FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:エコノミークラス

 自分ではそんなつもりなかったけど、実はとてもお久しぶりなJAL本体運航の国内線。
 あまりに久しぶりすぎて、自分でビックリしたわ。


千歳のダイヤモンドプレミアラウンジ

 さて、腹ごしらえも終わったので、ダイヤモンドプレミアラウンジへ。
DSC08140
 ラウンジのねーちゃんに許可をもらって、サクサクパイを食す。
DSC08141
 今は、新千歳でも食べられるのね。以前はサクサクパイ新千歳発とかいうちょっと違うヤツだったんだけど。
 それにしても、六花亭は新千歳空港に関しては直営店を出店しないよね。小笠原商店のお店でサクサクパイは売ってる。ネット販売でも小笠原商店は六花亭の商品のオリジナルセットとか販売しているし、なんか小笠原商店に恩があるのかしら。それとも、まだ六花亭が弱かった頃に結んだ契約が生きてるとか。
DSC08144
 さて、新千歳のダイヤモンドプレミアラウンジは伊丹に比べて、充実してた。
 ただ、このジンギスカンおにぎり、あんまりおいしくないよね。
DSC08145
 パンは伊丹よりかは全然良い。
DSC08143
 あとは味噌汁とスープ。
DSC08146
 大手四社プレミアムビールサーバー。やっぱりサッポロはクラシックだね。


さて、搭乗……その前に

 そろそろ搭乗するか……と思いつつ、いつも忘れてしまうことをやらないと。
DSC08150
 やるのはコレ!
 京急の自販機で切符を買うこと。
DSC08153
 この羽得2枚きっぷは、地方空港でしか売っていない限定きっぷ。
 泉岳寺(品川)または横浜~羽田空港間の乗車券が2枚セットのきっぷで価格はどちらも620円。通常であれば品川まで往復820円、横浜まで往復960円なので、かなり割引となるおとくな切符。地方空港でしか売っていないのはおそらく飛行機乗る前に京急に乗ることを確定させたいんだろうね。
DSC08149
 というわけで、搭乗でっす。
DSC08152
 JAL国内線で772に乗るのも結構久しぶりかもしれない。
 調べたら3年ぶり。JALは機材小型化しすぎじゃねー。
DSC08154
 行ってきまーす。

スポンサードリンク

到着

 都道府県シールをいつものJ-AIRの調子でドリンクの時に頼んだら、「後でお持ちしますわ」と言ってそのまま放置。あ、J-AIRだと二人しか乗ってないからあらかじめ二人分セットされてて、ドリンクの時に言えばすっと出てくるけど。大型機材は違うらしい。
 ちなみに、すっかり忘れられたのかと思っていたら降機の時に「2枚しか集められませんでした。申し訳ありません」って言われながら2枚もらった。なんか、こっちが申し訳なくなったよ。別に1枚でいいんだよ。君のがもらえればね。別に集めてこいなんて言ってないよ。
 んー、なんだかねぇ。やっぱりJ-AIRのノリが好き。
DSC08156
 てっぺこりんの家の安全を確認。
DSC08158
 D滑走路に着陸~。
 そういやD滑走路に着陸するのもあんまり経験がない気がする。

 さぁ、里帰りすっぺ。
 今まで里帰りは他の旅行との抱き合わせだったけど、今回は初めての単独での帰省。
 といっても実家には30分しかいないけどな。


というわけで、花巻空港

 さすがに、完全に顔を覚えられている気がしなくもない。
 怪しいBAゴールドで、国際線航空券でいつも搭乗する謎の人物なんて私ぐらいだろう。
DSC08116
 せめて成田便飛ばしてくれないかなー。
 海外出張族とかいないのかなー。デカいトヨタの工場とかあるんだけど。
 でも、工場の人は海外に出張しないか。
DSC08118
 早朝からやらかしてるFDA。
 いったい何があったんだろう。
DSC08120
 いつもの通りのJAL2830便で千歳に向かうのです。


