FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:KHH

 さて、高雄の朝は(たぶん)夜通しパチンコをやって徹夜明けのNemoP氏と一緒に、彼のお気に入りの朝食屋である興隆居へ。
DSC05995
 いつもは混んでるので肉まんだけテイクアウトして食べるけど、今日はお店で食べた。意外と席が多くて2階はNemoPと愉快な仲間達以外他に客なし。おいしかったー。台湾はホント外食屋が発達しているので助かる。
 ホテルに戻って、野菜とフルーツをつまんで、空港へ。
DSC05998
 帰りはキャセイドラゴンでございます。となりの復興航空はなくなっちゃったねー。
DSC06001
 ちなみに高雄の空港に放置されてた。こいつらはどこにドナドナされていくんだろうー。
 自動化ゲートでさっと出国。パスポート読ませる必要すらなくて、指紋をタッチ→ゲートが開くという、心配になるくらい簡単な仕組み。すばらしい~。入国もできるようになるといいよねー。
 丁度、JL便が出るくらいの時間だったので、JLで帰る愉快な仲間達を見送ろうかと、ラウンジと反対側へ。
DSC06000
 あれ?いつの間にかJALの指定ラウンジがMOREプレミアムラウンジからチャイナエアラインラウンジに変更になってる?しかも表示を見る限り、通常他社運営ラウンジでは不可のワンワールド便でも入れるように読み取れる。
DSC05999
 入ってみたけど、TBBAが色々調べてくれた結果、KAラウンジがあるんだからそっちいけーと追い出される。まぁ、他社運営ラウンジだから仕方ないんだけど、JALの看板の表示がおかしくねぇか?

 気を取り直して逆サイドへ。
DSC06002
 うむ。復興航空のラウンジは看板娘で封鎖されておりましたっと。
DSC05348
 というわけで、いつものラウンジでしばし休憩。
 色々と同じ便で帰る方とひたすら話をして、搭乗!

 ちなみに機材はA33Rだったので、上級会員(G以上)は席だけアップグレード。ビジネスクラスシートに収まる。まぁ、サービスはエコノミーだけどね。
DSC06009
 機内食はなんだか謎のご飯だった。
 ただねー。やっぱりちゃんとご飯が出てくるというのは良いこと。
 香港~高雄はホントに時間がないので、ドラ姐がよく働くこと。飛んですぐにミール持ってきて、その後ろではすかさずコーヒーを配りまくり、とっとと回収。合間を見て免税品も売っちゃう。動きがきびきびしているので見ていて気持ちいいね。
 どっかのCXも、もうちょっとやる気見せてよ~。変なパン配って終了じゃなくてさー。
 ごくまれに香港~高雄のKA便がCX運航の場合があるらしいんだけど、機内食とかどうなるんだろうねー。そのときはCXでも気合いを入れまくって配るのだろうか。

 さー、帰るよー!
DSC05352
 高雄から帰るときはKA433が多いなー。
 たぶん空いてるんだろうね。前回ももKA433

 高雄空港で出国時に驚いたのが、外国人の出国が自動化されていたこと。
 しかもパスポートの読み取りも不要。ただ、指紋を読み込ませるだけ。
 いいねぇ。楽ちんだ。スタンプ集めの人たちには不評かもしれないけれど。
DSC05348
DSC05349
 ラウンジで一服。
 この真ん中に鎮座してるハムを挟んだフレンチトーストっぽいものが好き。
 台湾とか香港って、意外とパンがおいしいよねー。ねぎパンとかうまい。
DSC05350
 表示がバグってるぞー。
DSC05353
 今回はFなし機材なので、フツーのビジネスクラスシートでございます。
 まぁ、Fあり機材でも、CXで言うと長距離用ビジネスクラスのシーラスなんだけどね。
DSC05354
 NemoP氏風に写真を撮ってみる。
 さて、離陸して機内食♪
 飛んでる時間は1時間ちょっとぐらいなので、もうガンガンサービスしてくる。
DSC05356
 しめじって英語でもshimejiなのね。
DSC05358
DSC05359
 メインはチキンをチョイス。結構おいしかった。
 上昇中のシートベルトサインが出ている最中にドリンクとパンを配り終わり、離陸後20分ぐらいでビジネスクラスの食事は配り終わってる。とにかく仕事が早い、動きがてきぱきしてる。ドラ姐はよく働くなぁ。この辺はCXとちょっと違うなって感じがする。
 食べ終わったらすぐに回収。そうこうしているうちに着陸態勢へ。
DSC05360
 ボーディングブリッジが手形つきまくりだった。なんかホラーだね。

