FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:インボラ

 香港の空港で泊まり、朝一からカバナで入浴。
DSC02218
 やっぱりこれはすばらしいねー。ぼーっと休憩できる。
 ただ一つ難点は冷房が効きまくってることぐらいか。
DSC02219
 この頃は(今も?)中国の軍事演習などで本土関係の便に遅れが出まくっていた時期。
 カウンタ前の列整理用の柵が物々しい。以前はこんなものなかったもんねー。
DSC02221
 つーわけで台北へGO!
DSC02222
 ゲートで赤ランプ!PYにインボラ。やったー。
 今回の旅はKA便では(そもそもCの座席が極めて少ないので)インボラ無かったけど、CX便は全勝!2レグでPY、1レグはCへの2階級特進!やったぜー!

 とはいうもののPYに上がっても、機内食はYと一緒なのです。
DSC02224
 ラップですよ、ラップ。マニラップじゃないのが救い。あと、無糖烏龍茶なのも救い。
 とりあえずそれほどおいしくない。おれはチャーハンが食べたいんだよー。あのチャーハンって台湾搭載なのかな?そうすると香港朝便には出てこないなー。そもそも台北発しか出てこないのかな。
 もうちょっとKAを見習えよー。もっと短い路線でもホットミール提供して頑張ってるぞー。広州線は短すぎて無理だけど。
DSC02225
 こんな紙袋に入って、ほいほい渡される。そして、この紙袋ごと回収。

 さて、パワークアラルンプールも終了し、帰りまーす。
 丁度マレーシアはラマダン明け休暇らしく、飛行機は満席だった模様。

 前日のチェックインの時点でプレミアムエコノミーへのアップが確定。
DSC02144
 カウンターではプレエコの搭乗券をゲット。
 クアラルンプールの空港って到着と出発が混ざるシンガポール式なので、ゲートの前での手荷物検査がうざい。
 そして、手荷物検査の後、搭乗券を機械に読み取らせると赤ランプ!
DSC02145
 えええええええええええええええええええええええーーーーーーーー。
 まさかの二階級特進でビジネスにアップ!たかだか4万円とかそんな値段のチケットなのにごめんなさい。
 ありがたや、ありがたやー。
DSC02146
 さて出発でやんす。
DSC02147
 座席はシーラス。やったー!もう一度言うけどたかだか4万円ぐらいのチケットでごめんなさい。
DSC02149
 メニュー。
DSC02152
 とりあえずシャンパンとナッツ。
DSC02155
 前菜。サーモンとエビ。
DSC02156
 安定のラム。キャセイのビジネスクラスで食べるラムはそこそこうまいと思う。
 ただ、謎のラクサもこの便は積んでたんだよねー。
 メインを配膳するワゴンで丼の器に入ってるラクサがなかなかインパクトでかかった。
DSC02157
 今日は余裕があるのでチーズフルーツステージまで行っちゃいます。
DSC02158
 ハーゲンダッツはクレームブリュレ味。しっかり濃厚な味でおいしかった。

 いやぁ、キャセイさん、ステキなプレゼントありがとう!行きがディレイした時ぐだぐだっだったのも許すよ。

 今回のチケットはCXのゴールドに付いてくるギャランティ予約(満席でも72時間前ならVクラス運賃で確実に乗れる権利)を行使した。当時日本円で4万円ぐらいでCAN-HKG-KULの往復4レグ分。
 ちなみにCAN-HKG-BKK-SINをやると同じ値段で往復6レグ。たぶん、セクターで上級会員を目指すなら1番値段が安かったのではないかと思う。まぁ、乗継悪くて時間がかかるけどね。
 でも、ギャランティ予約を新規に入れるには電話が必須。しかも、発券地に電話しないと予約できない。英語(そこまで)できない。なので、Vクラスを適当な日付で予約して、日本の予約センターで日程の変更をギャランティ予約でしてもらう。海外発券だと予約の変更が自由だったりするからいいよねぇ。

