FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:エコノミークラス

 さて、帰るよー。
 今日は千歳からのエクストリーム出社だ!


極めて寒い千歳からスタート

 真冬の北海道でこんなに朝早くから活動したのははじめて。
DSC04174
 まだ6時台。薄暗いぜ。そして寒い。
 夜の間にちょっと積もったかな。
DSC04173
 ホームからの階段は風除室付。北海道の厳しい寒さと雪を物語ってるよね。
DSC04175
 というわけで、今朝はレアな普通新千歳空港行きでGO!
 普通電車の新千歳空港行きは早朝のこの1本と夜間帯にしかない。


新千歳で雪が降ってきた

 というわけで、新千歳空港到着。
 もちろん最後のワンワールドエメラルド期間なので、ファーストクラスチェックインからのラウンジ直行。
DSC04178
 朝ご飯食べるぜ!
 ホテルを出て千歳駅までの間は雪が降っていなかったけど、少し雪が降ってる。
 外では絶賛ディアイシング中。
DSC04177
 まいてるなぁ。
DSC04182
 滑走路も除雪中。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、時間になったのでゲートに移動。
DSC04183
 本日は17番から。
 条件付き運航みたい。引き返しか、仙台空港連行の刑のどっちか。
DSC04184
 本日のおなじみ、エンブラエル。
DSC04185
 その下にはJASカラーの車がいた!
 JASがなくなったのって2004年だからもう14年も前だよ。どんだけ使ってるの!
DSC04186
 お隣ではスカイマークがディアイシング中。スカイマークもちゃんと自社で設備持ってるのね。
DSC04187
 お隣のJALのワンワールド塗装機材。これ777だっけ?こちらもディアイシング中。どこも大忙しね。
 エンブラエルと比べるとかなり機体が大きく見えるねぇ(実際大きいんだけど)。


プッシュバックと共に雪が……

 さて、ドアクローズのプッシュバック。
DSC04192
 急に吹雪になってきて、外はこんな状態。視界がなくなってきた。
 マジで?これで飛ぶの?
DSC04195
 そんな中着陸するエアアジアX。いやー視界が悪い中、降りてきたねー。ILSとか使えるのかしら。使えるから降りてこれたんだよね。
 これで飛ぶのか色々と心配になってたけど、ちゃんと飛んだ。


花巻は快晴!

 なんか、若干の不安はあったけどちゃんと離陸。
DSC04197
 いやー、視界悪いね。
DSC04199
 当たり前だけど、雲の上に出れば快晴。というか千歳を出たら海も見えるぐらいの快晴だった。
 窓には雪がびっちり。
DSC04206
 そして、花巻へ。
 うーん。雪だ。雪が積もっておる。
 なんか帰ってきた感がないねー。
DSC04207
 着陸!なんだったんだ、あの条件付き運航は。花巻の方が天気いいじゃないか。
DSC04210
 さて、そのまま出勤。
 いやー、東北も北海道も変わらない旅。雪に非日常感がすっかりなくなってしまったなー。

 さて、昨年はANAだったけど、今年はJ-Airで女満別へ。


とりあえず飯を食う

 新千歳空港は巨大な基幹空港なのでお店充実。
DSC03953
 とりあえず超有名店一幻でえびそばを食べる。
DSC03951
 確かにえび炸裂。この店が北海道ラーメン道場の中で一番混んでた。
 確かにえび炸裂だが……すげぇ並んで食べるほどかなぁ。
DSC03957
 その後友人と合流したので、松尾ジンギスカンのフードコート店へ。
 リッチにジンギスカンステーキ丼を食す。たぶん普通のジンギスカン丼でいいと思う。
 友人はANAで、私はJALで女満別にこれから飛ぶ。


ダイヤモンドプレミアラウンジ

 2月末までがワンワールドエメラルドだからね。最大限活用するよ。
DSC03947
 というわけで、ダイヤモンドプレミアラウンジへ。
DSC03960
 ハードリカーはバランタイン17年か。
 飲みたいけど、この後運転なのでぐっとがまんする。
DSC03959
 おにぎり二種とパン二種、それにJAL特製カレーパンがあった。
 窓からは飛行機の離発着がよく見えた。
DSC03963
 でんでん太鼓ナッツリターン水かけ姫航空だね。どんどん名前が長くなっていくね。
 ジャンボで飛んできた。数少ないB747-8旅客型入れてる会社だよね。コイツはB747-400だけど。
DSC03968
 梅台湾海峡空中分解那覇炎上航空もジャンボで飛んできてるねー。
 結構好きです、梅ちゃん。一回乗ったら昔のJALのようなねっちょり接客でしたけど。
 千歳はホントにジャンボ多いなぁ。枠が限られてるからみんなジャンボできてるんだろうか。一番枠が厳しいと言われる福岡空港とか、LCCがいっぱい飛んでるけど意味わかんないよねー。国内地方路線を除いて、ワイドボディー限定とかにすればいいのに。LCCは佐賀空港に飛びなさい!佐賀空港でもそんなに遠くないよ。便が多ければきっと西鉄バスが天神までバスだすよ。佐賀市交通局が横やり入れるかもしれないけど。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗。
DSC03971
 本日の優先搭乗は16名。結構多いな。
 札幌~北見・網走って輸送シェアどうなってるんだろうね。やっぱり鉄道がメイン?いや、自家用車か。飛行機が主流の区間じゃないからそりゃ上級会員率が高いよね。
DSC03972
 再びE170へ。


離陸

 さて、離陸。
 このフライトも雲が少なくて地上がよく見えた。
DSC03975
 これは形からすると屈斜路湖かな。
 とすると、千歳から東に進んでから北にターンして着陸するルートだね。
DSC03979
 北海道っぽい、光景が眼下に広がる中着陸。
DSC03985
 多少ディレイしたのと、羽田便が早着したこともあって、羽田便に抜かれた。
 荷物は同じ回転台でごちゃ混ぜに回したのでなかなかカオス。羽田便の普通の荷物が回る中、千歳便の優先荷物が回ってた。

