FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:稚内

 さて、まさか船で島を出ることになるとは思わなかった。


とりあえずチケットを買いにダッシュ

 時間がない!
 時間がないぞ!
 とりあえず港の適当なスペースに駐車して、チケットを購入。
 40分前過ぎてたけどなんとか買えた。
DSC05601
 大手レンタカーですら、こぢんまりした長屋に入る鴛泊港。
 とりあえずチケットは買えたので、レンタカーを返しに行く。
 島の割には高いレンタカー料金。ガソリン代が含まれているのが幸い。


出航

 出航。
DSC05603
 もうね、感慨とかそういうのないよね。
 急ぎすぎた結果、島から脱出ゲームみたいになってしまった。
DSC05605
 今回の船は二等イス席多め。
 行きに乗った船とかなり座席構成が違う。
DSC05610
 稚内港へ。
 サフィールホテル(旧クラウンプラザ)が目立つ。
DSC05613
 海上保安庁の船もお出迎え。
DSC05614
 上陸。本土に帰ってきたっぺよ。
DSC05616
 さっさと移動すっぺ。

スポンサードリンク

このあとどうするか

 船内では情報収集にいそしむ。途中で携帯が圏外になる区間があるので時間との勝負。
 とりあえず稚内空港からの飛行機を調べる。稚内空港17時25分発。この船の稚内港到着が16時25分なので、とりあえずタクシーで飛ばせば間に合うかもしれない。ただ、空港までタクシー代が3,800円。たいして天気が変わらない稚内空港で、欠航にでもなったら……って考えるとかなりリスキーな賭けだ(バスが運休になるのでタクシーも往復分になる)。そもそも港でタクシー争奪戦に勝てるかどうかっていうのもある。
 よって、この案は却下。
 結果として、休みを延長することになるが、札幌まで今日中にでて、明日の早い便で羽田に行き出社するっていうのが、稚内空港利用を除けば一番速そうなのでその案にすることにした。
 問題は航空券の処理。今回の航空券は「利尻→丘珠」をJALの特典航空券、「千歳→羽田」をBAの特典航空券で取ってた。当然、JALの特典航空券は無手数料払い戻しなのだけど、BAの特典航空券が間に合わないので、このままだと捨てることになってしまう。
 結局、色々と方々に交渉した結果、千歳→羽田の航空券は振り替えてくれたので損失も最小限になった。
 ……というわけで、札幌まで陸路で行くよー。
IMG_4bp647
 ちなみにこの日の稚内空港便はちゃんと飛んでた。


スポンサードリンク

 今年の旅行は島が多い。
 もちろん、今回も島に行くぜ!
 島は大好きだ。


早朝の稚内港

 さて、雨がしとしと降る早朝の稚内港へ。
DSC05495
 今回の旅は時間がタイトなので、朝一のフェリーで。
 駅から微妙に遠い……が接続するバスはない。
DSC05496
 というわけで、今日は一日雨っぽい模様。
DSC05497
 さすが夏至が近かったので日の出が早い!


乗船

 二等船室は予約不可。まぁ、満席になることはないとは思うけど先着順で30-40分前にチケットを購入する必要があるらしい。まぁ、実際にはもうちょっとギリギリでも大丈夫そうではあったけど。
 稚内港は稚内駅から徒歩15分くらい。ホテルからは20分強って感じだったので、ホテルは6時ぐらいに出た。眠い。チケットを買って乗船待合室へ。
DSC05503
 QRコードがついた乗船券。ハイテクだ。
DSC05498
 すごい!島民休憩室がある!
 一体どんな感じなんだろうか。気になるが、あいにく入室できるステータスを持っていない。
DSC05500
 いよいよ乗船。なんか飛行機の登場と船の乗船って似ている気がするんだけど、手荷物検査がいらないっていうのが違和感感じる。いや、勝手に感じてるだけなんだけどさ。
DSC05502
 今日はフィルイーズ宗谷という船に乗る。

スポンサードリンク

出航!

 さて、出航。
 船が出航するときって、なんか独特の旅情を感じる。
 あー、いよいよ出発するぞー。旅立つぞー的な。
 もっとも、それが旅行の最初であることはなかなかないのだけど。
DSC05508
 じわじわと岸壁から離れていく。
DSC05512
 稚内が遠くに離れていく。
 やっぱり元クラウンプラザホテルは目立つね。
DSC05516
 元稚内桟橋駅も見えるなぁ。
 海上保安庁の船が停泊していた。


船内探険しよう

 それでは船内探険へ。
DSC05504
 見取り図を確認!1等船室はチケット持っていないので入れない。
 ちなみにこの日は満席だった。
DSC05525のコピー
 2等船室はほぼカーペット席。いや、席ないけど。
DSC05523のコピー
 船ってなんでカーペットなんだろうね。
 あれが不思議でならないんだけど。
DSC05524
 すこーしだけ座席もありますです。
DSC05526
 利尻の見所がまとまったマップがあったよ。
 観光の参考にするのもいいかも。
DSC05506
 売店も営業中。
 まぁ、特にこれといった商品はないんだけれど。
 最低限の色々なものは買えるってことで。
DSC05505
 ちなみに船なので、外に出られるし、喫煙所も完備。
 外なので、冬は死ぬほど寒そう。


利尻島に到着!

