FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:ビジネスクラス

 さー帰るよー。ウソ。帰らないよー。
 でも、スリランカからは脱出。


お久しぶりのCX

 ターミナル入るのに荷物検査して、カウンターに行くのに荷物検査。
 いつもながらこのダブルチェックに意味があるのか不明。
 さて、今回はお久しぶりのCX搭乗。調べてみたら昨年の9月以来。
 ずいぶんと乗ってないなー。
DSC05513
 色々良くしてくれたのに乗ってなくてごめんね。
 なので、今回は丸子に付けちゃいます。一応、これで緑丸子維持。
DSC05514のコピー
 まぁ、緑丸子を維持してもたいした御利益はないんだけど、予約を無料でホールドできるのが利点。
 ラウンジと香港のアライバルラウンジのインビをもらう。


出国後エリアとラウンジ

 そういえば初めてビザ代払ったんだなーなんて思いながら出国。
DSC05516
 おい!ディレイが多すぎて出発案内が役に立ってねーぞ。
DSC05518
 乗り継ぎカウンターはわっしょいわっしょいしてた。
 いつもながら、なんで混んでるのか不明なんだけど、CMB乗り継ぎのときってCMBから先の搭乗券でないからだっけ?CMBタッチもやらなくなってしまってよくわからん。UL同士でもダメなのかな。
DSC05517
 空港の模型があった。ここまで拡張できてないっす。
 将来的に拡張するのか??
DSC05520
 スリランカ航空のファーストクラスラウンジ。
 ワンワールドのステータス持っててもUL利用じゃないと入れない謎ラウンジ。
 入ったことあるけど、共用ラウンジに比べればミールが多いくらいの違い。
DSC05521
 こちらはファーストクラス相当の共用ラウンジであるLOTUSラウンジ。
 プライオリティーパスで入れるよ。
DSC05515
 こちらはビジネスクラス相当の共用ラウンジであるARALIYAラウンジ。
 この2つの違いはイスが違うだけ。マジで。それ以外は客層の違いのみ。
 プライオリティーパス持ってるけど、今回は同行者がいるのでARALIYAに入る。
 特筆するところは一切ないので省略。

スポンサードリンク

出発ゲートへ

 同行者とバイバイして、ゲートへ。
 同行者はNH修行しているので、エアチャイナで成都に行くんだそうだ。
DSC05522
 次にCMBに来るのはいつかなー。来年かなー。
DSC05523
 CMBの空港のトイレって清掃員がチップよこせって、たまにたかりに来るのでそのときはこの写真を見せてやりましょう。
DSC05524
 遅延しまくっていたジェッダ行きと同じ手荷物検査場を通る。3回目の手荷物検査。
 この空港はSINとかKULと同じで出発と到着が混じるので仕方がない。


出発

 今宵の宿へ。
DSC05525
 キャー、キャセイサーン!
 相変わらずのもぎって半券をボードに貼る方式。
DSC05529
 いやー本当に良くなったよねー。
 昔はBKKかSIN経由でリージョのビジネスで一晩すごして泣きたい気持ちだったけど、今はシーラス。この座席は秀逸だと思うの。
DSC05531
 777に比べると若干狭いシーラス。でも、それでも充分。
 圧迫感があるって人もいるけど、おれは狭いところにこもるのが好きだからOK! 


機内食

 ほぼ定刻通りに出発。さて、5時間ちょっとのフライト。
 夜間のせいか超高速サービス。
 早速メニューが配られる。
DSC05534DSC05535
 キャセイ的には香港コロンボ直行化した結果、長距離カテゴリに入るようになったみたいで、毛布は厚め、アメニティグッズもくれる。
DSC05536
 ちなみにアメニティグッズの中身はこれ。
DSC05620
 なんか簡易的な気がしなくもない。
 ついでにダイヤ会員だけのダイヤ水も配られた。エビアンじゃない!
DSC05541
 さて、酒を飲んで寝ましょう。
 シャンパンからスタート。
DSC05542
 サラダとパン。やっぱねー、なぜだかガーリックトースト食べたくなっちゃうのよね。
DSC05543
 ラムトマトカレーにしたよ。
 コロンボ搭載はイケてないはずなんだけど、意外とおいしかった。トマトのおかげで辛さがマイルド。
DSC05544
 ハーゲンダッツとミルクティーで〆。
 深夜便のせいかあっさりした感じ。
DSC05545
 まだ飛んでこれだけなのに、食事終了。
 いいねー、超高速サービス。これぐらい日系もテキパキやってほしい。

スポンサードリンク

到着~

 さて、一眠りして起きると着陸態勢に。
DSC05546
 乗り継ぎチェック!
 特に変な行き先の客はいなかった。
 ソウルはICNって書くのに東京はNRTって書かなくていいのか?
 ソウルも関空も今は片方にしかCX飛んでないけど、東京はNRTとHND両方あるのに。
DSC05548
 夜行便明けなので、アライバルラウンジへ。
 これなくなっちゃうんだよね。
DSC05549
 シャワーを浴びてさっぱりしてから再出発。

 KULでは例によってTRADERSに宿泊。
 ステーキ食ったりしてたけど、特筆すべきものではなかったから省略!
 というわけで翌朝Grabでまた空港に戻ってきたのでした。ちなみに今回の旅行ではじめてのGrabはBKKの空港からホテル往復とKULの空港からホテル往復で、あっという間にゴールドメンバーになった。
 さて、今回はえびちゃんオススメのマリンドエアに初搭乗。


初のマリンドエア!ラウンジはなし!

