FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2018年、平JGC、SFC、BA-Silverで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

カテゴリ:2016旅行の記録 > 2016_14回目_TPE/KHH

 さて、乗継には時間があるので、ピアのファーストクラスラウンジへ。
DSC05361
 うーむ。何にしようかなー。
DSC05363
 やっぱりビーフバーガーにしちゃった。
 やっぱりおいしいのよねー。タマネギのローストがうまい。
DSC05366
 デザートでクレームブリュレ。これもおいしかった。
 香港はやっぱりピアのファーストクラスラウンジが一番だね。
DSC05367
 デイスイートで休憩。初めて使ったけど、空調が効きすぎてて寒い。
 個別で調整できればいいんだけれど……。
DSC05373
 目の前にはルフトハンザのA380がやってきた!
 乗ったみたいけれど、乗る機会がないのよねー。
DSC05375
 さて、出発でございます。
 ジャンボじゃないCX542。てっきり773Zが来ると思っていたら、77Wだった。
DSC05379
 というわけでシーラスシート。やったー。
DSC05381
 アップルデイリーをなんとなく読みながら、ウェルカムドリンクはキャセイディライト。なんか久しぶりに飲む気がする。
DSC05384
 ゲートから離れるとジャンボが3機仲良く止まっていた。写真には1機しか写ってないけれど。こいつらはどこにドナドナされていくんだろうか。きっとタイとかかなー。それとも解体かしら。

 アップルデイリー読んでたせいかなのか、CAから無言で外国人用入国セットをもらう。
DSC05395
 いやいやいやー。俺日本人だから。
 初めて外国人入国書類見たけれど、意外と質問項目少ないのね。
 タイとかもっと細かく書かされた気がしたけれど。
DSC05390
 うむ。エビか牛か、やたらと日本推しなチキンか。よし牛だ!
DSC05397
 とりあえず前菜の鮭が来た。
 いつも思うんだけど、そばって必要なのかな。なんか何が何でもそば載せなきゃいけないのかしら。
DSC05400
 なんかすごい寄ってきたビーフ。ちょっと火が通りすぎだったかなー。
 やたらと日本推しだったチキンはどんなんだったんだろう。
DSC05404
 というわけでいつも通りの快適なフライト。
 この便は便利なので、77Wになるとうれしいなーと思う反面、そのせいで席が取りづらくなるのも困る。
 しばらくは予約状況に応じて773Zが入ったり、77Wが入ったりみたいな感じなのかなー。

 さー、帰るよー!
DSC05352
 高雄から帰るときはKA433が多いなー。
 たぶん空いてるんだろうね。前回ももKA433

 高雄空港で出国時に驚いたのが、外国人の出国が自動化されていたこと。
 しかもパスポートの読み取りも不要。ただ、指紋を読み込ませるだけ。
 いいねぇ。楽ちんだ。スタンプ集めの人たちには不評かもしれないけれど。
DSC05348
DSC05349
 ラウンジで一服。
 この真ん中に鎮座してるハムを挟んだフレンチトーストっぽいものが好き。
 台湾とか香港って、意外とパンがおいしいよねー。ねぎパンとかうまい。
DSC05350
 表示がバグってるぞー。
DSC05353
 今回はFなし機材なので、フツーのビジネスクラスシートでございます。
 まぁ、Fあり機材でも、CXで言うと長距離用ビジネスクラスのシーラスなんだけどね。
DSC05354
 NemoP氏風に写真を撮ってみる。
 さて、離陸して機内食♪
 飛んでる時間は1時間ちょっとぐらいなので、もうガンガンサービスしてくる。
DSC05356
 しめじって英語でもshimejiなのね。
DSC05358
DSC05359
 メインはチキンをチョイス。結構おいしかった。
 上昇中のシートベルトサインが出ている最中にドリンクとパンを配り終わり、離陸後20分ぐらいでビジネスクラスの食事は配り終わってる。とにかく仕事が早い、動きがてきぱきしてる。ドラ姐はよく働くなぁ。この辺はCXとちょっと違うなって感じがする。
 食べ終わったらすぐに回収。そうこうしているうちに着陸態勢へ。
DSC05360
 ボーディングブリッジが手形つきまくりだった。なんかホラーだね。