 さて、そんな感じで空港に泊まり、朝の一発目。
DSC02109
 香港は雷なりまくりの土砂降り。
 出発時刻20分前になってもゲートが決まらない。こりゃDelayだなぁ。
 Wingのファーストクラスラウンジでまったりしてたけど担々麺が食べたくてビジネス側へ。別にファーストでも食べられるんだけどね。なんとなくあそこで食べるのはイヤ。
DSC02111
DSC02113
 そんでもってゲートが決まったー。70番。げげー。最果てのゲート。
DSC02114
 遠いので当時オープンしたてのPierのファーストクラスラウンジへ。
 クリームソーダ飲んじゃう。これ、なんか中毒性があるのよねー。たまに飲みたくなる。
DSC02117
 頼むからー、8:40→9:20→9:45→10:30とどんどん遅れていくのやめてくれー。しかも発表が遅いの。
DSC02118
 ゲートではIをいただきプレエコにアップ。そりゃ、Vクラス満席だったりするくらいだから混んでるんだよねー。
 結構プレエコのシートは好きなのでラッキー!
DSC02122
 機内食、チキンだったけど何味だったか忘れた。
 結局2時間半ぐらいの遅れだったかな。

 というわけで、離陸。

 メニューが配られる。
DSC03291
 今年からメニューが変わったので、変更後のメニューは初めて。
DSC03295DSC03296
 うーむ。和食にするか、普通の方にするか。
 悩んだけど、和食懐石に。
DSC03299
 寿司:寿司盛り合わせ
 お寿司が出てきた。去年と同じだね。
DSC03303
 向付:甘鯛袱紗焼 鱒と蕪博多押し 烏賊蕨 才巻海老艶煮 花弁百合根 いくら醤油漬 カリンのリキュールのソーダ割り
DSC03304
 焚合せ:若竹煮 鯛子花煮 菜の花お浸し 花人参 銀餡
 お吸い物:海老吉野打ち 浅月
DSC03305
 小鉢:錦糸和え 焼穴子 いくら
 御凌ぎ:茶蕎麦 山菜 錦糸玉子 浅月 山葵
 焼物:鰆西京焼 若鶏南蛮焼 酢取り蓮根

 ここまで書いていて思ったんだけど、昨年と全くメニューが一緒だな。
 いや、不満とかそんなことじゃないっすよ!席いただけるだけでもありがたいっす。これでCXの中の人が見てたりして、コイツインボラから外してやろうとか思われちゃうと困っちゃいます。
 まぁ、ファーストクラスの和食メニューなんてそんなにリニューアルするものでもないのかも。
DSC03308
 で、デザート。
DSC03309
 ジャスミンティーをいただいて。
DSC03310
 プラリネ。

 そして、眠くなってしまったのでうとうとと……。
 着陸30分前にもぞもぞ起き出すと、CAさん3人ぐらい集合して「Happy Birthday to you ♪」と歌ってくれた。ちょっとド満席のファーストクラスで歌われるのもちょっと恥ずかしいね。でも、ホントありがたいです。あと、ケーキもあった。が、時間が無かったのでお持ち帰りに。
DSC03316
DSC03317
 まじでケーキが来た。

 だが、これから俺は乗り継ぐから、こんな生もの持って行けないなぁ。
 とりあえずアライバルラウンジで事情説明して、食べられるだけ食べたよ。

 というわけで3年連続アタックV成功!

 ありがとう、キャセイ様。
 これからも乗りますよ。

 さすがに一年も書くのが遅れているので、今回の旅行は順番を入れ換えて、先に更新。
 鉄は熱いうちに打てって言うし。
 今後は新しい旅行と古い旅行を交互ぐらいで書いていこうかなと。

 さて、世間はゴールデンウィーク。もちろん、私も出国します。
 なぜなら、お誕生日がここにあるのでいいことがあるから、キャセイで飛ぶんです。コロンボ発券のビジネスクラスチケットを握りしめて。
Screenshot_20160426-211341
 とりあえず前日の空席状況はこんな感じ。
 よかったー。F席が1席だけ残ってる。

 意気揚々とカウンターに到着。そしたら、出てきたのは普通にビジネスクラスのシート。まじかー、F埋まったかー。明文化されていないサービスなので、仕方ないことだけど、まじかー。
 ま、羽田は「次の香港行きのファーストクラスのチケットくれ」的な飛び込みで乗る客もいるだろうから、最後の1席はチェックイン締め切るまで埋めることはできないのかもしれない。
 とりあえずかなり動揺したがポーカーフェイスで搭乗券をもらう。

