FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:LCC > TW

 さぁ、帰るよ。
 激安だった大邱~成田のティーウェイ航空。


ホテルの税金を還付してもらう

 韓国はなにやらキャンペーンなのかそういう決まりなのかわからないが、ホテル宿泊費に含まれる税金を還付してくれる。全てのホテルが対象というわけでもなく、当局が認めた一部のホテルだけっぽい。
 今回は釜山と大邱で東横インに泊まったので、還付対象とのこと。チェックアウト時に還付用の証明書をもらう。東横インだったら日本語が通じるので話は早い……というか向こうから教えてくれた。
DSC07447
 というわけで急行バスで大邱空港へ。市街地に近くて本当いいね。
DSC07451
 ターミナル1階入ってずんずん右奥の方に進むと、還付受付してくれる事務所がある。コンビニCUの隣ね。
DSC07452
 ここね。まぁ、関税と一緒だね。
 めちゃくちゃ入りにくいけど、ドアを開けて入る。
 ホテルでもらった証明書に名前、パスポート番号、メアド、携帯電話番号、クレジットカード番号などを記入して、税関の人にスタンプを押してもらってから、ボックスに入れておしまい。
 たぶんそのうちクレジットカードを通じて返してくれるんだと思う。正直、うっかりしててちゃんと返ってきたのかチェックしてないけど、たぶん返ってきてるんだと思う。いくらかも忘れた。
DSC07455
 税関って国内線到着口の方にあるんだけど、そのとき気づいたのはやっぱり国内線は済州だらけ。大邱だとソウルも釜山もKTXで結ばれてるし需要がないのかな。まるで名古屋と立ち位置が同じ感じ。


出国

 さて、この小さな空港ですることもないので出国。
DSC07456
 ……とその前にこの先喫煙所がないんだった。
DSC07453
 一旦外に出て最後の一服。
 大きい空港でもないので、ラクラク出国。
DSC07457
 ちょっとね。早く出国しすぎたよね。
 ぼーっとしてたら、突然話しかけられて焦る。大邱空港についてのアンケートをやっているらしい。タブレットで答えるんだけど、ちゃんと日本語対応していた。
DSC07458
 ファーストエイドキットをもらったよ。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、長いことぼーっとベンチで座ってたけど、やっと搭乗開始。
DSC07459
 まさかのバスゲートだった。バスを降りて搭乗。
DSC07460
 座席はLCCらしい感じ。
 まぁ安いから文句は言えない。だって、航空券コミコミで4,250円。そのうちのほぼ半分は税金などなので運賃は2,180円。クソ安い。
DSC07467
 バイバイ大邱。また、来てみたいね。


機内~着陸

 LCCなんて日本の国内線と同じようなもんだから書くこともないな。
DSC07469
 安かったけど、減便の影響もあるのかなかなかの埋まり具合。
 このTW209便もこの日をもって運休。
DSC07470
 さて、成田でやんす。飛行時間は1時間40分。近いな。
DSC07473
 LCCなので、成田もバスゲートだったよー。


スポンサードリンク

 さぁ帰るよー。
 帰るよー。福岡へ。


なぜ福岡に?

 帰りの便がねぇ。
 成田だと14時55分発。なんだかちょっと早いし、値段も高かった。
 油断して、福岡便を見てみたら17時20分発!しかも、2,889円!
 クソ安いぜ!これで福岡でちょっと遊べるから、トータルでは高いけど無問題。
 それにしても2,889円の内訳が、空港施設利用料2,019円、燃油サーチャージ430円、航空運賃が440円だった。航空運賃440円って!いくら近いって言ってもさー。しかも、ほとんどが空港施設利用料に費やされてる!
 結果、福岡から羽田の飛行機が今回の旅行で一番高かったんだけどな。


