FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:2017旅行の記録 > 2017_06回目_HKG/KUL

 ゴールデンウィーク帰り道。
 パワーバンコクじゃ!


バンコクでメシを食う

 時間がない!とにかくやりたいことをやろう。
DSC08185
 MangoTangoでマンゴーを食べる。

 そして、とあるお方を呼び出しメシを食う。
 行ってみたのはTeppei101氏が書いていた手で海鮮を食いまくるお店
DSC08187
 休みだった。
 仕方がないので同じマーケットで同じような店へ。
DSC08190
 同行者が貝がくえねーって言っていたので、貝のほとんどを食べる。
 ちょっといまいち感があったので、休みだったあのお店にもう一度行きたい。


というわけで、ラウンジ乞食活動

 というわけで、マンゴー食べたり、海鮮食べたり、マッサージ受けたりして、パワーバンコク終了!
 すでに搭乗券はKULでもらっているのでそのままセキュリティーへ。
 そしてシャワーが浴びたいのでラウンジ直行じゃ!
DSC08192
 というわけで乞食に評判が良いEVA AIRのラウンジに来てみた。
 シャワー室は2室だけで、満室。待ってたけど、時間が来てしまったのでシャワー浴びられず。これってTGラウンジだったらシャワーあるんだっけ?まぁ、EVAはミールもスタアララウンジにしては充実してるので食べるのです。
DSC08193
 中華から色々あった。
DSC08194
 飛んだら軽食だろうからいっぱい食べるんだ!


搭乗

 ぎりぎりまで待ったけどシャワーは空かず。
 入口のおばばに「シャワーキャンセルするぜ」って言ったら「ちょい待て、もう空く。すぐ空く」って言われたけど、もう搭乗開始時刻なんよー。
DSC08195
 そんなやりとりしてたらファイナルコールになってしまった。
DSC08196
 今宵のお供はおジャンボさん。
 TGってジャンボまだまだいっぱいいるよねぇ。たしか。
 これが人生最後のおジャンボさんだろうか。飛行機のシルエットでは747ほど美しい機体はないと思う。
DSC08197
 意外とエンタメ画面が大きい。最後尾の二人掛け席をチョイス。


機内食

 飛ぶとまずは軽食が出てたと思う。
 が、ラウンジ乞食活動で満腹だったのでパス。

 次の機内食は日本時間で早朝4時半ぐらいからスタート。バンコク時間だと2時半だぜ。正直キツい。
DSC08199
 一番後ろの方の席だと、選択肢がなく、焼きうどんが出てきた。
 一応、タイ風っぽい味付け。

 ただ、焼きうどんは識者の人曰く、ビジネスクラスのミールらしい。
 基本的にはビジネスクラスのメインミールをたくさん積んどいて、ビジ客に選んでもらう(欠品がなるべく生じないようにする)→エコノミークラスのミールは少なめで余ったビジミールを回すという方式らしい。
 なので、エコノミークラスの後ろの方はビジネスクラスのメインのミールが食べられるかもよ。


到着

 メシを食べながら朝日を見る。
DSC08200
 あー、仕事が始まっちゃう。
DSC08205
 やっぱり747って特別なもんを感じるなぁ。
 もう、時代遅れの機体ではあるんだけれども。
 4発機の時代じゃないんだよなぁ。


岩手にけぇっぺ

 そして、朝から本社に出勤。
 そしてそのまま岩手へGO!
DSC08212
 期限間近の株主優待券を仕入れて、グリーン車で帰る。
DSC08215
 上野東京ラインが開通してから新幹線は大宮から乗ることが多いな。大宮からの方が特急料金が安いし、その分大宮までグリーン車代にあてがうこともできるからね。正直大した時間の差はないし、混んでる東京駅を避けることができるのもGood!

 暑いところにいたから、岩手が寒い。

 さて、帰りまっす!
 帰りはTG!初めてのTG!スタアラに心を売ったぜ!


