FLY! FLY HIGH!!










飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:JL / JAL系 > JL / JAL(D)

 さぁ、帰るか。帰りたくない。


帯広空港の六花亭は休業中

 さて、最後にサクサクパイでも食べるかねと思っていたら……
DSC02886
 なんと臨時休業。
DSC02887
 コロナで臨時休業。
 まぁ、ホームページ見たら書いてあったけどね。
 六花亭が帯広空港に店を出すときに他の全ての土産物屋で六花亭の取扱中止させたので、帯広空港では一切買えない状態だった。そんなことやっちゃったから、都合がいいこと言うなって言われそうだけど、他の土産物屋で希望するところがあれば卸して上げればいいのにって思った。
 現在は臨時休業って書いてないので、たぶん営業しているはず。


帯広空港の展望台は室内

 さて、時間を若干持て余してる。
 とりあえず到着機を迎えに行こう。
DSC02889
 丁度着陸したところ。
DSC02899
 到着~。
 帯広空港って展望台が室内なんだよねー。
 まぁ、無駄に雪かきしたくないだろうからその気持ちはわからなくもない。

スポンサードリンク

搭乗

 さぁ、搭乗すっぺよ。
DSC02903
 ハワイアンエアラインとのコードシェア便。
DSC02904
 はいはい。いつもの座席です。
DSC02905
 しゅっぱーつ。


お茶もらって着陸

 夜のフライトは書くことがない。
DSC02907
 いつもながらりんごジュースを以前の方式で配ってるなら、他のドリンクも配ったらいいんじゃないかと思う。
DSC02908
 これどこだったかな、千葉上空で左ターン、そして右ターン。
DSC02917
 んで、D滑走路に着陸。
DSC02922
 この表示ってこれが常設になるのかな。
 投影方式ってじゃっかん表示が薄くなるよねー。
 経費としては安いと思うけど。表示の自由度は高いし。


スポンサードリンク

 アフターコロナ(ウィズコロナ?)時代の旅行のはじまり~


コロナコロナコロナ

 ついに新型コロナが蔓延し、政府は緊急事態宣言を出す。
 仕事の仕方も変わり旅行にも行けなかった。きっと、何年か経てばあの時は大変だったみたいな笑い話で済むのかもしれないけれど、今はとても笑えない。
 とはいえ、死亡者がそれほどいないことを考えればそれほど騒ぐ必要は無いのかもしれない。
 そんな時代の旅行。確かに変わった。


欠航便だらけの羽田

 一時期はJALが北ウィングを閉鎖していた羽田空港第一ターミナル。SKYはもちろん開いていたけれど、閑散とした北ウィングは不気味ではあった。そんな状態だったけど、すでに北ウィングの営業も再開している。
DSC02731
 いつの間にか手荷物自動預け機が設置されたり変わってきてるな。
DSC02730
 政府の緊急事態宣言が解除されて、県またぎの旅行も解禁されたけれど、未だ欠航便が多い。
 今日乗るJAL573便も5月6月は欠航していて、この日が再開初便。
DSC02733
 もうDPラウンジには入れないので、サクララウンジから。
 TOKYO2020も延期になったねぇ。

スポンサードリンク

搭乗

 さてさて、搭乗しますか。
DSC02736
 欠航便のお知らせがいっぱい。
DSC02735
 今日の機材は738。意外と待ち客がいるので、そこそこ埋まっていそう。
DSC02737
 それでは搭乗しまーす!
DSC02738
 いつもの座席。
DSC02739
 そこそこ埋まってる感じ。
 真ん中席もそこそこ埋まっているので7割~8割ぐらいかしら。


離陸

 今日はC滑走路。
DSC02741
 南に向けて……
DSC02743
 離陸!
 やっぱり飛行機の駐機数半端ねぇな。


機内サービスの変化

 さて、アフターコロナの機内サービス。
DSC02747
 飲み物は紙パックのお茶か、コップに入れたりんごジュース。
 いや、コップに入れたりんごジュースが存在する時点で、もう普通のドリンクサービスでいいんじゃねぇの?って気がしなくもない。
DSC02745
 機内誌を見ていて、JALの機内誌だと対馬空港はなかったことになるんだなと確認。
 こんな器が小さいことするなら最初から機内誌で対馬を取り上げなければいいのにと思ったり。