 カルフールで最後の買い物をした後、空港へ。
 台南のShangri-la近くにもカルフールがあればそこで買い物するのだけど、残念ながら近くにスーパーそのものがないのよね。
DSC04613
 LCCなんで優先レーンは当然無く、しばらく並ぶ。基本的には台湾人多めの客層。
DSC04617
 あっさりとEVAの紙に印刷された搭乗券をもらい出国。
 高雄は全てが台北桃園に比べて空いてるのがいいね。
DSC04615
 Priority Passが使えるラウンジで一休み。なんか椅子が変なラウンジではあるんだけれど、それなりに飯が食べられるのと、青島ビールの生樽が飲めるのが特徴。
DSC04616
 高雄16時40分発というこの便は、高雄好きの私にとって一番便利な便だったんだよなぁ。高雄からの成田便はだいたい早朝~午前中にJALもチャイナエアラインもEVAも飛んでいるので、高雄発午後便っていうのが貴重だったんだよね。残念ながら、2016年冬ダイヤで廃止。(主に俺が)観光に便利だったんだよー。復活させてくれよー。
 今後高雄での有効時間を延ばそうとすると福岡経由(EVA)か関空経由(Peach)か。考えなければならんなー。
DSC04619
 やっぱりバニラは座席がかなり狭い気がする。春秋航空日本の方がもうちょっと広い気がする。気分の問題かもしれないけれど。今回座席指定してたら横一列空席だった。バニラは座席指定していてあまり混雑してなければできるだけ席を空けてくれてる気がする。LCCに乗るとみんな金をケチって座席指定しないけれど、みんながお金を払わないところで、あえて払ってみるといいことがあるかもしれないよ。

 成田まで、横になってぐっすりと眠って到着。うーん、エコフラットすると3席しかないので足が曲がるのは仕方がないけれど、枕が欲しいな。こんど枕の代わりになるような物でかさばらないものを持って行ってみるか。

 さて、帰るよー。
 金曜日深夜便で出て高雄に日曜の昼ぐらいまでいられるので、土日休みだけでも楽しめた!
DSC03962
 高雄空港に行くと遠東航空のMD82だかMD83がいた。
 これ、見るからにボロいんだよねー。台湾であんまり乗りたくない航空会社の一つ。そういえば日本に就航するとか言ってた気がするけど、どうなったんだろう。まさかMDで乗り入れるつもりだったのかしら。
DSC03966
 ラウンジは特筆すべき物は無かった。あ、ホットミールがライスバーガーだけになってた。
DSC03968
 エコノミーのままだけど席のみビジネスクラス。やったー!
 ウルトラ先生が書いてたパターンだね。

 ウルトラ先生の書いてた内容を転載すると……
*****************************************************
[前提条件]
・HKG-KHH(香港~高雄)の便であること。
・F付きのA330(A33R)であること。
・金丸子以上であること
・ビジネスクラスが満席じゃないこと
[結果]
・エコノミークラスチケット→Bコンミニキャビン(16-18列目)に座れる
・ビジネスクラスチケット→F椅子に座れる
*****************************************************
 ……らしい。ちなみにAコンはビジネスクラスとして営業してたよ。
 というわけでなんかいいことがありますです。はい。
DSC03972
 機内食はシーフードライス。パイナップルケーキは新東陽製。
 極めておいしくなかったので一口食べて蓋を閉める。まぁ、この後ラウンジで食べられるし。
DSC03973
 香港の空はすっかり夏!
 着陸するとき深圳の方で黒い煙がもくもく上がってたけどなんだったのかしら。

 朝食を食べた後、空港へとんぼ返り。
DSC03859
 ペニンシュラホテルから運営が変わったWingのファーストクラスラウンジへ。
 CHEF'S SPECIALTYのスクランブルエッグを食べる。
DSC03860
 なんかすげーいまいちだった。
 Plaza Premiumの運営になって、スタッフはフレンドリーになったけど、味的にはいまいちだったなぁ。

