FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:KHH

 なんか暗い気分になる香港を抜け出して台湾に行くっぺよ。
 席だけビジネスならず。


バスで空港へ

 おっはー。
DSC06805
 泊まり慣れたホテルジェンをチェックアウトしてバス停までとことこ歩く。
 バス停までちょっと遠いんだよね。いや、近いところにバス停あるけどそちらはA10しか停まらないけど、759阿信屋の前まで行けばA10とA12の両方使えるからそっちまで歩く。
DSC06806
 どちらも遠くからやってくるから、発車時間が読めないのが難点。
DSC06807
 2階最前列ゲット。


チェックイン

 さて、空港。
DSC06808
 入るのにパスポートと予約を確認される。
 予約はアプリの画面でOK。
DSC06810
 予約なしで来ちゃった人は追い返されるんだけど、本来ターミナルの中を歩かないと帰りの交通機関に乗ることができないので、T1-T2-バスターミナルの無料シャトルバスに乗って移動することになる。
DSC06811
 エメラルドなのでここでチェックイン。
 気づいたらドラゴンもキャセイと同じカウンターで手続に変わった。
 地上はキャセイで統一されたのかな。

スポンサードリンク

ラウンジ

 さてさて、ラウンジ。
DSC06813
 ゲートは33なので、ピアFに行くことにした。
DSC06814
 今日のメニュー。
DSC06815
 とりあえず午前中からシャンパン飲むっぺ。
DSC06816
 とりあえず中華朝ご飯セット。
DSC06818
 ハンバーガーも食べちゃう。


搭乗

 さて、搭乗。
DSC06820
 33番ゲートより。喫煙所が近くていいね。
DSC06821
 KAおなじみのA330。
 ゲートではピンポンせず、普通にエコ席へ。
 高雄便名物の上級会員席だけビジネスにもならず。
DSC06822
 はいはい。いつものおなじみの座席ですよー。
DSC06825
 ちなみにこの写真搭乗終了後のもの。
 ホントに後ろの方誰もいなかった。マジかよ。ガラガラ。前側もそこまでみっちり座ってない。
 搭乗率どれくらいなんだ。香港のデモの影響半端ねーな。
DSC06828
 というわけで、ひょいっと離陸。


機内食

 さて、ドラゴン機内食。
 キャセイより子会社の方が機内食が充実してるというね。
DSC06831
 今回は、あんかけ炒飯。後からとってつけたかのようにエビが載ったもの。
 まぁ、短距離なのでこれで充分。だって、飛行時間は1時間とちょっとだし。

スポンサードリンク

着陸

 あっという間に高雄上空。
DSC06832
 相変わらず、港は大盛況。
 さすが世界有数の港だよね。
DSC06834
 着陸~。
DSC06835
 轉機(転機)と過境、TransferとTransit、何が違うんだろうか。
 同じ飛行機の経由便か乗継かってことなのかな?


高雄を素通りして台南へ

 この間もいったんだけど台南が好きだ。なので、また台南行っちゃう。
DSC06836
 駅前に出るまでが駅前広場工事中で遠くなった。
DSC06837
 どれくらい遠いかというと路線バスに乗るためのバスがあるくらい。
DSC06842
 おおー。
 高雄駅前は完成するとこんな感じになるのか。
DSC06843
 さて、画像はないけど台鐵アプリを使って初めてQRコードで乗ってみる。
 自動改札機の反応はちょっと遅い。うーん。新幹線とかだったら許容レベルかなぁ。たぶん大変混雑した改札口だと詰まるからJRの都市圏在来線に導入するには難しいかもね。
DSC06845
 というわけで、爆速普悠瑪に乗って台南に到着。
 なんか台湾についてホッとした。香港はなんだかんだいって街の空気がぴりついていた気がする。


スポンサードリンク

 さて、台湾いくっぺよ。
 手が出る金額のビジネスクラス、BRで行くよ!