スポンサードリンク

着陸

 まぁ、あれだね。
 やっぱり、国内線は書くことがないね。今後、こんな記事ばかりになっちゃうのかと思うとどうしたものか。
DSC02751
 北海道の北海道らしい景色が見えてきた。
DSC02755
 着陸!
 んー、天気悪いなー。
DSC02757
 スポットイン。
 さぁ、帯広にやってきたぞー。
 今年すでに3回目の帯広だぞー!


スポンサードリンク

 さぁ、帰るよ。


帯広空港まではバスで

 さて、餃子食べたり豚丼食べたりしたけど省略。
DSC01562
 コロナで閑散としているのか、 普段から閑散としているのか、 たぶん後者。
 帯広空港へのリムジンバスは帯広ホテル周回と帯広駅からの2系統出てる。
 統合しないで分けていることでそんなに乗るのかなって疑問はあるけれど。
DSC01560
 十勝バスの窓口で乗車券を購入。
 硬券だったのが驚き。しかもPayPayで支払い。
DSC01563
 これ、なかなか考えられたプランだなって思った。
 往復のバスと帯広空港か羽田空港でビールが飲めるプラン。
 確かについついビール飲んじゃうとかあるよね。
DSC01564
 さぁ、十勝バスに乗って帯広空港までバスで移動。ちょっと小雪が舞ってきた。


搭乗

 さて、帯広空港。
DSC01567
 今日の機材、もう来てるねー。今日は763。
DSC01570
 いつのまにか帯広空港にラウンジができてた(前回来たときに気づいてたけど)。
 クレカとも提携していないみたいなんだけど、果たしてどれくらい利用客がいるのやら。
DSC01568
 それでは搭乗でっす!
DSC01572
 そんじゃ、またねー。

スポンサードリンク

雪のため離陸遅延

 今回はクラスJにアップ。
DSC01573
 隣が空席だというのでアップしちゃったよ。
 F席は空いてないみたいなので、普通の席を希望する。
 今回の便の乗客は60名ぐらい。他の便は40名とのことなので厳しいな。
DSC01582
 誘導路を通って滑走路に向かうが、滑走路前で一旦停止。
 降雪が強くなってきたので、滑走路の状況確認をしていたみたい。
DSC01583
 滑走路へ。
 雪の影響か、久しぶりに味わうロケットスタート。
 エンジン出力を上げて、上げて、ブレーキ解除でGO!


到着

 乗客が少ないので、ねっとりサービス。
 いや、飛沫がキケンとか言ってるんだから、あんまりしゃべらないようにするべきじゃないのか?
IMG_20200301_211027
 仙台の夜景がよく見えた。
IMG_20200301_214620
 さて、うみほたるを見ながらC滑走路へ着陸。
DSC01597
 今日の乗継は……シンガポール!
 帯広からシンガポール!
DSC01598
 というわけで、ガラガラフライトなんでございました。
 JALにとってはこれはまだ地獄の始まり。もっと苦しい時代が来るのでした。


スポンサードリンク

 行ったことない空港シリーズ。
 今回は南紀白浜空港。


白浜はホントに白かった

 白浜温泉のボロい宿に一泊。
 ボロかったけど、泉質はとても良かった。
DSC01367
 空港に行くためにお散歩。
 宿の前のバス停は朝一の便に間に合う空港行きのバスがないので、バスがあるところまで歩く。
 砂浜を歩くとホントに白浜って白いんだな……なんて思ったり。
DSC01365
 やべぇ。ものまね四天王が気になる。
 そんな感じでお散歩してたら、バスの時間。空港までバスでGO!