 ワンワールドエメラルド資格が3月末でなくなったので、JALファーストクラスラウンジに入れないので、CXラウンジへ。とりあえず和朝食とフレンチトーストを食べる。
DSC03267
 JALのファーストクラスラウンジと内容としては変わらないと思うけど、こうやってきちんとサーブしてくれると、やっぱりおいしさが増える気がする。キャセイのラウンジは食べ物は全てスタッフが盛ってくれる形式なので、意地汚く食べる人はいないし、盛り方もきれいにしてもらえる。
DSC03268
 なんかフレンチトーストは昨年秋ぐらいからでかくなったので、フレンチトーストも満足!以前に食べたときはこの半分だったなぁ。このフレンチトーストはまるで卵焼き。中までしっかり卵液がしみこんだフレンチトーストはうまい!
DSC03276
 デザートはあんみつ。いいねぇ、こういうデザートチョイスが素晴らしい。
 JALのラウンジとはコンセプトや雰囲気がまったく違う。ミールのチョイスも違う。雰囲気は落ち着いてるので、ゆっくりできるのがいいね。

 さて、そろそろ搭乗口へと思ったときに、キャセイのブロガー様に会ったのでご挨拶。一緒に搭乗口まで短い間だけど情報交換など。
DSC03277
 以前は優先搭乗かそれ以外だったのに、優先搭乗も二段階に分かれた。いいことだー、優先搭乗多すぎだったし。ファーストクラス、ダイヤ、エメラルドが最優先搭乗となった。ブロガー様がダイヤ様なので、最優先搭乗を一緒にさせてもらう。そしてゲートを通るときに「ピー!」と赤ランプ。やったー!アタックV成功!
DSC03279
 これが最後のジャンボかなぁ。キャセイのB744は確か今年の秋ぐらいには全て退役するはず。それに伴って、この便の機材はリージョ機材になるので、ファーストクラスはなくなるし、ビジネスクラスもしょぼくなる。うーん。そうなると選択肢としては微妙だなぁ。ファーストクラスは香港朝発、羽田午後発の便では残る予定。
 ジャンボを使っている羽田便は日本人にとってベストな時間帯なので、輸送力が必要で、他の路線からジャンボがなくなっても最後の最後まで使う模様。まぁ、機材変えるとしても777のリージョ機材にせざる得ないよなぁ。
DSC03281
 今回の座席は通称艦長席。
DSC03282
DSC03283
DSC03289
DSC03287
 さすがファーストクラスでございますよ。自分の金じゃ乗れないけど。
 当然今日は満席なので、窓側席ゲットできず。唯一の窓側じゃない席。他の席より気持ちちょっと狭い気がする。


※注意
 この手の話は公式サービスでは無いので、アップグレードされなくても文句言わないでください。
 (実際に一回アップグレードされなかったことがありました。)
 対象も、銀は対象外になったとか噂を聞くので、どこまで範囲かわかりません。私はこの時、金でした。
 満席だと当然アップグレードされませんし、逆にF客0でもアップグレードされなさそうです。

 長かった旅も最終ランナー。

 広州空港のJALのチェックインカウンターへ。
 名前を名乗りお詫びをする。現地採用と思われるJAL職員と到着側へ。
 セキュリティーチェックを受けて、バッゲージクレームまで逆流。

 延々と流れていた上に、香港ドラゴン航空から乗り継ぎ予定のJALに連絡が行き、私に電話が来た模様。ご迷惑おかけして申し訳ありません。これからは別切りチケットのときで、トランジットカウンターを経由しないときはきちんと荷物を受け取ります。まぁ、盗まれなかったのは奇跡か。

 チェックインカウンターに戻り、搭乗券をもらう。
 まさかの「本日エコノミークラスが満席ですので~」とビジネスクラスのチケットをいただく。こんな迷惑かけた人がインボラだなんて申し訳ありません。

 効率が悪いとしか思えない、イミグレやセキュリティーチェックを通り抜け、ラウンジへ。JALのラウンジはプライオリティパスで入れるラウンジ。すげー混んでてまったく落ち着けず。調べてみると、広州空港は乗り入れているワンワールドのラウンジはすべて外部企業運営。なので、ほかのラウンジにも行けない。

