FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:ラウンジ

 また行った。
 六花亭のガチのお得意様を隊長にして、われわれは極楽浄土へ向かった。


そう、また行ったんだ

 君は思うかもしれない。
 あれ?軽部この間行ってなかった?

 そう思う君は間違っていない。
 そう、また行ったんだ。

 というわけで、また行った話。
 六花亭で10,000ポイント所持(最低100万円以上購入)しているガチのお得意様を隊長にして、極楽浄土へ行く会が結成されたので、案内役としていくこととした。


「極楽」への扉の開け方

 極楽浄土へ行くためには、まず「極楽」への扉を開けなければならない。

 入室資格
 ・六花亭のポイントカードに貯めた100ポイント支払い

 恐ろしく入室資格が低い。一応、10,000円購入すると100ポイントつく。もし、ポイントが足りない場合は六花亭の商品券を買えばポイントをつけてくれる。また、オンラインショップでポイントがついていた場合、カードとポイントを合算することも可能なようだ。
 ……とはいえ、現在のコロナ情勢で自由なラウンジ利用はできず、予約制になっている。

 利用方法(帯広本店の場合)
 ・水曜定休。
 ・未就学児入場不可。
 ・予約は当日9時から、1階のイートインスペース側レジで受付。
 ・開始時間は11時~、12時半~、14時~で滞在時間は最大75分。(14時は土日祝のみ)
 ・各回最大8組30席(4人×7卓、2人×1卓)。相席はなし。
 ・予約時に1回目の注文を決める。

 公式ホームページは以下のとおりなので、最新情報はそちらを見てね.
 六花亭ラウンジ極楽

スポンサードリンク

まずは「極楽」を予約して入場

 朝一番の開店時間に合わせて行く。
 予約受付場所はイートインスペースがある方のレジだ。
 ドアが開くのは裏の駐車場側→表通り側って感じではあるが、いつもそうなのかよくわからない。
 予約を済ませるとその場でポイント引き落とし。ファーストオーダーを決める。
DSC03151
 というわけで予約時間になったので、極楽への扉をくぐる。


「極楽」店内の様子

 ※自分たち以外のお客さんが退出した後に撮影したものです。
DSC03147
 このブログではちゃんと公開できていなかった、店内の様子。
DSC03143
 こんな感じのお席でお茶を楽しむことができる。
DSC03148
 なんか今日の一言的なコンテンツもあった。


食べる

 さて、食べる。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724110627012_COVER
 ビシソワーズ飲んで~。
 普通にしっかりとおいしいビシソワーズ。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724111141233_COVER
 極楽パイの豆とベーコンの煮込みの方。
 食べるの2回目だが、チーズがしっかりといい仕事をしている。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724111204473_COVER
 こちらはドライカレーの極楽パイ、そしてお茶請けのかりんとう「極楽」。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724111908706_COVER
 生パイ帯広の森。これねー、クソうまい。
 もうねイチゴがいい仕事してるのよ~。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724113535047_COVER
 そして六花の森ヨーグルト。
 超特濃ヨーグルト。めちゃくちゃ濃い。
 そして甘すぎないイチゴジャムがこれまたいい仕事している。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724114317039_COVER
 ここでしか食べられない「極楽ロール」。
 ふわっふわっのロールケーキ。
 もうね、ふわっふわっ。ふわっふわっ。
 下手すると昇天して、マジモンの極楽浄土に連れて行かれる(言い過ぎ)。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724114802273_COVER
 前回あったピザトーストは姿を消して、アイスクリームに。
 まぁ、あれだ、これは普通においしいアイスクリームだ。

スポンサードリンク

極楽は帯広にあった

 六花亭のお得意さまラウンジ「極楽」、大満足。
DSC03146
 いや、至福の時。
 あまりにもすごすぎて、誰とはいえないが「会計はしなくていいの?」なんて発言をしていた。
 会計はしなくていい。だって、ポイントで払ってるから。
 コロナ前はセルフだったので、それほど人手がかからないと思うが、現在フルサービスでかなり人手がかかっている。正直、このままこの方式でやっていけるとは思えないんだけど、どうするんだろうなぁ。
 大満足したら、下のお店でごっそりお土産買おうね。自宅用にも色々買おうね。それでポイントがたまったらまた行けるよ!