 早起きしてやってきたよ。
DSC05156のコピー
 チェックインしてボーディングパスをもらう。今回は片道のビジネスクラス。
 席は1F。マリンドエア乗るなら1Fに乗れ!って誰かさんが言っていたのでアドバイスには素直に従う。
DSC05154
 MHがやたらとA350を推してる。
 LHRとNRTとKIXに飛んでまっせ!
 出国はビジネスクラスなので、プレミアムレーンを通って、快適に通過。
DSC05155
 マリンドエアはKULが本拠地なのにラウンジなし!
 よってミールクーポン配布。まぁ、いただけるのはありがたいんだけど、いくら分使えるのか謎。
 特に食べたい店もなかったので、たまにはバーガーキングでも食べるかと思ってサテライトまで行く。
DSC05157
 なんか金額上限いっぱいまでぜんぜん頼んでいなかったらしく、レジのお姉さんが水だのなんだのいっぱい追加してた。たぶんレシートを付けて請求するんだろうね。カラ伝票打って請求を上限いっぱいにするんでしょう。


搭乗

 さて、メインターミナルに戻って、搭乗。
DSC05158
 G1なるゲート。とりあえずKUL名物の搭乗待合室に入るためのセキュリティチェックを受けて、エスカレーターを降りる。
DSC05160
 あー、やっぱりバスゲートね。
DSC05161
 この搭乗待合室でしばし待機してから搭乗。
 ビジネスクラスの優先搭乗とかそういう概念はなく、みんな一斉に搭乗。
DSC05163
 バスに揺られて飛行機までやってきた。
DSC05164
 おおー。Batik MALAYSIA塗装。
 調べると、Batik Air所属機って出てくるんだよねー。Batik Air Malaysiaがオペレーターとか出てくるけど、コレってマリンドエアのことなのかしら。
 と、わからないので、えびちゃんに聞いてみたら、Malindo Airという名前をBatik Air Malaysiaにリブランディング中とのこと。 え、フツーさ、ホームページとかから変えるんじゃないの?まだホームページがマリンドエアのままなんだけど。まー仕方ないか。元々インドネシアのライオンエア系列だし。
DSC05165
 なんか懐かしいビジネスクラスシートだねぇ。
DSC05167
 うむ。懐かしい。
DSC05170
 なんかこのレバーとかね。あれ、JALでもこんなレバーのビジネスクラスあったよね?
 座り心地はそれほど悪くない。
DSC05169
 ウェルカムドリンクはリンゴジュースにした。
 お水かリンゴジュースかって感じだった。まぁ、朝だからね。昼でも夜でも酒ないかもしれないけど。

スポンサードリンク

離陸

 さて、朝一発目なので特に遅延もなく離陸。
DSC05173
 今日も野良ジャンボがいるね!(いや、ずっといるけど)
 そういえばこの持ち主って発覚したんだろうか。
DSC05179
 MHの使い道がないA380も駐機中。
 結局イスラムチャーターに使ってたけど、今日本線に入ってるんだっけ?
 というわけで、空港ウォッチングも終わり、離陸。


機内食&機内誌

 さて、機内食。
DSC05180
 まずはオレンジジュース。相変わらず酒はなかった。
DSC05181
 まずパンとフルーツがサーブされる。
 メインはオムレツ(だったかな?)とナシレマのどっちがいいかというので、せっかくだからナシレマにする。
DSC05183
 ベリーベリースパイシーとか言ってたけど、それほどでもなかった。
 が、それほどおいしくはなかった。まぁ、ナシレマ自体あんまり好きじゃないからねー。

 さて、機内誌をチェックしよう。
DSC05185
 マリンドって737-900ER持ってるんだ!
 ATR72か737のとても割り切った機材構成。
DSC05187
 まぁ、この路線網だとそういう構成になるか。ただ、オーストラリアにも飛んでる。
 これからどうやって広げていくのかな。ここから広げるとすれば、韓国か日本かってところ。
 と思っていたら、Airlinerouteでこんなツイートが。
 ビックリしたことに日本初就航が千歳!マジかよー。しかも、台北桃園経由。
 スクートとかと同じようなパターンだよね。今ある台北便を千歳まで引っ張ってくるんだろうけど、関空でも成田でもなく、千歳っていうことに驚いた。


到着

 特に面白いこともなく、イラッとくることもなく、コロンボ到着。
DSC05194
 コロンボに昼間に来るのも久しぶりやなー。
DSC05196
 となりはエアアジア。この便はボーディングブリッジ使ってるように見えたけど、後ろに階段付けているのはなんでだろう。資材の搬入かな。それとも乗客もそっちから出させてたりするのかしら。
DSC05197
 あぁ、懐かしいね。なんかこの廊下を見るとコロンボに来たなぁって思う。
DSC05198
 仏様も相変わらず。

スポンサードリンク

今回はスリランカ旅行だ!