小さい空港だけど3便運航

 南紀白浜空港に到着。
DSC01373
 市街地から近いね。
 タクシー乗ってもたいした金額にならないかも。
DSC01375
 外から駐機場が丸見え。
 丁度飛行機が到着したところだった。
DSC01378
 ターミナルに入るとパタパタ現役!
 いいねぇ、パタパタ。
DSC01379
 1日3便、機材は一番大きくても737なので、空港自体はとってもコンパクト。
DSC01380
 出発側もパタパタ現役。
 1日3便しかないけど、表示器は3便分対応。

スポンサードリンク

搭乗

 ラウンジも何も無いので、待合室へ。
DSC01385
 待合室小さいね。
 丁度、手荷物検査終わったら優先搭乗だった。
 そのまま搭乗。意外と上級会員が多い。
DSC01386
 さぁ、行ってきまーす。
 建物の窓が大きいのはいいけれど眩しい。
DSC01387
 もう、座席はいつものアレですな。


離陸

 さて、離陸。
DSC01390
 海が近いので滑走路から海が見える。
DSC01391
 東南側の滑走路上でUターン。
DSC01392
 離陸!
 このルートだと白浜の温泉街上空を通るルートで、景色がよく見えた。


着陸

 伊丹便と大して変わらない距離なので、程なく着陸態勢。
DSC01402
 陸自の木更津駐屯地かな。
DSC01404
 お隣C滑走路に降りる飛行機が見えた!
DSC01410
 そして対岸の千葉県の方は何か大規模な火災が発生してる?
DSC01412
 D滑走路を横目に……
DSC01413
 着陸~。

スポンサードリンク

今日の乗継案内

 さて、羽田とか伊丹だとついつい見ちゃう乗継案内板。
DSC01415
 今日は……日帰りがいるっ!


スポンサードリンク

 さぁ、帰るよ。


帯広空港でも六花亭

 帯広空港にも六花亭直営店がある。
 もちろん、ここで最後のサクサクパイを食べることも可能だ。
DSC01124
 いいよねぇ。サクサクパイ。
 だいたい、最後、ここで食べることが多い。
 安定のお味。値段は昔に比べて爆上げ。昔が安すぎた。


搭乗

 さて、帯広空港はラウンジも何も無いし、あっさり搭乗。
 (正確には、クレカすら使えないラウンジがある)
DSC01125
 最終便に搭乗すっぺ。
DSC01127
 今日の機材はF付の767。クラスJにしようかと思ったけど、F解放席は空いてないみたいなのでやめる。
DSC01128
 壁前席でございます。あんまり好きじゃないんだけど……。

スポンサードリンク

着陸

 もう、ごめんなさい。ぐっすり就寝。
 あっという間に羽田に着いてた。
DSC01136
 D滑走路をまたいで……。
DSC01140
 C滑走路に着陸!


スポンサードリンク

 2月の第2土曜の前日は何があっても女満別に行くのじゃ。


早朝羽田

 さて、朝一に羽田。
DSC00838
 始発電車に乗ってきて、眠いぜ。
DSC00839
 JGCカウンターは工事中で仮設になってた。
 この状態だと荷物一個一個運ばないといけないね。どんなカウンターになるんだろう。
DSC00840
 朝ご飯食べていないので、ダイヤモンドプレミアラウンジで朝食。
 2月いっぱいでBA-GOLDの資格がなくなるので、最後のDPラウンジ。
 同じ行先のもちんとBiwakoさんとラウンジでちょっとお話した。


搭乗

 さて、搭乗に向けててくてく歩く。
DSC00842
 朝一の女満別行きはバスゲート。
 朝4便、昼2便、夕夜4便しか使わないみたい。
 意外とスカイマークが使わないんだね。
DSC00844
 というわけでバスゲートからバスに乗り込む。
DSC00846
 タラップ登って搭乗でーす!

