FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:B737

 やべぇ。本編が長く空いた。
 もうそろそろ1年の遅延になってしまう。
 頑張って取り戻さなくては。


帰りもLCC

 さて、帰りもLCCでございます。
 もう日韓線はLCCに乗るしかないよね。FSCは便数少ないし、LCCが死ぬほど飛んでる。

 というわけで釜山空港。
 町の中心部から地味に時間がかかる。
DSC08022
 早く着きすぎたので、空港のロッテリアに行ってみる。
 (日本以外の)マクドナルドみたいに自動オーダーの機械が入ってた。
 ……のに韓国語のみ対応という詰めの甘さ。きょどってたら店員さんが日本語メニューを持ってきて、オーダーの機械の操作も全部やってくれた。韓国のマクドナルドの機械は英語対応なのに、なんでこちらは韓国語だけなんだろうか。
DSC08025
 さて、チェックイン。
 丁度、発着便が少ない時間帯なのかガラガラだった。
 ここで、入国スタンプがねーぞーと突っ込まれる。いやいや、仁川はスタンプないじゃないですかと言うものの、4月の入国スタンプを見つけて、おまえはオーバーステイだ!とか言う。結局は仁川入国時のレシートが出てきたので事なきを得たものの、もし無くしてたらどうなってたんだろ。
DSC08027
 釜山国際空港自体はそれほど大きくない空港なので快適。
 全てがそれほど歩かないで済む。


さて、搭乗

 出発ゲートは7番。お、ボーディングブリッジから搭乗か?
DSC08033
 と思いきや、バスでございました。
DSC08034
 バスでドナドナされて、えっちらおっちら登って搭乗でございます。
DSC08039
 座席はこんな感じ。
 うん、LCCとしては普通な感じかな。

スポンサードリンク

到着

 いや、何もねぇし。
 Easter Jet何もねぇし。
DSC08044
 普通にド満で、飛んで降りた。それだけ。
DSC08052
 関空はちゃんとボーディングブリッジに付けてくれたよー。
 ホント、これ以上ないくらいの何もなさだった。

 まぁ、日韓LCCはピーチと韓国系がたくさん飛んでるけど、一番いいのはエアプサンかな?
 なんとなくだけど。機内食出るし。


関空からはラピートで難波へ

 関空からはラピート。
DSC08054
 なんか、関空トク割ラピートきっぷなるもの売ってる。片道一回券で当日販売可、ただし窓口のみの販売ってこれ何の意味があるんだろうか。そのまま券売機で売ったらダメなのか?わざわざ窓口で売るところが人件費の無駄遣いだと思うのだけど……。
 どうせだったら大阪メトロの初乗り券つけるとかおまけ要素を付けて単価を上げればいいのにね。まぁ、南海の場合いかに空港急行に乗せないのかが至上命題だから仕方がないのか。
DSC08065
 というわけでこのきっぷで1,430円が1,270円に。1割ちょっと安いのかな。
DSC08057
 さぁ、バブルの残り香がする電車で難波へ行きますわ。
DSC08063
 りんくうタウンの中国語名称って臨空城なのね。国泰城みたい。

 さぁ、飛ぶっぺよ。韓国へ。
 在日のえびちゃんが待つソウルへ。

伊丹から関空乗継

 いわて花巻空港利用者で海外に出る人には避けられないのが伊丹関空乗継。
 もちろん伊丹空港~関西空港間の直行バスを使うのが一番ラク。所要時間は70分、運賃は1,950円、本数は30~60分ごと。でもね、伊丹空港に着いたときには丁度出発してしまっていて、次の便は40分ぐらい先だった。
DSC07721のコピー
 というわけで、本数が多い難波行きに乗ることにする。
 こちらは所要時間30分、640円、20分ごとに走っている。難波から南海電車に乗ってもラピートで所要時間36分、割引チケットで1,270円(計1,910円)なので、都合がいい時間帯にバスがなければこのルートも充分にアリ。ラピート乗らなければ更に安くなって所要時間44分、920円(計1,560円)。まぁ、若干時間かかるけどありだよねぇ。
DSC07726
 ラピートに乗ると見せかけて、空港急行で行ってみる。だって南海電車乗りたかったんだもの。
DSC07731
 ちなみにバス降りてすぐの所にある金券屋で南海電車の時差回数券ばら売りを購入。空港バス乗降場と南海電車の駅は横断歩道渡る必要があるものの、それほど遠くないというかターミナル駅にしては近い。
DSC07728
 ボロいのが来るかと期待してたけど、そこそこ新しいヤツが来た。
 といっても登場してからもう25年ぐらい経ってるんだけどさー。
DSC07735
 空港急行はそれほど混まずに関空まで直行。
DSC07736
 JRと南海が同じ線路を走っているの萌え~♪


