FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:マレーシア

SIM2Flyシリーズ その1スペック編 その2使い方他編 その3USSDコード編

 香港で買ったパスポート登録してないSIM2Flyが使えるのは、問屋かなんかの会社名義で登録されてるからみたいだねー。つうか、それでOKなんだ。タイの規制って。

 さー、続きを書くよー。今回は使い方他編。


使い方

 使い方は簡単。使いたい国でSIMカードさして、ローミングをオンにすればOK!
 もし、APN(アクセスポイント名)が自動で設定されない場合は、APNを「internet」に設定し、残りは空白でOK!


スピードがあまり速くないのと、日本だとたまに切れる。

 国によりますが、スピードはそんなに速くありません。日本で使う場合だと、およそ1~2Mbpsぐらいです。おそらくこの安さの実現には、すべてのSIM2Flyユーザーでその国のある一定の回線容量を分け合っている可能性が高いです。また、データが一旦タイに行ってから端末までくるのでレスポンスがちょっと悪いです。なので、LTEの限界で使いたいという方には向いていません

スポンサードリンク

なぜかUberに電話番号が登録できない!→登録できた!

 タイでパスポートの登録をしていないからかもしれないけれど、Uberで番号を登録しようとするとはじかれるんでございます。うーむ。なんでだろう。万が一の電話連絡のためには登録できないのは少し困る。
 買ってから3ヶ月してから登録したら登録できたよ。(2017年8月6日追記)
Screenshot_20170518-212919


有効期限

 SIMのアクチベーション期限はパッケージの裏側に書いてあります
DSC07992
 今回私が買ったSIMのアクチベーション期限は2018年5月まで。
 約1年間ぐらいあります。

 アクチベーションしてからの期限は30日間。これは番号を維持できている期間と考えてください。
 THB150以下をチャージすると有効期限は30日間延長THB200以上チャージすると有効期限は60日間延長されます。なお、チャージ日から30日間延長という計算ではなく、有効期限から30日間延長されるという形になります。
 チャージ方法は別途記載しますが、あらかじめ有効期限を延ばしておきたい時はTHB10を12回チャージすることを繰り返せば360日間有効期限は延長になります。最大でチャージの日から1年間まで有効期限を延ばすことができます(確認済)。

スポンサードリンク

チャージ(Top Up)方法

 AIS公式では海外発行クレジットカードによるチャージができなくなりました。なので、海外からのチャージ方法の敷居が高くなっています。ですが、海外からのクレカチャージの方法はあります。

 チャージの方法は次の通りです。(コンビニはセブンイレブンを除きます
  1,AISのお店の店頭にあるチャージ機でチャージする。
  2,コンビニなどの商店でリフィルカードを手に入れる。
  3,コンビニの店頭にある機械でチャージする。
  4,コンビニのレジでチャージする。
  5,なんだかよく分からないけどタイのSIMカードにチャージできるサイトを使う。
  6,LINE Payで払う

 1~4については、簡単な英語表示でチャージできますし、「AIS 1-2-call Topup 100,Please」とか言えば店員もたいていの場合分かってくれますので、省略します。

 5のサイトは使う価値がなくなりました!LINE Payを使った方が良い。
 5のサイトでクレジットカードによるチャージができます。ただし最低金額はTHB50から。手数料5%かかる。
 https://mobiletopup.com/

 現在はLINE Payを使ってチャージするのが一番ラクです。

 まずはアプリのLINEでLINE Payを使えるようにします。確か、LINEアプリを起動してLINE Payの画面(一番右)をだして規約にOKすれば使えるようになったはず。
 次にMyAISアプリをダウンロードしておきます。GooglePlayなどで探してね。
 その上でSIM2FlyのSIMカードを挿して電波をつかんだ状態で、MyAISアプリを起動します。ちなみにこれは初回のみ必要で、指紋登録をした場合は今後SIMカードを挿さなくても使えます。パスコード式の場合はSMSを受信する必要があるので、毎回SIMカードを挿すのが必須です。
Screenshot_20180428-212712
 この画面が出てきます。右にスワイプしていくとTop Upメニューが出てきます。
Screenshot_20180428-212731
 使っている電話番号を入力し、支払い方法はLINE Payをえらび、金額を選択します。
 ここの画面でのクレジットカードはタイ国内発行のカード出ないと支払えません。
Screenshot_20180428-212739
 ちなみに金額は当初選べるのはこんな感じですが、「More」をタップするともっと金額が出てきます。
Screenshot_20180428-212745
 こんだけ細かく設定できれば充分でしょう。THB10からチャージできるのは便利ですね。
 30日間延長にも使えます。
Screenshot_20180428-212759
 電話番号、金額を入力するとこの確認画面が出ます。OKをタップするとLINE Payの画面に移行。
Screenshot_20180428-212832
 ここで、クレジットカードを選択します。この場でカード登録も可能です。
 今回のAISチャージにはAMEXは使えません。JCBかVISAかMasterである必要があります。
 決済方法はクレジットカードのみなので、LINE Payの残高で支払うことはできません。
 「決済を行う」をタップ。
Screenshot_20180428-212844
 ここで「決済」をタップするとチャージされます。
Screenshot_20180428-212905
 これでOKをタップすれば完了。
 SIM2FlyのSIMカードが挿してあれば、すぐにSMSが来るはずです。

 とっても簡単なのでみんなLINE Payでやるのがいいと思うよ!


