FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:2017旅行の記録 > 2017_14回目_沖縄

 さて、1泊2日の沖縄旅行も終了!
 帰るよー。


カウンターわっしょいわっしょい

 さて、いつもの通りの那覇空港。
DSC01585
 みんな荷物多いからカウンターも長蛇の列。
 3連休のせいか、恐ろしいことになってるな。
DSC01586
 手続き済ませて、ファミマでおにぎり類を購入。
 いやー。沖縄ファミマのおにぎり最高!オススメはシーチキンポークたまごおにぎりとタコス巻。この辺おいしいので、家に帰ってから沖縄の余韻を楽しむのには最適。おむササは正直石垣島で食べたときと比べると若干これじゃない感があった。


芋洗いラウンジで一服

 本当にこのANAラウンジは狭すぎる。
 芋洗いすぎて最悪。
 スイートラウンジってどれぐらい混んでるのかな。プレミアムクラス利用の場合はスイートラウンジにしてくれないかなって切実に思う。
DSC01587
 本日の中国東方航空はA330。となりの737が小さく見えるね。
 すげー、結構な人民様がパックされて那覇に輸出されてくるのね。


搭乗

 さて、芋洗いラウンジからでてゲートへ。
DSC01588
 上級会員はそれほどいないのが救い。
 あんまり仙台~那覇って乗ってないよね。
DSC01589
 若干乗り飽きた感がある767。
DSC01590
 電動リクライニングじゃない結構ボロそうな座席だよねー。
 それなりに萎える。
DSC01593
 ひじ置きの所にこんなギミックが仕込まれていたよ。
 そんなのCAに言えばいいじゃんとか思ったり……。シート的には昔のビジネスクラスと一緒なのかな。


出発

 さて、出発。
DSC01594
 あぁ、琉球エアコミューターのQ100のシーサーが消されている。
 これからどこかで第2の人生を歩むのだろうか。離着陸回数半端ないことになってそうだよね。
DSC01595
 新聞は秋田版。今回も秋田→羽田→高松→那覇→仙台→伊丹→仙台の地方巡業中なため、登載している新聞は全て秋田の物。秋田魁新報も読めるよ!たぶんこの便のプレミアムクラスに乗った時に、「新聞いかがですか?」って聞かれたら「秋田魁新報」って答えると、絶対マークされるからオススメ!


機内食

 さて、配給のお時間。
DSC01596
 どん。
DSC01599
 おやつ時間帯なので軽め。ロイヤルインフライトケイタリング製なので那覇搭載。
 まぁ、つまむ程度だよねー。なんかこの量出すんだったら、出ない方がマシな気がしなくもない。
 ちなみにお菓子の方は持ち帰れるよ。


到着

 東北の空の玄関仙台空港に帰ってきたぞー。
DSC01601
 いやー東北でかいよね。
DSC01602
 ここも津波を喰らったんだよなー。リアス式ではない部分だから、1階の半分程度の浸水ですんだってところはあるけれど、こういった表示を見ると心に来る物があるよね。

 さぁ、ここから3時間運転。きついなー。

 別に台湾で食べればいい話なんだけど、沖縄に台湾があった話。


台湾風粥専門店なるものがあるらしい

 那覇での朝食。
 特異的な店に行ってみようと思い検索。

 台湾風粥の専門店が朝からやってるらしいので行ってみよう。
 場所は国際通りから少し歩いた牧志公設市場の裏側。ハイアットの裏側あたり。
DSC01578
 うっすら看板が残ってるけど、タコス専門店ではありません。
 ちなみに店内は超汚い。その辺割り切れるアジアトラベラーの皆さんなら大丈夫。


メニュー

 メニューは色々書いてあるけど、あったりなかったり、無いはずの物があったり。
DSC01580DSC01581
 基本的に価格が妙に安い(もちろん量も少ない)。
 粥を注文しようとしたら、粥屋のくせに粥は時間がかかるというので、店のBBAのオススメの品で鴨肉麺線と魯肉飯を注文。


完璧な麺線

 日本でね、こんなに完璧な麺線を食べられるとは思っていなかったわけですよ。
 もう、本当にただの台湾。
DSC01583
 もうこの煮込まれ方とか完璧。
DSC01582
 魯肉飯はまぁ標準的かな。塩玉子付き。


