FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:六花亭

 また行った。
 六花亭のガチのお得意様を隊長にして、われわれは極楽浄土へ向かった。


そう、また行ったんだ

 君は思うかもしれない。
 あれ?軽部この間行ってなかった?

 そう思う君は間違っていない。
 そう、また行ったんだ。

 というわけで、また行った話。
 六花亭で10,000ポイント所持(最低100万円以上購入)しているガチのお得意様を隊長にして、極楽浄土へ行く会が結成されたので、案内役としていくこととした。


「極楽」への扉の開け方

 極楽浄土へ行くためには、まず「極楽」への扉を開けなければならない。

 入室資格
 ・六花亭のポイントカードに貯めた100ポイント支払い

 恐ろしく入室資格が低い。一応、10,000円購入すると100ポイントつく。もし、ポイントが足りない場合は六花亭の商品券を買えばポイントをつけてくれる。また、オンラインショップでポイントがついていた場合、カードとポイントを合算することも可能なようだ。
 ……とはいえ、現在のコロナ情勢で自由なラウンジ利用はできず、予約制になっている。

 利用方法(帯広本店の場合)
 ・水曜定休。
 ・未就学児入場不可。
 ・予約は当日9時から、1階のイートインスペース側レジで受付。
 ・開始時間は11時~、12時半~、14時~で滞在時間は最大75分。(14時は土日祝のみ)
 ・各回最大8組30席(4人×7卓、2人×1卓)。相席はなし。
 ・予約時に1回目の注文を決める。

 公式ホームページは以下のとおりなので、最新情報はそちらを見てね.
 六花亭ラウンジ極楽

スポンサードリンク

まずは「極楽」を予約して入場

 朝一番の開店時間に合わせて行く。
 予約受付場所はイートインスペースがある方のレジだ。
 ドアが開くのは裏の駐車場側→表通り側って感じではあるが、いつもそうなのかよくわからない。
 予約を済ませるとその場でポイント引き落とし。ファーストオーダーを決める。
DSC03151
 というわけで予約時間になったので、極楽への扉をくぐる。


「極楽」店内の様子

 ※自分たち以外のお客さんが退出した後に撮影したものです。
DSC03147
 このブログではちゃんと公開できていなかった、店内の様子。
DSC03143
 こんな感じのお席でお茶を楽しむことができる。
DSC03148
 なんか今日の一言的なコンテンツもあった。


食べる

 さて、食べる。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724110627012_COVER
 ビシソワーズ飲んで~。
 普通にしっかりとおいしいビシソワーズ。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724111141233_COVER
 極楽パイの豆とベーコンの煮込みの方。
 食べるの2回目だが、チーズがしっかりといい仕事をしている。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724111204473_COVER
 こちらはドライカレーの極楽パイ、そしてお茶請けのかりんとう「極楽」。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724111908706_COVER
 生パイ帯広の森。これねー、クソうまい。
 もうねイチゴがいい仕事してるのよ~。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724113535047_COVER
 そして六花の森ヨーグルト。
 超特濃ヨーグルト。めちゃくちゃ濃い。
 そして甘すぎないイチゴジャムがこれまたいい仕事している。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724114317039_COVER
 ここでしか食べられない「極楽ロール」。
 ふわっふわっのロールケーキ。
 もうね、ふわっふわっ。ふわっふわっ。
 下手すると昇天して、マジモンの極楽浄土に連れて行かれる(言い過ぎ)。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724114802273_COVER
 前回あったピザトーストは姿を消して、アイスクリームに。
 まぁ、あれだ、これは普通においしいアイスクリームだ。

スポンサードリンク

極楽は帯広にあった

 六花亭のお得意さまラウンジ「極楽」、大満足。
DSC03146
 いや、至福の時。
 あまりにもすごすぎて、誰とはいえないが「会計はしなくていいの?」なんて発言をしていた。
 会計はしなくていい。だって、ポイントで払ってるから。
 コロナ前はセルフだったので、それほど人手がかからないと思うが、現在フルサービスでかなり人手がかかっている。正直、このままこの方式でやっていけるとは思えないんだけど、どうするんだろうなぁ。
 大満足したら、下のお店でごっそりお土産買おうね。自宅用にも色々買おうね。それでポイントがたまったらまた行けるよ!