アウェイの成田T1

 BRなので成田T1。
DSC05804
 いつもは成田T2ばかりなので、成田T1はアウェイ感半端ない。
 ……と思ったんだけど、前回成田から出発したのは1年以上前のGWに乗ったTGだった。T1じゃん!
 成田に帰ってくることは多いけど、成田から出発することは少ないのよねぇ。
DSC05805
 というわけでどきどきのチェックイン。まぁ、デザインとか古い感じがするんだけどさ。旅情はT2よりもある気がする。旅情を感じる強さは成田T1>成田T2>羽田T3>成田T3って感じかな。


ラウンジはユナイテッド

 BRの指定ラウンジがどこだったか忘れたけど、ゲート32から出発なのですぐそばのユナイテッド航空ラウンジに行く。ANAのラウンジ行ってもから揚げとポテトしかないし。
DSC05806
 うむ。
 空いてるな。
DSC05807
 そしてこの窓側の開放感がいいよね。
 成田のスタアララウンジではここがベスト。
DSC05808
 丁度SQが入ってくるところも見ることができた。

スポンサードリンク

搭乗

 さてさて、今回はTwitterでつるんでいる人々と集団旅行。
 こういう場合ってだいたい現地集合、現地解散なんだけど、今回行きはみんなオナ便。
 珍しいね。こういうの。席はバラバラだけど。
DSC05809
 というわけで、搭乗でやんす。
 タバコ吸ってたら、搭乗始まってた。
DSC05810
 写真はお顔の部分だけ。
DSC05812
 お座席はこちら。
 リージョタイプの座席だけど、座り心地は悪くなかった。
DSC05813
 おしぼりとウェルカムドリンクのシャンパンをもらう。
 新聞何がいい?って聞かれたので「アップルデイリーちょーだい」って英語で言ったら、CAにたいそう驚かれる。「読めんの?」って返されたので、「しゃべれないけど読めるんだ」と返答。
 まぁ、おおよその意味は取れるからウソではない。


離陸

 さて、離陸。
 T1のメリットってやっぱり離陸まで短いことだよね。
 T2から乗ると延々と市中引き回しさせられてからの離陸だから、ちょっと短く感じる。
DSC05821
 相変わらず謎セーフティービデオが流れる。
DSC05822
 それでは離陸。
 お、後ろにはアリタリアがいるね。
 この会社の売却問題ってどうなったんだっけ?
DSC05825
 それでは、行ってきまーす。


機内食メニューチェック!

 とりあえずメニュー拝見。
DSC05816
 どんなもんざんしょ。
DSC05815
 和食か中華か。
 うーん、和食が豪華な気がする。
 どこ搭載なんだろうね。台湾搭載なら中華の方がいい気がするし、成田搭載なら和食がいい気がするし。
DSC05817
 ワインリスト。ワインのことはよくわからないや。
DSC05837
 ワインリスト2とアルコールメニュー。
 酒精強化ワインって言葉久々に見たぜ。要はシェリー酒とかポートワインとか。
 さすが、台湾の航空会社なのでさりげなくKAVALAN積んでる。
 日本酒は獺祭だね。結構充実していると思う。知らんけど。
DSC05838
 最後はソフトドリンク部門。
 有名会社のものを使っていたり、こちらも充実。

スポンサードリンク

実食!

 さて、機内食は結局中華にした。
DSC05827
 まずはシャンパンとおつまみ。
DSC05829
 中華登場。
 え、これだけ?
 あー、やっぱりしくったかなぁ。
DSC05831
 ただ、このニンニクたけのこチキンスープがおいしかった。
 量は少ないけれど、味は満足!
DSC05833
 フルーツとごまパイがデザートとして出てくる。
DSC05834
 またこのごまパイがごまどっさりで良かった。
 見ての通り、マジでどっさり。
DSC05835
 最後はジャスミン茶でしめる。
DSC05839
 サービス完了は鹿児島付近。
 まぁ、これはキャセイと同じくらいかな。
IMG_20190802_180138
 ちなみにオナ便に乗った人のビジネスクラスの和食。
 薄々気づいてたけど、めちゃくちゃ豪華。
 これ、スゴくね?和食の充実っぷりが半端ねぇ。
 サービスや機内食を考えると、日台線はBRが一番いいね。ビジネスクラスだと最安値たたき出すことが多いし。


