FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:その他の航空会社 > OD

 さて、お久しぶりに新しい国へ行く。
 何の因果か行くことになってしまった。


5ちゃんで煽られたから乗る!

 いやー、行くと思わなかったね。
 しかも、一人で行くとは思わなかったね。
 だって、行ってみたいけど行くときは誰か英語ができる人と行こうと思ってたから。
 でもさ、
 こんなんアンケートしたらこんなんでたんです。
 みんなひどいよねー。自分じゃないからねー。
 一つだけ入れたネタ場所に15名の方が入れやがった。
 5ちゃんの人々にも煽られる。
 おぢさん煽られちゃったからね、ここで行くことを決意したよ。
 てっぺこりんの予定を聞いて、飛行機の便も調べて行くことにした。
 ちなみにマジで前日に手配って言うね。

 で、結果が前回の早朝ペナン発。そして今回のダッカ行き。


ラウンジはない

 マリンドはラウンジがKULにない。
 結構便数出してるんだからラウンジ作れよって気がするけどない。
DSC04131
 代わりにミールバウチャーくれる。
 それはいいんだけど、使えるところがほとんどサテライト。
 でも、だいたい出発するのはメインから。いや、アホでしょ。ちょっとアホでしょ。
DSC04132
 というわけで、色々使える中にあるラウンジっぽいところへ。
 SamaSamaExpressホテルのラウンジが使える。
 まぁ、アルコールはないけど色々食べられた。しかし遠い。
 サテライトの電車降りてから逆方向に歩いた端にある。
 トランジットで滞在するならともかく、飛行機乗る前に行くラウンジじゃないな。

スポンサードリンク

延々と戻ってメインターミナルから搭乗

 さて、搭乗。
 バスゲートから。
DSC04134
 おう、どうせドンムアン行きに乗るんだろうが、なんて煽られたりしたけどダッカ行きに乗るよ。
DSC04135
 バスを降りてワラワラと航空機に群がる人々。
DSC04138
 ビジネスクラスはおなじみの座席。
 1Fに座ってたけど、なぜか1Aに移動させられた。
 ビジネスクラスはガラガラ。俺とたぶんダッカ出張のマリンド社員の二人だけ。


KULの色々な飛行機見ちゃう

 さて、出発。
 KUL空港の色々な飛行機見ちゃうよねー。
DSC04139
 真っ白なジャンボが見られたり。
DSC04141
 よくわからない謎の野良ジャンボが見られたり。
 持ち主不明とか言われてたけど、未だ解決してないのかしら。
DSC04142
 使い道がないA380も見ちゃったり。
 こいつらもどうするんだろう。メッカ巡礼に使うとかピークの日本線に入れるとかたまに飛んでるけどね。
DSC04152
 というわけで、離陸後海に出る。
 とはいえ、飛行ルートは洋上に出ず、マレー半島西海岸をなぞる。
 マレーシアからタイ、ミャンマーを通過し、バングラデシュへ。


機内食

 機内食はワンプレート。
DSC04155
 えーっとピリヤニ?
 右側の野菜が極悪非道なくらい辛かった。

スポンサードリンク

いよいよバングラ上空

 さて、いよいよダッカへの着陸。
DSC04160
 空気が悪そうな感じの視界。
DSC04159
 田んぼはわかるんだけど、謎の茶色い施設。
DSC04161
 これなんだろ?
 茶色い敷地に煙突が立ってる。
 火葬場?それだったら、こんなにたくさんないよねぇ。
 ……と不思議に思ったら、てっぺこりんが教えてくれた。レンガ工場だって。


着陸!

 いよいよ着陸。
DSC04162
 空港はどんなんだろうか。
DSC04163
 無印ジャンボがいた。カーゴの模様。
 一応、これは現役みたい。
 あと、その後ろにはキャセイも。キャセイもカーゴっぽい。
DSC04166
 意外と空港はきれい?


入国

 さて、ビザを取らねばならぬ。
 写真撮っていいかどうかわからなかったので写真はナシ。
 Arrivalの方向へずんずん歩いて階段を降りたところあたりにVisa On Arraivalブースがある。
 日本国籍の場合無料なので、お金を支払う必要はなし。アライバルカードとビザ申請書(A4サイズ)を書いて、ブースに並ぶ。といっても運が良かったのか誰も並んでなかった。
 質問は結構される。「何日?」「どこに泊まる?」「ホテルはどこ?」「この電話番号はどこの番号?」みたいな。バングラデシュでの連絡先とか必要みたいなので、少なくともホテルの電話番号とか覚えておく必要があるし、できればホテルの予約控えとか、出国便のeチケット控えとか、印刷して用意していった方がいいと思う。
 結果的には、私の時はそれを見せろって言われることなかったけどね。こういう国では用心しておいた方がいい。