現地SIMとの金額比較

 主に私が持っているSIMでの金額の比較をしてみましょう。
 他の現地SIMとの比較は数が膨大すぎるので、あまり深追いしません。自分で比較してみてください。

○香港
 香港3のSIMはLTE未対応のもので、1日あたりHKD28(容量無制限)です。LTEの場合ですとHKD33になります。このほかに毎月の管理手数料が必要です。現在のレートでTHB299=HKD66.29とすると、双方SIM費用を考えないとすれば(SIM2FlyをTHB299で計算)3日間以上の使用でSIM2Flyの方が有利です。
 もっともこれはSIMカードを持っていればの比較になりますので、手に入れやすいHKD88のツーリストSIM5日間を買うとするならばSIM2Flyとほぼ同額(THB399で計算)になります。
 
○台湾
 中華電信の4GSIMカードを持っていますが、こちらは1GBでTWD180、3.2GBでTWD300となります。THB299=TWD264とすれば、1GB以上使用するならばSIM2Flyの方がお得です。
 SIMカードを新規購入する場合ですと、5日間でTWD300になりますので、THB399=TWD352ですから5日間までは現地SIMの方がトクですね。

スポンサードリンク

SIM2Flyまとめ

 新規に買う場合、基本的には現地SIMの方が安いですがそれほど値段の差があるわけではありません。よって、チャージして何回も使うような場合やアジア数カ国を周遊するような場合はSIM2Flyを使うのが最強だと思います。欧米版も安くはないですが、現地SIMと比較してもそれほど高くなさそうですし、そこそこ妥当な値段で使うことができます。そしていちいち空港でSIMを買う手間が省けます。ツアーで行く場合でも団体行動を乱さなくて済みますね。あと、ヨーロッパ行くのにカタール航空を利用した場合、乗継中でもスマホが使えるのがメリットです(空港のWifiだとストレス溜まるし)。


次回予告

 次回は各種コマンド一覧編です。この次も、サービスサービスぅ。

SIM2Flyシリーズ その1スペック編 その2使い方他編 その3USSDコード編

(2017.10月現在)

 今回は巷で噂になっているアジア最強SIM、タイAISのSIM2Flyを買ってみたってお話。
DSC07993
 とりあえず、なんで現地プリペイドSIMがいいのかって話はタイのSIMについて書いた記事を読んでちょうだい!まぁ、日本の会社のローミングプランもかなり値段下がってきているけれどね。

 今回からしばらくの記事は元Marcoflyerはどこへ行くのえびちゃんさん(さかなクンさんみたいだ……)の記事を参考に、最新情報や便利情報などを追加して作成いたしました。こころよくOKをだしてくれた喪黒福造ことえびちゃんさんに感謝いたします。自分、一度本人に「どーーーーーーーん!!!!」ってやられてみたいです。

参考記事
元Marcoflyerはどこへ行く
【約1,300円で上限3GBまで】アジア12カ国で利用できる格安ローミングSIM SIM2FLYを購入してみた
数カ国周遊旅行に最適な海外ローミングSIM SIM2FLYを実際に使ってみた
AIS SIM2Fly公式ホームページ他


「SIM2Fly」のすごいところ

SIM2Fly_Top1
 タイの大手携帯電話会社であるAISから発売されている「SIM2Fly」。このSIMカードはアジアを周遊する人にとってはこれ以外選択肢がないと言っていいぐらいのSIMカードです。
 このSIMカードの大きな特徴は次の通りです。
  ・比較的安価でありながら使える国が多い。
  
・定められた容量を期間内であれば複数の国で使える。
  
・チャージできるので旅行のたびに買い直す必要がない。
  
・日本のAmazonで買えちゃう。香港の鴨寮街でも買えちゃう
  
・余った容量は日本でも使えるので日本のSIM容量削減できる(だが遅い)
 よって、これらのメリットを最大限享受できる方というのは、弾丸トラベラーで旅行を繰り返す人経由地でもSIMを使いたい人飛行機が滑走路からそれた瞬間からスマホを使いたい人ということになります。全部私です。はい。

スポンサードリンク

「SIM2Fly」を使わない方がいい人

 とりあえず使わない方がいい人は次の通りです。
  ・タイ国内は別料金なので、タイだけに旅行する人。
  ・常に考えられる限り最高スピードで接続しないと許せない人。
  
