FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:マンゴーかき氷

 お久しぶりの本編更新。
 筆が乗らないので、SIM2Flyの記事をアップデートしたりしてたら、本編がかなり空いてしまった。


まだまだマンゴーかき氷が食べたい

 台湾南部に来たらねー、やっぱりマンゴーですよ。
 台湾の有名なマンゴー産地である玉井も台南からバスで行くところにあるしね。
 地産地消じゃないけど、マンゴー食べるならやっぱり南部で食べた方が劇的に安い気がする。
 というわけで、マンゴーを求めて台南の街をさまよいます。


マンゴーどっさりで有名な店

 今回も新規開拓。
DSC00510
 駅から結構離れたところにある。そんなに遅い時間に行ったわけでは無いけれど、ガラガラだった。
 台南って好きな街なんだけど、バスが少ない。本数が少ないし、Googleマップでバス路線を使った情報があんまり出てこなかった気がする。これは早急に改善して欲しいなぁ。日本もそうなんだけど、基本的に外国人にとってGoogleマップでバス路線が出てくればそれに乗るよ。
 そんな交通に若干難があるところにあるかき氷屋。
DSC00511
 メニューね。値段が基本的に安い。
 今回は芒果果粒牛奶冰(小)をチョイス。TWD100。安い。


着丼!

 いや、着丼ではないか。でも、そんなインパクトがある。
DSC00512
 これさー。比較する物を一緒においておけば良かったと思う写真。
 小なのに結構でかい!そしてマンゴー入りまくり。これでTWD100はホントに安いと思うよ!
 味はまぁまぁ。んーでもおいしい方だと思うよ。ちょっとシロップがクドい気がしたけど。
 ここは深夜までやってるのが便利。一応、0時までやってるみたいだし。


台南マンゴーかき氷は奥が深い

 実は他にも有名な店があったりするけど、その中にマンゴーかき氷の提供季節がかなり限られる店があるっぽい。ホントに7月、8月とかだけの提供。それ以外はマンゴーソースのかき氷になっちゃうらしい。行列必至でそのお店のFacebookでもその日の売り切れ情報とかが載っちゃうぐらい。
 次回はそこに突撃してみたいぞ!

 マンゴーかき氷といえば台北では冰讃がベストかき氷だったんだけれど、最近値上がりしまくっていて、マンゴーの量も減ってきたし、ちょっといまいちだから新規開拓した話。


冰讃いまいちじゃねぇ?

 まぁ、いつものごとく冰讃へ。
DSC00451
 結構閉店間際のぎりぎりに行ったんだけどマンゴーはまだあった!
DSC00452
 メニューね。芒果雪花冰がTWD150。プリンを追加して+TWD10。
 なんかかなり値段が上がったなぁ。去年TWD20上がって、今年はTWD30値上げ。2年前の1.5倍の値段になってる。
DSC00450
 マンゴーは去年と同じくらい。
 去年はマンゴー不作だったから仕方がないけれど、今年はマンゴー豊作なんじゃなかったっけ?それなのに値上げして、量はそのままって。物価が上がっているのは仕方がない面もあるけどさー。


だったら新規開拓

 だったら新規開拓じゃ。
 まぁ、行った店は日本人にそれなりに有名なところだけどね。
DSC00466
 まぁ、本来は緑豆のお店なんだろうね。
DSC00463
 愛文芒果冰TWD200。まぁ、冰讃より高いんだけど。
DSC00464
 もうね。マンゴーごろごろなのよ。
 たっぷりのマンゴー。高くてもこれだけマンゴー入っていれば満足!


