FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:A321

 テロで揺れるコロンボからの脱出!
 いや、何も無かったけど。


コロンボからの脱出チケット

 テロが起きて、夜間外出禁止令がでているコロンボから脱出じゃ。
 一応、深夜のチケットを持っていれば夜間外出OKらしいのだが、そんな状況でコロンボ市内に入るのもアレなので、脱出する。
 とりあえず、第一候補はCXでそのままとんぼ返りすることなのだけど、これがなんと満席。調べてるときは残9とかだったのに、あっという間に満席。よってこの案は消滅。
 他への脱出ルートを考えると、CX便の到着時間の関係もあって、どこにも脱出するのが難しい。よって、結局朝一のULになりましたとさ。
 なので、空港に宿泊することになる。


コロンボ空港のラウンジ

 コロンボ空港にはラウンジがいくつかある……けど、おそらくミールを提供している会社は同じなので、食事面ではほぼ一緒。たいしたものが出てくるラウンジではない。一応、ワンワールド絡み利用時の条件を元にラウンジを紹介する。なので、ワンワールド以外利用したとき、どこのラウンジになるのかは知らぬ。

Serendib Lounge
 スリランカ航空が運営するビジネスクラス、ファーストクラス向けのラウンジ。エコ搭乗の場合、ワンワールドのステータスがあっても入れない。ワンワールドホームページの記載を見る限り、ワンワールド他社でもビジネスクラス、ファーストクラス搭乗の場合使えるはずなのだが断られたことがある。 よって、堂々と使うにはスリランカ航空のビジネスクラス以上に搭乗する場合に限られる。
DSC04019
 場所は免税店などがあるあたりの近く。
 ま、入室条件が厳しい割にスゴいラウンジではないのだけれど。1回入ったことがある。当時はワンワールドエメラルドステータスで入れた。

Serendiva Lounge
 名前がスゴい似ているけど、スリランカ航空が運営するエコ搭乗でワンワールドステータスがある場合に利用できるラウンジ。ワンワールドのHPによれば、ワンワールド他社利用でも使用できるはずだけど、CX利用の時に入ろうとして断られたことがある。
 場所は出発フロアとは違うところにあるので注意。入国審査近くのエレベーターを上がったところにある。

Araliya Lounge
 CXでコロンボタッチをしていた人にはおなじみのラウンジ。出発ゲートに向かう途中にある。
 CXとQRの指定ラウンジ。CXとQR搭乗で、ラウンジには入れるステータスがあれば入れる。深夜帯だと確実に飛行機マニアな日本人がいる。シャワーが一室しかなく、掃除されてないので使う気が萎える。スタアラ関係もここが指定ラウンジだった気がするので混む。

Lotus Lounge
 一応、格付けはファーストクラスラウンジ相当。出発ゲートに向かう途中にある。CXのワンワールドエメラルドステータス所持者が利用可能。あと、プライオリティパスでも利用できる。プライオリティパスを持っているんであれば航空会社ラウンジよりも、ここを使うのが(比較的)快適。ソファーがフカフカなので寝やすい。CX利用便で使うときにはラウンジインビがないと入れない。

Executive Lounge
 このラウンジはMH利用時の指定ラウンジ。出発ゲートに向かう途中にある。
 入ったことはないけれど、クレジットカードの上級会員とかでも入れるラウンジだし、おそらくAraliyaと変わらないんじゃないかと推測。

Emirates Lounge
 エミレーツ指定ラウンジ……というか直営ラウンジ。
 さすが、1日3便ドバイ(+1便マレ)に飛ばしてるだけあるぜ!場所はSerendiva Loungeと同じく、入国審査近くのエレベーターを上がった先にある。
 エミレーツ童貞の私が入ったことあるわけなかろう。

Palm Strip Lounge
 気づいたらできてた。
 プライオリティーパスでも入れるらしい。詳細は謎。
 場所は写真を見る限り免税店街の中。たぶん、以前はレストランだった気がするんだよなー。

 書いてたら疲れたぜ!
 たぶんこれで全部のハズ。

スポンサードリンク

Serendiva Loungeに行ってみる

 さて、コロンボ空港で寝床探し。
 とりあえずせっかくスリランカ航空利用なので、Serendiva Loungeに行ってみるか。
 入国審査の近くに看板が出てる。あの大仏の手前で左に行けば良い。
DSC04020
 看板が出てるえけど、わかりにくい。後ろのエミレーツの看板が出ている所にあるエレベータで上の階に行く。
DSC04022
 ドアを通り抜けずんずん進む。
 トランジットホテルのフロントみたいなところでチケットを見せて入場。
DSC04023
 トランジットホテルの一部がラウンジ。

