FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:A330-300

 今回の旅行の解説からスタート。
 そして、なぜ私がチャイナエアラインに乗ったか。


今回の旅行

 今回の旅行は、とりあえず花巻空港から台北に出て空港で仮眠。
 その後朝一のCX463(TPE0600-HKG0745)で香港に出て、AY102(HKG0910-HEL1430)でヘルシンキ、そしてポーランドのクラクフまで移動するつもりだった。まぁ、CXとAYは別切りという綱渡り旅程ね。
 そしたら香港に台風が襲来する見込みになったのね。AYが欠航するかどうかがなかなか決まらなくて、CXは結構早めに欠航が決まった。とりあえず万が一、AYが飛んじゃうかもしれない(別切りなので航空券が無駄になる)ので、とりあえず花巻空港の待合室で台北に着いてからギリギリ間に合いそうなCI便を予約。同時刻に飛ぶBR便も欠航を決めたので、まさしくコレが香港に行く最終便。空席がみるみるうちに減っていったので、買えて良かったー。いや結果的には良くなかったんだけど。
 ちなみにホテルは予約してなかったので無問題!


入国して荷物をピックアップして出国

 IT259便の台北着は20時50分。一方、CIの台北発は22時05分。時間は75分。チェックイン締め切りは60分前までなので実質15分。こりゃ無理だろーと思いつつやるしかない。だってこれが香港行きの最終便なのだから。
DSC09160
 いやね、焦ったよね。飛行機を降りてからずんずん進んで、イミグレも常客証で突破し、バッゲージクレームに到着したのが20時50分。ちょっと余裕が出てきた。そして、同一レーンで何便分もの荷物を流し始めた。荷物が出てこないとやきもきやきもきして、21時頃ようやく出てくる。
 そこからね。ダッシュだよね。なんとか60分前ギリギリにCIカウンターに到着。ダッシュで駆け込んだら、カウンターのおっちゃんに「大丈夫!間に合う!」と言われる。
 その後出国して、ふと調べるとAYの欠航が決まってた。
 ええええええ、だったらCI便キャンセルしてなかったよ。何が楽しくて台風の香港に行かなくちゃならないんだよ。ホテル代も高いし、それなら台湾にいるよ!
 とはいえ、もう出国しちゃったし、荷物も預けてるし、今からキャンセルすると多大な迷惑がかかる可能性が高いので、仕方なく乗ることにする。

スポンサードリンク

というわけで失意のままゲートへ

 これほど乗りたくない飛行機は初めてだ。
DSC09162
 こんな時だけ、ゲートが無駄にいい。イミグレから近いA7ゲート。
DSC09165
 どうせラウンジも使えないので、速攻でゲートに行く。
 BRやCX欠航の影響か、ほぼ満席の模様。


機内食

 もうね、テンションが下がりまくっていて、写真が雑なの。
DSC09166
 座席は標準的なヤツだったと思う。
 エンタメの画面を見る限り、オンボロ機材。今時、こんな機材ある?って思ったけど、思い返してみれば結構あるな。
 時間通りに出発。
DSC09169
 機内食はあんかけご飯。
 最近、CX載らないからわからないんだけど、CXって相変わらずパン配ってるの?
 CIは意外とちゃんとしたものがでてきた。
DSC09171
 デザートのチョコレートがパンパンになってた。


到着。そして移動。

 なんとか香港に到着。
DSC09179
 出発案内板が赤字だらけ。
 2時20分発を最後に全て欠航。
 とりあえず明日のホテルは台北で取ったけど、今晩のホテルは取ってなかったりする。
 とりあえず明日のホテルに突撃してみよう。
DSC09182
 ホテルジェンも台風対策モード。
 非常に大きな台風が来ると言うことなんで、街中窓ガラスはテープがしてあった。
 予約ないけど、部屋が空いているということなので、一泊分追加してチェックイン。
DSC09183
 ふぃー。疲れたぜぇ。

