FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:CMB

 テロで揺れるコロンボからの脱出!
 いや、何も無かったけど。


コロンボからの脱出チケット

 テロが起きて、夜間外出禁止令がでているコロンボから脱出じゃ。
 一応、深夜のチケットを持っていれば夜間外出OKらしいのだが、そんな状況でコロンボ市内に入るのもアレなので、脱出する。
 とりあえず、第一候補はCXでそのままとんぼ返りすることなのだけど、これがなんと満席。調べてるときは残9とかだったのに、あっという間に満席。よってこの案は消滅。
 他への脱出ルートを考えると、CX便の到着時間の関係もあって、どこにも脱出するのが難しい。よって、結局朝一のULになりましたとさ。
 なので、空港に宿泊することになる。


コロンボ空港のラウンジ

 コロンボ空港にはラウンジがいくつかある……けど、おそらくミールを提供している会社は同じなので、食事面ではほぼ一緒。たいしたものが出てくるラウンジではない。一応、ワンワールド絡み利用時の条件を元にラウンジを紹介する。なので、ワンワールド以外利用したとき、どこのラウンジになるのかは知らぬ。

Serendib Lounge
 スリランカ航空が運営するビジネスクラス、ファーストクラス向けのラウンジ。エコ搭乗の場合、ワンワールドのステータスがあっても入れない。ワンワールドホームページの記載を見る限り、ワンワールド他社でもビジネスクラス、ファーストクラス搭乗の場合使えるはずなのだが断られたことがある。 よって、堂々と使うにはスリランカ航空のビジネスクラス以上に搭乗する場合に限られる。
DSC04019
 場所は免税店などがあるあたりの近く。
 ま、入室条件が厳しい割にスゴいラウンジではないのだけれど。1回入ったことがある。当時はワンワールドエメラルドステータスで入れた。

Serendiva Lounge
 名前がスゴい似ているけど、スリランカ航空が運営するエコ搭乗でワンワールドステータスがある場合に利用できるラウンジ。ワンワールドのHPによれば、ワンワールド他社利用でも使用できるはずだけど、CX利用の時に入ろうとして断られたことがある。
 場所は出発フロアとは違うところにあるので注意。入国審査近くのエレベーターを上がったところにある。

Araliya Lounge
 CXでコロンボタッチをしていた人にはおなじみのラウンジ。出発ゲートに向かう途中にある。
 CXとQRの指定ラウンジ。CXとQR搭乗で、ラウンジには入れるステータスがあれば入れる。深夜帯だと確実に飛行機マニアな日本人がいる。シャワーが一室しかなく、掃除されてないので使う気が萎える。スタアラ関係もここが指定ラウンジだった気がするので混む。

Lotus Lounge
 一応、格付けはファーストクラスラウンジ相当。出発ゲートに向かう途中にある。CXのワンワールドエメラルドステータス所持者が利用可能。あと、プライオリティパスでも利用できる。プライオリティパスを持っているんであれば航空会社ラウンジよりも、ここを使うのが(比較的)快適。ソファーがフカフカなので寝やすい。CX利用便で使うときにはラウンジインビがないと入れない。

Executive Lounge
 このラウンジはMH利用時の指定ラウンジ。出発ゲートに向かう途中にある。
 入ったことはないけれど、クレジットカードの上級会員とかでも入れるラウンジだし、おそらくAraliyaと変わらないんじゃないかと推測。

Emirates Lounge
 エミレーツ指定ラウンジ……というか直営ラウンジ。
 さすが、1日3便ドバイ(+1便マレ)に飛ばしてるだけあるぜ!場所はSerendiva Loungeと同じく、入国審査近くのエレベーターを上がった先にある。
 エミレーツ童貞の私が入ったことあるわけなかろう。

Palm Strip Lounge
 気づいたらできてた。
 プライオリティーパスでも入れるらしい。詳細は謎。
 場所は写真を見る限り免税店街の中。たぶん、以前はレストランだった気がするんだよなー。

 書いてたら疲れたぜ!
 たぶんこれで全部のハズ。

スポンサードリンク

Serendiva Loungeに行ってみる

 さて、コロンボ空港で寝床探し。
 とりあえずせっかくスリランカ航空利用なので、Serendiva Loungeに行ってみるか。
 入国審査の近くに看板が出てる。あの大仏の手前で左に行けば良い。
DSC04020
 看板が出てるえけど、わかりにくい。後ろのエミレーツの看板が出ている所にあるエレベータで上の階に行く。
DSC04022
 ドアを通り抜けずんずん進む。
 トランジットホテルのフロントみたいなところでチケットを見せて入場。
DSC04023
 トランジットホテルの一部がラウンジ。

DSC04024
 色々ミールがあるでよ。かなりの比率でカレーだけどね。
DSC04026
 客が誰もいないのでスカスカ。
 係員もカウンターで寝てる。
 いやー、このイスね、眠れない。ホント眠れない。
 というわけで、早々と退散してLotus Loungeに行って寝ましたとさ。
 あちらはソファーはふかふかだし2人掛けソファーもあって、なんとか眠れる。


