FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

タグ:うどん

 6軒目。
DSC06082
 超超有名店の山越うどん。
 三色旗がたなびいてるけどね。SK学会なのかしら。
 13時半の閉店ぎりぎりに行ったら、すごい行列。こんなに並んでいても駐車場がものすごい巨大なので安心。
うどんにありつけるまで、だいたい40分ぐらい。
DSC06084
 こんな庭園でうどんを食べる。
DSC06083
 山かけ2玉プラストッピングで450円。
 山越は自分の中で基本なんです。ここを基本に定めて、あそこよりもここはコシがある、やわらかいなど判断してるんです。感想というとフツーにおいしい。
 まぁ、ハンバーグっぽいトッピングはいらなかったかな。

 いやーさすがにおなかいっぱい。今回のうどんツアーは打ち止め!

 5軒目。はりやさんです。
DSC06075
 列が長い!この店は一般店でセルフ店にくらべるとどうしても回転が悪いのです。これぐらい並んでて、店の中でも並んでて、だいたい1時間並んだ。
DSC06078
 メニュー。一般店なのでちょっと値段お高め。でもそれだけの価値がある。
DSC06079
 はりやといえば、かしわを付けなければいけません。このタレに漬け込んだ鶏肉のから揚げがうまいんです。
DSC06080
 ちなみにおばちゃん一人はひたすら揚げ物マシーンになってる。
DSC06081
 かしわざるうどん750円。
 この店に来る度にセルフ店と一般店の底力の違いを感じるのです。といってもかけ350円だから値段が大して違うわけではないけど。でも、やっぱり一般店の方が味としてはうまい。
 ここはつけ汁がすごい甘い。が、うどんののどごしの良さとかしわ天が最高にうまいんよー。

 昔は、あんまり情報もなかったし、昔はね、情報も少なかったし有名な店で朝一から開いてるって言ったらがもうしか無かったわけですよ。だから金がなくてジャンボフェリーで着いた後、讃岐うどんツアーの最初はいつもがもうだった。
 今はね、情報がいっぱいあるからねー。というわけで4軒目。
DSC06064
 なかなかの行列でございます。
DSC06066
 いつも来るたびに用水路にそのままうどんのゆで汁捨ててていいのだろうかと疑問。
 まぁ、長年やってるんだろうからいいのか。やたらと栄養が濃そうな用水路になりそうだけど。
DSC06074
 入る前に心の準備。温冷とサイズを言う準備をしとく。
DSC06071
 注文してうどんをもらって、奥へ。
DSC06072
 奥でトッピングをえらんで会計。
 あとは温かい出汁、冷たい出汁、醤油好きなように食べてくれ方式。
 ひやあつ小250円とあげ100円。
DSC06073
 今まで天ぷら愛好家なのであげってがもうで食べたこと無かったんだけど、これがなかなかうまい!あげが出汁しみててふわふわしていておいしいの。そしてうどんはそのまま飲める!やっぱりがもうはうまいなー。
 店は小さいけど駐車場は巨大なので車でも安心。こんな安いうどんなのに警備員を雇って誘導しているのには頭が下がる。

 続いて、3軒目。
DSC06054
 うどん一福です。神田にも支店があるよね。でも本店で食べることに意義があるのだ!
 このお店も開店待ちをして、一番釜げっと。
DSC06055
 やっぱり天ぷらが色々あるとわくわくするよね。
 麺を注文、天ぷら選んで、麺をもらって会計。
DSC06056
 薬味の天かすにはえびがちょっと混じっていた。
 やっぱりこういうのがあるとちょっとうれしい。
DSC06060
 かけ1玉220円とちくわ天110円。
 ここの麺はちょい細目。コシがないかというとそういうわけではなく、しっかりコシがある。
 出汁は結構とがってて、イリコと鰹炸裂。旨味成分たっぷりって感じ。
 喉ごしが最高にいいね。おいしい。
DSC06059
 後からどんどん客がやってきて、大盛況でございました。