着陸

 さて、うとうとしていたら台湾上空へ。
DSC05840
 天気いいねー。
DSC05842
 高雄は西側からのアプローチ
 旗津が見えるねぇ。
DSC05844
 あぁ、台湾だね、という街並み。
 やってきたわー。高雄はお久しぶりぶり。
DSC05845
 着陸~。
DSC05846
 (国際空港として比較的)小さい空港なのでサクッとスポットに入る。
 入国も空いてるかなーって思ったら大混雑。
 自分だけ常客証を持っていたのでサクッと入れた。
 それでも、今度は検疫で足止め。中国大陸からの豚コレラ持ち込み防止のため、全ての荷物でX線検査があった。レーンが一つしかないのでなかなかの混雑だった。
 うーん、これだと高雄入国のメリットがなくなっちゃうよー。


スポンサードリンク

 ウルトラショート路線である、KHH-HKG線。
 ドラ姐のキビキビとした働きが見られるよ!


早朝の高雄空港。

 眠い。
 地下鉄の始発で空港に到着。
DSC01423
 国内線はまだ飛んでないらしく、多くの機材が待機中。
 ATR天国の台湾国内線の手前には遠東航空のMDが待機中。
 すげーよなー。これで新潟まで飛んでくるんだもんなー。


キャセイドラゴン航空ラウンジ

 さて、キャセイドラゴン航空ラウンジへ。
DSC01425
 直営ながら、JAL便で利用しようとするとたまに追い返されるラウンジ。
DSC01426
 昔から内容変わらないよねー。
 台湾らしい謎パンがいっぱい。
DSC01427
 一応、おばちゃんに頼めばライスバーガーが食べられる。
DSC01431
 まぁ、冷凍食品だよね、たぶん。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗。
DSC01432
 席のみビジネスクラス運用はこの便ではなし。
 ゲートでピンポンもなくエコノミークラスシートへ。
DSC01434
 出発でーす。
DSC01435
 やっぱ高雄は面白いよねー。また来るぞー。


機内食

 ドラ姐の本領発揮の機内食タイム!
DSC01436
 とにかく配る!
 配ったそばからお茶かコーヒーを配る!
 なんせ時刻表上の飛行時間は1時間半。おそらく離陸~着陸は1時間程度。
 機内食に費やせる時間は30分もない。
DSC01438
 ちなみにこの具がモリモリビーフン、なかなかうまかったよ。
 見た目の割にボリュームたっぷりで良かった。朝一の食事に適しているかは別として。


機内誌を見ながら着陸~

 機内誌を読む。
DSC01439
 徳島特集。
 ホントにドラゴン徳島に飛ぶんだなぁ。
DSC01440
 路線一覧表にも徳島が登場してる。
 キャセイって結構保守的な路線ばかり(≒ビジネス客が見込める路線ばかり)なので、その中で徳島に就航というのがかなり意外。
DSC01441
 飛んでる時間は実質1時間ちょっとで着陸~。
 久しぶりに乗ったドラゴンはやはりドラ姐の働きっぷりが素晴らしいなと堪能したよ。


スポンサードリンク

Last Update:2018/12/31

 ちゃらっちゃーちゃーちゃ、ちゃーちゃちゃーちゃーちゃー♪
 世界の喫煙所から、今日は高雄国際空港からお送りいたします。

 不定期更新ですが、世界各地の喫煙所の場所について書いていきます。
 まずは台湾・高雄国際空港から。


出発・出国前(非制限区域)

 台湾の法律的に、屋内での喫煙は全て不可です。
 よって、全ての喫煙所は外にあります。

 空港ターミナルの両脇にあります。建物横の扉を出ればすぐにあります。
DSC01420
 こちらは東側喫煙所。
DSC01424
 こちらは西側喫煙所。どちらも立派な屋根ができました。

スポンサードリンク


出発・出国後(制限区域)