急行1系統バスで空港へ

 さて、市内中心部から急行1系統バスに乗り空港へ。
DSC06375
 この急行1系統は地下鉄がない空港に行くことはもちろん、市内も東大邱駅や中心部を押さえてるのでめっちゃ便利。ちょっと運賃が高いけど、停留所が少ない分速くて良い。西門市場とかだと東大邱駅に行くのは不便なんだけどこのバスだとさっと行けるし。
DSC06377
 まぁバス停の看板見てもあんまりどこは知ってるのかよくわかんないんだけどさ。

スポンサードリンク

チェックイン&ラウンジ

 つーわけでチェックイン。
DSC06378
 ビックリするほど空港が閑散としてるんだけど大丈夫か?
 いやGSOMIAの関係で冷え込んでたから大丈夫じゃなかったんだけど。
DSC06379
 プライオリティパスが使えるラウンジがあって、大邱空港は大韓航空ラウンジ。
 とはいえ、国内線向けっぽい感じ。セキュリティーチェック前にあるので使いにくいっちゃー使いにくい。
DSC06380
 まぁ、お飲み物がちょっとあるだけ。
DSC06381
 ちなみにガラガラだった。
 BGMもないのであまりにも静かすぎて居心地悪い。
DSC06386
 それにしてもなんで福岡だけカタカナなんだろうな。


出国

 大邱は小さな空港。
DSC06388
 とはいえ、そこそこいろんな所に飛ばしてるよねぇ。
 まぁ、ほとんどがチェジュ航空、エアプサン、ティーウェイ航空のLCCばっかりなんだけど。
 その他LCCはタイガーエア台湾とベトジェットエアが飛んでる。
 FSCは大韓航空と中国東方航空だけ(国内線はアシアナも)。
DSC06390
 国内線は済州行きばかり。
 韓国国内線ってもう済州がらみしかほとんどないのかな?
DSC06391
 国際線は先ほど書いたとおり色々行先あるけど、コタキナバルに需要があるんだろうか。 
DSC06389
 これまたガラガラのセキュリティーチェックを通過して出国。
 1つしかブースが開いてないのに空いている。


出発

 いやー、これはギリギリに入った方がいいね。
DSC06393
 出国後エリアは何も無いし、狭い。一応免税店と市内免税店の受取カウンター、それとコーヒーショップがあるくらい。早く入りすぎると何もすることがない。
 それこそ日本の地方国内線空港と同じぐらいの大きさ。
DSC06392
 というわけで1番ゲートから。
DSC06394
 今日の飛行機はB738。いつもの飛行機だね。
DSC06395
 座席はあんまり広くないけれど、エコフラットできた。フラットする時間ないけど。
DSC06400
 バイバイ大邱。

スポンサードリンク

機内

 離陸から着陸まで39分。
 ブロックされてない時間なんて10分ぐらいしかなかったと思われる。
DSC06408
 機内はまぁ、50%ぐらいの搭乗率かな。
DSC06412
 なんか色々と危うい人形は健在。
DSC06413
 そして、数少ないサービス時間でなんかカードが配られた。
 なにこれ?消防士さんに感謝みたいなカード?
 意図とか色々と謎。


あっというまの福岡

 というわけであっという間の福岡。
DSC06415
 いやー、近いね。
 ホント近いね。
DSC06416
 お、これは貝塚駅!
 そういや西鉄貝塚線って乗ったことないなぁ。
 伊丹と福岡は街中を飛ぶから楽しいよね。
DSC06420
 着陸~。