搭乗

 さて、搭乗。
 優先搭乗は4名ほど。
DSC08122
 優先搭乗一番乗りの客にはJ-AIR名物、CAさんと同伴搭乗で当たり障りのない会話が楽しめます!
DSC08123
 もうね、座席の写真は飽きたよね。
 うん、俺も飽きた。
DSC08124
 というわけで離陸でやんす。

スポンサードリンク

千歳に着陸

 いやぁ、短距離だからあっという間に着いちゃうよね。
DSC08128
 飛ぶ飛ぶサギだと思ってたらホントに飛んだエアアジアジャパン。
 その節は大変失礼しました。
 特に面白くない、どころか何も発生しないフライトでございました。
DSC08131
 とりあえず指定・許可車以外駐車禁止のところで立憲民主党の車が堂々と止めてるのをウォッチング。
DSC08136
 そして豚丼屋でチーズをのっけて食べましたとさ。

 さて、岩手にかえっぺよ。


難波からはバス

 さて、難波まで出たのでそのまま伊丹空港リムジンバスへ。
 バス乗り場もそんなに遠くないし、関空伊丹のリムジンバスより安いし、本数も多い。
DSC08068
 難波に関して言えば、伊丹空港からはリムジンバス一択だなぁ。
 本数が多い、そんなに高くない。電車で行こうとすると、蛍池と梅田での乗換がめんどいのと、御堂筋線の混雑にげんなりするし。特に伊丹空港方向であれば、すぐに高速に乗るから速い。
DSC08069
 それほど混んでない状態で出発~。


伊丹空港は工事中

 さて、伊丹。難波から30分で到着。渋滞がなければ速い速い。
DSC08070
 羽田空港が不穏な雰囲気。
DSC08071
 まだパタパタがあったよ(もうなくなったよ)。
DSC08073
 エメラルドなのでこちらから入場。
 とことこ歩いて元サクララウンジの仮設ダイヤモンドプレミアラウンジへ。
DSC08074
 まぁ、すでに何の価値もない情報ですけれど。
DSC08075
 置いてあったパンがねぇ。
DSC08079
 あんまりおいしくない。
 これちょっとひどくねぇ?って感じ。
DSC08076
 ビールは4社均等に。
 羽田のダイヤモンドプレミアラウンジだと、キリンはハートランドだったりするけど、ここは一番搾りプレミアムだった。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗。
DSC08080
 出発口ではパタパタ現役。
DSC08081
 今回はコイツで飛びます。
DSC08082
 一応、座席の写真撮ってみたけど、もう飽きたよね。いつもJ-AIRだもんね。


機内サービスは茶菓子付

 離陸。
DSC08087
 日本列島の形をした島がある池を見ながら高度を上げる。
 この島、なんかだんだん手入れされてなくて、日本列島の形から外れていっている気がしなくもないんだけど大丈夫?
DSC08089
 花巻空港便は、岩手県が協賛しているのか茶菓子がつくことが多い。
 今日のお菓子は宮古のいかせんべい。なんとなくイカの味がする。
DSC08091
 裏から富士山を見る。


