FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:上環

 例によってHotel JENに宿泊。7~8月5つのShangri-la系列ホテル宿泊のうち、これで4ホテル宿泊。
 そして狭い界隈で超有名ブロガーであるTeppei101氏が同じホテル(しかも2つ隣の部屋)に泊まってることが判明したので、ブレックファーストミーティングでもいかがっすかーとお誘い。

 二人ともJADE会員なので、Hotel JENの朝食は無料なんだけど、あえての飲茶。やっぱり香港の朝食といえば飲茶に行きたいよねー。

 いつもはカオス度が若干低い蓮香居に行くことが多いのだけど、今回は本丸蓮香樓へ。
DSC04184
 カオスな飲茶と言われてるけど、朝食時間帯は落ち着いてる。昼食時間帯がカオス。
DSC04185
 この蛍光灯の素っ気ない感じがいいよね。

 Teppei氏と飛行機談義をしつつ、飲茶を堪能。
DSC04192
 腸分。このもちもちな感じがうまい。
DSC04191
 エビ餃子。これねー、ホントおいしいよね。おかわりしちゃった。
DSC04190
 鳥の足。コラーゲンたっぷり。めっちゃしゃぶる。
DSC04189
 ちまきみたいな物。葉っぱを開けると……
DSC04193
 ご飯が入ってる。たぶん蓮の葉っぱなんだと思うけど、香りがほどよくご飯に移っていて、おいしかった。
DSC04188
DSC04187
DSC04186
 などなど、色々と点心を堪能。
 ここはやっぱり、「香港っぽい!」っていうのが凝縮していて、なおかつワゴン式でおばちゃんがごろごろ回っているので敷居としては低いと思うよ。そして、味はおいしいし、地元民に混じって食べるのが好きという人たちにはもってこい。

 今回はお会計はこれだけ食べてHKD218。ちょっと食べ過ぎた。3~4人ぐらいで来ると一番楽しめるかもね。それ以上の人数だと入るのが大変だと思う。
DSC04194
 それにしても、お粥コーナーの様子。
 なんか炊き出しみたいだなと二人の結論。



○注文と会計の仕方(蓮香居でも同じ)

 自力でなんとか席を見つける。
 あるいはよほどうろうろしてると店員のおっさんが指さした席に座る。
  ↓
 「やむめいちゃー?」って聞かれるのでお茶を答える。
 無難なジャスミン茶はヒョンビン(香片)。たぶん伝わらないとプーアル茶になる。
  ↓
 お茶が来る。
 お箸やお椀に対して洗杯の儀式をする。
  ↓
 お茶を飲んで一息つく。
  ↓
 伝票(スタンプカード)を持って、ワゴンに突撃する。
 ※お粥コーナーとかもある。注文すると出てくるものもある。
  ↓   ↑(くりかえし)
 気に入ったものを選んで、伝票にハンコを押してもらう。
 席に戻って食べる。
  ↓
 おなかいっぱいになったら伝票持って出入り口で会計
 ※オクトパスが使える。


○関連ホームページ

 Open Rice 香港開飯喇 蓮香樓 Lin Heung Tea House

 早朝香港に着いたら何をするか。
 そんなもん飲茶に決まってる(いやおかゆ食べに行ってもいいんだけど)。

 というわけで、色々すったもんだした挙げ句、中環の蓮香樓の姉妹店という地位を獲得した上環の蓮香居に行く。朝の時間帯だったらまだ空いてて、落ち着いて食べられるし。これが昼食時間帯になるとカオスさが増す。
DSC03849
 台南電車が走ってた。行きたいぞ!台南。食べたいものがたくさんある。
DSC03850
 というわけで、いつものごとくやってきた次第。
 紹介するのは2回目だね。