 さー帰るよー。ウソ。帰らないよー。
 でも、スリランカからは脱出。


お久しぶりのCX

 ターミナル入るのに荷物検査して、カウンターに行くのに荷物検査。
 いつもながらこのダブルチェックに意味があるのか不明。
 さて、今回はお久しぶりのCX搭乗。調べてみたら昨年の9月以来。
 ずいぶんと乗ってないなー。
DSC05513
 色々良くしてくれたのに乗ってなくてごめんね。
 なので、今回は丸子に付けちゃいます。一応、これで緑丸子維持。
DSC05514のコピー
 まぁ、緑丸子を維持してもたいした御利益はないんだけど、予約を無料でホールドできるのが利点。
 ラウンジと香港のアライバルラウンジのインビをもらう。


出国後エリアとラウンジ

 そういえば初めてビザ代払ったんだなーなんて思いながら出国。
DSC05516
 おい!ディレイが多すぎて出発案内が役に立ってねーぞ。
DSC05518
 乗り継ぎカウンターはわっしょいわっしょいしてた。
 いつもながら、なんで混んでるのか不明なんだけど、CMB乗り継ぎのときってCMBから先の搭乗券でないからだっけ?CMBタッチもやらなくなってしまってよくわからん。UL同士でもダメなのかな。
DSC05517
 空港の模型があった。ここまで拡張できてないっす。
 将来的に拡張するのか??
DSC05520
 スリランカ航空のファーストクラスラウンジ。
 ワンワールドのステータス持っててもUL利用じゃないと入れない謎ラウンジ。
 入ったことあるけど、共用ラウンジに比べればミールが多いくらいの違い。
DSC05521
 こちらはファーストクラス相当の共用ラウンジであるLOTUSラウンジ。
 プライオリティーパスで入れるよ。
DSC05515
 こちらはビジネスクラス相当の共用ラウンジであるARALIYAラウンジ。
 この2つの違いはイスが違うだけ。マジで。それ以外は客層の違いのみ。
 プライオリティーパス持ってるけど、今回は同行者がいるのでARALIYAに入る。
 特筆するところは一切ないので省略。

スポンサードリンク

出発ゲートへ

 同行者とバイバイして、ゲートへ。
 同行者はNH修行しているので、エアチャイナで成都に行くんだそうだ。
DSC05522
 次にCMBに来るのはいつかなー。来年かなー。
DSC05523
 CMBの空港のトイレって清掃員がチップよこせって、たまにたかりに来るのでそのときはこの写真を見せてやりましょう。
DSC05524
 遅延しまくっていたジェッダ行きと同じ手荷物検査場を通る。3回目の手荷物検査。
 この空港はSINとかKULと同じで出発と到着が混じるので仕方がない。


出発

 今宵の宿へ。
DSC05525
 キャー、キャセイサーン!
 相変わらずのもぎって半券をボードに貼る方式。
DSC05529
 いやー本当に良くなったよねー。
 昔はBKKかSIN経由でリージョのビジネスで一晩すごして泣きたい気持ちだったけど、今はシーラス。この座席は秀逸だと思うの。
DSC05531
 777に比べると若干狭いシーラス。でも、それでも充分。
 圧迫感があるって人もいるけど、おれは狭いところにこもるのが好きだからOK! 


機内食

 ほぼ定刻通りに出発。さて、5時間ちょっとのフライト。
 夜間のせいか超高速サービス。
 早速メニューが配られる。
DSC05534DSC05535
 キャセイ的には香港コロンボ直行化した結果、長距離カテゴリに入るようになったみたいで、毛布は厚め、アメニティグッズもくれる。
DSC05536
 ちなみにアメニティグッズの中身はこれ。
DSC05620
 なんか簡易的な気がしなくもない。
 ついでにダイヤ会員だけのダイヤ水も配られた。エビアンじゃない!
DSC05541
 さて、酒を飲んで寝ましょう。
 シャンパンからスタート。
DSC05542
 サラダとパン。やっぱねー、なぜだかガーリックトースト食べたくなっちゃうのよね。
DSC05543
 ラムトマトカレーにしたよ。
 コロンボ搭載はイケてないはずなんだけど、意外とおいしかった。トマトのおかげで辛さがマイルド。
DSC05544
 ハーゲンダッツとミルクティーで〆。
 深夜便のせいかあっさりした感じ。
DSC05545
 まだ飛んでこれだけなのに、食事終了。
 いいねー、超高速サービス。これぐらい日系もテキパキやってほしい。