 さて、今回は入国するよ!
 すげー久しぶりのスリランカ入国で、コロンボ市内へ。何年ぶりだろうか5年ぶりぐらいかな。
DSC05200
 到着フロアの微妙に壊れてるパタパタもまだまだ現役。
DSC05201
 日本のカーナビが載ったUberでコロンボ市内に向かいまっす!

 これで日ペリさんに当分乗らなくて済む。2017年はたくさん日ペリさんに乗りました。
 2018年は日ペリさんにいただくスタアラゴールドを有効活用したいと思います。


成田空港へ。当然年末年始ラッシュでゲロ混み。

 丁度羽田空港からエアポート快特があったので乗車。これで成田空港まで直行。
DSC03134
 実は今まで秘密にしていましたが、成田空港第1ターミナル使うのは初めてなんです。
DSC03136
 この出発案内を見るたびに、羽田では感じない成田のわくわく感があるよね。
 旅に出るって感じがやはり成田の方がすると思う。
 元神奈川県民だから羽田の方がそりゃ近いんだけど、言うほど成田が遠いか?って疑問がある。


ラウンジは芋洗い

 成田第1はアウェイなんです。しかも、なんだか位置関係が分かりづらい。
 ラウンジはユナイテッドに行くのが良いというおぼろげな知識があるものの、搭乗口からかなり離れている模様なので、仕方なくANAラウンジへ行く。
DSC03137
 人が多すぎて中の写真は撮れないよ。
 ここでも大量山盛りから揚げに群がる人々を見て、落ち着かない。
DSC03138
 喫煙所からは木の根ペンションビュー。
 一回ぐらいここで宴会やってみたいね。無理だけど。成田反対派だし。


本日はバスゲート

 さて、ラウンジに限らずどこもかしこも人いっぱいの成田からおさらばじゃ。
DSC03142
 59Bというホントにここであってる?と不安になるゲートから搭乗。
 まぁ、そんなところにあるので当然バスゲート。
DSC03144
 何回か国内線国際線取り違え事故を起こしてから国際線って貼られるようになったバスで、機材近くまで。
DSC03143
 バスはイヤって言う人結構いるけど、空港の中見られたり、機材を間近で見られるのでキライじゃない。
DSC03145
 ほう。これが問題のロールスロイスエンジンですな。
 コイツのせいで今日も機材変更でしょぼいビジネスクラスになっちゃう。


シート

 まぁ、ビジネスクラスなんでね。いくらシートが悪くなったと言っても、エコとは雲泥の差。
DSC03149
 ちなみに隣はバックパッカーの(と言っていいかわからないがでかいバックパックを持った)白人だった。謎だ。ちなみに隣の彼とはまた意外なところで再会する。
DSC03151
 ウェルカムドリンクはプラコップ。
DSC03153
 ペットボトルの水も、離陸前に配られた。黒部の水だね。
 こういうものはバンバン配っちゃう感じいいね。
DSC03154
 本日ド満席出発。
 せっとすらいどばー。


機内食1回目

 さて、機内食のお時間です。
 ドリンクメニューはこんな感じ。
DSC03160
DSC03161
 お食事メニューはこちら。
DSC03162
 よーしパパ、シャンパン飲んじゃうぞー!(パパじゃないけど)
DSC03163
 このグラスで出すのはねー。なんかANAはこっちの方が香りがどうのこうのと言っていた気がするが……。
 今回は洋食をチョイス。
DSC03165
 前菜。「鰊とジェノバソース ポークパテをビーツとクランベリーのコンフィチュールとともに」だそうだ。
 ポークパテうめぇ。
DSC03166
 パンもオリーブオイル付いてきちゃうしいいねぇ。
DSC03167
 お酒はそんなに強くないのでペリエに変更。
DSC03168
 メイン。「和牛のロール仕立て 椎茸とエシャロットのソース ほのかな醤油風味」。
 ご飯と味噌汁も用意できますって書いてあったから、もらってみた。普通ご飯と味噌汁の位置が逆なんじゃないかと思った。うん。なかなかおいしいよ。まぁ、CXよりかはビジネスクラスの食事おいしいよねぇ。
DSC03171
 デザートは柚子風味のチョコレートムース。
DSC03172
 プラリネもきたよ。


