FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:台風

 災害遺構が災害を受けてさらなる災害遺構になる。
 そんなこともある。


令和元年東日本台風

 昨年のことなので、記憶に新しい人も多いだろう。いや、コロナのせいで、もう遠い昔の記憶になってしまっているかもしれない。
 2019年、東日本を襲った台風19号。進路としては関東縦断しただけの形になるが、勢力の強さによりその被害は大きいもので、北陸新幹線の車両が水没したとか記憶に残っているだろう。
 そして、この時ラグビーワールドカップが開催されていた。
 台風が来る次の日は釜石での試合が予定されていた。私自身もこの時は釜石入りして観戦する予定だったが、残念ながら試合は中止になってしまった。台風が近づく夜、釜石は一晩中サイレンが鳴っていた。避難所も開設されていたが、川の近くであるものの鉄筋コンクリートの建物で津波にも耐えた建物だったのでこの場にいた方が安全と思い、ホテルにとどまった。一夜明けた釜石では冠水するなど大きな被害が生じ、街の様相が大きく変わっていたのを覚えている。


河川増水により被害を受けた「メモリアルパーク中の浜」

 今回は以前も取り上げた「メモリアルパーク中の浜」を再び取り上げる。
 前回の記事はこちら。

 元々は静かなキャンプ場だったこの場所は、震災による津波で景色を一変させた。
 その後、震災遺構として整備され、津波の被害を受けた場所をきれいに保存している。
 そして、この場所は、また、被害に遭うことになる。
DSC03686
 訪問時点で10ヶ月経過しているがそのままだ。
DSC03689
 通路がえぐれているのがわかると思う。
 小川でしかなかった川が、暴れた。
DSC03691
 わかりづらい写真で恐縮だが、奥に橋が架かっていて、その橋に木など大量に流れてきたものが絡まっているのが見える。どちらかと言えば修復するお金がないので、そのままになっているというのが正しいかもしれない。
 様々な災害の中で、比較的容易に予測が可能なのは台風だ。
 台風に関して言えば、あらかじめ避難しておくことも可能である。
 普段はおとなしい小川もこのように暴れる。特にこの時の台風は気象庁が尋常じゃないほど警告していた。特に地理的要因(低地など)や構造的要因(木造や低層階)の人々はきちんと避難する必要があるだろう。


スポンサードリンク

震災の遺構

 さて、入口部分のインパクトがでかすぎたが、他の所も見ていこう。
DSC03692
 震災の津波で大きな被害を受けたトイレ。
DSC03693
 こちらは変わらず。
 台風の被害はあまりなかったようだ。
DSC03696
 鉄筋コンクリートでも、津波でもげた炊事場。
DSC03697
 前回来たときは、夕方で雨も降っていたので静かな恐ろしさを感じる施設であったが、今回は夏の晴れた日だったので、そこまで恐ろしさを感じることはなかった。
 でもね。津波は来るんだよ。この写真の位置でもかなりの高さだけど、東日本大震災の時にはこれでも足りない。なぜなら、目線が津波の浸水した高さになるように調整されているから。だから、この場所にいるとき、もし大地震が発生したら、ここではない近くの山に真っ先に逃げるべきだ。
 そんな教訓を教えてくれる施設である。


スポンサードリンク

 さて、台風が過ぎ去った翌朝。
 香港の街を歩いてみる。


台風一過にならない曇り空

 とりあえずクラブラウンジでコーヒー飲んでから出発。
DSC09280
 天気良くないねー。
 日本だと台風が過ぎれば台風一過で雲一つない晴れ空になることが多いけれど。


まずは堅尼地城へお散歩

 ホテルを出発。
DSC09251
 人通りも戻ってきたけど、気持ち車が少なめ?
DSC09254
 トラムは走ってた。トラムに乗って堅尼地城へ。
DSC09256
 公園の木々が倒れて、道路を片方向封鎖されている。ちなみに公園自体が立ち入り禁止になってた。
 
堅尼地城で飲茶をして帰りは歩き。
DSC09274
 恵康(welcome)の看板折れる。
 それにしても手配が迅速。まぁ、危ないからなー。

スポンサードリンク

都爹利街がヤバイと聞いて行ってみる

 都爹利街には香港で最も古い現役のガス灯がある。
 石段とガス灯がなかなかいい雰囲気の場所。
DSC09299
 お、おう。
 無残に木が倒れておる。
 石段を上がったところにあった木が無残にも根元から折れた。
DSC09304
 上側から見てみると、石段のダメージもデカい。
 降りたところの両脇にあったガス灯は跡形もなくなってる。
 この御影石の階段は19世紀後半に作られて、香港法定古跡らしいんだけど、大ダメージ。
DSC09323
 横から見ると、確かに根がきちんと張れないところではあるので、耐えられなかったんだろうなぁ。
DSC09307
 唯一残ったガス灯も、ガラスの部分は消え去っていた。