スポンサードリンク

 最近、六花亭記事多すぎやな。
 あと、帯広はとにかくドリンクを無料提供しなきゃいけないのか?


今日も六花亭

 昨日に引き続き六花亭帯広本店。
DSC02762
 行きすぎだろと思わなくもないが……いや、行きすぎだな。
 喫茶室のメニューは定点観測しておきたい。
DSC02860
 というわけでメニュー1枚目。
 なんかホットケーキのビジュアルが変わったよね。2月に来たとき、気づかなかったけどすでに変わってた。
DSC02859
 小豆系を食べたい気もする。
DSC02858
 んー、ピザは今回いいかな。


というわけで選んだのは……

 今回選んだのは、「プレミアム25」と「プディングケーキ」。
 プディングケーキは前回に引き続き連続当選!
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200705150128783_COVER
 プディングケーキはおいしいの。本当においしいの。
 ブリオッシュを入れて焼き上げたプリンが最高にうまい。
 想像の中で最高の状態で出てくるあたりが良いね。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200705150141765_COVER
 もう一つはプレミアム25。
 2.5時間かけて焼くからプレミアム25。
 その時々によって2.5時間かけて焼くのは一緒だけど内容は違う。
 今回はチーズケーキだったので頼んだ。
 これがねぇ、超濃厚。超濃厚なチーズケーキ。
 いやー、超こってりチーズケーキが不味いわけがない!

スポンサードリンク

最近話題のますやパン

 カンブリア宮殿とかで紹介されたますやパン。東京にも進出してきてるね。
 そんなますやパン(満寿屋商店)のフラグシップ店舗が帯広南部の郊外にある、「麦音」という店舗。
DSC02884
 こちら。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200705174753108_COVER
 パンが色々とあって楽しい!
 そして、このパンを作るための小麦粉は全て十勝産!
 それなりに店舗が何軒かあるので、十勝産小麦粉(しかもパン用!)に作るのはなかなか確保するのが大変だと思う。
DSC02880
 というわけで数日分の朝食用パンをお買い上げ。
DSC02879
 お値段はこんな感じ。
 まぁ、高くもない標準的なお値段。
 ただ、さっきのパンの写真で左上にあるベビーパンはクソ安い。
 ちなみにこちらの店舗はパンを買うとドリンク一杯無料。突然紙コップを渡されて「?」って感じになる。飲めるドリンクはファミレスのドリンクバーと同じでコーラやらコーヒーやら色々飲める。
DSC02881
 外で飲んでたらリスが来たよ。
 まぁ、人々の食べこぼしを食べに来てるのであまり良いことではないんだけど。


スポンサードリンク

 六花亭の帯広本店には「極楽への扉」があるという。
 そこは一体どんなところなのか、その謎を明らかにすべく、我々は六花亭帯広本店の2階へ向かった。


みんな大好き六花亭

 六花亭と言えば、みんなマルセイバターサンドを連想するよね。
 北海道土産の一角をしめるマルセイバターサンドを製造販売しているのが六花亭。
 その六花亭の直営店に行くと驚くほど色々なお菓子や、ケーキを売っている。しかも、その場でイートインするとコーヒーが無料だったりするのだ。そして、ケーキが驚くほど安い。ほぼ200円台なのである。観光客向けのお菓子で上がった収益を地元民に還元するという姿勢が素晴らしい。
 そして、一部の店舗には喫茶室がある。またその喫茶室も素晴らしいのだ。

 まぁ、喫茶室の話はまた後日するとして、今回の目玉は帯広本店にあるお得意さまラウンジ「極楽」。ところが、昨今のコロナ情勢で長期休業。それが7月1日から再オープンしたというので行ってみた。
 ※札幌本店にもお得意さまラウンジ「極楽」は今のところコロナの関係でまだ休業中。っていうか何日間オープンしてたんだろう。たぶん、オープンしてすぐコロナで休業になったと思う。