 出国後~搭乗までに喫煙所の案内は一切ありません。
DSC010001
 イミグレ内は上記の写真で矢印で指した先の場所(23ゲート、29ゲートのそば)にあります。ちなみに案内図では喫煙所(吸菸區)って書いてなくて、「戸外休憩區」となっています。なんだか隠そうとしているみたいな。
DSC01023
 上記の写真は29ゲート脇にある喫煙所入口の写真です。中央の男の人が進んでいる先にある扉の外に喫煙所があります。それらしき案内は一切無いので要注意。
DSC03967
 こっちは23ゲートの写真。右の通路を歩いて行った先が喫煙所です。

スポンサードリンク

到着・入国前(制限区域)

 入国前には喫煙所はありません。
 乗継の場合は……乗継ゲートがあったかどうか忘れましたが、出発側に行ってから吸ってください。

スポンサードリンク

到着・入国後(非制限区域)

 えっと見てくるの忘れちゃった。
DSC04614
 以前の喫煙所はこれ。
 建物の横側、左右出たところにあるはず。

スポンサードリンク

まとめ

 台湾の場合、建物を出て横に行けば喫煙所があるはず!
 それではみなさん良い喫煙ライフを!


スポンサードリンク

 さて、高雄の朝は(たぶん)夜通しパチンコをやって徹夜明けのNemoP氏と一緒に、彼のお気に入りの朝食屋である興隆居へ。
DSC05995
 いつもは混んでるので肉まんだけテイクアウトして食べるけど、今日はお店で食べた。意外と席が多くて2階はNemoPと愉快な仲間達以外他に客なし。おいしかったー。台湾はホント外食屋が発達しているので助かる。
 ホテルに戻って、野菜とフルーツをつまんで、空港へ。
DSC05998
 帰りはキャセイドラゴンでございます。となりの復興航空はなくなっちゃったねー。
DSC06001
 ちなみに高雄の空港に放置されてた。こいつらはどこにドナドナされていくんだろうー。
 自動化ゲートでさっと出国。パスポート読ませる必要すらなくて、指紋をタッチ→ゲートが開くという、心配になるくらい簡単な仕組み。すばらしい~。入国もできるようになるといいよねー。
 丁度、JL便が出るくらいの時間だったので、JLで帰る愉快な仲間達を見送ろうかと、ラウンジと反対側へ。
DSC06000
 あれ?いつの間にかJALの指定ラウンジがMOREプレミアムラウンジからチャイナエアラインラウンジに変更になってる?しかも表示を見る限り、通常他社運営ラウンジでは不可のワンワールド便でも入れるように読み取れる。
DSC05999
 入ってみたけど、TBBAが色々調べてくれた結果、KAラウンジがあるんだからそっちいけーと追い出される。まぁ、他社運営ラウンジだから仕方ないんだけど、JALの看板の表示がおかしくねぇか?

 気を取り直して逆サイドへ。
DSC06002
 うむ。復興航空のラウンジは看板娘で封鎖されておりましたっと。
DSC05348
 というわけで、いつものラウンジでしばし休憩。
 色々と同じ便で帰る方とひたすら話をして、搭乗!

 ちなみに機材はA33Rだったので、上級会員(G以上)は席だけアップグレード。ビジネスクラスシートに収まる。まぁ、サービスはエコノミーだけどね。
DSC06009
 機内食はなんだか謎のご飯だった。
 ただねー。やっぱりちゃんとご飯が出てくるというのは良いこと。
 香港~高雄はホントに時間がないので、ドラ姐がよく働くこと。飛んですぐにミール持ってきて、その後ろではすかさずコーヒーを配りまくり、とっとと回収。合間を見て免税品も売っちゃう。動きがきびきびしているので見ていて気持ちいいね。
 どっかのCXも、もうちょっとやる気見せてよ~。変なパン配って終了じゃなくてさー。
 ごくまれに香港~高雄のKA便がCX運航の場合があるらしいんだけど、機内食とかどうなるんだろうねー。そのときはCXでも気合いを入れまくって配るのだろうか。