スポンサードリンク

到着~

 さて、一眠りして起きると着陸態勢に。
DSC05546
 乗り継ぎチェック!
 特に変な行き先の客はいなかった。
 ソウルはICNって書くのに東京はNRTって書かなくていいのか?
 ソウルも関空も今は片方にしかCX飛んでないけど、東京はNRTとHND両方あるのに。
DSC05548
 夜行便明けなので、アライバルラウンジへ。
 これなくなっちゃうんだよね。
DSC05549
 シャワーを浴びてさっぱりしてから再出発。

 さぁ、ゴールデンウィークだよー。
 今年もがっつり休んで海外旅行に行くよー。
 日本から出国するためだけで、すでに国内旅行だけどな。


まずは前乗りしてから成田空港へ

 さて、ゴールデンウィークだね。
 仕事が終わって、新幹線の駅へ直行。
DSC05037
 VG券使えない期間なの忘れてたぜ。
 仙台まで自由席は空席多数だったけど、仙台からはみっちり満席。
 やはり東京~仙台が稼ぎ頭なんだなぁ。
DSC05043
 上野駅で下車。この上野駅の上のホームと下のホームが見えるところ好き。
DSC05044
 京成上野駅前のビジネスホテルに宿泊。
 なんか昭和テイスト炸裂だが、泊まってるのはおそらく大陸人多数。
DSC05047
 翌朝はブルジョアですからね。京成スカイライナーですよ。
 株主優待券も仕込む時間なかったので、マジで正規料金で乗車。
 うーん、速いねー。確かに速い。


アウェイな成田1タミ

 さて、今回はTGに乗る。
 1年前に買ったKUL発券の航空券を日時変更しつつ、結局ギリギリになってしまった。
DSC05050
 というわけで、アウェイな第1ターミナルでございます。
 ここから出発するのは2回目。前回は年末にKUL行きに乗った
DSC05052
 ANAじゃないしDIAじゃないので、通れませーん。
 ここは一生通らないだろうな。
DSC05051
 というわけでSFC持ってるしこちらから。
DSC05053
 行ってきまーす。

スポンサードリンク

前回の反省を活かしユナイテッドラウンジへ

 前回さー、年末年始初日で日ペリラウンジに行ってひどい目に遭ったわけよ。
 どうせさー、今日もゴールデンウィーク初日だから芋洗いのごとく混んでて、みんなから揚げに群がってるんでしょ。もうそんなの心底うんざりなので、今日は何が何でもユナイテッド航空のラウンジに行く。
DSC05055
 というわけで、妙に狭いし、天井低いし、なんだか圧迫感しか感じない通路を通ってこちらへ。
DSC05056
 スタアララウンジでございます。
 ここは何がいいかって、とにかく空いてる。
DSC05057
 もうね、雲泥の差よ。
DSC05058
DSC05059
 エサはそれほど上等なものがあるわけじゃないけど、日ペリラウンジよりいいんじゃないかな。
 何を持っていいかという話はあるけど、山盛りから揚げポテトではない。
DSC05061
 なんかね、いいね。殺伐としてないからいいよね。
 広いし、それほど客来ないし。ただ、JBBAが「ユナイテッド!ここ空いてるわよ。ここにおいでよ!」なんてデカい声で電話してたのが減点だ(ユナイテッドのせいじゃないけど)。


