FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:肉骨茶

 さて、朝から夕方までのパワーシンガポール。
 シンガポールはお久しぶり。特にやりたいことないけれど。
 まずは朝食から。シンガポールの食事で好きな物はチキンライスと肉骨茶。なので肉骨茶を食べに行こう。
 

肉骨茶では超有名店

 まぁ、以前にもレポートしているお店だけどね。
DSC08106
 シンガポールで肉骨茶といえば一番に出てくるようなお店。
 ちょっと夜行便明けでお疲れなので、気合いを注入しましょう。肉骨茶は元々肉体労働者のための食べ物だからね。クラーク・キーの駅から近いんだけど、道の片側にしか地下鉄の出入り口がないので、横断歩道か歩道橋を渡る必要がある。ちなみに本店のすぐそばに支店もあるので(他にももっと支店あるけど)、あまりにも混んでるようなら支店に行こう。まぁ、基本的には回転が早い店ではある。


メニュー

 こちらがメニュー。怪しい日本語付き。
DSC08107
 まぁ、初めてはフツーにスペアリブスープにしておいた方がいいと思うよ。あとライスを付けるのは必須。
 今回はM03のカルビスープにしてみた。
 それにしても写真からしてニンニクが主張しているなぁ。


いざ実食

 というわけで、カルビスープとライスとコーラを頼んだ。
DSC08108
 到着!いやー、この眺めはいいねぇ。
 ただ、肉がカルビなので脂身多め。んー、肉骨茶だと普通のスペアリブの方がおいしい気がした。脂身が多すぎてちょっとクドいかも。
 スープを飲んだり、ご飯をレンゲでよそってスープをしみこませて食べたりするのが作法。スープはどんどん足してくれる(足してくれなければアピールしよう)のでおなかいっぱいになるぜ。味はスパイシーニンニクがつん!系。当然ニンニクがつん!なので、その後のご予定にご注意ください。
 ホント、マレーシアとは味付けが違うよねぇ。


お会計

 お会計はこちら。SGD12.85なので1,000円ちょっとくらいか。
DSC08109
 まぁ、シンガポールは物価が高いけど、これは安い方だね。
 ただ、2年前と比べて値上げしてなかった。香港とは違ってそれほど物価上昇はしてないのかな。


このお店のルール

本店の場合、店の前に列を作る場所があるので、そこに並ぶ。
 ↓
店員の指示で席に着く。
 ↓
店員を呼んで注文。
 ↓
食べ物が届いたらそこでお会計。
 ↓
ウマー!
※メニューに税(7%)サ(1%)入っていないので注意

 紹介2回目

 KLってめぼしい観光地は見てしまったので、することないのです。じゃあなんで行くんだって話だけど、街の雰囲気とか食べ物とかは好き。あと、ホテルが比較的安い。

 Traders Hotel からUBERで新峰肉骨茶へ。2kmぐらい乗ってMYR5.69。だいたい200円しないくらいだからUBER乗っちゃうよね。これでも×1.5のピーク レートなので、×1だったらどんなに安いか。でも、あまり通常料金の時間帯を見たことがない。
DSC04071
 というわけで数年ぶりの訪問。
 有名な店なので、外国人客になれてるし、日本人客もそこそこいる感じ。
DSC04067
 肉骨茶関係のメニューはこんな感じ。
 他にも中華メニュー充実してる。おいしいかどうかは知らないけれど。
DSC04068
 注文したのは通常の肉骨茶の野菜無し(A1)のもの。
 頼むときはライスも一緒に頼んでおいたほうが、ご飯にかけて食べたりできるのでいいよ。
 以前来たときは器が全てビニールパックしてたけど、今回は普通の器。
DSC04069
  大好きな肉骨茶。ご飯とコーラをつけて23.1MYR。
  ここのは醤油味濃いめの味付け。料理は至ってシンプルでお肉どーん!という潔さ。スープもおいしいので最後まで飲んじゃう。


