FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:相川

 間違ってもわざわざ食べにいくところではないが、食べたくなる中毒性がある。


ジャンキーなものを食べたい

 昨晩はおさかなパラダイスだったので、正直魚は食べなくてもいいかなって感じがする。肉というかジャンキーなものが食べたい。そんな状況で、歩く人がいないこの相川の街で食事をしなければならない。観光客向けのお店はいくつかあるけれど、なんか地元の人が行くお店で食べたい。
 まぁ、こういうときは賛否両論食べログだよね。基本的には口コミとか点数よりもジャンルとメニューと写真で判断する。こういう場所では頼らざるえない。
DSC08001
 というわけで、やってきたのはパーラーつるや。
 ジャンルとしては喫茶店……なのか?


デブまっしぐらメニュー

 というわけで、入店。意外と客がいた。
DSC08002
 いいね。このデブまっしぐら感。
 謎のパスタとカレーの組み合わせを食べてみよう。
DSC08004
 肉スパライスカレー大盛登場!
 うはっ!もうマジデブまっしぐら。
 たまんねーな。ちなみにカレーのルーが明らかに少ないけど、スパの方から味が来るから大丈夫だよ。

 すごいうまいか?
 たぶん違う。
 また行きたいか?
 行きたくなるかもしれない。

 そんなお店だったよ。

スポンサードリンク

向かいのお店は昭和

 さて、満腹で店を出る。
 向かいのお店を見ると昭和テイストだった。
DSC08006
 写真屋さんだと思うんだけどね。
 昭和じゃなくて平成初期テイストかな。
DSC08005
 なんか謎の特急列車が気になる。
 静電アンテナがやけにデカい。


スポンサードリンク

 佐渡金山を支えた東洋一の浮遊選鉱場の跡地を見学。


北沢浮遊選鉱場

 北沢浮遊選鉱場とは佐渡金山で産出された金を含む鉱石を、ここで金だけにする作業をするところである。
 水と油性溶液が混じった液体の中に粉末にした鉱石を混ぜると、土は親水性なので沈み、金属は親油性なので浮いてくるという性質を利用して金属を効率よく分離させることができる。これを浮遊選鉱という。
 輸送費のことを考えると鉱山のすぐ近くで、この選鉱をやるのが有利なのでたいていの場合金山の横にはこういった施設がある。
 こういった施設を私は以前見学したことがある。
 台湾の九份・金瓜石で産出した金鉱石などを選鉱した場所、水湳洞の十三層遺址だ。

 というわけで、今回は佐渡金山を支えた北沢浮遊選鉱場跡地を見学!


朽ち果てる人工物の美

 朽ち果てていく人工物ってなんであんなに美しいんだろうなぁ。
DSC07839
 上の方から下の方へ工程が進んでいくという理解で良かったと思う。
 重力を利用して、効率よく移動していったはずだ。
DSC07819
 さらに拡大してみる。
 ツタの生え方がいいね!
 写真で見るとそう感じないかもしれないがかなり巨大だ。
 こういった施設が大規模な金属鉱山にはあったはず。

スポンサードリンク

その他の施設

 他にもこの広場には様々な遺構が残っている。
DSC07828
 こちらは旧北沢火力発電所。
 明治40年、佐渡に初めてできた火力発電所の跡地。
 もちろん、金山施設に電力を供給するためにできたのだろう。
DSC07823
 こちらは50mシックナーと呼ばれる施設の跡地。
 石状ではなく泥状の鉱石が産出される鉱山もあったため、産出された泥状の鉱石をここで水分を分離して、通常の鉱石と同様の工程につながることになる。
DSC07835
 こちらは鋳造工場跡地。
 様々な工具や機械部品を製造していたと思われる。
 残っているのは一部で、その他の建物基礎などを考えると、かなり巨大な施設だったらしい。


ライトアップもやってるよ

 ちなみに北沢浮遊選鉱場は夜間ライトアップもやってる。
DSC07799
 なかなか趣あるよ。
 でも、白い光をただ当てているならいいんだけど、七色に変化する。
DSC07805
 いや、その演出必要?本当に必要?
 足下はめっちゃ暗いので気をつけて!