DSC04024
 色々ミールがあるでよ。かなりの比率でカレーだけどね。
DSC04026
 客が誰もいないのでスカスカ。
 係員もカウンターで寝てる。
 いやー、このイスね、眠れない。ホント眠れない。
 というわけで、早々と退散してLotus Loungeに行って寝ましたとさ。
 あちらはソファーはふかふかだし2人掛けソファーもあって、なんとか眠れる。


朝のコロンボ空港

 寝たんだか寝てないんだかわからない状態で朝を迎える。
DSC04028
 唐辛子……違う孔雀がいっぱいや!
DSC04029
 なんかこの通路を通るたびに、あぁコロンボ空港だなぁって感じがする。
 とりあえず何も考えず歩いてったけど、次の便はバスゲートだった。
 戻って階段を降りてバスゲートへ。


バスゲートからの搭乗

 手荷物検査を受ける。
 元々コロンボ空港は検査が厳しいので靴を脱いでベルトも外さないといけない。
 特にテロだからといって厳しくなったわけでもなく、空港は平常運転。
DSC04030
 心なしか、イスラム女性が多い。
 スリランカでのテロはイスラム系が起こしたものとなっていたので、もしかしたら弾圧を恐れて同じイスラム国であるマレーシアに脱出するってことなんだろうか。
DSC04032
 早めに移動したつもりだったけど、大混雑の手荷物検査を通過した頃にはファイナルコール。
DSC04034
 座席はこちら。
 機材は元カタール航空のA321。
 それほど長距離ってわけではないが、枕付だった。
DSC04035
 機内エンタメもちゃんと付いてた。
 比較的新しい感じがする。
DSC04036
 もちろん日本線も飛んでるので、日本語にも対応。
 幸い隣は空席だったので、快適な空の旅が保証された。

スポンサードリンク

セーフティービデオ

 出発準備が整い、セーフティービデオ上映。
DSC04039
 草原の中、徒歩で出勤するCA達。
 出勤するのも一苦労ね。
DSC04041
 ひたすらテーブルをたたく、迷惑太鼓たたきおっさんも健在。
DSC04042
 最後はスリランカの国鳥孔雀で締める。
  これらのビデオはYouTubeでも見られるよ!

 苦労が多い、徒歩出勤のCA動画はこれ。

 セーフティービデオはこれ。
 結構このセーフティービデオ好き。太鼓のオヤジがいい味出してる。
 なんか子供がかわいくないけど。


離陸~

 いよいよ離陸。
DSC04044
 なんか変な飛行機がいるのに気づく。
 いつもコロンボ空港に来るのは深夜だったので気づかなかった。
 これ保存されてるのかな。
DSC04045
 というわけで、バイバイコロンボ。
 機内食までの間機内誌チェック。
DSC04047
 どことコードシェアしてるかとか見るの楽しいよね。
 意外とワンワールドだけでなく、エティハドとかとコードシェアしてる。
DSC04050
 あれ?成田便なくなってる?
 ミスっただけだよねぇ。
DSC04049
 こうやって見るとスリランカ航空の長距離花形路線はメルボルン、ロンドン、成田って感じかな。


機内食

 機内食は当たり前だけど、朝食モード。
DSC04046
 エコでもメニューが配られた。
 オムレツかミルクライスかマサラの何か。
 うーん、無難にオムレツにするか。
DSC04052
 オムレツの右上に乗っかってる練り物っぽい何かが意外とおいしかったよ。

スポンサードリンク

着陸~

 3時間半のフライトは特に変な客もなく、ぐっすり眠ってすごす。
DSC04053
 みんな大好きKULに到着~。
 こんなルートでクアラルンプールにくるのは俺ぐらいなもんだろう。さすがに疲れたぜ。
 野良ジャンボを見るたびに、KULに来たぜ~なんて思う。いつまであるんだろうね、野良ジャンボ。

 長い長い(急遽発生した)台湾旅行も、もう終わり。
 さぁ、かえっぺよ。


バスで桃園へ

 サンルート台北のいいところは目の前から桃園空港行きのバスがでること。
 ただ[1841]系統なので、高速を途中で降りて下道で空港目指すのでちょっと時間かかる。といっても一時間ぐらいだけど。
DSC00137
 朝早いぜ。
 朝日と共に出発。
DSC00139
 バスの中でみんなで踊りながら物騒な言葉が並ぶCMやってた。
 たぶん、台湾政府の広告。


