FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:その他の航空会社 > BC / SKY

 行ったこと無い空港シリーズ。


500円バスで茨城空港へ

 今回は行ったこと無い空港シリーズ。
 年明けから国内飛ばしてるなぁ。結果的にコロナの影響を受けず、アフターコロナの旅先がなくなるという良かったんだか、悪かったんだか状態。
 というわけで、今回は北東京国際空港茨城空港。
DSC01143
 東京駅からバスに乗りまっす。
DSC01145
 京成グループの関東鉄道バス。行き先表示は多国語対応。いっつも思うんだけど、対応すべきは簡体字よりも繁体字だと思うんだ(来日者数的に)。
DSC01146
 乗車率はだいたい6割ぐらいと行ったところ。
 宝町から首都高に乗り、くねくねくねくね走って常磐道へ。
 千代田石岡ICで常磐道を降りて、一般道を走ってやっと茨城空港へ。
DSC01147
 東京駅から1時間半。やっと到着。まぁ、成田と大して変わんないだろって言われればその通りだけど。
 あちらはずーっと高速道路だけど、こちらは高速降りてから長く感じた。
 運賃は航空便利用者割引運賃で500円。ただ、県からの補助金が打ち切られたため、現在は航空便の利用の有無にかかわらず1,530円。うーん、使うかなぁ。東京在住で飛行機が(相当)安いならアリかもしれない。


スカイマークのための空港

 ターミナルに入る。
DSC01150
 え、ついにターミナルの営業時間表記が中国語だけになっている。
DSC01148
 茨城空港は国内線はスカイマークしか飛んでおらず、事実上スカイマークのための空港。
 スカイマークが大きな顔をできるのはここと神戸空港だけ!
DSC01149
 とはいうものの、お土産屋&コンビニはJAL系列JaluxのBLUE SKYが出店していることに驚き!
DSC01155
 2階のお土産物屋では納豆売りまくってたよ。さすが、茨城。
DSC01156
 何かの撮影やってた。
 確かに空港っぽい施設で東京からも近いところで、撮影許可が深夜じゃなくても出るのはここのメリット。

スポンサードリンク

時間があるのでお外をぶらぶら

 バスの時間が悪くて、時間を持て余す。
DSC01153
 展望デッキから飛行機を見る。
 自分でくるっと回転して出て行く系の空港なのね。
DSC01158
 続いて、お外をお散歩。
 右側が異様に明るいのは撮影のライトのせいな。
DSC01162
 ちなみに茨城空港の外で一番近いコンビニはセイコーマートな。これテストに出るから。
 ちゃんとセコマらしい商品を売っていた。近所に欲しい。
DSC01171
 元々は(今も)自衛隊の航空自衛隊百里基地なので、戦闘機の展示があった。
DSC01174
 暗いのでよく見えないんだけど……。


搭乗

 さて、いよいよ搭乗。
DSC01177
 お客さんいないねー。待合室もガラガラだねー。
DSC01178
 今回の行先は神戸!スカイマークが大きな顔をできる二大空港だぜ!
DSC01181
 さて、搭乗。
 雨が降ってきたので蛇腹の雨よけが登場。
DSC01183
 乗りまーす。
DSC01185
 あぁ、久しぶりだスカイマーク。
 この感じがなんだろうね。ANAより座席がとても厚く見える。


着陸

 飲み物の機内サービスはスカイマークなので有料(100円)。
DSC01187
 だけどキットカットくれる。これ、スカイマークならではだよね。
 でも、FDAだったらハラダのお茶とシャトレーゼのお菓子くれるぜ!
 そんなこんなで、宇都宮~高崎~飯田~岐阜~長浜~丹波篠山を通って北西側から神戸空港へ。
Screenshot_20200713-225428-01
 一旦空港南側を通って180℃ターンして東側からアプローチ。
 関空や伊丹を邪魔しないようにするためか、結構きちきちなルートを取ってるよねぇ。
DSC01192
 というわけで着陸~。
DSC01193
 きっちり定時運航でございました!