「極楽」への扉の開け方

 極楽への扉を開けたい。

 入室資格
 ・六花亭のポイントカードに貯めた100ポイント支払い

 恐ろしく入室資格が低い。一応、10,000円購入すると100ポイントつく。もし、ポイントが足りない場合は六花亭の商品券を買えばポイントをつけてくれる。また、オンラインショップでポイントがついていた場合、カードとポイントを合算することも可能なようだ。
 ……とはいえ、現在のコロナ情勢で自由なラウンジ利用はできず、予約制になっている。

 利用方法(帯広本店の場合)
 ・水曜定休。
 ・未就学児入場不可。
 ・予約は当日9時から、1階のイートインスペース側レジで受付。
 ・開始時間は11時~、12時半~、14時~で滞在時間は最大75分。
 ・各回最大8組30席(4人×7卓、2人×1卓)。相席はなし。
 ・予約時に1回目の注文を決める。一部を除いて追加オーダー可能。
  (今回利用したとき、ピザトーストだけ一人1回事前オーダー限定だった)

 公式ホームページは以下のとおりなので、最新情報はそちらを見てね.
 六花亭ラウンジ極楽

スポンサードリンク

まずは「極楽」を予約!

 飛行機を降りてレンタカーを借りた我々は、一目散に六花亭帯広本店に向かった。
DSC02762
 駐車場は商店街側にあるでよ。(昔はなかった気がする)
DSC02758
 駐車場側の入口はこんな感じ。
 いざ突入。
DSC02760
 土曜日の10時20分頃に予約を取って最後の一組だった。
 あぶないあぶない。
IMG_20200704_113211
 ちなみに、こちらがラウンジのメニュー。
 以前はセルフ方式だったが現在はオーダー方式になっている。
 予約時に最初の注文を行う。
 ピザトーストだけはこの時のみ一人1つだけ注文可能。


「極楽」への扉を開ける

 さて、11時になったので極楽への扉を開けよう。
DSC02766
 これが「極楽」への扉。
DSC02769
 他の客が入ってしまうので、室内の様子を写せたのはこの写真だけ。
 基本的には密にならないよう余裕がある。
 一度に客が入場するため、色々なものの提供時間がかかる。
 こればっかりは仕方がないので心の余裕を持とう。


確かに「極楽」

 もう一度メニューをおさらい。
IMG_20200704_113211
 さぁ、戦闘開始だ!
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704111042441_COVER
 まずはドリンクを頼むとお茶請けにでてくる、かりんとう「極楽」。
 黒糖かりんとうで、食感はかなり軽め。
 ちなみにウーロン茶を頼んだけど、このウーロン茶、なかなかうまかった。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704110956005_COVER
 ピザトーストとビシソワーズ。
 ビシソワーズは特筆する味って程ではなかったけど、冷たくてお菓子に対する塩気としてちょうどいいね。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704111001950_COVER
 ピザトーストは、これ以上ないぐらい具はオーソドックス。
 特別なものは入ってないけど普通においしい。パンも六花亭で作ってるらしいよ!
 これは喫茶室でも食べられるよ(取扱店舗限定)。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704111655884_COVER
 生パイ帯広の森。
フロマージュブランがクソうまい。あかん、うまい。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704111908070_COVER
 しかも中からイチゴジャムが出てきやがる。

 これはパイが湿気るのでなるべく早く食べるようにとのこと。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704114253948_COVER
 こちらは、極楽パイ。
 豆とベーコンの煮込みとドライカレーの2種類ある。パイのサクサクっぷりがヤバい。
 豆とベーコンの煮込みの方は上に載っかっているチーズがいい仕事をしている。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704114305277_COVER
 六花の森ヨーグルト。このヨーグルトがとても濃い。特濃。
 また、苺ジャムがいい仕事してる。
 これも喫茶室で食べられる(店舗限定)。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704114316537_COVER
 そして、極楽ロール。
 もうね、ふわっふわっなの。
 ロールケーキは通常巻いてからしばらく落ち着かせる方がおいしいんだけど、これはふわっふわっを維持するために、注文を受けてから巻くの。まさに巻きたてのロールケーキ。
 こんなロールケーキ食べたことないわ!

