FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:LCC > BX

 5ちゃんになんで、韓国ばっか行ってるんだーとか書かれたけどさー。
 特に理由はなくてただただ安かったってだけ。大邱まで片道9,000円。


今回も成田の第一

 さてさて、成田です。
DSC06236
 今回もT1。NRTのT2から出発したのって、もう何年も前だろう。
 もう2年ぐらい使ってないかもしれない。T2到着はあるんだけれど。
 ……まぁいいや。
DSC06229
 今回乗るのはエアプサン。
 アシアナ系LCCだね。
 GSOMIA破棄で揺れる日韓。冷え込んできたこともあり、空いていた。
DSC06230
 そんなに早く来たつもりはないけれど、恐ろしくガラガラ。
 ガラガラすぎて、この後すぐに運休となった。
DSC06232
 広いシートのアップグレードオファー。
 非常口座席か前の方の座席か隣席ブロックで1,500円。
 高いんだか安いんだかよくわからんが隣席ブロック1,500円はありかなって思った。
 もっとも空いているので、多分隣席は空いてる。
DSC06238
 というわけで南ウィングから出発だよ。


PPで大韓航空ラウンジへ

 LCCで出発するときはありがたいPriority Pass。
 成田の第一だと大韓航空ラウンジが使える。
DSC06240
 さぁ、入ってみましょー。
DSC06241
 意外と広い大韓航空ラウンジ。
DSC06242
 生ビールもあるでよ。
DSC06243
 食べ物も安い炭水化物は食えこの野郎!ってぐらいたくさんある。
 日本人も韓国人も炭水化物喰わせておけば納得するんだろうか。
 まぁ、日韓間は時間もそれほど長くないのでこんな程度の食べ物でも充分かな。
DSC06244
 ハードリカーもちょびっとあったよ。
 まぁ、Priority Passで使うなら充分なラウンジ。

スポンサードリンク

搭乗

 さて、搭乗。
 大韓航空ラウンジは中央ビルちょっと北ウィング寄りにあって、ゲートは南の最果て57だったので遠かった。
DSC06246
 行くまでにけっこうな運動になっちゃったぜ。
DSC06248
 LCCといえばエアバス321。
DSC06250
 座席は昔のアシアナのままなんだっけ?
 古いシートでシートピッチはそれほど狭くないので、LCCとしては快適。
DSC06252
 いやー、いいねー、白い水蒸気が出るくらいギンギンに冷えてる空気を出してくれてるぜ!


離陸

 さて、離陸。
DSC06256
 俺ね、エアプサンのセーフティービデオのこのシーンが好き。
DSC06258
 埋まっているように見えるけれど、おおよそ6割ってところか。
DSC06262
 さて、離陸開始。
 離陸待ちの順番には真っ白いB747がいたぞ。
 貨物ではまだまだたくさんいるB747。
DSC06265
 どうしても窓のキズにピントが合ってしまう。
 バイバイNRT!
DSC06266
 機内誌見てたけど、結構色々なところに飛んでるよね、エアプサン。
 もうなくなっちゃうかもしれないけど。


着陸

 あっというまの2時間のフライト。
DSC06270
 やってきたぜ!韓国第三の都市、大邱。
 (2020年現在)コロナ大流行してた街、大邱。
 空港は基地兼用だから着陸時は写真撮らず。
DSC06278
 入国審査もとくに混まず。
 いいねー、やっぱ地方都市は良いね。
DSC06281
 ほんのちょっと遅れて到着。
 空港も大きくないので出るまでラクラク。
DSC06284
 さぁ、初めて来る街だ。
 いったいどんな街なんだろう。


スポンサードリンク

 さぁ、かえっぺよ。
 DrKと二晩熱い夜を過ごして、少しは仲良くなれた気がするwww
 ブログ記事にほとんど登場しないけどね。まぁ、あんまり登場しない方が彼のためであろう。猛毒だし。


その前に韓国で他に何してた?

 まぁ、スゲーあっさり書くけど、ムグンファ号に乗ってた。
DSC04873
 いいねー。アメリカンな機関車。
DSC04887
 高速バスで帰ってきた。
 おしまい。
 いや、マジでこれくらいしかやってないのよ。


釜山空港まで地下鉄で

 今回の旅行で韓国2回目、釜山も2回目。しかもビートル利用だったので、初めての釜山空港。
 せっかくなので電車で行こう。西面駅から2号線で沙上駅まで。そこから釜山-金海軽電鉄で空港駅まで。
DSC04921
 まぁ。高架ライトレールって感じかな。沙上駅の引き上げ線は縦列停車可能。
DSC04923
 というわけでやってきた空港。
 国内線側のターミナルはなんだかボロい。これは開港時から使ってるのかな?
DSC04924
 右手にちょっと離れたところにあるのが国際線ターミナル。
 ちょっとだけ歩く。