機内食2回目

 お好きなときにということだったので着陸90分前に持ってきてもらうようにお願いする。
DSC03174
 カレーと野菜だしスープ。
 さすがに更に頼むのは恥ずかしいのでやめた。
 個人的にはJALのビーフカレーよりもANAのチキンカレーの方がおいしい気がしなくもない。


たこ電車はまだいた

 さて、そろそろ着陸。
DSC03176
 台湾から一直線って感じだね。
 少々遅れて着陸。着陸してスポットに入ってから機長挨拶があった。
 英語の挨拶で最後に英語のイントネーションで「ARIGATO SAYONARA」って言うのはなぜなんだろう。そこは日本語なんだから日本語のイントネーションでよくね?(CAが言うとはいえ)「せっとすらいどばー」は逆に英語のイントネーションで言う方がいいと思うんだけど。
DSC03178
 クアラルンプール名物たこ電車はまだいた。
 あれ?いなくなったんじゃなかったっけ?少しずつ変わっていくのかな。

 すっかり忘れてたけど、すーぱーふさふさくらぶ修行してたんだった。
 なので、今回の帰りは、ふぁいぶすたーせっとすらいどばー航空で帰るんです。


アウトレットは特に買う気力が無かった

 KULの三井アウトレットモール。安い物はかなり安い。
 だけど、なんだか買う気力がもう無かった。疲れたよ。
 ちなみにあのアウトレットモール、ラーメン屋が豚骨ラーメンの1軒しかないんだけど、マレーシアでそれは大丈夫なのか?豚骨だったらいいのか?っていうかイスラム教の人の需要は全無視なのか?いろいろ疑問を感じずにはいられないチョイスだと思った。
 というわけで、ご飯を食べて空港に戻ってくる。


チェックイン。そして機材変更!

 今回のフライトはANAの初めての国際線、初めてのビジネスクラス。
 えぇ、みんな大好きKUL発券ですよ。
DSC01337
 そんな記念すべきフライトでいきなり機材変更。
 B787-9からB787-8になりましたでごめんなさい的な。
 これってあれだっけ?エンジンがやられてたんだっけ?それで改修で大忙しで機材変更だったかな。
 まぁ、エコはいいんですよ。ビジがね、まさに「ちーーーがーーーうーーーだーーーろーーー」
0702-lang-multi
出典:ANAのホームページ

 元々こいつが来るはずだった。
 イケてないANAのビジネスクラスの最上級フルフラット。

000682-lang-multi
出典:ANAのホームページ

 それがコイツになったわけですよ。
 もー、クソ。全然シートコンディションがちがうだろー。
 なので写真のカウンター詫び文(パウチ済み)になるわけです。
 ちなみにマイルくれたりとかそういった救済はなし。まぁ、仕方ないっちゃー仕方ないか。CXの長距離カテゴリーでリージョ機材が入ったら、たしかお詫びマイルくばってたよねぇ。
DSC01338
 そんなこんなで搭乗券ゲット。
 プレミアムレーンカード配ってたけど、とてもとても空いていたのでイミグレは通常レーンを通過。


ラウンジ

 ラウンジへ向かう頃には機材はちゃんと着いてた。
DSC01339
 よく考えたら前日夜中に飛んでくるんだよねぇ。
 それが次の日の午後便になるんだから結構お昼寝タイムが長い。

 ラウンジはプラザプレミアムラウンジ。
DSC01340
 ANA客専用エリアがありますです。
 別に出入りをチェックしてるわけじゃないから誰でも入れるけど。
DSC01343
 シャワーは使用中止になってた。
DSC01342
 とりあえずチキンを食す。まぁまぁおいしかった。
DSC01341
 それにしても綾鷹の海外進出がすごいねー。シンガポールとかブルネイも綾鷹売ってるもんね。
 香港だと謎の「うんむつ」ブランドだけど。


出発ゲートへ~搭乗

 さて、出発ゲートへ。
DSC01344
 なんかエグいくらいディレイしてる便がある。
 シンガポール行きだけどSVってどこだ?
DSC01345
 あーサウディア(元サウジアラビア航空)かー。シンガポール経由ジッダ行きだった。
 メッカ巡礼便ですな。それにしても24時間以上の遅延。
DSC01348
 ゲートにやってきた。
DSC01347
 本日はコイツで帰りまーす。
DSC01349
 ぎっちり満席フライト。
 なにげにビジネスクラスしょぼくなった上に、席数も減ってるのかー(46→42)。
DSC01350
 ウェルカムドリンクはプラコップ。
 萎えるよねー。でもJLだとそもそもウェルカムドリンクがないんだっけ?
 隣に座ってたねーちゃん、離陸前からスリッパに履き替えてたけど、もしものことがあったときどうするんだろうか。まぁ、俺じゃないからいっか。
DSC01352
 というわけで離陸~♪