スポンサードリンク

「極楽」は帯広にあった!

 六花亭のお得意さまラウンジ「極楽」、ヤバいっす。
DSC02779_
 食べ物のクオリティが高い。しかも、「極楽」でしか食べられないものもある。
  これらが、こんなんでいいんですかって感じ。
 本当に100ポイントだけでいいんですか?お金払わなくていいんですか?
 100ポイントで入れるとか敷居低すぎ!もっとハードル上げても良いと思うよ。
 大満足したら、下のお店でごっそりお土産買おうね。自宅用にも色々買おうね。それでポイントがたまったらまた行けるよ!


スポンサードリンク

 帯広に行ったからねぇ。
 行くよねぇ。


インデアンカレーは臨時休業

 インデアンカレーは緊急事態宣言の影響で臨時休業。
DSC01538
 ホントに休業。
DSC01539
 まちなか店は休業。
DSC01536
 長崎屋の中の店舗も休業。
 うおぉー、マジかよ。


六花亭帯広本店「極楽」も閉鎖

 今回の旅では六花亭のお得意さまラウンジ「極楽」を札幌本店と帯広本店ではしごする予定だったんだけど、こちらも北海道緊急事態宣言で閉鎖。

 その後、行ったので↑の記事を見てね。
 それにしても、執筆時点で札幌本店の「極楽」は閉鎖中。
 札幌本店のは2月20日オープンで、開いてたのって1週間ぐらいしかなかったんじゃないか?

スポンサードリンク

六花亭帯広本店でケーキを食べる

 仕方がないのでケーキを食べよう。
DSC01541
 とりあえず六花亭へGO!
DSC01540
 相変わらず除雪は完璧。
DSC01542
 空いていたので、ケーキを撮ってみた。
DSC01543
 もうね、色とりどりのケーキがステキなの。
DSC01544
 そして値段が安い!ケーキはほぼ200円台。
 ちなみにこのケーキは喫茶室でも食べられるよ。同じ値段で。
 その他のものを一緒に頼む必要があるけど。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200301170739469_COVER
 ちなみに、一部の店舗ではイートインスペースがあるので、そこでもケーキをその場で食べられる。
 イートインスペースは(郊外店など)一部イスがあるところもあるけど、基本は立食。
 ただ、コーヒーが無料!
 いやー、いいよね。六花亭。これが原因なのか、色々なところでコーヒー無料的なお店が帯広では多い気がする。柳月とかますやパンとか(どれも一部店舗のみ)。
DSC01547
 一回この毎月やっている「おやつ屋さん」を頼んでみたいのだがハードルが高すぎるのよね。
 毎月4日までに予約して、6日に受取(札幌地区のみ7日)。もちろん予定数が終わると予約中止なので、4日に確実に申し込めるとは限らない!毎月異なるこれで600円?って感じのお菓子が多くて、一度注文してみたい。注文してみたいぞー!


スポンサードリンク

 札幌といえばねぇ、六花亭とみよしのですよ。


快速エアポートで札幌へ

 新千歳空港はガラガラ。
DSC01454
 マジで閑散としてた。
 まぁ、これでも人がいる方だけど。
DSC01455
 快速エアポートで札幌へ。
 やっぱりなんだかんだ言って速い。
DSC01457
 だが、その快速エアポートがこの空きっぷり。
 帯広までの特急をエアポート指定席に乗車変更したけどする必要なかったな。
 こんなに空いている快速エアポートは初めてだ。
DSC01458
 とはいえ、もう買っちゃったので指定席に着席。
DSC01462
 雪積もる中飛ばして札幌へ。
DSC01464
 バブルの時代に登場したこの電車もいつまで走るのかな。
 まだまだ当分走りそうだよね。


