FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:雙連

 マンゴーかき氷といえば台北では冰讃がベストかき氷だったんだけれど、最近値上がりしまくっていて、マンゴーの量も減ってきたし、ちょっといまいちだから新規開拓した話。


冰讃いまいちじゃねぇ?

 まぁ、いつものごとく冰讃へ。
DSC00451
 結構閉店間際のぎりぎりに行ったんだけどマンゴーはまだあった!
DSC00452
 メニューね。芒果雪花冰がTWD150。プリンを追加して+TWD10。
 なんかかなり値段が上がったなぁ。去年TWD20上がって、今年はTWD30値上げ。2年前の1.5倍の値段になってる。
DSC00450
 マンゴーは去年と同じくらい。
 去年はマンゴー不作だったから仕方がないけれど、今年はマンゴー豊作なんじゃなかったっけ?それなのに値上げして、量はそのままって。物価が上がっているのは仕方がない面もあるけどさー。


だったら新規開拓

 だったら新規開拓じゃ。
 まぁ、行った店は日本人にそれなりに有名なところだけどね。
DSC00466
 まぁ、本来は緑豆のお店なんだろうね。
DSC00463
 愛文芒果冰TWD200。まぁ、冰讃より高いんだけど。
DSC00464
 もうね。マンゴーごろごろなのよ。
 たっぷりのマンゴー。高くてもこれだけマンゴー入っていれば満足!


緑豆蒜啥咪のルール

カウンターで注文して支払い

空いてる席に座って待つ

マンゴーを剥くところから始めてるので時間がかかる

待つ

ウマー

 NemoP誕生日会。台北夜の部開催でございます。
DSC05880
 やってきたのは雲南料理の店。
 雲南料理って食べたことがない。どんな味なんでしょ。
 雲南省はミャンマー、ラオス、ベトナムと接している。用は南部の山の中って感じだね。
DSC05882
 一番の名物料理と思われる、これ。干扁香菇という物らしい。
 これがねー。最高にうまかった。ピリ辛で、キノコがかりっとしっとり。
 中毒性が高くて、ビールが進む進む。キノコの旨味がしっかりでている。
DSC05883
DSC05884
DSC05885
DSC05886
DSC05887
 これは全くなんなのか分からないけど、魚。
DSC05888
 鶏肉とグリーンピースの炒め物。味付けはたぶん塩だけ。
 なんだけど、これもうまかった。すっごいシンプルな料理なんだけど、奥行きがある味。
 これはねー、たぶんグリーンピース自体が相当おいしくないと成立しない料理。
DSC05889
 これは蕪だね。トマトと蕪のマリネ。トマトなので酸味があって、その後辛さがやってくる。
 中国の蕪って、結構日本とは種類が違うのかな。見た目がかなり違う。
DSC05890
DSC05891
DSC05892
 これはお米を使った甘いデザート。うーん、ちょっと微妙だったかな。

 これだけ食べてお酒を飲んで8人ぐらいで食べたと思うんだけど、一人あたりTWD400ぐらいだった気がする。これはねー、日本の物価から考えたらかなり安いよ。
 特にキノコを使った料理が多くて、キノコの旨味を感じる料理が多かった。
 日本も椎茸の旨味を使った料理が多いので、それに通ずる物があると思う。

 油っこい昼食の後はデザートだ!
 暑い季節に台湾に来たらマンゴーかき氷を食べるしか無い。
 むしろ食べなかったら、3割ぐらい損してる(※この発言は個人の見解です)。
DSC04281
 というわけで、やっぱりここに来ちゃいましたよ。
 超有名店、冰讃。

 ここは台湾で生マンゴーが出回る季節しか営業しないというストイックなお店。
DSC04277
 営業時間と営業期間はこんな感じ。一応、4月中旬~10月末の営業になってるけど、マンゴーの状況により、遅くなったり早くなったりする。
DSC04279
 いやー、あまりにも日本人が多すぎて、注意書きが日本人向けになっている。
DSC04278
 メニュー。
 まぁ色々あるんだけど、芒果雪花冰TWD120を食べとけばいいと思うよ。
 昨年よりTWD20値上げ。どこも値上げしていて、マンゴーの不作による値段の高騰が効いている模様。
DSC04280
 ちなみにこのプリン(布丁)はTWD10でトッピングできるんだけど、これもうまいのよー。卵の味がしっかりしているプリン。若干マンゴーと合わない気がするけど、それぞれはとってもおいしいので別物として食べればOK!