岩手に到着

 さて、戻ってきたよー。
DSC08097
 うん、この感じが岩手やね。
DSC08104
 到着~。
 隣には赤いFDAが駐機してた。

 やべぇ。本編が長く空いた。
 もうそろそろ1年の遅延になってしまう。
 頑張って取り戻さなくては。


帰りもLCC

 さて、帰りもLCCでございます。
 もう日韓線はLCCに乗るしかないよね。FSCは便数少ないし、LCCが死ぬほど飛んでる。

 というわけで釜山空港。
 町の中心部から地味に時間がかかる。
DSC08022
 早く着きすぎたので、空港のロッテリアに行ってみる。
 (日本以外の)マクドナルドみたいに自動オーダーの機械が入ってた。
 ……のに韓国語のみ対応という詰めの甘さ。きょどってたら店員さんが日本語メニューを持ってきて、オーダーの機械の操作も全部やってくれた。韓国のマクドナルドの機械は英語対応なのに、なんでこちらは韓国語だけなんだろうか。
DSC08025
 さて、チェックイン。
 丁度、発着便が少ない時間帯なのかガラガラだった。
 ここで、入国スタンプがねーぞーと突っ込まれる。いやいや、仁川はスタンプないじゃないですかと言うものの、4月の入国スタンプを見つけて、おまえはオーバーステイだ!とか言う。結局は仁川入国時のレシートが出てきたので事なきを得たものの、もし無くしてたらどうなってたんだろ。
DSC08027
 釜山国際空港自体はそれほど大きくない空港なので快適。
 全てがそれほど歩かないで済む。


さて、搭乗

 出発ゲートは7番。お、ボーディングブリッジから搭乗か?
DSC08033
 と思いきや、バスでございました。
DSC08034
 バスでドナドナされて、えっちらおっちら登って搭乗でございます。
DSC08039
 座席はこんな感じ。
 うん、LCCとしては普通な感じかな。

スポンサードリンク

到着

 いや、何もねぇし。
 Easter Jet何もねぇし。
DSC08044
 普通にド満で、飛んで降りた。それだけ。
DSC08052
 関空はちゃんとボーディングブリッジに付けてくれたよー。
 ホント、これ以上ないくらいの何もなさだった。

 まぁ、日韓LCCはピーチと韓国系がたくさん飛んでるけど、一番いいのはエアプサンかな?
 なんとなくだけど。機内食出るし。


関空からはラピートで難波へ

 関空からはラピート。
DSC08054
 なんか、関空トク割ラピートきっぷなるもの売ってる。片道一回券で当日販売可、ただし窓口のみの販売ってこれ何の意味があるんだろうか。そのまま券売機で売ったらダメなのか?わざわざ窓口で売るところが人件費の無駄遣いだと思うのだけど……。
 どうせだったら大阪メトロの初乗り券つけるとかおまけ要素を付けて単価を上げればいいのにね。まぁ、南海の場合いかに空港急行に乗せないのかが至上命題だから仕方がないのか。
DSC08065
 というわけでこのきっぷで1,430円が1,270円に。1割ちょっと安いのかな。
DSC08057
 さぁ、バブルの残り香がする電車で難波へ行きますわ。
DSC08063
 りんくうタウンの中国語名称って臨空城なのね。国泰城みたい。

 さぁ、飛ぶっぺよ。韓国へ。
 在日のえびちゃんが待つソウルへ。

伊丹から関空乗継

 いわて花巻空港利用者で海外に出る人には避けられないのが伊丹関空乗継。
 もちろん伊丹空港~関西空港間の直行バスを使うのが一番ラク。所要時間は70分、運賃は1,950円、本数は30~60分ごと。でもね、伊丹空港に着いたときには丁度出発してしまっていて、次の便は40分ぐらい先だった。
DSC07721のコピー
 というわけで、本数が多い難波行きに乗ることにする。
 こちらは所要時間30分、640円、20分ごとに走っている。難波から南海電車に乗ってもラピートで所要時間36分、割引チケットで1,270円(計1,910円)なので、都合がいい時間帯にバスがなければこのルートも充分にアリ。ラピート乗らなければ更に安くなって所要時間44分、920円(計1,560円)。まぁ、若干時間かかるけどありだよねぇ。
DSC07726
 ラピートに乗ると見せかけて、空港急行で行ってみる。だって南海電車乗りたかったんだもの。
DSC07731
 ちなみにバス降りてすぐの所にある金券屋で南海電車の時差回数券ばら売りを購入。空港バス乗降場と南海電車の駅は横断歩道渡る必要があるものの、それほど遠くないというかターミナル駅にしては近い。
DSC07728
 ボロいのが来るかと期待してたけど、そこそこ新しいヤツが来た。
 といっても登場してからもう25年ぐらい経ってるんだけどさー。
DSC07735
 空港急行はそれほど混まずに関空まで直行。
DSC07736
 JRと南海が同じ線路を走っているの萌え~♪