 まだ落ち着いている時間帯だけど、2階(日本式に言えば3階)のテーブルはほぼ埋まっていて、香港人老夫婦と相席になる。旦那はひたすら新聞読んでた。みんな香港のおじさんたちって新聞大好きだよねー。みんな読んでる。
DSC03857
 昔ながらのワゴンで回る形式。基本的にはワゴンで回ってきたときに「見せて!」って意思表示するとフタ開けて見せてくれる。混んでくると回ってくる頃には何も無いってこともあるので、そういうときはスタートの時点でワゴンに突撃する。見て選べるからいいよね。
DSC03856
 選んで受け取るとこの紙にはんこを押してもらう。
DSC03851
 豚肉が乗っかったご飯。
DSC03852
 こちらは牛肉球。かなりボリューミー。
DSC03854
 こちらはメロンパンみたいなものの中に、チャーシューが入ってる。
DSC03853
 馬拉糕。中華の蒸しパン。あんまり甘すぎない感じがよかった。どうやって食べるのか悩んだけど、みんな箸でむしって食べてたのでそれを真似した。

 こうやって見ると今回は炭水化物取り過ぎだな。
 ちょっと食べ過ぎたので99HKD。

 そろそろ飲茶はもっとマニアックなところに手を出してみようかと思う。
 ケネディータウンのあのお店とか川龍村のあのお店とか。


○注文と会計の仕方(蓮香樓でも同じ)

 自力でなんとか席を見つける。
 あるいはよほどうろうろしてると店員のおっさんが指さした席に座る。
  ↓
 「やむめいちゃー?」って聞かれるのでお茶を答える。
 無難なジャスミン茶はヒョンビン(香片)。たぶん伝わらないとプーアル茶になる。
  ↓
 お茶が来る。
 お箸やお椀に対して洗杯の儀式をする。
  ↓
 お茶を飲んで一息つく。
  ↓
 伝票(スタンプカード)を持って、ワゴンに突撃する。
 ※大根餅コーナーとかもある。注文すると出てくるものもある。
  ↓   ↑(くりかえし)
 気に入ったものを選んで、伝票にハンコを押してもらう。
 席に戻って食べる。
  ↓
 おなかいっぱいになったら伝票持って出入り口で会計
 ※オクトパスが使える。


○関連ホームページ

 Open Rice 香港開飯喇 蓮香居 Lin Heung Kui
 キャセイパシフィック航空香港スタイル 蓮香居 Lin Heung Kui

 この日は実は大晦日なのです。

 といっても、中華系なので、特にバタバタするようなことは無く、お店も平常営業。

 甘いものが食べたくなったので、上環の街市の上にある瑞記咖啡へ。
 香港内には色々なところに街市というのがあって、1階2階に生鮮食品などを売る店が入っていて、だいたい3階は食堂になっております。そのうちの一つ。
 まぁ、普通の観光客はまず入っていかないよね~って感じですが、ずんずん進むとあります。
DSC08481
 なかなかローカル色全開です。
 壁に書いてあるメニューは漢字が読めても数字が読めない。
 でも、ちゃんと外国人向けメニューがあります。
DSC08479
 さて、ここの名物はフレンチトースト(西多士・さいとーし)。
 それと樽仔奶茶(瓶入りミルクティー)。合わせて33HKD。
DSC08480
 フレンチトーストはトーストにたっぷりバターと練乳を塗ったもの。基本的に甘い。
 ミルクティーもかなり甘め。甘いけど、フレンチトーストの脂っこさが洗われるような感じ。
 これがなかなかうまいのですよ。

