね)。
DSC07816
 まぁ、標準的なリクライニングシートがついた客車。天井も鶴だらけで、うるさいぜ。


スポンサードリンク

車内探険

 列車は通勤列車が走る区間を抜けると快調に飛ばす。
 結構新しい線なのか、スラブ軌道の高架区間があったり。
 一応、観光列車なので車内探検に出かけよう。
DSC07829
 自転車引っ掛けるスペースがあったけど、誰も使ってなかった。
DSC07828
 カフェカーもあったよ。何売ってるのかいまいちよくわからなかったけど。
DSC07823
 古い映画のポスターがカフェカーでは貼られていた。
DSC07823
 これ、真ん中の「鯨とり」って映画。なんで日本語なんだ?日本文化禁止だったんじゃないのか?映画自体は韓国の映画のようなのだけど。しかも拡大すると「非捕鯨系青春ロードムービー」とか書いてある。もう意味がわからないよ。
DSC07827
 読めないけど、おそらく防諜がらみのポスターかな。
 北朝鮮が敵国だったもんねぇ。
DSC07839のコピー
 そしてそのカフェカーで踊るKBBA達。黄色い服の人は盛り上げ係ね。笛とか吹いてた。
 なんかホントに踊ってるから笑ってしまったよ。

全州到着

 なんだか観光列車の割には微妙なところがたくさんあったけど、普通の客車列車としては乗り心地もいいので良かった。3時間ほど乗車して全州に到着。
DSC07849
 古そうな駅だなぁと思ったけど、私と同い年だった。40年経ってない。
 さぁ、昼飯食うぞー!

 今宵の宿は東横イン。
 この東横インが全く日本と同じだった。建物の感じとか。

 そこそこ安いし、日本語も通じるし、使いやすいと思う。
 日本のビジネスホテルのコストパフォーマンスは(清潔さ、料金など考えて)世界一だと思うが、どうして日本のビジネスホテルチェーンは世界進出しないんだろう。いや、ちょこちょこしてるけど、進出していても値段が日本に比べて高いと思う。
 別に日本語対応してなくてもいいから、大々的に進出してくれると使いやすいんだけどなぁ。
 まぁ、今回の釜山駅からちょっと歩いたところにある東横インはそれほど高くなくて使いやすかった。
DSC06203
 というわけで、特に用事は無いけれど釜山駅に来てみた。
DSC06205
 駅からの風景。結構、山が海の近くまで来ているのね。なんか長崎とかそういったところの景色を思い出す。
DSC06204
 職員食堂があった。わざわざ漢字で書いてある。ちょっと入ってみたい魅惑のスポット。
 でも、ネットに利用した感想とか書いてあるページがないからきっと一般客は使えないんだろうなぁ。
 勇気が無かったので入らず。
DSC06206
 天井が高くて気持ちいい。
 韓国の鉄道は改札が無いので、ホームまで入れる。アジアの鉄道って比較的改札があるイメージだけど韓国は違うんだね。どっちかというと欧米式?
DSC06208
 おお、韓国のTGVもどきのKTXだね。
DSC06212
 在来線はまだまだ客車列車が走ってる。基本的には動力集中方式なのかな。

 というわけで、ぶらぶら歩いたのでした。

↑このページのトップヘ