朝のコロンボ空港

 寝たんだか寝てないんだかわからない状態で朝を迎える。
DSC04028
 唐辛子……違う孔雀がいっぱいや!
DSC04029
 なんかこの通路を通るたびに、あぁコロンボ空港だなぁって感じがする。
 とりあえず何も考えず歩いてったけど、次の便はバスゲートだった。
 戻って階段を降りてバスゲートへ。


バスゲートからの搭乗

 手荷物検査を受ける。
 元々コロンボ空港は検査が厳しいので靴を脱いでベルトも外さないといけない。
 特にテロだからといって厳しくなったわけでもなく、空港は平常運転。
DSC04030
 心なしか、イスラム女性が多い。
 スリランカでのテロはイスラム系が起こしたものとなっていたので、もしかしたら弾圧を恐れて同じイスラム国であるマレーシアに脱出するってことなんだろうか。
DSC04032
 早めに移動したつもりだったけど、大混雑の手荷物検査を通過した頃にはファイナルコール。
DSC04034
 座席はこちら。
 機材は元カタール航空のA321。
 それほど長距離ってわけではないが、枕付だった。
DSC04035
 機内エンタメもちゃんと付いてた。
 比較的新しい感じがする。
DSC04036
 もちろん日本線も飛んでるので、日本語にも対応。
 幸い隣は空席だったので、快適な空の旅が保証された。

スポンサードリンク

セーフティービデオ

 出発準備が整い、セーフティービデオ上映。
DSC04039
 草原の中、徒歩で出勤するCA達。
 出勤するのも一苦労ね。
DSC04041
 ひたすらテーブルをたたく、迷惑太鼓たたきおっさんも健在。
DSC04042
 最後はスリランカの国鳥孔雀で締める。
  これらのビデオはYouTubeでも見られるよ!

 苦労が多い、徒歩出勤のCA動画はこれ。

 セーフティービデオはこれ。
 結構このセーフティービデオ好き。太鼓のオヤジがいい味出してる。
 なんか子供がかわいくないけど。


離陸~

 いよいよ離陸。
DSC04044
 なんか変な飛行機がいるのに気づく。
 いつもコロンボ空港に来るのは深夜だったので気づかなかった。
 これ保存されてるのかな。
DSC04045
 というわけで、バイバイコロンボ。
 機内食までの間機内誌チェック。
DSC04047
 どことコードシェアしてるかとか見るの楽しいよね。
 意外とワンワールドだけでなく、エティハドとかとコードシェアしてる。
DSC04050
 あれ?成田便なくなってる?
 ミスっただけだよねぇ。
DSC04049
 こうやって見るとスリランカ航空の長距離花形路線はメルボルン、ロンドン、成田って感じかな。


機内食

 機内食は当たり前だけど、朝食モード。
DSC04046
 エコでもメニューが配られた。
 オムレツかミルクライスかマサラの何か。
 うーん、無難にオムレツにするか。
DSC04052
 オムレツの右上に乗っかってる練り物っぽい何かが意外とおいしかったよ。

スポンサードリンク

着陸~

 3時間半のフライトは特に変な客もなく、ぐっすり眠ってすごす。
DSC04053
 みんな大好きKULに到着~。
 こんなルートでクアラルンプールにくるのは俺ぐらいなもんだろう。さすがに疲れたぜ。
 野良ジャンボを見るたびに、KULに来たぜ~なんて思う。いつまであるんだろうね、野良ジャンボ。

 お久しぶりのコロンボ。
 みんな大好きコロンボ。
 テロが起きて、やっべぇ状況のコロンボ。


とりあえずウィングのFラウンジで休憩

 香港空港で約6時間の乗継。
 これだけ時間があるので、「世界の喫煙所」記事のために取材活動で香港空港の隅から隅まで歩く。
DSC03987
 からのキャセイディライト。
 疲れたので個室浴場を待つ。
DSC03988
 探検中は大雨だったんだけれど、晴れてきた。
 ひとっ風呂浴びてる間に、ゲートが決まる。ゲート71、最果てだ。これはピアに移動だね。


ピアのFラウンジへ

 さて、71番ゲートになったのでピアのFラウンジに来た。
DSC03996
 というわけでお食事しましょう。
DSC03989
 この日のメニューはこれ。
DSC03990
 飲み物はシャンパンで。
 シャンパンなんてラウンジか機内でしか飲まない貧乏人です。
DSC03991
 スモークサーモンのサラダ。ねっとりと食べる。
DSC03993
 ジャスミンライス付きのチキンを食べる。
 お味はまぁまぁ。
 ちょっと足りなかったので、さらにWAGYUバーガーを発注。
DSC03995
 まぁ、いつものお味でした。