チェックイン

 まぁ、特に面白いこともなくチェックイン。
 カウンターは特に混んでなかったな。
DSC08170
 羽田まで搭乗券もらったけど、この時点では特にインボラもなく。
 まぁ、そうだよねー。NHヒラだし。
DSC08172
 イミグレ過ぎるとあるヒコーキ模型。なんでか知らないけれど、中国人がよく写真撮ってる。これ、みんなサイズバラバラなんだけどエチオピア航空が一際でかい模型なんだよね。なんでなんだろ?


ラウンジ

 SQのゴールドがあるのでロイヤルシルクラウンジに行ってみる。
DSC08173
 まぁ、BKKまで大した時間じゃないからしょぼいぜ!
DSC08174
 一応ミールが3種類ぐらいあった。
 まぁ、PPラウンジよりかはマシかな。あっちは生ビールあるけどね。


搭乗

 さて、搭乗。
DSC08176
 本日の機材はこちら!
DSC08178
 B777-300ERかよ!でかいぜ!そんなに席埋まるのかよ!って埋まってたんだけど。
 本来ならば長距離用機材なのかな。間合い運用的に来てる感じ?SQのA359と同じだね。

 それにしてもスタアラゴールドの優先搭乗ってないの?
 KULって手荷物検査がゲートの前であって、その後チケットもぎられるよね。んで待合室があって搭乗開始と共にビジネスクラスのゲートから優先搭乗で乗ろうとしたらBBAに怒られた。
 スタアラゴールドって優先搭乗になるんじゃなかったっけ?BBAに「スタアラゴールドじゃコラ!」って言ったら、「スタアラゴールドでもエコノミーはあっち行け!」ってキレられたよ。
 んー、謎だ。別にその後の通路がクラス別に分かれてるわけでもないし。
DSC08180
 機内はなかなかの混みようだったよ。
 離陸自体はスムーズ。まぁ、KULって設備的な余裕があるよね。


機内食

 さて、上空に上がって機内食。
 時刻表上の所要時間は2時間10分。実飛行時間は1時間40分ぐらいかなって思うけど、ちゃんとミールが出た。
DSC08181
 デフォルトでハラル食だね。
DSC08182
 これ、結構美味しかったよ。チキンガーリックパスタって感じで。
 バンコク搭載かな。バンコク搭載の機内食は基本おいしい気がする。

 スムーズに到着。入国もそんな混んでなかった。さて、パワーバンコクしちゃうぜ!

 クアラルンプールには(個人的に)中毒性が高い麺がある。
 前にも紹介しているけど、もう一回食べてみる。


福建麺(ホッケンミー)とは

 福建料理の麺料理をもとにマレー半島に渡って、変化したもの。シンガポール式とクアラルンプール式とペナン式があって、同じ料理名なのに全然違う。クアラルンプール式は一言で言うなら黒い焼きそば。
 詳しくはWikipediaでも見てちょうだい。


で、地元民が行く店に突撃

 何回か行っている聯美福建麵だけれど、今回も食べたい欲に負けて行ってしまった。
DSC08161
 ちょっと躊躇するよねー。もう慣れたけど。
DSC08157
 まぁ、屋根があるけど、ほとんど外。
 だいたいいつも賑わってる。満席って程ではないけれどね。


福建麺登場

 というわけでメニュー。
DSC02140
 ちなみに価格は不明だけど福建麺でMYR8。
DSC08158
 今回はビーフンにしてみた。こちらの方が焼きそばっぽい。
 具は豚肉の色々なところがごろごろ入っていたりする。中国醤油とオイスターソースで味付けていて、ちょっと油っぽいけど中毒性がある。
DSC04083
 ちなみに以前食べたときは福建麺食べたよ。こちらは焼きそばというより焼きうどん感が半端ない。