 今年もアレに行くために北の大地へ。
 花巻から飛びますよー。


今年の冬はクソ寒い

 今年の冬はクソ寒いんですよ。ホントに。
 あなたが岩手の冬はじめてだからでしょって東京の人に言われるけど、そんな問題じゃないんですよ。
DSC03901
 空港行く途中で-14℃とか出てる。
 北海道なみじゃねーか。
DSC03899
 とりあえず気分をあげるためにセブンイレブンでちくわパンを買う。
 結構北海道テイスト再現してた。でもちくわパンは道民のソウルフードじゃないと思うよ。たぶん札幌近辺じゃない?北海道は広いから。でも近所のセブンイレブンは「岩手の味」ってPOP出してたけど、たぶん違う。


ちょっと早く着いたので空港見学

 ただただ寒いけど、天気は晴れ。
DSC03902
 んー。凍ってるね。
DSC03910
 展望デッキ入口に顔ハメパネルがあった。就航地ゆかりの人物(?)の顔ハメになってるけど、札幌だけおかしい。札幌だけ人じゃない。いや、大阪も機械だけどさー。
DSC03911
 ちなみに顔出し看板の極意が貼ってあった。恥ずかしがってはダメらしい。
DSC03909
 今日の朝一FDAはこいつでございます。常磐快速線色。ちょっと違うか。
DSC03917
 こいつは千歳から飛んできたヤツ。この後伊丹行きになります。
 花巻空港便は基本的に同じ路線で折り返すのだけど、朝の一便だけは違う路線で飛んでいく。一応、ほぼ同時刻にやってくるので、伊丹が飛べないとか千歳が飛べないってことがあっても、機材はあるので影響は少ないはず。

スポンサードリンク

搭乗して出発

 さて、搭乗。
DSC03919
 優先搭乗は6名。
 E70だと、扉を閉めた後「ドアモードをアームドに変更してダブルチェックをしてください」なのね。
 CAが2名しかいなくて前後に別れるから、相互確認できないのね。
DSC03922
 というわけで、ばいばーい。


機内から景色がよく見えた

 この日は雲が少なく、景色がよく見えた。
 花巻空港から千歳行きはA席がお勧め。
DSC03923
 離陸!
DSC03930
 岩手山。美しいねー。たぶん盛岡とかあの辺の人たちには岩手山が心のよりどころなのでしょう。
DSC03933
 十和田湖と後ろの方に岩木山。
 十和田湖の形がよく見えるね。
DSC03934
 ドリンクサービスの時にシールをもらう。福岡と鹿児島の九州コンビ。
 あと、J-AIRだとCAの似顔絵シールももらえる。この似顔絵シール何の需要があるのか不明。
 函館あたりは雲に覆われていて見えず。


着陸

 さて、着陸。
DSC03941
 苫小牧の工業地帯が見える。
DSC03944
 飛行機は滑走路へ。
 おおっ!
 なんか見慣れない機体がいる!
DSC03944_1
 HISがやってるなんちゃって航空会社、アジアアトランティック航空か!
 タイのチャーター乗り入れ禁止で日本にはしばらく来てなかった気がするけど、いつの間にか千歳に来るようになったのね。いつの間にか公式ホームページもできてて、チケットも買えるようになっているっぽい。昔はHISでしか買えなかったのに!
DSC03945
 というわけで無事に着陸できたのでした。
 さぁ、ご飯を食べよう!

 正男君が乗れなかったエアアジアで久々にマカオに行こうっと。
 エアアジアの機内食がなかなかおいしかったの巻。


チケットがとっても安かった

 エアアジア、チケット安いなー。
 今回KUL-MFMのエアアジアチケットは片道8,000円ぐらい。まぁ、これが安いか高いかは人々の判断になるけど、乗ってみた感想としては安いなって思った。しかも、これには預け荷物や機内食、遅延保険、座席指定まで付いてる。これらがなければ6,000円ぐらい。預け荷物料金単品で付けるのとコミコミ運賃の差が数百円だったので、コミコミ運賃にしてみた。
 それにしてもこんなに安かったら、到着すればそれでいい。


基本的にセルフチェックイン

 エアアジアはまずセルフチェックインする必要がある。
DSC03519
 この機械でチェックイン。日本語もばっちり対応してるよ。
DSC03518のコピー
 というわけでレシートのような紙に印刷されて搭乗券が出てきた。
 これを持って方面別に分けられたカウンターで荷物を預ける。
DSC03533
 そして、搭乗口へGO!
 それにしてもKLIAに比べてKLIA2は明らかに人が多い。

 この後、セキュリティチェックで、いろんな国のお金を持っていたので全部封筒を開けてチェックされる。今回の旅行の後半はどこに行くか決めてなかったので、考えられる限りの国のお金を持ってきてた。もしや、没収されるのか?とか思ったけどそういったことはなく解放。

スポンサードリンク

プライオリティパスラウンジでちょっと一休み

 プライオリティパスを持っていると、なんだかんだいってラウンジが使えるのが便利。
 KLIA2にもプライオリティパスラウンジがいくつかある。
DSC03537
 今回はサテライト側のこちらへ。
 入口がウェルネススパなので、ここでいいのかどうか不安になるけどあってる。
DSC03538
 まぁ、一応、餌はあるよ。その程度。


ゲートへ

 時間になったのでゲートへ。
DSC03540
 最初は結構天井が高い空港だなぁと思っていたけれど、途中のセキュリティーチェックポイントを過ぎると、なかなか天井が低い圧迫感ある設計に。
DSC03542
 ゲートはさきっちょのP19。
 ボーディング中って表示されてるけど、まったくそんなことなかったから。
DSC03545
 しばしイスに座って待機……だけど、このベンチ間隔詰めすぎじゃね?
 これ足と足ぶつかるよね。寝るにはそれなりによさげではあるんだけど……。
DSC03544
 どう考えてもボーディングタイム14時半って早すぎるし、できてないし。たぶんみんなを焦らせて早く集めようという魂胆か。結局搭乗できたのは15時頃。