搭乗

 さて、搭乗でございます。
DSC05063
 ゴールデンウィーク初日の午前出発便。混まないわけがない。
 搭乗待ちの列もかなり長いことに。
DSC05066
 では行ってきまーす。
DSC05067
 本日の機材はこちら。A330でございます。
DSC05069
 座席はこんな感じね。
DSC05070
 モニター。まぁ、ちょっと古め。
DSC05073
 うーん、ホントはCX乗りたい気もする。この後乗るんだけど。


機内食

 さて、機内食。
DSC05074
 たぶん日本搭載だね。
 いつもながら思うんだけど、このうどんとかそばとか必要?なくていいんじゃないの?そんな食べたい?
 強いて言えば日本への帰り便で薄めためんつゆ飲みたい気がする。正確に言えば出汁を飲みたい。

スポンサードリンク

着陸

 さて、特に何事もなく平穏にド満席のTGはBKKへ。
DSC05081
 BKKは雨だった。
 さて、イミグレはどうしよっかなー。
DSC05082
 BKKはイミグレ入口にこうやってもう一つのイミグレの混雑状況が見られる。
 よって、これで判断するんだけど……、今回はもう一つの遠い方が空いていたのでそちらへGO。
DSC05085
 ただこれをやったときの欠点として預け荷物がある場合、バッゲージクレームが遠くなるという欠点が。それなりに遠いので、果たして回った分速く通過できるのか謎だよね。まぁ、タイだし。一応、イミグレも混雑状況とか写真撮ってるけど、役に立っているのかどうか……。
 迅速な改善案としては、あまり厳重に見なくていい国籍の人を別の列に並ばせるとかそれぐらいしかないけど、それをやっちゃうとそれはそれで問題がありそうだし、たぶん不良日本人とか不良白人とか多いので、できないんだろうなぁ。

 さて、修行だ!ホテル修行にGO!

 今回でCXのコロンボ発券は終了!
 で、ゴールデンウィークの帰りの航空券を取るのは至難の業だったけど、とりあえず許せる金額だったクアラルンプール発券に移行するためにOnewayチケットで行くよー。どこの会社にしようかいろいろ悩んだけど、SQにしてみた。SQのゴールド持ってるからね。

入国即出国

 コロンボの空港って、出国がめんどい。
 ターミナルビル入るのに荷物検査があって、チェックインカウンターに入るのにまた荷物検査。
 ちなみにチェックインカウンター入る前にある売店は地元スーパーなので、最後スリランカルピーを使い切るにはいいところだよ。紅茶とかそこそこ安く買える。
 で、チェックイン&荷物ドロップ。
DSC08093
 やたらと時間がかかるイミグレを通過し、また元の場所へ。
 ラウンジで休憩後、ゲートへGO!
DSC08092
 ボーディングすら始まってないのにファイナルコールを出すコロンボ空港。
 なんだかよくわからんけどそうなってる。たぶん最後の荷物検査に時間がかかるからかな。ベルトとか靴まで外さなきゃいけない厳重な検査なんだよねー。


座席

DSC08095
 シートはどこかで見たことあるようなシート。でも、このイス嫌いじゃないです。
 2-4-2のシートで、可能な限り隣が空いてるシートでよろしく!って言ってこの席だったけど、4列真ん中に日本人カップルが来た。えー!
 たぶん二人並んで座れるところで通路側が日本人のところをアサインしたのかな。


機内食

 SQはエコでもメニューがある!
DSC08097
 食べるつもりなかったけど、隣のカップルが食べてたからノリで自分も食べてみる。
DSC08098
 まぁまぁおいしかったよ。
 隣のカップルが照度全開で映画見てたり、寝ても液晶消してなかったので、眩しくてあまり眠れず。しまったー。アイマスク持ってくれば良かったー。

到着してリフレッシュ

 というわけでシンガポール到着。
DSC08101
 コロンボは深夜に乗継があるのがキツいよねぇ。
 なんであんなに便が深夜に集中しているのかがわからんけど。
DSC08102
 さて、次の乗継便は夕方!
 荷物はそのままスルーなので、時間も気にせずプライオリティパスラウンジでシャワーを浴びて、ペリエも飲んですっきりしたので、夕方までパワーシンガポールだ!シンガポール久しぶり、特に行きたいところないけど。

 お久しぶりのコロンボタッチをやったという話。
 今回は変則なんだけどね。

空港までバスでGO!