関空から初出国

 さて、関西空港駅。
DSC07743のコピー
 すげーな。外国人だらけだぜ!
 昔関空に行ったときはビックリするぐらい閑散としてたのにな。
DSC07744
 まぁ、中華系の人々も多いけど、一番多いのはやっぱり韓国人。
 関空~仁川で一日に25便も飛んでるんだもんなぁ。
DSC07745のコピー
 今回はティーウェイ航空。飛行時間なんて短いんだからLCCで充分。
 ピーチはどうだったか分からないけれど、日韓線の韓国LCCはだいたい受託手荷物が無料。きっと手数料取るとみんな持ち込もうとして収拾がつかなくなるんだと思う。LCCでかなり安い運賃で売ってるのに受託手荷物が無料なのはありがたい。4つしか窓が開いてないので、結構並んだ。

スポンサードリンク

ラウンジ金剛

 もちろんLCCなので、ラウンジはない。
 だけど、楽天プレミアムカードを持っているのでカードラウンジは使える。
DSC07756
 というわけで、買い物を終わらせてラウンジ金剛へ。
DSC07757
 もうね、超ゲロ混み。
 ザ・芋洗いラウンジ。
 まぁ、仕方ないんだけどね。カードラウンジだし。


搭乗

 さて、ゲートに移動。
DSC07754
 29番。シャトルからも近いし、喫煙所もあるし、ラウンジ金剛も近いという絶好のゲートから。
DSC07758
 特に面白みもないB737。
 さぁ乗るっぺよ。
DSC07759
 座席は別に普通。
 多少前後の間隔は狭いかもしれないけれど、特に問題はない。
DSC07760
 ほぼ満席の旅客を乗せて出発。


LCCだけど飲み物が出た

 日韓路線はLCCが何社もガチンコ対決しているので、サービスの差別化を図ろうとしているのか飲み物が出た。
DSC07761
 なんの飲み物だったか思い出せないけど、水か茶のはず。
 まぁ、なくてもいいと思うんだけど、どうせ人件費が一緒なら配っちまえって所なのかしら。
DSC07763
 機内販売カタログを読んでみる。
DSC07762
 なんかティーウェイ航空のキャラクターっぽいんだけど、なんかギリギリ。
 ちなみに口は「×」じゃなくて「Y」だよ。

スポンサードリンク

到着

 あっという間に到着。飛んでる時間って1時間半もないんじゃないかしら。
DSC07764
 隣国なだけあって、日本語表記充実。
DSC07768
 「貨物投下中!」
 まぁ、投げてるんだろうね。


空港鉄道でソウル駅へ

 さて、鉄道の駅へ移動。
DSC07772
 なんだかすごい広いけど、使ってるのは1面2線だけという謎の駅。
 先に来た各駅停車でソウル駅まで行くことにする。
DSC07773のコピー
 電車の中はLINEだらけだった。さすが韓国企業!でも、韓国でメジャーなのはカカオトークなんだっけ?
DSC07774
 車内案内表示も日本語対応やで。
DSC07776
 ソウルに向けて橋を渡るよ!

 さて、花巻空港から出発。
 今回の旅は「喪黒福造えびちゃんと行く韓国食い倒れツアー」なので、食って食って食いまくる所存也。


お久しぶりのJAL2180

 結構乗ってると思ってたんだけど、そうでもなかった伊丹行きのJAL2180。久しぶりに乗ります。
DSC07702
 この日のFDA初便はグリーンだった。
 乗る飛行機が降りてくるまで待とうかと思ったけど、この日は20℃で肌寒いので退散。
DSC07703
 さて、搭乗。
 J-Airに乗りまくっているせいか、シートの写真すらないやる気のなさっぷり。


良く晴れていたので空から見てみる

 航路上の天気は良くて、雲がなくて地上がよく見えた。
DSC07708
 この時岐阜の山奥で大雨が降っていたので、茶色い川の水を鑑賞。
 当然なんだけど、川によって結構色が違う。
DSC07710
 お、セントレア。
DSC07711
 おおさか東線の大きな構造物はできてるねー。こいつももうすぐ開業。
DSC07713
 着陸!CAさんが伝える温度が暑いぜ!