搭乗~♪

 まぁ、ほどよい時間になって搭乗。
DSC03546
 本日の期待はA320neo。エアアジアのA320neoで最初に納入された機体みたいよ。
DSC03548
 座席はこちら。
DSC03550
 間隔はこんな感じ。確かに狭い。
 エコノミーの座席の快適さって座席間隔よりも座り心地だと最近思う。
 すわりが悪いイスだとかなり苦痛。私にとってバニラエアの座席はあんまり好きではない。
 座席は一列ブロックされてた!ラッキー。座席指定してたせいかしら。LCCって座席指定するとなんか隣とか開けておいてくれる可能性が高い気がする。まぁ、どうせ空席ならなるべく座席指定している人の隣を空けておけばさらに乗ってくれそうではあるよね。原価0のサービスなのでどんどんやったらいいと思うよ。
DSC03556
 というわけで行ってきまーす。
 あのサテライトとメインを結ぶ通路の下って飛行機が通り抜けられるんだろうか。
 結構高い位置に通路が設置されてるのよね~。

スポンサードリンク

機内食

 さて、機内食。今回のチケットは機内食が付いてる。
 機内食をもらうときは搭乗券にスタンプを押すので、搭乗券を奥の方にしまってしまわないように。
DSC03563
 まぁ、買ってもそんなたいした値段ではないので、内容はシンプル。
DSC03564
 なんかミートソースっぽいペンネパスタだった。
 味はGood!エアアジアの機内食、そんなに高くないのにおいしかった。まぁ、量の少なさとか問題はあるけれど(実質)無料で付いてきたような物なので満足。


マカオ到着

 というわけで、海上を埋め立てた滑走路のマカオ空港に到着。
DSC03573
 橋を渡って駐機場へ。そんない大きい空港ではないね。ボーディングブリッジの数も一桁だと思う。
 ペナンの空港などでかたくなにボーディングブリッジを使ってなかったから、ここもそれかなって思ったら普通にボーディングブリッジから降りられた。
DSC03574
 荷物も預ける人が少ないせいか、乗客自体も少なかったせいか、すぐに出てきた。
 こんだけ安くて、それなりに快適だったら確かにみんな乗るなぁ。


空港出口でライター合戦

 大陸人が多いせいか、空港出口の旅行社のカウンタでライター合戦。
DSC03583
 ライター片手に各社呼び込みしまくり。
 中国はライターの機内持ち込みが禁止されているので、中国から来る人々はライターを持っていない。なので、出口の旅行社カウンターの人々がライター片手に呼び込み。これって申し込んだらライターもらえるとかなのかな。それとも売ってるのかしら。

 ペナンからクアラルンプールへ。
 でも、フツーにクアラルンプール行くのはつまらないよね。なので、MH系LCCであるFireflyで、クアラルンプールのもう一つある空港、スバン空港に飛んでみるのだ!


フライトチョイス&Webチェックイン

 えびちゃんはMH1143でKULに飛んで、そのままBKKへ。
 KUL-PENのチケットを買うとき、MHのホームページでFY便のチケットもMHコードシェア扱いで買えることに気づいた。FY便はKULではなくSZB空港(スバン空港)に着く。どうせクアラルンプール近郊なんだし、KULよりもしない近そうだし、そもそも行ったこと無い空港に行くのは楽しいよね。この後乗継があれば、また考えるけど、クアラルンプールに滞在することを考えていたので、問題なし!価格差はちょっと高かったけど許容範囲。
 そしてえびちゃんが飛ぶMH1143便とほぼ同時間帯に飛んでる。こりゃ、乗るしかないよね。
 というわけで、FY2089便にMHコードシェアで乗ることにした。

 そんな複雑なのかそうじゃないのかよく分からなくなってきたけど、買ったチケット。なんとWebチェックインができない。MH側で予約記録が見えるけれど、ここではチェックイン不可。Firefly側のホームページに言ったけど、予約番号入れても予約記録すら出てこない!
 しばらく悩んだけど、まぁ、空港行けばいっかと思ってそのままにする。席が選べないけど仕方がない。

スポンサードリンク

チェックイン

 というわけでえびちゃんとペナン空港にやってきた。
DSC03353
 結構コンパクトな空港だね。
DSC03355
 おそらく通常の人はここでセルフチェックインをするんだと思う。
 エアアジアの機械よりも頼りなさげなセルフチェックイン機。
DSC03354
 荷物があるのでカウンターへ。Fireflyのカウンター1つしか開いてなかった。
 LCCだしほとんどの人はセルフチェックイン機を使うから問題ないんだろうね。
 MH便として買ったので、荷物は通常の量であれば無料。ただ、ワンワールド加盟してないので荷物優遇はなし。MHの上級だとどうなるかは知らん。
DSC03364DSC03365
 窓側で隣空いてる席をよろしく!って言ったらその通り出てきた。LCCらしく、ぺらぺらな感熱レシート搭乗券。一応、長い方が控えで、短い方が搭乗時回収されるようになってる。
DSC03360
 全く出発ゲートへの道とは思えないほど、オーラのない通路を歩いて行く。
 セキュリティも国内線なので簡単。すぐに通り抜けられた。


ラウンジ

 FireflyはLCCでMH子会社だけどワンワールド未加盟って書いたけど、もちろんBA-Gold持っていてもラウンジ使用不可。そもそもビジネスクラス設定がないし、ラウンジ使えるのかどうかがわからない。だけど、プライオリティパスを持っているので、エアサイドのプラザプレミアムラウンジが使える。
DSC03362
 国内線のラウンジは、おそらくここだけなんじゃないかと思うので、各航空会社もここを使用しているんじゃないかと思われる。というわけで、えびちゃんと一緒にラウンジで休憩。

 ラウンジの様子とかはえびちゃんの当該記事を参照。てへっ、手抜きしちゃった。
DSC03369
 ちょっとだけビックリしたのはドリンクに綾鷹があることだよね。
 シンガポールだけじゃなくて、マレーシアでも売ってるんだね。
DSC03371
 マレーシアの綾鷹はマレーシア製。

スポンサードリンク

ゲートへ

 えびちゃんの便が私の便より当初15分先発の予定が、ダメーシアクオリティで40分ディレイして、こちらが先発することに。こちらは時間通り前便がPENに到着しているので、出発も時間通り。親会社とは違うね。
DSC03373
 エアアジアすげーな。
DSC03374
 ボーディングブリッジをかたくなに使わない姿勢がスゴい。
 確かに前後両方使って乗降できるから時間は短縮できる……のか?
DSC03380
 ちなみに喫煙所は(おそらく)両サイド端の方にあるよ。
DSC03378
 ゲートは端の方から。これから乗るのはATRなので当然徒歩ゲートでございます。