スポンサードリンク

 さぁ、飛ぶっぺよ。韓国へ。
 在日のえびちゃんが待つソウルへ。

伊丹から関空乗継

 いわて花巻空港利用者で海外に出る人には避けられないのが伊丹関空乗継。
 もちろん伊丹空港~関西空港間の直行バスを使うのが一番ラク。所要時間は70分、運賃は1,950円、本数は30~60分ごと。でもね、伊丹空港に着いたときには丁度出発してしまっていて、次の便は40分ぐらい先だった。
DSC07721のコピー
 というわけで、本数が多い難波行きに乗ることにする。
 こちらは所要時間30分、640円、20分ごとに走っている。難波から南海電車に乗ってもラピートで所要時間36分、割引チケットで1,270円(計1,910円)なので、都合がいい時間帯にバスがなければこのルートも充分にアリ。ラピート乗らなければ更に安くなって所要時間44分、920円(計1,560円)。まぁ、若干時間かかるけどありだよねぇ。
DSC07726
 ラピートに乗ると見せかけて、空港急行で行ってみる。だって南海電車乗りたかったんだもの。
DSC07731
 ちなみにバス降りてすぐの所にある金券屋で南海電車の時差回数券ばら売りを購入。空港バス乗降場と南海電車の駅は横断歩道渡る必要があるものの、それほど遠くないというかターミナル駅にしては近い。
DSC07728
 ボロいのが来るかと期待してたけど、そこそこ新しいヤツが来た。
 といっても登場してからもう25年ぐらい経ってるんだけどさー。
DSC07735
 空港急行はそれほど混まずに関空まで直行。
DSC07736
 JRと南海が同じ線路を走っているの萌え~♪


関空から初出国

 さて、関西空港駅。
DSC07743のコピー
 すげーな。外国人だらけだぜ!
 昔関空に行ったときはビックリするぐらい閑散としてたのにな。
DSC07744
 まぁ、中華系の人々も多いけど、一番多いのはやっぱり韓国人。
 関空~仁川で一日に25便も飛んでるんだもんなぁ。
DSC07745のコピー
 今回はティーウェイ航空。飛行時間なんて短いんだからLCCで充分。
 ピーチはどうだったか分からないけれど、日韓線の韓国LCCはだいたい受託手荷物が無料。きっと手数料取るとみんな持ち込もうとして収拾がつかなくなるんだと思う。LCCでかなり安い運賃で売ってるのに受託手荷物が無料なのはありがたい。4つしか窓が開いてないので、結構並んだ。

スポンサードリンク

ラウンジ金剛

 もちろんLCCなので、ラウンジはない。
 だけど、楽天プレミアムカードを持っているのでカードラウンジは使える。
DSC07756
 というわけで、買い物を終わらせてラウンジ金剛へ。
DSC07757
 もうね、超ゲロ混み。
 ザ・芋洗いラウンジ。
 まぁ、仕方ないんだけどね。カードラウンジだし。


搭乗

 さて、ゲートに移動。
DSC07754
 29番。シャトルからも近いし、喫煙所もあるし、ラウンジ金剛も近いという絶好のゲートから。
DSC07758
 特に面白みもないB737。
 さぁ乗るっぺよ。
DSC07759
 座席は別に普通。
 多少前後の間隔は狭いかもしれないけれど、特に問題はない。
DSC07760
 ほぼ満席の旅客を乗せて出発。


LCCだけど飲み物が出た

 日韓路線はLCCが何社もガチンコ対決しているので、サービスの差別化を図ろうとしているのか飲み物が出た。
DSC07761
 なんの飲み物だったか思い出せないけど、水か茶のはず。
 まぁ、なくてもいいと思うんだけど、どうせ人件費が一緒なら配っちまえって所なのかしら。
DSC07763
 機内販売カタログを読んでみる。
DSC07762
 なんかティーウェイ航空のキャラクターっぽいんだけど、なんかギリギリ。
 ちなみに口は「×」じゃなくて「Y」だよ。

スポンサードリンク

到着

 あっという間に到着。飛んでる時間って1時間半もないんじゃないかしら。
DSC07764
 隣国なだけあって、日本語表記充実。
DSC07768
 「貨物投下中!」
 まぁ、投げてるんだろうね。


空港鉄道でソウル駅へ

 さて、鉄道の駅へ移動。
DSC07772
 なんだかすごい広いけど、使ってるのは1面2線だけという謎の駅。
 先に来た各駅停車でソウル駅まで行くことにする。
DSC07773のコピー
 電車の中はLINEだらけだった。さすが韓国企業!でも、韓国でメジャーなのはカカオトークなんだっけ?
DSC07774
 車内案内表示も日本語対応やで。
DSC07776
 ソウルに向けて橋を渡るよ!


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