 冷静に考えたら、かなりのカロリーだと思うけど、気にしてはいけない。

 店の小さいおじいさんがいい味出していたのでした。



○関連ホームページ

 Open Rice 香港開飯喇 瑞記咖啡 Shui Kee Coffee

 そういえばまだ紹介してなかった。

 香港といえば飲茶ですよ、飲茶。
 というわけで有名店だと中環の蓮香樓があるわけですが、集団イス取りゲーム(待ってる人が自分の横に立つシステム)なのでなかなか落ち着いて食べられないので、色々もめた結果姉妹店という地位を獲得した上環の蓮香居をオススメしたいんです。
DSC08471
DSC08473
 ここの飲茶は何と言っても昔ながらのワゴン式。
 ワゴンで回ってくるので、何があるの?って感じでフタを開けてもらって、気に入ったらそれを持っていけばいいという気軽さ。ただし、自分で主張しないとなかなか食べ物にありつけないので、ワゴンを追っかけるぐらいのハングリーさが必要。
DSC08472
DSC08474
DSC08476
DSC08477
 というわけで色々と食べましたよ。お茶代入れて90HKD。
 飲茶の残念なところはいっぱい食べられないので、複数人数で行かないと厳しいってところ。
 でも、地元のおじさんたちも新聞片手に一品二品ぐらいしか食べてないので、そういう楽しみ方がいいのかもしれない。
DSC08478
 値段はこんな感じ。
 たぶん10時半ぐらいに行くのが空いてる気がする。
 あるいは早朝とかね。


○注文と会計の仕方(蓮香樓でも同じ)

 自力でなんとか席を見つける。
 あるいはよほどうろうろしてると店員のおっさんが指さした席に座る。
  ↓
 「やむめいちゃー?」って聞かれるのでお茶を答える。
 無難なジャスミン茶はヒョンビン(香片)。たぶん伝わらないとプーアル茶になる。
  ↓
 お茶が来る。
 お箸やお椀に対して洗杯の儀式をする。
  ↓
 お茶を飲んで一息つく。
  ↓
 伝票(スタンプカード)を持って、ワゴンに突撃する。
 ※大根餅コーナーとかもある。注文すると出てくるものもある。
  ↓   ↑(くりかえし)
 気に入ったものを選んで、伝票にハンコを押してもらう。
 席に戻って食べる。
  ↓
 おなかいっぱいになったら伝票持って出入り口で会計


○関連ホームページ

 Open Rice 香港開飯喇 蓮香居 Lin Heung Kui
 キャセイパシフィック航空香港スタイル 蓮香居 Lin Heung Kui

今まで何回か行ってるのですが、すっかり記事にするのを忘れていました。

 香港でマンゴーのデザート食べたいといったら、ここ一択です。
 許留山もありますが、こっちの方がうまいです(店は許留山の方が多い)。
 MTR上環駅から西へ行った、西港城というショッピングセンターに入っております。外からも中からもアクセスOK。
20130429_213521
DSC07071
 一番有名な芒果班戟(マンゴーパンケーキ)。
DSC03715
 切るとこんな感じ。
 マンゴーと生クリームをクレープで巻いている。これがうまいんだなぁ。

 他にもミルクプリンや、マンゴープリン、その他色々おいしいものがあります。香港行ったらオススメ!



○関連ホームページ

 Open Rice 香港開飯喇  滿記甜品 Honeymoon Dessert 上環西港城店

 香港の冬の風物詩、煲仔飯。所謂土鍋飯。
 上環にあるこの店は一年中煲仔飯が食べられるけど、やっぱ冬に食べないとね。
DSC04114
 というわけで、一番人気の窩蛋牛肉飯53HKDを注文。
 牛肉と卵のご飯に上からソース(醤油っぽい)をぶしゃーとかけて混ぜ混ぜする。

 おいしい要素しか入ってないので、おいしいわけです。

 食べてたらご飯が焦げて、土鍋に張り付いて食べられない。香港人はきれいに食べるんだよなぁ。混ぜ方の問題だろうか。
DSC04112
DSC04110
 香港にありがちな異常なメニューの多さ。
 他にも気になるメニューがいっぱいあるんだよなぁ。
DSC04115



○関連ホームページ

 Open Rice 香港開飯喇 永合成餐廳餅店


○注文と会計の仕方

 たしか
 着席
  ↓
 注文
  ↓
 食べ物が来る
  ↓
 ウマー
  ↓
 伝票持ってレジへ。

↑このページのトップヘ