・現地でSIMを買うことに喜びを感じる人。
  
・ストイックに安さを追求する人。
  
・逆に特にいくら払ってもかまわないやとか思ってる人。
 うん、下の3行の人々はこんなページみないわな。


販売しているSIM2Flyの種類

 SIM2Flyという名前で売っているSIMカードは2種類あります。(以前は3種類でした)
SIM2Fly_Card
 1,THB899 4GB 15日間 ヨーロッパ・アメリカ用
 2,THB399 4GB 8日間 アジア・オーストラリア用
 3,THB199 20MB+THB100 30日間 その他の国用(なくなりました)

 というわけで2種類あります。実はヨーロッパ・アメリカ用のTHB899も結構お得です。一番右のはマニアックな国に行くときにはいいですが、なかなか使い勝手が良くなさそうな感じがします。
 それぞれのSIMカードについては次の項目から説明していきます。

スポンサードリンク

THB899 4GB 15日間 ヨーロッパ・アメリカ向けSIM

 THB899(=約3,000円)で71地域4GB15日間使えるSIMカードです。ヨーロッパ・アメリカ向けとなっていますがアジア・中東でも使えます。よってヨーロッパに行く際に、乗継があっても乗継中の時間つぶしや情報収集にも使える優れものです。15日間4GBなので1日あたり約266MBですが、容量を使い切った場合(使い切る前でも)新しいプランを購入すれば、データ容量が増加します(確認済)。既存のカードでこのプランを購入する場合や追加をする場合は通常THB849となっていますが、2018年6月30日まではTHB799になるキャンペーンをしていますが、最近ずっと延長されてるのでしばらく続くと思います。また、THB299で1GB5日間というプランもあります。

使える国(71地域、2018年6月現在)
下線=アジア向けSIM2Fly(THB399)でも使える国
 ヨーロッパ
  オーランド諸島 ・ オーストリア ・ ベルギー
  チェコ ・ フィンランド ・ フランス ・ ドイツ
  イギリス(イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランド)
  ギリシャ ・ ハンガリー ・ アイルランド
  イタリア ・ オランダ ・ ノルウェー ・ ポルトガル
  ロシア ・ サンマリノ ・ スペイン ・ スウェーデン
  ヴァールバル諸島およびヤンマイエン島
  スイス ・ トルコ ・ バチカン市国 ・ ブルガリア
  クロアチア ・ デンマーク ・ エストニア
  リヒテンシュタイン ・ マケドニア ・ セルビア
  スロベニア ・ ポーランド ・ ラトビア ・ リトアニア
  アイスランド
 北アメリカ
  アメリカ合衆国 ・ カナダ ・ メキシコ
  プエルトリコ ・ 米領バージン諸島
 南アメリカ
  アルゼンチン ・ コロンビア
 アジア
  
香港インド(北東部の飛び地7州+ジャンムー・カシミール州を除く)
  
日本ラオスマレーシアシンガポール
  韓国台湾マカオフィリピンカンボジア
  ミャンマーネパールインドネシアスリランカ
  ベトナム ・ パキスタン
 中東・アフリカ
  アラブ首長国連邦(ドバイ・アブダビ)使えなくなりました
   
カタール ・ オマーン ・ イスラエル ・ 南アフリカ
  エジプト ・ クウェート
 オセアニア
  
オーストラリア ・ ニュージーランド

既存カードまたは追加でのプラン
SIM2Fly_planW
 THB849799* 4GB 15日間 購入方法「*111*358#」に発信
  *THB799になるキャンペーンは2018年6月30日まで
 THB299 1GB 3日間 購入方法「*111*359#」に発信

スポンサードリンク

THB399 4GB 8日間 アジア・オーストラリア向けSIM

 THB399(=約1,300円)で16地域4GB8日間使えるSIMカードです。1日あたり500MBもあり、潤沢な容量でPCで何か重いデータを送ったりしない限り使い切るのは難しいと思われます。それぐらい太っ腹なカードになります。既存のカードでこのプランを購入する場合や追加をする場合は通常THB349となっていますが、2018年6月30日まではTHB299になるキャンペーンをしていますが、最近ずっと延長されてるのでしばらく続くと思います。また、既存カードまたは追加ではTHB119で1GB2日間というプランもあります。こちらのカードも容量を使い切った場合新しいプランを購入すれば、データ容量を増加させることができます(確認済)

使える国(17地域、2017年10月現在)
  香港 ・ インド(北東部の飛び地7州+ジャンムー・カシミール州を除く)
  日本 ・ ラオス ・ マレーシア ・ シンガポール
  韓国 ・ 台湾 ・ マカオ ・ フィリピン ・ カンボジア
  ミャンマー ・ ネパール ・ オーストラリア
  インドネシア・カタール・スリランカ