 ブログの更新を相当サボっていてごめんなさい。
 もうちょっと頑張って書くことにします。

 さて、そんなこんなで台南へ移動。
 夕食を求めてさまよう。

 最初は牛肉湯が食べたかったんだけどー、基本的には朝の食べ物なので夜も早じまい。しかもこの日は祝日。なのでなおさらお店が休みなのだ。
 数少ない開いている店に行ったらぎりぎり閉店間に合わず。でも、隣の店からオーラが出てた。
DSC05320
 わっしょいわっしょいしてるねー。
DSC05322
 店頭にはなかなかスプラッタな光景が広がっております。
DSC05321
 店のオヤジ捌きまくり。
 タウナギかー。食べたこと無いなー。
 正直、店は汚いし、ビジュアルもアレだ。
 だけど、Let's try!
DSC05323
 店の奥の方のテーブルに通される。
DSC05324

 鱔魚意麺(TWD90)を食べてみた。

 味付けがBBQソースに近くて、しっかりしたというより濃いぐらいの味付けなので臭みもない。どっちかというと臭みを消すと言うよりも、味を濃くして分からないようにするっていうのが正しい。

 ただ、相当味が濃いので、食べた後大量の水がほしい。


 でも、食感は良くてなんだか中毒性が高い食べ物だったよ。うまい!

 朝ご飯を食べて、てくてくお散歩。
 地下鉄橘線市議會駅から西へ。
DSC05232
 最初にあったのは台湾銀行の建物。これ結構古いよね?
 たぶん日本っぽい建築の仕方なので日本時代の建物だと思う。
DSC05233
 さらにてくてく歩き、やってきたのは高雄市立歴史博物館。
 この日は月曜日で本当は休みなんだけれど、国慶節で祝日だったため臨時開館。
DSC05234
 元々は高雄市役所だった建物。なんか名古屋市役所とかと建物が似ているよね。
 ちなみに入場料は無料。
DSC05238
 いいねー。この時代の建物は真ん中に階段がどーんって設計が多いよね。
 期間展として、第二次世界大戦で日本兵として出兵した台湾人と1930年頃の旅行事情についての展示をやってた。
DSC05240
 映像資料がメインだったので、期間展の写真はこれだけ。列車のサボだね。良く残ってたなぁ。
 それにしても上の高雄行き、海岸線経由台中廻りってどういうことなんだ?台中だったら山線のはずだけれど……。海岸線を走って一度台中まで入ってから折り返して高雄の方に行ったのかな。なかなかレアな感じがするサボだね。
DSC05243
DSC05246
 常設展ではこの建物が舞台となった高雄での二・二八事件についての展示。メインになるのがこのジオラマ。人がバッタバッタ撃たれている。中庭でも撃たれてる。二・二八事件とは台湾人が大陸から来た国民党に対しての反乱を起こし、それに対する大虐殺が行われた事件のこと。
 ちなみにこのジオラマは日本で制作された物でものすごい金がかかってるらしい(家が一軒建つくらい)。
DSC05251
 というわけでなかなか面白かったよ。もうちょっとミュージアムショップが充実してるとうれしいね。