スポンサードリンク

 六花亭の帯広本店には「極楽への扉」があるという。
 そこは一体どんなところなのか、その謎を明らかにすべく、我々は六花亭帯広本店の2階へ向かった。


みんな大好き六花亭

 六花亭と言えば、みんなマルセイバターサンドを連想するよね。
 北海道土産の一角をしめるマルセイバターサンドを製造販売しているのが六花亭。
 その六花亭の直営店に行くと驚くほど色々なお菓子や、ケーキを売っている。しかも、その場でイートインするとコーヒーが無料だったりするのだ。そして、ケーキが驚くほど安い。ほぼ200円台なのである。観光客向けのお菓子で上がった収益を地元民に還元するという姿勢が素晴らしい。
 そして、一部の店舗には喫茶室がある。またその喫茶室も素晴らしいのだ。

 まぁ、喫茶室の話はまた後日するとして、今回の目玉は帯広本店にあるお得意さまラウンジ「極楽」。ところが、昨今のコロナ情勢で長期休業。それが7月1日から再オープンしたというので行ってみた。
 ※札幌本店にもお得意さまラウンジ「極楽」は今のところコロナの関係でまだ休業中。っていうか何日間オープンしてたんだろう。たぶん、オープンしてすぐコロナで休業になったと思う。


「極楽」への扉の開け方

 極楽への扉を開けたい。

 入室資格
 ・六花亭のポイントカードに貯めた100ポイント支払い

 恐ろしく入室資格が低い。一応、10,000円購入すると100ポイントつく。もし、ポイントが足りない場合は六花亭の商品券を買えばポイントをつけてくれる。また、オンラインショップでポイントがついていた場合、カードとポイントを合算することも可能なようだ。
 ……とはいえ、現在のコロナ情勢で自由なラウンジ利用はできず、予約制になっている。

 利用方法(帯広本店の場合)
 ・水曜定休。
 ・未就学児入場不可。
 ・予約は当日9時から、1階のイートインスペース側レジで受付。
 ・開始時間は11時~、12時半~、14時~で滞在時間は最大75分。
 ・各回最大8組30席(4人×7卓、2人×1卓)。相席はなし。
 ・予約時に1回目の注文を決める。一部を除いて追加オーダー可能。
  (今回利用したとき、ピザトーストだけ一人1回事前オーダー限定だった)

 公式ホームページは以下のとおりなので、最新情報はそちらを見てね.
 六花亭ラウンジ極楽

スポンサードリンク

まずは「極楽」を予約!

 飛行機を降りてレンタカーを借りた我々は、一目散に六花亭帯広本店に向かった。
DSC02762
 駐車場は商店街側にあるでよ。(昔はなかった気がする)
DSC02758
 駐車場側の入口はこんな感じ。
 いざ突入。
DSC02760
 土曜日の10時20分頃に予約を取って最後の一組だった。
 あぶないあぶない。
IMG_20200704_113211
 ちなみに、こちらがラウンジのメニュー。
 以前はセルフ方式だったが現在はオーダー方式になっている。
 予約時に最初の注文を行う。
 ピザトーストだけはこの時のみ一人1つだけ注文可能。


「極楽」への扉を開ける

 さて、11時になったので極楽への扉を開けよう。
DSC02766
 これが「極楽」への扉。
DSC02769
 他の客が入ってしまうので、室内の様子を写せたのはこの写真だけ。
 基本的には密にならないよう余裕がある。
 一度に客が入場するため、色々なものの提供時間がかかる。
 こればっかりは仕方がないので心の余裕を持とう。


確かに「極楽」

 もう一度メニューをおさらい。
IMG_20200704_113211
 さぁ、戦闘開始だ!
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704111042441_COVER
 まずはドリンクを頼むとお茶請けにでてくる、かりんとう「極楽」。
 黒糖かりんとうで、食感はかなり軽め。
 ちなみにウーロン茶を頼んだけど、このウーロン茶、なかなかうまかった。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704110956005_COVER
 ピザトーストとビシソワーズ。
 ビシソワーズは特筆する味って程ではなかったけど、冷たくてお菓子に対する塩気としてちょうどいいね。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704111001950_COVER
 ピザトーストは、これ以上ないぐらい具はオーソドックス。
 特別なものは入ってないけど普通においしい。パンも六花亭で作ってるらしいよ!
 これは喫茶室でも食べられるよ(取扱店舗限定)。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704111655884_COVER
 生パイ帯広の森。
フロマージュブランがクソうまい。あかん、うまい。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704111908070_COVER
 しかも中からイチゴジャムが出てきやがる。