機内食

 さて、みんな大好き機内食。
 まずはメニューから。
DSC01353
 「ANAのヒラメキ!」でヒルトンクアラルンプールとコラボしてるらしいですぜ!
DSC01364
 なんともANAらしいね。ふぁいぶすたーだもんね。
 数々の受賞暦も載っちゃってるね。うむ。俺とは音楽性の違いを感じるぜ。
DSC01354
 ワインのラインナップはこんな感じ。
DSC01355
 さすがマレーシア線。基本的にハラール対応メニュー。
 今回はヒルトンクアラルンプールとコラボしてるらしいからそのメニューをいただこう!
DSC01363
 とりあえずシャンパンとアミューズ。
 シャンパンはこのグラスだと、嗅覚が鈍感になる機内でもしっかり香りを楽しめるらしいよ(ANA談)。
DSC01367
 このヤギチーズがどさっとのっかってるサラダがおいしかった。
DSC01368
 サーモンいいねー。このどさっとした感じ。
 皮が香ばしくてうまかったよ。
DSC01369
 デザートはマンゴーゼリーとホワイトチョコレートムース、それにフルーツ。
 まぁ、これは普通においしい。
DSC01370
 紅茶とプラリネ。
 まぁ、ちょっとボリュームが足りないというか、品数的に「え、これだけ?」って気がしなくもない。まぁ、食べたい人はカレーなり、クロワッサンサンドイッチなり、一風堂のらーめんなり注文してくれって感じないかな。女性にはいいのかもしれない。


なんだかんだ熟睡して起きたら着陸

 まぁ、あれだけシートが変わったことに文句を言ってたけど、熟睡した。今までのコロンボタッチで鍛えられたリージョシートでも熟睡する術が、ここで生きた。
DSC01372
 マニラ上空ルートで帰ってきた。これってETOPS必要なパターンなんだっけ?
DSC01374
 軽く時間調整してからの羽田アプローチ。
DSC01375
 よかったー!ちゃんとANAにはD滑走路があったぜ!(JALにはない
 というわけで、無事に到着。この後は一泊して一路新幹線で岩手まで帰りましたとさ。

 お久しぶりのコロンボタッチをやったという話。
 今回は変則なんだけどね。

空港までバスでGO!

 黃埔花園バスターミナルE23系統バスで出発。
DSC08051
 紅磡駅を立体交差で渡る。
 なんか新しい路線作ってるなぁ。これって何だっけ?と思っていたら、馬鞍山線が延びてくるのね。しかも西鉄線と直通運転だとか。どこに土地があるんだ?ってぐらい路線作ってるよねぇ。
DSC08055
 E系統なので空港島をぐるぐる回る。國泰城も通る。
DSC08053
 中の人~、ちょっとマルコポーロ改悪しすぎじゃないですかー。


チェックインからのラウンジ放浪

 というわけでサクッとチェックイン。
 今回はスリランカ出国はCXじゃないので、スリランカ出国のチケット見せろと言われるかと思ったら、特に言われなかった。信用されているのかしら~。
DSC08063
 とりあえず夜行便なので、Wingのお風呂に入る。
 いやー、CXはダイヤ様が減ったのかカバナも空いたねー。
 利用時間制限ができたせいかもしれないけれど。
DSC08068
 そしてPierに移動してアンガスビーフバーガー。おいしいよねー。
DSC08069
 デザートにクレームブリュレも食べちゃう。だって、この後機内食も食べずに爆睡する予定だから。
 やはり香港のラウンジ飯はPierのFラウンジが最強かな。まぁ、それでもオープン当初よりクオリティ下がってるんだけれどね。


さて、搭乗

 ギリギリまでラウンジ乞食をして、おなかを満たしてから搭乗!
DSC08070
 今回のゲートは45番、Pierからは微妙に遠い。
DSC08073
 コロンボ便はA33E。
DSC08074
 シーラスシートがありがたい。
 昔のBKKとかSINとか経由してた時代はリージョシートだったからね。1レグ1レグはそんなに長くなかったからなんだけど、コロンボタッチやってた頃は辛かった。
 香港から直行になったおかげで、BAのティアポイントが140TPゲットできるようになった。千歳まで行けばそっちも140TP。コロンボ発券千歳行きビジネスクラスで往復560TP。3往復すればBAゴールドだね。BA4レグが別に必要だけど。ただ、コロンボ発券もそんなに安くなくなったので今回でおしまい。安くなれば復活するかもだけれど。


機内食

 さぁ、みんな大好き機内食!
 とりあえず、食べないつもりだけれどメニューはチェックしよう。
DSC08078DSC08079
 おおっ!
 lambがある!
 CXのビジ飯のラムはおいしい!
 予定変更。食べるしかねーな。
DSC08080
 というわけで前菜から。
 いつも通りな感じだね。
DSC08081
 ラムキター!
 CXのラムはおいしいので、無理してでも食べる。
 それ以外はアレだけど。
DSC08082
 チーフル(チーズフルーツ)ステージへ。
 まぁ、チーズはもうおなかいっぱいなので食べなかった。
 フルーツはビタミン不足解消のためにも食べる。
DSC08083
 でも、甘い物は別腹~。
 Toffeeってなによ?って思ったけどバターと砂糖を加熱して作る菓子ということで、超こってり。