 さて、そのまま南へ歩いて哈瑪星の駁二藝術特區へ。
DSC05268
 やってきたのは哈瑪星台灣鐵道館。
 哈瑪星=はーまーしぇん=はません=濱線。というわけで日本時代の高雄港線の通称である濱線が地名になったところにオープンした鉄道模型の展示がメインの博物館。
DSC05269
 ちなみに鉄道模型がメインなので、特に古い物があったりするというわけではないけれど、鉄道模型レイアウトはかなりのデカさ。台湾各地の鉄道が再現されていて、駅舎は最近の新しい物ではなく、日本統治時代から使用し続けていたものが再現されている。
DSC05270
 昔の高雄港。扇形機関庫があったんだね。
DSC05275
 旧高雄駅。これは日本統治時代からの駅舎。これは中央部分だけ、現在も保存されている。
DSC05277
 こちらは台南駅。ここは今も現役の駅舎だね。もちろん日本時代からの建物。
DSC05279
 嘉義駅。こちらも現役。
DSC05282
 阿里山森林鉄道のループ線もちゃんと再現されている。
DSC05285
 こちらは台中駅。つい最近まで現役だったけど、台中駅高架化に伴ってお役御免。
 たぶん保存されるんだと思う。
DSC05289
 龍騰斷橋もきちんと再現されているね。なかなか芸が細かい。
DSC05288
 こちらは新竹駅こちらも現役。
DSC05290
 台北駅も当然地下化前の駅舎。
DSC05294
 というわけで、長々と無駄に写真を載せていったけど、鉄道模型としてはかなりの見応え。あと、横浜の原鉄道模型博物館の原さんが昔撮影した台湾の鉄道映像が興味深かった。なかなか貴重な品だね。

 ただ、入場料が199元で、内容を考えるとちょっと高いなぁ。

 さて、新竹から一気に高雄へ。

 鹽埕にある新興街と新楽街の交差点には、豚・鴨・羊を扱う3軒の店がそろっている。
 以前紹介した鴨肉珍はその3軒のうちの1軒。

 今、自分の中では台湾の羊肉料理がアツい。
 というわけでその交差点の羊肉担当である「王牌羊肉海産店」へ。
DSC05226
 夜遅いせいか空いてた。結構みなさん宴会やっていて、酒が飲めるのがうれしい。
DSC05227
DSC05228
 羊肉片湯と羊肉炒飯でTWD170。すげー肉たっぷり。
 スープは生姜が利いてておいしい。付属のタレにつけて食べてもおいしいー。
 おっちゃんがちょっとだけ日本語しゃべれて、色々と話しかけてくれる。いいよねぇ。今度台湾語(中国語ではない)を勉強してみたい。
 とっても気を遣ってもらえて、スープが減ってくるとすかさず足されたよ。
 色々料理あるみたいなんで、色々試してみたい……がメニューに値段が書いてないんだよなぁ。

 ここは羊肉好きにはオススメ!

 高雄に着いていれば、台東に行こうと思っていた。
 が、台北に着いた。台東に行こうと思ったけど、南廻線が土砂崩れしていたみたいなので、台東に行って高雄に行く足がなかったら困る……というわけで、今日は台北近辺で鉄活動。
 海科館行ったり、内湾行ったりで、新竹駅で台湾国鉄完乗。
DSC05207
 
新竹駅舎は美しいなぁ。日本時代の建物をそのまま使ってる。結構残ってるんだよねぇ。台中も台南も。

 さて夕食を求めてぶらぶら。駅前の通りにオーラが出てる店があった。
DSC05219
DSC05218
 なんだか、わっしょいわっしょいしてたので突撃だ!
DSC05217
DSC05214
 メニューはこれ。安いねぇ。
DSC05215
DSC05216
 頼んだのは搾菜麺と魯肉飯。
 味は普通においしいよ。あんまりしっとりしてない
 でも、正直言ってオーラが出ている割にはそこまでの味ではないかなって思う。

 ちなみに店の名前が書いてない。仕方がないので、Facebookのチェックイン機能でそれっぽい店の名前を見つけてGoogleで検索したら、店の名前が分かった。「車站肉羹麵」もうそのまんまな名前だよね。
 ……ってことは肉羹麵が名物か!しまったそれを食べれば良かった。

 この店のシステムは注文場所で注文して、勝手に席に座って、おばばがメニューを叫びながら歩いてるので、来たら手を挙げるシステム。やべー、難しいよ。発音がわかるメニュー頼むしかないよ。つーかこのシステムでうまくいってるというのが不思議。
DSC05220
 さて、それではさらに南部へGO!