徒歩でてくてく搭乗

 ATRなので、もちろん徒歩搭乗。
DSC03387
 いいよね、徒歩搭乗。
 やっぱり小さい飛行機が好き。ローカル感とかそういうのがたまらなく好き。そういえば鉄道模型やってた頃は、短編成の電車が好きでクモハ42とか作ってたなぁ。あとは209系0番台を2両編成で運転できるように改造したりとか。中学生の頃からそれだから、そのまま好み変わらず大人になるものだなぁ。
DSC03391
 機内は結構ガラガラで、隣席は空席。前3分の1ぐらい客がひとりもいなかった(ATRなので後ろ側の席が早く降りられるので人気)。
DSC03392
 座席はそれなりにへたっていたが、座り心地は悪くない。
DSC03393
 セーフティーガイド。CAさんの制服がエロいぜ!確かに実物エロかったぜ!写真撮ってないけどな。
DSC03397
 ちなみにゲロ袋は親会社MHの物を使ってたよ。

スポンサードリンク

ぶるぶるプロペラ回して出発

 それでは出発~♪
DSC03402
 おそらくえびちゃんが乗っているであろう機体を横目に出発でございます。
DSC03406
 客も少ないし、小さいのでひょいひょいと離陸。


機内食

 機内食が出た。
DSC03409
 カレー味(カレー入り?)のパン。
 工エエェェ(´д`)ェェエエ工
 だってLCCのFireflyがパンをくれるんだよ?親会社のMHはピーナッツだったのに!
 ビックリだよ。何も出てこねーだろーなーと思ったらマンゴージュースとパン。期待してなかっただけにうれしい。

スポンサードリンク

着陸

 そんなに距離がないので、しばらくすれば高度を下げ始める。
 小さい飛行機だとそれがわかりやすいのも楽しい。
DSC03413
 明らかに下ってるのが分かるでしょ。
DSC03414
 着陸~。まぁ、写真見てると分かると思うけど、窓が汚い。


スバン空港は小さくて便利

 空港って大きくなればなるほど不便な部分があるよね。
DSC03416
 スバン空港(正式名称:スルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港)はATR72天国。
 マリンド航空とFireflyの2社のみが乗り入れていて、どちらもこの空港発着はATR72のみを使用している。なので、ボーディングブリッジなんてあるわけなく、てくてくてくてく歩いてビルまで行く。
DSC03418
 なんか国際線と国内線旅客が混じるんじゃないかと心配になる。歩いている手前にはInternational Arrivalがあったので、絶対混じって密入国できちゃいそうな予感。
DSC03419
 Grabの呼び出し機械があった。でも、電源入ってなかった。壊れてる?
DSC03421
 手荷物受取場。レーンは2つだったかな。見ての通り、壁の向こうは外。外でベルトコンベアに荷物のっけてそのまますぐ引き渡し。1便あたりの客も少ないので、プライオリティタグがなくてもすぐに受け取れた。

スポンサードリンク

空港探険~フライトシミュレータ屋があった!

 初めての空港なので空港探険へ。
DSC03422
 なんとフライトシミュレータ屋があった!
DSC03423
 結構本格的なコクピットが再現されている感じだったよ。
 やらなかったけど、結構ガチっぽい。ちょっとやってみたい気がする。
DSC03425
 チェックインカウンターの前に荷物検査があるんだねぇ。
 空港が小さいのであっという間に見終わってしまった。


結構便利な空港!

 使ってみて、クアラルンプールが目的地の時のスバン空港利用はアリだな。

 市内へはUberでそれほど時間かからず、料金もMYR30-35ぐらいで行くんじゃないかな。KULの半額以下。出口右側にGrab専用ピックアップポイント(タクシー乗り場より近い!)があって、そこでUberも来るのでピックアップもスムーズ。KULだと車が多すぎてなかなかピックアップがスムーズに行かないのよねー。
 きっと客が少ないので入国審査もすぐ終わると思う。全てがスムーズに進むので快適。

 問題はスバン空港への路線が少ないのよね。でも、えびちゃんが大好きなマリンドエアも国内線だけど飛んでるし、なんとシンガポール便がある。シンガポールのチャンギ空港にATR72でぶるぶる飛んでくるとかウケる。「貴重なシンガポールの枠を無駄遣いするなー」的な感じで。

 というわけで、なるべく使いたいなーって空港だったのでした。

 えびちゃんと熱いガチホモナイト4日間をすごした話のはじまりはじまり~。
 まずはマレーシア航空の最新鋭機A359でペナンに行くの巻。
 まぁ、基本的にはうちのような駄文を読まないでえびちゃんのちゃんとした記事を読んだ方がいいと思うよ。詳しいし。ウチは脳内垂れ流し系なので、読みにくいと思うよ。


乗り遅れるところだった

 KLIA2にいたとはいえ、ちょっと油断してた。
 みんなー土日朝のKL Ekspresは要注意だ!本数が少ないぞ!

 まずね、Tune HotelからKLIA2の電車乗り場までが遠かった。KLIA2の構造が悪い。
 そして、電車がなかった。土休日だと運休だったっぽい。

 バスは時間がかかるので却下。タクシーに乗ったところでかなり遠いとことまで行ってから、KLIAに戻ってくる形になる。意味なし。ホント、この空港はターミナル間移動を考えてないよねー。でも、そんなに移動しないか。

 結果、電車に乗ってKLIAの駅に着いたのが出発60分前。一応、45分前までチェックインできるはずなのでダッシュ。幸いKLIAの構造は頭に入ってる……が、エレベーターがちんたらちんたらしててキレる。

 飛び込むようにファーストクラスチェックインカウンターへ。ちなみに国内線国際線共通カウンターだった。
 荷物は預けられる?って聞いたら「無理~」ってきたのでそのまま機内へ持ち込む。こういうとき持ち込み可能スーツケースは便利だよねー。ギリギリの大きさだけど。
DSC03198のコピー
 搭乗券を無事にゲット!こんなことになるなら、搭乗券ダウンロードしておけば良かった。2時間前だか切るとダウンロードできないという謎仕様。
 いやー前回の香港帰りといい、走ってばかりやなー。