 これはパイが湿気るのでなるべく早く食べるようにとのこと。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704114253948_COVER
 こちらは、極楽パイ。
 豆とベーコンの煮込みとドライカレーの2種類ある。パイのサクサクっぷりがヤバい。
 豆とベーコンの煮込みの方は上に載っかっているチーズがいい仕事をしている。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704114305277_COVER
 六花の森ヨーグルト。このヨーグルトがとても濃い。特濃。
 また、苺ジャムがいい仕事してる。
 これも喫茶室で食べられる(店舗限定)。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200704114316537_COVER
 そして、極楽ロール。
 もうね、ふわっふわっなの。
 ロールケーキは通常巻いてからしばらく落ち着かせる方がおいしいんだけど、これはふわっふわっを維持するために、注文を受けてから巻くの。まさに巻きたてのロールケーキ。
 こんなロールケーキ食べたことないわ!

スポンサードリンク

「極楽」は帯広にあった!

 六花亭のお得意さまラウンジ「極楽」、ヤバいっす。
DSC02779_
 食べ物のクオリティが高い。しかも、「極楽」でしか食べられないものもある。
  これらが、こんなんでいいんですかって感じ。
 本当に100ポイントだけでいいんですか?お金払わなくていいんですか?
 100ポイントで入れるとか敷居低すぎ!もっとハードル上げても良いと思うよ。
 大満足したら、下のお店でごっそりお土産買おうね。自宅用にも色々買おうね。それでポイントがたまったらまた行けるよ!


スポンサードリンク

 さて、長い乗り継ぎ時間も終わり、クアラルンプールへ出発。

 チェックインに関しては次回に書くとして、まずはラウンジの話。
 今回乗る飛行機は私にしては珍しく、ワンワールド系ではないため、ラウンジに入れず。
 仕方が無いのでプライオリティパスを使うことにする。ちなみに楽天ゴールドカードに付いてるヤツ。

 バンコクスワンナプーム国際空港でプライオリティパスが使えるラウンジ一覧(公式)

 さて、これだけいっぱい使えるラウンジがある中で、やっぱり選ぶとすれば1カ所だけ毛色が違うラウンジがあるのでそこにする。
DSC04035
 オマーン航空ラウンジ。やっぱここでしょー。コンコースEにあって、この後のフライトもEだったので丁度良かった。オマーン航空っていったいどこ飛んでるの?っていうかオマーン航空って発言するのがなんか後ろめたいよね。
DSC04036
 オマーン航空の出発便もないので、ガラガラ。そもそもオマーン航空のバンコク発はマスカット行きの1便しかない。
DSC04037
 ミールもちょこちょこある。
 昔のバンコクのCXラウンジよりミールは充実してるかな。
 ただ、中東航空会社なので、イスラム御法度食べ物はなし。
DSC04038
 オーストラリア産スパークリングワインが2種類あるね。

 客も少なくて、まったり落ち着けるかも。


スポンサードリンク

 超鮮度を失った記事。すでに新しいラウンジはオープンしてる。


 この時TPEのCXラウンジは工事中で閉鎖。

DSC02235

DSC02234
 あれ?CXの隣ってもう1軒TGかなんかのラウンジがあった気がするんだけど違ったっけ?

 というわけでどういう運用になっていたかと言うと、ビジネスクラスラウンジを使える人は、MOREラウンジ(PP使えるところ)か復興航空ラウンジを使用、 ファーストクラスラウンジ使える人はチャイナエアラインラウンジ(ビジ)か復興航空ラウンジを使用という取り扱いになっていた。

 というわけでマイルはCXに貯めていて、GOLDなので通常であればビジネスクラスラウンジに案内されるけど、JLでDIAなのでそっちの資格を使えばファーストクラスラウンジに入れる。というわけでどうなったかと言うと、荷物検査前の乗り継ぎカウンターかチェックインカウンターで申し出ると、FFP番号変えてラウンジインビ発行、そ して番号を戻すってことやってた。