関空から初出国

 さて、関西空港駅。
DSC07743のコピー
 すげーな。外国人だらけだぜ!
 昔関空に行ったときはビックリするぐらい閑散としてたのにな。
DSC07744
 まぁ、中華系の人々も多いけど、一番多いのはやっぱり韓国人。
 関空~仁川で一日に25便も飛んでるんだもんなぁ。
DSC07745のコピー
 今回はティーウェイ航空。飛行時間なんて短いんだからLCCで充分。
 ピーチはどうだったか分からないけれど、日韓線の韓国LCCはだいたい受託手荷物が無料。きっと手数料取るとみんな持ち込もうとして収拾がつかなくなるんだと思う。LCCでかなり安い運賃で売ってるのに受託手荷物が無料なのはありがたい。4つしか窓が開いてないので、結構並んだ。

スポンサードリンク

ラウンジ金剛

 もちろんLCCなので、ラウンジはない。
 だけど、楽天プレミアムカードを持っているのでカードラウンジは使える。
DSC07756
 というわけで、買い物を終わらせてラウンジ金剛へ。
DSC07757
 もうね、超ゲロ混み。
 ザ・芋洗いラウンジ。
 まぁ、仕方ないんだけどね。カードラウンジだし。


搭乗

 さて、ゲートに移動。
DSC07754
 29番。シャトルからも近いし、喫煙所もあるし、ラウンジ金剛も近いという絶好のゲートから。
DSC07758
 特に面白みもないB737。
 さぁ乗るっぺよ。
DSC07759
 座席は別に普通。
 多少前後の間隔は狭いかもしれないけれど、特に問題はない。
DSC07760
 ほぼ満席の旅客を乗せて出発。


LCCだけど飲み物が出た

 日韓路線はLCCが何社もガチンコ対決しているので、サービスの差別化を図ろうとしているのか飲み物が出た。
DSC07761
 なんの飲み物だったか思い出せないけど、水か茶のはず。
 まぁ、なくてもいいと思うんだけど、どうせ人件費が一緒なら配っちまえって所なのかしら。
DSC07763
 機内販売カタログを読んでみる。
DSC07762
 なんかティーウェイ航空のキャラクターっぽいんだけど、なんかギリギリ。
 ちなみに口は「×」じゃなくて「Y」だよ。

スポンサードリンク

到着

 あっという間に到着。飛んでる時間って1時間半もないんじゃないかしら。
DSC07764
 隣国なだけあって、日本語表記充実。
DSC07768
 「貨物投下中!」
 まぁ、投げてるんだろうね。


空港鉄道でソウル駅へ

 さて、鉄道の駅へ移動。
DSC07772
 なんだかすごい広いけど、使ってるのは1面2線だけという謎の駅。
 先に来た各駅停車でソウル駅まで行くことにする。
DSC07773のコピー
 電車の中はLINEだらけだった。さすが韓国企業!でも、韓国でメジャーなのはカカオトークなんだっけ?
DSC07774
 車内案内表示も日本語対応やで。
DSC07776
 ソウルに向けて橋を渡るよ!

 KULでは例によってTRADERSに宿泊。
 ステーキ食ったりしてたけど、特筆すべきものではなかったから省略!
 というわけで翌朝Grabでまた空港に戻ってきたのでした。ちなみに今回の旅行ではじめてのGrabはBKKの空港からホテル往復とKULの空港からホテル往復で、あっという間にゴールドメンバーになった。
 さて、今回はえびちゃんオススメのマリンドエアに初搭乗。


初のマリンドエア!ラウンジはなし!

 早起きしてやってきたよ。
DSC05156のコピー
 チェックインしてボーディングパスをもらう。今回は片道のビジネスクラス。
 席は1F。マリンドエア乗るなら1Fに乗れ!って誰かさんが言っていたのでアドバイスには素直に従う。
DSC05154
 MHがやたらとA350を推してる。
 LHRとNRTとKIXに飛んでまっせ!
 出国はビジネスクラスなので、プレミアムレーンを通って、快適に通過。
DSC05155
 マリンドエアはKULが本拠地なのにラウンジなし!
 よってミールクーポン配布。まぁ、いただけるのはありがたいんだけど、いくら分使えるのか謎。
 特に食べたい店もなかったので、たまにはバーガーキングでも食べるかと思ってサテライトまで行く。
DSC05157
 なんか金額上限いっぱいまでぜんぜん頼んでいなかったらしく、レジのお姉さんが水だのなんだのいっぱい追加してた。たぶんレシートを付けて請求するんだろうね。カラ伝票打って請求を上限いっぱいにするんでしょう。