ラウンジでえびちゃんと合流

 国内線は左奥の方から。
 当然イミグレもなく、けだるい感じの警備員がやっているセキュリティーチェックを通る。けっこうガバガバ感があるけど大丈夫か?その後もダッシュを続け、無事にラウンジに到着したのでした。
DSC03197
 ラウンジからの眺めはGood!えびちゃんと無事合流する。
 「もしかして、乗り遅れるかも」って伝えてあったので久しぶりの再会に喜ぶ。
 ドリンク一杯飲んで、呼吸を整え、ゲートへ。
DSC03199
 この塗装いいねー。マレーシアっぽくてデザインがいいよ。
 A350はかなりお気に入りの飛行機であることもあって、塗装のかっこよさといいテンション上がる。どうせだったらみんなこの塗装にすればいいのに。なんだかよく分からないけど、MHの塗装っていっぱい種類あるよね。ころころ変えるわりには既存機の塗装は変えないので、骨董品みたいな塗装のB738が飛んでたりする。


搭乗

 国際線みたいなゲート前セキュリティーチェックはなし。そのまま待合室に入れる。
DSC03201
 すでに搭乗始まっていたので、そのまま搭乗するよ。
DSC03203
 搭乗する前ふと横を見たら1つのゲートにB738が2機止まってた。よく見ると2機で塗装が微妙に違う。MHって一体塗装の種類がどんだけあるんだ?


機内

 MHのA359はエコノミークラス前方はエクストラレッグルームシートとということで、横列は同じでシートピッチが広めになってる。今回BA-Gold(OW-Emerald)だったので、Webチェックインで指定可能だった。DSC03204
 かなり余裕があるシートピッチだったので、なかなか乗り得。プレエコよりかはちょっとしょぼいんだけど、エコノミーとして考えるとかなり破格のシートピッチ。
DSC03224
 コンセントが前席の下に付いてる。この位置の方が絶対便利だよね。
 自分の足下っていうのは見にくくて、さしにくい。
DSC03207
 ペトロナスツインタワーが皆様を出迎えてくれます。
 まぁ、KLって言ったらこれぐらいしか写真にするところないよね。
DSC03212
 セーフティービデオでいつも動きづらそうだと思う服のねーちゃん登場。
DSC03215
 なんかこの感じかわいいねー。なんか折りたたみ立体絵本みたいな仕立てになってた。
DSC03216
 お祈りしないとね。
 突然地上からミサイル撃たれたり、突然パイロットが来るって大海原でガス欠しないように。


ちなみにビジネスクラスとファーストクラスのシート

 ちょっと時間が前後するけど、降機の際にちらっと見た。
DSC03229
 K席側はひとり掛けと、ふたり掛けあり。ただし、A席側は全てひとり掛け。
DSC03230
 ひとりで乗るんだとすればこの窓側ふたり掛けは確実にハズレだな。
DSC03232
 こちらはファーストクラス。
DSC03233
 横4列配置。んー座席の横幅はビジネスクラスとほぼ変わらないかな。ビジネスクラスが最大横5列配置なので、座席の幅はおそらく同一。ちょっとしょぼい?こんなもん?ファーストクラスなんてCXでしか乗ったことないからなー。CXよりかは確実に横幅は狭い。JALと比べると……やっぱり狭いと思う。でも、縦方向にはかなり広いので、それはそれでいいのかもしれない。


機内食

 MHの場合、基本的に飛行時間が60分以下の便では機内食無し。
DSC03222
 ただ、一応ピーナッツとオレンジジュースがでる。
 まぁ、短距離なんでそんなもんだよねー。KUL-SINとかでも同じだよねー。
 FSCのMHがこれなのねー。後でビックリすることになったよ。


機外カメラがおかしい

 設定の問題なのか切替忘れたのか。
DSC03227
 ずーっと真下を映してた。
DSC03228
 ちなみに、これずっと見てると気持ち悪くなるので離着陸時は見ない方がいいよ。


着陸

 というわけで、ウルトラショートな路線なので、あっという間に着陸。
 最新鋭A359で快適なフライトなのでした。今回は慣らし運転で乗れたけど、今は早速ロンドン線に投入中。日本路線にも投入予定なので、もうすぐ日本でも乗れるかも。

 とりあえず、秋田に用はないのでとんぼ返りした話、後半戦。
 カウンターのねーちゃんにちょっとイラッときた話。
 あんまり考えず前編を行き先入りでアップしちゃった。まぁ、いっか。


ANA空港スタッフの謎対応

 予定ではそのままの機材で折り返すのではなく、一段落としてANA406で羽田に帰る予定。
 ただ、その対となるANA403が現在天候調査中で、まだ羽田を出発してなかった。その一方で折返しのANA406は平常運航の予定。まずここでモヤモヤ。ANA403が天候調査中ってことはANA406だって、天候調査中だったり欠航の恐れありになるんじゃなかろうか。
 というわけでカウンターに突撃。

 軽部:「403便天候調査中で折返し406に欠航リスクがあるので、可能であれば便を前倒しできませんか?」
 小姐:「満席です」
 軽部:「チェックイン機の上の表示は空席ですよ?
 小姐:「あれは、プレミアムクラスです
 軽部:「普通席って書いてあるのに」
 小姐:「満席です」
 軽部:「HPにも空席って出てるけど?」
 小姐:「お客様は国際線航空券ですので、その枠は満席です」

 まぁ、国際線航空券の枠っていうのは本当かもしれない。JALだと国際線航空券の前倒しはできた気がするけど、ANAがどうだったかというのはわからないので、それはいい。ただ、「あれはプレミアムクラスです」っていうウソはどうなのよ。なんですぐわかるウソをつくのかなー。色々事情があってできないので、ウソをつくならそれでもいいけど、クオリティの低いウソをつかないで欲しい。