スポンサードリンク

難波へ移動するっちゃ

 出発時に写真が撮れなかったので伊丹で撮影。
DSC07717
 エンブラエルって、ホント小ぶりで小回りきくように飛んでいい飛行機よねぇ。
DSC07720
 今回は荷物を預けていたのでピックアップする。今回は荷物がちょっと多いのよねー。
DSC07721のコピー
 それではバスで難波に移動!
 難波に行くにはバスが一番安いしラクなのよね。

 さて、やっと帰る。
 仙台行き最終便は遅延!


蛍池から空港まで散歩

 さて、蛍池までご飯を食べに散歩して、食べ終わった後散歩して帰る。
DSC07635
 阪急電車やな。俺小さい頃西宮に住んでたんだけど、阪急電車が大好きだったらしいぜ!
DSC07637
 帰り道気になった店。お家カレーって……。
 きっと、家庭的なお母さんが作ったカレーみたいなのが食べられるのかしら。
 そして、玉子かけごはんと書かれた看板も謎。いったいどういう組み合わせなんだ。


551を買う

 備蓄食糧として551を購入。
DSC07642
 焼売は家に帰ったら冷凍しようっと。
 この保冷バッグ150円だったから買っちゃった。
DSC07644
 豚まんは速攻食べちゃう。温かいうちに食べないと。
 やっぱうまいよねー。皮がとてもおいしい。
DSC07646
 羽田便最終便の長蛇の列を見ながらラウンジへ。
 おそらく、これ優先搭乗の列。すごいねー。

スポンサードリンク

仙台行最終便は遅延

 最終便は遅延でございます。
DSC07649
 早く言ってよー。そしたら、梅田まで顔出せたかもしれないのに。
 理由は仙台空港悪天候。ITM-SDJ-ITM-SDJと飛んでたみたいなんだけど、最初の仙台空港着陸時悪天候で遅れた模様。それだったらすぐわかるじゃん!って思うけど、ぎりぎりまで伝えないのは乗り遅れ防止のためか。
DSC07648
 40分遅れで飛ぶよー。
 出発時刻の5分前に搭乗開始。まぁ、小さい飛行機だからなんとかなるんでしょう。
 これが羽田便だったら、もう超ピリピリしちゃう感じかしら。
DSC07650
 この便もアップグレードして1Aへ収まる。


門限オーバーで着陸

 結局、離陸したのは20時49分。伊丹の門限は21時なので、ギリギリやんか。
 機内では都道府県シールもらったよ。
DSC07651
 福岡と神奈川をゲット。
DSC07653
 仙台空港の運用時間は21時30分までなんだけど、それをオーバーして着陸。
 まぁ、門限がうるさいのって伊丹と成田ぐらい?成田も何が何でもダメって訳じゃないけど、伊丹は何が何でもダメらしいからなぁ。

 さて、今回は行ったことが無い空港に、どこかにマイルで行ってみようという企画なのです。


どこかにマイルでどこに行くのか

 どこかにマイルは往復6,000マイルで、あらかじめ表示された4カ所からJALが決めてくれて、飛べるというシステム。通常であれば近距離でも往復10,000マイル程度かかることを考えたら非常に破格。JALは人気がない路線にマイル客を送り込むことができるからハッピー、という素敵なシステム。
 やってみたかったんだけど、羽田に行くのがめんどいので諦めてた。しかし、伊丹発が追加されたので使ってみることにした。危惧するのは仙台から飛んで仙台戻りにされること。検索してたら仙台が結構な確率で出てきてさー。仙台(というか東北)が当初の4候補に選ばれていない回が表示されるまで何度も検索し直した。
IMG_20180622_235257
 候補は新潟・長崎・隠岐・鹿児島。新潟と隠岐は一度も使用したことがない空港なので、ここにあたったらいいなぁって思ってた。ただ、新潟って仙台からそんなに遠くないから、できれば隠岐キボンヌなんて思ってた。

 当然発表!
 「新潟」です!