 さて2軒目。
 栗林公園の道路はさんで向かいにある、上原屋本店へ。支店があるのか知らないけれど。
DSC06053
 とりあえず開店待ちをかまして、9時のオープンと共に突入。
 一番釜のうどん!一番釜のうどんだと麺に含まれている塩分とか小麦がまだ溶け出していない、まっさらな湯でゆでるので、気持ちあっさりゆであがるらしい。でも、正直そこまでの違いは俺にはわからん!
DSC06047
 ここは動線がはっきりしているので、左から天ぷら選んで麺をもらって、サイドメニュー取ってお会計。
DSC06049
 後ろを向いて、湯がく。湯がき時間は5秒を厳守すること!これはおばちゃんに言われる。
DSC06048
 んで、湯がきコーナーの横には出汁タンクと薬味。
DSC06052
 かけ小250円とコロッケ100円。こちらもセルフ。
 あまりエッジの利いてないやさしいうどん。これはこれでアリだ!
 やっぱりねぇ、出汁がうまいのよねぇ。出汁だけ自販機で売ってたら買うかもしれない。
 そういえば羽田空港で自販機に博多うどんの出汁売ってたなぁ。

 コロッケはあんまり手作り感なかったかな。
 ただ、ものすごい勢いでいろんな天ぷら揚げてるのでなす天とかうまそうだったよ。

 朝、開店と同時にレンタカーを借りて、朝食へ。

 朝食はもちろんうどん。
DSC06039
 やってきたのはさか枝さん。香川県庁のすぐ近くの住宅街にある。
 朝からやっているので便利。
DSC06043
 まずは麺を注文。天ぷらの個数を伝えて、お金を払う。
 冷たい麺がでたら必要に応じて自分で温める。
DSC06044
 天ぷらはあらかじめ注文しておいた個数を取る。天ぷらは均一価格(100円)なので、種類を指定する必要はない。
 麺と天ぷらの準備ができたら、後ろへ向きを変える。
DSC06045
 薬味コーナーがあるので必要なだけ薬味を入れる。
 左へ進む。
DSC06041
 出汁タンク!ここから出汁注入!これは温かい出汁なので冷たい出汁はまた別のところにある。
DSC06040
 できあがり!今回はかけの小(180円)に薩摩揚げ。
 固いうどんではなくて、柔らかいけどコシがあるうどん。
 ここのは小麦の味を感じるよねー。
 そんなにいりこが効いてるわけではなく、固いうどんでもなく、でもそれぞれがしっかりといい仕事をしている。

 さぁ、さぬきうどんツアー、スタート!

 前日夜は飲みに行って、うどん食べたけど特筆するようなものでも無かったので省略。

 さて、朝ご飯!

 朝ご飯はやっぱり小倉にいたら資さんうどん(すけさんうどん)ですよ。
 なんといっても24時間営業で北九州を中心に出店している安いうどん屋さん。
DSC00820
 ここのうどんのいいところは……
DSC00822
DSC00823
 揚げ玉とおぼろ昆布が入れ放題!
DSC00824
DSC00825
 値段がそこそこ安い!
DSC00826
 かしわ&ゴボ天うどんで!
DSC00821
 かしわめしのおにぎりも食べちゃう。
 昔はさぬきうどんを代表とする「コシ至上主義」に毒されていたんですが、年齢のせいか最近は九州の「やわい」うどんも好きになってきた。九州のうどんは出汁も柔らかいしね。また、かしわからでてくる出汁もたまらないし、スティック状のゴボ天もなかなか。

 ここはおはぎも有名なので、行ったときには食べておこう!

DSC06194
 さて、朝の黒崎を出発。常磐線からだいぶ昔に消え去ったヤツが九州ではまだまだ現役。
 朝食は何を食べよっかなぁ……と少し悩むが、北九州に来たら、やっぱ「かしわうどん」でしょう!
DSC06195
 というわけで朝うどん。黒崎駅のホームにあった東筑軒でかしわうどんを食べる。
DSC06196
 かしわうどんとかしわおにぎり(350円+100円)。いいねぇ、この澄み切ったうどんだし。九州のうどんなので讃岐とは違い、柔い麺。まずは、出汁を一口。そして、麺に行く。食べていくと、かしわ肉からも味が出てきて、変化していくのがおもしろいし、それがまたうまい!
 北九州のかしわうどんはうまい。特に駅うどん。
DSC06200
 ちょっと昼食時間帯にお店に行くのは厳しそうなので、昼食用に駅弁のかしわめしも購入。670円は駅弁にしては安い。小さめだけど。
DSC06201
 このグラデーションが美しい。
 ごはんにかしわの出汁がしみていて、しみじみうまかった!
 東筑軒はかしわめしだけで勝負しているので、駅弁も選択の余地が無い。サイズぐらい。それでも成り立つというのがすごいなぁっと。


※駅工事の関係で黒崎駅のうどん店は長期休業中です。その他の支店は東筑軒ホームページで。

↑このページのトップヘ