スポンサードリンク

狙い目はクラスJ直後の普通席

 今回の指定はクラスJ直後の普通席。
 ここだけは異様にシートピッチが広いので狙い目。たぶん上級会員専用席だけど。
DSC00847
 座席の横幅は普通と同じだけどね。
DSC00849
 クラスJ席までかなり距離がある。
 そして、なぜかもちんちんと席が隣同士。
 別にお互い相談したわけでもなく、最良の選択をした結果隣同士というのが笑える。
DSC00848
 ちなみにこの席の列だけ横5列なので、座れない席が存在するよ。
 座面が尖ってる。


離陸

 さて、離陸。
DSC00852
 お、J-AIRがいるね。コイツはどこに行くのかな。南紀白浜とか?それとも山形あたりかな?
DSC00855
 C滑走路から北に向かって離陸!
 このルート色々見えるから楽しい。
DSC00857
 舞浜ネズミーランドとか見えるし。
DSC00858
 浦安仮設滑走路とかも見える。
 そして、(WIFIが使えるようになる)離陸きっちり5分後にスマホをいじり出すもちんちんちんにプロのJAL乗客のテクニックを見せつけられる。
 ドリンクサービスの時にはもちんちんちんちんがCAに「お仕事ですかぁ~」って聞かれていて、食い気味に「うっせー、バーカ!旅行です」って回答していたのに爆笑!たまたまその話題をしていた直後だったので、こらえきれなかった。聞かれた瞬間に俺は窓を向いた。


着陸

 さて、北海道上空へ。
DSC00864
 これは……浦幌町のあたりかな。
 海の上の白いのが雲に見えたんだけど、どう考えても低い位置にあるので海上っぽい。
 これは一体何なんだろう。陸上から吹いてきた風の流れと一致しているような気がするけど……。
DSC00866
 一旦女満別空港上空を通過してから能取湖上空で転回して女満別空港へアプローチ。
DSC00870
 凍てつく大地に無事着陸!
DSC00871
 うひょー、寒そう!外で働くのは大変!
DSC00874
 というわけで女満別空港にやってきたよ。
DSC00873
 やっぱりこの冬の北国の背筋が伸びるような、キリッとした寒さが好き。
DSC00879
 気温は-11.7℃!
 寒いぜー!


スポンサードリンク

 さて、帰るよ。いい加減疲れた。


尾道から電車&三原からバス

 さて、尾道駅。
DSC08735
 ずいぶんきれいな駅舎になったよね。
DSC08745
 そんなきれいになった駅舎の脇に大衆酒場がオープンしてた。
 しかも、駅舎と一体化している建物。おいっ、JR西日本はどうしてこれをテナントにいれたんだ!
DSC08746
 お昼は普通にランチやってて、夜は普通に酒場。笑えるんだけど(褒め言葉)。
DSC08747
 駅に入ると、La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)がいた。
 岡山近辺で自転車を乗せられる電車として走っているけど、尾道まで遠征してきたみたい。
 まぁ、しまなみ海道とは相性いいよね。広島~尾道とかで走らせてもいいかもしれない。
DSC08748
 帰りも末期色がきた。これ方向幕もわざわざ黄色くしているのね。
DSC08750
 でも行きと違って転換クロスシートが着たので快適。
DSC08753
 三原駅からは広島空港行きのバス。
 路線バスだね。これに乗ってとことこ広島空港へ。


広島空港には色々な飛行機がいた

 さて、広島空港。
DSC08754
 丁度、今日乗る予定の機材が到着したところだった。
DSC08755
 各社のお天気カメラそろい踏み。
 お天気カメラという名目だけど、実際には事故の映像を狙っているカメラ。
 名古屋空港(現小牧空港)で中華航空が墜落したとき1社だけ、お天気カメラが稼働していたので事故映像が1社だけに出し抜かれて悔しくて、空港につけまくったんだよねぇ。
DSC08756
 というわけで本日の機材がスポットに入った。
DSC08757
 他にも香港エクスプレスが来てたよ。広島便あるんだねぇ。
DSC08758
 それとチャーター機っぽいのが1機。
 Flightradar見ている限りマカオにいることが多い。
 この日は関空から広島空港経由でマカオまで行ってたっぽい。広島で給油しないと距離足りないのかしら。

