FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:バングラデシュ

 いよいよ、空港から外に出る。
 未知なる国、バングラデシュ。


空港から車でホテルへ

 てっぺこりんに手配してもらった車で、ホテルへ行く。
DSC04206
 最初はさ、ラオスとかと変わんないよねー、なんて思ってた。
DSC04207
 だんだん道が整備されてない感じに。
 空港周辺はまぁまぁしっかりしているけど、突然舗装がなくなったりする。
DSC04218
 途中砂浜を走った。
 道路じゃないので、みんなで砂浜を自由に走り、追い越したりする。
DSC04219
 救命ボートがたくさんある。
 これ、絶対、解体してる船から持ってきて再利用しているよね。


チッタゴン市内へ

 いよいよチッタゴン市内へ突入。
DSC04222
 くっそぼろいバスが走ってた。
DSC04226
 車の量は半端ない。激しい渋滞。
 だけど、街としてはラオスとかの地方都市行ったらこんな感じ?
 派手な柄の自転車にくっついているヤツは、人力車なのか?
DSC04231
 線路を横切る。
 線路の上で井戸端会議してる。
 なんだかよくわからないけど、井戸端会議しているところをよく見た。
DSC04233
 一応、柱はコンクリートだけど壁は竹。これに壁を塗っていくのかな。
 非常に強度に不安を感じるけど、地震が無いからこれでいいのかしら。
DSC04234
 先ほどの人力車の巣を見つけた。
 移動手段はこれに乗るか、バスに乗るかしかないのかな。
 ……しらべてみたらUberもあった。チッタゴンUberあるんだ!
 車に乗れる層ってそれなりな層なのかね。安心かどうかは不明。
DSC04237
 でも、トゥクトゥクがこんな金網に完全防護されて走っているので、若干使うの躊躇するなぁ。

スポンサードリンク

ホテルに到着!

 空港からホテルまでそれほど遠くないはずだけど、色々渋滞などに巻き込まれて1時間半。
 ようやく到着。
DSC04246
 おおー、別世界だぜぇ。
 入るときには手荷物チェックもしっかりしていて、安全そう。
DSC04241
 部屋もちゃんとしている。
DSC04242
 水回りもちゃんとしてる。
DSC04245
 ただ、この巨大な吹き抜けを取り囲むように部屋があって、この吹き抜けのせいで冷房が効かなくて暑い。
 逆に言えばさすがオラの街一番のホテルだけあって、全てがちゃんとしてた。
 というわけで、ホテル前のケバブ屋に買い出しに行く。
 ケバブ屋の写真撮るの忘れた……というより撮る余裕がなかった。警戒してたから。
 もうね、帰りとかストリートチルドレンに囲まれるの。
 面白いのが、子供だからこっちが走り出すとかけっこ競争みたいになって、ケバブを盗ろうとするの忘れるのがワロタ。
DSC04244
 ビールを冷やして、一杯やる。
 酒が不自由な国で暮らすのはなかなか大変そうだったね。
DSC04247
 というわけで、てっぺこりんとお泊まり会をしたのでした。
 仲良くJALのスリッパ持参っていうね。

Last Update:2019/05/09

 ちゃらっちゃーちゃーちゃ、ちゃーちゃちゃーちゃーちゃー♪
 世界の喫煙所から、今日はバングラデシュ、チッタゴン空港(シャーアマーナト国際空港)からお送りいたします。

 つーか、この記事、需要ないよね。


バングラデシュ第二の都市チッタゴン

 バングラデシュ第二の都市とされるチッタゴン。
 バングラデシュで最も清潔な街らしいよ。

 ちなみに2018年にChittagongからChattogramに街の名前が変わったよ。


バングラデシュは機内にマッチ・ライター持ち込み禁止

 バングラデシュは機内にマッチ・ライター持ち込み禁止。
 でも、ライターを手荷物に入れたまま検査しても通る
 知らなかったよ。行きはそのまま通れちゃったからさ。

 でも、チッタゴン空港では荷物検査で因縁付けられた。
 あと、5,000ドル以上持ってるから没収するとか言われた。
 5,000ドルも持ってるわけねーだろ!
 英語があまりわからないフリして「No, Under 5,000USD!」なんて連呼してたら通してくれた。

スポンサードリンク

チッタゴン国際空港喫煙所

 まずは建物に入る前、車寄せの部分にある喫煙所……というか灰皿。
DSC04251
 これは国内線、国際線利用可能だよ。
 次に、イミグレを通過して手荷物検査の前に、売店と謎のイスが置かれた空間があるんだけど、そこにもある。
DSC04260
 このパタパタ案内板の奥に進む。
DSC04259
 外の空気がダイレクトで入ってくる喫煙所。
 ちなみに蚊もいる。
 一応、手荷物検査で、マッチやライターが本当に没収されるなら、最後の喫煙所のはず。
DSC04262
 だけど、手荷物検査の後、搭乗待合室にも喫煙所がある。
 これもパタパタの奥。
 ちなみにこの喫煙所で着火する手段は一切提供されていない。
 着火道具が一切ないはずにもかかわらず、なぜか存在する喫煙所
 私はすでにタバコを吸っている人から火をもらった。
 だけど、なぜかもちろんライターを持っている人もいる。
 チッタゴンの手荷物検査は厳しくて、全部開けさせられたのでライターも見つかった。
 おかしい。識者の方に聞くと、ライター取り出されてもそのままポケットにしまえばOKらしい。
 マジかよ、言ってることがよくわからない。でも、その人は確かにライターを持っていた。

 というわけで、需要がないであろう喫煙所記事でございました。
 あ、この記事を真に受けて大変なことになっても、責任は負わないからね。
 ライターやマッチを持ち込んじゃダメだよ!
DSC04269
 んじゃーねー。

↑このページのトップヘ