○注文と会計の仕方

 着席
  ↓
 注文
  ↓
 食べ物が来る
  ↓
 ウマー
  ↓
 席で会計。

 さて、夜ご飯。
 肉骨茶(バクテー)食べたい。

 RapidKLのKelana Jaya LineでKLセントラル駅の隣のPasar Seni駅(KJ14)の周りはチャイナタウンになっている。どうでもいいけど、駅番号の頭文字がKJなのね。俺もKJ。
 そんなチャイナタウンの中にある店。
DSC02131
 店というより通路の中に店があるって感じ。
 一部店舗内に席があるので運が良ければクーラー付きの席になる。
DSC02132
DSC02134
 メニューはこちら。
 まぁ、色々あるのだけど、初志貫徹。肉骨茶と白飯で。14MYR。
DSC02136
 うむ。普通だった。
 いや、おいしいんだよ。おいしいんだけど、普通なんだよ。
 それは自分が肉骨茶になれてきたせいなのかもしれない。


地図

 シンガポールといえば色々なグルメがあるけれど、シンガポールの肉骨茶はクアラルンプールのものとまた違ったお味ということなので、朝ご飯は街に繰り出して、肉骨茶を食べる。

 肉骨茶も色々とお店があるけれど一番メジャーで朝一からやってる松發肉骨茶(SONGFA BAK KUH TEH)へ。市内に5店舗ほどあるけれど、朝からやってるのは本店っぽいクラーク・キーのお店のみ。ちなみに、昼間であれば空港から地下鉄一駅のExpo駅そばUE BizHub East内にもあるので、時間がない場合はそこがいいかもしれない。
DSC08110
 というわけで来てみたら、まだ開店してなかった。7時からのハズなのにおかしいなぁ。
 しばらくぶらぶらして戻ってきたら開店してたので、入る。
DSC08118
 メニュー。一応日本語もついてる。
 というわけで無難に肉骨茶と白飯で10.5SGD。シンガポール物価高いなぁ。
DSC08119
 クアラルンプールで食べた肉骨茶と違って、超スパイシーでニンニクがつん!ってな味。なんか夜元気になりそうなスープ(あくまでイメージです)。これはうまいねぇ。肉ががっつり。スープは少なくなると足してくれるので、ご飯が余っても大丈夫。ご飯にスープをかけちゃってもOK!

 ただ、ニンニクなので、その後のことは覚悟してください。


○関連ホームページ

 松發肉骨茶(シンガポールナビ)


○注文と会計の仕方

 たしか
 着席
  ↓
 注文
  ↓
 食べ物が来る
  ↓
 ウマー
  ↓
 伝票持ってレジへ。

 さて、早朝のクアラルンプールに到着。
 とりあえず、電車で市内へGO!

 クアラルンプール市内で朝食何食べるかを電車の中のwifiで情報収集。

 ふむふむ。肉骨茶がうまそうだ。イスラムの国でマレーシアのハラル認証といったら有名だけど、反ハラルの名物の豚肉料理を食べるのも、なんか不思議だ。
 というわけで、一番有名だとされる「新峰肉骨茶 Sun Hong Muk Koot Tea」へ。

 KLセントラル駅からモノレールに乗換。かなり遠い上に、整備されてない道を通る。今はきれいになってるのかなぁ。どっかんどっかん工事中。

 Imbi駅から歩くこと5分くらい。
DSC04222
 半屋台風のお店。
DSC04220
 衛生面には気遣っていて、全て包装されている。
 漢字を見る限り、おしぼり業者の食器版ってところかな。
 「康の源」ってなんだ?ここまで日本語が進出していることに驚き。
DSC04221
 さて、肉骨茶が登場!
 絶対に日本に無いお味。おいしいんだけどなんだろうなぁ。たとえが見つからない。
 とにかくスパイスがきいていて、体によさそう(な気がする)。

 その後、市内ぶらぶらしてたら、駅の事務所の中に驚くべき表示が。
DSC04229
 「五S」
  整理・整頓・清掃・清潔・躾

 ええ!なんか日本語で書いてある。
 すげぇなぁ。
 



○関連ホームページ

 新峰肉骨茶(JTB海外ガイド)


○注文と会計の仕方

 たしか
 着席
  ↓
 注文
  ↓
 食べ物が来る
  ↓
 ウマー
  ↓
 伝票持ってレジへ。

↑このページのトップヘ