FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:温泉

 冬の北海道で「試される大地」を経験したければ、ここ一択。
 油断すると死ぬ。


寒さを実感できるどころじゃない場所

 北海道のど真ん中あたりに然別湖という湖があって、真冬にはそこの湖上で色々なイベントやってる。
 もちろん、海もない山の中なのでクソ寒い。途中から道は狭くなるので、軽くスリップしながら運転していくと山奥の湖畔にはでかいホテルが2軒ある。今日はそのうちの1つホテル福原に宿泊。
 湖上でのイベント会場は「然別湖コタン」という。
DSC07117
 いやぁ、全然盛り上がってる気配がないんだけど、一度行ってみるといいと思うよ。
DSC07119
 さぁ、湖上へGO!


ICE BAR

DSC07135
 湖上に出て右側にあるのはICE BAR。建物は全て氷でできております。
 外気遮断性とかあるけれど、建築確認とかいらないのかなぁ。いらないよなぁ。
DSC07134
 氷なんで、当たり前だけれど白い。
DSC07127
 中はこんな感じでBARになっております。
 まぁ、たいしたお酒は作れないけれど、最低限の物は揃っている感じ。
DSC07131
 ドリンクは全て500円。氷のグラスに入れると+500円。
 製作の手間とか雰囲気とか考えると、意外と良心的な値段。
 ちなみに氷のグラスに入れないとプラコップになります。ビールはハートランドがビンごと出てくるので、プラコップも氷のグラスもイヤな人は、ビール飲むのがいいと思うよ。異常に冷えてるけど。

 たぶん、日本で(世界で?)ここでしかできない体験なので、一度体験するのはいいと思う。


氷上露天風呂

 さて、タイトルからして何を言っているか分からないと思うが、俺も分からない。
 一つ言えるのは、凍結した湖上に露天風呂があるという話。
DSC07137
 翌朝。気温は-15℃。なかなか冷えましたなー。
DSC07139
 夜は暗いのであまり良く分からなかったけど、朝になると全容が見える。
 いくつか建物が建っていて、宿泊もできる。氷のベッドで。
DSC07141
 一番左端にあるのが氷上露天風呂。
DSC07142
 ちなみに脱衣所も氷でできている。
 もちろん氷上露天風呂なので、全裸で入浴。寒い中全裸!
 脱衣所も床に断熱シートみたいなの貼ってあるけれど、みんな風呂上がりに焦って服を着るせいか、ポタポタ水滴を垂らすので凍ってる。足の裏があまりの冷たさに痛くなってくるので、交互に片足上げながら足踏みするような感じで服を脱ぐ。
DSC07144
 そして湯船にどぼーん!かけ湯とかする余裕がないので、まず一度ホテルの温泉に入って、体をきれいにして温めてから行くのがいいと思うよ。
 入ってしまえば最高の眺めと、暖かさでとても気持ちいい。
 問題は出るのに気合いが必要なところだけど。ただ、体が温まるので、思った程出たとき寒くない。……が油断しているとすぐに寒さが襲ってくるので、注意すること。
 たぶん、この温泉の入浴は確実に心臓に悪い。
DSC07145
 温泉はこんな感じで湯船が二つ。ただ、男湯女湯で分かれてるわけではないよ。夜間は男性専用時間帯と女性専用時間帯がある。それ以外の時間は混浴。

 たぶん、これも日本で(世界で?)ここでしかできない体験なので、一度体験するのはいいと思う。


タオルが凍る・ダイヤモンドダストが見られる

 もちろんこんなに寒いので、(たぶん)バナナで釘が打てる。いや、そこまでではないか。
DSC07156
 濡れタオルを振り回すと凍るよ!コツはびしょびしょじゃなくて固く絞ったタオルを使うとか凍りやすくて面白いよ。まぁ、これは北海道どこでもできるけど。
DSC07161
 写真では分かりづらいんだけど、あまりの寒さに空気中の水分が凍ってダイヤモンドダストを(運が良ければ)見ることができるよ。写真のキラキラしているヤツね。この美しさは写真では伝わらないので、是非見て欲しい。ただ、気象条件とか結構厳しいので見られればラッキーぐらいな感じで。
DSC07162
 寒いので雪の結晶も観察できる。


というわけで

 ここでしかできない体験ができる然別湖コタン。
 一度は行ってみるといいと思うよ。
 ちなみに温泉は源泉掛け流しで素晴らしい温泉。真冬はそこまで宿泊料も高くないのでオススメ!