 というわけで、そろそろ搭乗が始まるころにゲートのほうへ。その前に喫煙所に寄る。中国から出発するときはライターを持ち込めないので、どうやってタバコを吸うかというと、もちろん喫煙所に着火具がある。
DSC01365
 タバコを差し込むと点火が始まるけれど、差し込むだけだとなかなか着火しないので、ライターと同じように吸い込むことになる。で、両方の穴でそれぞれが火をつけようとすると気持ち悪いことになる。
DSC01366
 いよいよ搭乗。
 機材はかなりボロくなってしまった、B767-300。
DSC01369
DSC01370
 メニュー。うーん。JALの国際線の機内食は基本的に現地搭載なので、中国製。なるべく香港で作るCXとは対照的(CXの中距離路線まではナイトステイする便以外香港か台湾搭載)。ここは悩んだけど、無難な洋食にしておく。ただ、長いこと日本を離れていたので、「余ってたらご飯と味噌汁ください~」と頼む。
DSC01371
 JALお得意のビジネスクラスもワンプレート機内食。ご飯と味噌汁を追加してるのでごちゃごちゃしているのはご愛嬌。普通に普通のお味だったけど、それなりに満足できた。
DSC01372
 最後はハーゲンダッツとコーヒー。

 最後にプレゼントありがとう!おJAL様。マイルの特典航空券なのにありがとう!

 というわけで、離陸。
DSC01049
 ジャンボの先っちょから見るのって、角度が違うせいか、なんかいつもと違って新鮮。
 さって、お食事お食事。
DSC01041
DSC01047
 ドリンクリストとワインリストはこんな感じ。
DSC01043DSC01044
 今日は何にしようかと思ったけど、前回香港発の懐石だったので、今回は羽田発の懐石を試してみる。
DSC01050
 シャンパンとおつまみ。おつまみはビジネスクラスと同じ物。なぜか、日本線だけピーナッツじゃなくておつまみなのよね。
DSC01053
 寿司:寿司盛り合わせ
 まさか機内で寿司が出てくるとは思わなかった。香港発は刺身だけど、羽田発は寿司!冷えているので米がちょっと固い。
DSC01055
 向付:甘鯛袱紗焼 鱒と蕪博多押し 烏賊蕨 才巻海老艶煮 花弁百合根 いくら醤油漬 カリンのリキュールのソーダ割り
 あれ?今思えば、どう考えてもいくらがねーな。
DSC01056
 焚合せ:若竹煮 鯛子花煮 菜の花お浸し 花人参 銀餡
 お吸い物:海老吉野打ち 浅月
DSC01057
DSC01059
 小鉢:錦糸和え 焼穴子 いくら
DSC01062
 御凌ぎ:茶蕎麦 山菜 錦糸玉子 浅月 山葵
DSC01058
 焼物:鰆西京焼 若鶏南蛮焼 酢取り蓮根
DSC01063
 デザートでケーキ。
 チーズフルーツはスキップした。
DSC01065
 最後はジャスミンティー。
DSC01066
 あとプラリネ。

 香港発の方が豪華だな。羽田発は信頼の日本搭載といえ、食材の豪華さなどでは少し落ちると思う。というより香港発は海外で作っていてあれだけの日本食を出してくることに驚き。

 そして最後、CAさんがメッセージカードを持ってきてくれた。
 さすがに歌はなかった。バースデーケーキもなかった。いや、そこまではいいや。席をいただけるだけでもありがたい。

 というわけで2年連続アタックV成功!
 次回が最後のアタックVになりそうだけれど、とりあえずチケットはもう仕込み済み。次回も羽田→香港になりまっす。

 ありがとう、キャセイ様。
 また来年まで忠誠を誓います。

 さて、ゴールデンウィーク。例によってコロンボ発券のチケットを使います。

 カウンターで「お誕生日おめでとうございます!本日はお誕生日ということで、バースデープレゼントでアップグレードいたします」とファーストクラスへアップグレード。

 実はWEBチェックインした画面で、事前にアップグレードが分かっちゃったりするのですが(これをカンニングという)、羽田発のお誕生日アップグレードは事前に分からず。たぶん搭乗券を出すときに、香港からのメッセージを見て、アップグレードを入力するんだと思う。ちなみに香港発はカンニングすればカウンターに行く前にアップグレードが分かったりする。

