FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:釜山

 夜はサムギョプサル食べてー、翌朝の話。


宿泊は海雲台のノボテル

 宿泊は海雲台のノボテル。
 海岸沿いにあって、シチュエーション的にはいい感じ。
DSC04911
 目の前はビーチ。
DSC04912
 左の建物が海雲台のノボテル。
 まぁ、部屋の中とか特筆すべきものはないので、記事は省略じゃ。
DSC04913
 今日はいい天気だ。


朝食は近場にしたいので元祖アワビ粥へ

 というわけで、朝食探し。
 ちょっと高いんだけど、おいしそうだったので「元祖アワビ粥」という店にすることにした。すごい名前だよね。店名って言うより商品名だよね。
DSC04914
 ノボテルから徒歩圏内。パレドシスの1階にあるお店が「元祖アワビ粥」と「済州家」。どちらもアワビ粥が有名なのだけど、済州家は色々なところに支店がある。なので、今回は左側の元祖アワビ粥にする。だって、ネーミングがいいじゃない!メニューもこちらの方がアワビ一本勝負感があるのでそっちにする。
DSC04916
 メニューはこれ。
 日本語もあるので注文は安心だね。
 アワビ粥がKRW12,000とKRW17,000の2種類。それにプレミアムアワビ粥(KRW22,000)がある。どう違うのかは知らん。他にもアワビピビンパや刺身、バター焼きなどもある。

スポンサードリンク

着丼

 頼んだのはアワビ粥の高い方、KRW17,000。朝食としては高いがうまいものが食べられればそれでいい。
DSC04917
 大量の副菜とともに、粥が着丼。
DSC04918
 副菜は切干大根っぽい甘辛いヤツ、カクトゥギ、細切りわかめ、水キムチ、ナムルと5品。それに海苔が来た。わかめは醤油系の味付けでおいしい。適度な量で出てくるので良い。
DSC04919
 そしてアワビ粥。なかなかインパクトある色。完全に肝の色だね。ちょっとビビるよね、この色。
 ちょっと生臭そうな外見しているけど、これが全く生臭くない!
 そして、味が濃い。しょっぱいって意味じゃなくて本当に濃いの。
 アワビの身や肝のうま味ががっつりでてる。これはうまいぜ!

 それにしても3種類あるアワビ粥の値段の差はどこで付くんだろうか。
 アワビの身の量かな?それなら肝が肝なので(シャレじゃなくてマジで)一番安いのでもいいかも。

 ちなみにこの店、パラダイスホテル宿泊の場合、伝票を部屋付けにできる。需要があるのかないのかわからないけど、パラダイスホテルに泊まった時はいいかもね。
 場所的に海雲台駅から行こうとするとちょっと遠いけど、海雲台近辺に宿泊していたら朝食の選択肢としてアリ。まぁ、朝食じゃなくても深夜2時間を除き営業しているのでランチでも、夕食でも、〆の一杯でもイケる。

 さて、お昼だ!ご飯だ!
 ご飯を食べよう!


韓国についての知識はあまりない

 ホームグラウンドである、台湾や香港であればいろいろ知識あるのだけど、韓国についてはあまり知識がないので、ここは突起趣味のDRKに素直について行くことにする。というわけでやってきたのは西面駅。何やら怪しいものを仕入れるためにここに来たらしい。
 買い物も済ませて、何を食べるか。
 テジクッパを食べることにする。


西面テジクッパ通りの浦項テジクッパ

 やってきたのは西面テジクッパ通りと称されるところ。
 テジクッパのお店が6軒ぐらい並んでる。そのうちの1軒に入る。
 (ちなみにお店の外観写真撮るの忘れた。雨降ってたし)
DSC04846
 読めねぇ。
 一応日本語メニューあるけど、注文すると光速で回収されるので写真撮れず。
DSC04852
 一応、壁にも日本語が入ったメニューあり。
 色々悩んだ結果수육백반(スユッペッパン)を注文する。ゆで豚肉定食だね。KRW9,000。