 黃埔花園バスターミナルE23系統バスで出発。
DSC08051
 紅磡駅を立体交差で渡る。
 なんか新しい路線作ってるなぁ。これって何だっけ?と思っていたら、馬鞍山線が延びてくるのね。しかも西鉄線と直通運転だとか。どこに土地があるんだ?ってぐらい路線作ってるよねぇ。
DSC08055
 E系統なので空港島をぐるぐる回る。國泰城も通る。
DSC08053
 中の人~、ちょっとマルコポーロ改悪しすぎじゃないですかー。


チェックインからのラウンジ放浪

 というわけでサクッとチェックイン。
 今回はスリランカ出国はCXじゃないので、スリランカ出国のチケット見せろと言われるかと思ったら、特に言われなかった。信用されているのかしら~。
DSC08063
 とりあえず夜行便なので、Wingのお風呂に入る。
 いやー、CXはダイヤ様が減ったのかカバナも空いたねー。
 利用時間制限ができたせいかもしれないけれど。
DSC08068
 そしてPierに移動してアンガスビーフバーガー。おいしいよねー。
DSC08069
 デザートにクレームブリュレも食べちゃう。だって、この後機内食も食べずに爆睡する予定だから。
 やはり香港のラウンジ飯はPierのFラウンジが最強かな。まぁ、それでもオープン当初よりクオリティ下がってるんだけれどね。


さて、搭乗

 ギリギリまでラウンジ乞食をして、おなかを満たしてから搭乗!
DSC08070
 今回のゲートは45番、Pierからは微妙に遠い。
DSC08073
 コロンボ便はA33E。
DSC08074
 シーラスシートがありがたい。
 昔のBKKとかSINとか経由してた時代はリージョシートだったからね。1レグ1レグはそんなに長くなかったからなんだけど、コロンボタッチやってた頃は辛かった。
 香港から直行になったおかげで、BAのティアポイントが140TPゲットできるようになった。千歳まで行けばそっちも140TP。コロンボ発券千歳行きビジネスクラスで往復560TP。3往復すればBAゴールドだね。BA4レグが別に必要だけど。ただ、コロンボ発券もそんなに安くなくなったので今回でおしまい。安くなれば復活するかもだけれど。


機内食

 さぁ、みんな大好き機内食!
 とりあえず、食べないつもりだけれどメニューはチェックしよう。
DSC08078DSC08079
 おおっ!
 lambがある!
 CXのビジ飯のラムはおいしい!
 予定変更。食べるしかねーな。
DSC08080
 というわけで前菜から。
 いつも通りな感じだね。
DSC08081
 ラムキター!
 CXのラムはおいしいので、無理してでも食べる。
 それ以外はアレだけど。
DSC08082
 チーフル(チーズフルーツ)ステージへ。
 まぁ、チーズはもうおなかいっぱいなので食べなかった。
 フルーツはビタミン不足解消のためにも食べる。
DSC08083
 でも、甘い物は別腹~。
 Toffeeってなによ?って思ったけどバターと砂糖を加熱して作る菓子ということで、超こってり。


エビアンくれた

 今回のフライトは食べ物がキビキビしたスピードで出てきた。
 とにかくガーっとサービスして、とっとと寝ろー!みたいな。時間帯が時間帯なので、好印象。
DSC08084
 起きたらエビアン置かれてた。
 今まで金丸子でももらえず、ワンワールドエメラルドでもくれなかったのにー。
 初めてのエビアン。