スポンサードリンク

ビール飲んで搭乗

 広島空港にはサクララウンジがある。
DSC08763
 とりあえずビール飲んだ。
DSC08762
 土日の弾丸瀬戸内海島巡り旅行も終了!搭乗するよー。
DSC08764
 お隣にはいつのまにかANAがいた。
 それでは帰りますん。
 そして熟睡。


到着

 いやー眠った眠った。
 着陸の衝撃で起きた。
DSC08769
 というわけで羽田に帰ってきたよ。
DSC08771
 今回の乗継ぎ客がいるのは秋田、札幌、サンフランシスコ、青森。
 やっぱ広島だとあんまり変態的な乗り方する人いないのかな。ほっと安心する。
 それにしても、この便18:15到着予定で、実際にこの看板の前に立ったのは18:30だったんだけど、サンフランシスコ行きの便の乗継ギリギリすぎじゃねぇ?これ、ちょっとディレイしたら乗継アウトだと思うんだけど。
DSC08772
 到着口の案内が依然と変わってた。
 このプロジェクター式って暫定なのか本設なのか。
 まぁ、暫定だったらいいけど、本設だったらちょっと表示が薄く見えるのが残念ね。


スポンサードリンク

 色々煮詰まったので、飛行機に乗ろう。
 というわけで直前でもマイルで取れた広島便。


早朝ダッシュ

 地元を始発電車で出て、羽田空港。
 早足で改札を通り抜けて、カウンターへ。
 今回はキャンセル待ちしかけるからね。
DSC08357
 Fカウンターがゲロゲロの混雑。
 まじかーって思ってたら、カウンターに並んでるのではなく、手荷物検査待ちだった。Fカウンターでキャンセル待ちしようと思ったら、あっさり初便のチケットがでてきた。だれかクラスJにあげて普通席に空きが出たのかしら。
DSC08358
 この日のJAL907便は何かやらかしたみたいで、那覇便の搭乗手続は全て特設カウンター送りに。
 いったい何をやらかしたんだろ。


ラウンジで朝ご飯

 とにかくカウンターに行くことだけに専念していたので、おなかが空いた。
DSC08363
 というわけでダイアモンドプレミアラウンジで朝食。
DSC08359
 食べた。
DSC08361
 お、A350がいるね。
 コイツに乗るのはいつになるかな。

スポンサードリンク

搭乗~離陸

 さて、おなかも満たしたので搭乗。
DSC08365
 さぁ、のるでー。
DSC08368
 今日の機材は763。F付だね。ってことはクラスJ開放されてたってことか。
 そりゃー、クラスJに上げるわな。
DSC08370
 というわけで、私は普通席のバルクヘッドで。
 結構みちみちの満席。
DSC08373
 離陸~。


飛行機を追い越すところを初めて見る

 飛んでからは順調に航行。
DSC08375
 富士山もばっちり見えたねー。
DSC08377
 なんとなく、外を見てたら、ソラシドエアを追い越すのが見えた!
IMG_41vn4c
 すかさずチェックすると長崎行きのようだね。
 っていうか、ソラシドエアってNH便名で登録されてるのか。
 やっぱり738よりも763の方が速いのかね。よくわからんけど。


着陸後は白市駅へ

 あっさりと到着。
DSC08380
 お久しぶりの広島空港。
 いつぶりだったかは思い出せない。
DSC08381
 いつもはレンタカーか広島駅行きのバスだけど、今回は白市駅行きのバスに挑戦。
DSC08383
 白市駅まで行くさー。


スポンサードリンク

 さぁ、東京さ帰るだ。


国際線から国内線へ移動

 国内線ターミナルに移動。
DSC06421
 天神とか博多駅行くなら直接路線バスに乗った方が速いんだけどね。
DSC06423
 このバスは途中制限区域を走るので門を開けて空港敷地内に入る。
DSC06427
 というわけで福岡空港国内線。
 きれいになったねー。


ひらおに行く

 ここから路線バスに乗って天ぷらのひらおに。
DSC06429
 げろげろげろー。
 なんじゃこの列は!
 こんなん並んでられるか!(並んだけど)
DSC06431
 まぁ、食べたけど。
 もうここまで並ぶなら行かないなぁ。
 福岡空港近くのひらおはやめておこう。
 隣の牧のうどんでうどん食べてた方がいい。
 いや、ひらおは全く悪くないんだけど。