スポンサードリンク

最果てのゲート71から出発

 さて、時間になったのでゲートへ。
 71番ゲートは最果ても最果て。一番歩く距離が長いんじゃないか?
DSC03998
 ゆっくり歩いてたらファイナルコールになってしまった。
DSC03999
 本日の機材はA33E。
DSC04001
 香港~コロンボ直行になってからホント機材が良くなったよね。
 機材は良くなったし、アメニティグッズがついたし、毛布は厚めになったし、BAには140TPたまる。
DSC04006
 ちなみにアメニティグッズの中身はこんな感じ。
 これってインド線とかでももらえるのかな?
 ほぼ同じ距離に近いCTS線ではもらえない。


機内食は超高速サービス

 ビジネスクラスの客は5名。
 めっちゃガラガラ。そのうち日本人女性が二人いて、こんな時にスリランカとか大丈夫?と心配になる。5名のうち3名が日本人客っていうのもスゴいな。みんなキャンセルしたんだろうか。
 客が少ないのもあってか、超高速サービスだった。
DSC04003
 メニューはこちら。
DSC04009
 前菜。
 パンにナン……じゃないかインドっぽいパンがあったので、ついついチョイスしてしまう。
DSC04012
 魚じゃないよなーと思ってチキン。
 うん。まぁまぁ。付け合わせのポテトが日本にはあんまりない感じの食感でおもろかった。
DSC04013
 その後フルーツまで食べて、場所はここ。
 海口まで行かないで食事が終わるとかスゴい。空いてるのもあって超高速サービス。


とりあえず寝る

 エンタメをちょっといじってみる。
DSC04014
 そっか今、クレヨンしんちゃんって実写になってるのね(違)。
 食事も終わったし、特にすることもないし、この後しばらく横になって眠れる機会もないので、積極的に寝る。
DSC04015
 反対側の席にベッドを作っておやすみなさーい。

スポンサードリンク

到着!

 途中で起きたら、ビジネスクラスの客が増えててビックリしたよ!
 どうやらCAの皆さんが退去してビジネスクラスのシートで休んでいた模様。
 基本的にはCAさんは香港→コロンボやって24時間休憩して次の日の便でコロンボ→香港をやっていたはず。もしかしたらテロがあったからコロンボでの宿泊を取りやめてとんぼ返りするようにして、CAはおそらく2組乗っていたのかな?それであればビジネスクラスのシートでたくさんのCAが休んでいるのも納得。
DSC04018
 さぁ、なにごともなかったかのようなコロンボに到着!

Last Update:2019/05/01

 ちゃらっちゃーちゃーちゃ、ちゃーちゃちゃーちゃーちゃー♪
 世界の喫煙所から、今日はスリランカ、コロンボ空港(バンダラナイケ国際空港)からお送りいたします。

 コロンボのバンダラナイケ国際空港に喫煙所は一つ。
 マジで一つ。


スリランカのタバコ免税枠とチップ代わりのタバコ

 スリランカのタバコの免税枠は、シンガポールと同様ない。

 あと、道路とかで吸ってると怒られることがあるので注意が必要。
 法律的に路上で吸うこと自体が禁じられているとか。
 厳しいねー。

 吸える場所はホテルとかに設置されている喫煙所くらいか。

 そして、スリランカで売られているタバコは超高いので、スリランカ人にチップとかなんか面倒なことに巻き込まれた場合、タバコをあげると高確率で喜んで、良くしてくれます。色々困ったときは使ってみましょう。

スポンサードリンク

空港内喫煙所は免税店の奥

 この空港は、シンガポールやクアラルンプールと同じ直前手荷物検査方式で、人の動線としては到着客と出発客が混じる。なので、到着時でも出発時でも使えるんだけど、早めに降りられたのならイミグレの混雑を避けるためにタバコを吸わずに、イミグレ直行した方がいい気がする。
 スリランカ出国後、バスゲートを横目にエスカレーターを上がり正面の免税店の中に喫煙所がある。
DSC04016
 この免税店の中。LA MERの看板の右側にSMOKING ROOMの看板が出ているのが見えるかな?
DSC04017
 喫煙所に行く客が免税店の中を通るのは気まずいが、みんな素通りしているので気にする必要なし!
DSC04018
 一応、通路にもSMOKING ROOMの看板でてるよ。
 免税店を指していて「?」ってなるけど。

 さー帰るよー。ウソ。帰らないよー。
 でも、スリランカからは脱出。


お久しぶりのCX

 ターミナル入るのに荷物検査して、カウンターに行くのに荷物検査。
 いつもながらこのダブルチェックに意味があるのか不明。
 さて、今回はお久しぶりのCX搭乗。調べてみたら昨年の9月以来。
 ずいぶんと乗ってないなー。
DSC05513
 色々良くしてくれたのに乗ってなくてごめんね。
 なので、今回は丸子に付けちゃいます。一応、これで緑丸子維持。
DSC05514のコピー
 まぁ、緑丸子を維持してもたいした御利益はないんだけど、予約を無料でホールドできるのが利点。
 ラウンジと香港のアライバルラウンジのインビをもらう。