○関連ホームページ

 台北ナビ「冰讃」
 食べ台湾「冰讃」
 ※22時より前にマンゴーがなくなっちゃうこともありますので、マンゴー目当ての方は明るいうちに行きましょう!みんなが夕食食べてる時間帯とか比較的空いてる気がする。


○注文と会計の仕方


 カウンターで注文
  ↓
 お金を払う
  ↓
 番号札をもらう
  ↓
 空いてる席に座る(注文前に座るといった場所取りはマナー違反!)
  ↓
 呼ばれるので取りに行く(中国語と日本語で番号を呼んでくれる)
  ↓
 ウマー
  ↓
 食べ終わったら食器を回収箱に入れる

 マンゴー冰も食べたいわん!
 ってことで、デザートにマンゴーかき氷を食べに行こう。
DSC05816
 ここは台湾産マンゴーが市場に出回る時期だけ営業する「冰讃」へ。
 まぁ、日本人客がかなり多いけどねー。そして、マンゴーかき氷の内容は普通。普通だけどうまい!そんなお店であります。結構ストイックに味にこだわってる感じ。

 あと、MCとかIMとかマンゴーかき氷が有名な店の半額ぐらいの値段なので、お財布にも優しい。
DSC05815
 食べたのは、芒果雪花冰100TWD。このきめが細かい氷がうまいのよ。どっさりマンゴーの上に練乳がかかってて、良くマッチしている。あと、氷がとても細かいので、頭があんまり痛くならない(気がする)。
 もちろんマンゴーが出回る時期しか営業しないということは、冷凍物ではなく台湾産の生マンゴーを使用しているということ。
 自分が知る限り、台北ベストコストパフォーマンスマンゴーかき氷でございます。

 営業は2014年実績で4月15日~11月2日。だいたい4月中旬から10月いっぱいというところでしょうか。なお、記事更新時点の最新情報では2015年も4月15日から営業開始予定となっております。まぁ、ホームページとかないので、Facebookとか台北ナビの掲示板とかで情報を入手するしかありません。


○関連ホームページ

 台北ナビ「冰讃」
 食べ台湾「冰讃」
 ※営業時間は23時となっていますが、経験上22時以降にマンゴーにありつけたことはありません。また、22時より前にマンゴーがなくなっちゃうこともありますので、マンゴー目当ての方は明るいうちに行きましょう!


○注文と会計の仕方

 カウンターで注文
  ↓
 お金を払う
  ↓
 空いてる席に座ってると持ってくる
  ↓
 ウマー

 朝食!
 何を食べようかというところだけど、ごま油を買いたかったので雙連駅へ。

 開店まで時間があるので、朝市をぶらぶら見てたら、わっしょいわっしょいしてる豆乳屋があったので、入店。
DSC05269
 あとで調べたら有名な店だったみたい。
DSC05266
 朝からいっぱい食べてしまう。
 鹹豆漿と蛋餅と肉包を注文。たぶんこれだけあっても60TWDぐらいか。
 それにしてもお皿にビニールかけるのは、エコでは無いが合理的。食器洗わなくて済むし。
DSC05267
 豆乳にお酢を入れて、だんだん固まってくる的な食べ物。理屈的にはおぼろ豆腐みたいなもの。
 ちょっと酸っぱくて、なんだか妙に中毒性がある味。手軽に食べられていいなぁ。たぶん栄養も満点!
DSC05268
 蛋餅は卵焼きとクレープが一緒になった感じのもの。醤油膏を付けて食べる。
 これもうまいねぇ。そりゃ醤油と卵だもんね。
 肉包も手作りじゃ無いと思うけど、胡椒がきいてておいしかった。

 朝から食べ過ぎたよー。

 さて、信成蔴油廠に行ってごま油を買おう。
DSC05270
 ここのごま油はとっても香りが良くて、安い!
 ここのは家に常備してる。これで野菜炒めとかワンランクアップでございます。
 日本人だとわかると、きちんと割れないように梱包してくれる。とても親切。


○関連ホームページ

 食べ台湾「世紀豆漿大王」


○注文と会計の仕方

 カウンターで注文
  ↓
 食べ物が来る
  ↓
 お金払う
  ↓
 席に持っていって食べる。

↑このページのトップヘ