DSC02226

 というわけで初めてのチャイナエアラインラウンジへ。チャイナエアライン乗ったことないけど。

DSC02227
DSC02228
DSC02229
 チャイナエアラインラウンジは結構いいねー。落ち着いた感じで、ふかふかソファー多数。ミールやドリンクはそんなに多くはないけれど(泡もない)、ヌードルバーあり。まったりするにはいいかなと。

 ただ、写真で見ると明るいけど、これはカメラのおかげでなんだか薄暗い。

DSC02232
 ヌードルバーの麺も結構おいしかったよ。


 チャイナエアライン乗ってみたいなーって思ったけど、エコノミーじゃラウンジ使えないからなー。

 以前はステータスマッチしてたけど、今やってないし。



スポンサードリンク

 ドーハの空港、乗継が19時間。朝について深夜出発。
 長い、長いよ。

 運が良ければホテルにありつけたかもしれないけれど、とある任務があったのでホテルはもらわず。
DSC03368
DSC03371
 いやー、ドーハの空港はスゴイねぇ。でかいし。きれいだし。
 なんでこんなぬいぐるみがあるんだかわからないけど。ちなみに朝の出発便が一段落すると、巨大な掃除機でホコリをとってるよ。

 QRのビジネスクラスの乗客専用のラウンジがAl Mourjan Business Lounge。ここはエコノミー利用だとワンワールドのステータスがあっても入れない。同行者も不可っぽい。
DSC03372
DSC03382
 うわー、なんかバブリーだ。無駄に豪華。ハード面だけだけど。
 シャワーは2カ所にあって、この水場のそばにあるトイレに併設されているのと、入って左奥の軽食コーナーに入って右に折れた先のQuiet Areaの中にある。Quiet Areaの方がシャワールームが多いのでそっちに最初から行った方がいいと思う。
DSC03373
 言えば歯ブラシとひげそりくれるよ。シャワーは温度も湯量もばっちり。水が貴重であることを考えるとすごいことなのかもしれない。トイレも併設されているので、リフレッシュにはばっちり。

 レストランは2カ所。入って左奥にサンドイッチとか作ってくれるコーナーがある。
DSC03378
DSC03380
 ラムサンドイッチ。結構おいしかった。
 そして、一つ上の階にはきちんとしたレストラン。
DSC03375
 朝食時間帯はあんまりおいしい物無かった。
DSC03376
DSC03374
 異常に固いパンケーキとかね、ワッフルとかね。オーダーミールがあるのを知らなかったので、ビュッフェスタイルのものだけ。やはり中東なので、食べ物には制限があるからあんまりおいしくない。

 で、お昼近くになって、NemoP氏と合流。マニラに住んでるはずなのに、なぜかドーハで会うっていうね。謎。この人はホントに謎。色々と情報交換などをして、Pに食い込んでるのを見学して、Pなおすすめのオーダーミールであるラムチョップを食べる。
DSC03381
 食い込みの成果なのかわかんないけど、巨大だった。いやラムチョップ3ピースは多いベよ。ラウンジの食べ物としては普通においしかったよ。

 ぎりぎりまで話し込んでしまい、ファイナルコールでNemoP氏はカイロに飛んでった。

 まだまだ深夜まで時間があるので、Quiet Areaで一休み。
 受付で搭乗券見せると案内してくれる。たぶん時間になると起こしてくれる。
DSC03383
 横になれるのはいいんだけど、あんまり寝心地良くないのよねぇ。
 普通のソファーならいいんだけど。あと電源がないのがマイナス。


スポンサードリンク

 今まで、香港のCX/KA運営ラウンジはほとんど行ったことあるけれど、QFラウンジには行ったこと無かったので行ってみる。なんせNemoP氏も絶賛してるし。
DSC03329
DSC03330
 まず場所が便利。Wingのファーストクラスラウンジとは反対側ということは北側から出国して、すぐに右折すればダイレクトアクセスが可能。これ、地味に便利だよ。

 今夜は風呂に入れないので、シャワーを浴びておく。
DSC03325
DSC03326
 シャワーもばっちり。なんか心なしかシャワールームの担当のおばちゃんの愛想がいい。まぁ、いつもWingのFでシャワーに誘導したいおばちゃんとカバナに行きたい俺との攻防戦だったから、それに比べればそりゃ愛想がいいか。