 今日の宿泊は日景温泉。
 すでに2014年8月末で閉館となってしまいました。
DSC06832
 友人が「閉館になっちゃう!」ということなので、来てみた。
 SL三重連で有名だった矢立峠にあります。
DSC06837
 いきなり夕食。山の料理だねぇ。
DSC06844
 なんかゆったりできるスペースがあって、レトロな感じで、妙に落ち着く。
DSC06845
 いいねぇ。「売店」って看板。ちなみにかなり古い建物なのでぎしぎし言います。
DSC06846
 お風呂。お風呂。
DSC06848
 こちらが男女別の内湯。お湯が濃い。ホントに濃い。
DSC06850
 こちらは混浴露天風呂。まぁ、混浴って言っても女性は入ってないけどね。
DSC06852
 こちらは朝食。得に特別なものは無いけれど、正しい旅館の朝食。それがいい。

 とても風情があって、ステキな温泉だった。
 また泊まりたいと思うけど、閉館は残念。

 北海道のど真ん中。
 然別湖という湖があり、その湖畔にはホテルが2軒。

 というわけで、今日はホテル福原に宿泊。
DSC04405
 台湾人研修生を受け入れたりして、台湾人団体の受入に積極的。
 台湾人は雪を見て、ダイヤモンドダストを見て、フィーバーするわけです。

 基本的に外は-10℃以下なので、濡れたタオルを振り回すと凍ったりするところ。
 その中、然別湖は全面結氷するので、そこでイベントやってたりします。
DSC04408
 それが然別湖コタンというもの。
DSC04407
 こういったかまくらみたいなものを作って、そこの中で宿泊したり、お酒が飲めたり、結婚式が挙げられたりするわけなんです。
DSC04410
 というわけで、氷でできたバーであるICE BARに行く。
DSC04418
 ホントに氷でできてる。
 色々なお酒が(簡単なものだけだけど)500円均一。まぁ、雰囲気を味わえた上でこの値段は良心的かな。
DSC04414
 ハートランドを一杯。テーブルももちろん氷でできてる。
DSC04419
 外に出ると気温が更に下がって-20℃に。ここまで来ると鼻から息を吸うと鼻の穴の中の鼻毛に氷がつきます。マジで。
DSC04424
 そしてコタンの中にある教会。
DSC04432
 翌朝はこのコタンの中にある氷上露天風呂に入りに行く。
 さすがに朝入る人は少ない。っていうか自分以外に入りに来ている人を見たことが無い。いると思うけど。
DSC04433
 脱衣所は前に入った人が寒さの余りあまり拭かないで出てきたりすると、たれてきた水が床に溜まり、それが凍るので要注意。足の裏があまりの冷たさで痛くなるので、片足ずつ上げて足踏みしながら、服を脱ぐべし。当然暖房もないので急いで服を脱いだらダッシュ。かけ湯とかできないはずなので、一度ホテルの風呂に入ってから来ましょう。
DSC04435
 入っちゃえばこっちのもの。あと、出るとき勇気がいるけど、体が温まっているせいか意外と寒くない。
 源泉掛け流しで、おそらくホテル風水の方から温泉を引っ張ってきている。なのでホテル福原とは違う泉質。
DSC04434
 外から見るとこんな感じ。男性専用時間と女性専用時間があってそれ以外は混浴。
 一度経験してみるといいと思うよ。ここでしかできないことだから。


↑このページのトップヘ