 まぁ、BKS-BBAによれば
 ……とのことなので、そもそも予約便前倒しできたんでは……。

 今回の件はANAがどうのって話ではなくて、委託業者のクオリティの問題(どうせ、地元バス会社あたりがやってるんでしょ?)なので、言ってもわからなそうだし諦めた。


前倒し失敗したので空港をうろつく

 というわけで、当初の通りの予約便で出発することになったので、ヒマ。ヒマだけど、秋田市内に行くほどの時間は無いので空港でうろうろする。
DSC03105
 とりあえず展望デッキ。無料だった。
DSC03102
 おーJ-AIR君飛んできてるねー。JAC縮小に伴い、君たちの活躍の幅が広がることは(Aviosで取る)私にとってとてもうれしい。頑張りたまえ!隠岐とか隠岐とか隠岐とか期待してる。
DSC03104
 コイツに乗ってきた。そして、コイツに乗れなかった。
 なんか、航空博物館もどきっぽいものもあった。
DSC03110
 JAノL塗装のジャンボ様だー。
DSC03113
 その前のJ-AIR塗装も。このタイプの塗装もあったのね。これってCRJかな。もうすぐ引退。
DSC03111
 その他JASも多め。モヒカン日ペリもあった。
 懐かしいヒストリー感じる。
DSC03106
 出発階には巨大な釣りキチ三平もいたぜ。マンガの町、横手があるからかなー。
 それほど時間もかからずに一通り見終わったので、あとはカードラウンジにこもる。ラウンジ内に喫煙所があったのがうれしかった。


出発ゲートへ

 まぁ、すること無いんですよ。ホントに。
 ちょっと早めだけど手荷物検査を受ける。
DSC03116
 トイレの入口だけど、一瞬ラウンジの入口かと思った。
 さて、搭乗。
DSC03114
 まぁ、無事に乗る機材が飛んできたので結果OK!
DSC03117
 恐ろしいくらい除雪した雪が積もってるな。
DSC03121
 別角度から。うむ。頼もしい除雪車部隊だ。
DSC03119
 いってきまーっす。
DSC03123
 というわけで、短時間で秋田ばいばーい。


着陸~

 帰りもほとんど記憶が無い。
 気づいたら着陸態勢。
DSC03124
 うみほたるやねー。
 ここって埋め立てじゃなくて、公有海面の占用って形だから土地の登記簿がないってホント?
DSC03125
 D滑走路を横切って。
DSC03127
 C滑走路に着陸。Cから離陸してCに戻るというアホなことは終了!
DSC03128
 羽田に戻ってきたー。


これから成田に移動

 さて、これから成田に移動。成田からKLに行くのさ。
DSC03129
 丸亀製麺まで長蛇の列。さすが帰省ラッシュ。すごいねー。

 とりあえず、帰省ラッシュ初日の午前中に秋田往復した話。
 ANA……っていうかグランドに不可解な対応された。


出張!

 やべー、スーツで新幹線乗っちゃった。
DSC03067
 本日は仕事納め。新幹線で東京へ。本社でお仕事。


かーらーの秋田!

 すっかり忘れてたんだけど、スーパーふさふさクラブ目指してたんだった。
 今回のチケットはクアラルンプール発東京経由秋田往復のチケット。なぜ秋田かというと、色々と値段を調べていたら東京着や大阪着などに比べて秋田、大館能代、仙台、庄内の東北着のチケットが安かったので。東京経由で行くのに東京着より安いってどういうことだよ!マリッジセグメントのせいやなー。今回は良くあるパターンの逆、単区間だと満席だけど、通しで買うと空席があるタイプ。よって、50,000PPへ少し足りなかったので、その調整と便数を考慮して、秋田往復することにした。
 結果、年末12月29日にギリギリ50,000PP達成することに。しかもホント数字がギリギリなので余裕無し。そして、この年末は秋田で大雪が降ったこともあって、前日や前々日は欠航便がでる始末。ホント危なかったわー。みんな年末ギリギリの達成はおすすめしないよ。特に帰省ラッシュ始まっちゃうと欠航になったとき後続便が振替もできなくなっちゃうからね。


というわけで帰省ラッシュの羽田

 そりゃ混んでますわ。
 乗る便は羽田空港引き返し可能性ありとのこと。
DSC03091
 保安検査場ゲロ混み。
 ぎりぎりの時間だったので申告する。この便はそのままお待ちくださいってなった結果、15分前を過ぎてしまい、検査場通過できず。検査員の人に事情を説明したら、外にいるANAのねーちゃんに聞いてきてくれて、時間過ぎても乗れちゃうコマンドを入力して通してくれた。
DSC03092
 というわけで最後の最後で搭乗。
DSC03093
 この時は、秋田行き朝の2便は738。絶対混みそうなこの時間に738って……。
 秋田って意外と便数の割に客少ないのかしら。新幹線だと時間かかりすぎるから、飛行機の方が便利だと思うんだけどね。


離陸~着陸

 さて、離陸。
DSC03096
 北行きなんでC滑走路から。
 いやー天気いいね。とここで寝落ち。前日夜遅くまで飲んだからなー。
DSC03099
 着陸直前に目が覚める。一面銀世界やー。今住んでるところで毎日見てるけどな。
 雪で滑る可能性があるのか、全力ブレーキ!
DSC03100
 JALの隣に到着。
 雪が降っていたので、隣のJAL機はディアイシング作業中。
 作業車がANAのロゴマーク入りだった。ANA系列に委託しているんだろうか。それとも秋田にあるハンドリング会社のディアイシング作業車はANAロゴ入りしかないとか。


秋田到着!何もしない!

 というわけで、無事に秋田到着。
DSC03101
 次の記事は空港一悶着編と空港ぶらぶら編と帰りの飛行機編。
 だって、時間も無ければすることもないんだもの。

 さぁ、岩手にかえっぺよ。
 帰りはなかなかの綱渡りをしたよ。


ホントに更新しないよ?

