FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:マンゴー

 みんな大好き、マンゴーかき氷。
 今回は、台湾マンゴーの産地として有名な玉井に行ってみる。


玉井への道のり

 みんなマンゴーは好きかな?
 おいらはマンゴー大好きだ!
 マンゴー好きなら一度行ってみたい、台湾のマンゴー産地玉井へ行くよ!
DSC05893
 というわけで、マンゴーの産地玉井へは台南駅から緑幹線バスで行く。バス停は台南のメインの駅前(シャングリラの反対側)の北側(駅舎を背にして正面右寄り・鉄道ホテル前)。鉄道ホテル前には二つバス停があるけど、どっちだったか忘れたのでバス停の表示を見てちょうだい。15分または30分間隔で運行していて、1時間に3本~4本走ってる。時刻表上は1時間15分で走ってるけど、運転手の腕次第で速くなったりする。
DSC05897
 バスの終点は玉井の中心のラウンドアバウト交差点内。
 交差点の中心にはマンゴーのオブジェがある。
DSC05895
 台南市玉井区役所には「芒果の故郷」とか書いてある。
 台湾で猛威を振るう日本語の「の」だけど、役所にすら「の」を使っちゃうっていうね。ゆるいな。


マンゴー市場へ

 バス停からちょっと歩いたところに市場がある。
DSC05899
 ずんずん入っていってみよう。
DSC05901
 目に入るのはどっさりマンゴー。
DSC05905
 右を向いても左を向いてもマンゴー。
DSC05907
 結構台湾人観光客も多い。
 これ、一かごでいくらするんだろうな。
 買って帰りたい衝動に駆られるが、検疫的にアウトなのでがまんする。
DSC05902
 見たことない果物も並んでた。
 蘋婆。別名、鳳眼果。英名ping pongというらしい。
 なんだこれー。見たことがない。食べてみたい。
 蒸したり、煮たり、焼いたりして食べるみたい。

スポンサードリンク

市場の中のかき氷屋

 市場の中にはかき氷屋がある。
DSC05909
 かき氷屋というか食堂というか。一応2軒あった。
 まぁ、値段は台北に比べれば安め、台南や高雄にしては標準~ちょっと高いぐらいだろうか。
DSC05911
 ……と思ったら、この値段でマンゴーがどっさり入ってきたので、こりゃ安いわ。
DSC05912
 マンゴーうまー!
 やっぱりおいしいよねー。

 ここじゃないと食べられない味ってわけじゃないけど、マンゴー市場のマンゴーっぷりにはテンション上がる。


スポンサードリンク

 ちょっと銅鑼灣で人と待ち合わせ。
 ただ、時間が中途半端に余った。まぁ、これから飯食べるんだけど、先にデザート食べちゃえ。


いつも「滿記甜品」を食べるのは良くない

 デザートはだいたいいつも滿記甜品でマンゴーパンケーキが食べたくなって食べてしまう。
 だが、今日は新規開拓をしなければならない。だって、いつもいつも同じところで食べてたらブログの記事も一緒になっちゃうでしょ。

 というわけで、今回銅鑼灣にいるのでこの近辺の甜品でOpenRiceを検索、検索~。


地元民に有名な聰嫂星級甜品へ

 OpenRiceでそこそこ点数が良かった聰嫂星級甜品へ。
 銅鑼灣の他にも灣仔や將軍澳にも合計5軒の支店がある模様
DSC00912
 なんか上の看板がでかいけど、違う店の看板だ。
 まだ早い時間のせいかそれほど混んでなかった。


メニュー

 さぁ、何を食べよう。もちろんマンゴーだ。
DSC00910
 一通り香港デザートはありますな。
 マンゴーパンケーキ(芒果班戟)もあったけど、ここはイチオシっぽい芒果奶昔雙皮奶(マンゴーミルクプリン)を食べよう。39HKD。まぁ、それなりな値段するけどね。日本の物価が安すぎるんだと思う。