スポンサードリンク

チェックインカウンターはガラガラ

 中に入る。
DSC04927
 まぁ、それほど大きくない空港なので、色々コンパクトに作られていて使いやすい。
DSC04926
 今回のフライトはエアプサン。チェックインカウンターはガラガラだった。
 全く待たずにチェックイン。スマットゥだね。
 こんなにガラガラなのでセキュリティーチェックもイミグレもほぼ待たずに通り抜けることができた。
DSC04933
 出発案内。うん。日本か中国行きだね!
 それにしてもCZのコワンチョウってどこ?
DSC04931
 GUANGZHOU=広州だった。
 なぜカタカナなんだ。他の中国の都市は漢字で書いてるのに。
DSC04934
 天井も高くてイイね。どっかの成田空港に見習ってもらいたい。羽田もか。


ラウンジ乞食の時間

 さて、今回はLCCのエアプサン。当然ラウンジとかないんだけど、プライオリティパスを持っているので、ラウンジに行くことにする。拓さまのラウンジ放浪記で予習しておいたところへGO!
 一部航空会社のラウンジにもなっているみたい。
DSC04935
 一番ホットミールが充実していると言うことで、ここへ。
DSC04936
 確かにいっぱいある。チャーハン、プルコギ、謎のチキンクリーム煮、スープなどなど。
DSC04937
 あとはピビンパを自分で作ることができるよ。
 ドリンクは生ビールサーバーがあって自分でつぐことができるよ。
DSC04938
 まぁ、すごいうまいわけではないけどね。フツー。
 確かに近距離国際線ターミナルでPPで使えるところという意味では、それなりに充実していると思う。
 PPで使えるラウンジはここの他に大韓航空ラウンジが使える。ちなみにアシアナ航空ラウンジはなくなった。


搭乗

 さて、搭乗。
 DSC04940
 ボーディングブリッジに接続していると思いきやバスゲート。
 釜山の場合普通のボーディングブリッジのゲートと、バス利用のゲートが同じような感じで並んでる。
DSC04941
 ちゃんと屋根付きタラップ車!
 屋根なしだったり、手でガラガラ動かして持ってくるヤツじゃないのね。しかも自社のもの。
 さすが本拠地。
DSC04942
 というわけで乗るぜ!

スポンサードリンク

シートとセキュリティビデオ

 というわけで着席。
DSC04943
 あまりの混雑で、シートをちゃんと写真撮るの忘れちまった。
 まぁ、見れば分かるけど、昔の標準的なシート。
 いささかへたってる感は否めないけど、座り心地はそれほど悪くない。
DSC04946
 結構混んでるけど、満席ではなく、隣席は空席。
DSC04950
 セキュリティービデオは一の時代だよって言いたくなるようなCG。まぁ、JALよりマシか。
 ただ、救命胴衣付けた場面がシュールだった。
DSC04952
 では、行ってきます~。

機内食

 激戦極める日韓線LCC。韓国系LCCが何社も乱立しているため、差別化に必死。成田~仁川とか関空~釜山とか韓国系で5社も飛んでるからね。どこの会社もLCCなのに預荷物無料とかになって競ってる。そんな中、エアプサンは機内食が出るってところで差別化してる。
 ただ、出発直前セールではこの時預け荷物無料だったけど、今は有料になってるっぽい。
DSC04954
 というわけで薄いオレンジジュースとエサの配給。
DSC04955
 なんだかよく分からない肉とチャーハン。意外とおいしかった。
 高雄~香港間のキャセイドラゴンの機内食に近いね。短距離路線だしコレで充分。
 イイネ!エアプサン。直前割引とかもあるし、安い。


水田を見ながら着陸

 さて、飛行時間もそんなに長くないので、そろそろ着陸。
 なんせ沖縄より近いからなぁ。東京~女満別・長崎・鹿児島とほぼ同じマイル数。
 ちなみにウラジオストクも同じくらい。ウラジオストク近くね?
DSC04956
 九十九里浜を見つつ太平洋から進入。
DSC04957
 すでに水を張った田んぼが見える。
 田んぼはこの時期が一番きれいだよね。水を張った時期が一番。
DSC04959
 お恥ずかしながら帰ってまいりました。

スポンサードリンク

一泊して岩手へかえっぺ

 さて、一泊して岩手に帰ります。
DSC04967
 今日も今日とて大宮駅から。
 大宮駅からだと盛岡駅までの特急料金がかなり安くなるの。
DSC04970
 新幹線の中ではつばめグリルの弁当食べる。
 おいしいよねぇ~。駅弁と同じくらいの値段だし。
 はぁ~帰ってきたで~。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