FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:スリランカ > スリランカ_ホテル

 ダンブッラのお宿。
 まぁ、泥沼トラブルにはまらなければ、まぁまぁなホテルなんじゃないでしょうか。
 (Trip Advisorだとオーバーブッキングで、他のホテルに移動させられたみたいな口コミあり)


石窟寺院までの距離が近い&ホテルへの移動はトゥクトゥク

 特に決め手となるものがなかったので、ダンブッラ一番の観光スポットであるダンブッラ石窟寺院までの距離で決めた。0.7kmって書いてあるけど、結構歩くので注意が必要だ!
 ちなみにバス停から近いところに宿を取るのがいいと思うけど、バス停の近くにはそれほどよさげな宿はないので、比較的に近いのはここになると思う。バス停からはトゥクトゥクで移動。だいたいふっかけてくるので、要注意。
 あと、次の日のシギリヤ観光の売り込みがあるけど、同じ値段でホテルが車を手配してくれたので、クソ暑くて乗り心地が悪いトゥクトゥクよりか冷房が効いた車の方がいいと思うよ。だいたい、前の旅行者が書いた「この人はいい人」とかメモを見せられるのが常套手段だけど、信じてはダメだ!ホテルでの交渉に使えるので、この時の値段を覚えておくこと。
 一泊二食付きで一部屋8,500円。二人で止まれば4,250円。お手頃価格だぜ。


ホテルにチェックイン

 ここにホテルがあるのか心配になる看板。
DSC05320
 草に覆われておる。心配になるけどここだ。
DSC05321
 物々しい防御機能抜群な鉄の門をくぐるとチェックインできる棟がすぐそば。
DSC05319
 ここでチェックインする。
 フロントは冷房効いてないよ。

スポンサードリンク

部屋

 写真撮るの忘れちゃったよー。
 部屋は別棟でコテージというか長屋というか。
 まぁまぁ、きれいと言えばきれいだが、あまり期待しすぎるのは禁物。
 あと、シャワールームではアリの大群が道を作ってたよ。部屋に入ってくることはなかったけど。
 タバコは外で。外にテーブルとイスが設置してるので、灰皿よこせって言えばくれる。


ホテルの周り

 暑い中がんばって歩けばダンブッラ岩窟寺院に行ける。
DSC05324
 日用品売ってる店(兼食堂?)がある。
DSC05325
 果物屋さんもある。
DSC05326
 マンゴー売ってたので食べる。これで100LKRなので、70円ぐらいか。安い。
 味はまぁまぁ。まぁ、安いからね。そこそこ甘かったよ。


夕食

 さて、夕食。
 食事付きなので食べる。このホテルだと外に出て食事をしに行くというのは厳しいと思う。
DSC05361
 まぁ、写真だとよく見えるよね。
DSC05362
DSC05364
 食事はカレー中心。当たり前だけど。
 あとは野菜だのなんだのあった。
DSC05367
 まぁ、華があるものはそれほどない。っていうかほとんどない。
DSC05365
 ビールも飲めるでよ。
 スリランカのビールでLIONビール。なかなかおいしかった。
 ビールって不思議だよね。その現地で飲むとすごくおいしく感じるけど、日本で飲むとそれほどおいしくなかったり。それだけ、その土地の気候に合わせて作ってるってことだよね。オリオンビールも沖縄以外で飲むといまいちだしね(個人的な感想)。まぁ、本州だとアサヒビールが作ってるからちょっと違うのかもしれないけど。

スポンサードリンク

プールバー

 一応、このホテル、プールもある。
 プールに入って飲めるバーもある。プールに入らなくても飲める。
DSC05368
 あらやだ。すっごくいかがわしい雰囲気で写真が撮れちゃったわ。
 というわけで、あとはしっかり寝て、体力を回復させよう。シギリヤ観光はハードなのだ!


日本語できるスタッフがいた!

 ホテルは英語がちゃんと通じる。
 あと、この日は日本語ができるスタッフがいた。しかも、奥さんが日本人ってことで、かなり上手。
 ただ、これはたまたまこの日いただけかもしれないので、いつもいるかはわからない。なんか、建物の工事で一時的に来てるから、単身赴任で日本に帰りたいとか言ってたし。一応、食事の手伝いとかもしていたのでホテルのスタッフだとは思うけど。
 スリランカって意外なところで日本語できる人が出てくるからビックリする。

 岩手にいるとシャングリラJADE更新は至難の業。
 よって、とにかくシャングリラ系列に泊まらないといけないわけです。
 というわけで、今回のスリランカ旅行のコロンボ宿泊は当然シャングリラホテル!