スポンサードリンク

韓国料理だからなんだか色々出てくる

 韓国料理ですからなにやら色々出てくるわけです。
DSC04849
 キムチやらニンニクやら色々出てくる。銀色の器は中に白飯が入ってる。
DSC04850
 そしてぐらぐら煮えたぎったスープが出てくるのです。
 それにゆでた豚肉も到着。
DSC04851
 結構肉の量が多いよねぇ。
 これうまいねー。スープがうまい。
 豚肉スープだけど、あっさりしてる。くさくないの。なんかしみじみ栄養がしみこんでるスープ。
 ニンニクは臭いけど。
DSC04853
 薬味やキムチはモリモリ追加可能。


ちなみに24時間営業

 24時間営業だから飲んだ後にも朝ご飯にも行けるね。
 豚肉だから重いんじゃないかって思うけど、そんなことはない。あっさりしてるのでイケるよ!

 釜山の地下鉄もバスも日本語表示があったりします。
 地下鉄の券売機も日本語モード選べたり。

 さて、お昼ご飯。
 韓国での最後の食事は参鶏湯。

 というわけで、参鶏湯でそこそこ有名だったりする、国際市場の中のお店へ。
DSC06256
 なんか入りづらいけど、勇気を出して入ってみる。
 注文したのは参鶏湯16,000KRW。せっかくなのでアワビ入りのにしてみた。
DSC06248
 前菜。とっくりに入っているのは人参酒。
DSC06250
 なぜか出てくる砂肝の炒め物。やばいビールが飲みたい。
 キムチやらなんやらいろいろつまんでいくと、ついに登場。
DSC06252
 恐ろしいぐらいに沸き立って到着です。
 「塩は小皿でスープと混ぜてからいれてね」と教わる。
DSC06255
 ちゃんとアワビも入ってる。

 食べ進んでいって、そうめんの入れ方とか教えてもらえる。
 とっても親切。
 そして、うまかったし、なんか元気になってきた気がする(笑)。
 なんかいろんなエキスがしっかり詰まった感じ。

 今回の旅行で初めて韓国行ったけど、別に普通の人々は露骨に反日オーラを出す人もいなかったし、お店の人もとっても親切。まぁ、台湾ほど行きたい国ではないけれど、たまには行ってもいいかなぁと思った。

 ただ、タクシーがぼったくりとか心配はたくさん。
 そういう意味でやっぱり台湾は安全だ。

 朝食は東横インで食べる。無料だしね。
DSC06228
 午前中は40階段文化観光テーマ通りへ。

 朝鮮戦争時に多くの避難民が住んでいて、港から入ってくる物資を売っていた場所。あと、混乱の中で離ればなれになっていた家族が再会する場所だったらしい。
DSC06232
 当時の写真もあったが、当然というか階段自体は作り直されている。
DSC06229
 当時の電柱を再現している。
DSC06234
 これはポン菓子作りの再現かな。ポン菓子って韓国にもあるんだねぇ。

 近くには資料館もあるので、見に行くと朝鮮戦争の当時の生活の様子がよく分かる……らしい。この日は月曜日で休館日だった。今回の旅で失敗したのは、こういった博物館や資料館がみんな月曜日休みだったこと。次回は月曜日を外すようにしよう。

 さて、今度は高いところに上ってみる。
DSC06236
 というわけで、山を登って釜山タワーに来てみた。
DSC06240
 やっぱり港町の雰囲気っていいよねぇ。
 釜山の街が文字通り一望できた。街ってこんな感じなのね。

 まぁ、別に西面まで行かなくても、いっぱいあるんだけどね。
 韓国で200店舗以上あるチェーン店で焼肉食べます!
 釜山ナビだとドネヌと書いてある、発音的にはトネヌのこのお店。
 あ、でもHPのURLはdonenuだからドネヌなのか。まぁ、どうでもいいや。
02
西面店は駅からちょっとあるので、釜山駅前店の方がいいかもしれない。