 丸子改悪でダイヤ様が減ったのか、他社エメとかのサービスが良くなってきたよねー。
 丸子には戻らないけれど。


深夜のコロンボに到着

 眠い。寝たけど眠い。
DSC08085
 あー、またここに戻ってきたよ。
 荷物が不安だったので、一度入国してピックアップ。
 コロンボタッチは入国するしないに関わらず、ビザの申請はして置いた方がいいよ。Transit Visaなら無料だし。結果的に入国しなくてもいいわけだし。前日ぐらいに申請しておけば瞬時に来るしねー。ちなみにプリントアウトしなくても大丈夫だけど、不安ならスマホにPDF入れておけばいい。
DSC08086
 到着ロビーにShangri-laのブースできてた。そういえばスリランカにできたんだっけ。たしかリゾートだよね。コロンボにShangri-laできたら、行ってみたい。こんだけ行ってるけど、コロンボ市内に行ったのは1回だけだしね。
DSC08089
 そして、相変わらずところどころ壊れてる、到着便案内パタパタ。
 到着ロビーから出発チェックインカウンターに行くには一度外に出なくちゃいけないので外へ。
DSC08090
 南三陸ホテル観洋のみなさーん!おたくの使ってた送迎バス、今はスリランカで働いてまっせー!

 夏休みが消費し切れていなかったので最後の一日を使って4連休。ただ、色々と激務だったので急遽休みが決定。世間では3連休スタートの朝、とりあえず発券作業から始める。

 消費しなくちゃ消えてしまいそうなアジアマイルがあったので、CX549-KA450の乗継で高雄まで、帰りも同じルートをビジネスクラスで発券。ホントはPYで発券したかったのだけど、空席表示がでてるのにエラーが出て何故か発券できなかったんだよねー。

 というわけで発券も終わって荷造りも終わったので、そのまま家を出発。

 早いけど、あらかじめアプリで搭乗券ダウンロードしてそれで出国。出国してから気づいたけど、大ディレイが決定してた。まぢかー。4時間半のディレイ。そうすると確実に今日中に高雄まで行けない。とりあえずCXラウンジで「どうなりますかー?」とQをだしておいてとりあえず食事する。
DSC05127
 あれ?お昼ご飯でもフレンチトーストが入ってる!やった!先週食べられなかったフレンチトースト食べよう!
DSC05125
DSC05126
 これって卵焼きでしょ?とよく言われるフレンチトースト。
 これ大好きなんです。一気にご機嫌になる。いや、別にディレイも楽しんでるので怒ってないんだけど。

 そして、ラウンジで提案してもらったのは香港でホテルを用意するので、翌朝の便で高雄まで行ってほしいとのこと。でも、この遅延時間だと香港で空港出られるのはおそらく1時頃。翌朝の便の1番は8時発だから遅くても6時頃ホテル出ることを考えるとほとんど寝られない。どこのホテルがでてくるのか楽しみではあるんだけれど……。
 というわけでこっちから色々と提案してみる。

 提案1
 こっちでJALの台北松山便を予約するので、今回の航空券をオールキャンセルしてマイルを口座に戻して欲しい。
 提案2
 チャイナエアラインの台北松山便もディレイしてまだ飛んでないので、この便にエンドースしてもらえないか。