出国後エリアとラウンジ

 そういえば初めてビザ代払ったんだなーなんて思いながら出国。
DSC05516
 おい!ディレイが多すぎて出発案内が役に立ってねーぞ。
DSC05518
 乗り継ぎカウンターはわっしょいわっしょいしてた。
 いつもながら、なんで混んでるのか不明なんだけど、CMB乗り継ぎのときってCMBから先の搭乗券でないからだっけ?CMBタッチもやらなくなってしまってよくわからん。UL同士でもダメなのかな。
DSC05517
 空港の模型があった。ここまで拡張できてないっす。
 将来的に拡張するのか??
DSC05520
 スリランカ航空のファーストクラスラウンジ。
 ワンワールドのステータス持っててもUL利用じゃないと入れない謎ラウンジ。
 入ったことあるけど、共用ラウンジに比べればミールが多いくらいの違い。
DSC05521
 こちらはファーストクラス相当の共用ラウンジであるLOTUSラウンジ。
 プライオリティーパスで入れるよ。
DSC05515
 こちらはビジネスクラス相当の共用ラウンジであるARALIYAラウンジ。
 この2つの違いはイスが違うだけ。マジで。それ以外は客層の違いのみ。
 プライオリティーパス持ってるけど、今回は同行者がいるのでARALIYAに入る。
 特筆するところは一切ないので省略。

スポンサードリンク

出発ゲートへ

 同行者とバイバイして、ゲートへ。
 同行者はNH修行しているので、エアチャイナで成都に行くんだそうだ。
DSC05522
 次にCMBに来るのはいつかなー。来年かなー。
DSC05523
 CMBの空港のトイレって清掃員がチップよこせって、たまにたかりに来るのでそのときはこの写真を見せてやりましょう。
DSC05524
 遅延しまくっていたジェッダ行きと同じ手荷物検査場を通る。3回目の手荷物検査。
 この空港はSINとかKULと同じで出発と到着が混じるので仕方がない。


出発

 今宵の宿へ。
DSC05525
 キャー、キャセイサーン!
 相変わらずのもぎって半券をボードに貼る方式。
DSC05529
 いやー本当に良くなったよねー。
 昔はBKKかSIN経由でリージョのビジネスで一晩すごして泣きたい気持ちだったけど、今はシーラス。この座席は秀逸だと思うの。
DSC05531
 777に比べると若干狭いシーラス。でも、それでも充分。
 圧迫感があるって人もいるけど、おれは狭いところにこもるのが好きだからOK! 


機内食

 ほぼ定刻通りに出発。さて、5時間ちょっとのフライト。
 夜間のせいか超高速サービス。
 早速メニューが配られる。
DSC05534DSC05535
 キャセイ的には香港コロンボ直行化した結果、長距離カテゴリに入るようになったみたいで、毛布は厚め、アメニティグッズもくれる。
DSC05536
 ちなみにアメニティグッズの中身はこれ。
DSC05620
 なんか簡易的な気がしなくもない。
 ついでにダイヤ会員だけのダイヤ水も配られた。エビアンじゃない!
DSC05541
 さて、酒を飲んで寝ましょう。
 シャンパンからスタート。
DSC05542
 サラダとパン。やっぱねー、なぜだかガーリックトースト食べたくなっちゃうのよね。
DSC05543
 ラムトマトカレーにしたよ。
 コロンボ搭載はイケてないはずなんだけど、意外とおいしかった。トマトのおかげで辛さがマイルド。
DSC05544
 ハーゲンダッツとミルクティーで〆。
 深夜便のせいかあっさりした感じ。
DSC05545
 まだ飛んでこれだけなのに、食事終了。
 いいねー、超高速サービス。これぐらい日系もテキパキやってほしい。

スポンサードリンク

到着~

 さて、一眠りして起きると着陸態勢に。
DSC05546
 乗り継ぎチェック!
 特に変な行き先の客はいなかった。
 ソウルはICNって書くのに東京はNRTって書かなくていいのか?
 ソウルも関空も今は片方にしかCX飛んでないけど、東京はNRTとHND両方あるのに。
DSC05548
 夜行便明けなので、アライバルラウンジへ。
 これなくなっちゃうんだよね。
DSC05549
 シャワーを浴びてさっぱりしてから再出発。

 KULでは例によってTRADERSに宿泊。
 ステーキ食ったりしてたけど、特筆すべきものではなかったから省略!
 というわけで翌朝Grabでまた空港に戻ってきたのでした。ちなみに今回の旅行ではじめてのGrabはBKKの空港からホテル往復とKULの空港からホテル往復で、あっという間にゴールドメンバーになった。
 さて、今回はえびちゃんオススメのマリンドエアに初搭乗。


初のマリンドエア!ラウンジはなし!