緑豆蒜啥咪のルール

カウンターで注文して支払い

空いてる席に座って待つ

マンゴーを剥くところから始めてるので時間がかかる

待つ

ウマー

 ついに最終日。
 台北→台中→台北→(東回り)→台南と動きまくった旅も今日でおしまい。
 もうちょっとうまく動けなかったのか?という疑問もあるけれど、まぁ気にしないことにする。
DSC04604
 朝食終わった後台南駅の表側に出て、合成帆布行までお散歩。
 新しいカバンの買い出しと、以前から使っているカバンのボタンが壊れてしまったので、修理してもらう。基本的には工房なので、その場でちゃちゃっとボタンを交換してくれた!台南は色々と帆布カバン屋さんがあるけれど、個人的には合成帆布行が一番オススメ。そのうち記事にしたいと思う。
DSC04608
 チェックアウトして台南へ。今まで乗ったことがない自強号が来た。
 これ結構古いヤツをリニューアルして使ってるんじゃなかったかな。

 高雄では最後にマンゴーかき氷を食べる。
 行ったのは高雄MRT巨蛋駅そばの芒果好忙。
DSC04611
 店構えはでかいけれど、空いてた。
DSC04612
 芒果雪花冰TWD100。福泉ほどではないけれど、台北界隈に比べれば安い。そしてめっちゃ量が多い。特にマンゴーどっさり。これ、値段と内容を考えると相当安い気がする。特にマンゴー不作で量が少なくなりがちな中、これだけ盛ってくれるのはうれしい。マンゴーアイスもついてるしね。
 ただ食べてて思ったのは、氷が溶けるのが速い。なんでだろ?

 油っこい昼食の後はデザートだ!
 暑い季節に台湾に来たらマンゴーかき氷を食べるしか無い。
 むしろ食べなかったら、3割ぐらい損してる(※この発言は個人の見解です)。
DSC04281
 というわけで、やっぱりここに来ちゃいましたよ。
 超有名店、冰讃。

 ここは台湾で生マンゴーが出回る季節しか営業しないというストイックなお店。
DSC04277
 営業時間と営業期間はこんな感じ。一応、4月中旬~10月末の営業になってるけど、マンゴーの状況により、遅くなったり早くなったりする。
DSC04279
 いやー、あまりにも日本人が多すぎて、注意書きが日本人向けになっている。
DSC04278
 メニュー。
 まぁ色々あるんだけど、芒果雪花冰TWD120を食べとけばいいと思うよ。
 昨年よりTWD20値上げ。どこも値上げしていて、マンゴーの不作による値段の高騰が効いている模様。
DSC04280
 ちなみにこのプリン(布丁)はTWD10でトッピングできるんだけど、これもうまいのよー。卵の味がしっかりしているプリン。若干マンゴーと合わない気がするけど、それぞれはとってもおいしいので別物として食べればOK!


○関連ホームページ

 台北ナビ「冰讃」
 食べ台湾「冰讃」
 ※22時より前にマンゴーがなくなっちゃうこともありますので、マンゴー目当ての方は明るいうちに行きましょう!みんなが夕食食べてる時間帯とか比較的空いてる気がする。


○注文と会計の仕方


 カウンターで注文
  ↓
 お金を払う
  ↓
 番号札をもらう
  ↓
 空いてる席に座る(注文前に座るといった場所取りはマナー違反!)
  ↓
 呼ばれるので取りに行く(中国語と日本語で番号を呼んでくれる)
  ↓
 ウマー
  ↓
 食べ終わったら食器を回収箱に入れる

 小籠包→マンゴーかき氷→鴨肉飯→マンゴーかき氷
 食べ過ぎだな。

 さて、鴨肉珍で鴨肉飯を食べた後、やっぱりデザート食べたいので、いつもの福泉へ。
 とりあえず西子湾駅へ向かって歩く。
DSC03929
 木の桶とか風呂桶を作ってるお店が集まってるところがあった。高雄港駅跡地の北側の踏切跡地そばあたり。
 どこも檜のいい香りがしている。日本統治時代から代々続いているのかしら。
 値段がいくらぐらいかわからなかったけど、もし安いんだったら買ってもいいかなぁって思った。
DSC03930
 踏切跡地から高雄港駅まで、浜線の跡地を歩く。
 台湾の人々の古い物を残そうってエネルギーは素晴らしいよね。