どしゃぶりの雨

 そんなこんなで食べてたら、激しい雷と雨。
DSC08163
 まじかー。傘持ってないぜ。
DSC08166
 こういうときはUber頼んじゃうに限る。
 それにしても一時期UberXって混雑してるってことで×1.5とか×2とか平気で出てたけど、最近値段が上がることないね。Grabとかと激しい争いでもしてるからなのかな。

 クアラルンプールに1921年オープンのカフェがあるというので行ってみた。
 プリンが最近食べられない感じのプリンで懐かしかった。


きっかけ

 見つけたのはTwitterからの情報。
 たまたまBiwakoさんがKLにいて、情報をアップしていた。 
 ちょうどKLにいるときにこんなツイートを見ちゃったので行くしか無い。
 (Biwakoさん、ここチャイナタウンではないっす。最寄り駅は一緒だけど、逆サイド)


アクセス

 Masjid Jamek駅(KJ14)かBandaraya駅(ST6)下車。
 どちらの駅からも徒歩6分ぐらいかな。詳細な場所はググってGO!
DSC08143
 そばに謎の名古屋って店があってビックリする。イスラム系の服を売ってる謎の店。
 店の近辺は服屋が密集している感じ。


年代物の建物

 これってオープンしたときからこの建物なんだろうか。
DSC08152
DSC08142
 なかなか味がある建物。
 ちょっとドアを開けるのが勇気いるかもしれない。
DSC08150
DSC08144
 雰囲気がいいねー。


ミックスグリルを食べてみた。

 Twitterで見たプリンが美味しそうだったので、それはマストだとして、あとは何を食べよう。
 いろいろとメニューがあったけれど、ミックスグリルにしてみた。MYR58.90。
DSC08145
 他のステーキとかとほぼ同じ値段なら一人分で来ると思うじゃん!違うじゃん!えらい量来るじゃん! なんかスゲー量来た。ビーフステーキやらラムチョップやらチキンやらビーフベーコンやらビーフソーセージやらとにかくもりもり。あー、普通のステーキにすれば良かったかも。スゲー量なので食べ終わる頃にはどうしても冷めてしまう。なので、最後はおいしくない。
 ちなみにメニューは日本で言う洋食屋的な感じ。ステーキもパスタもカツレツもあったりする。
DSC08149
 固めの懐かしいプリンはおいしかった!甘ーいプリンで、最近こういうプリン見ないなー。
DSC08151
 お会計はこんな感じ。
 まぁ、それなりの内容だからそれないの値段。
 ここは、デザートだけでお茶をするのがいいかもしれない。

 店内でつながってるけど隣にはバーもあって、そこで飲んでみたい気もするなぁ。


関連ホームページ

公式ホームページ(メニューあり)

 さて、KLに行くぜー。
 もうクタクタだぜー。もう年だからレッドアイ便(乗継あり)はきついぜ。


やることないからカジノに行った

 おなかもいっぱいになったので、マリーナベイサンズのカジノに行ってた。(撮影禁止だから写真はない)
 途中+12,000円ぐらいまでルーレットで行ったけど、最終的に4,000円ぐらい負けた。
 やっぱりギャンブルってやめ時が難しいよねー。
 マリーナベイサンズの近くの駅で空港までどうやって乗り換えるんだっけなーと路線図見てたら、インド系っぽい警備員に日本語で「空港?ここ乗り換え、ここ乗り換え、ここ乗り換え」って説明されたけど、早口すぎて追いつけなかった。


あ。満記にも行った。

 マンゴーパンケーキ食べた。
DSC08116
 まぁ、いつも通りな味。


チャンギ空港に戻ってきたよー

 というわけでチャンギ空港に戻ってきた。
DSC08117
 つぼ八が入っていてビックリする。
DSC08119
 日本料理屋やってるんだろうか。


Priority Passでニセ天ぷら定食

 栗拾いしたときに行ったけどね。
DSC08121
 まぁ、コレが天ぷらだと思わなければフツーな味。
 食い過ぎだな。まぁ、この後朝まで食べないのでよしとしよう。


さて、搭乗

 搭乗するよー。
DSC08122
 今回もSIN-KUL間はA350使用便をチョイス。この間と同じ便になったな。
 まぁ、シンガポールで夕方近くまで遊んで乗るには丁度いい時間帯。KUL到着がちょっと遅くなるけどね。
DSC08125
 人生2回目のA350キター!!