そこには台湾があったよ

 いやぁ、この店は汚い!
 だけど、そこには台湾があったよ。
 いや、台湾でももうちょっときれいだと思うぐらいな汚さだけどね。
 そして、特筆すべきは台湾そのまんまな料理。那覇の朝食で変化球付けたいときにオススメ。

 世界一の綱引きに参加してきた!
 知識も全くなく行ってみたけど、意外と面白かった。
 なんとこの綱引きは誰でも参加できるのよ。


たまたま綱引きやってた

 Twitter見てたら、綱引きやってるらしい。特に那覇ですることないので、行ってみよう。
 てなわけで、県庁前駅で降りる。
DSC01470
 やべー、すげー人。これ、みんな、綱引きに行く人たち。
DSC01471
 県庁前駅から徒歩数分。人だかりができてた。
 オラ、ワクワクしてきたぞ!


綱引きスタート

 国道58号線久茂地交差点が綱引き会場。
 これのために、片側4車線の国道が通行止めになる。すげーな。
 しかも中央分離帯はこの行事のために取り外し可能になっていて、取り外した後、簡易舗装までしてる。
DSC01477
 スタートぎりぎりに到着したので儀式(美ら旗我栄)は始まっていた。
DSC01474
 綱引きは基本的に那覇の東西町内会対決。自分がいたのは東側。
 綱に上に立つ黒い服の人が仕切り役。
DSC01487
 2本の太い綱(大綱)が結ばれ(かぬちちじ)、引っ張る用の手綱が観客全員の協力で前の方から後ろに向かって運ぶ。
DSC01497
 おおー琉球王国系の人物がやってきた(支度我栄)。
DSC01515
 中央付近でくす玉オープン。
DSC01516
 東西のリーダーが組み手をする。
DSC01517
 那覇市長(旗の下の女性)の合図を元に綱引きスタート。
DSC01523
 みんなでかけ声合わせて手綱を引く。
 参加者は外国人(白人)多め。


勝負決着!

 意外とそれほど時間かからずに勝負決着。
DSC01526
 今回は東の勝ち!
 みんな大綱の上に登って勝利を祝う。
 いいねー。この場の空気が心地よい。
DSC01530
 その後綱を切り出す(嘉例綱取り)。
 ちなみにこの作業をやっているのは在沖米国商工会議所の面々。そんな組織があることに驚く。
DSC01522
 綱を切り取っているのはみんなが持ち帰るため。
 縁起物として、家においておくと御利益があるらしい。もちろん岩手まで持って帰ったよ。
DSC01534
 すぐに沖縄タイムスの号外も配られる。記念に持ち帰った綱と一緒に記念撮影。
 何も準備をせず来たけど、縛るひもを持ってきた方がいいよ。特に太い綱の場合編み込んでるので持っているうちにほどけてきちゃう。


実はここから面白い後片付け

 綱引きは綱引きで面白いんだけれども、
 後片付けも面白かったりする。
DSC01533
 海上で待機するクレーン車達。
 なんかヤシマ作戦感が半端ない。
DSC01535
 この残った綱を片付けていく。
DSC01536
 クレーン車部隊出陣!
DSC01538
 定められた位置で停車し、アームを伸ばす。
DSC01539
 この隊列をくんだクレーン車が動作に迷いなく動いていくのが、マジでかっこいい。
DSC01540
 いよいよ綱を引き上げ。
DSC01542
 複数のクレーンが協力して引き上げていく。
DSC01544
 今度は綱を載せるトレーラーが動きながら器用に大綱を荷台に載せていく。
DSC01548
 搭載完了!
DSC01551
 そんなに時間もかからずに、撤収完了。
 この後路面清掃カーが綱の切れ端を掃除して、通行止め解除!
 中央分離帯は夜間に車線規制して、復活工事をしている模様。祭のためにやることのやる気が違う!