スポンサードリンク

スカイマークのための空港その2

 スカイマークが大きな顔をできる空港、その2の神戸空港!
DSC01197
 到着便もスカイマークだらけやで!
DSC01198
 カウンターも半分はスカイマーク!
DSC01199
 ……と思ったらFDAが裏側にいたわ。
 これ、FDAに乗る人初見殺しなんじゃないかな。駅の方から来ると全くFDAのカウンターが見えない。
DSC01201
 えーっと神戸の夜景は1,000万ドルだっけ?
DSC01202
 うーん、やはり神戸の夜景は神戸空港より六甲山から見た方がいいな。


スポンサードリンク

 むしゃくしゃして乗った。どこでも良かった。後悔してない。


お久しぶりのスカイマーク

 どこでも良かったので前日でもそこそこ安く取れて、今まで一度も利用したことがない空港に飛べるということで、仙台発神戸行きの便を運航しているスカイマークにしてみた。
 当ブログ初登場となるスカイマーク。
 以前乗ったのはJGCとかになる前だから……いつだろ、7年ぐらい前かな。
 カテゴリもどうするか悩んだけど「ANA系」ではなく「その他の航空会社」にした。
 ANAの言うこと一切聞かない子だからね。羽田枠が欲しいからスカイマークを手に入れるために、禁断の果実(A380)に手を出したが、結局は言うことを聞かない子になったスカイマーク。ざまあみろ。


早朝ドライブして仙台空港

 いやー、遠いよ。
 早朝から3時間ほどドライブして仙台空港へ。
DSC06223
 ホント遠い。でも、使えるレベルで便が出ているのは仙台空港になっちゃう。
 国際線は台北、仁川、上海だけで、しかも曜日運航便ばかり。国内線はともかく国際線は使いづらい仙台空港。
DSC06224
 まだまだ現役だったときのパタパタ。
 この後、ターミナル増設工事が進捗してお役御免になったはず。

スポンサードリンク

アップグレードする

 自動チェックイン機で搭乗券を出力。
DSC06225のコピー
 出てきたのは、中央の席。
 あれ?こんな席、おれ指定してたっけ。そもそも指定してなかったんだっけな。
 さすがに中央席はイヤだなぁと思っていたら、カウンターにこんな表示が。
DSC06226
 お、1,000円でバルク買えるのか。
 よし、買ってみよう。
DSC06227のコピー
 どうせスカイマークに乗る層は、あんまりアップグレードしないと思われるし、スカイマークでアップグレードしたことがないのでやってみた。それにしても「足のばシート」ってネーミングどうにかならんのかね、って思ってたら名前が「フォワードシート」に変わってた。前方座席に座れるだけでなく、機内での水や優先搭乗や荷物優先返還などのベネフィットも付く。
 ちなみに、足のばシート買ったのは私を含めて2人ということで、1列独占が決定。


搭乗

 さて、ギリギリの時間に着いていたので、そのまま手荷物検査を受けて搭乗。
DSC06229
 毎度おなじみ738。スカイマークもなぁ、なんで大きい機材に手を出しちゃったんだろうなぁ。
 738でやっていけば充分に儲かる会社だったのにね。
DSC06232
 さて、搭乗しまっす。
DSC06237
 バルクシートなのでエコフラは不可能。
 確かに広い。当たり前だけど。
DSC06239
 各座席にはコンセントが付いてる。
DSC06240
 ちなみにABC側よりもFGH側の方が壁までの距離が長くて、広い気がする。
DSC06241
 お隣はピーチですな。
 それでは行ってきまーす。


機内サービス

 あまりにもお久しぶりスカイマーク過ぎて色々観察。
DSC06244
 安全のしおりとタブレット操作説明書。
 タブレットってなんだっけ?なんか足のばシートの人はただで借りられるって感じだった気がするけど、別にインターネットに繋がるわけじゃないので借りず。
DSC06247
 お、機内誌は丁度神戸が特集。
 そうだよねー。神戸空港はスカイマークの根城だからね。
DSC06246
 スカイマークはドリンクサービスが基本的に有料なんだけど、小さいペットボトルの飲み物が100円っていうのはいいよね。ドリンクサービスはないけど安価で提供という方針は昔からやってるけど、結構好き。
DSC06258
 というわけで足のばシート特典の水と、全員タイアッププレゼントのキットカットをゲット。
DSC06257
 飛行機は猪苗代湖を見ながら飛ぶ。

スポンサードリンク

着陸

 さて、初めての神戸空港。
DSC06267
 明石海峡大橋の真上を通過。
 高度を下げて着陸。
DSC06272
 おおー、神戸空港や。
 他のスカイマーク機もおるなぁ。


神戸空港をちょっと探険

 出発では使わないので、出発側をちょっと探険。
DSC06275
 ANAだね。
DSC06276
 そして他では隅に追いやられている(というか家賃が安いから隅にいる)スカイマークのカウンターが神戸空港では堂々と設置。そりゃそうだよねー。神戸空港で一番便数が多いのはスカイマークだからね。
DSC06273
 屋上の見学デッキにも行ってみた。
 うん。教科書のような写真がきれいに撮れるね。
DSC06280
 おおー。確かに神戸や。


ポートライナーで中心地へ

 さて、神戸に行きますか。
DSC06281
 隣の駅はコンピュータの前や。
DSC06282
 さて、神戸では何しようかな。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