FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:エスプラネード

 同行者が来たことないと言うので来てみた。

 前回、ちょっと酷評しちゃってましたが。
DSC06067
 今回は二人だったので、カウンターではなくテーブル席だった。
DSC06069
 というわけで、オリジナルシンガポールスリングとスリング1887。
DSC06070
 ゆるーくバンド演奏を聴きながら。

 値段は結構いい値段で、それなりの格式高いホテルのバーで、でも結構(いろいろな意味で)緩い。ただ、ビーサンとか短パンで行くと断られるみたい。
 まぁ、感想としては前と変わらず、一杯飲むのもいいかもねー、という感じ。
 ちなみに食べ物頼むと、プラスチックのシェーカーもらえるそうです。まぁ、下のラッフルズホテルのショップで買える物ですが。

 カクテルで「シンガポールスリング」というと超有名ですが。

 そのカクテル発祥の地がラッフルズホテル(Raffels Hotel)のロングバー(Long Bar)でございます。
 超超有名スポットですが、行ってみる。
DSC04817
 ラッフルズホテルの建物。正門は別のところ。
DSC04818
 中庭ではビュッフェっぽい食事が取れる模様。
DSC04819
 2階に上がるとロングバーがあります。
DSC04820
 カウンターに座ると、ピーナッツがどん!
 食べ放題なので、ぼりぼり食べるといいです。殻は床に捨てるのがここの流儀。
 なので、店内に入ると、ピーナッツの殻を踏んで歩くことになります。
BlogPaint
 シンガポールスリング飲んだけど、撮るのを忘れた。
 結構いい値段します。どんなカクテルも作り方は仕事を見てる限り、基本雑な感じです。
 南国のバーなんで、まぁ、何か期待していくと「違うよ、これ」って感じになります。

 でも、「シンガポールスリング」というカクテルが生まれた地で飲むことに意義があるのです。
 というわけで、一回は行くといいんじゃないかな。

↑このページのトップヘ