 うん。ホントにNemoP誕生日会の様子は更新しないよ。
 俺のプレゼントをゲロまみれにしたからね(ウソ)。
 でも、ちょっとだけ書くとすれば、飲んだり食べたり楽しかったけれど、印象に残ってるのは2つ。

 1,「#主に購読用」という謎のハッシュタグを操る方が話していた救命胴衣がなかった話とその顛末。
 2,ホテルから空港へUberで行こうとしてたえびちゃん。スーツケースがでかすぎてトランクに入らず、後部座席に載せた結果、同じく後部座席に座ったえびちゃんが押しつぶされそうな感じで走り去っていったこと。

 やべぇ、誕生日会じゃねぇ、この話。


バスで空港

 なんか香港空港へのアクセスっていつもバス乗ってる気がするなぁ。
 この日もバスに乗っていったみたい。湾仔のノボテルに泊まってたんだけど、結構近くにバス停があった。
DSC02942
 特に列は並んでなくて、空いてたね。
DSC02943のコピー
 ボーディングパスをもらう。
 ふむ。指定ラウンジはユナイテッドクラブのようだけど、搭乗口が根元の22であるせいか近いSQのラウンジに行くようにとの指示。


で、ラウンジはしご

 行きましたよ。SQラウンジ。
DSC02944
 当然案内されているので、ANA客だらけ。
 みんな先を争うかのように、ラクサを注文してる。BBAてんてこ舞い。
DSC02945
 まぁ、とりあえずつまんでみる。
 ビールはタイガーのドラフトがあるのでいいね!
DSC02946
 でも、せっかくなのでユナイテッドクラブにも行ってみる。位置はY字に別れた先の方。
 こちらはすっごい空いていたので、落ち着けてなかなかよかった。ただ、欠点は22まで戻るのが面倒。


いざ、搭乗。

 というわけで飛ぶよー。
DSC02947
 CXでもJLでもない便で香港から飛ぶのはなかなか新鮮だな。
 初めて……ではなかった。1回、香港エクスプレス航空で飛んでるわ。
DSC02948
 優先搭乗はなかなかの長蛇の列。
 窓側の席なので、早めの搭乗を心がける。
 もともと結構満席に近い状態だったので、ちょーっとだけインボラあるかなーって思ったけど、自社ダイヤ様が腐るほどいるであろう路線だからなし。まぁ、他社Gに出すほどオーバーブックじゃないよね。
DSC02949
 行きと同じ座席……というより行きと同じ機体だった。
 さて、ドアもしまって「せっ!すらいばー」も聞いたところで動かず。
 かなーり待たされてから「香港空港混雑のため離陸の許可が出ない」ということで、待ち。
 アイヤー!困るよー!なぜ困るかは後述。
DSC02953
 というわけで、ゲートを離れるまで定刻から1時間待ち。その後も滑走路待ちなどあったけど、なんとか離陸。後ろにはCXのA350が待ってた。
 香港ボロボロね。着陸も待たされることが多いし。滑走路もう1本作るって言うけど、どれだけ容量が増えるんだか。深圳の空港があって、マカオの空港があって、珠海の空港もあって密集してるから、それほど容量増えないと思うんだよね。ほんと伊丹、関空、神戸、徳島で空域の取り合いになってるような状態。


食糧配給

 やっとのことで飛び立って、食糧配給。
DSC02954
 とりあえずどちらも特に食いたいと思わないが、白身魚のソテーにしてみる。
DSC02955
 チャイブってなんぞやって思ったけど、ニラっぽいねぎっぽい何からしい。
 クリームの上の細かく散らされてるヤツがそれかな。


着陸後ダッシュ!ダッシュ!

 今回の旅行は綱渡りなんですよ。
 次の日は仕事を絶対に休めない日で、できるだけ今日中に帰らなければならない。
 東京駅から仙台より先に行く新幹線の最終は東京駅20時20分発。逆算すると羽田空港国際線ビル19時51分発のモノレールに乗らないと間に合わない。つまり、到着が1時間遅れたらアウト。まぁ、時刻表の36分後のモノレールに乗る予定を組む方が間違ってるという意見はある。それは正しい。ただ、この便の前になるとどこの会社でも香港10時台発になっちゃう。成田行きだと13時台にLCCあるけどそれだと今度は成田上野の移動で間に合わない可能性ある(電車の本数の少なさが原因)。
 なんで、日ヘリさんを選んだわけです。

 もうね、オワタと思ったわけですよ。1時間以上遅れて離陸してるし。
 一応、夜行バスという保険をかけてた。
 キャンセル料が100円だからとりあえず予約しといた(これキャンセル料安すぎだよね)。
 でも、できればそのまま出勤はイヤなので、この保険は使いたくない。

 ただね、天は我に味方せり!
 強い追い風のおかげで、結構遅延は取り戻してた。
 で、羽田の滑走路に19時37分着陸。
 ゲートについたのが19時42分。
 ビジネスクラスが降りて、自分たちが動き始めたのが19時45分。

 あと6分。諦めるか、頑張るか。とりあえず頑張ってみる。

 走った。走ったよ。久々に運動したよ。
 111ゲートだったのでイミグレに近いことも幸いし、自動化ゲートを通過(顔認証やってみたかったがまごつきたくなかった)、バッゲージクレームを走った。税関もガラガラだったので、滑り込む。税関の兄ちゃんも空気読んで、パスポートスキャンだけで返してくれた。そのまま、モノレールの改札をくぐり抜けて、モノレール19時51分発に乗れた。ホントギリギリ。階段上がったら、すでにモノレール到着してた。
 いやー、初めてANAに乗って良かったと思ったよ。イミグレに近いゲートに着いたからね。
DSC02960
 おかげで新幹線に乗れた。よかった。

 もうこんな危ない橋渡りたくないが、この便より前だとかなり早くなるので、またやるかもしれない。

 ホントねー、イケてない。田舎に住んでると海外に行くのが大変!そういう意味で神奈川に住んでるときは良かったなぁ。

 ちなみにスーツケースを転がさず全て持って走ったので、翌日腕が筋肉痛になったよwww

 今回はNemoP誕生日会。
 参加要請されたので、色々仕込んで行くことにする。
 NemoPに誕生日は極秘事項と言われたので、搭乗日は秘密です。
 俺なんて、てっぺこりんに誕生日さらされたのに(別に問題ないけど)。


夜行バスからスタート

 岩手遠いんですよ。しかも、今回の旅は時間厳守のハードモード。短い旅だからこそ、楽しむには時間を最有効になるようにしなきゃいけないね。
DSC02794
 なので、夜行高速バス。正直しんどい。でも、ハルビン行ったときと違って3列シートなのでそれはGood!ちゃんとした岩手県交通の路線バスだしね。
DSC02795
 ただ、乗車するとき雪降ってたし、寒くて死ぬ。直前までガラガラだったのに、ギリギリで満席に。
 ホント夜行バスに乗って思うんだけど、カーテンの隙間から外を見るのをやめろ!後ろが眩しいんだよ。仕方が無いので、アイマスクして寝る。