 早起きしてやってきたよ。
DSC05156のコピー
 チェックインしてボーディングパスをもらう。今回は片道のビジネスクラス。
 席は1F。マリンドエア乗るなら1Fに乗れ!って誰かさんが言っていたのでアドバイスには素直に従う。
DSC05154
 MHがやたらとA350を推してる。
 LHRとNRTとKIXに飛んでまっせ!
 出国はビジネスクラスなので、プレミアムレーンを通って、快適に通過。
DSC05155
 マリンドエアはKULが本拠地なのにラウンジなし!
 よってミールクーポン配布。まぁ、いただけるのはありがたいんだけど、いくら分使えるのか謎。
 特に食べたい店もなかったので、たまにはバーガーキングでも食べるかと思ってサテライトまで行く。
DSC05157
 なんか金額上限いっぱいまでぜんぜん頼んでいなかったらしく、レジのお姉さんが水だのなんだのいっぱい追加してた。たぶんレシートを付けて請求するんだろうね。カラ伝票打って請求を上限いっぱいにするんでしょう。


搭乗

 さて、メインターミナルに戻って、搭乗。
DSC05158
 G1なるゲート。とりあえずKUL名物の搭乗待合室に入るためのセキュリティチェックを受けて、エスカレーターを降りる。
DSC05160
 あー、やっぱりバスゲートね。
DSC05161
 この搭乗待合室でしばし待機してから搭乗。
 ビジネスクラスの優先搭乗とかそういう概念はなく、みんな一斉に搭乗。
DSC05163
 バスに揺られて飛行機までやってきた。
DSC05164
 おおー。Batik MALAYSIA塗装。
 調べると、Batik Air所属機って出てくるんだよねー。Batik Air Malaysiaがオペレーターとか出てくるけど、コレってマリンドエアのことなのかしら。
 と、わからないので、えびちゃんに聞いてみたら、Malindo Airという名前をBatik Air Malaysiaにリブランディング中とのこと。 え、フツーさ、ホームページとかから変えるんじゃないの?まだホームページがマリンドエアのままなんだけど。まー仕方ないか。元々インドネシアのライオンエア系列だし。
DSC05165
 なんか懐かしいビジネスクラスシートだねぇ。
DSC05167
 うむ。懐かしい。
DSC05170
 なんかこのレバーとかね。あれ、JALでもこんなレバーのビジネスクラスあったよね?
 座り心地はそれほど悪くない。
DSC05169
 ウェルカムドリンクはリンゴジュースにした。
 お水かリンゴジュースかって感じだった。まぁ、朝だからね。昼でも夜でも酒ないかもしれないけど。

スポンサードリンク

離陸

 さて、朝一発目なので特に遅延もなく離陸。
DSC05173
 今日も野良ジャンボがいるね!(いや、ずっといるけど)
 そういえばこの持ち主って発覚したんだろうか。
DSC05179
 MHの使い道がないA380も駐機中。
 結局イスラムチャーターに使ってたけど、今日本線に入ってるんだっけ?
 というわけで、空港ウォッチングも終わり、離陸。


機内食&機内誌

 さて、機内食。
DSC05180
 まずはオレンジジュース。相変わらず酒はなかった。
DSC05181
 まずパンとフルーツがサーブされる。
 メインはオムレツ(だったかな?)とナシレマのどっちがいいかというので、せっかくだからナシレマにする。
DSC05183
 ベリーベリースパイシーとか言ってたけど、それほどでもなかった。
 が、それほどおいしくはなかった。まぁ、ナシレマ自体あんまり好きじゃないからねー。

 さて、機内誌をチェックしよう。
DSC05185
 マリンドって737-900ER持ってるんだ!
 ATR72か737のとても割り切った機材構成。
DSC05187
 まぁ、この路線網だとそういう構成になるか。ただ、オーストラリアにも飛んでる。
 これからどうやって広げていくのかな。ここから広げるとすれば、韓国か日本かってところ。
 と思っていたら、Airlinerouteでこんなツイートが。
 ビックリしたことに日本初就航が千歳!マジかよー。しかも、台北桃園経由。
 スクートとかと同じようなパターンだよね。今ある台北便を千歳まで引っ張ってくるんだろうけど、関空でも成田でもなく、千歳っていうことに驚いた。


到着

 特に面白いこともなく、イラッとくることもなく、コロンボ到着。
DSC05194
 コロンボに昼間に来るのも久しぶりやなー。
DSC05196
 となりはエアアジア。この便はボーディングブリッジ使ってるように見えたけど、後ろに階段付けているのはなんでだろう。資材の搬入かな。それとも乗客もそっちから出させてたりするのかしら。
DSC05197
 あぁ、懐かしいね。なんかこの廊下を見るとコロンボに来たなぁって思う。
DSC05198
 仏様も相変わらず。

スポンサードリンク

今回はスリランカ旅行だ!