○注文と会計の仕方

 注文するレジっぽいところの近くに注文票があるので入手。
  ↓
 注文票を記入して、レジっぽいところで会計。
  ↓
 席で待つ
  ↓
 おばばができた食べ物の名前を叫びながらうろうろするので手を上げる。
  ↓
 ウマー

 夏休みが消費し切れていなかったので最後の一日を使って4連休。ただ、色々と激務だったので急遽休みが決定。世間では3連休スタートの朝、とりあえず発券作業から始める。

 消費しなくちゃ消えてしまいそうなアジアマイルがあったので、CX549-KA450の乗継で高雄まで、帰りも同じルートをビジネスクラスで発券。ホントはPYで発券したかったのだけど、空席表示がでてるのにエラーが出て何故か発券できなかったんだよねー。

 というわけで発券も終わって荷造りも終わったので、そのまま家を出発。

 早いけど、あらかじめアプリで搭乗券ダウンロードしてそれで出国。出国してから気づいたけど、大ディレイが決定してた。まぢかー。4時間半のディレイ。そうすると確実に今日中に高雄まで行けない。とりあえずCXラウンジで「どうなりますかー?」とQをだしておいてとりあえず食事する。
DSC05127
 あれ?お昼ご飯でもフレンチトーストが入ってる!やった!先週食べられなかったフレンチトースト食べよう!
DSC05125
DSC05126
 これって卵焼きでしょ?とよく言われるフレンチトースト。
 これ大好きなんです。一気にご機嫌になる。いや、別にディレイも楽しんでるので怒ってないんだけど。

 そして、ラウンジで提案してもらったのは香港でホテルを用意するので、翌朝の便で高雄まで行ってほしいとのこと。でも、この遅延時間だと香港で空港出られるのはおそらく1時頃。翌朝の便の1番は8時発だから遅くても6時頃ホテル出ることを考えるとほとんど寝られない。どこのホテルがでてくるのか楽しみではあるんだけれど……。
 というわけでこっちから色々と提案してみる。

 提案1
 こっちでJALの台北松山便を予約するので、今回の航空券をオールキャンセルしてマイルを口座に戻して欲しい。
 提案2
 チャイナエアラインの台北松山便もディレイしてまだ飛んでないので、この便にエンドースしてもらえないか。

 で、CXからは提案2でOKがでた。ただし、高雄までの交通費は出ないので、自腹が条件。
 (若干損した気がしなくもないけど)特にそれで文句はなく、むしろ初めてのチャイナエアラインに乗れるので楽しみ。
DSC05130
 というわけでホントのぎりぎりにゲートへ。ゲートで搭乗券をもらう。
DSC05131
 おおー。チャイナエアラインだ。初めてのチャイナエアライン。
DSC05133
 座席は古めな感じ。
 台北松山空港はある程度詰め込みが効く機材にしたいとかなのかな。
 ちなみにこの機材は台北松山空港ベースなので、本拠地の桃園空港には行かない模様。基本的にはTSA-HND-TSA-HND/HND-TSA-SHA-TSAっていうのを繰り返しって感じ。どっか経由で桃園の機材と入れ換えてるのかと思ったんだけど違うんだね。
DSC05135
 ウェルカムドリンクと何かのお菓子(食べなかった)。
 CAとかなんとなく日系ぽい感じがする。あんまりフランクさがない感じ。
 HND線だから?それともビジネスクラスだから?
DSC05138
 本日の機内食メニュー。
DSC05139
 ドリンクメニュー。
 うーむ、和食は地雷な感じがしなくもないので、洋食チョイス。
DSC05140
 チャイナエアラインってワンプレートなんだね。JALみたい。ただ、お皿とかがこっちの方が(若干)高級感がある気がする。いかにも効率悪そうな丸皿だしね。あとはデザートにケーキとコーヒーが出て終了。ボリュームは控えめな感じかな。
DSC05146
 というわけで初めてのチャイナエアラインは可もなく不可もなく。普通なフライトでございました。
 でもね、これ値段が安かったらすごいいいと思う。チャイナエアラインってたまに大安売りしてるし。

 さて、23時半高雄着が18時半に台北着になった!
 どこで泊まることになるか分からなかったので、まだホテルを取ってない。急いで予約しなきゃ。

↑このページのトップヘ