席だけPYなくなる

 さて、桃園空港。
DSC00140
 もっててよかったSFC!
 スタアラゴールド扱いなので、あまり列に並ばずにチェックイン。
 座席ナンバーが変わってた。よくよく調べると77Wが入ると思っていたがA321に機材変更。PYが付いていないので、席だけPYにならず。まぁ、仕方ない。
DSC00142
 さて、EVAの本拠地のラウンジを楽しみましょう。
DSC00143
 BKKでは数少ない食わせラウンジだったけど、TPEのラウンジもそうだった。
 とりあえず食わせとけばいいだろ的な。
DSC00144
 とりあえず、一通りつまむ。
 台湾人はビックリするぐらい食べてた。まぁ、そんなもんかねー。
 それ以外は特徴ないラウンジ。

スポンサードリンク

搭乗はバスゲートから

 さて、搭乗。
DSC00145
 搭乗はバスゲート。
DSC00146
 しかもマイクロバス。
 たしか優先搭乗したんじゃなかったかな。マイクロバスでちょっとビックリする。
DSC00147
 スタアラ塗装機でございます。
 明るい時間にTPEでバス搭乗って初めてかもしれん。
DSC00149
 強烈な朝日を浴びながら出発~。


機内食♪

 行きの香港→台北では夜遅い便のせいかお菓子だった機内食
 今回はこんな感じ。
DSC00152
 まぁ、朝食ですからね。
 パンとお菓子とジュース。
 パンはカレーパンだった。
DSC00154
 行きに続いて、このカトラリーいる?という疑問が……。


到着

 さて、台湾海峡をひとっ飛び。
DSC00158
 海ほたるを見る(違)。
DSC00161
 着陸~。
 相変わらず船が多いな~。
DSC00163
 無事に到着したのでした。
 EVA航空初めて乗ったけど、なかなかいいね!

 さぁ、かえっぺよ。
 DrKと二晩熱い夜を過ごして、少しは仲良くなれた気がするwww
 ブログ記事にほとんど登場しないけどね。まぁ、あんまり登場しない方が彼のためであろう。猛毒だし。


その前に韓国で他に何してた?

 まぁ、スゲーあっさり書くけど、ムグンファ号に乗ってた。
DSC04873
 いいねー。アメリカンな機関車。
DSC04887
 高速バスで帰ってきた。
 おしまい。
 いや、マジでこれくらいしかやってないのよ。


釜山空港まで地下鉄で

 今回の旅行で韓国2回目、釜山も2回目。しかもビートル利用だったので、初めての釜山空港。
 せっかくなので電車で行こう。西面駅から2号線で沙上駅まで。そこから釜山-金海軽電鉄で空港駅まで。
DSC04921
 まぁ。高架ライトレールって感じかな。沙上駅の引き上げ線は縦列停車可能。
DSC04923
 というわけでやってきた空港。
 国内線側のターミナルはなんだかボロい。これは開港時から使ってるのかな?
DSC04924
 右手にちょっと離れたところにあるのが国際線ターミナル。
 ちょっとだけ歩く。

スポンサードリンク

チェックインカウンターはガラガラ

 中に入る。
DSC04927
 まぁ、それほど大きくない空港なので、色々コンパクトに作られていて使いやすい。
DSC04926
 今回のフライトはエアプサン。チェックインカウンターはガラガラだった。
 全く待たずにチェックイン。スマットゥだね。
 こんなにガラガラなのでセキュリティーチェックもイミグレもほぼ待たずに通り抜けることができた。
DSC04933
 出発案内。うん。日本か中国行きだね!
 それにしてもCZのコワンチョウってどこ?
DSC04931
 GUANGZHOU=広州だった。
 なぜカタカナなんだ。他の中国の都市は漢字で書いてるのに。
DSC04934
 天井も高くてイイね。どっかの成田空港に見習ってもらいたい。羽田もか。


ラウンジ乞食の時間

 さて、今回はLCCのエアプサン。当然ラウンジとかないんだけど、プライオリティパスを持っているので、ラウンジに行くことにする。拓さまのラウンジ放浪記で予習しておいたところへGO!
 一部航空会社のラウンジにもなっているみたい。
DSC04935
 一番ホットミールが充実していると言うことで、ここへ。
DSC04936
 確かにいっぱいある。チャーハン、プルコギ、謎のチキンクリーム煮、スープなどなど。
DSC04937
 あとはピビンパを自分で作ることができるよ。
 ドリンクは生ビールサーバーがあって自分でつぐことができるよ。
DSC04938
 まぁ、すごいうまいわけではないけどね。フツー。
 確かに近距離国際線ターミナルでPPで使えるところという意味では、それなりに充実していると思う。
 PPで使えるラウンジはここの他に大韓航空ラウンジが使える。ちなみにアシアナ航空ラウンジはなくなった。


搭乗

 さて、搭乗。
 DSC04940
 ボーディングブリッジに接続していると思いきやバスゲート。
 釜山の場合普通のボーディングブリッジのゲートと、バス利用のゲートが同じような感じで並んでる。
DSC04941
 ちゃんと屋根付きタラップ車!
 屋根なしだったり、手でガラガラ動かして持ってくるヤツじゃないのね。しかも自社のもの。
 さすが本拠地。
DSC04942
 というわけで乗るぜ!