エビアンくれた

 今回のフライトは食べ物がキビキビしたスピードで出てきた。
 とにかくガーっとサービスして、とっとと寝ろー!みたいな。時間帯が時間帯なので、好印象。
DSC08084
 起きたらエビアン置かれてた。
 今まで金丸子でももらえず、ワンワールドエメラルドでもくれなかったのにー。
 初めてのエビアン。

 丸子改悪でダイヤ様が減ったのか、他社エメとかのサービスが良くなってきたよねー。
 丸子には戻らないけれど。


深夜のコロンボに到着

 眠い。寝たけど眠い。
DSC08085
 あー、またここに戻ってきたよ。
 荷物が不安だったので、一度入国してピックアップ。
 コロンボタッチは入国するしないに関わらず、ビザの申請はして置いた方がいいよ。Transit Visaなら無料だし。結果的に入国しなくてもいいわけだし。前日ぐらいに申請しておけば瞬時に来るしねー。ちなみにプリントアウトしなくても大丈夫だけど、不安ならスマホにPDF入れておけばいい。
DSC08086
 到着ロビーにShangri-laのブースできてた。そういえばスリランカにできたんだっけ。たしかリゾートだよね。コロンボにShangri-laできたら、行ってみたい。こんだけ行ってるけど、コロンボ市内に行ったのは1回だけだしね。
DSC08089
 そして、相変わらずところどころ壊れてる、到着便案内パタパタ。
 到着ロビーから出発チェックインカウンターに行くには一度外に出なくちゃいけないので外へ。
DSC08090
 南三陸ホテル観洋のみなさーん!おたくの使ってた送迎バス、今はスリランカで働いてまっせー!

 お久しぶりのCX!半年ぶりぐらいかな。
 CTSから飛んでBA140ティアポイントゲット!
 今年は特に集めてないけれど。


新千歳空港といえば

 新千歳空港と言えば政府専用機の基地だよね。国際線ターミナルからよく見える。
DSC07901
 今後ANAが政府専用機の整備やら何やらするらしいけど、機内サービスの研修もANAがやるのかな。そうすると「きゃびんあてんだんと、せっとすらいどばぁ!」って客室担当航空自衛官も言うようになるのだろうか。やべぇ、想像がひろがりんぐ。


チェックインカウンター

 新千歳空港はそれほど便数があることが想定されてなかったのかチェックインカウンターは島みたいになってなくて壁沿いにカウンターが並んでる。
DSC07902
 結構、ギリギリに戻ってきたのでチェックインカウンターはすでにガラガラ。
 チケットのマイレージ登録をフランクフルトの空港でQRがいじったときにおかしくなったのか、登録が変えられず結局マイレージ登録なしで搭乗。
DSC07906


セキュリティチェック

 もうゲロ混み。
 大量の中国系の人々。
DSC07903
 結構謎なフライトが表示されてるよね。
 でんでん太鼓ナッツリターン航空のチャーター便とか。


ラウンジ~搭乗

 ラウンジがヤバいくらいしょぼいぜ!
 多分国際線側ってラウンジ1つしかない。
DSC07904
 エサは確かこれだけしかない。
 下手したら国内線のダイヤモンドプレミアラウンジの方が色々あるんじゃないのー。
DSC07905
 ビールはやっぱりサッポロクラシック。
DSC07907



機内食

 というわけで飛んだよー!
DSC07911
 メニュー。
DSC07912
 前菜はホタテ。たぶん香港搭載だよねぇ。
DSC07914
 メインはチキンにしてみた。
DSC07915
 そしていつものフルーツ。チーズもあったよ。食べなかったけど。
DSC07916
 ハーゲンダッツで〆。

 この後はマイレージ登録ナシでビジネスクラスに乗っている客ってことでアンケートロックオン!
 CAさんが「ホントちょっとだけ書いてくれればいいんでー」といいながらアンケート渡される。
 いつも思うんだけど、アンケートの質問内容多すぎだよね。

 さて、乗継には時間があるので、ピアのファーストクラスラウンジへ。
DSC05361
 うーむ。何にしようかなー。
DSC05363
 やっぱりビーフバーガーにしちゃった。
 やっぱりおいしいのよねー。タマネギのローストがうまい。
DSC05366
 デザートでクレームブリュレ。これもおいしかった。
 香港はやっぱりピアのファーストクラスラウンジが一番だね。
DSC05367
 デイスイートで休憩。初めて使ったけど、空調が効きすぎてて寒い。
 個別で調整できればいいんだけれど……。
DSC05373
 目の前にはルフトハンザのA380がやってきた!
 乗ったみたいけれど、乗る機会がないのよねー。
DSC05375
 さて、出発でございます。
 ジャンボじゃないCX542。てっきり773Zが来ると思っていたら、77Wだった。
DSC05379
 というわけでシーラスシート。やったー。
DSC05381
 アップルデイリーをなんとなく読みながら、ウェルカムドリンクはキャセイディライト。なんか久しぶりに飲む気がする。
DSC05384
 ゲートから離れるとジャンボが3機仲良く止まっていた。写真には1機しか写ってないけれど。こいつらはどこにドナドナされていくんだろうか。きっとタイとかかなー。それとも解体かしら。