スポンサードリンク

というわけでラウンジ

 というわけで、福岡空港への最終バスを逃し、たまたま通りかかったタクシーで福岡空港へ。
DSC06438
 福岡のダイヤモンドプレミアラウンジは初めて。
 おそらくこれで、ダイヤモンドプレミアラウンジは制覇したかな。
DSC06439
 おにぎりは明太子と鶏めし。鶏めしってかしわめしってことでいいんだよね?
DSC06440
 パンもあった。
 どこのパンだったかーわすれた。
DSC06441
 それにしてもこの通路、歩くときドキドキしちゃうの俺だけ?
 こういう狭い廊下苦手。秘密の通路みたいで。
 ポートピア連続殺人事件の秘密の地下通路みたいな。


搭乗

 さて、乗るよ。
DSC06443
 ゲートも新しくなってた。写真ないけど。
DSC06444
 機内が青い。
 おれ、この青さ苦手。苦手なものばっかりだ。
DSC06445
 9月1日から新しくなったので、これが古いセーフティービデオの見納め。
 このたばこにいちゃんの驚いた顔を見ることもないのか。


着陸

 全く記憶がない。
 たぶん、ずっと寝てたんだと思う。
DSC06448
 イルミネーションで光っている東京ゲートブリッジを通過。
DSC06449
 回り込んで着陸~。
DSC06450
 この便、この日だけは772でしたっと。いつもは767なのに。
 そして機体番号はJA007D
 なぜか知らんが772に乗るときこの機材の率が高い。
 この間の千歳往復共にこの機材だったし、羽田伊丹でも当たったことがあるんだよね。


スポンサードリンク

 さぁ、朝一でかえっぺよ。


早朝の札幌駅から出発

 もう、眠いよね。
 前夜は在来線特急、グリーン車とはいえ5時間軟禁。
 ちょっと寝たら出発でやんす。
DSC05642
 深夜には巨大な壁となる(=通り抜けられない)札幌駅から快速エアポートで出発。
 もうやる気がないから電車の写真すら撮ってない。


ダイアモンドプレミアラウンジ

 というわけで、ファーストクラスカウンターで色々と手続きしてもらい、そのままダイアモンドプレミアラウンジに直行。
DSC05645
 パンはこの2種類。
DSC05647
 おにぎりは塩鮭。変なジンギスカンおにぎりより、シンプルな鮭の方がいいと思うよ。
DSC05648
 朝ご飯食べる余裕がなかったので、一通りいただく。
 千歳たまごという謎のパンがかなり甘かったがおいしかった。

スポンサードリンク

月曜の早朝便なのにガラガラ

 さて、搭乗ゲートへ。
DSC05649
 たしか、搭乗機はこれだったはず。
 調べてみたら、JA007Dで行きと同じ機材だった。
 機内食はホテルニュー王子のもの。苫小牧にあるホテルが、新千歳空港の機内食製造をやっているらしい(製造自体は空港敷地内)。ちなみにこの一社しかないので、新千歳搭載は全てこの会社のもの。
DSC05650
 さぁ、搭乗しますよ。
DSC05652
 こうやって見ると、けっこう乗っているような気がしなくもないけど……
DSC05656
 窓側が埋まってるだけで、、中央側はガラガラ。
 かなり搭乗率低いんじゃないかなー。
 月曜日の朝の便ってこんなものなの?
DSC05655
 視界が悪い中、離陸。


到着

 さて、着陸でやんす。
DSC05658
 えーっと、この位置的にはC滑走路に降りたみたい。
DSC05659
 着陸~。
 半日遅れで帰ってきたっぺよ。
 羽田に降りて楽しみなことはあれだよね、乗継案内看板!
DSC05663
 おおー。
 今日の乗継は宮崎、長崎、鹿児島、福岡、パリ、ニューヨーク。
 いたって普通な人々だけだねー。よかった、よかった。


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