 アライバルビザをもらったらこの時点で入国手続は完了。
 イミグレに並ぶ必要は無いので、横の通路みたいな所から手荷物受取所へ向かう。
 空いていれば教えてくれると思うよ。

 無事、入国。

 令和一発目のフライトはペナンから。
 令和の新しい志で飛行機に乗る。


早朝のペナン空港

 早朝にGrabを呼んでペナン空港へ。
 Grabつかまらなかったらどーしよーとか渋滞してたらどーしよーとか思って早めにでたら、かなり早く着いた。
 いや、もう眠い。
 眠すぎる。
DSC04119
 人もそれほど多くない。
 とりあえずすることもないので空港探険。
DSC04121
 喫煙所はあるね!良し!


とりあえずプラザプレミアムラウンジへ

 早く着きすぎてしまってどうしようもないので、プライオリティーパスが使えるプラザプレミアムラウンジに開店と同時に入る。
DSC04122
 オーダーメニューがあったでよ。
 とりあえず朝ご飯食べる。

スポンサードリンク

出発

 たった45分ぐらいのフライトなので何も無いのよ。
DSC04120
 ゲートはB5から。
 お外は真っ暗よー。
DSC04124
 機材はB738。マレーシアの国内線はATRばっか乗ってたから大きく感じるぜ!
 なぜか非常口を俺に与えるマリンド。えー英語自信ないよー。
DSC04127
 朝日とともに飛びましたん。
DSC04128
 KULに付いた頃にはすっかり明るくなっていた。

 ごめんねー、今回手抜きっていうか書くことがなかった。
 次回多めに書くからね!

 特にしたいこともなく、予定もなく、航空券もなく、あっちへこっちへふらふら~。
 クアラルンプールのShangri-la系ホテルが満室だからペナンに行く。


えびちゃんとご飯を食べる

 確か前日に突然アポを取ってえびちゃんを呼び出す。
 「いっつも急ね」とか言われた気がする。ごめんなさい。行き当たりばったりなもので。
DSC04058
 なんとか料理だったけど何料理か忘れた。
 メッセンジャーの履歴をほじくり返したらあった!パダン料理の店。店名はー忘れたー。
DSC04061
 うむ。いつもながら美しいのぅ。


KULじゃなくて鉄道開通したSZBへ

 クアラルンプールにある二つある空港のうちの一つ、SZB(スバン空港)へ。
 みんながいつも使ってるKULじゃないよー。
 まぁ、ATR機ばかり飛んでいる空港なんで、東京で言えば調布空港みたいなものか。いや、それよりかは大きいし、国際線も飛んでるんだけど。
DSC04063
 Grabで颯爽と乗り付けると、ターミナルビル内の鉄道の案内を発見。
 あー、そういえば工事してたね。
DSC04064
 駅前広場が絶好調工事中。そして空港までの道がまだ未舗装という状態。
DSC04066
 時刻表を見ると1時間に1本あるかどうかという本数。
 うーん、ちょっと厳しいよねぇ。まぁ、運賃は安いし鉄道によって時間が読めるようになっていいのかもしれないけど。所要時間は30分、MYR10なので本数の少なささえ目を瞑れば安く移動できるね。
DSC04068
 さて、空港に戻る。
 こじんまりとした空港ではあるんだけど、お店は充実している。
DSC04069
 便数もそれなりに飛んでるよねー。
 国際線はシンガポール、インドネシア、タイなどにちょこちょこと飛んでる。
 シンガポールはチャンギじゃなくてセレター空港なのがレア。今のところセレター空港に飛んでるのはここだけなんだよね。一回ぐらいは乗ってみたい。

スポンサードリンク

搭乗

 とはいえ、大きい空港ではないのは確かなので、ラウンジも航空会社のはなし。プライオリティパスラウンジはランドサイドにあるけど、めんどくさいのでパス。とっとと手荷物検査を受けて、搭乗待合室に入る。
DSC04071
 そこそこ便数出ているのだけど、全てがATR機なので、搭乗待合室はビックリするぐらい小さい。


DSC04073
 さて、搭乗するよー。
 ボーディングブリッジなんてあるわけなく、バスゲートでもなく、とりあえずてくてく歩く。
DSC04074
 ゲートをくぐってもてくてく歩く。複数便の客が混じっちゃったりするので、別の飛行機に行かないよう気をつける。
DSC04077
 さぁ、乗るよ。
 そんな搭乗客が混じる動線なので、搭乗券のチェックは厳密。
DSC04078
 座席はATR標準。狭い。
DSC04080
 座席はほぼ満席。
 そもそも当日に予約していて、通路側しか取れなかったので仕方がないよねー。
 よって、窓からの写真もナシ!