 それにしても伊丹便の時間帯選択が3つしかないのは厳しいの。
 もうちょっと小刻みにできるとねいいんだけどね。羽田は細かく分かれてる。


伊丹の551レストランがなくなってる!

 さて、そんな伊丹空港。
 到着口出たところに551ができてた。
DSC07293
 今までANA側の端っこまでいかないと買えなかったから(正確にはJAL側売店でも売ってたけど商品が限られてた)、真ん中あたりで買えるようになるのは便利やなー、なんて思って、朝食を食べようとANA側まで歩いてたら551のレストランが閉店してた。まじかー。レストランなくなっちゃったかー。
DSC07298
 というわけで上記の551で豚まんを買って朝食にする。
DSC07299
 まぁ、安定のおいしさだよね。
 新幹線の中でも食べたいよね。

スポンサードリンク

前倒しでGO!

 さて、隠岐が入るように取った「どこかにマイル」航空券は時間帯がちょい遅い。そして、早い時間帯を選択すると隠岐が入らないし、伊丹に前日入りしなくちゃいけない可能性があるので選べなかった。でも、こういった場合、空席があれば当日前の便に変更ができるので、変更してもらう。
DSC07300
 というわけで本日16番ゲートから。
DSC07301
 写真がきれいに撮れないゲートだね。位置的に仕方ないけど。
DSC07302
 思いのほか優先搭乗の人がいなくて、一番乗り。
 今回はクラスJにアップせずおとなしく後ろに乗る。


離陸

 ドアを閉めて出発。
DSC07305
 お、伊丹にピーチ。
 整備工場は伊丹にしかないのかな。
DSC07307
 離陸して、阪神競馬場が見えた。
DSC07309
 そこからの日本列島っぽものがある池。
 ここの池さぁ、昔はもっと日本列島っぽかった気がするんだけど、なんか形変わってきてるよね。
DSC07310
 もう一回伊丹を見てから新潟へ。
DSC07312
 都道府県シールは佐賀ゲット!レアキャラと言われる佐賀!
 もう1枚は岐阜だった。
DSC07319
 佐渡島の横を通って、海沿いにある新潟空港へ着陸。
DSC07323
 到着~。初めての空港だから緊張するぜ。


ターミナル見学

 新潟空港はそこそこ便数があって、バスもそれなりに出ているので、ちょっと空港見学していくことにした。よくある地方空港の飛行機便に接続方式じゃないので助かる。
DSC07325
 というわけで出発カウンターのあたりをぶらぶら。
DSC07327
 お、ピーチ。
 関空新潟便って好調なのかな?
 昔みたいに特急雷鳥が直通するわけでもないし、新幹線も乗り換えあるし、そこそこ需要がありそう。値段次第だけど、下手したら東京行くより大阪の方が安いわな。
DSC07328
 国際線カウンター。
 FAT!ファーイースタン航空!
 未だにMD82とかMD83とか使っちゃってる遠東航空。
 乗ってみたいような乗ってみたくないようなそんな航空会社は唯一の日本便が新潟をチョイスするという渋さを見せる。
DSC07329
 国際線に飛んでないのにJALのカウンターの横には大韓航空が。
 そこそこの盛況だったよ。
DSC07330
 それではリムジンバスに乗って新潟駅へ。