今回もプレエコ座席

 A350は基本的に長距離機材で、プレエコ座席もあるけれど、さすがにSIN-KULの短距離便ではプレエコは営業せず。席だけ上級会員に開放。一応、SQのシルバーでも指定できたよ。
DSC08126
 というわけで、今回もプレエコ席を指定。
 枕も完備。
DSC08127
 このプレエコ座席がなかなか秀逸。座りやすい座席。
DSC08128
 このセーフティービデオの左下にいる手話ねーちゃんいいねー。
 こういった地味目にしてる女性が好き(いったいなんの告白だよ)。


機内食……じゃないや、ドリンクサービス

 60分のフライトなので機内食はナシ。
DSC08130
 というわけでパイナップルジュースをいただく。

 KLついたー!疲れたからUBERでホテルに直行じゃ!

 特にしたいこともないので、ご飯食べたばっかりだけれど、ご飯を食べよう。

シンガポールと言えばチキンライス

 と言っていいのかどうかわからないけれど。
 チキンライスってケチャップチャーハンじゃないよーって言わなくても、かなり浸透してきているね。
 タイだとカオマンガイ。シンガポールだとチキンライス。中国語では海南鶏飯。マレーシアだと……なんて言うんだっけ?
 鶏の旨味を良く引き出していて、この料理が私は好きなんよー。
 なんで食べに行った。


駅から近くてリーズナブルな値段の店へ

 まぁ、前にも紹介してるんだけどね。
DSC08110
 なんか肉骨茶で元気注入したのに、あんまり元気なかったので、駅から近くてリーズナブルなラッキーチキンライスに行くことにする。オーチャード駅から徒歩数分。フィリピン出稼ぎお手伝いさんの巣窟ラッキープラザの#2-110にあるよー。


チキンライスはスチームかローストの2種類

 チキンライスは大きく分けてローストかスチームか。
 まぁ、たぶん英語ができない日本人が行くとロースト?スチーム?って聞かれると思う。
DSC08112
 その他、色々とメニューアルので詳しくは上のメニュー参照。


今日はロースト

 鶏を見ながら悩む。
DSC08113
 まぁ、遅い時間に行くと売り切れのことが多い、ローストにしよう。
DSC08111
 ローストのチキンライスはSGD4.8。安いねー。タイで食べた方がもっと安いけど。
 このお店はチキンにかかったソースが好きなんです。私好みの味。

 ん、ただ色々なところでチキンライスを食べてきたせいか、味が変わったのか、それともちょっとお疲れのせいか、ちょっと味がいまいちだった。基本ロースト好きだったんだけれど、次はスチームにしよう。

 さて、朝から夕方までのパワーシンガポール。
 シンガポールはお久しぶり。特にやりたいことないけれど。
 まずは朝食から。シンガポールの食事で好きな物はチキンライスと肉骨茶。なので肉骨茶を食べに行こう。
 

肉骨茶では超有名店

 まぁ、以前にもレポートしているお店だけどね。
DSC08106
 シンガポールで肉骨茶といえば一番に出てくるようなお店。
 ちょっと夜行便明けでお疲れなので、気合いを注入しましょう。肉骨茶は元々肉体労働者のための食べ物だからね。クラーク・キーの駅から近いんだけど、道の片側にしか地下鉄の出入り口がないので、横断歩道か歩道橋を渡る必要がある。ちなみに本店のすぐそばに支店もあるので(他にももっと支店あるけど)、あまりにも混んでるようなら支店に行こう。まぁ、基本的には回転が早い店ではある。