六花亭でケーキを食べる

 とりあえず六花亭ですよ。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200229135618399_COVER
 ケーキを食べる。
 一緒に行った人に強制的にケーキは選ばれてしまった。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200229135841210_COVER
 ひな祭り感あるケーキ。
 うーん。六花亭のケーキって安くておいしいんだよね。
 これでもたしか300円前後だった気がする。コーヒーも無料で飲めて素晴らしいの。
DSC01477
 それにしても、住宅街に入るとこんな感じ。除雪がされてないのでつるつる道は滑る。
 北海道の人って冬は大変だよなぁ。

スポンサードリンク

餃子とカレーのみよしの

 札幌名物餃子とカレーのみよしの。
DSC01481
 はっきり言って、おいしいかって言われると疑問。
 ただただたまに食べたくなる。もううまいとかそういうんじゃないんだよね。
DSC01480
 餃子とカレーという組み合わせが謎すぎる。
 ちなみに値段はクソ安いぜ!餃子はタイミング悪いと、焼いて保温していたヤツに当たるけどな。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200229152702638_COVER
 餃子をのっけたカレーはそれはそれでうまい。
 いや、うまい……のか。もう、なんて言うか、そういう所を超越していると思う。
 これはこういうものだっていうね。うまく言えないけど。


スポンサードリンク

 十勝帯広はスイーツパラダイス!
 甘いものが食べたいんじゃーー!!


六花亭帯広本店喫茶室

 みんな大好き六花亭。
 おいらの六花亭愛はここにたくさん書いたから省略するとして、帯広本店の喫茶室に行ってきた。
 六花亭の喫茶室はクオリティが高いのよね。
DSC01087
 しばらくこないとメニューもガラッと変わっているので食べたいものがたくさん!
DSC01088
 うーんどうしようか。
 できるならたくさん食べたいけど、一度に2個まで!って決めているので悩む。
 決めた!
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200209135954535_COVER
 プディングケーキ。
 もうね、正しいプリン。
 想像から1ミリもはみ出ないけど、想像上最高の味なんですよ。
 特に奇をてらわない、正統派。こういうのをきっちりと仕上げてくるのが六花亭。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200209140526720_COVER
 こちらはリコッタパンケーキ。帯広本店限定。
 普通のホットケーキも気になったんだけど、こっちにした。
 (※ちなみに普通のホットケーキはちょくちょく手が入ってグレードアップするので普通ではない)
 もうね、ふわっふわっ!ふわっふわっ!
 リコッタチーズを使ったパンケーキでこれがまたうまかったわー。


柳月スイートピアガーデン

 次は音更の柳月のスイートピアガーデンへ。
 十勝では六花亭と人気を二分するお菓子屋さん。
 バウムクーヘンの三方六が一番有名。
DSC01094
 巨大だぜ!
 工場見学もちょっとだけ見られる。
 そしてお店が巨大。カフェもある。コーヒー無料。
DSC01099
 名物三方六の縦方向切れ端が350g300円!
 安いぜ!地元向け!神奈川まで買って持って帰ったけど。
 六花亭はあんまりこういうのやらないよね。霜だたみの切れ端ぐらい?
DSC01100
 毎朝限定の輪切りの切れ端は1kg500円らしい。
 これは開店前に並ぶ必要があって整理券もでるとのこと。


スポンサードリンク

おなかいっぱいでばんえい競馬へ

 いや、もう、おなかいっぱい。
DSC01101
 というわけでなんとなくばんえい競馬に行った。
DSC01112
 お馬さん見てきたよ!


スポンサードリンク

 いやぁあんまりダラダラ書いていきたくないもんで、大幅にはしょっちゃう。
 というより、新しいことをあんまりやってない。


音更のインデアンでカレーを食べる

 帯広の地場チェーンのカレー屋、インデアン。
 帯広の人はみんな、ここに鍋を持ってルーを買いに行くからカレー作らないんだってさ。
DSC04098
 確かにおいしいカレー。なんか妙な中毒性がある。
 そして安い。まぁ、洗練されたカレーってわけじゃないんだけどねー。