 帰りはスカイマーク高いからaviosで取ったJALニダ。
 いや、逆だ行きがaviosで取れなかったからスカイマークにしたんだった。


おなじみの伊丹

 さて、阪急からモノレールに乗り換えて伊丹空港着。
DSC06489
 この昭和なビルはいつまで使うのかねぇ。
 神奈川時代はほとんど使わなかった伊丹空港。だって新幹線の方が便利じゃん。小田原から新幹線乗れるし。やはり膨大な本数あると新幹線になっちゃう。まぁ、使ってたのは2時間に1本の小田原停車ひかりだけどな。本数がーとか言っておきながら伊丹便の便数より全然少ねぇwwww。
 岩手に来てからはよく使う伊丹空港。
 だって、東京行くより速いんだもの。値段はavios使えば激安だし。
DSC06490
 というわけで仙台に帰りますよ。
DSC06491のコピー
 まだまだパタパタ式(ベストテン式)が現役。ベストテン式って言って若い人わからねぇな。
DSC06492のコピー
 なんか新しいレーンができてた。
 これ時間短縮になってるのかね。
 よく分からんけど、OKとNGが自動で振り分けられるだけのように感じられるのだが。


ラウンジは仮設

 伊丹空港はダイヤモンドプレミアラウンジ改修中。
DSC06493
 なのでサクララウンジがダイヤモンドプレミアラウンジになって、サクララウンジの客は通路を仕切っただけのラウンジに封じ込められるようになった。
DSC06494
 ドリンクは全てペットボトルに。うん、持って帰りやすいね。スーツのポケットパンパンにしてね。
 まぁ、真面目な話ペットボトルの水はどこも常備して欲しいし、1本ぐらい機内で飲む用に持ち出してもいいんじゃないかと思う。なーんか日本のラウンジとかだとあんまりないよねぇ。持ち帰り警戒なんだろうけど、出る客に気づいたら手渡しすればいいんじゃね?
DSC06495のコピーのコピー
 あれ不思議なんだけどさー。伊丹空港のラウンジって不機嫌な顔してる人が多いのなんで?
 サクララウンジが使えなくて、こんなラウンジに入れられたからみんな不機嫌なの?
 羽田便が飛ぶとスゴい空く。すぐに次の便の客が集まってくるけど。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗すっぺ。
DSC06498
 幹線の羽田便ではないので、端っこのゲート。とはいえこれでも近い方。
DSC06505
 今日もド満席。伊丹仙台って結構な便数飛んでるんだけど、737にしてもいいんじゃない?多少便数減らして。朝晩2往復ぐらい737でいいと思うんだけどね。でも、エンブラエル。
DSC06507
 というわけで順調に定時出発。バイバイ大阪。
DSC06509
 こうしてみるとホント大阪って水の都よね。


特筆すべきことがないまま仙台着

 もうね。国内線で書くことなんてないよね。ホント。
DSC06517
 水田に水が張られて、美しい状態なぁなんて思いながら、仙台空港着。
DSC06520
 無事に到着であります。
DSC06521
 隣にはスターウォーズの飛行機がおったで。
 これなんだろ、那覇から来た便かな。

 むしゃくしゃして乗った。どこでも良かった。後悔してない。


お久しぶりのスカイマーク

 どこでも良かったので前日でもそこそこ安く取れて、今まで一度も利用したことがない空港に飛べるということで、仙台発神戸行きの便を運航しているスカイマークにしてみた。
 当ブログ初登場となるスカイマーク。
 以前乗ったのはJGCとかになる前だから……いつだろ、7年ぐらい前かな。
 カテゴリもどうするか悩んだけど「ANA系」ではなく「その他の航空会社」にした。
 ANAの言うこと一切聞かない子だからね。羽田枠が欲しいからスカイマークを手に入れるために、禁断の果実(A380)に手を出したが、結局は言うことを聞かない子になったスカイマーク。ざまあみろ。


