FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:カオマンガイ

 特にしたいこともないので、ご飯食べたばっかりだけれど、ご飯を食べよう。

シンガポールと言えばチキンライス

 と言っていいのかどうかわからないけれど。
 チキンライスってケチャップチャーハンじゃないよーって言わなくても、かなり浸透してきているね。
 タイだとカオマンガイ。シンガポールだとチキンライス。中国語では海南鶏飯。マレーシアだと……なんて言うんだっけ?
 鶏の旨味を良く引き出していて、この料理が私は好きなんよー。
 なんで食べに行った。


駅から近くてリーズナブルな値段の店へ

 まぁ、前にも紹介してるんだけどね。
DSC08110
 なんか肉骨茶で元気注入したのに、あんまり元気なかったので、駅から近くてリーズナブルなラッキーチキンライスに行くことにする。オーチャード駅から徒歩数分。フィリピン出稼ぎお手伝いさんの巣窟ラッキープラザの#2-110にあるよー。


チキンライスはスチームかローストの2種類

 チキンライスは大きく分けてローストかスチームか。
 まぁ、たぶん英語ができない日本人が行くとロースト?スチーム?って聞かれると思う。
DSC08112
 その他、色々とメニューアルので詳しくは上のメニュー参照。


今日はロースト

 鶏を見ながら悩む。
DSC08113
 まぁ、遅い時間に行くと売り切れのことが多い、ローストにしよう。
DSC08111
 ローストのチキンライスはSGD4.8。安いねー。タイで食べた方がもっと安いけど。
 このお店はチキンにかかったソースが好きなんです。私好みの味。

 ん、ただ色々なところでチキンライスを食べてきたせいか、味が変わったのか、それともちょっとお疲れのせいか、ちょっと味がいまいちだった。基本ロースト好きだったんだけれど、次はスチームにしよう。

 タイ~マレーシア~シンガポールあたりに行くなら海南鶏飯・カオマンガイ・チキンライス(全部ほぼ同じ料理)が食べたいよねーってことで行ってみた。位置的にタイとシンガポールの中間なんだからおいしいに違いない!


Kuala Lumpurでチキンライスの有名店らしい

 チャイナタウンの超有名店。名物はチキンライスとチャーシューらしい。
DSC06805
 席までちゃんと案内してくれるのでそれなりにちゃんとしたお店っぽい。食べるものによるけど、メニューを見てもそれほど高い店ではないよ。
DSC06806
 メニューに日本語が載っていてビックリする。
 基本的には指さし注文でOK!スチームかローストかというのは口頭で。


迷ったら両方食べよう!

 先ほど、チャーシューを食べたばっかりだけど、やはり名物と聞くとチャーシューが気になる。
DSC06807
 というわけで、スチームチキンとチャーシュー盛り合わせ7.3RMと油飯1.5RMを頼んでみた。
 ローストチキンは売り切れということなので諦める。
 んで、食べてみた。でもね、フツーだった。うん。そんな感想なら書かない方がよかったかな。特筆すべきおいしさってわけでもないし、まずいってわけでもなく。少なくともチャーシューは冠記の方がおいしかったかな。
 どうしてもクアラルンプールでチキンライスが食べたくなったら、リピートするかも。

 閉店時間ぎりぎりに行ったので、従業員が席を囲んでまかないを食べ出した。
 ローストチキンは売り切れって言ったくせに!うそつきー!ローストあるじゃん!まかないって余り物を食べるんじゃないのかよー。

 台湾の港町である基隆にやってきた。
 今回、基隆に宿泊。実はここで泊まるのは初めて。

 ホテルに荷物を置いて、お散歩に出発!
DSC06304
 かなりでかいクルーズ船が入港中。ちなみに夜遅くに出て行った。
 元・ハマっ子(現・湘南ボーイ)としてはやはり港町は好きだ。あの独特の雰囲気がいいよね。
DSC06306
 台湾ではかなり珍しい方向幕のバスを発見!台北から走ってるみたいだけど、今まで一度も見かけたことなかった。台湾でLEDじゃないバスってかなり珍しいと思う。台北では松江路と新生路を走ってるみたい。まだまだあるんだねぇ。ラッシュ時7.5分毎、それ以外も15分毎に走っているのでかなりの本数。台北~基隆間のバスっていろんな会社が走らせていて、それぞれとんでもない本数運転している気がする。日本だとあんまり考えられないね。東京~横浜間にとんでもない本数のバスが走っているようなものだね。
DSC06313
 そして街で見かけた大丸子。ちびまる子=小丸子なので、これはでかまる子か。
 そんなぶらぶら途中で見つけたお店。
DSC06314
 おっ!海南鷄飯(=シンガポールチキンライス=カオマンガイ)が食べたいぞ!
 というわけでサクッと入店。
 注文はもちろん海南鷄飯。TWD85なので安い!
DSC06317
 なんかやたらと台湾ナイズされた海南鷄飯が出てきた。特にまわりのおかず。
 チキンがプリプリで骨もなく、フツーにおいしい海南鷄飯だった。まぁ、基隆行ったら必ず食べるべき!って言う物ではないけれど、食事に変化球入れたいときはいいね!
DSC06318
 ちなみにメニューはこちら。檸檬魚飯もちょっと気になる。基本的にはタイ料理屋が台湾化したお店っぽい。