ばんえい競馬に今年も行く

 まぁ、帯広来たらばんえい競馬だよね。
DSC04109
 今年も2レースほど観戦する。
 やっぱ普通の競馬とはまったく違うので面白い。

スポンサードリンク

六花亭本店で喫茶

 六花亭の本店で喫茶する。
 まぁ、1階でケーキとかをただコーヒーと共に食べるのもいいんだけどね、喫茶室でコーヒー飲むのもいいのよ。
DSC04134
 というわけで安定のホットケーキ。
 六花亭は本当にいいよね。「そだねー」の商標を取ったとき批判されたけど、北海道のためっていうのは本当だと思うよ。変なところが出願するよりねー。ただ、最近社長が替わってから判断が「?」な部分も否めないんだけどさ。


ぱんちょうで豚丼

 なんか久々に豚丼食べた。
DSC04140
 まぁ、まずいわけないんだよねー。
 特にたいした料理方法ではないけれど、シンプルが故においしい。
 丼にちゃんとフタをして出てくるところがGood!各種丼チェーン店に言いたいのはフタをして出してくれ!フタをすることによって、はじめて丼として成立するんだ!と声を出して言いたい。これはあの蓋を開けるわくわく感につながると思うの。


千歳に移動するために帯広駅へ

 というわけで帰りの飛行機のために帯広から千歳に移動。
 帯広は道内空港で数少ない千歳・丘珠便がない空港だからねー。
 あ、旭川・紋別・奥尻もないか。結構そんな空港あったね。
DSC04143
 宮崎駅もそうなんだけど、ホーム毎の改札にするメリットって何なんだろう。
 もし、乗換が発生すればいちいちきっぷを通さなきゃいけないよね。途中下車できないきっぷでも自動改札は対応しているんだろうか。
DSC04153
 昔ながらのサッポロビールの駅名標が高架化しても現役。
DSC04156
 キハ40だねぇ。JR各社とも相当数残ってるのはなんでだろうね。
 頑丈で丈夫なのかしら。JR初期製作の気動車が姿を消しつつあるけど、キハ40系列はまだまだ現役。とはいってもそろそろ限界に来てそうだけどね。

スポンサードリンク

スーパーおおぞら12号に乗車

 実は冬の北海道の特急に乗るのは初めて。
DSC04164
 今回のきっぷはえきねっとで買ったトクだ値。前日までに買えば40%引きという大盤振る舞い。
 安いなー。安くしないと乗らないのかなー。バスとの競争も激しいのかな。でも、冬であればバスよりかは安心なはずだからもう少し高くてもいいんじゃないかと素人的には考えるのだけど……。九州みたいに、終着を一番割引かけるようにしてもいいんじゃないかと思った。南千歳と札幌同じ値段とか。
DSC04161
 283系だっけか?振り子気動車特急。昔はめちゃくちゃ飛ばしてたよねぇ。
DSC04162
 普通車の座席はなかなか良いと思う。
 シートピッチの広さとかはやっぱり飛行機より快適よねぇ。
DSC04163
 それなりに乗客を拾って発車。意外と混んでる。
 いざ走り始めると……なんだこの乗り心地の悪さは!
 微妙な縦揺れが続く。大丈夫なのかこれ?パソコンとか揺れるから開けないな。
 車両が悪いと言うよりも、線路が悪い感じの揺れ。

 んー。JR北海道はお金のなさがピカイチだけど、もうだめかもしれんね。
 もうちょっと事業を続けるためにどうしたらいいかみんなで考えなきゃいけないかもしれない。
 隣の駅まで70kmある区間があったりするから、人口が希薄すぎるんだよねー。どう考えても、独立採算でやっていくには無理ゲー。基金をもっと積み立てて積極的な運用をするとかそういう手段が必要かもしれない。
 高速道路が3社に分割民営化したのは、JRの反省があるような気がしなくもないね。本州3社はとりあえず事業していけてるけど、三島会社はやっぱり厳しい。九州は株式上場したけど、それでも厳しい。その反省から高速道路は三社だったのかなぁと。


南千歳から快速エアポート

 一応、順調に走って南千歳へ。
DSC04168
 冷えるぜ!凍てついたホームに降り立つ。
DSC04171
 一駅だけ快速エアポートに乗って千歳まで。
 千歳駅は市の中心だけど特急は停まらないのよねぇ。