 さぁ、島だ。
DSC05527
 大海原を突き進み島に向かう。
DSC05538
 おおー、ついにやってきたぞ!
 ついに利尻島に到着。
DSC05539
 漁協の建物には大漁旗!
DSC05540
 到着前に船から見えたガソリンスタンドで価格チェック!
 え、レギュラーより軽油の方が高い!
 これなんでなんだろ。島だから全体的に高いと言うのは理解できるけど、軽油が高い。
 レギュラーガソリンだけ、何らかの補助金が入っているんだろうか。
 まぁ、今回借りるレンタカーはガソリン代込みなので関係ないのだけど。
DSC05544
 稚内港と同じく、利尻島鴛泊港のターミナルも新しめ。
 いよいよ接岸。
DSC05546
 じわじわ~と近づいていく。
DSC05548
 上陸!きれいだけどこぢんまりとしたターミナル。
DSC05549
 外に出たよー。船の写真を撮影。

スポンサードリンク

利尻にはセコマがある!

 さて、ターミナルの前でレンタカーを借りて出発。
DSC05550
 気温が13.5℃。7月なのに寒い。さすが利尻。
DSC05551
 走ってたらセコマがあったぜ!すげーなセコマ!
 離島にも進出してるんだね!


スポンサードリンク

 別にすることないんだけど、レンタカーも安かったし、道北をうろうろする。


とりあえず最北端

 今回は(いや、いつもか)ノープランなので空港でレンタカーを借りて走り出す。
 まずは(日本が実効支配していて)(一般人が容易に行ける)最北端の宗谷岬へ。
DSC05434
 途中で何言ってるかわからない看板見つけた。
 わざわざUターンして写真撮ってしまった。
 どうやら那覇にあるゲストハウスの広告らしい。

 Googleマップで調べたら高速道路とフェリーを使って3,508kmだったのでおおよそあってる。
DSC05440
 もうすぐ7月だというのに寒い。さすが稚内。
 気温12℃の上に、風がそこそこ吹いてる。
DSC05443
 (日本が実効支配していて)(一般人が容易に行ける)最北端の宗谷岬に着いたよ!
 まぁ、以前も来たことあるけどね。


東海岸を南下

 さて、今度は東海岸を南下しよう。
DSC05458
 漁師の収入が多いと噂の猿払の道の駅で牛乳を飲む。
 確か、崎陽軒のシウマイは猿払産のホタテがかなりの割合使われている。
 そして、猿払漁協で上がるホタテのかなりの割合が崎陽軒のシウマイになるとか。
 すげーな崎陽軒!
DSC05461
 そして北海道っぽい写真が撮れる場所へ。
 見渡す限り何も無い。そして、一直線の道路。
 これぞ、ザ・北海道! 意外とこういう場所ってなかったりするよね。
 天気が悪いのが残念。

スポンサードリンク

豊富へ

 今度は陸地を横断して、西海岸へ。
 豊富温泉に行こうと思ったらレンタルタオルはやっていないというので断念。
 さぁ、セコマ牛乳のふるさと、豊富。いつもHACで売ってるので愛飲している。
DSC05477
 とりあえず豊富駅に行く。
 丁度オロロンラインを下って羽幌まで行くバスがいた。
 このバスで羽幌まで行くの辛そう。距離はおおよそ100kmというところ。
 北海道は路線バスが走る距離も長い。
DSC05476
 保存目的で展示されている車両としては最北端らしい。
 オエ61-67という車両で、存在が珍しい救援車。実際に救援目的にどれだけ使われたかわからないけれど。


稚内市内へ

 さて、稚内駅前でレンタカーを返す。
DSC05478
 稚内駅はきれいになったね。
 道の駅などが併設されており、高齢者住宅、映画館、バスターミナル、鉄道駅、売店、飲食店などが入った複合施設である。必要なものがコンパクトにまとまっているので好感持てる。
 それにしても人口3.5万人の街に映画館(しかも3スクリーン)あるのに驚き!
 そして、この映画館がなくなると道北から映画館は一切なくなり、一番北なのは旭川になるっていう。
 レイトショーもやっていて驚いた。すごいな! 是非とも頑張って欲しいし、映画館を設置するって決めた人は偉いと思う。
DSC05484
 今回は列車乗らないけど、列車で到達したいね。列車でここまで来たのは中学生の時。
DSC05482
 そして、日本最北端の線路。
 この鉄路もいつまで持つんだろう……。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