既存カードまたは追加でのプラン
SIM2Fly_planA
 THB349299* 4GB 8日間 購入方法「*111*354#」に発信
  *THB299になるキャンペーンは2017年12月31日まで
 THB119 1GB 2日間 購入方法「*111*356#」に発信

スポンサードリンク

THB199 20MB 30日間 プラン

 若干コメントに困るプランもあります。
 中国で使えるのはこのプランだけになります。
 既存カードまたは追加専用のプランでではTHB246で100MB7日間です。うんあんまりお得感はないなぁ。ただ、SIM2Flyの各プランはデータ量超過しても規定の日数は128kbpsでつながります。緊急時の保険として、あるいはLINEやメールだけと割り切って使うにはいいかもしれません。

使える国(70カ国以上、2017年5月現在)
 たくさん(AIS SIM2Fly公式ホームページ他参照)

既存カードまたは追加でのプラン
SIM2Fly_planC
 THB246 100MB 30日間 購入方法「*111*350#」に発信

スポンサードリンク

このSIMをタイ国内でも使いたい場合

 様々な国を旅行して結果としてタイに着いた場合、チャージをして国内向けプランを申し込めば使えます。なお、SIM2Flyの使用中でも別途タイ国内プランを購入し使うことができますAISのSIMカードは複数のプランを同時行使することが可能です。
 なお、公式ホームページや他のページに記載されているタイ国内用プランの金額は税金(7%)が入っていないので注意。例えばTHB19のプランを申し込もうとしてTHB20チャージしても申し込めません。これは税金が別途THB1.33かかるので、THB20では足りないからです。ちなみにUSSDコードを入力して残高不足で申し込めなくても何もエラーが出ません。「~プランをエンジョイできるよー」というSMSが来ない限り申し込めてないので注意してください。
 色々なプランがありますので、データパックの種類は今後更新予定のコマンド一覧に掲載します。


購入方法

 公式的な購入方法は次の通りです。
  ・AIS Online Shop
  ・AIS SHOP
  ・スワンナプーム国際空港の2階AISカウンター
  ・ドンムアン空港の1階AISカウンター
  ・一部のファミリーマート(THB399版のみ)

 非公式な購入方法としては日本のAmazonで買うとか、香港の鴨寮街で買うとかあります。なお、私は香港で買いましたが、パスポートの登録せずに使えてしまいました。タイはSIM購入の際にパスポート登録が必須なので、どういうからくりになっているのかは謎です。闇があります。たぶん。
DSC07996


次回予告

 次回は実際の使い方各種コマンド一覧などをまとめていきます。この次も、サービスサービスぅ。

 クアラルンプールに行きすぎて、特にすることがないって話。
 金正男の暗殺現場も見学してきた。一体何やってるんだ俺。


一泊目はシャングリラ

 クアラルンプール一泊目はシャングリラ。
DSC03429
 もうね。来すぎて何も感動がない。変わらない。安定してる。


夕食は小籠包

 なぜか鼎泰豐で小籠包食べる。
DSC03447
 安定した味。

スポンサードリンク

二泊目はトレーダースホテル

 二泊目もいつも通り。
DSC03454
 ここも変わらんねー。
 安定してる。今回はGOKLを使ってシャングリラからトレーダースまで移動。


一日バスに揺られる

 この日は一日GOKL4路線を全区間乗り通して、GPSロガーでルートとバス停を記録。
DSC03482
 うむ。一体何をやってるんだろうな。
 そうして書いた記事はあまり読まれてなかったりする。


ステーキを喰らう

 Tボーンステーキ食べた。
DSC03498
 まぁまぁな味。確かに安いと言えば安いが、それほど安いわけでもない値段。

スポンサードリンク

飛行機はKLIA2発

 さて、今回の旅行は初めてのKLIA2発。
DSC03512
 ちゃんとしっかりと中に入るのは初めて。
 金正男氏に敬意を表して、エアアジアでマカオに飛ぶ。
DSC03515
 ひゃー。分かっていたけどエアアジアだらけだぜぇ。
 すごいねー。確かにエアアジアのおかげでKUL経由で移動している人も多いことでしょう。


金正男氏暗殺現場見学

 ずいぶん殺伐とした文字が並びますなぁ。
 ネット界の住人にとっては有名な金正男氏。東京ディズニーランドに行きたくて、日本に密入国しようとしたけど失敗して、田中眞紀子に「とっとと追い返せ」と言われて、北京に送りつけられた人。って書くとなんかアホな人みたいだけど、北朝鮮唯一の良識とか言われてた。中国式の改革開放を望んでいたらしく、この人がトップになってたら確実に歴史は変わった人。そして、長男なのに世襲できなかった人。
 そんなお方が暗殺されたのがこのKLIA2。
DSC03522
 正面のインフォメーション。その裏側のセルフチェックイン機が暗殺現場。
DSC03528
 この右側にある赤いセルフチェックイン機がやられたところのハズ。
DSC03530
 やられたときと同じ機械かどうかは不明。とりあえずなぜか使用中止になってたけど。
 ここでVXガスをかけられて、移動。インフォメーションに助けを求める。
DSC03522
 おそらくこのインフォメーション。
 で、医務室に行くってことで出発階から到着階に降りる。
DSC03523
 で、この医務室でお亡くなりになられたと。
 結構遠いんだよねー。