 レストランエリアでオーダーミールを食べる。
DSC03327
 牛肉焼きうどん的なもの。

 ミールも充実していて(ほぼ洋食)、混雑しているキャセイのビジネスクラスラウンジに行くなら、ここに行くのはアリだなって思った。ビールも樽で3種類(チンタオ、シンハー、銘柄忘れたけどオーストラリアのビール)あるので、ビールも楽しめるし。

 さて、Wingの運営業者が変わったという噂なので、Wingにも行ってみる。
DSC03331
 なんかヌードルバーのメニューが変わったよね。
 左の下の日式拉麺だけどベジタリアンというメニューが謎。牛肉うどんも謎。気づいたらラクサが増えてる。
 でもペニンシュラって書いてあるから、まだペニンシュラなのか?
DSC03332
 担々麺も昔はもっとこってり濃厚感があった気がするんだけど、なんか水っぽくなってる気もするんだよなぁ。気のせいかなぁ。

 というわけで、カンタスのラウンジは結構いいよ!空いてるし。
 でも、今回の旅行でワンワールドエメラルドを獲得する私は結局、ピアかウィングのファーストクラスラウンジに行ってしまいそうだ。


スポンサードリンク

 すっかり鮮度を失った記事になります。
 羽田のファーストクラスラウンジがオープンということで、今回は夕方の空いてる時間だったので、ちょっと写真を撮ってみました。
DSC07200
 というわけで、まずは噂のハンバーグを実食。
 まぁ、ものすごいうまいって訳じゃないけど、高めファミレスのハンバーグって感じ。
DSC07209
 ただ、目の前で調理してくれるので、味が加算されます(笑)。
DSC07203
 奥の方へ。
 JALカラーのコンコルド!
DSC07205
DSC07206
 なかなか落ち着けるような場所になっております。
 靴磨きしてくれる人もいるけれど、なんか磨いてもらうほどの靴を履いてないので、未体験。
DSC07207
 シャンパンが好きな人は、普通のドリンクコーナーとは別に、奥の部屋に違う種類のシャンパンが用意されてます。ここにはシャンパンと、高めの日本酒とか置いてあったと思う。

 JALの歴史とセンスを感じさせてくれるような、奥の部屋でした。成田にはこういう部屋ないよねぇ。なんかあってもいいのにね。


スポンサードリンク

シンガポールのチャンギ空港は世界で最もすばらしい空港と言われている。というわけで今回乗り継ぎに5時間ぐらいあるし、激しくうろうろしてみよう!
DSC04274
DSC04275
 まずは、QF(Qantas Airways)のラウンジで一息入れて、お散歩に出発。

 シンガポール・チャンギ空港は乗り継ぎ需要がたくさんある空港で、特にイギリス~オーストラリア間の移動するカンガルールートは長距離過ぎて直行便がないので、シンガポールでみんな乗り継ぎすることになる。その他にも世界の方々に飛ばしているシンガポール航空の本拠地であることもあり、様々な場所から様々な場所へ行く人たちの乗り継ぎ地となっていて、乗り継ぎの人たちが快適な過ごせるような設備がいっぱいある。中まで入ったわけではないので、案内板の画像だけでも紹介。

 トランジットホテルや、プールがあったり、PS3が遊べたり、無料映画館があったり、庭園があったり、喫煙所があったり……。
DSC04277
DSC04281DSC04282DSC04283
 その他にも、写真はないけど、充電スポットがあったり、マッサージ機があったり……。

 というわけでもりだくさんの空港なのでした。


スポンサードリンク

 さて、長かった旅もこれでおしまい。
 帰ります。

 ホテルで荷物をピックアップし、A12バスで空港へ。

 私のJALのステータスはJGPなので、ワンワールドステータスがエメラルドになるので、CXのTHE WING ファーストクラスラウンジが使える。
1367302818682
DSC04177
DSC04179

 というわけで、お風呂に入って、食事をして、搭乗!
DSC04180
 機内食のメニュー。
DSC04182
 疲れ切って爆睡してたので、あんまり記憶が無い。
DSC04183

 というわけで、2014年1回目の旅行でございました。
 書いてるのは2014年の年末だけど。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