FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:高速バス

 ごめんね。特に面白いこと書いてない。
 一本にならない記事の集合体。


宜蘭~台北は高速バスが便利

 さて、ここまで台鐵で台北から反時計回りに乗ってきたので、残りも台鐵で台北まで行きたいところではあるんだけれど、台鐵の指定席が全く取れない。立ち席で行くのもイヤなので、高速バスにすることにした。台鐵は宜蘭~台北を海沿いに迂回していくけれど、高速バスは一直線なので台鐵よりも速いし。
DSC00108
 というわけで、宜蘭駅裏側のバスターミナルから乗車。TWD115(400円くらい)でクソ安い。今は値上げしてるかも。
 すぐに高速道路に乗り、あとは延々と走る。
DSC00110
 雪山トンネルに突入。台湾で一番長い高速道路トンネルで、世界でも5番目の長さ。全長12.9km。
 台湾なんだからもっと飛ばせよ!ってぐらいのちんたらしたスピードで走っているけれど、このトンネル区間のスピード取り締まりが厳しく(60km/h以下と90km/h以上で取り締まり)、80km/hぐらいで流すしかない。ちなみにオービスも設置されている。
 とはいえ80km/hで走っていれば10分程度で通り抜けて台北市内へ。おおー確かに速いぜ。
DSC00112
 台北駅前まではおおよそ70分ぐらい。まぁ、台北市内では時間がかかるから仕方ないね。
DSC00113
 途中の科技大樓駅にも止まるので、そこでMRTに逃げるのも一考。そこだと50分ぐらいで着く。台鐵で行くと最速で70分なので、切符の入手困難度と本数を考えたらバスの方が便利だな。バスは3社がそれぞれ15分ごとぐらいに出しているので、ほぼ待ち時間なしだし。


冰讃でマンゴーかき氷

 まぁ、いまいちなんだけど、疲れ果てて店を探すことを諦めた。
DSC00117
 相変わらずの日本人だらけ。
DSC00116
 もうちょっとねー、マンゴーの盛りがいいとねー。

スポンサードリンク

信成蔴油廠でごま油

 ついでに近くの信成蔴油廠でごま油を購入。
DSC00118
 安くて香りがちゃんとしているのでお気に入り。
DSC00119
 値段いくらだったか忘れたけどね。
 ちなみに日本人ってわかると割れないように緩衝材付けて、箱に入れてくれるよ。大抵酒が入っていた空き箱だけど。


鼎活

 最後は鼎活。
DSC00132
 さすが、
鼎泰豐。安定したお味。
 一人で行くときのコツは、小籠包を5個ずつ頼むことだよ。一度に10個頼んじゃうと冷めちゃうからね。ちなみに1個あたりの値段計算なので5個ずつ頼んでも値段一緒だからね。


宿はサンルート台北

 今夜の宿は日本人の巣窟、サンルート台北。
DSC00115
 当日ギリギリで安めの値段で出ていたのでゲット。
 通常価格だとちょっと(部屋の割に)泊まるには高いので、泊まらないんだけどTWD2,000切ってたのでアリだ!日本語対応完璧なので、ちょっとしたことなのだけどめんどくさいことを頼むときに英語が不安な人は便利。
 今回は、スーパーのカルフールでいっぱいいろんなものを買ったので、段ボールで持って帰ってきたんだけど、ガムテープ貸してもらったりした。

 台中の駅舎は日本時代に建てられた駅舎をそのまま使っている。
 なので、なんとなく日本の雰囲気を感じる。
DSC05212
 なんか東京駅にも似てるような……。

 さて、日月潭に行こうと思う。
 南投客運の台中干城站(台中干城バス停)まで数分歩く。場所としては台中駅から駅を背にして右側へ。台中公園方向に歩くと途中に各社のバス停がそろっている場所がある。
 日月潭に行くバスは「台中干城站→台中火車站(台鐵台中駅)→高鐵台中站(高鐵台中駅)→」と客を乗せていくので、別に台鐵台中駅から乗っていってもいいのだけど、窓口がないので割引周遊券が買えない。台中干城站と高鐵台中站にはバス会社の窓口があって周遊券を買うことができる。
DSC05217
 これがバス停付近にある窓口の入ったビル。
DSC05215
DSC05214
 セットになった周遊券。
 台中~日月潭のバスが往復380TWDで、日月潭の船が一日乗り放題で300TWDなので、これらを使えばとんとん。さらに日月潭の周遊バス一日乗車券やロープウェーの往復チケットもついているので、なかなかお得だ。 バスの時刻表ややたらとたくさんある周遊券の種類や値段は台湾政府交通部観光局のページ(日本語対応)か運行している南投客運のページ(日本語未対応だがだいたいわかる)を参照のこと。

DSC05220
 あと、きっぷ買ったら紅茶のお土産をもらった。
DSC05219
DSC05216
 さて、いよいよこのバスに乗って日月潭に出発~。

 さて、快適なファーストクラスの旅を経験した後は、台中へ移動。
 実は台北のホテルが非常に混んでいて、そこそこ安い値段で宿が確保出来なかったので、台中に宿を取ってみた。
DSC05199
 丁度、到着便が少なかったのか、やけに人が少ない桃園空港。
 床が恐ろしくきれい。

 「客運巴士」という表示に従って、バス乗り場へ。
 切符売り場で「台中 全票1張」(台中まで大人1枚の意)というメモを見せてバスのきっぷを購入。まぁ、別に「Taichung one adult」って言ってもきっぷ買えると思うけどね。
DSC05200
DSC05201
 バスは3列シート。座席が広くて、快適。
 やたらとモニターが多い。走行中はこれで映画を上映していた。

 というわけでぐっすり眠っちゃったりしながら台中に到着。
 今日は駅の裏側のホテルで宿泊。
DSC05205
 ラウンジ飯+ファーストクラスの食事でおなかいっぱいだったのでホテルの近くの屋台で魯肉飯買って食べた。

↑このページのトップヘ