 これ、金正男氏の動きをトレースするとき、ひとりで勝手に盛り上がってたんだけど、今ブログ書いててつまんねーな。これ、面白くしようがないわ。

 金正男氏のご冥福をお祈りいたします。

 クアラルンプールで私がよく食べているホッケンミー(福建麺)。
 ペナンのホッケンミーはどんなもんじゃろな?


ペナンはホッケンミー(福建麺)も違う

 ラクサと同様、ペナンのホッケンミー(福建麺)は違う。
 シンガポール式、クアラルンプール式、ペナン式があって、それぞれが全然違う。シンガポール式は汁焼きそばで具はエビとか野菜。クアラルンプール式は中国醤油を使った黒い焼きそばで具は豚肉など。んで、ペナン式はエビの汁そば。もう、これだけ全然違う。
 ペナンのホッケンミーは初体験。食べに行ってみよう!


おそらく一番有名で一番難易度が高い三條路888

 というわけで、やってきたのはペナンホッケンミーでナンバー1とされている屋台。ホテルジェンから徒歩数分。
DSC03348
 こういったごちゃごちゃした屋台群の中にある。
DSC03345
 来たのは「三條路888」という屋台。道路側最前線に屋台があるわけじゃないので、うっかりすると通り過ぎるかも。屋台で注文し、席に持ってきてくれる。どうやって識別しているのかは謎。
 ちなみに屋台共通の食事スペースはだいたいドリンク屋がその場所を仕切ってるので、ドリンクを注文しないとダメよ。なんでドリンク屋が仕切ってるのかは知らん。だけど、どこもそうなってる。


着丼

 それほど待たずに着丼。
DSC03346
 オプションは色々と選べるけど、焼肉を付ける。基本MYR5+焼肉MYR2。あれ?卵も付けたんだっけな?
 見た目がスゲー辛そうな赤。でも、この赤はどっちかというとエビの赤でそれほど辛くない。辛いけど。

 食べると濃厚なエビ風味。もうこれでもかってエビエビしてる。
 これはうまいね!最近流行のエビそばとかこれを参考にしているんじゃないか?って味でうまい!


デザートはドリアン

 えび「KJさん、ドリアン食べたい」
 彼は、ちょっとした間に、自分の欲望をぶつけてくるのがうまい。
 ドリアンかぁ。実はドリアン童貞。でもアジアを旅行してたら避けられないよね。よし、大人の階段登るか。
DSC03352
 ぷらぷらしてると屋台のドリアン屋があって、1個まるごとではなく、パックになっている物があったので個々で食べることにした。奥のイートインスペースで食べていいかどうかを確認。ビニール手袋とビニール袋をもらう。
 奥のイートインスペースに座ると、ドリンク屋がすっ飛んできた。ドリンクを注文。そして、ドリンク屋から「絶対に絶対に放置していくな。絶対にテーブルに直接置くな。絶対にビニール袋に入れて、買ったドリアン屋に渡せ!」との厳重な注意をもらう。
 すげー。どんだけなんだ。どんなもんなんだドリアンは。
DSC03351
 それではドリアンを食べる。ビニール手袋着用。
 すごいねっとり。
 一口食べると、うわー。ドリアンだー。ただ、今まで嗅いできた匂いと味は結構違う。
 ただ、あんまり甘くない?これは食べたドリアンの特性?

 まぁ、うまいかって言うとそこまででもないような……。
 ただこういうのは3回食べないと判断できない。ほら、ドクターペッパーだって3回飲むとクセになるって書いてあるしねぇ。また、機会があれば食べてみようと思う。ただ、一人では食べないな、きっと。

 2018年ホテルの朝食を除いて初めての食事はペナンラクサ。
 おおー、やっとペナンらしい物になったぜ!


