FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:ラウンジ

 さて、長い乗り継ぎ時間も終わり、クアラルンプールへ出発。

 チェックインに関しては次回に書くとして、まずはラウンジの話。
 今回乗る飛行機は私にしては珍しく、ワンワールド系ではないため、ラウンジに入れず。
 仕方が無いのでプライオリティパスを使うことにする。ちなみに楽天ゴールドカードに付いてるヤツ。

 バンコクスワンナプーム国際空港でプライオリティパスが使えるラウンジ一覧(公式)

 さて、これだけいっぱい使えるラウンジがある中で、やっぱり選ぶとすれば1カ所だけ毛色が違うラウンジがあるのでそこにする。
DSC04035
 オマーン航空ラウンジ。やっぱここでしょー。コンコースEにあって、この後のフライトもEだったので丁度良かった。オマーン航空っていったいどこ飛んでるの?っていうかオマーン航空って発言するのがなんか後ろめたいよね。
DSC04036
 オマーン航空の出発便もないので、ガラガラ。そもそもオマーン航空のバンコク発はマスカット行きの1便しかない。
DSC04037
 ミールもちょこちょこある。
 昔のバンコクのCXラウンジよりミールは充実してるかな。
 ただ、中東航空会社なので、イスラム御法度食べ物はなし。
DSC04038
 オーストラリア産スパークリングワインが2種類あるね。

 客も少なくて、まったり落ち着けるかも。

 超鮮度を失った記事。すでに新しいラウンジはオープンしてる。


 この時TPEのCXラウンジは工事中で閉鎖。

DSC02235

DSC02234
 あれ?CXの隣ってもう1軒TGかなんかのラウンジがあった気がするんだけど違ったっけ?

 というわけでどういう運用になっていたかと言うと、ビジネスクラスラウンジを使える人は、MOREラウンジ(PP使えるところ)か復興航空ラウンジを使用、 ファーストクラスラウンジ使える人はチャイナエアラインラウンジ(ビジ)か復興航空ラウンジを使用という取り扱いになっていた。

 というわけでマイルはCXに貯めていて、GOLDなので通常であればビジネスクラスラウンジに案内されるけど、JLでDIAなのでそっちの資格を使えばファーストクラスラウンジに入れる。というわけでどうなったかと言うと、荷物検査前の乗り継ぎカウンターかチェックインカウンターで申し出ると、FFP番号変えてラウンジインビ発行、そ して番号を戻すってことやってた。

DSC02226

 というわけで初めてのチャイナエアラインラウンジへ。チャイナエアライン乗ったことないけど。

DSC02227
DSC02228
DSC02229
 チャイナエアラインラウンジは結構いいねー。落ち着いた感じで、ふかふかソファー多数。ミールやドリンクはそんなに多くはないけれど(泡もない)、ヌードルバーあり。まったりするにはいいかなと。

 ただ、写真で見ると明るいけど、これはカメラのおかげでなんだか薄暗い。

DSC02232
 ヌードルバーの麺も結構おいしかったよ。


 チャイナエアライン乗ってみたいなーって思ったけど、エコノミーじゃラウンジ使えないからなー。

 以前はステータスマッチしてたけど、今やってないし。

 ドーハの空港、乗継が19時間。朝について深夜出発。
 長い、長いよ。

 運が良ければホテルにありつけたかもしれないけれど、とある任務があったのでホテルはもらわず。
DSC03368
DSC03371
 いやー、ドーハの空港はスゴイねぇ。でかいし。きれいだし。
 なんでこんなぬいぐるみがあるんだかわからないけど。ちなみに朝の出発便が一段落すると、巨大な掃除機でホコリをとってるよ。

 QRのビジネスクラスの乗客専用のラウンジがAl Mourjan Business Lounge。ここはエコノミー利用だとワンワールドのステータスがあっても入れない。同行者も不可っぽい。
DSC03372
DSC03382
 うわー、なんかバブリーだ。無駄に豪華。ハード面だけだけど。
 シャワーは2カ所にあって、この水場のそばにあるトイレに併設されているのと、入って左奥の軽食コーナーに入って右に折れた先のQuiet Areaの中にある。Quiet Areaの方がシャワールームが多いのでそっちに最初から行った方がいいと思う。
DSC03373
 言えば歯ブラシとひげそりくれるよ。シャワーは温度も湯量もばっちり。水が貴重であることを考えるとすごいことなのかもしれない。トイレも併設されているので、リフレッシュにはばっちり。

 レストランは2カ所。入って左奥にサンドイッチとか作ってくれるコーナーがある。
DSC03378
DSC03380
 ラムサンドイッチ。結構おいしかった。
 そして、一つ上の階にはきちんとしたレストラン。
DSC03375
 朝食時間帯はあんまりおいしい物無かった。
DSC03376
DSC03374
 異常に固いパンケーキとかね、ワッフルとかね。オーダーミールがあるのを知らなかったので、ビュッフェスタイルのものだけ。やはり中東なので、食べ物には制限があるからあんまりおいしくない。

 で、お昼近くになって、NemoP氏と合流。マニラに住んでるはずなのに、なぜかドーハで会うっていうね。謎。この人はホントに謎。色々と情報交換などをして、Pに食い込んでるのを見学して、Pなおすすめのオーダーミールであるラムチョップを食べる。
DSC03381
 食い込みの成果なのかわかんないけど、巨大だった。いやラムチョップ3ピースは多いベよ。ラウンジの食べ物としては普通においしかったよ。