 アップルデイリー読んでたせいかなのか、CAから無言で外国人用入国セットをもらう。
DSC05395
 いやいやいやー。俺日本人だから。
 初めて外国人入国書類見たけれど、意外と質問項目少ないのね。
 タイとかもっと細かく書かされた気がしたけれど。
DSC05390
 うむ。エビか牛か、やたらと日本推しなチキンか。よし牛だ!
DSC05397
 とりあえず前菜の鮭が来た。
 いつも思うんだけど、そばって必要なのかな。なんか何が何でもそば載せなきゃいけないのかしら。
DSC05400
 なんかすごい寄ってきたビーフ。ちょっと火が通りすぎだったかなー。
 やたらと日本推しだったチキンはどんなんだったんだろう。
DSC05404
 というわけでいつも通りの快適なフライト。
 この便は便利なので、77Wになるとうれしいなーと思う反面、そのせいで席が取りづらくなるのも困る。
 しばらくは予約状況に応じて773Zが入ったり、77Wが入ったりみたいな感じなのかなー。

 さー、帰るよー!
DSC05352
 高雄から帰るときはKA433が多いなー。
 たぶん空いてるんだろうね。前回ももKA433

 高雄空港で出国時に驚いたのが、外国人の出国が自動化されていたこと。
 しかもパスポートの読み取りも不要。ただ、指紋を読み込ませるだけ。
 いいねぇ。楽ちんだ。スタンプ集めの人たちには不評かもしれないけれど。
DSC05348
DSC05349
 ラウンジで一服。
 この真ん中に鎮座してるハムを挟んだフレンチトーストっぽいものが好き。
 台湾とか香港って、意外とパンがおいしいよねー。ねぎパンとかうまい。
DSC05350
 表示がバグってるぞー。
DSC05353
 今回はFなし機材なので、フツーのビジネスクラスシートでございます。
 まぁ、Fあり機材でも、CXで言うと長距離用ビジネスクラスのシーラスなんだけどね。
DSC05354
 NemoP氏風に写真を撮ってみる。
 さて、離陸して機内食♪
 飛んでる時間は1時間ちょっとぐらいなので、もうガンガンサービスしてくる。
DSC05356
 しめじって英語でもshimejiなのね。
DSC05358
DSC05359
 メインはチキンをチョイス。結構おいしかった。
 上昇中のシートベルトサインが出ている最中にドリンクとパンを配り終わり、離陸後20分ぐらいでビジネスクラスの食事は配り終わってる。とにかく仕事が早い、動きがてきぱきしてる。ドラ姐はよく働くなぁ。この辺はCXとちょっと違うなって感じがする。
 食べ終わったらすぐに回収。そうこうしているうちに着陸態勢へ。
DSC05360
 ボーディングブリッジが手形つきまくりだった。なんかホラーだね。

 夏休みが消費し切れていなかったので最後の一日を使って4連休。ただ、色々と激務だったので急遽休みが決定。世間では3連休スタートの朝、とりあえず発券作業から始める。

 消費しなくちゃ消えてしまいそうなアジアマイルがあったので、CX549-KA450の乗継で高雄まで、帰りも同じルートをビジネスクラスで発券。ホントはPYで発券したかったのだけど、空席表示がでてるのにエラーが出て何故か発券できなかったんだよねー。

 というわけで発券も終わって荷造りも終わったので、そのまま家を出発。

 早いけど、あらかじめアプリで搭乗券ダウンロードしてそれで出国。出国してから気づいたけど、大ディレイが決定してた。まぢかー。4時間半のディレイ。そうすると確実に今日中に高雄まで行けない。とりあえずCXラウンジで「どうなりますかー?」とQをだしておいてとりあえず食事する。
DSC05127
 あれ?お昼ご飯でもフレンチトーストが入ってる!やった!先週食べられなかったフレンチトースト食べよう!
DSC05125
DSC05126
 これって卵焼きでしょ?とよく言われるフレンチトースト。
 これ大好きなんです。一気にご機嫌になる。いや、別にディレイも楽しんでるので怒ってないんだけど。

 そして、ラウンジで提案してもらったのは香港でホテルを用意するので、翌朝の便で高雄まで行ってほしいとのこと。でも、この遅延時間だと香港で空港出られるのはおそらく1時頃。翌朝の便の1番は8時発だから遅くても6時頃ホテル出ることを考えるとほとんど寝られない。どこのホテルがでてくるのか楽しみではあるんだけれど……。
 というわけでこっちから色々と提案してみる。