 さて、今回は入国するよ!
 すげー久しぶりのスリランカ入国で、コロンボ市内へ。何年ぶりだろうか5年ぶりぐらいかな。
DSC05200
 到着フロアの微妙に壊れてるパタパタもまだまだ現役。
DSC05201
 日本のカーナビが載ったUberでコロンボ市内に向かいまっす!

 今回でCXのコロンボ発券は終了!
 で、ゴールデンウィークの帰りの航空券を取るのは至難の業だったけど、とりあえず許せる金額だったクアラルンプール発券に移行するためにOnewayチケットで行くよー。どこの会社にしようかいろいろ悩んだけど、SQにしてみた。SQのゴールド持ってるからね。

入国即出国

 コロンボの空港って、出国がめんどい。
 ターミナルビル入るのに荷物検査があって、チェックインカウンターに入るのにまた荷物検査。
 ちなみにチェックインカウンター入る前にある売店は地元スーパーなので、最後スリランカルピーを使い切るにはいいところだよ。紅茶とかそこそこ安く買える。
 で、チェックイン&荷物ドロップ。
DSC08093
 やたらと時間がかかるイミグレを通過し、また元の場所へ。
 ラウンジで休憩後、ゲートへGO!
DSC08092
 ボーディングすら始まってないのにファイナルコールを出すコロンボ空港。
 なんだかよくわからんけどそうなってる。たぶん最後の荷物検査に時間がかかるからかな。ベルトとか靴まで外さなきゃいけない厳重な検査なんだよねー。


座席

DSC08095
 シートはどこかで見たことあるようなシート。でも、このイス嫌いじゃないです。
 2-4-2のシートで、可能な限り隣が空いてるシートでよろしく!って言ってこの席だったけど、4列真ん中に日本人カップルが来た。えー!
 たぶん二人並んで座れるところで通路側が日本人のところをアサインしたのかな。


機内食

 SQはエコでもメニューがある!
DSC08097
 食べるつもりなかったけど、隣のカップルが食べてたからノリで自分も食べてみる。
DSC08098
 まぁまぁおいしかったよ。
 隣のカップルが照度全開で映画見てたり、寝ても液晶消してなかったので、眩しくてあまり眠れず。しまったー。アイマスク持ってくれば良かったー。

到着してリフレッシュ

 というわけでシンガポール到着。
DSC08101
 コロンボは深夜に乗継があるのがキツいよねぇ。
 なんであんなに便が深夜に集中しているのかがわからんけど。
DSC08102
 さて、次の乗継便は夕方!
 荷物はそのままスルーなので、時間も気にせずプライオリティパスラウンジでシャワーを浴びて、ペリエも飲んですっきりしたので、夕方までパワーシンガポールだ!シンガポール久しぶり、特に行きたいところないけど。

 お久しぶりのコロンボタッチをやったという話。
 今回は変則なんだけどね。

空港までバスでGO!

 黃埔花園バスターミナルE23系統バスで出発。
DSC08051
 紅磡駅を立体交差で渡る。
 なんか新しい路線作ってるなぁ。これって何だっけ?と思っていたら、馬鞍山線が延びてくるのね。しかも西鉄線と直通運転だとか。どこに土地があるんだ?ってぐらい路線作ってるよねぇ。
DSC08055
 E系統なので空港島をぐるぐる回る。國泰城も通る。
DSC08053
 中の人~、ちょっとマルコポーロ改悪しすぎじゃないですかー。


チェックインからのラウンジ放浪

 というわけでサクッとチェックイン。
 今回はスリランカ出国はCXじゃないので、スリランカ出国のチケット見せろと言われるかと思ったら、特に言われなかった。信用されているのかしら~。
DSC08063
 とりあえず夜行便なので、Wingのお風呂に入る。
 いやー、CXはダイヤ様が減ったのかカバナも空いたねー。
 利用時間制限ができたせいかもしれないけれど。
DSC08068
 そしてPierに移動してアンガスビーフバーガー。おいしいよねー。
DSC08069
 デザートにクレームブリュレも食べちゃう。だって、この後機内食も食べずに爆睡する予定だから。
 やはり香港のラウンジ飯はPierのFラウンジが最強かな。まぁ、それでもオープン当初よりクオリティ下がってるんだけれどね。


さて、搭乗

 ギリギリまでラウンジ乞食をして、おなかを満たしてから搭乗!
DSC08070
 今回のゲートは45番、Pierからは微妙に遠い。
DSC08073
 コロンボ便はA33E。
DSC08074
 シーラスシートがありがたい。
 昔のBKKとかSINとか経由してた時代はリージョシートだったからね。1レグ1レグはそんなに長くなかったからなんだけど、コロンボタッチやってた頃は辛かった。
 香港から直行になったおかげで、BAのティアポイントが140TPゲットできるようになった。千歳まで行けばそっちも140TP。コロンボ発券千歳行きビジネスクラスで往復560TP。3往復すればBAゴールドだね。BA4レグが別に必要だけど。ただ、コロンボ発券もそんなに安くなくなったので今回でおしまい。安くなれば復活するかもだけれど。


