FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:銅鑼灣

 ちょっと銅鑼灣で人と待ち合わせ。
 ただ、時間が中途半端に余った。まぁ、これから飯食べるんだけど、先にデザート食べちゃえ。


いつも「滿記甜品」を食べるのは良くない

 デザートはだいたいいつも滿記甜品でマンゴーパンケーキが食べたくなって食べてしまう。
 だが、今日は新規開拓をしなければならない。だって、いつもいつも同じところで食べてたらブログの記事も一緒になっちゃうでしょ。

 というわけで、今回銅鑼灣にいるのでこの近辺の甜品でOpenRiceを検索、検索~。


地元民に有名な聰嫂星級甜品へ

 OpenRiceでそこそこ点数が良かった聰嫂星級甜品へ。
 銅鑼灣の他にも灣仔や將軍澳にも合計5軒の支店がある模様
DSC00912
 なんか上の看板がでかいけど、違う店の看板だ。
 まだ早い時間のせいかそれほど混んでなかった。


メニュー

 さぁ、何を食べよう。もちろんマンゴーだ。
DSC00910
 一通り香港デザートはありますな。
 マンゴーパンケーキ(芒果班戟)もあったけど、ここはイチオシっぽい芒果奶昔雙皮奶(マンゴーミルクプリン)を食べよう。39HKD。まぁ、それなりな値段するけどね。日本の物価が安すぎるんだと思う。


マンゴーミルクプリンはなかなかのうまさ

 それほど時間もかからずに登場。
DSC00908
 マンゴー、シャーベット状のミルクセーキ、ミルクプリンの三層構造。
 あー、これは初めて食べる感じ。うまーい。
 まぁ、生のマンゴーは香港では出てこない気がするのでたぶん冷凍物だと思うんだけど、この組み合わせは甘すぎず、うまい。おぢさんちょっと気に入ったぞ。


関連ホームページ

 Open Rice 香港開飯喇 聰嫂星級甜品 Cong Sao Star Dessert

 甘いものが食べたい。

 誰かに「牛乳プリンを食べとけ」と言われたのを思い出し、香港一の繁華街である、銅鑼灣へ。
DSC05123
 着いたのは赤い牛がトレードマークの「義順牛奶公司」。香港に数店舗あり(本店はマカオ、佐敦・油麻地・太子に支店)、牛乳プリンが有名。その他、ビックリするぐらいたくさんのメニューがあって、香港人はいろいろ食べているが、ここはぐっとこらえて初志貫徹、「馳名雙皮燉奶」(牛乳プリン)を頼もう……としたけど、やっぱり日本生姜党の私としては、生姜入り牛乳プリンである「巧手薑汁燉鮮奶」(30HKD)を頼むことにしよう。ホットかコールドか聞かれるのでここはホットで。
DSC05122
 「巧手薑汁燉鮮奶」はそれほど時間かからずに出てきた。ほんのり生姜の味がして、甘さ控えめ、特に牛乳の香りが濃厚。これはおいしいね。牛乳プリンは通常そのままでは固まらないので、卵白を使うことが多いらしいが、ここは牛乳だけで固めているとのこと。それじゃ、かたまらないと思うんだけどなー。


○関連ホームページ

 Open Rice 香港開飯喇 港澳義順牛奶公司
 Open Rice 香港開飯喇 港澳義順牛奶公司(支店一覧)


○注文と会計の仕方

 たしか
 着席
  ↓
 注文
  ↓
 食べ物が来る
  ↓
 ウマー
  ↓
 伝票持ってレジへ。

↑このページのトップヘ