 さて、西子湾駅を通り過ぎ、旗津へのフェリー乗り場手前まで来る。
DSC03935
 以前にも記事にしたね。
DSC03936DSC03937
 豆花とかき氷の店。ここ、豆花もおいしいよ。
DSC03938
 芭果牛奶雪花冰60TWD。以前より10TWD値上げ。マンゴー不作の影響か、どこも軒並み値段が上がってる。不作で値段上げるのはいいけど、豊作で値段が下がったりするのかしら。以前の時に比べてマンゴーも少なめ。
 だけど安定のおいしさ。ちょっと今回は酸味があったかな。
 ここはマンゴー味の氷もあるのだけど、ちょっとしつこいので牛乳氷のほうがいいね。


○注文と会計の仕方

 席をまず確保して、席の番号を覚える。
  ↓
 かき氷作ってるところの近くの柱に、ボールペンとメモ帳とメニューがあるので、
 席に戻って検討。注文と席番をメモ帳に記入。
  ↓
 決まったらメニューとボールペンを元の場所に戻し、かき氷作ってる場所にメモ帳を渡す。
 お金を支払う。
  ↓
 席で待つ。
  ↓
 ウマー

 ※今まで毎回お金の払い方が違って、よくわからず悩んでたけど、今回のが決定版。

せっかく台湾に来たんだ!マンゴー食べるぞ!
DSC03924
 というわけでやってきたのは、高雄でマンゴー冰で有名な店、高雄婆婆冰にやってきた。前回の記事の永和小籠湯包からも近いよ。それにしてもすごい名前だよねー。ババア氷ってことだものね。
DSC03919
 メニューをどん!基本的にはメニューの一番左上が人気メニューなのでそれを頼むのが吉。
DSC03921
 芒果牛奶冰を雪花で。120元。
 久々のマンゴー。やっぱりうまいわー。でも少し酸っぱい?
 2016年はマンゴーが大不作らしいので、質がいい物も少ないのかもしれない。どこのマンゴー冰屋も値上げしてるよね。ここも以前は100元だったはず。
 でもおいしくいただいたのでした。


○注文と会計の仕方

 入口でねーちゃんに、店内で食べるか持ち帰るか聞かれるので席を指さしすればOK
  ↓
 席でメニューに注文個数を記入する。左下に席番を書く。
  ↓
 DSC03922
 ここへ記入したメニューを持っていく。支払いをする。
  ↓
 席で待ってると、持ってくる。
  ↓
 ウマー

 高雄にもありますよ、マンゴーかき氷。
 そして、台北よりも安いですよ、劇的に。
DSC00948※別の日に撮影
 海鮮料理で有名な旗津半島へ行くフェリー乗り場の前にある、このお店。
 向かいには有名なマンゴーかき氷屋があるけれど、こっちの方が安いしうまい気がする。
DSC07420
 芒果雪花冰でなんと50TWD。くっそ安い。
 マンゴーもりもり。これはテンションが上がらざるえない。
 台湾のマンゴーかき氷で俺的ランキング一位だな、ここは。
DSC07421
 この細かい氷の削り具合がなんとも言えないのですよ。

 ホントにここはおいしいのでオススメ!

 帰り道、横浜市民にはおなじみのゴミ回収車の音楽。
 おっと思ったら、ホントに回収してた。
DSC07422
 台湾の場合、ゴミ収集所とかはなく、(たぶん決まった日時に)ゴミ収集車がくるので、それが来たらみんな一斉にゴミを持って収集車に投げ込む模様。これ、家にいなかったらどうするんだろうね。色々疑問は湧くけど、きっとそれでうまくいってるんでしょう。


○注文と会計の仕方

 席をまず確保して、席の番号を覚える。
  ↓
 かき氷作ってるところの近くの柱に、ボールペンとメモ帳とメニューがあるので、
 席に戻って検討。注文と席番をメモ帳に記入。
  ↓
 決まったらメニューとボールペンを元の場所に戻し、かき氷作ってる場所にメモ帳を渡す。
  ↓
 席で待つ。
  ↓
 ウマー