機内食

 さぁ、みんな大好き機内食!
 とりあえず、食べないつもりだけれどメニューはチェックしよう。
DSC08078DSC08079
 おおっ!
 lambがある!
 CXのビジ飯のラムはおいしい!
 予定変更。食べるしかねーな。
DSC08080
 というわけで前菜から。
 いつも通りな感じだね。
DSC08081
 ラムキター!
 CXのラムはおいしいので、無理してでも食べる。
 それ以外はアレだけど。
DSC08082
 チーフル(チーズフルーツ)ステージへ。
 まぁ、チーズはもうおなかいっぱいなので食べなかった。
 フルーツはビタミン不足解消のためにも食べる。
DSC08083
 でも、甘い物は別腹~。
 Toffeeってなによ?って思ったけどバターと砂糖を加熱して作る菓子ということで、超こってり。


エビアンくれた

 今回のフライトは食べ物がキビキビしたスピードで出てきた。
 とにかくガーっとサービスして、とっとと寝ろー!みたいな。時間帯が時間帯なので、好印象。
DSC08084
 起きたらエビアン置かれてた。
 今まで金丸子でももらえず、ワンワールドエメラルドでもくれなかったのにー。
 初めてのエビアン。

 丸子改悪でダイヤ様が減ったのか、他社エメとかのサービスが良くなってきたよねー。
 丸子には戻らないけれど。


深夜のコロンボに到着

 眠い。寝たけど眠い。
DSC08085
 あー、またここに戻ってきたよ。
 荷物が不安だったので、一度入国してピックアップ。
 コロンボタッチは入国するしないに関わらず、ビザの申請はして置いた方がいいよ。Transit Visaなら無料だし。結果的に入国しなくてもいいわけだし。前日ぐらいに申請しておけば瞬時に来るしねー。ちなみにプリントアウトしなくても大丈夫だけど、不安ならスマホにPDF入れておけばいい。
DSC08086
 到着ロビーにShangri-laのブースできてた。そういえばスリランカにできたんだっけ。たしかリゾートだよね。コロンボにShangri-laできたら、行ってみたい。こんだけ行ってるけど、コロンボ市内に行ったのは1回だけだしね。
DSC08089
 そして、相変わらずところどころ壊れてる、到着便案内パタパタ。
 到着ロビーから出発チェックインカウンターに行くには一度外に出なくちゃいけないので外へ。
DSC08090
 南三陸ホテル観洋のみなさーん!おたくの使ってた送迎バス、今はスリランカで働いてまっせー!

 ヒマなんです。
 8時間待ち。長いねー。

 とりあえず3年ぶりぐらいに免税店街を端から端まで見てみる。
 バーガーキングなんて、前はあったっけ?しかも高い。セットで10USD以上する(コロンボの空港はUSDしか使えない)。
DSC03728
 エミレーツすげーな。自社ラウンジ作ってるよ。そんなにエミレーツって飛んでるのかね。
 って調べてみたらDXB2便、MLE経由DXB1便、SIN1便で合計4便も飛んでるのねー。

 ついでに今まで分からなかったスリランカ航空のビジネスクラスラウンジ(Serendiva Lounge)に行ってみる。まさかエレベーターに乗るとは思わなかったよ。そりゃ見つからないわけだ。エミレーツラウンジの隣にある。
 行ってみたらビジネスクラスってだけではダメで、ワンワールドのステータスが必要。一応、CXのGOLD見せたけど、それで積算してないからダメだって。そんなの初めて言われたわー。色々言ったけどダメだったので撤退。

 とりあえず、いつものCX指定の共用ラウンジ(Araliya Lounge)に行く。
 おねーさんに、「ラウンジインビがないとダメー!搭乗券再発行してきてね!」って言われる。ビジネスだからいいじゃん!って言ったけどダメーの一点張り。まぁ、枚数で精算するんだろうからしかたないんだろうね。時間が早すぎてCXの人たちもいないだろうから、「プライオリティーパスで入れるラウンジある?」って聞いたら、「それ持ってるんだったらファーストクラスラウンジ入れるわよ」と言われる。
 というわけで共用ファーストクラスラウンジのLotus Loungeへ。
DSC03729
DSC03730
 入るの初めてだけど、ビジネスクラスラウンジとの違いは席がふかふかのソファーか固めのソファーかの違いだけだね。もしかしたら細かいところで(酒のランクとか)違うかもしれないけれど、そんな感じ。
DSC03732
 さて、長いことほぼ貸切状態でラウンジで休憩して、出発。
DSC03733
 ありがたやー。昔のコロンボタッチに比べたら、シートがとっても良い。
DSC03739DSC03738
 うーむ。インドトマトマトンカレーにするか。
DSC03742
DSC03743
 まぁ、うん、なんというか、ちょっとおいしくないねー。
 羊っぽさが炸裂してたよ。

 あとは熟睡して、香港到着!やっと帰ってきたぜー!