 で、CXからは提案2でOKがでた。ただし、高雄までの交通費は出ないので、自腹が条件。
 (若干損した気がしなくもないけど)特にそれで文句はなく、むしろ初めてのチャイナエアラインに乗れるので楽しみ。
DSC05130
 というわけでホントのぎりぎりにゲートへ。ゲートで搭乗券をもらう。
DSC05131
 おおー。チャイナエアラインだ。初めてのチャイナエアライン。
DSC05133
 座席は古めな感じ。
 台北松山空港はある程度詰め込みが効く機材にしたいとかなのかな。
 ちなみにこの機材は台北松山空港ベースなので、本拠地の桃園空港には行かない模様。基本的にはTSA-HND-TSA-HND/HND-TSA-SHA-TSAっていうのを繰り返しって感じ。どっか経由で桃園の機材と入れ換えてるのかと思ったんだけど違うんだね。
DSC05135
 ウェルカムドリンクと何かのお菓子(食べなかった)。
 CAとかなんとなく日系ぽい感じがする。あんまりフランクさがない感じ。
 HND線だから?それともビジネスクラスだから?
DSC05138
 本日の機内食メニュー。
DSC05139
 ドリンクメニュー。
 うーむ、和食は地雷な感じがしなくもないので、洋食チョイス。
DSC05140
 チャイナエアラインってワンプレートなんだね。JALみたい。ただ、お皿とかがこっちの方が(若干)高級感がある気がする。いかにも効率悪そうな丸皿だしね。あとはデザートにケーキとコーヒーが出て終了。ボリュームは控えめな感じかな。
DSC05146
 というわけで初めてのチャイナエアラインは可もなく不可もなく。普通なフライトでございました。
 でもね、これ値段が安かったらすごいいいと思う。チャイナエアラインってたまに大安売りしてるし。

 さて、23時半高雄着が18時半に台北着になった!
 どこで泊まることになるか分からなかったので、まだホテルを取ってない。急いで予約しなきゃ。

 さて、初めての福岡からの出国。

 今まで日本のイミグレ通ったことがあるのは、羽田空港・成田空港・新千歳空港・中部国際空港・博多港のみ。イミグレのスタンプ集めてやるー(本気ではありません)。
 ちなみにどれくらい種類があるんだろうと思って調べてみた。法務省の統計によれば2015年で出入国実績がある港は218カ所。中には1人とかあるので、全ての港にスタンプは用意されて無くて、もっと少ないはず。
 この統計って面白くて、ここから出入国するのはどんな人なんだろうかとか想像してしまう。気になるよねー。硫黄島とか。一人だけの出国とかいったいどういうことなのかとか。
DSC04246
 本題に戻って、国際線ターミナルへはバスで移動。専用道路を走って空港の滑走路はさんで反対側である国際線ターミナルへ。
DSC04247
 今時、受託手荷物のチェックを受けてからカウンターに行く方式。
 「隣が空いてる窓側ありますかー?」と聞くと、「じゃー、隣席はなるべくブロックしておきますねー」とのこと。いやー、CXのGOLDだけど隣席ブロック明言されたのは初めてだぞ。あんまり上級会員いないのかな。
DSC04248
 反対側のカウンターを見るとJALの表示。おいおいJALが飛ばなくなって結構たってるよねー。

 おとなしく出国してラウンジへ。狭い狭い通路を通り抜けた先にあった。
DSC04258
DSC04257
DSC04251
 昔、就航路線が無いのになぜかJAL運営のサクララウンジだった、現・ラウンジアジア。サクララウンジだった頃の名残なのかJALが一番上。

 国際線ラウンジは羽田・成田以外の空港に対しては期待を持ってはいけないのだけれど、あまりにも衝撃的だった。
DSC04254
DSC04255
 食事系。パンとカップラーメンと肉まん。
DSC04253
DSC04256
 ドリンクはこんな感じ。羽田の国内線のダイアモンドプレミアラウンジよりひどいんじゃないか。
DSC04252
 座席もぎちぎち。
 まぁ、短距離国際線だからいいんだけど、これでヨーロッパとか行くのは泣ける……って思ったけど、利用航空会社から考えると一番遠くてバンコクくらいか。
DSC04260
 搭乗~。案内表示システムは羽田国際線と同じだね。
 優先搭乗で乗った人も数人程度。
 CXは台北経由香港行き。直行便は確かKAが運航してる。
DSC04262
 今日の機材はA330-300。
DSC04263
 座席は苦手なずり下がりシート。これどうにかなんないかなー。
 搭乗完了して隣の空席が確定。でも、そもそも機内すげーガラガラだった。たぶん一般人が隣空けといてって言っても空けられるぐらい。ちょっとビックリ。
 機内食も事前に聞かれて、珍しくちゃんと上級会員ぽく扱われた。空いてたからね。
 日本人CAに「本日はチキンの甘酢味のなんとかかんとか~」って言ってたけど、要はチキン南蛮だった。
DSC04267
 フツーにおいしかった。福岡でナイトステイしてるから、福岡搭載の機内食かな。
 いつもは羽田成田から台北なので、福岡~台北はかなり時間が短く感じた。
DSC04269
 台北到着~。すげーCXだらけだ。台北なのに。まぁ、CXの準本拠地で、以遠権行使して成田、中部、関空、ソウルにも飛ばしてるし、香港は便数多いからなぁ。
DSC04271
 相変わらずイミグレの混みっぷりがすごい。常客証もっててよかったー。でも、そろそろ自動化ゲート使えるようにして欲しいよね。

