FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:コロ助

 さて。
 深夜のコロンボ。眠い。
DSC01263
 そんなコロンボですが、発着便は深夜もがんがん飛んでいる。
 たぶん到着地の時間とか考えると、そういった時間帯になるのかもねー。
DSC01264
 どうやらこの空港は日本の援助で建ったらしい。だからボーディングブリッジは新明和なのか。
DSC01266
 トランジットカウンターは人だかり。よかったー。BKKで発券しといて。
 今更、コロンボタッチする人なんていないと思うけど、BKKで帰りのチケットも出してもらうと吉。あ、今はBKKからCMBにCXは飛んでないや。
DSC01268
 今回はここに入場。スリランカ航空のファーストクラスラウンジ。
 この時はワンワールドエメラルド会員が入れたけど、現在(2016年3月現在)ワンワールドエメラルド会員でもビジネスクラス以上利用じゃないと入れない(エコはダメ)。
 なかは至って普通のラウンジ。特にファーストらしさという物はなかったなぁ。
DSC01267
 食べ物に謎の「JAPANESE CHICKEN SOUP」があった。
 あと、「TOFU MASALA CURRY」なるものもあった。TOFUって豆腐だよね。すげーな豆腐。
DSC01269
 というわけで搭乗。
 機内では熟睡モード。ここで積極的に寝ておかないと、後で辛い。
DSC01270
 降機前にメニューをチェック。
 インド式ラムトマトカレーがちょっと気になった。

 さて、この便はバンコク経由香港行き。
 BKKから別便で予約していたけど、直前に変更して同じ便でそのまま香港に行くことにした。チケット上は別セクターなので、いったんタバコを吸いに降機。トランジットゲートで出発側に移動して再搭乗。ちなみに、出口では香港行きの客が逃げ出さないように、ボーディングパスをチェックする人がいるので、ボーディングパスはすぐ取り出せるようにね。

 さて、ホテルベンガルベイのチェックインまで ヒマだ。
DSC01248
 というわけで、Magic Food Pointでマンゴースムージーを買う。55THB。
 これが後で大変なことに……。
DSC01256
 さぁ、今夜もがんばるぞー。
DSC01257
 何やら黄色襟の黒ポロシャツ軍団がいた。なんだろうこの人達。スリランカ系の人であるのは間違いないんだけど。しかも胸に「VIP」とか刺繍してあるし……。

 さて、機内食はメニューだけチェック。
DSC01260
 ガーリックローストチキンか、インド飯か。
 あれ?チキンはタイ料理なのかな?
 気にはなったけど、別におなか空いてるわけでもないし、とっとと寝ないと後が辛いので、食事はスキップして、アイマスクして就寝。
DSC01262
 やってきましたよ。聖地へ。

 眠いぞ!
DSC08158
 とりあえず仏様に挨拶しとく。

 BKKですでに帰りの搭乗券を発券してもらったので、特にTRANSITカウンターにも寄らず。
DSC08161
 スリランカエアがワンワールド加盟したおかげでここに入る権利ゲット。
 エメラルド限定ってことはファーストクラスラウンジ扱い?
DSC08162
 案内が出てたけど、こっちはビジネスクラスラウンジかな?
 行ってみたけど、さっぱりどこにあるのかわからなかった。

 しかもラウンジの名前が紛らわしいよね。
 ファーストクラスラウンジ→Serendib Lounge
 ビジネスクラスラウンジ→Serenediva Lounge

 ただ、あんまり時間も無かったので中には入らず。
DSC08164
 さぁ、ホテルベンガルベイ後半戦。
 僧侶の優先搭乗があってから、搭乗。

 色々と限界だったので、サービスオールスキップで爆睡。

 さて、今宵のホテルである「ホテルベンガルベイ」へチェックイン。
 ゴールデンウィークと年末年始の恒例行事。
 さぁ、コロンボいくぞー!おー!
 飛行機2連泊だ!がんばるぞー!おー!
 荷物も預けてきたので手ぶらで搭乗。
DSC08153
 日本時間で深夜1時発。到着は日本時間朝4時ぐらい。
 もうしんどい。
DSC08155DSC08156
 とりあえずメニューだけ見た。
 タイ飯かインド飯。いずれにせよ食べる気が起きないのでサービススキップ。
 以前、タイカレーかインドカレーかの2択だったけど、それよりはマシな感じかな。

 つうわけで、迅速に寝ます。
DSC08157
 久々に来たよー。

 さて、ホテルベンガルベイ後半戦。

 参考

 とにかく、寝ないと次の日辛いのは分かってるのでがんばる。
 ラウンジで軽くまったりする。だいたいラウンジの客に日本人がいるのが不思議。
 みんな、コロ助(コロンボタッチ)してるのかしら。
DSC05070
 さて、寝ます!