○注文と会計の仕方

 入口のレジで注文と会計(英語は当然通じないので筆談)
  ↓
 レシートをもらう。
DSC06315
  ↓
 とりあえず席に座る。
  ↓
 レシートに番号が書いてある(これだと0249)ので、一番奥のキッチンで番号が表示されたら取りに行く。
  ↓
 スープと箸やスプーンは真ん中の壁側にあるので自分で取りに行く。
  ↓
 席について食べる。
  ↓
 ウマー

 次のフライトがGoogle Nowによると1時間ちょっと遅延する模様。
 空港ホームページでも遅延と表示。でも運航会社のホームページではオンタイムになってるぞ!

 とりあえずGoogle Nowを信用することにする。
 ということで、お昼ご飯を食べる時間ができた。

 色々考えた結果、電車で行けるカオマンガイ屋さんに行くことにする。
 BTSサパーンクワーイ駅から徒歩2分程度。ホントにすぐの場所にある。
DSC04029
 吊られたチキンが目印。
DSC04026
 こんなお店。地元感炸裂だわー。
DSC04027
 メニューはこれ!さっぱりわからないよー。
 というわけでバンコクナビのホームページの写真を見せて、これとこれ!って注文する。
DSC04023
 というわけで、どーんと2皿。普通のカオマンガイと揚げた鶏肉のカオマンガイトーを注文。2つで80THB。安いねー。一皿120円(当時)!
DSC04024
 まずは通常のカオマンガイから。この全くパサパサ感がない鶏肉が素晴らしい!
 ごはんにもしっかりとスープが炊き込まれていて、タイ米特有のパサパサ感なし!これだったらいくらでも食べられちゃうね。
DSC04025
 こちらは予想通りの味に見せかけて、一緒に付いてくるタレがかなり甘めでちょっとビックリする。
 ご飯との一体感ということであればカオマンガイの方がいいと思うけど、こちらは歯ごたえがあって、これはこれでおいしい。

 そして一緒に出てくるスープは若干しょっぱいかな。でも鶏肉のダシが出まくったスープなので奥行きがある感じ。

 シンガポールのチキンライスに比べたら、まったく洗練されてないんだけど、それがいい。安いしね。
 ピンクのカオマンガイ屋に比べると……あっちは夜遅くまでやっているけど、こっちは早めに閉まる。けど、駅に近いのは便利。ピンクのカオマンガイ屋は電車の駅からはちょっとあるからねぇ。味もこっちの方が個人的には好き。



○関連ホームページ

 モンコン・ワッタナー(バンコクナビ)

 カオマンガイ(チキンライス海南鶏飯)が食べたい。

 というわけで有名な店に行ってみる。

 BTSのチットロム駅から歩いて1kmぐらい。暑いのでちょっとしんどい。

 やってきたのは通称ピンクのカオマンガイの店。
 なぜピンクかというと店員が全員ピンクのポロシャツ着てるから。
 渋谷にも支店がオープンしてたと思うけど、やっぱり現地で食べないとね。
DSC08176
 店員みんな黄色のポロシャツだった……。
 なんだかわっしょいわっしょいしてる。
DSC08177
DSC08178
DSC08179
DSC08180
DSC08181
 というわけで、だだだっと載せてしまったけど、食べたときの記録がない。
 ただ写真付きメニューがあって、簡単な英語は通じるのでそれで注文したはず。

 サイドメニューもおいしかったけど、カオマンガイもおいしかったよ。
 でも、シンガポールの方がやっぱり洗練されてる感があるよねー。


○関連ホームページ

 ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム(バンコクナビ)



↑このページのトップヘ