早朝ドライブして仙台空港

 いやー、遠いよ。
 早朝から3時間ほどドライブして仙台空港へ。
DSC06223
 ホント遠い。でも、使えるレベルで便が出ているのは仙台空港になっちゃう。
 国際線は台北、仁川、上海だけで、しかも曜日運航便ばかり。国内線はともかく国際線は使いづらい仙台空港。
DSC06224
 まだまだ現役だったときのパタパタ。
 この後、ターミナル増設工事が進捗してお役御免になったはず。

スポンサードリンク

アップグレードする

 自動チェックイン機で搭乗券を出力。
DSC06225のコピー
 出てきたのは、中央の席。
 あれ?こんな席、おれ指定してたっけ。そもそも指定してなかったんだっけな。
 さすがに中央席はイヤだなぁと思っていたら、カウンターにこんな表示が。
DSC06226
 お、1,000円でバルク買えるのか。
 よし、買ってみよう。
DSC06227のコピー
 どうせスカイマークに乗る層は、あんまりアップグレードしないと思われるし、スカイマークでアップグレードしたことがないのでやってみた。それにしても「足のばシート」ってネーミングどうにかならんのかね、って思ってたら名前が「フォワードシート」に変わってた。前方座席に座れるだけでなく、機内での水や優先搭乗や荷物優先返還などのベネフィットも付く。
 ちなみに、足のばシート買ったのは私を含めて2人ということで、1列独占が決定。


搭乗

 さて、ギリギリの時間に着いていたので、そのまま手荷物検査を受けて搭乗。
DSC06229
 毎度おなじみ738。スカイマークもなぁ、なんで大きい機材に手を出しちゃったんだろうなぁ。
 738でやっていけば充分に儲かる会社だったのにね。
DSC06232
 さて、搭乗しまっす。
DSC06237
 バルクシートなのでエコフラは不可能。
 確かに広い。当たり前だけど。
DSC06239
 各座席にはコンセントが付いてる。
DSC06240
 ちなみにABC側よりもFGH側の方が壁までの距離が長くて、広い気がする。
DSC06241
 お隣はピーチですな。
 それでは行ってきまーす。


機内サービス

 あまりにもお久しぶりスカイマーク過ぎて色々観察。
DSC06244
 安全のしおりとタブレット操作説明書。
 タブレットってなんだっけ?なんか足のばシートの人はただで借りられるって感じだった気がするけど、別にインターネットに繋がるわけじゃないので借りず。
DSC06247
 お、機内誌は丁度神戸が特集。
 そうだよねー。神戸空港はスカイマークの根城だからね。
DSC06246
 スカイマークはドリンクサービスが基本的に有料なんだけど、小さいペットボトルの飲み物が100円っていうのはいいよね。ドリンクサービスはないけど安価で提供という方針は昔からやってるけど、結構好き。
DSC06258
 というわけで足のばシート特典の水と、全員タイアッププレゼントのキットカットをゲット。
DSC06257
 飛行機は猪苗代湖を見ながら飛ぶ。

スポンサードリンク

着陸

 さて、初めての神戸空港。
DSC06267
 明石海峡大橋の真上を通過。
 高度を下げて着陸。
DSC06272
 おおー、神戸空港や。
 他のスカイマーク機もおるなぁ。


神戸空港をちょっと探険

 出発では使わないので、出発側をちょっと探険。
DSC06275
 ANAだね。
DSC06276
 そして他では隅に追いやられている(というか家賃が安いから隅にいる)スカイマークのカウンターが神戸空港では堂々と設置。そりゃそうだよねー。神戸空港で一番便数が多いのはスカイマークだからね。
DSC06273
 屋上の見学デッキにも行ってみた。
 うん。教科書のような写真がきれいに撮れるね。
DSC06280
 おおー。確かに神戸や。


ポートライナーで中心地へ

 さて、神戸に行きますか。
DSC06281
 隣の駅はコンピュータの前や。
DSC06282
 さて、神戸では何しようかな。

↑このページのトップヘ