ペナンのラクサは違うらしい

 今まで食べたラクサというと、シンガポール風のが有名。
 ココナッツミルクベースに魚系の出汁の麺というイメージ。カレー味の場合が多い気がする。

 ところが、ペナンのラクサは違う模様。
 違うなら行ってみよう!
DSC03334
 というわけでやってきたのはジョージタウン内にあるペナンラクサの有名店「My Own Cafe」。


メニュー

 入口に書いてあるメニュー。
DSC03335
 ラクサねーじゃんと思ったら違う店のメニューだった。というより、「My Own Cafe」で注文できる違う店のメニューっぽい。
DSC03336
 というわけでこちらが店のメニュー。
 もちろんPenang Asam Laksaを注文。大にしたか小にしたかは忘れた。大でMYR6、小でMYR5。安いねー。


着丼

 しばし待つと着丼。
DSC03338
 スープが透明……だと?
 麺はコシがない押し出し米の麺。これはどこのラクサも同じだね。

 オイニーがかなり独特。これかなり発酵系の香り。苦手な人は絶対苦手。
 スープを飲むと辛味はそれほどでもないかな。かなり酸味がきいてる。とりあえず、全体的にかなり独特であんまり食べたことがない味だったよ。辛味がそれほどでもないと書いたけど、食べ終わる頃には汗が出てたから、結構辛かったのかもしれない。

 いやー、おいしかったが万人がおいしい味かとは言えない、クセがあるね。

 2017年最後の食事。
 ステキなイタリアンのお店。そして、店員のねーちゃんの笑顔が最高にかわいかった。


えびちゃんのレストランチョイス

 えび「KJさん、イタリアン食べに行こうよ」
 キター!ペナンに来て!あえてイタリアン!
 つーか、今までの食事、インド料理→海鮮中華(書いてない)→ホテル朝食→インド料理と来て、ペナンらしい物食ってねーぞ!でも、よくよく考えたら海外でイタリアンって食べたことないな。南の島のイタリアン、一体どんなもんなんだろ。まぁ、えびちゃんは色々な物への嗅覚がスゴいと思うし、発想の違いを見せつけられるね。よいしょしすぎだね。褒め殺しだね。
DSC03271
 ↑えびちゃん


というわけでイタリアン

 ジョージタウンのリトルインディアの端にそのお店はある。
DSC03310
 うっかりすると通り過ぎてしまいそうなお店。
DSC03308
 クロネコの看板が目印です。
 周りが暗いから目立つけれど、周りが明るいと通り過ぎてしまいそうな佇まい。


店内とメニュー

 ちょっと店内は薄暗い。
DSC03305
 ただ、なかなか良い雰囲気。
 これ、ちゃんとしたお店だわ。
DSC03295
 お値段は現地の食事としたら高い。イタリアンの食事としたらそんなに高くない。


実食

 実食!まずは前菜。
DSC03300
 レバーペースト(MYR19)。ブレッドに塗られて登場。
 非常に臭みがなくうまいの。
DSC03301
 こちらはマスカルポーネチーズのブレッド(MYR19)。
 こちらもちゃんとしたチーズを使っていて、濃厚なお味。うまし。
DSC03302
 本日のスープはシーフードトマトスープ(MYR19)。
DSC03303
 パスタは「Pasta Mushroom & Truffle Oil」(MYR33)を注文。
 おおーキノコどっさり!しかも、トリュフオイルって中毒性高いよね。
 正直、すごい失礼な発言だと思うんだけど、ペナンでちゃんとしたイタリアン食べられるとは思わなかった。

 というわけでとっても大満足なイタリアンなのでした。

 フォーポイントに一泊した後はホテルジェンに移動。
 こちらで2泊。まぁ、ホテルジェンらしいといえばホテルジェンらしいホテルでございました。


こちらもえびちゃんチョイス

 私がシャングリラのJADEメンバーなので、チョイスしてくれたのはホテルジェン。
DSC03349
 なんか建物がシャングリラっぽいよねって思ってたら、どうやら元々シャングリラホテルとしてオープンしたらしい。建物自体は結構古めと思われるよ。


部屋

 今回はクラブルーム。
DSC03282
 といってもJENなのでさっぱりしてますわ。
DSC03283
 アメニティはJEN共通の物。
DSC03285
 部屋はそんなに広くはないけれど、必要十分。
 特徴がないといえば特徴がない。
DSC03286
 部屋からのビューはこんな感じ。まぁ、ジョージタウンど真ん中にあるのでそうなりますわな。

 ただ、今回のお部屋はクラブラウンジがド真ん前だったので、それは勘弁して欲しかったなー。
 部屋出るとラウンジスタッフに「寄ってく?」みたいな感じで毎回言われる。


クラブラウンジ

 私自身一人の時は、ラウンジアクセス付けることはほとんどないのだけど、今回は付けた。付けてもそんなに高くないのがマレーシアのホテルのいいところ。
DSC03287
 普段の時間帯だとホットドッグがあった。
DSC03289
 フレッシュ系ドリンク。
DSC03290
 フルーツやら冷菜やら。ドリンクはもっといっぱいあるよ。
DSC03291
 ハッピーアワーは色々出てきたけど、なんかガツガツ食べてる日本人が多すぎてちょっとひいた。


朝食

 なかなか充実してたよ。
 フツーのKLのTradersと同じぐらいの充実度。
DSC03327
 行った時間帯に寄るのかもしれないけれど、それほど混んでなかった。
DSC03328
 エッグステーションとヌードルバーもあったよ。
 マレーシアの残念なところ(というか仕方ないのだけど)、豚肉がないのはちょっと寂しい。
 客層としては中華系多しってところかな。でも見苦しい人々はそれほどいなかった。