スポンサードリンク

シートとセキュリティビデオ

 というわけで着席。
DSC04943
 あまりの混雑で、シートをちゃんと写真撮るの忘れちまった。
 まぁ、見れば分かるけど、昔の標準的なシート。
 いささかへたってる感は否めないけど、座り心地はそれほど悪くない。
DSC04946
 結構混んでるけど、満席ではなく、隣席は空席。
DSC04950
 セキュリティービデオは一の時代だよって言いたくなるようなCG。まぁ、JALよりマシか。
 ただ、救命胴衣付けた場面がシュールだった。
DSC04952
 では、行ってきます~。

機内食

 激戦極める日韓線LCC。韓国系LCCが何社も乱立しているため、差別化に必死。成田~仁川とか関空~釜山とか韓国系で5社も飛んでるからね。どこの会社もLCCなのに預荷物無料とかになって競ってる。そんな中、エアプサンは機内食が出るってところで差別化してる。
 ただ、出発直前セールではこの時預け荷物無料だったけど、今は有料になってるっぽい。
DSC04954
 というわけで薄いオレンジジュースとエサの配給。
DSC04955
 なんだかよく分からない肉とチャーハン。意外とおいしかった。
 高雄~香港間のキャセイドラゴンの機内食に近いね。短距離路線だしコレで充分。
 イイネ!エアプサン。直前割引とかもあるし、安い。


水田を見ながら着陸

 さて、飛行時間もそんなに長くないので、そろそろ着陸。
 なんせ沖縄より近いからなぁ。東京~女満別・長崎・鹿児島とほぼ同じマイル数。
 ちなみにウラジオストクも同じくらい。ウラジオストク近くね?
DSC04956
 九十九里浜を見つつ太平洋から進入。
DSC04957
 すでに水を張った田んぼが見える。
 田んぼはこの時期が一番きれいだよね。水を張った時期が一番。
DSC04959
 お恥ずかしながら帰ってまいりました。

スポンサードリンク

一泊して岩手へかえっぺ

 さて、一泊して岩手に帰ります。
DSC04967
 今日も今日とて大宮駅から。
 大宮駅からだと盛岡駅までの特急料金がかなり安くなるの。
DSC04970
 新幹線の中ではつばめグリルの弁当食べる。
 おいしいよねぇ~。駅弁と同じくらいの値段だし。
 はぁ~帰ってきたで~。

 おなかがはち切れそうになるまで、ランチを食べた後は街をぶらぶら。
DSC02196
 なんだかすごい教会を見た。なんだか嘘っぽさがあったけど、きっと本物なんでしょう。
 ちなみに黒人率がものすごい高かった。
DSC02207
 開通したてのトラムに乗ってみた。
 中国の鉄子さんに話しかけられる。台湾人鉄子かと思ったら本土人鉄子だった。
 いるんだねー、本土にも。
DSC02214
 というわけで夜になってチェックイン。
DSC02215
 「白雲空港 世界之家」ってなんぞや。
DSC02216
 軽く遅れたけど、許容範囲。

 今回はクッキーももらわずに寝た。

 今日は香港の空港に宿泊~。

 さぁ、CX&KAで最短路線となるCAN-HKG便でございます。
 非効率極まりない出国と手荷物検査でイライラ。
DSC02101
 ボーディングパスも色々押されたり書かれたりでぐちゃぐちゃ。

 ラウンジは中国南方航空のスカイパールラウンジ。
 JL、QRあたりが使うPriorityPassラウンジとは違い、ちょっと落ち着いてた。ちなみにCANにはどこの会社も直営ラウンジがないので、指定ラウンジを使うしかない。
DSC02099
DSC02100
 というわけで超短距離便の出発。84マイル。
 HND-NGOでも193マイルだからその半分以下。静岡ぐらい?大島よりかは遠い。
DSC02103
 機内食は例によってクッキー。色々な決まりがあって出さないといけないんだろうけど、もう出さなくていいと思うんだよねー。
DSC02107
 機材はエンタメ付きだった。エンタメ見るほどの時間ないけど。
 ぐるーっと香港を回り込んで到着!
DSC02108
 そして、バスゲート。

 今夜は香港空港で宿泊。

↑このページのトップヘ