FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:美麗島

 えーっと、このホテルの記事を書くのは3回目(1回目2回目)。
 なんでそんなに書いてるんだって感じだけど、たぶん高雄で交通の便と快適さが一番のホテル。


最寄り駅は美麗島

 高雄市内の地下鉄は縦方向の紅線と横方向の橘線が走っているわけだけど、それが十字に交差するのが美麗島駅。
DSC05878
 世界一美しい駅とかで有名だね。
 その美麗島駅から歩いてすぐの場所にあるのがHOTEL dua。
 紅線からだとちょっと歩くけど、橘線からはすぐなので多少雨が降ってても走れば大丈夫(土砂降りなら別)。
 ここが高雄のホテルでは一番お気に入り。
DSC08628
 この写真、2012年撮影だけど、今も大して変わってない。


部屋

 部屋はかなり広め。
 一番小さくても10坪というから33㎡はある。
 通常の部屋ではだいたい40㎡以上。
DSC05849
 かなり余裕あるよねー。
DSC05851
 ソファもついてるでやんす。
DSC05852
 風呂は全てバスタブ付。
 ミニバーにちょっとだけドリンク入ってるけど、これは無料。
 この部屋でおおよそTWD4,000程度。ざっくり15,000円ぐらい。
 二人で泊まると丁度良いお値段だと思うよ。

スポンサードリンク

朝食

 まぁ、台湾来たら外で朝ご飯食べたいって気持ちもわかるんだけどさー。
DSC05880
 ハチミツが塊であったりするし。
DSC05885
 パルメザンチーズが削ってかけ放題だし。
DSC05884

 なぞのちらし寿司があったり。
DSC05881
 普通の食事も充実してるし。
 なかなか豪華で楽しいよー。
DSC05887
 高雄の瓶牛乳があったりするのもいいね!
DSC05889
 テラス席からだと、この景色。暑いけど。


結構いいよ

 まぁ、高めの価格帯(一泊1万円オーバー)であれば高雄で泊まるならここか、インディゴ。どちらも地下鉄の駅から近いし。
 もうちょっと安めがいいってことであれば、高雄市内に腐るほどあるカインドネスホテル(康橋商旅)がいいんじゃないかな。ここは一泊6,000~7,000円程度で、部屋は狭いが無料サービスが半端ない。


スポンサードリンク

 以前にも紹介したホテル。
 高雄はですねぇ、基本的にホテルが安いんですよ。
 コスパが優れているんです。その一方で世界的に有名なホテルチェーンとかはあんまりない。
DSC08628
 というわけで、個人的には高雄ナンバー1ホテル。
 高雄の地下鉄2路線が交差する駅美麗島から、徒歩数分。橙線の先の方の出口から上がってすぐ。かなりでかい郵便局のすぐそば。紅線からだと、駅の中をちょっと歩く。だけど気にならないレベル。
 いわゆるホテルランクとしては4つ星になってることが多い。
DSC05988
DSC05989
DSC05993
 基本的に部屋はこんな感じ。きれいだし、広いし、部屋のミニバーの飲み物は無料(4本ぐらいジュースが入ってる)だし、コンビニはすぐそばだし、駅から近いし。
DSC05990
DSC05991
DSC05992
 水回りはこんな感じ。シャワーブースの他にバスタブもちゃんとある。写真には出てこないけれど、トイレはウォシュレット付き。
DSC00528
 朝食は最上階のレストランで。オムレツもちゃんと作ってくれるよ。結構内容充実。
DSC00527
 希望すればお外で食べることができるけど、夏は暑いし、冬はPM2.5で空気が汚いのであまりオススメしない。ただ、窓からの景色は最上階なので高雄市内を一望できる。
 ロビーではいつでも無料でコーヒーが飲めたりするので、色々と便利。

 というわけで、とってもオススメなのです。
 ここのホテルは楽天トラベルと仲が良くて、値段が一番安いことも多い。あるいは同じ値段でルームアップグレードとか朝食付きになったり。あとは楽天トラベルで一定数部屋を押さえてる気がするので、よそのサイトや直接予約では満室でも楽天トラベルだと取れちゃったりする。
 なので、予約は楽天トラベルからしたらいいと思うよ!(このリンクはアフィリエイトじゃないよ!)


スポンサードリンク

 地下鉄に乗って美麗島駅へ。高雄の地下鉄は日本語でのアナウンスが主要駅(終着駅、美麗島駅、高雄駅、左営駅、空港駅)で流れるのがすごいな。台北ですらそんなのないのに。まぁ、車内表示で漢字を確認できるので無くてもそれほど不便ではないのだけれど。

 さて、成田から空腹で過ごし、もうおなかはペコペコを通り過ぎて、普通になった。けど、食べちゃう。何を食べるか悩んだところで気になっていたお店へ。
 というのは高雄の名物に焼肉飯がある。台湾三大飯(日本的にはどんぶり?)は台北の魯肉飯、嘉義の鷄肉飯、高雄の燒肉飯らしい。

 いつもの鴨肉屋の向かいにある焼肉飯屋へ。美麗島駅から歩いてすぐ。
DSC00943
 店先で炭火をおこして肉焼いてる。
DSC00938
DSC00942
 綜合飯大60TWDと貢丸湯30TWDを注文。
DSC00940
 綜合飯は魯肉飯と燒肉飯の盛り合わせ。
 台北の魯肉飯は肉が細かくなってる場合が多いけど、高雄の魯肉飯は基本的に角煮だよね。
 想像の範囲内の味だったけど、地味にうまいし安い。甘辛いタレでご飯が進む。
DSC00941
 貢丸湯はちょっとしょっぱかったなぁ。これは味噌湯にした方が良かったかもしれない。



○注文と会計の仕方

 席に座ると注文用紙がある。
  ↓
 それに注文を書いて店員に渡す。
  ↓
 席で待つ
  ↓
 ウマー
  ↓
 お金は後払い(だったと思う)


スポンサードリンク

 高雄に行くと必ず顔を出している気がするこのお店。
 高雄のどこからでも便利な美麗島駅下車徒歩数分の聰明鴨肉店。
DSC01551
 大通りからちょっと入ったところにあります。
DSC07415
DSC07416
 下水湯と鴨肉飯と野菜。
 下水湯って名前を聞くとビックリするかもしれないけれど、要はモツスープというところ。
 鴨肉はアヒルの肉。

 下水湯は臭みがなくて、しっかりと仕事されている。
 鴨肉飯は、タレがうまい。全部で150TWD。

 安くて、便利なところにあって、おいしいのでついつい来ちゃうのです。


○注文と会計の仕方

 席に座るとメニューボードと赤鉛筆がある。
  ↓
 それに注文を書く(席番はメニューボードに書いてあるので心配なし)。
  ↓
 レジに行って支払い
  ↓
 席で待つ
  ↓
 ウマー


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