TK(ターキッシュエアライン)はイスタンブールでの乗継客向けに無料ツアーを実施している。
 丁度それなりに長い時間の乗継があったので、参加してみた。
 食事無料!交通費無料!入場料無料!ホントに全て無料!


TK無料ツアー"Touristanbul"

 イスタンブールは観光地として結構いいところだと思うんだけど、ターキッシュエアラインとしてはさらに利用者を獲得するべくイスタンブール乗継客を増やしていきたい。
 そこで実施しているのは、乗継客向けにイスタンブール市内ツアーを無料提供すること。
 エミレーツとかカタール航空とかも実施している市内無料ツアー。これは参加するしかない。

 ツアーの時間や、内容は公式ホームページを見ておくれ。
 短い時間のツアーだったりすると食事はつかない。


申込はホテルデスクで

 イスタンブールの空港の到着口を出たらひたすら右へ進むとホテルデスクがある。
IMG_20191229_072553
 ツアーイスタンブールはここで申込。
 ちなみに、搭乗券とパスポートを渡したら、特に何も言わなくても最大限の時間のツアーのセットが出てきた。もし、短いツアーのに参加したいということであれば、申し出ること。
IMG_20191229_072534
 こういったセットがもらえる。
 右のT19って書いてあるヤツは首からぶら下げられるようになっているので、ぶら下げておこう。わかるようになっていた方が何かと向こうの人にとって便利だ。
 申込後は開始時間になるまで待機。
 ぼーっとしたり外行ったりご自由に。
IMG_20191229_083149
 ホテルデスク前のベンチがあるところで、ツアー開始時間になると名前呼ばれるので返事しよう!
 手を上げてYes!とかHere!ってみんな答えてたよ。
IMG_20191229_084104
 いることを確認したらみんなでずらずら歩いてバス乗り場まで行く。
IMG_20191229_084243
 指定されたバスに乗車。
IMG_20191229_084905
 なぜかアジア人はアジア人で座る不思議。

スポンサードリンク

朝食

 さて、今回のツアーは2食付き。
IMG_20191229_092859
 なんか城壁見た。
IMG_20191229_094302
 朝食会場に到着。
 さぁ、朝ご飯だ!
IMG_20191229_094619
 パンとチーズと卵と野菜、オリーブがメニュー。
 やたらとパンにつけるジャムとかは充実してた。
 おいしいかって言うと……無料で文句言っちゃいけないよね。
IMG_20191229_104403
 はぐれたら、さっきの朝ご飯食べたお店に戻ってきてねと注意されて、見物に出発。
 アラスタバザールを通り抜ける。店をじっくり見たりする時間はもちろんない。
IMG_20191229_104414
 まぁ、基本的には見失わないようにスタスタ歩いて行く。


アヤソフィア

 行程表の一番最後に載っていたアヤソフィアにまず行く。
IMG_20191229_105140
 入場券購入で長蛇の列だったが、無料ツアーはチケット買わずに入場。
IMG_20191229_105219
 ちょっと手荷物検査では並んだかな。
IMG_20191229_112352
 さぁ、入るベ。
 入ったところで、戻ってくる時間を指定されて、中ではフリー見学。
 このアヤソフィアは歴史に翻弄されたというか、まぁ色々あったわけです。西暦360年(!)にキリスト教の大聖堂として作られた後、焼失。537年に再建され、オスマン帝国により1453年に収奪されて、モスクになった。1935年にトルコ共和国の手によって無宗教の文化財として開放されている。キリスト教からイスラム教に変わったわけだけど、モザイク画は漆喰で塗りつぶされていただけなので、後年漆喰が剥がされてモザイク画の修復が行われた。
IMG_20191229_112459
 一目で、あ、これすげーなって思う。
IMG_20191229_112534
 巨大な吹き抜け&ドーム。
IMG_20191229_113319
 秘密の通路感がある階段を上がると……。
IMG_20191229_113927
 今度は上からドームの中が見られる。
 これ、たぶん2時間ぐらいぼーっと見てられるわ。
IMG_20191229_113833
 これらの壁画は800-1200年頃に書かれたもの。
IMG_20191229_114142
 1000年以上前のモザイク画がこのように残っているというのは不思議な気持ちになる。
 もちろん修復などがされているんだけど、漆喰の下にあったからこれだけきれいに復元できるほど保存されていたのだろうか。
IMG_20191229_114343
 これだけの巨大な空間。
 これらの写真では正直良さが全く伝えられてないけれど、見学できてとても良かった。


ドイツの泉

 Hippodrome: German Fountainと言われるところ。
 日本語で訳すとドイツの泉。
IMG_20191229_120612
 正直、アヤソフィアのインパクトがでかすぎて、ふーんとしかならない。
 オスマントルコ帝国アブドゥルハミト2世王位就任15周年を記念して、ドイツ帝国ウィルヘルム2世が贈呈したものらしい。実はこのドームの裏側がモザイク画になっているらしい。見とけば良かった、ちくしょう!

スポンサードリンク

蛇の柱

 Serpentine Columnというところ。
 ……そもそも写真すら撮ってない。


テオドシウス1世のオベリスク

 Obelisk of Thedosiusというところ。
IMG_20191229_121030
 
元々は紀元前1490年、トトメス3世の時代にルクソールのカルナック神殿に建てられたもの。これをテオドシウス1世は3つに分割してこの場所に390年に建てた。ということは、ここに建って1,600年以上、元々は3,500年以上昔のもの!その割にはすごいきれいだし、とてもそんなに古いように見えない。


ブルーモスク

 ここ行くはずだったんだけど、閉まっていたので今回はスルー。
IMG_20191229_122649
 外観だけは見た。
IMG_20191229_122806
 中には入れないのは残念。

スポンサードリンク

ランチ

 さて、朝食会場に戻る。
IMG_20191229_122819
 みんなでとことこ歩く。
IMG_20191229_123223
 最初のバザールを通る。
 怪しい日本語を操るトルコ人に絡まれる。
IMG_20191229_123543
 というわけで、昼食会場に戻ってきた。
 毎日、毎日、ターキッシュエアラインからお金が入るから、実に安定した食堂だよね。
IMG_20191229_124901
 というわけで、昼食。朝食よりわくわく感がする。
IMG_20191229_125000
 この肉がうまかったなー。この後色々なところでこの料理食べるのだが、普通においしかった。


空港に戻る

 さて、またバスに乗り空港へ。
IMG_20191229_140013
 海岸線を走る。
IMG_20191229_145401
 空港に戻ってきた。だいたい15時ぐらいに戻ってきたので、ほぼ時間通り。


まとめ

 まぁ、なんというか時間がたっぷり見積もられているのでかなり時間が余ってる感はあった。
 特に昼食後。あまりにも時間があったのでバザールをちょっと見る時間ぐらいはあったよ。まぁ、これはブルーモスク行かなかったからかもしれないけれど。
 とにかく、無料で見られるのでちょっと長めのトランジットには最適!
 トルコ行ったことない人がトランジットする時には参加してみるといいと思う。あえて、長めにトランジットするのもいいかもしれないね。