この祭は楽しいよ

 今回写真撮ろうとして、ちょっと外側にいたけれど、もっと内側で参加すると更に面白いかも。
 基本的にみんな誰でも参加OKなので、米軍兵の参加者も多い。意外と地元と米軍兵で仲良くやってたりするよねー。
 まぁ、普通に人とはちょっと違う私からすると、片付けの作業もなかなか面白かった。
 来年もまた参加してみたいって思ったよ。

 やっぱ那覇線のプレミアムクラスでPP溜めるのがラクだよねぇ。
 大館能代からの羽田経由那覇はしんどい。
 みんなPP稼ぐために千歳~那覇のプレミアムクラスを血眼になって予約してるけど、別に千歳~静岡~那覇でもいいんじゃないかなぁ。そんなにPP単価悪くないし、同じ機材なので接続もばっちり。でも、結構空席空いてるのよねぇ。
 そんなこんなで、仙台からプレミアムクラスに乗った話。


今日は仙台空港から

 ゆるーくANAのすーぱーふさふさくらぶ修行してきたけど、今年も残り3ヶ月になってちょっと焦りを感じてきた。やばい6,300PPぐらい迅速に稼ぎたい。
 というわけで、手っ取り早く稼げるANAの仙台~那覇便プレミアムクラス。意外と直前に空きが出るもんなんだね。
DSC01445
 はい。もうねテンションあがらない。
DSC01446
 朝のピーチとANAはほぼ同時刻でかぶってるのね。


国際線カウンターをウォッチング

 ちょっと(いや、だいぶ)早く着きすぎたので国際線カウンターを覗いてみる。
 仙台空港まで車で来るから途中で何があってもリカバリーできるように余裕を見ると早く着いちゃうのよね。
DSC01447
 悲しいことに全便運航しても、パタパタの表示が余る。
DSC01449
 JALの国際線は飛んでないけど、JALのカウンターはあったりする。福岡とかもJAL便飛んでないのにJALのカウンターがあるよね。JALが受託してる会社のチェックインしてるけど。見たところ、エアチャイナとユナイテッド、タイガーエア台湾はJALに委託してるみたい。意外だね。2社はスタアラだけど、ANAに委託しないんだ。まぁ、受託を断ってるのかもしれないけれど。


劇狭窓無しラウンジ

 さて、保安検査を受けてラウンジへ。
DSC01452
 輝くSKYTRAXのふぁいぶすたー。
DSC01453
 厳重に持ち出し禁止と書かれている「すなっくみっくすおつまみ」。
 そんなにみんな持っていくのかよ。ちゃんと胃袋に入れて運びなさいよ。


搭乗

 それでは搭乗すっかな。
DSC01450
 優先搭乗がほとんどいないのがいいね!
DSC01455
 今日の機材。B6でございます。
DSC01456
 いつもの座席でございますわなー。
 正直ボロい。意外と仙台那覇便は人が乗ってるのよね。そして日帰りできないようなダイヤにして、日帰り修行僧に対して嫌がらせしてる(ホントは違う理由だと思うけど)。
 那覇便っていったい誰が乗ってるんだか謎なのが多いよね。新潟とか静岡とか高松とか岩国とかホント謎。基本的には修学旅行生のウェイトが高そうな気がする。まぁ、基本的には乗ってないから東京~どっか~那覇の乗継割引を直行便と同じ値段で出したりしてるんだよね。


機内食

 さて、配給の時間。
DSC01462
 ドリンクメニュー。よーし、スパークリングワイン飲んじゃうぞー。
DSC01468
 ミニボトルで提供。
DSC01463
 相変わらずの萎える配給。幹線ではもうちょっと改善されたんだっけ?
DSC01466
 基本的に見た目も味も駅弁。作ってるのもウェルネス伯養軒だし。
DSC01464
 うむ。NemoPだったら発狂しそうなキノコ祭。
 味は……まぁまぁ。駅弁の味。もうこれしかコメントが出てこない。

 CA用に書かれてる機内食仕様明細書っていうのが見えちゃったんだけど、機内食単価とか書いてあって驚く。よくよく読んでみると、ANAの機内食では使用禁止の食材があったり、使用してはいけない表現があったり。まぁ、内容は書けないけどね。昔PAXリストを盗撮してネットで公開した人がいて、資格剥奪されたとかされてないとか。そんなことがあるから書かない。


到着

 あとはぐっすり寝て、到着。
DSC01469
 さて、那覇でなにすっぺかなー。

↑このページのトップヘ