年越し花火

 まぁ、年末年始だろうが、平常運転のおっさん二人なわけです。
 なので、年越しも部屋でぼーっと過ごす。
DSC03317
 一応、遠くで花火が上がってるのが見えた。
DSC03320
 たぶん個人で打ってるんだと思う。
 まぁ、そんなもんかと思っていたら、隣のビルの屋上からいきなり発射。
DSC03322DSC03323
 あまりに近すぎて、カーテンレール写っちゃうぐらいの角度。
 これ見るにはどこで見たらいいんだろうね。結構離れないと堪能できない気が。


ホテルの部屋の中での話題

 まぁ、えびさまとせっかく二人で泊まるので雑談配信でも収録するかーなんて思ってたんです。
 で、何を話していたのか。

 まぁ、書ける範囲でオブラートに包んで書くと……。
 仕事とか世の中とかの愚痴とか……。
 政治で安倍ちゃんについての論争とか……(不支持vs消極的支持)。
 これからの日本の地方都市についてだとか……。
 インドネシアの鉄道の話だとか……。

 でも、一番の話題は、えびちゃん一押しの韓国女優、유혜인(ユヘイン)ちゃん。

 運ちゃんの娘のJK役の子。

 いやー、若干目頭切開してる気がするけど、かわいいよねー。
 30代半ばのおっさん二人でかわいいとか盛り上がってたわけですよ。

 えびちゃんが「いやー、この子と仲良くなれるなら竹島どころか対馬もあげちゃうね」とか言ってたので、「いやー、奄美以外の九州割譲するわー」なんて返してたわけです。「福岡が韓国に割譲されたら西鉄バスの運ちゃんが本来の能力を発揮するなぁ」とか、もう頭悪すぎる会話をしていたわけです。

 なんか書いてて、死にたくなってきた。

 ペナン島での初食事はインド料理。
 ホテルのそばだから行ってみたけどなかなかうまかった。


フォーポイントすぐそば

 えび「KJさん、インド料理食べに行こうよ」
 いきなりキター!ペナンに来て!あえて、インド料理!
 ただ、そういうチョイスキライじゃない。
DSC03236
 というわけでフォーポイントから歩いてすぐのこのお店へ。
 持ち帰りしている人多めなお店。いいねー。オーラが出てる。
DSC03281のコピー
 ちなみにBBAが好物のえびちゃんは左に写ってるIBBAと仲良く話してた。


メニュー

 メニューはこちら。
DSC03242
 写真付きメニューが一押しか。
DSC03243
 こっちは全てのメニューが書いてある模様。
DSC03241
 システムが色々と謎だけど、自助餐的な感じもあって、みんな色々盛ってた。


バナナリーフセットマトンを注文

 色々悩んでみたけどバナナリーフセットのマトンを注文。
DSC03240
 MYR16。ラッシーは別料金。
 これねー。安くて量も満足。あまり辛くないしねー。
 そして付け合わせの料理がうまい!
DSC03280
 ちなみに次の日のランチも同じ店で食べたけど、チキンもフィッシュもなかなかうまかったでよ。

 今回のホテルチョイスはエビちゃん任せ~。
 値段はお安め、内容それなり、ロケーション最高。そんなホテルでした。


大陸人がみっちり

 ペナンの空港は島の南側。このホテルは北側なので、けっこう車に乗る。
 中心地であるジョージタウンも通り抜けてホテルに到着。
DSC03247
 外からは扉もなく吹き抜けなロビー。
 なんかフロントがわっしょいわっしょいしてた。大陸人多め。
 ただ、エビパワーで部屋は出てきた。


部屋

 まぁ、特に可もなく不可もなく。
DSC03234
 海側ではなく、海じゃない側の部屋。
 窓側はソファー。
DSC03235
 まぁ、ベッドも標準的よね。


外のロケーションはGood!

 まぁ、値段も手頃だけどロケーションはなかなか良い。
DSC03244
 目の前はビーチ。
DSC03245
 しかも海がきれい。
 いいねー。おにゃのこと来るにはいいんじゃない?それほど高くなくて。
 まぁ、おれらはおっさん二人できたけどな。


朝食

 まぁ、標準的な朝食でございます。
DSC03268
 一応、ビーチを見ながら外でも食べられる。
 台湾人がめっちゃパイナップル袋に入れて持って帰ってたけど、そのパイナップルあんまりおいしくなかった。
DSC03269
 沖縄以外でA1ソースを初めて見たよ!
 これってイギリスのソースなんだっけ?