本日はANA。ANAのシステムがよくわからない。

 今回はANA。一番安い……というよりマイルで取れるということと、マイル必要数が一番少なかった。
 17,000マイルと諸税等7,310円。うん、安い。Aviosだと20,000だしね。

 ただ、今回11月8日にキャンセル待ちかけたわけですよ。
 預かり期限は11月18日。なので、11月19日にANAマイルで別便を手配してたら、なぜか11月21日に「席が手配できました!」とのメール。うーん、意味が分からない。とりあえず電話。「11月18日期限の空席待ちの用意ができたと、なぜか11月21日に来たんですけど、どういうことですか」と聞いたところ、システム上お取りできてますねーとの回答。色々交渉した結果、空席待ちを生かして、別便手配した方はキャンセル料なしで全額返金。別途キャンセル待ちの方に諸税等同額払うことに。

 うーん。まぁ、いいようには解決したんだけど。意味が分からない。
 ちなみにこのANAのもやっと感は今後も続くのです。


ANAラウンジでシャワー

 というわけで、出国。SQゴールド持ってるのでラウンジ入場。
 とりあえず夜行バス明けなのでシャワー。待たずに入れた。
DSC02805
 トイレ付き。
DSC02806
 まぁ、特にコメントすることはない標準的な仕様でしょうか。
DSC02808
 このでかいシャワーヘッド好き。好きすぎて家のシャワーヘッドもでかいのに交換して、シャワーヘッドを天井に固定できるようにしてるぐらい。
DSC02804
 なんかNemoPが英語ディスってたね。
 20分程度って言われると、クソした場合、シャワーとかもろもろ考えるとけっこうタイトな時間よね。
 夜行バス明けでもすっきり。まぁ、夜行バス乗るような人は本来のラウンジが想定する客ではなさそうだけど。


ラウンジ飯がひどい

 まぁ、最近のサクララウンジには入っていないので、正確な比較はできないけど、ANAのラウンジひどくね?サクラもこんな感じだったっけ?ファーストクラスラウンジにしか行かないからわからん。
DSC02809
 このから揚げポテトの山盛りにするセンスすごいよねー。思わず失笑しちゃったよ。
 なんかビジュアル的にパワーあるよね。すごい。モリモリ。
DSC02810
 ってなんだかんだいいながら、食べるんだけど。炭水化物モリモリ。
 ANAのカレー。チキンカレーだけどうまかったと俺は思うよ。
 まぁ、どうせレトルトだと思うんだけど(これはJALも同じ)。

 けっこう混んでて、ヌードルバーも行列できてるし、餌場もえらい混んでる。
 これだったら、クレジットカードラウンジ行った方が酒も餌もないけど落ち着けるんじゃないかと思った。
DSC02812
 喫煙所に中国で良くあるたばこ着火器があったよ。日本で設置されてるの初めて見た。
 これねー。差し込むと着火するんだけど、なかなか火が付かないの。で、早く着火させるためには穴に入れたタバコをくわえて吸うわけ(普通のライターでの着火と同様)。ビジュアル的に怪しい感炸裂なんだよねー。なんか壁に対してキスしてる人みたいになっちゃうの。
 あの車と同じシガーライターじゃためだったんだろうか。羽田空港や成田空港、JAL設置のはそれだよね。
 あ、そうか。ラウンジの惨状を見る限り、ここは中国なのか。


搭乗

 さて、このラウンジに長居する理由もないのでゲートへ。
DSC02814
 よーし、優先搭乗しちゃうぞー。
DSC02815
 本日の機材は788。
DSC02816
 座席はこいつですね。ブランケット標準装備。
 まぁ、座り心地はそんなに悪くない。ただ、横幅が狭い。ANAは横9列。787のメーカー標準は横8列だけど、どこの航空会社も横9列にしてる。
 そういう意味ではJALの横8列はいいと思うの。エコノミーの座席を良くして客単価を上げるという戦略のJALは個人的には悪くないと思うけど、安さ重視の客が多いエコノミーでその戦略が当たってるのかどうかはよくわからない。
DSC02818
 プッシュバック。近くに中国南方航空がいた。小さい飛行機で飛んでくるなぁ。
 貴重な羽田枠をなんだと思ってるんだwww


食糧配給

 離陸。そして食糧配給。
DSC02819DSC02821
 メニュー。ドリンクが充実してるね。それと食糧配給時間とかが書いてるのがGood!
 まぁ、乗り慣れていればだいたい把握できるけど、そうじゃない人や初めての区間だったりすると参考になるよね。ホントはWebチェックインの時とかにも書いてあると参考になると思うのだけど。
DSC02822
 ちなみにプレエコだとさらに追加メニューがある模様。
DSC02824
 本日のチョイスはウナギかハッシュドビーフ。
DSC02825
 ビーフをチョイス。「ハツシュドビーフ」が来た。
DSC02826
 オープン。量が少なめ。まぁ、ドリンクチョイスといい、ひょっとしたら女子向けなのかも。
 味はフツーにおいしかった。そりゃそうだよね、たぶん日本人好みの味にしてるんだろうし。
 回収がビックリするぐらい早かった。俺が食べ終わったぐらいに回収に来たので、フツーの人だと間に合わないんじゃないかと思ったり。


着陸

 さて、香港に着陸。
DSC02831
 ちょっとぐるっと回ったりしたけれど、それほど待たずに着陸できそう。
 ところで、シンカオルンって何?新九龍?今、新九龍なんて言葉、今はあんまり使わないよねぇ。
DSC02836
 本日は北側から着陸の香港周遊コース。このコースでの着陸でA席にいると、「あぁ、香港来たなぁ」って思う。着陸コースの向きは風向き次第だけど、A席取っておくと、この香港周遊コースにあたれば、景色がいいのでおすすめ。
DSC02838
 というわけで、無事に着陸~♪

↑このページのトップヘ