スポンサードリンク

 さー、帰るよー!
DSC05352
 高雄から帰るときはKA433が多いなー。
 たぶん空いてるんだろうね。前回ももKA433

 高雄空港で出国時に驚いたのが、外国人の出国が自動化されていたこと。
 しかもパスポートの読み取りも不要。ただ、指紋を読み込ませるだけ。
 いいねぇ。楽ちんだ。スタンプ集めの人たちには不評かもしれないけれど。
DSC05348
DSC05349
 ラウンジで一服。
 この真ん中に鎮座してるハムを挟んだフレンチトーストっぽいものが好き。
 台湾とか香港って、意外とパンがおいしいよねー。ねぎパンとかうまい。
DSC05350
 表示がバグってるぞー。
DSC05353
 今回はFなし機材なので、フツーのビジネスクラスシートでございます。
 まぁ、Fあり機材でも、CXで言うと長距離用ビジネスクラスのシーラスなんだけどね。
DSC05354
 NemoP氏風に写真を撮ってみる。
 さて、離陸して機内食♪
 飛んでる時間は1時間ちょっとぐらいなので、もうガンガンサービスしてくる。
DSC05356
 しめじって英語でもshimejiなのね。
DSC05358
DSC05359
 メインはチキンをチョイス。結構おいしかった。
 上昇中のシートベルトサインが出ている最中にドリンクとパンを配り終わり、離陸後20分ぐらいでビジネスクラスの食事は配り終わってる。とにかく仕事が早い、動きがてきぱきしてる。ドラ姐はよく働くなぁ。この辺はCXとちょっと違うなって感じがする。
 食べ終わったらすぐに回収。そうこうしているうちに着陸態勢へ。
DSC05360
 ボーディングブリッジが手形つきまくりだった。なんかホラーだね。


スポンサードリンク

 カルフールで最後の買い物をした後、空港へ。
 台南のShangri-la近くにもカルフールがあればそこで買い物するのだけど、残念ながら近くにスーパーそのものがないのよね。
DSC04613
 LCCなんで優先レーンは当然無く、しばらく並ぶ。基本的には台湾人多めの客層。
DSC04617
 あっさりとEVAの紙に印刷された搭乗券をもらい出国。
 高雄は全てが台北桃園に比べて空いてるのがいいね。
DSC04615
 Priority Passが使えるラウンジで一休み。なんか椅子が変なラウンジではあるんだけれど、それなりに飯が食べられるのと、青島ビールの生樽が飲めるのが特徴。
DSC04616
 高雄16時40分発というこの便は、高雄好きの私にとって一番便利な便だったんだよなぁ。高雄からの成田便はだいたい早朝~午前中にJALもチャイナエアラインもEVAも飛んでいるので、高雄発午後便っていうのが貴重だったんだよね。残念ながら、2016年冬ダイヤで廃止。(主に俺が)観光に便利だったんだよー。復活させてくれよー。
 今後高雄での有効時間を延ばそうとすると福岡経由(EVA)か関空経由(Peach)か。考えなければならんなー。
DSC04619
 やっぱりバニラは座席がかなり狭い気がする。春秋航空日本の方がもうちょっと広い気がする。気分の問題かもしれないけれど。今回座席指定してたら横一列空席だった。バニラは座席指定していてあまり混雑してなければできるだけ席を空けてくれてる気がする。LCCに乗るとみんな金をケチって座席指定しないけれど、みんながお金を払わないところで、あえて払ってみるといいことがあるかもしれないよ。

 成田まで、横になってぐっすりと眠って到着。うーん、エコフラットすると3席しかないので足が曲がるのは仕方がないけれど、枕が欲しいな。こんど枕の代わりになるような物でかさばらないものを持って行ってみるか。


スポンサードリンク

 さて、帰るよー。
 金曜日深夜便で出て高雄に日曜の昼ぐらいまでいられるので、土日休みだけでも楽しめた!
DSC03962
 高雄空港に行くと遠東航空のMD82だかMD83がいた。
 これ、見るからにボロいんだよねー。台湾であんまり乗りたくない航空会社の一つ。そういえば日本に就航するとか言ってた気がするけど、どうなったんだろう。まさかMDで乗り入れるつもりだったのかしら。
DSC03966
 ラウンジは特筆すべき物は無かった。あ、ホットミールがライスバーガーだけになってた。
DSC03968
 エコノミーのままだけど席のみビジネスクラス。やったー!
 ウルトラ先生が書いてたパターンだね。