 いやぁ、すげぇな。


というわけで

 香港で台風に遭遇して、AYが欠航になってしまった件。
 振替を要請するも3日後だと言われてしまった。「ごるぁ!俺はわんわーるどえめらるどやぞ!どげんとせんかい!!」などと言うわけもなく、全てキャンセルした。ちなみに為替の差益でちょっと儲かった。
 残りのお休み、1週間ぐらいあるけれどどうしようか。どっかに行くかで悩む。
 そもそも、台風明けで欠航になった分の振替があって空席がほとんどない。あっても高い。
 そんな中で見つけたところに行くよ。


スポンサードリンク

 香港に史上最大の超大型台風22号山竹が襲来。
 わかってて行く俺も俺だけど、こんな経験2度とないかもしれないので、それはそれでよかった。
 というわけで初めてラウンジアクセスを付けたHotel Jenでこもった一日の巻。


クラブラウンジで朝ご飯

 あまり眠れず朝を迎える。
DSC09185
 低気圧が近づいている独特な感じ。
 昨晩はラウンジアクセス付けてなくて、今晩はラウンジアクセス付けてるけど、朝から使っていいよってことなので、ラウンジで食べる。
DSC09186
 この時間はまだ客が少なかったね。
DSC09189
 コーヒーを頼んで、一息つく。
DSC09190
 ソーセージとパン。
DSC09191
 まぁ、一通りあるって感じかな。
DSC09192
 フルーツ充実。
 まぁ、当たり前なんだけど、食べるんだったら下のレストランで食べた方がいいよね。


外に出る

 とりあえず外に出てみる。
DSC09197
 すごい、人も車もいない。
 こんな香港初めてだ。
 動画にしてみるとこんな感じ。
DSC09199
 窓ガラスもテープ貼っている家多し。
 でも、これって効果あるのかね。割れたときに飛び散らないようにって感じ?
 戦争の時もやってたりするよね。

スポンサードリンク

ベルボーイのおっさん、こける。

 さて、2回目のタバコ。
 外に出る。
DSC09209
 あんまり写真だと違いがわからないけど、動画の方がわかりやすいかな。
 もうね、屋根があるところにいても水が吹き込んでくる。
 ベルボーイのおっさん、足を滑らしてしこたま後頭部打ってた。そのまま救急車行き。
 ナイスなおっさんなだけに心配したが、次の日ちゃんと出勤してたので安心する。

 クラブラウンジに戻る。大混雑。
 そりゃそうだ。することないもんね。
DSC09244
 見えるかなー。
 建物の裏側って岸壁があるんだけど、波がそれを越えてやってきた。
 まぁ、それほどインパクトがあるものは経験できなかった気がするけれど、いい経験でございました。

 ちなみにこの時のヤバイ映像はここを見るといいと思うよ。
DSC09250
 夕方になって、酒をつまんで夕食へ。
DSC09248
 夕方には風雨は収まってたよ。


スポンサードリンク

 翌朝は台風が近づいておりました。
 史上初の台湾縦断かと言われていて、テレビもその情報で一色。
 各地で「停班停課」宣言が出ているという。

 これは台湾の台風が来たときのシステムで、要は「お仕事休み、学校休み」「みんな家でおとなしくしてなさい」宣言ということ。これが出ると、いわゆるサービス業以外のお仕事は休みになります。
 で、これがでるかどうか一喜一憂するらしい。

 そんな中ではありますが、台南に移動します。
DSC07296
 台北駅の在来線(台鐵)の発車案内。
 區間車(普通電車)は「準點」(時間通り)ですが、自強号(特急)など対號列車(指定席列車)は全て「停開」(運休)となっておりました。
DSC07298
 新幹線(高鐵)は20分ごと全て各駅停車の特別ダイヤで運行中。
 加班車(臨時列車)と14時まで表示。

 こんな臨時ダイヤですが、車内はガラガラ。ほとんど乗ってなかった。
 1時間に1本とかでよかったんじゃない?


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