朝の散歩

 朝食後には散歩。
 マレーシアって領土が横に長いのに時間が1つしかないから、西側にあるKLやペナンは時間のわりに太陽が上がるのは遅いのよねぇ。
DSC03278
 フォーポイント全景。周りの高層建築に比べて低め。そんなに大規模じゃないよねぇ。なのになんであんなわっしょいわっしょいしてたんだ?
DSC03271
 黄昏れるエビちゃん(朝だけど)。完全にオフモード。そうだよねぇ。ホリデーに来たんだもんね。アジアをうろうろうろうろしながら、仕事をしてるんだもんね。しゃべってることは毒舌だったけどね。
 まぁ、記事にあげるようなホテルじゃないんだけど、記事にしたのはこの写真を使いたかっただけだったりする。

 日付が変わる頃にKULに到着。
 明日も朝にKULを出発。
 だったら空港に泊まっぺしーって話。


空港ホテルチョイス

 今回の旅はKULから国内線に乗るので、KULで荷物をピックアップしなきゃいけないはず。ということは制限エリア内の宿泊施設とかラウンジで過ごすって技が使えない。かといって、ホテル代が安いと言っても市内まで行くと今度は寝る時間がなくなる。
 というわけで、今回はそれほど高くなくて、空港敷地内にあって、エアアジアがやっているというTune Hotelに泊まってみることにした。値段はそれほど高くなくてといってもMYR280+(税金など込み込みでMYR316ぐらい)。それなりにいい値段する。ちなみに検索すると驚くほど安い値段が出るけど、それはデイユースだから気をつけてね。
 KLIAに到着してKLIAから出発するのでKLIA2に行くのはロスっちゃーロスなんだけど、KLIAのホテルはこれの倍ぐらいする。さすがに夜寝るだけなのにお金出せませんわー。


KLIA2へ移動

 KLIAからKLIA2へは無料のシャトルバスがある。
DSC03181
 案内に従って、4番の位置にバスが停まるよ。
DSC03180
 深夜でも10分おきに運転。つーかターミナル同士の設計が悪くて、所要時間がかなりかかるので注意。
 LTCP(駐車場)→KLIA→KLIA2→LTCPって走るバスなので、KLIA→KLIA2はすぐだけど、逆は駐車場経由なので、かなりの時間がかかる。
 しばらく待ってたら、隣の席に座っていたバックパッカーぽい白人も来て、お互い苦笑い。ANAのビジネスクラスに乗ってるくせに、お互いシャトルバスに乗ってKLIA2に行くっていうね。
DSC03183
 バス到着。
 このバス乗り場はクルーバスもたくさん発着してるんで、ウォッチングに最適だよ。


KLIA2からTune Hotel

 なんだか行き方が分かりづらい。
 連絡通路を通らないといけないんだけど、その連絡通路がL1M階から出てる。このL1M階につながるのは、道路を背にして建物内右側のエレベーターと階段、あとは2階から降りてくるエスカレーターのみ。1階から上がるエスカレーターは中2階に止まるけど、この中2階からはTune Hotelには行けない。なので要注意だ!
 しかも、最初右奥にエレベーターや階段があることに気づかなかったよ……。
DSC03184
 というわけで2階からエスカレーター降りると、看板がある。
DSC03185
 左の通路を進めばOK!
DSC03190
 ホテルから見た写真。右奥がKLIA2。ほぼ屋根付き通路なので雨でも心配なし。
DSC03191
 ホテルに到着でござんす。


部屋

 部屋はこちら。
DSC03186
 そんなに広くはない。普通。
DSC03189
 天井に羽根が付いてる(シーリングファンがある)ので、冷房入れなくても心地よいよ。
DSC03187
 水回りはこんな感じ。ちなみに歯ブラシとかのアメニティはない。シャンプーはある。
 ホント寝るための施設。ビジネスホテル並みの設備だね。歯ブラシ無いけど。


朝食

 一応、朝食付きにしてみた。
 ちなみにラウンジ使える人は、ここの朝食食べなくていいと思うよ。
DSC03195
 朝食会場はいったん外に出る。
DSC03192
 まぁ、それなりにあるよね。エッグステーションもある。
DSC03193
 種類もたくさん。
 まぁ、そんなたいした味じゃないけど700円ぐらいなので、この後街に出るとかラウンジ使えないって人は食べてもいいかもしれない。ラウンジ使える人はラウンジで食べるのと大して変わらないと思う。


まとめ

 んー。KLIA発着の飛行機利用では、周辺の送迎ありなホテルに泊まる方がいいかもしれない。
 KLIA2発着の飛行機利用だったら便利だけど、そもそもエアアジアに乗るような人々にとってはちょっと値段が高めな気がする。そして、それなりの値段を取る割にはアメニティがしょぼすぎる。歯ブラシぐらいおきなよ。まさかのフロントで有料販売とはね。まぁ、エアアジアらしいと言えばそうなんだけど。
 ちょっとコスパ悪い。あとKLIA2の構造が悪いのが×。

↑このページのトップヘ