 ウルトラ先生の書いてた内容を転載すると……
*****************************************************
[前提条件]
・HKG-KHH(香港~高雄)の便であること。
・F付きのA330(A33R)であること。
・金丸子以上であること
・ビジネスクラスが満席じゃないこと
[結果]
・エコノミークラスチケット→Bコンミニキャビン(16-18列目)に座れる
・ビジネスクラスチケット→F椅子に座れる
*****************************************************
 ……らしい。ちなみにAコンはビジネスクラスとして営業してたよ。
 というわけでなんかいいことがありますです。はい。
DSC03972
 機内食はシーフードライス。パイナップルケーキは新東陽製。
 極めておいしくなかったので一口食べて蓋を閉める。まぁ、この後ラウンジで食べられるし。
DSC03973
 香港の空はすっかり夏!
 着陸するとき深圳の方で黒い煙がもくもく上がってたけどなんだったのかしら。


スポンサードリンク

 朝食を食べた後、空港へとんぼ返り。
DSC03859
 ペニンシュラホテルから運営が変わったWingのファーストクラスラウンジへ。
 CHEF'S SPECIALTYのスクランブルエッグを食べる。
DSC03860
 なんかすげーいまいちだった。
 Plaza Premiumの運営になって、スタッフはフレンドリーになったけど、味的にはいまいちだったなぁ。

 さて次の便はサテライト(500番台)から。バスに乗ってサテライトへ。
DSC03862
 500番台のサテライトの喫煙所は男子便所の奥にあるから要注意だ!ちなみに外だから暑いぞ!
 雨が降るとみんな扉の前で数から男子便所まで煙いぞ!
DSC03863
 タバコ吸ってたらジャンボ様が。キャセイの旅客用ジャンボは10月1日で引退だけど、カーゴではまだまだ現役って言うか、ジャンボの新機材投入中。
 B747ってさ、やっぱりシルエットが美しいと思うのよねぇ。すり込まれてるだけかもしれないけれど。
DSC03864
 というわけで高雄行きは香港ドラゴン航空運航。たまに何故かキャセイのウェットリース(乗員機材全てキャセイ)で飛んでたりするけど。
DSC03866
 オールエコノミーという割り切ったシート配分の機材。ビジネスクラスが付いてれば、シートだけでも上がったかもしれないけれど、かなわず。そしてほぼ満席。
DSC03868
 びっくりしたのがホットミールが出た。しかもそこそこちゃんとした構成で。豚肉あんかけご飯。
 香港~高雄のKA便のドラ姐の働きってすごいよね。すばらしいよ。
 機内食を配り、同時進行でコーヒー配って、すぐにがんがん回収、免税品も売っちゃう。
 どっかの親会社も台北線で意地を見せてほしい。なんかパン配って終了じゃなくてさ。
DSC03871
 ちなみにデザートで付いてきたのが海苔クッキー。
 すげーな。海苔クッキーなんて初めて見たよ。食べるの忘れたけど、どんな味だったんだろうか。


スポンサードリンク

 さぁ、帰るよー。
DSC01012
 なんか日本人よりも台湾人が並んでる方が多い気がする。
DSC01014
 カウンターはEVA AIRのおねーちゃん。搭乗券もエバー。
DSC01017
 どっちかっつーと、こっちに乗りたいぞ!
DSC01020
 プライオリティパスで入れるラウンジに寄ったら、生ビールサーバーがあった。
 でも、日本とは違ってガチで入れるサーバーがセルフなので入れ方が難しい。そしてなぜか青島ビール。そこは台湾ビール入れようよ。
DSC01021
DSC01022
 さて、高雄便は時間がいいよね。変な時間に飛ぶことが多い台北便よりもいい時間飛んでいるので、使いやすい。あんまり乗ってなさそうな感じだけど、台北よりも高雄の方がいいぞー。物価安いし、ホテルも台北に比べたら安いし、ご飯おいしいし。

 それにしてもこの時点で2015年バニラ搭乗12回目。乗りすぎだなぁ、バニラに。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