 さて、Shangri-laをでて一路空港へ。
 帰りも暑かったのでUberにしちゃった。
Uber Riders
 運賃はバンコク市内→空港は定額THB350+高速代。ちょっと遠回りしてるけど、高速代が安いルートで行ってくれたみたい。もしかしたら行きと同じルートでは行けないのかもしれないけれど。下道走る時間も長くて時間もそれなりにかかってる。

 BKKからHKGまで、何で行こうか迷った。結構いろんな航空会社が飛んでるんだよね。

  HX(香港航空)
  TG(タイ国際航空)
  O8(サイアムエア)
  EY(エミレーツ航空)
  RJ(ロイヤルヨルダン航空) 週4便
  CX(キャセイパシフィック航空)
  OX(オリエントタイ航空)
  UL(スリランカ航空) 週3便
  KQ(ケニア航空) 週3便  

 どうせだったら以遠権便に乗りたい。なおかつワンワールド系ということであればRJかUL。でもこの日はULしか飛んでなかったのでULで。それにしてもケニア航空とかどうなんだろうね。2000年以降2回墜落してる。乗ってみたいようなみたくないような。
DSC04136
DSC04148
 というわけでスリランカ航空でございます。特に長蛇の列ということもなく。
 ラウンジはただのPriorityPassで使えるラウンジなので、CXラウンジへGO!
DSC04140
 お食事メニュー。
DSC04144
 カルボナーラを頼んだらものすごい水っぽいカルボナーラが出てきた。日本の冷凍食品の方が完全においしいレベル。カルボナーラとシュウマイというすごい組み合わせをしてしまった。
DSC04149
 BKKって飛行機の写真撮りづらいよねぇ。
DSC04150
 エティハドってこの区間香港航空とコードシェアしてるだけかと思ったら、スリランカ航空ともコードシェアしてるみたい。
DSC04151
 さて、搭乗。座席はそこそこ座りやすいね。
 まくらがデフォなのがナイス!
DSC04154
 セーフティービデオで右側の人は搭乗時ひたすら太鼓を叩いてて、荷物をしまうとテーブルを叩いてるっていう、謎の人物。なんかちょいちょい変な人を織り込んできてる。
DSC04155
DSC04156
 CMB→BKK→HKG→BKK→CMBの4レグ分が一緒になったメニュー。HKG→BKKだとマッサマンカリーがでるのかー。食べてみたい。全部カレーかと思ったらそうでもないのね。今は無きCXのBKK→CMBのCでタイカレーかインドカレーの2択だったことを思い出す。
DSC04159
 チキンとチャーハンにした。
DSC04162
 この日の香港は北側からのアプローチ。香港周遊コース。
 このアプローチだと香港来たぞーってわくわく感がでてくるよね。
DSC04163
 啓徳空港改めフェリーターミナルが見えた。こんなところに着陸してたんだからすごいよね。香港カーブを経験してみたかった。
DSC04166
 到着ゲートは初めての200番台!ミッドフィールドコンコースって香港航空や香港エクスプレスの根城じゃないのー?でも、ターミナルがコンパクトですぐに電車に乗れてイミグレまで直行できるので、悪くないなって思う。出発便だとたぶんラウンジがなかったりするので悲惨だけど。

↑このページのトップヘ