 さて次の便はサテライト(500番台)から。バスに乗ってサテライトへ。
DSC03862
 500番台のサテライトの喫煙所は男子便所の奥にあるから要注意だ!ちなみに外だから暑いぞ!
 雨が降るとみんな扉の前で数から男子便所まで煙いぞ!
DSC03863
 タバコ吸ってたらジャンボ様が。キャセイの旅客用ジャンボは10月1日で引退だけど、カーゴではまだまだ現役って言うか、ジャンボの新機材投入中。
 B747ってさ、やっぱりシルエットが美しいと思うのよねぇ。すり込まれてるだけかもしれないけれど。
DSC03864
 というわけで高雄行きは香港ドラゴン航空運航。たまに何故かキャセイのウェットリース(乗員機材全てキャセイ)で飛んでたりするけど。
DSC03866
 オールエコノミーという割り切ったシート配分の機材。ビジネスクラスが付いてれば、シートだけでも上がったかもしれないけれど、かなわず。そしてほぼ満席。
DSC03868
 びっくりしたのがホットミールが出た。しかもそこそこちゃんとした構成で。豚肉あんかけご飯。
 香港~高雄のKA便のドラ姐の働きってすごいよね。すばらしいよ。
 機内食を配り、同時進行でコーヒー配って、すぐにがんがん回収、免税品も売っちゃう。
 どっかの親会社も台北線で意地を見せてほしい。なんかパン配って終了じゃなくてさ。
DSC03871
 ちなみにデザートで付いてきたのが海苔クッキー。
 すげーな。海苔クッキーなんて初めて見たよ。食べるの忘れたけど、どんな味だったんだろうか。

 さぁ、帰るよー。
DSC01012
 なんか日本人よりも台湾人が並んでる方が多い気がする。
DSC01014
 カウンターはEVA AIRのおねーちゃん。搭乗券もエバー。
DSC01017
 どっちかっつーと、こっちに乗りたいぞ!
DSC01020
 プライオリティパスで入れるラウンジに寄ったら、生ビールサーバーがあった。
 でも、日本とは違ってガチで入れるサーバーがセルフなので入れ方が難しい。そしてなぜか青島ビール。そこは台湾ビール入れようよ。
DSC01021
DSC01022
 さて、高雄便は時間がいいよね。変な時間に飛ぶことが多い台北便よりもいい時間飛んでいるので、使いやすい。あんまり乗ってなさそうな感じだけど、台北よりも高雄の方がいいぞー。物価安いし、ホテルも台北に比べたら安いし、ご飯おいしいし。

 それにしてもこの時点で2015年バニラ搭乗12回目。乗りすぎだなぁ、バニラに。

Last Update:2016/11/14

 台湾は室内での喫煙に対しては厳しい。
 が、なぜか道ばたには灰皿がいっぱいあって、外では吸ってOKという日本とは逆なのでちょっと驚く。

 空港もそうなので室内は不可。


台北松山空港

songshan

 イミグレ外であれば建物の外に出て(建物を背にして)両端の方に喫煙所(吸菸區)がある。
 上の図で言えば一番右(柱番号2)と、国内線出発と国際線到着の間あたり(柱番号18と19の間)。国際線到着から一番距離を短いのは外に出たら右って覚えよう!逆に国際線出発の場合は建物入る前に右の方でOK!
DSC05147
 これは柱番号18と19の間にある喫煙所。

 イミグレ内には一切設置されていないので注意。セキュリティのところに「この先タバコ吸えないよ!」って書いてあるので分かると思うけれど。基本的には松山空港での国際線同士の乗り継ぎはない(確か入国せずに乗り継ぎはできなかったと思う)ので、喫煙所はなくてもいいでしょって理論みたい。

スポンサードリンク

台北桃園空港

 台北の桃園空港はそういうわけにもいかないので、イミグレ内にも喫煙所がある。ただし、各ウィングであるABCDに一つずつあるだけ。
map_jp-1
 第一ターミナルはA8、B8ゲート付近(もしかしたら違うかもだけど、そのあたり)にある。
map_jp-3
 第二ターミナルは出国して左右に分かれてからすぐの場所なので注意。いずれも外に設置されているので、夏は暑い。
 イミグレ外は出発、到着、バス乗り場の各階層にあって、外に出てから端っこの方に行くと喫煙所が設置されている。一応、表示もあるので分かるはず。