メニュー

 こちらがメニュー。怪しい日本語付き。
DSC08107
 まぁ、初めてはフツーにスペアリブスープにしておいた方がいいと思うよ。あとライスを付けるのは必須。
 今回はM03のカルビスープにしてみた。
 それにしても写真からしてニンニクが主張しているなぁ。


いざ実食

 というわけで、カルビスープとライスとコーラを頼んだ。
DSC08108
 到着!いやー、この眺めはいいねぇ。
 ただ、肉がカルビなので脂身多め。んー、肉骨茶だと普通のスペアリブの方がおいしい気がした。脂身が多すぎてちょっとクドいかも。
 スープを飲んだり、ご飯をレンゲでよそってスープをしみこませて食べたりするのが作法。スープはどんどん足してくれる(足してくれなければアピールしよう)のでおなかいっぱいになるぜ。味はスパイシーニンニクがつん!系。当然ニンニクがつん!なので、その後のご予定にご注意ください。
 ホント、マレーシアとは味付けが違うよねぇ。


お会計

 お会計はこちら。SGD12.85なので1,000円ちょっとくらいか。
DSC08109
 まぁ、シンガポールは物価が高いけど、これは安い方だね。
 ただ、2年前と比べて値上げしてなかった。香港とは違ってそれほど物価上昇はしてないのかな。


このお店のルール

本店の場合、店の前に列を作る場所があるので、そこに並ぶ。
 ↓
店員の指示で席に着く。
 ↓
店員を呼んで注文。
 ↓
食べ物が届いたらそこでお会計。
 ↓
ウマー!
※メニューに税(7%)サ(1%)入っていないので注意

 今回でCXのコロンボ発券は終了!
 で、ゴールデンウィークの帰りの航空券を取るのは至難の業だったけど、とりあえず許せる金額だったクアラルンプール発券に移行するためにOnewayチケットで行くよー。どこの会社にしようかいろいろ悩んだけど、SQにしてみた。SQのゴールド持ってるからね。

入国即出国

 コロンボの空港って、出国がめんどい。
 ターミナルビル入るのに荷物検査があって、チェックインカウンターに入るのにまた荷物検査。
 ちなみにチェックインカウンター入る前にある売店は地元スーパーなので、最後スリランカルピーを使い切るにはいいところだよ。紅茶とかそこそこ安く買える。
 で、チェックイン&荷物ドロップ。
DSC08093
 やたらと時間がかかるイミグレを通過し、また元の場所へ。
 ラウンジで休憩後、ゲートへGO!
DSC08092
 ボーディングすら始まってないのにファイナルコールを出すコロンボ空港。
 なんだかよくわからんけどそうなってる。たぶん最後の荷物検査に時間がかかるからかな。ベルトとか靴まで外さなきゃいけない厳重な検査なんだよねー。


座席

DSC08095
 シートはどこかで見たことあるようなシート。でも、このイス嫌いじゃないです。
 2-4-2のシートで、可能な限り隣が空いてるシートでよろしく!って言ってこの席だったけど、4列真ん中に日本人カップルが来た。えー!
 たぶん二人並んで座れるところで通路側が日本人のところをアサインしたのかな。


機内食

 SQはエコでもメニューがある!
DSC08097
 食べるつもりなかったけど、隣のカップルが食べてたからノリで自分も食べてみる。
DSC08098
 まぁまぁおいしかったよ。
 隣のカップルが照度全開で映画見てたり、寝ても液晶消してなかったので、眩しくてあまり眠れず。しまったー。アイマスク持ってくれば良かったー。

到着してリフレッシュ

 というわけでシンガポール到着。
DSC08101
 コロンボは深夜に乗継があるのがキツいよねぇ。
 なんであんなに便が深夜に集中しているのかがわからんけど。
DSC08102
 さて、次の乗継便は夕方!
 荷物はそのままスルーなので、時間も気にせずプライオリティパスラウンジでシャワーを浴びて、ペリエも飲んですっきりしたので、夕方までパワーシンガポールだ!シンガポール久しぶり、特に行きたいところないけど。

 お久しぶりのコロンボタッチをやったという話。
 今回は変則なんだけどね。

空港までバスでGO!