到着

 機内食もドリンクも何も無く着陸。
 おい!PEN-SZBのFireflyだとドリンクとパンの支給があったぞ!
 
 マリンドはないのかよ!
 まぁ、仕方ないか。1時間もないフライトだし。
DSC04081
 というわけで降りるときもてくてく歩いてターミナルへ。
 なんかいいよね。歩いて飛行機乗ったり降りたりするの。
DSC04084
 というわけでGrabに乗り込んでホテルジェンに収まりましたとさ。

 帰りは14系客車の夜行のつもりだったけど、14系じゃないならジョホールバルに用はない。
 とっととクアラルンプールにかえるっぺよ。


直前にとっても安いマレーシア国内線

 航空券を予約したのは、空港着いてからだったかな。
 マレーシアはエアアジアのお膝元でLCC先進国なだけあって、航空券代がクソ安い。約5,000円。物価が違うとか色々あると思うんだけど、それでも安いと思う。
 帰りはKULかSZBかで悩んだけれど、えびちゃんにSZBをリクエスト。好きなのよ、セバン空港。


エアアジア=京急説

 そんな感じで、どこの会社も大して値段変わらないので時間帯だけで決めて、マリンドエアになった。
 お久しぶりのマリンドエア。
 出発まで時間があったので、他の便の出発などを見る。
DSC01570
 やはりなんだかんだ言ってもエアアジアってすごい会社だよね。
 色々と徹底してるし、客もそれに適応してる。
 普段、JALやANAで優先搭乗のために並んでるのを見ると、並ぶ必要なくね?とか思うけど、エアアジアの搭乗開始前の行列を見てるとなんか置いて行かれないための切実さを感じるので、そもそも並ぶ理由が違う感じがする。マレー気質から考えれば、ゆっくりしそうなもんだけど、そうじゃなくてきっちり列に並んでるのは乗り遅れとかの痛い目に遭ったからだと思う。
 このように客を調教していった結果、それなりにうまくいっているわけなので客もプロだよね。
 なんか、「客もプロ」にならざる得ない京急に近いものがある気がする。
DSC01571
 ちなみに搭乗ゲートにこんなのがあった。
 ボーディングパスとかチェックしないで顔認証で搭乗なのだろうか。すげーなエアアジア。これで搭乗にかかる時間が短くなればさらに効率的になるよなぁ。

スポンサードリンク

怪しい自販機

 全く買おうと思わないんだけど、ちょっと驚いた怪しい自販機。
DSC01573
 「DON DON by NOBITA」の自販機。
 日本食自販機っぽい。電子レンジで温めるシステムだろうか。
DSC01574
 なぜか寿司桶に入っている丼。
DSC01575
 いやー、ちょっと恐いもの見たさで買ってみたい気がしなくもないけど、買う人いるんだろうか。


マリンド、ディレイ。

 そんなこんなで長いこと列車に乗ってお疲れの状態にとどめを刺すかのようにディレイ。
DSC01578
 本来21時30分発だけど、ディレイで21時45分発に。
 見てもらえばわかるとおり、21時44分時点で搭乗開始してないのでお察し。
 ただこの後それほど遅くならずに搭乗開始した。
DSC01581
 とことこ歩いて飛行機へ。
 やっぱこういう感じが好き。
DSC01582
 搭乗率50%ぐらいかな。
 それほど混んでなかったので、すぐに搭乗完了。


KLは雨

 それほど距離がないマレーシア国内線。特に面白いことも何もなく着陸態勢へ。
DSC01583
 クアラルンプールは雨。
DSC01584
 無事にクアラルンプールに帰ってきたよ。
 今日はクアラルンプール駅前の一泊2,000円の宿に宿泊。早朝出発だから安くていいのだ!

 KULでは例によってTRADERSに宿泊。
 ステーキ食ったりしてたけど、特筆すべきものではなかったから省略!
 というわけで翌朝Grabでまた空港に戻ってきたのでした。ちなみに今回の旅行ではじめてのGrabはBKKの空港からホテル往復とKULの空港からホテル往復で、あっという間にゴールドメンバーになった。
 さて、今回はえびちゃんオススメのマリンドエアに初搭乗。


初のマリンドエア!ラウンジはなし!