メニューには日本語も英語も書いてないので、写真と勘で勝負だ!
12
 韓国にありがちないっぱい置かれる図。確か肉二種類とビールしか頼んでないはず。
3641
 こういったキムチなどはセルフサービスでおかわり自由です。おかわりする必要がないくらいいっぱい来ますが。
16
19
 お肉は二種類頼んでみた。サムギョプサルっぽいのと、タレに漬けた肉っぽいの。
 いやぁ、うまかったわ。

 やっぱり米が食べたいので、伝説の弁当を頼む。
46
 こいつが使用前。ブリキの弁当箱って懐かしいよね。
 昔は冬にストーブで暖めて食べたりした思い出がちょっとだけ残ってる。
 韓国の学生達は、暖めた後、シェイクする。激しくシェイクする。
 で、混ぜて食べる。
41
 使用後。
 うん、そうなるよね。

 かわいい女の子の店員さんが弁当持ってきたので、「シェイクしてよ」って頼んでみる。
 頑張ってシェイクしたんだけど、そ~っと開けて、ダメだったのか、すぐにぱたっと閉めた姿がめっちゃかわいかった。
 結局、男の店員が助っ人で登場。もう、すごいね。全身全霊を込めてシェイクしてた、縦横上下、油断すると飛んでくんじゃないかってぐらい。
 味は、まぁ、ビビンバってこういう味だよねって感じ。

 会計は18,500KRW。
 このお店はきれいだし、親切で愛想もいいし、そこそこ安くて、おいしくていいね。

 釜山近代歴史博物館に行ってみた。
DSC06221
 日本統治時代の建物を使っている。例によって展示物は反日。韓国人親子(兄弟?)が市電に乗って、当時の街を案内するビデオがあったが、「釜山に○○がはじめてできた。でも、それは日本人のためのものだった」というのの繰り返し。いやいや、その乗ってる市電も日本人のためだけだったらなんで君ら乗ってるんだよ、と突っ込み入れたい。

 さて、おなか空いたー。韓国初飯。
 南浦洞まできていて、友人から「韓国に行ったらコムタン食べなさい」という助言に素直に従うことにする。
 というわけでネットで出てきた、「서울 깍두기(ソウル カクトゥギ)」で、コムタン9,000KRW。
DSC06222
 結構、いい値段するよね。日本と物価が変わらない。
 コムタンはよく煮込まれていて、滋味深いお味。
 うまみたっぷりスープなのでおいしかったー!

 今宵の宿は東横イン。
 この東横インが全く日本と同じだった。建物の感じとか。

 そこそこ安いし、日本語も通じるし、使いやすいと思う。
 日本のビジネスホテルのコストパフォーマンスは(清潔さ、料金など考えて)世界一だと思うが、どうして日本のビジネスホテルチェーンは世界進出しないんだろう。いや、ちょこちょこしてるけど、進出していても値段が日本に比べて高いと思う。
 別に日本語対応してなくてもいいから、大々的に進出してくれると使いやすいんだけどなぁ。
 まぁ、今回の釜山駅からちょっと歩いたところにある東横インはそれほど高くなくて使いやすかった。
DSC06203
 というわけで、特に用事は無いけれど釜山駅に来てみた。
DSC06205
 駅からの風景。結構、山が海の近くまで来ているのね。なんか長崎とかそういったところの景色を思い出す。
DSC06204
 職員食堂があった。わざわざ漢字で書いてある。ちょっと入ってみたい魅惑のスポット。
 でも、ネットに利用した感想とか書いてあるページがないからきっと一般客は使えないんだろうなぁ。
 勇気が無かったので入らず。
DSC06206
 天井が高くて気持ちいい。
 韓国の鉄道は改札が無いので、ホームまで入れる。アジアの鉄道って比較的改札があるイメージだけど韓国は違うんだね。どっちかというと欧米式?
DSC06208
 おお、韓国のTGVもどきのKTXだね。
DSC06212
 在来線はまだまだ客車列車が走ってる。基本的には動力集中方式なのかな。

 というわけで、ぶらぶら歩いたのでした。

↑このページのトップヘ