スポンサードリンク

高雄空港

 高雄空港が一番わかりにくい。
 イミグレ外は他の空港と同じで出発到着共に、外に出ず、左右の端へ進んだ先から外に出ると、ゴミ箱の上に濡れた新聞紙が敷いてあって、これが灰皿で喫煙所。
DSC04614
DSC010001
International3-JP
 イミグレ内は上記の写真で矢印で指した先の場所(23ゲート、29ゲートのそば)にある。ちなみに案内図では喫煙所(吸菸區)って書いてなくて、「戸外休憩區」となっている。なんだか隠そうとしているみたい。
DSC01023
 上記の写真は29ゲート脇にある喫煙所入口の写真。中央の男の人が進んでいる先にある扉の外にある。それらしき案内は一切無いので要注意。
DSC03967
 こっちは23ゲートの写真。右の通路を歩いて行った先が喫煙所。

スポンサードリンク

金門空港

 正直忘れた。でも、この空港も乗り継ぎがないので、たぶん制限区域には喫煙所がないんじゃないかな。


台湾以外の空港の印象

 今までの経験では、喫煙所があるのにわかりにくいのは高雄ぐらい。これはたぶんわざとやっているんだと思う。バンコクもシンガポールもクアラルンプールも香港も北京も広州も(数の多少はあるけれど)普通にあるし、表示もちゃんとあるのにね。完全になかったのは今までの経験では台北松山空港だけだし、表示が一切無いのは高雄空港ぐらい。コロンボは免税店と免税店の間の狭い通路を進むとこっそりあったりするのでわかりにくいほうかな。


スポンサードリンク

 バニラで高雄行きのセールをしていたので、ぽちっと買ってしまった。
 当時、オープンしたばかりの第3ターミナルに突入です。
DSC00925
 東京駅からアクセス成田で到着。新しいのぅ。
 ちなみにバスは第2→第1→第3って停まるので、たぶん第2で降りてエレベーターで下がり、歩いた方早く到着すると思う。まぁ、歩くの大変だけど。
DSC00926
 噂の陸上トラック。でも、この方式だと直感的に分かりやすくていいかもね。
DSC00927
 仲間で陸上トラックは続いてた。
 いいねぇ。この安っぽい感じ。おまえらが乗る飛行機はそんなもんだって割り切った感じ。
DSC00928
 本家ジェットスターもT3からかぁ。いくらLCCとはいえ、このターミナルからオーストラリアまで行きたくない。
DSC00929
 LCCなんで文句言わずに、みなさんと一緒に列に並びます。
 結構混んでるねぇ。台湾人多し。台湾だとバニラエアは「全日空系列」っていうのをアピールしてるんだよねぇ。日本だとそんなにアピールしてないけど。
DSC00933
 搭乗券は国内線と違ってレシートではない。けど、無地の航空券に印刷。会社のロゴすら入らない。
 フードコートは混んでたので、出国後になにか買えばいっか!と思っていたら、何も店が無い!
 まじかよー!空腹のまま、高雄までがまんかよー。(一応、一軒だけカフェがある模様)
DSC00932
 というわけで、今日の飛行機。
 なにやら怪しい筒の中をひたすら歩いて搭乗する模様。
DSC00934
 案内表示のシステムは2タミとは違うみたい。
 各行先毎の絵を入れていくのはいいね!

 今回は1,000円払って非常口座席にしてみた。
 そしたら、3列他に客がいなかったので、独占!
 エコノミーフラットで爆睡して快適な空の旅だったよ。
 LCCは安さを求めてるから、あんまり座席指定料払う人がいない中で、あえて払うっていうのはいいことが多そうな気がした。なんとなくだけど、座席指定している場合、空席があれば比較的隣席ブロックしてくれているような気もするし……。逆に保証しないサービスだけど、空席があればなるべく隣席ブロックするってことをアピールしたら、座席指定料払う人増えるんじゃないかしら。

 さぁ、帰りますよ。
 JALの高雄便は、何故か台湾の人たちに使いやすい時間帯。
 なので、朝一出発です。
DSC07424
DSC07426
 高雄空港は、台北桃園に比べれば小さいけれど、天井が高くてそこそこきれい。
DSC07427
 一日一便しか飛んでこないけれど、サクララウンジがありました。
 今は閉鎖されて、チャイナエアラインラウンジ使用になってる模様。

DSC01023
 高雄空港は喫煙所が異様にわかりにくくて、案内は一切なし!23番と29番ゲートの横あたりにある、何も書いていないドアを開けた先にあります。写真に写ってるガラス戸の先!
DSC07428
 さて、出発です。
DSC07429
 機内食は安定のJAL。エコノミーの機内食では一番口に合う。まぁ、日本人好みになってるからかな。

↑このページのトップヘ