スポンサードリンク

 古い建物好きの私としては外せない施設。
 この雰囲気たまんねぇな。


旧相川拘置支所

 昭和29年新潟刑務所相川拘置支所として開設。
 拘置所なので検察が起訴して、判決が出るまでの間収容される施設である。
 昭和47年まで使用されていたというので、使用されていたのはわずか18年。
 ただ、現存する木造拘置所としてはかなりレアな部類で、登録有形文化財になっている。
 旧相川町が払い下げを受けて保存してきたようだ。
DSC07906
 ツタに覆われた雰囲気ある門をくぐる。
DSC07869
 登録有形文化財の証。
 今でこそ、相川というと佐渡の中心部から離れているイメージだけど、拘置支所があるということは裁判所などもここにあったわけで、元々は佐渡島の中心となる地域だったと言うことなのだろう。
DSC07905
 それでは中に入ろう。
 入っちゃいけないような雰囲気だけど入ってOK。


事務所棟

 建物は大きく3つに分かれており、内部でつながっている。
 一番最初に入る建物は事務所棟である。内部には誰もいない。
 朝と夕方だけ鍵を開け閉めする人が来るだけのようだ。
 とにかく、静かである。不気味なほど静かだ。
DSC07871
 内部は驚くほどきれい。
 そして、不自然に新しいところもないので、昔のままに丁寧に掃除されているということなのだろう。
DSC07873
 宿直室などもある。
DSC07875
 驚くほどきれいで、それが逆になんとなく建物が纏う負のオーラを強調している。
DSC07876
 なんだろう。このような建物にいたことがあるかと言われると、ないのに、なぜか懐かしい。
DSC07877
 所長室の中には金庫があった。
 この金庫は開くのだろうか。
DSC07903
 当然拘置所なので、面会室もある。
 これは拘置されている人からみた景色。
 ガラス張りではなくて金網なのがちょっと驚き。
DSC07880
 ついついトイレを確認してしまうのは性か。
DSC07881
 うむ。おそらくボットン便所だね。あたりまえだけど。

スポンサードリンク

炊事・倉庫棟

 さて、次の建物へ。
 次の建物は炊事・倉庫棟。
DSC07883
 かまどがそのままで残っている。
 新潟刑務所の受刑者で炊事業務に任命されたものがここで食事を作っていたらしい。
DSC07888
 これは風呂。
 入所者は1週間に1回、15分間入浴が許されていた。
 深さは深いけど、幅がないのでしゃがんで入るような感じになると思われる(実際に入ってみた感想)。


居房棟

 さて、さらに鉄格子の扉を抜けて、居房棟へ。
 実際に拘置されていた人々が入っていた場所だ。
DSC07886
 入ってすぐ右側に医務室がある。
DSC07891
 ベッド。これ簡易的すぎてすぐ壊れそうじゃない?大丈夫なのかな。
DSC07892
 なぜかイスと体重計だけが残されていた。
DSC07896
 独居房の中。定員1名。
 右奥がトイレと思われるが、1室を除いて丸見えだったらしい。例外の1室は女性や少年などが入所した場合に使用されたという。
DSC07894
 こちらは雑居房。定員3名。
 まぁ、なんというか拘置所なのでまだ裁判で判決が出ていないにもかかわらず、これでいいのかって気がしなくもない。でも、どの部屋も水道はあるので、水道は自由に使えたってことなのかね。
DSC07901
 奥から入口を見る。
 天井に明かり取りがあって、日が出ていれば中は明るい。
 全体的に非常に手入れがしっかりしている施設であると感じた。その一方で一人でここに来ていて、他の人に出会ったら死ぬほどビビると思う。なんとなく施設を覆う負のオーラのせいか、なんとも言えない哀愁を感じる。


向かいの市営住宅

 ちなみに向かいの市営住宅もなかなかのもの。
DSC07864
 きれいに修復されている方の建物。
 一方で修復されず現役の市営住宅もある。
 さすがに人が住んでいるので、写真は撮らなかったがなかなかの年代物。
DSC07866
 旧鉱山住宅だったらしい。
 ちなみに市営住宅にいるおばあさんは旧相川拘置支所に人が来ると出てきて、めっちゃ話しかけてくる。昔の話など色々と聞いた。拘置支所ができる前は鉱山で働く朝鮮の人々の宿舎だったらしい。あいつら、羽振りが良かったから……これ以上話していた内容はやめておこう。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