 というわけでアタックV成功。

 ※アタックV:誕生日に搭乗してアップグレードをもらうこと。昔は誕生日アップグレードやマイルでのアップグレードなどは、搭乗券に「V」(Voluntary Upgrade)と印刷されていたことに由来。満席のインボラは「I」だった。なので、インボラしたことを「Iをもらう」と言う。
DSC01033
 というわけで、CX様ありがとう!なので、今回はCXラウンジで過ごす。なんだかんだ言ってJALのFラウンジの方がサービス的な意味で上だけど、ビジネスクラスラウンジで考えればCXのラウンジは最強。サクララウンジ行くならCXラウンジに行くよ。
DSC01028
 アップルデイリーを読みながら、まずは前菜。
DSC01029
 メインは担々麺とフレンチトーストという謎の組み合わせでいただく。
DSC01032
 このフレンチトーストがめちゃウマ!このしみこみ具合はヤバイね。最高にうまい。JALのFラウンジのガレットもいいんだけど、こっちの方に俺は軍配を上げる。
DSC01034
 ラウンジから今日の搭乗機が運ばれてくるのが見えた。
 B747も退役が始まっていて、いつまで乗れるのかな。HND線は最後まで残りそうだけれど。Fを営業していて、それなりに搭乗率も高そうだし、輸送力がある機材を投入したいところ。
DSC01036
 ゲートに行くと、ゲロゲロゲロー。優先搭乗も列が長い。どんだけ上級会員がいるんだ。
DSC01037
 遅延常習犯のCX543だけれど、今日は定時!
 前夜のCX542が遅れると、玉突きでCX543が遅れる。パイロットの最低休息時間が取れないからという説もあるし、同じパイロットじゃないから大丈夫って説もあるし、謎。でも、前夜遅れると遅れることが多い。
DSC01038
 今日もこのシートにお世話になりまっす。
DSC01040
 今回は一番先っちょにしてみた。個室感が半端ねぇ。


※注意
 この手の話は公式サービスでは無いので、アップグレードされなくても文句言わないでください。
 (実際に一回アップグレードされなかったことがありました。)
 対象も、銀は対象外になったとか噂を聞くので、どこまで範囲かわかりません。私はこの時、金でした。
 満席だと当然アップグレードされませんし、逆にF客0でもアップグレードされなさそうです。

 これから台北往復だー。がんばるぞー。
DSC08090
 とりあえずCXラウンジのピアでまったり。
DSC08091
 キャセイディライトをいただきます。

 さて、お次はCX400便。
 ゲートで赤ランプ♪PYにアップでございます。
DSC08092
 このシートかなり好きで、リージョナルのビジネスクラスシートよりも座り心地がいいんじゃないかと思ってる次第です(狭いけど)。
DSC08094
 というわけで、機内食は悪名高きラップ。マニラ線のような地獄のマニラップではないけど、ポルトガル風チキンラップみたい。なんかこんな立派な紙袋に入れる必要あるのかな。もっと簡素なヤツでいいと思う。
DSC08095
 中身を開けるとこんな感じ。クリスマスなのでクッキー付き。
 無糖ウーロン茶なのが救い。マニラ線だとマンゴジュース一択の模様。
 俺は炒飯が食べたいんだよー。炒飯にしてくれよー。炒飯……。

 ※マニラップについてはここが詳しい。っていうか「マニラップ」という言葉を作った人のブログ。

 どうせエコノミーだし、ラウンジで飯をたらふく食べて、搭乗。
DSC07210
 そしたらゲートでピー!
 まじっすか。マジでまたインボラですか。
 あざーっす!
DSC07211
 メニュー。やっぱり洋食だな。
DSC07212DSC07213
 香港線にくらべてメニューがずいぶん簡略化されてる気がする。
 ワインのロゴとか入ってないし。
DSC07214
 個人的にはこのパンを直に置くのがあんまり好きじゃない。
 いや、ちゃんとトレー直じゃないっていうのはわかるんだけどさー。
 メインディッシュは、ロールキャベツグラタン+ピカタ+ナポリタン。なんか、めっちゃボリューム。街の洋食屋さんというコンセプトでこのチョイスって言うのはわかるんだけどね。
DSC07218
 初めて海外旅行に行ったときもこの便だったなぁ。あれから2年か。

↑このページのトップヘ