空港からはUberで移動

 前回の記事でも書いたけどUberで移動。
 一応、念のためにUberプレミアにしたけど、来たのはカローラアクシオ。
 プレミアでカローラアクシオなのかwww
DSC05202
 5年ぶりのコロンボは空港から市内まで高速道路ができてた。
 まじかー!5年前の空港からチャーターした車は、無理矢理横断してきた歩行者を轢きそうになるし、空港までチャーターした車は国道を避けた裏道を行った結果、未舗装の田んぼの中の道をひたすら走ってどこに連れて行かれるんだか不安になったけど、今は違うな!
DSC05204
 市内にもなんだかよく分からない形のタワーが建設中!
 運ちゃん曰く、ロータスの形らしい。
DSC05205
 シャングリラが見えてきた1
 空港からシャングリラホテルまで40分で到着!速いぞ!
 運賃はLKR2,400ぐらい。コロンボの空港って結構距離があるからこの値段だったらひとりでもUberがいいかもしれない。たぶん空港で車をチャーターするより安いか同じくらい。


到着!

 さて、到着。
DSC05225
 オープンは……2017年だったかな。まだまだ新しい施設。
DSC05306
 ロビーに模型があるけど、他にも色々建ってビジネスセンター的な街になる模様。シャングリラ以外はまだまだ建設中。ちなみに中国資本。
DSC05497
 ロビー。中に入るとやっぱり涼しいぜ!少しでも外に出ると暑くて仕方ないが、汗がすっとひく涼しさ。
 モバイルチェックインの窓口は普通のフロントと区別がないので、特にモバイルチェックインの恩恵はなし。

スポンサードリンク

部屋

 ちょっとだけランクが上のオーシャンビューの部屋にしてみた。
DSC05209
DSC05208
 んー、ちょっと狭くねぇ?一泊25,000円程度のホテル。もうちょっと広くてもいいような……。
DSC05207
 チョコレートだのフルーツだのモリモリ。
 左側のはJADE特典のウェルカムアメニティ。
 パイナップルの器にのったチョコレートが意外とうまかった。
DSC05212
 スリランカらしく、象の置物があった。


水回り

 さて、水回りチェック。
DSC05210
 水回り。まぁ、標準的か。ウォシュレットではなかった気がする。
DSC05211
 シャワー。
DSC05490
 ちなみに一回目泊まったオーシャンビューの部屋はバスタブなかったけど、レイクビューの部屋に泊まった時はバスタブがあった。
DSC05254
 ちなみに、シャンプー類はSPA CEYLONのもの。スリランカでは有名ブランド。日本にも銀座とか日本橋にお店出しちゃってる。2009年からのブランドみたいだけど、コロンボ中心部にもお店が何軒かある。香りは結構よかったよ。


ウェルカムティーがくる

 高めのシャングリラなので、ウェルカムティーが来る。
DSC05221
 いいねぇ。中国中国していて良い。
 安めのシャングリラだとこういうサービスはない。
 外は暑いんだけど、熱いお茶を飲むとホッとする。

スポンサードリンク

窓からの眺め

 さて、窓からは海がどーん!となる部屋もあるけど、オーシャンビューでもまぁ海は見えるけどねぇ……みたいな部屋だった。
DSC05216
 確かに海は見えるけれど……、工事現場やんけ!
 オーシャンビューの部屋次第では窓の前に、海がどーん!夕陽がどーん!の部屋があるはずなのでこれは運次第かな。
DSC05494
 レイクビューはこんな感じ。
 奥に湖が見えるな。手前も一応湖……かな。
DSC05496
 ちなみに列車がどこどこ走ってるのも見えるぜ。


プールと喫煙所

 プールにも行ったよ。
DSC05218
 暑いとはいえ、プールの構造上お昼ぐらいまでは日陰なので、その時間にぼーっとするのがいいかも。
 西側に面しているので午後になると日光直撃になる。
DSC05257
 海側の北側は絶賛埋め立て中。これも中国資本。
 スリランカは中国に乗っ取られつつあるなぁ。借金のカタに港とられちゃったし。
DSC05219
 プールと反対側に行くとテラスみたいになっていて、ヒルトンビュー。
 こっち側には灰皿があるので、タバコ吸う人はここで。
 もっとも、スリランカはタバコの免税枠ないけどな!


周辺

 うん。何も無い。
 どこに行くにもタクシーかトゥクトゥクは必須かな。暑いし。
DSC05232
 ちなみに海に行くと、海に出っ張った展望台があったりするのでこんな風景が見られるよ。
 真ん中のビルがシャングリラ。右側がなんか中国が建ててるビル。

スポンサードリンク

朝食はそこそこ充実

 さて、朝食。
DSC05302
 まぁ、一般的なものはそろってるよ。
DSC05301
 エッグステーションやら、スリランカ料理の調理実演もあったりする。
DSC05303
 マスタードが何種類かちゃんと用意してあっていいね。
DSC05304
 スリランカ料理コーナー。カレーだぜ。
 食べるもんがないとかそういったことはないと思う。
 結構ちゃんとしているのでおいしかったぞ!


まとめ

 ハードソフトともに問題なし!
 特にハードは新しいのでいいぞ!
 その一方で、スリランカ物価水準とかから考えると少し高め。
 そして、交通アクセスは不便。まぁ、これはタクシーやらトゥクトゥクやらUberを使えば問題ないかな。ただ、スリランカのUberは安いヤツにするとドライバーの質が劇的に落ちるので、ちょっと高めのヤツにした方がいいかも。

↑このページのトップヘ