 黃埔花園バスターミナルE23系統バスで出発。
DSC08051
 紅磡駅を立体交差で渡る。
 なんか新しい路線作ってるなぁ。これって何だっけ?と思っていたら、馬鞍山線が延びてくるのね。しかも西鉄線と直通運転だとか。どこに土地があるんだ?ってぐらい路線作ってるよねぇ。
DSC08055
 E系統なので空港島をぐるぐる回る。國泰城も通る。
DSC08053
 中の人~、ちょっとマルコポーロ改悪しすぎじゃないですかー。


チェックインからのラウンジ放浪

 というわけでサクッとチェックイン。
 今回はスリランカ出国はCXじゃないので、スリランカ出国のチケット見せろと言われるかと思ったら、特に言われなかった。信用されているのかしら~。
DSC08063
 とりあえず夜行便なので、Wingのお風呂に入る。
 いやー、CXはダイヤ様が減ったのかカバナも空いたねー。
 利用時間制限ができたせいかもしれないけれど。
DSC08068
 そしてPierに移動してアンガスビーフバーガー。おいしいよねー。
DSC08069
 デザートにクレームブリュレも食べちゃう。だって、この後機内食も食べずに爆睡する予定だから。
 やはり香港のラウンジ飯はPierのFラウンジが最強かな。まぁ、それでもオープン当初よりクオリティ下がってるんだけれどね。


さて、搭乗

 ギリギリまでラウンジ乞食をして、おなかを満たしてから搭乗!
DSC08070
 今回のゲートは45番、Pierからは微妙に遠い。
DSC08073
 コロンボ便はA33E。
DSC08074
 シーラスシートがありがたい。
 昔のBKKとかSINとか経由してた時代はリージョシートだったからね。1レグ1レグはそんなに長くなかったからなんだけど、コロンボタッチやってた頃は辛かった。
 香港から直行になったおかげで、BAのティアポイントが140TPゲットできるようになった。千歳まで行けばそっちも140TP。コロンボ発券千歳行きビジネスクラスで往復560TP。3往復すればBAゴールドだね。BA4レグが別に必要だけど。ただ、コロンボ発券もそんなに安くなくなったので今回でおしまい。安くなれば復活するかもだけれど。


機内食

 さぁ、みんな大好き機内食!
 とりあえず、食べないつもりだけれどメニューはチェックしよう。
DSC08078DSC08079
 おおっ!
 lambがある!
 CXのビジ飯のラムはおいしい!
 予定変更。食べるしかねーな。
DSC08080
 というわけで前菜から。
 いつも通りな感じだね。
DSC08081
 ラムキター!
 CXのラムはおいしいので、無理してでも食べる。
 それ以外はアレだけど。
DSC08082
 チーフル(チーズフルーツ)ステージへ。
 まぁ、チーズはもうおなかいっぱいなので食べなかった。
 フルーツはビタミン不足解消のためにも食べる。
DSC08083
 でも、甘い物は別腹~。
 Toffeeってなによ?って思ったけどバターと砂糖を加熱して作る菓子ということで、超こってり。


エビアンくれた

 今回のフライトは食べ物がキビキビしたスピードで出てきた。
 とにかくガーっとサービスして、とっとと寝ろー!みたいな。時間帯が時間帯なので、好印象。
DSC08084
 起きたらエビアン置かれてた。
 今まで金丸子でももらえず、ワンワールドエメラルドでもくれなかったのにー。
 初めてのエビアン。