 ※ちなみに何回か行ってますが、そのたびに正しい会計の仕方がわからない。
  たぶん、持ってきたときに払うのが一番いいと思う。

 マンゴージャムを買ってきて欲しいと頼まれていた。
 でも、スーパーや色々なお店で見てきたけど、マンゴーのジャムは売ってない。

 ということで確実に売っていると書いてあった、こちらのお店に。
DSC06010
 ネットだと「百果園」という名前になっていることが多いかな。

 店内色々見ていると、結構いいお値段。ただ、品質は良さそうなので、タカノフルーツパーラーとかそういう立ち位置と考えれば、安いかも。まぁ、高級果物屋さんです。
 手作りジャムやらアイスクリームやらが名物らしい。もちろん果物も売ってるし、頼めばその場で食べられる。
DSC06011
 朝食にフルーツヨーグルトサラダを食べる。見た目の通り、フルーツがみっちり。
 そしてどのフルーツもみずみずしく、おいしかった!

 値段は……忘れちゃった。まぁ、それなりにそれなりな値段。200TWDぐらい?

 でも、値段の価値はあったと思う。



○関連ホームページ

 台北ナビ「百果園」
 公式ホームページ(日本語)

近くにマンゴー冰で有名な「Mango Cha Cha」があったので入ってみる。
DSC06008
 名物店主がノリノリな接客してた。テンション高い。
 まぁ、いいけどね。日本人と分かると、日本語メニュー持ってきてくれる。
DSC06009
 食べたのは「マンゴーチャチャ雪花氷(金メダル)」。カップル向けなだけあって、デカいぜ!
 塩を少しかけていただきます。スイカに塩をかけるのと同じ理由なのかな。
 確かにおいしいんだけど、ちょっと高いかな。台北ナビ割引が効いて10%引きで180TWD。
 でも、名物店主は色々話しかけてきたり、なかなかアットホーム。本店だからかな。


○関連ホームページ

 台北ナビ「芒果恰恰」(割引券あり)
 食べ台湾「芒果恰恰」


○注文と会計の仕方

 席に座る
  ↓
 持ってくる
  ↓
 ウマー
  ↓
 伝票持ってお勘定

 マンゴー冰も食べたいわん!
 ってことで、デザートにマンゴーかき氷を食べに行こう。
DSC05816
 ここは台湾産マンゴーが市場に出回る時期だけ営業する「冰讃」へ。
 まぁ、日本人客がかなり多いけどねー。そして、マンゴーかき氷の内容は普通。普通だけどうまい!そんなお店であります。結構ストイックに味にこだわってる感じ。

 あと、MCとかIMとかマンゴーかき氷が有名な店の半額ぐらいの値段なので、お財布にも優しい。
DSC05815
 食べたのは、芒果雪花冰100TWD。このきめが細かい氷がうまいのよ。どっさりマンゴーの上に練乳がかかってて、良くマッチしている。あと、氷がとても細かいので、頭があんまり痛くならない(気がする)。
 もちろんマンゴーが出回る時期しか営業しないということは、冷凍物ではなく台湾産の生マンゴーを使用しているということ。
 自分が知る限り、台北ベストコストパフォーマンスマンゴーかき氷でございます。

 営業は2014年実績で4月15日~11月2日。だいたい4月中旬から10月いっぱいというところでしょうか。なお、記事更新時点の最新情報では2015年も4月15日から営業開始予定となっております。まぁ、ホームページとかないので、Facebookとか台北ナビの掲示板とかで情報を入手するしかありません。


○関連ホームページ

 台北ナビ「冰讃」
 食べ台湾「冰讃」
 ※営業時間は23時となっていますが、経験上22時以降にマンゴーにありつけたことはありません。また、22時より前にマンゴーがなくなっちゃうこともありますので、マンゴー目当ての方は明るいうちに行きましょう!


○注文と会計の仕方

 カウンターで注文
  ↓
 お金を払う
  ↓
 空いてる席に座ってると持ってくる
  ↓
 ウマー

↑このページのトップヘ