 起きたら着陸寸前。「水いるか?」と聞かれたので、ありがたくいただく。
 タイに入国して、荷物をピックアップ。そのままCXのカウンターでドロップする。

 さぁ、朝ご飯食べよう。

 さて、今宵のホテルである「ホテルベンガルベイ」へチェックイン。

 参考

 年末にやったのと全く同じことをする。
 ちょっと違うのはBKK-CMB-BKKと飛んだ後、休憩を入れてそのまま香港に飛ぶこと。
 最初、BKK-CMB分しか搭乗券をくれなかったが、「また戻ってくるから搭乗券ちょーだい」って言ったらCMB-BKK-HKGまでくれた。
 荷物をこの時点で預け入れてしまうと、CMB往復して本当に荷物が積まれてくるのか不安だったので、出発カウンターの近くにある手荷物一時預かりに荷物を預けてしまう。
DSC05069
 というわけで、ご飯も食べたし、ラウンジでも軽くつまんで、おなかいっぱい。
 お酒も飲んで寝る気満々。

 というわけで、飛んでベルトサイン消灯したら、すぐに座席を倒して寝る。
 深夜のコロンボまでぐっすり眠りましたと。

DSC03993
 やってきましたよ。深夜のコロンボ。
DSC02096
DSC02097
 こんな仏像があったり(写真を撮るときは色々決まりがあるので気をつけて)、聖地のカウンターがあったり(古い写真なのでないけど、このときはビジネスクラスカウンターができてた)。普通の人はここのカウンターで帰りの搭乗券をもらうはずです。パスポートを預けて10分待てというどきどき運用のはず。

 免税店は営業してるけど紅茶屋のねーちゃんは爆睡してたり、なかなか自由な感じ。喫煙所はたしかスリランカ航空のラウンジの近くにあったはず。
DSC03994
 というわけで再び飛びます。

 実は前の便とこの便にはCX業界で超有名なブロガーさんが乗っておりました。

 こんな記事とかこんな記事とかで出演させていただきました。

 帰りは結構満席。時間も時間で眠いからサービスオールスキップ。ぐっすり眠りましたとさ。

さて、今宵のホテルである「ホテルベンガルベイ」へチェックインです。っていうか飛行機で一晩すごしてバンコクに帰ってきます。しかも夜中に起こされるサービス付きというね。

 所謂、コロンボタッチとかコロ助とか呼ばれてるもので、何をしているかというと、コロンボ発日本行きのビジネスクラスチケットがそれなりに安く(円高時で10万円ちょっとぐらい)、一年間有効なので、それを使って旅行しているのです。今は日本円換算でちょっとお高くなってるけど。
 というわけでコロンボに出頭しなければならず、コロンボ便は当時(※)BKKかSINから合わせて一日一往復なのでコロンボに宿泊しない限り、同じ飛行機で折り返すことになります。

  ※=2014冬ダイヤからBKKまたはHKGから合わせて一日一便

 というわけでスワンナプーム国際空港のチェックインカウンターへ。
 前に並んでいたJAL DIA様の日本人男性もコロ助のようで、バンコクからコロンボ往復の搭乗券2枚ゲットしていた。というわけで、私は「同じように」と言うだけだったのでらくちん。ここがキモで、帰りの搭乗券をもらいそびれると、コロンボ空港でトランジットカウンターに並ぶ羽目になります。
DSC03985
 ビジネスクラスなのでプレミアレーンで荷物検査と出国手続きを終わらし、CXラウンジに行くと見せかけてJALのサクララウンジに行きます。CXラウンジは短距離向けでシャワーがないので、シャワーを使いたければJALサクララウンジにあります。あと、ここのラウンジのメリットは「オヤジの楽園」なので喫煙室があることと、ちょい微妙な日本食が食べられることでしょうか。
DSC03987
DSC03989
 というわけでさっぱりして、搭乗ゲートへ。ゲート前は明らかに他の東南アジアとは違う人種の人々の塊でございました。アジア人が浮いちゃう。CXだからアジア人の搭乗客が多いのかと思ったら、スリランカ人が強い。
DSC02100
 搭乗してリージョナルの座席に座る。これが今宵の宿でございます。なんだろね、もっといい座席を入れて欲しいよね。
DSC03991DSC03990
食事メニュー。衝撃のタイカレーかインド式。インドのはどうせカレーだから、カレーしか選択肢がないこの便。なので、メインはスキップ。野菜とデザートとパンを食べて就寝することにする。

↑このページのトップヘ