 丸子改悪でダイヤ様が減ったのか、他社エメとかのサービスが良くなってきたよねー。
 丸子には戻らないけれど。


深夜のコロンボに到着

 眠い。寝たけど眠い。
DSC08085
 あー、またここに戻ってきたよ。
 荷物が不安だったので、一度入国してピックアップ。
 コロンボタッチは入国するしないに関わらず、ビザの申請はして置いた方がいいよ。Transit Visaなら無料だし。結果的に入国しなくてもいいわけだし。前日ぐらいに申請しておけば瞬時に来るしねー。ちなみにプリントアウトしなくても大丈夫だけど、不安ならスマホにPDF入れておけばいい。
DSC08086
 到着ロビーにShangri-laのブースできてた。そういえばスリランカにできたんだっけ。たしかリゾートだよね。コロンボにShangri-laできたら、行ってみたい。こんだけ行ってるけど、コロンボ市内に行ったのは1回だけだしね。
DSC08089
 そして、相変わらずところどころ壊れてる、到着便案内パタパタ。
 到着ロビーから出発チェックインカウンターに行くには一度外に出なくちゃいけないので外へ。
DSC08090
 南三陸ホテル観洋のみなさーん!おたくの使ってた送迎バス、今はスリランカで働いてまっせー!

 「香港魂」という香港人が日本語でやっているブログがあるのです。
 そこで見つけたのが、「巧佳廣告製作有限公司」というお店。ここは香港で路地を爆走する赤ミニバスの行先表示板や運賃表示板を作っているところ。ここがねー、マニア心くすぐられるのです。


赤ミニバスって何よ

 香港にはバスが大きく分けて3種類ある。
DSC04062
 いわゆるこれが普通のバス。基本は2階建て。まれに平屋のバスも走ってる。
 街中で4社ぐらいが爆走してる。
DSC04064
 次が緑ミニバス。収容力が小さいけど、その分小回りに走り回ってる。
 オクトパスも使える。路線も決まってるので便利。
DSC07962
 で、これが赤バス。これがなかなかカオス。
 まず、個人事業主。個人タクシーのバス版みたいなもの。なので、ルートが決まってない。決まってるのは始発と終点。ルートは客の都合で変わる。オクトパスは使えないヤツが多かった気がする。そもそも運賃も時と事情により変わる。台風とかだと値段が跳ね上がることも。
 そんな個人事業主の赤バス運転手が必要な備品(行先表示幕、行先表示板、運賃表示板など)を買うのが、今回行った巧佳廣告製作有限公司っていうわけ。


バス好きなので、行ってみた。

 佐敦駅からそれほど歩かない場所にその店はある(店と言っていいのかわからないけれど)
DSC07964
 階段を上がるとそこは事務所。
DSC07969
 で、色々なプレートを売ってる。キーホルダーにした物も売ってる。キーホルダーはHKD30。
 オリジナルプレートも作れる。
DSC07971
 価格表~。
 オリジナルプレートは日数がかかるので、注文しといて次回の旅行で受取ぐらいでいいかもしれない。


なにやら展示スペースらしきものも

 事務所への階段の隣には展示スペースも。
DSC07968
 右側ね。
DSC07967DSC07966
 中にはまだ入れなかったけど、そのうち開放されるのかな。
DSC07965
 今まで作った物を紹介するっぽいポスターが貼ってあった。
 「長野軽井沢」って作らせたの誰だ!


キーホルダー買ってみた

DSC07995
 というわけで買ってみたよ。
 やはり香港でのホームグラウンドは西環なので、それを買ってみた。あと、あえて「回送」を。
 今度は何かキーホルダーを作ってみよう!なんか作りたい物はいくつか思いついてしまった。

 香港ぽい物が好きな人、バスが好きな人には行ってみるといいかもねー。
 平日の昼間しかやってないので注意。ちなみに英語が通じるよ。


関連ホームページ

香港魂 ミニバス行先板の産み親との対談~その①
香港魂 ミニバス行先板の産み親との対談~その②

↑このページのトップヘ