スポンサードリンク

 さぁ。パワー札幌やるぜ!
 といっても六花亭に行くだけだけどな。

まずは快速エアポートで

 新千歳空港から札幌駅はやっぱり快速エアポートが便利。
 値段が高かったりするけれど速い。バスはやっぱりトロトロ走る(しかも高速降りてからの下道が長い)ので、JRをチョイスするよねぇ。
DSC07865
 今回は721系だった!やったね、当たり。でも、激混みで座れず。uシートだと確実に座れるけれど、昔は310円、今は520円。37分に520円はちょっと高いかなー。小樽まで乗り通すならuシート一択だけれどね。
 新千歳空港駅は必ず列車が待機しているのは便利だと思うけど、混みすぎ。JR北海道の厳しい懐事情は分かるんだけれど、もうちょっと投資してくれないものか。
 まぁ、経営路線が無理ゲーな所を走ってるから仕方がないか。
 途中駅で停車しつつ、こまめに客を拾って札幌まで37分というのは結構速いと思う。


六花亭札幌本店に行ったぞ

 六花亭が好きなんですよ。
 初めて行ったのはもう10年ぐらい前。帯広本店に行ってケーキやらなんやらに感動。
 それ以来、ちょくちょく行くわけです。まぁ、六花亭の魅力はほぼ日に任せる。
DSC07867
 というわけで、帯広に本拠地がある六花亭が2年前ぐらいに札幌本店を作ったので行ってみた(すでに何回か行ってるけどね)。札幌駅前から見えるところに六花亭が!
DSC07868
 さて、入店じゃ。
 基本的に六花亭の素晴らしさを感じるには喫茶室に行かないともったいない。
 あとは生ケーキ。マルセイバターサンドはデパートの物産展で帰るからそれ以外を食べたり、買ったりしなきゃ。


六花亭の喫茶室

 六花亭の一部店舗は喫茶室があるのです。ここで食べるデザートは絶品なんです(個人的にはピザと十勝強飯はそうでもない)。
 店舗によってはコーヒーが無料だったり、ポイントでコーヒーが飲めたりするのだけど、六花亭札幌本店は一切そういったサービスはなし!やっぱり賃料が高いせいなのかなー。
DSC07870
DSC07869
DSC07871
 というわけでメニュー。
 魅力的なメニューが揃っております。
 結構時期によってメニューが違う。もっと言うと店によってもメニューが違う。


新製品の「お菓子屋のクロワッサン」

 まずは新製品のお菓子屋のクロワッサン生カスターを食べてみる。
DSC07873
 あ、意外とフツー。でも、サクサク生地でおいしいよ。
 クリームもサクサクパイと近いクリームなのかな。250円。


やっぱり食べたい「ホットケーキ」

 六花亭のホットケーキは特別なんです。特徴があるわけじゃないけれど、特別なのです。
DSC07874
 見よ!この美しいホットケーキを!
 そして、コレについてくるバターとメープルシロップがまたうまい。


本店限定品の「マルセイアイスサンド」と「サクサクパイ」

 サクサクパイは有名だよね。帯広本店、西三条店、帯広空港店とここ札幌本店でしか食べられない。
DSC07876
 賞味期限が3時間という超短いパイ。
 でもね、個人的には2時間でも、もうパイがサクサクしてないと思うの。
 買った瞬間に食べなきゃ。

 それと、帯広本店と札幌本店でしか食べられない、マルセイアイスサンド。
DSC07875
 これもうまいんだなぁ。アイスになるとまた違った感じ。


イートインスペースもあります

 喫茶室は結構混んでるので、混んでるときはイートインスペースを活用しよう。
DSC07877
 サクサクパイもマルセイアイスサンド食べられるよ。
DSC07878
 六花の森ヨーグルトいちごジャムを食べてみた。
 甘すぎない味でおいしいの。