搭乗

 さて、メインターミナルに戻って、搭乗。
DSC05158
 G1なるゲート。とりあえずKUL名物の搭乗待合室に入るためのセキュリティチェックを受けて、エスカレーターを降りる。
DSC05160
 あー、やっぱりバスゲートね。
DSC05161
 この搭乗待合室でしばし待機してから搭乗。
 ビジネスクラスの優先搭乗とかそういう概念はなく、みんな一斉に搭乗。
DSC05163
 バスに揺られて飛行機までやってきた。
DSC05164
 おおー。Batik MALAYSIA塗装。
 調べると、Batik Air所属機って出てくるんだよねー。Batik Air Malaysiaがオペレーターとか出てくるけど、コレってマリンドエアのことなのかしら。
 と、わからないので、えびちゃんに聞いてみたら、Malindo Airという名前をBatik Air Malaysiaにリブランディング中とのこと。 え、フツーさ、ホームページとかから変えるんじゃないの?まだホームページがマリンドエアのままなんだけど。まー仕方ないか。元々インドネシアのライオンエア系列だし。
DSC05165
 なんか懐かしいビジネスクラスシートだねぇ。
DSC05167
 うむ。懐かしい。
DSC05170
 なんかこのレバーとかね。あれ、JALでもこんなレバーのビジネスクラスあったよね?
 座り心地はそれほど悪くない。
DSC05169
 ウェルカムドリンクはリンゴジュースにした。
 お水かリンゴジュースかって感じだった。まぁ、朝だからね。昼でも夜でも酒ないかもしれないけど。

スポンサードリンク

離陸

 さて、朝一発目なので特に遅延もなく離陸。
DSC05173
 今日も野良ジャンボがいるね!(いや、ずっといるけど)
 そういえばこの持ち主って発覚したんだろうか。
DSC05179
 MHの使い道がないA380も駐機中。
 結局イスラムチャーターに使ってたけど、今日本線に入ってるんだっけ?
 というわけで、空港ウォッチングも終わり、離陸。


機内食&機内誌

 さて、機内食。
DSC05180
 まずはオレンジジュース。相変わらず酒はなかった。
DSC05181
 まずパンとフルーツがサーブされる。
 メインはオムレツ(だったかな?)とナシレマのどっちがいいかというので、せっかくだからナシレマにする。
DSC05183
 ベリーベリースパイシーとか言ってたけど、それほどでもなかった。
 が、それほどおいしくはなかった。まぁ、ナシレマ自体あんまり好きじゃないからねー。

 さて、機内誌をチェックしよう。
DSC05185
 マリンドって737-900ER持ってるんだ!
 ATR72か737のとても割り切った機材構成。
DSC05187
 まぁ、この路線網だとそういう構成になるか。ただ、オーストラリアにも飛んでる。
 これからどうやって広げていくのかな。ここから広げるとすれば、韓国か日本かってところ。
 と思っていたら、Airlinerouteでこんなツイートが。
 ビックリしたことに日本初就航が千歳!マジかよー。しかも、台北桃園経由。
 スクートとかと同じようなパターンだよね。今ある台北便を千歳まで引っ張ってくるんだろうけど、関空でも成田でもなく、千歳っていうことに驚いた。


到着

 特に面白いこともなく、イラッとくることもなく、コロンボ到着。
DSC05194
 コロンボに昼間に来るのも久しぶりやなー。
DSC05196
 となりはエアアジア。この便はボーディングブリッジ使ってるように見えたけど、後ろに階段付けているのはなんでだろう。資材の搬入かな。それとも乗客もそっちから出させてたりするのかしら。
DSC05197
 あぁ、懐かしいね。なんかこの廊下を見るとコロンボに来たなぁって思う。
DSC05198
 仏様も相変わらず。

スポンサードリンク

今回はスリランカ旅行だ!

 さて、今回は入国するよ!
 すげー久しぶりのスリランカ入国で、コロンボ市内へ。何年ぶりだろうか5年ぶりぐらいかな。
DSC05200
 到着フロアの微妙に壊れてるパタパタもまだまだ現役。
DSC05201
 日本のカーナビが載ったUberでコロンボ市内に向かいまっす!

↑このページのトップヘ