 提案1
 こっちでJALの台北松山便を予約するので、今回の航空券をオールキャンセルしてマイルを口座に戻して欲しい。
 提案2
 チャイナエアラインの台北松山便もディレイしてまだ飛んでないので、この便にエンドースしてもらえないか。

 で、CXからは提案2でOKがでた。ただし、高雄までの交通費は出ないので、自腹が条件。
 (若干損した気がしなくもないけど)特にそれで文句はなく、むしろ初めてのチャイナエアラインに乗れるので楽しみ。
DSC05130
 というわけでホントのぎりぎりにゲートへ。ゲートで搭乗券をもらう。
DSC05131
 おおー。チャイナエアラインだ。初めてのチャイナエアライン。
DSC05133
 座席は古めな感じ。
 台北松山空港はある程度詰め込みが効く機材にしたいとかなのかな。
 ちなみにこの機材は台北松山空港ベースなので、本拠地の桃園空港には行かない模様。基本的にはTSA-HND-TSA-HND/HND-TSA-SHA-TSAっていうのを繰り返しって感じ。どっか経由で桃園の機材と入れ換えてるのかと思ったんだけど違うんだね。
DSC05135
 ウェルカムドリンクと何かのお菓子(食べなかった)。
 CAとかなんとなく日系ぽい感じがする。あんまりフランクさがない感じ。
 HND線だから?それともビジネスクラスだから?
DSC05138
 本日の機内食メニュー。
DSC05139
 ドリンクメニュー。
 うーむ、和食は地雷な感じがしなくもないので、洋食チョイス。
DSC05140
 チャイナエアラインってワンプレートなんだね。JALみたい。ただ、お皿とかがこっちの方が(若干)高級感がある気がする。いかにも効率悪そうな丸皿だしね。あとはデザートにケーキとコーヒーが出て終了。ボリュームは控えめな感じかな。
DSC05146
 というわけで初めてのチャイナエアラインは可もなく不可もなく。普通なフライトでございました。
 でもね、これ値段が安かったらすごいいいと思う。チャイナエアラインってたまに大安売りしてるし。

 さて、23時半高雄着が18時半に台北着になった!
 どこで泊まることになるか分からなかったので、まだホテルを取ってない。急いで予約しなきゃ。

 以前にCXのジャンボに乗るのもこれが最後だなーとか書いてたわけですが、一月しか経ってないのに乗っちゃいました。ごめんなさい。

 なんと帰りもTeppei101氏とオナ便ということで、一緒に空港まで。
 「実はFカウンター使ったことないんですよねー」
 「じゃ、使いましょう!」

 というわけで初めてのファーストクラスカウンター。
 今まで使える資格があっても、別にねぇ、ビジネスクラスのカウンターそんなに混んでなかったからねぇ。
DSC04203
 というわけで、使ってみたらなんらビビることないんだけどね。
DSC04202
 左のモニターには何が表示されるんだろう。

 その後、手荷物検査を通過して、出国。WingのFラウンジへGO!
DSC04204
DSC04206
DSC04207
 お風呂にも入ったよ!(Teppeiさんとは一緒に入ってないよ!)
DSC04210
 Nice Gateの2番!Wingから近くてうれしい。
DSC04211
 やっぱりジャンボって美しい!
DSC04212
 先月はエコノミークラスだったので、今回はビジネスクラスのアッパーデッキで。

 ウェルカムドリンクでシャンパンを飲む。
 出発が若干遅れたこともあって、CAがおかわりをつごうとして派手にぶちまけられる。
 そして、「機内は乾燥してるからすぐ乾くよ!」で拭かずに終了!あまりにもさっぱりしすぎていて笑った。
DSC04219DSC04218
 そういえば日本線なのに日本語メニューがなくなってる!
DSC04222
 前菜。なんか安っぽい、エビとタコとホタテ。
DSC04223
 うーむ。正直エコノミークラスの機内食って言われたらそうだねって言われそうな機内食。いやーちょっとしょぼすぎじゃあーりませんか?
DSC04225
DSC04226
 チーズはパスしてフルーツとアイス。
 どうもあのただただ酒とチーズを食べるっていうのが苦手。
DSC04227
 エンタメいじってたら気づいたけど、映画暗殺教室の説明文がおかしい。悲しいラブストーリーみたいな物語だったっけ?あ、いや悲しいラブストーリーではあったかもしれない。

 Teppei101氏がプレエコでプレミアムなサービスを受けている一方で、こちらはエビアンもなく平々凡々なフライト。
DSC04232
 羽田についたらTGのジャンボの横にイン。ジャンボ2機並んだねー。
DSC04234
 今度こそホントに最後のジャンボかな。

↑このページのトップヘ