マンゴーミルクプリンはなかなかのうまさ

 それほど時間もかからずに登場。
DSC00908
 マンゴー、シャーベット状のミルクセーキ、ミルクプリンの三層構造。
 あー、これは初めて食べる感じ。うまーい。
 まぁ、生のマンゴーは香港では出てこない気がするのでたぶん冷凍物だと思うんだけど、この組み合わせは甘すぎず、うまい。おぢさんちょっと気に入ったぞ。


関連ホームページ

 Open Rice 香港開飯喇 聰嫂星級甜品 Cong Sao Star Dessert



スポンサードリンク

 さて、サイアムで食事が終わり、次はデザート。
 マンゴー好きとしてはやっぱりMango Tangoに行ってしまいます。
 場所が移転してちょっとBTSの駅に近くなった?ただコンテナハウスみたいな店舗になった。
DSC08150
 なんか金ないの?っていうかキャラがキモい。
DSC08151
 メニューは日本語完備。
DSC08152
 オーソドックスなMango Tango 140THB。
 高いお店なので、それなりの値段します。

 でも、マンゴーとアイスとプリンセットでこの値段はお得かな。
 普通においしいマンゴーです。日本で食べたらいくらするんだか。



○関連ホームページ

 バンコクナビ~マンゴタンゴ

 公式ホームページ


スポンサードリンク

今まで何回か行ってるのですが、すっかり記事にするのを忘れていました。

 香港でマンゴーのデザート食べたいといったら、ここ一択です。
 許留山もありますが、こっちの方がうまいです(店は許留山の方が多い)。
 MTR上環駅から西へ行った、西港城というショッピングセンターに入っております。外からも中からもアクセスOK。
20130429_213521
DSC07071
 一番有名な芒果班戟(マンゴーパンケーキ)。
DSC03715
 切るとこんな感じ。
 マンゴーと生クリームをクレープで巻いている。これがうまいんだなぁ。

 他にもミルクプリンや、マンゴープリン、その他色々おいしいものがあります。香港行ったらオススメ!



○関連ホームページ

 Open Rice 香港開飯喇  滿記甜品 Honeymoon Dessert 上環西港城店


スポンサードリンク

 やっぱりマンゴーが食べたいので、Mango Tangoに行ってしまったんです。
DSC05063
※移転前の旧店舗の写真です。
DSC05064
 マンゴー熱はすっかり落ち着いたわけですが、そもそも夕食を食べてない!
 ということで、日本では沖縄にしか無い、あのファーストフードに行くわけです。
DSC05066
 そう、エンダー(A&W)。
 やっぱりRootbeer熱も下げとかないとね。
DSC05067
 モッツァバーガーとカーリーフライとルートビアで139THB。
 バンコクにしてはそこそこいいお値段。でも、日本で食べるよりちょっとだけ安いかな。

 味は同じ!ルートビアは氷無しで来たのに驚いた。


スポンサードリンク

 ホテルにチェックインするといいつつ、寄り道したんです。

 タイの絶品マンゴースイーツのお店。
 Mango Tangoという店で一時期代官山にもあったとか。
DSC03980
 メニューは日本語も入っててわかりやすい。
DSC03981
DSC03982
DSC03983
 代表メニューが店名と同じ「Mango Tango」なのでそれを食べる。当時120THB。
 Mango Tangoはマンゴーとマンゴープリンとマンゴーアイスがワンプレートに載った物。マンゴーの代表的な食べ方が一度に楽しめる。
DSC03984
 そして、マンゴーがうまーい。やすーい。
 これおすすめですよ。おいしいから。バンコク行ったときは行くべし。

 この当時の場所とは移転したみたいで、詳しくはバンコクナビの記事をどうぞ。
 どうやらMango Tangoは140THBに値上がりしたみたい。


○関連ホームページ

 バンコクナビ~マンゴタンゴ

 公式ホームページ


○注文と会計の仕方

 席に座って注文する。
  ↓
 店員が伝票を持ってくる。
  ↓
 お金を支払う。
  ↓
 商品が来る。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