 さて、楽しくないドーハ。
 深夜に着いて、早朝発までの乗り継ぎでやんす。

 とりあえずAl Mourjan Business Loungeへ。
 入って右側で手荷物を預け、身軽になってその先のリラックスできるイスに行く。

 どうせQuiet Areaは混んでるだろうし。そこそこ寝られた。ちょっと寒いけど。

 そしてQuiet Area内のシャワールームへ。受付のおねーちゃんに搭乗券見せると、「おーコロンボ!私の故郷!」なんて言ってた。スリランカ人も働いてるのねー。

 朝ご飯をレストランでとる。
DSC03702
 オーダーミールの朝食はこんな感じ。
 エッグベネディクトにしよう!
DSC03704
 まぁ、あんまりおいしくなかったよ。うん。
DSC03705
 さて、B1から出発~。
DSC03707
 席はガラガラでビジネスの乗客も一桁って感じだった。
DSC03710
 機内食は朝食メニュー。
DSC03715
 ヨーグルトからスタート。
DSC03716
 パンが結構もりもり来るのがいいよねー。あと、小瓶のジャムを持ってきてくれて、色々選べる。
DSC03718
 メインは悩んだけれどオムレツ。味はまぁまぁ。
DSC03720
 フルーツで〆。
DSC03719
 そういえば、行きは夜間帯の飛行だったので、広大な砂漠を初めて見る。
 すげーな。砂。

 時差的に寝ると後が辛いと思うので、コーヒー飲みまくって眠いのをがまんする。
DSC03725
 コロンボはまさかのバスゲート。コロンボでバスゲートは初めて。
DSC03726
 ビジネス客だけで、バスを1台だしてくれた。ありがたい。
 とりあえずコロンボ空港のこの階段どこに行くんだろう……って思ってたところからいつもの仏様のところに出てきた。

 さて、いつものコロンボは同じ便で引き返す訳だけど、今回はさらに先を目指す!
 BAでゴールドになるために2,000マイルを超える旅程(140ティアポイントゲット)で遠くを目指すんだ!

 というわけで、初めてのカタール航空。
 コロンボの空港は到着と出発が分かれているのでいったん外に出る。暑い。入国しなきゃ良かった。
 で、出発側のビルに入るために荷物検査。ビルに中に入ると待合室みたいなのがあって、ここに小さいスーパーがあるから安い紅茶とか買うのはここがいいと思うよ。そして、カウンターに行くのに荷物検査。で、やっとカウンターに行ける。
 荷物をドロップして、搭乗券をもらう。
DSC03352
 搭乗券がやけにさっぱりとした表記。
DSC03350
 ラウンジでよく分からないもの(マズい)を食べる。
 そして搭乗前に最後の荷物検査。ここはベルトや靴も外さないといけないので厳しい。
DSC03351
 さて、搭乗!ちなみにNow Bordingって出てるけど全く搭乗は始まってない。
 しばし待ってから搭乗開始。エコに並んでる人たちから乗せろやーって罵声(たぶん)が飛び交うなかビジネスクラスから優先搭乗。
DSC03354
 キャセイで言えばリージョにあたる機材なのかな。こんな座席でも一応、フルフラット。
DSC03356
 足置きはこんな狭いけど。でも、フルフラットにしようとする心意気は認める。
DSC03357
 ちなみにドリンクホルダーにペットボトルの水が標準装備。これはうれしい。
DSC03361
 ちなみにシャンパンはホワイトとピンクの両方載っけてる。CAの自己紹介がかなり丁寧。

 セーフティービデオがFCバルセロナ出演でなかなか面白かった。……が、英語とアラビア語で2回流れるのがだるい。
 というわけで特に問題もなく離陸。
DSC03360
 機内食は食べなかったので、実物はわからないけどメニューだけとりあえずチェック。
DSC03363
 やっぱメッカの方向って重要なのね。一応、お祈りは席でやってね的なことが表示されてた。
 4時間半のフライト。ほぼ徹夜状態で日本時間の朝7時ぐらいに飛ぶので、すぐにフラットにして寝たよ。したら狭すぎて両肩ががっちり座席の両側に当たるの。うーむ。これは体を横にして寝るのが正解なのかなぁ。
DSC03366
 なぜか出発はオンタイムだったのに、ドーハ手前でぐるぐる回されたあとに、ドーハの空港に到着!海沿いなんだね。
DSC03367
 わかってたけど、カタール航空の飛行機がいっぱい!
 降りたところで乗継と入国を分けられる。乗継に進むとそのまま出発側に進めた。え、いいの?荷物検査とかしなくていいの?あっさりと出発側に誘導されたのでビックリする。日本の国内線みたい。

↑このページのトップヘ