 ぎりぎりまで話し込んでしまい、ファイナルコールでNemoP氏はカイロに飛んでった。

 まだまだ深夜まで時間があるので、Quiet Areaで一休み。
 受付で搭乗券見せると案内してくれる。たぶん時間になると起こしてくれる。
DSC03383
 横になれるのはいいんだけど、あんまり寝心地良くないのよねぇ。
 普通のソファーならいいんだけど。あと電源がないのがマイナス。

 今まで、香港のCX/KA運営ラウンジはほとんど行ったことあるけれど、QFラウンジには行ったこと無かったので行ってみる。なんせNemoP氏も絶賛してるし。
DSC03329
DSC03330
 まず場所が便利。Wingのファーストクラスラウンジとは反対側ということは北側から出国して、すぐに右折すればダイレクトアクセスが可能。これ、地味に便利だよ。

 今夜は風呂に入れないので、シャワーを浴びておく。
DSC03325
DSC03326
 シャワーもばっちり。なんか心なしかシャワールームの担当のおばちゃんの愛想がいい。まぁ、いつもWingのFでシャワーに誘導したいおばちゃんとカバナに行きたい俺との攻防戦だったから、それに比べればそりゃ愛想がいいか。

 レストランエリアでオーダーミールを食べる。
DSC03327
 牛肉焼きうどん的なもの。

 ミールも充実していて(ほぼ洋食)、混雑しているキャセイのビジネスクラスラウンジに行くなら、ここに行くのはアリだなって思った。ビールも樽で3種類(チンタオ、シンハー、銘柄忘れたけどオーストラリアのビール)あるので、ビールも楽しめるし。

 さて、Wingの運営業者が変わったという噂なので、Wingにも行ってみる。
DSC03331
 なんかヌードルバーのメニューが変わったよね。
 左の下の日式拉麺だけどベジタリアンというメニューが謎。牛肉うどんも謎。気づいたらラクサが増えてる。
 でもペニンシュラって書いてあるから、まだペニンシュラなのか?
DSC03332
 担々麺も昔はもっとこってり濃厚感があった気がするんだけど、なんか水っぽくなってる気もするんだよなぁ。気のせいかなぁ。

 というわけで、カンタスのラウンジは結構いいよ!空いてるし。
 でも、今回の旅行でワンワールドエメラルドを獲得する私は結局、ピアかウィングのファーストクラスラウンジに行ってしまいそうだ。

 すっかり鮮度を失った記事になります。
 羽田のファーストクラスラウンジがオープンということで、今回は夕方の空いてる時間だったので、ちょっと写真を撮ってみました。
DSC07200
 というわけで、まずは噂のハンバーグを実食。
 まぁ、ものすごいうまいって訳じゃないけど、高めファミレスのハンバーグって感じ。
DSC07209
 ただ、目の前で調理してくれるので、味が加算されます(笑)。
DSC07203
 奥の方へ。
 JALカラーのコンコルド!
DSC07205
DSC07206
 なかなか落ち着けるような場所になっております。
 靴磨きしてくれる人もいるけれど、なんか磨いてもらうほどの靴を履いてないので、未体験。
DSC07207
 シャンパンが好きな人は、普通のドリンクコーナーとは別に、奥の部屋に違う種類のシャンパンが用意されてます。ここにはシャンパンと、高めの日本酒とか置いてあったと思う。

 JALの歴史とセンスを感じさせてくれるような、奥の部屋でした。成田にはこういう部屋ないよねぇ。なんかあってもいいのにね。

シンガポールのチャンギ空港は世界で最もすばらしい空港と言われている。というわけで今回乗り継ぎに5時間ぐらいあるし、激しくうろうろしてみよう!
DSC04274
DSC04275
 まずは、QF(Qantas Airways)のラウンジで一息入れて、お散歩に出発。

 シンガポール・チャンギ空港は乗り継ぎ需要がたくさんある空港で、特にイギリス~オーストラリア間の移動するカンガルールートは長距離過ぎて直行便がないので、シンガポールでみんな乗り継ぎすることになる。その他にも世界の方々に飛ばしているシンガポール航空の本拠地であることもあり、様々な場所から様々な場所へ行く人たちの乗り継ぎ地となっていて、乗り継ぎの人たちが快適な過ごせるような設備がいっぱいある。中まで入ったわけではないので、案内板の画像だけでも紹介。

 トランジットホテルや、プールがあったり、PS3が遊べたり、無料映画館があったり、庭園があったり、喫煙所があったり……。
DSC04277
DSC04281DSC04282DSC04283
 その他にも、写真はないけど、充電スポットがあったり、マッサージ機があったり……。

 というわけでもりだくさんの空港なのでした。

 さて、長かった旅もこれでおしまい。
 帰ります。

 ホテルで荷物をピックアップし、A12バスで空港へ。

 私のJALのステータスはJGPなので、ワンワールドステータスがエメラルドになるので、CXのTHE WING ファーストクラスラウンジが使える。
1367302818682
DSC04177
DSC04179

 というわけで、お風呂に入って、食事をして、搭乗!
DSC04180
 機内食のメニュー。
DSC04182
 疲れ切って爆睡してたので、あんまり記憶が無い。
DSC04183

 というわけで、2014年1回目の旅行でございました。
 書いてるのは2014年の年末だけど。

↑このページのトップヘ