無料窯出し大平原はなくなった

 オープンからかなり長期間にわたって、喫茶室利用者に大盤振る舞いがあった。
DSC00323
 大平原の焼きたてを無料提供!
 これがまたうまいんだわ。だけれど、無料提供はすでに終了。
 正直、有料でいいから販売しておくれー。


他にもまだまだある喫茶室の魅力

 ちなみに喫茶室で、下の階で売ってる持ち帰り用の生ケーキを食べることもできる。
 フツーのショートケーキとかだけど、フツーにうまい。そして安い。

 25時間かけて焼くというプレミアム25というチーズケーキもうまい。
 季節によって抹茶だったり、カボチャだったり、プレーンだったりして内容が変わっていく。

 さらにさらに、雪やこんこまじりっけなしもうまいよねー。
 昔はまじりっけなしプレミアムもあったよねー。

 売ってるお菓子もいいよねー。
 つうか胃の容量が足りないよねー。

 毎月4日までに予約で6日か7日に引き渡しの「おかし屋さん」シリーズも食べてみたいぞ!
 ただ予約のハードルが高すぎる。基本的には地元消費用なんだろうなぁ。


というわけで

 北海道に行くなら六花亭の喫茶室を楽しもう!
 マルセイバターサンドぐらいで六花亭を語るな!


スポンサードリンク

 さて、やっと帰れます。2日遅れでの帰宅。

 帯広空港には六花亭の店舗があってサクサクパイも食べられます。
 なので、ラストサクサクパイ。これがねぇ。おいしいんですよ。
DSC00100
 こいつの賞味期限は3時間。ただ、2時間ぐらいでもうしんなりしてきちゃうので、やっぱり買ってすぐ食べるのが吉。中に入ってるクリームもおいしい。

 サクサクパイは、本店・西三条店・帯広空港店で売ってる模様。
 ただ、帯広空港店には喫茶もないし、ケーキも売ってないので注意。
 あと、新千歳空港で売ってるサクサクパイは別物で、これは本店でも売ってる。

 一度は食べた方がいいと思うよ。あと、直営単独店舗は喫茶もあるし、ケーキもあるし、いろいろなお菓子もあって楽しい。そして、ばら売りのお菓子は安い!
DSC04518
 さて、いよいよホントに帰ります。
DSC04517
 最後にサッポロクラシックを飲んで、北海道から飛びまーす。

 帰りの飛行機は寝てたので、気づいたら着陸してた。



スポンサードリンク

 さて、いったん帯広市内に戻って、六花亭へ。
 帯広で六花亭に行くなら本店西三条店に行くべし。車だと西三条かな。
DSC04451
 なぜかというと、安くておいしいケーキ(ほぼ200円以下)と帯広限定のサクサクパイが食べられるから。
 (サクサクパイは帯広空港店でも食べられるけど、ケーキが食べられない)

 そして、無料のコーヒーを飲みながら(無料なのに意外とおいしい)、甘い物を摂取してるとメールが。

 JAL1158欠航!
 実は前日からこの日にかけて、関東が大雪。AirDOは飛んでいるのに、機材繰りでJALは欠航になったのでした。まぁ、しょーがないよねー。すぐにJALに電話して、千歳への振替打診するが、満席とのこと。明日仕事に行けないなら、明後日また祝日なので明後日に帰れればいいやーってことで、2日後の夕方便に振り替えてもらう。そして難民が増えるだろうから、すぐにホテルを押さえる。

 というわけで夕食なんです。
 飲んだ後、炭水化物が欲しくなったので、帯広(と釧路)の地場チェーンである「インデアン」へ。
DSC04457
 このチェーンがあるから、帯広からCoCo壱番屋が出店したものの撤退を余儀なくされたという噂。確かにCoCo壱番屋は音更まで行かないとない。
 帯広の人はカレーは家で作るものではなく、インデアンに鍋を持っていってルーだけ買うらしい。
DSC04460
 インデアンカレー399円。
 なんだろう。深いコクのあるカレーって感じ。妙な中毒性があるなぁ。
 確かに、近所にあったらルーだけ買いに来るかも。
DSC04459
DSC04458
 飲み物も安くて良心的。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