 早起きしてやってきたよ。
DSC05156のコピー
 チェックインしてボーディングパスをもらう。今回は片道のビジネスクラス。
 席は1F。マリンドエア乗るなら1Fに乗れ!って誰かさんが言っていたのでアドバイスには素直に従う。
DSC05154
 MHがやたらとA350を推してる。
 LHRとNRTとKIXに飛んでまっせ!
 出国はビジネスクラスなので、プレミアムレーンを通って、快適に通過。
DSC05155
 マリンドエアはKULが本拠地なのにラウンジなし!
 よってミールクーポン配布。まぁ、いただけるのはありがたいんだけど、いくら分使えるのか謎。
 特に食べたい店もなかったので、たまにはバーガーキングでも食べるかと思ってサテライトまで行く。
DSC05157
 なんか金額上限いっぱいまでぜんぜん頼んでいなかったらしく、レジのお姉さんが水だのなんだのいっぱい追加してた。たぶんレシートを付けて請求するんだろうね。カラ伝票打って請求を上限いっぱいにするんでしょう。


搭乗

 さて、メインターミナルに戻って、搭乗。
DSC05158
 G1なるゲート。とりあえずKUL名物の搭乗待合室に入るためのセキュリティチェックを受けて、エスカレーターを降りる。
DSC05160
 あー、やっぱりバスゲートね。
DSC05161
 この搭乗待合室でしばし待機してから搭乗。
 ビジネスクラスの優先搭乗とかそういう概念はなく、みんな一斉に搭乗。
DSC05163
 バスに揺られて飛行機までやってきた。
DSC05164
 おおー。Batik MALAYSIA塗装。
 調べると、Batik Air所属機って出てくるんだよねー。Batik Air Malaysiaがオペレーターとか出てくるけど、コレってマリンドエアのことなのかしら。
 と、わからないので、えびちゃんに聞いてみたら、Malindo Airという名前をBatik Air Malaysiaにリブランディング中とのこと。 え、フツーさ、ホームページとかから変えるんじゃないの?まだホームページがマリンドエアのままなんだけど。まー仕方ないか。元々インドネシアのライオンエア系列だし。
DSC05165
 なんか懐かしいビジネスクラスシートだねぇ。
DSC05167
 うむ。懐かしい。
DSC05170
 なんかこのレバーとかね。あれ、JALでもこんなレバーのビジネスクラスあったよね?
 座り心地はそれほど悪くない。
DSC05169
 ウェルカムドリンクはリンゴジュースにした。
 お水かリンゴジュースかって感じだった。まぁ、朝だからね。昼でも夜でも酒ないかもしれないけど。

スポンサードリンク

離陸

 さて、朝一発目なので特に遅延もなく離陸。
DSC05173
 今日も野良ジャンボがいるね!(いや、ずっといるけど)
 そういえばこの持ち主って発覚したんだろうか。
DSC05179
 MHの使い道がないA380も駐機中。
 結局イスラムチャーターに使ってたけど、今日本線に入ってるんだっけ?
 というわけで、空港ウォッチングも終わり、離陸。


機内食&機内誌

 さて、機内食。
DSC05180
 まずはオレンジジュース。相変わらず酒はなかった。
DSC05181
 まずパンとフルーツがサーブされる。
 メインはオムレツ(だったかな?)とナシレマのどっちがいいかというので、せっかくだからナシレマにする。
DSC05183
 ベリーベリースパイシーとか言ってたけど、それほどでもなかった。
 が、それほどおいしくはなかった。まぁ、ナシレマ自体あんまり好きじゃないからねー。

 さて、機内誌をチェックしよう。
DSC05185
 マリンドって737-900ER持ってるんだ!
 ATR72か737のとても割り切った機材構成。
DSC05187
 まぁ、この路線網だとそういう構成になるか。ただ、オーストラリアにも飛んでる。
 これからどうやって広げていくのかな。ここから広げるとすれば、韓国か日本かってところ。
 と思っていたら、Airlinerouteでこんなツイートが。
 ビックリしたことに日本初就航が千歳!マジかよー。しかも、台北桃園経由。
 スクートとかと同じようなパターンだよね。今ある台北便を千歳まで引っ張ってくるんだろうけど、関空でも成田でもなく、千歳っていうことに驚いた。


到着

 特に面白いこともなく、イラッとくることもなく、コロンボ到着。
DSC05194
 コロンボに昼間に来るのも久しぶりやなー。
DSC05196
 となりはエアアジア。この便はボーディングブリッジ使ってるように見えたけど、後ろに階段付けているのはなんでだろう。資材の搬入かな。それとも乗客もそっちから出させてたりするのかしら。
DSC05197
 あぁ、懐かしいね。なんかこの廊下を見るとコロンボに来たなぁって思う。
DSC05198
 仏様も相変わらず。

スポンサードリンク

今回はスリランカ旅行だ!

 さて、今回は入国するよ!
 すげー久しぶりのスリランカ入国で、コロンボ市内へ。何年ぶりだろうか5年ぶりぐらいかな。
DSC05200
 到着フロアの微妙に壊れてるパタパタもまだまだ現役。
DSC05201
 日本のカーナビが載ったUberでコロンボ市内に向かいまっす!

↑このページのトップヘ